ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車のローンが通るか調べる方法を徹底解説!審査基準と事前の対策も紹介

車のローンが通るか調べる方法や、審査の際にチェックされる項目、審査に落ちたときの対処法や審査を受ける前の対策などについて解説する記事であることを示すタイトル下画像
車のローンが通るか調べる方法や、審査の際にチェックされる項目、審査に落ちたときの対処法や審査を受ける前の対策などについて解説する記事であることを示すタイトル下画像

ローンを組んで車を購入する場合、審査を受ける必要があります。しかし、どのような項目がチェックされるかわからないことなどから、審査に通るかどうか、不安に感じる方もいるでしょう。

審査に通るかあらかじめ調べることができれば、安心して審査に臨むことが可能ですが、そのような方法はあるのでしょうか。

そこで、車のローン審査に通るか調べる方法はあるのか、あるとしたらどのような方法かを解説します。併せて、審査でチェックされる項目や、審査に落ちたときの対処法、審査前にできる対策などもご紹介します。

ローンを組まなくても
月々払いで新車を持てる方法を見る

  • 車のローンが通るか調べる方法には、信用情報の照会や銀行の仮審査の利用などがある
  • 車のローン審査では年収や仕事の状況、信用情報などがチェックされる
  • ローンを組まなくても月々10,000円台から希望の新車に乗れる方法がある

車のローンが通るか調べる方法はある?

車のローンが通るか調べる方法はある?について解説する項目の見出し画像

車のローン審査の結果は、銀行系カーローンや信販会社によるディーラーローンなどのローンの種類や、金融機関・信販会社によって異なり、絶対的な基準はありません。

そのため、車のローン審査に通るかどうかを事前に100%の精度で調べる方法はないものの、ある程度であれば知る方法はあります。どのような方法なのか、見てみましょう。

CICやJICCなどの信用情報を照会する

クレジットカードの使用や支払履歴、ローンの返済状況などの情報は信用情報と呼ばれ、シー・アイ・シー(CIC)や日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)などの信用情報機関に保管されています。

車のローンの審査では信用情報が調べられることから、ローン申込者に延滞や自己破産などの金融事故の経験があると審査に通る可能性は極めて低くなりますが、金融事故の記録がないとわかれば、信用情報の問題で審査に落ちるリスクを避けられるでしょう。

金融事故の記録の有無は、信用情報機関に開示請求を行うことでチェックできるので、気になることがある場合は確認してみるといいでしょう。

なお、信用情報の保管期間は決まっており、定められた期間が過ぎると抹消されます。情報の保有期間は、情報機関や情報の種類によって異なります。

金融機関の仮審査を利用する

マイカーローンを提供している銀行などでは、基本的に仮審査が用意されています。審査に落ちるのではないか、不安に感じる場合は受けてみるといいでしょう。

なお、仮審査では申告内容の真偽を確認することは少なく、信用情報の照会を行わないケースも見られます。このため、仮審査に通っても、本審査で申告内容に誤りがあったり、信用情報に問題があることがわかったりすると審査に落ちることがある点に注意が必要です。

月々10,000円台から!
ローンを組まずに新車を持つ方法

ローンを組まなくても、月々払いで新車を持つ方法があります。
この方法を使えば、ローンと違って頭金などの初期費用が不要であるうえ、月額料金が10,000円台からと、ローンの月々の返済額よりも安い傾向があるので負担も抑えやすくなります。

詳しいサービスについて、下のバナーからチェックしてみましょう。

月々1万円から新車を持てる_おすすめの方法

信用情報を照会する方法

信用情報を照会する方法について解説する項目の見出し画像

自身の信用情報に審査に落ちそうな要因がないかは、個人信用情報機関に情報開示を求めることで確認できます。また、金融事故の記録は時間が経てば消えるので、信用情報の保管期間を知っておくこともポイントです。
以下で確認しておきましょう。

個人信用情報の照会方法と手数料

信用情報には、自己破産などの大きな金融事故以外だけでなく、携帯電話料金の払い忘れのような延滞情報も記録される場合があります。少しでも気がかりを感じたら、情報開示を行い、金融事故の記録がないことを確認しておきましょう。

個人信用情報機関の開示方法と手数料は以下のとおりです。おもに郵送またはオンラインで開示申込みが可能となっています。
なお、開示にあたっては、手数料がかかることに注意しましょう。

〈個人信用情報機関別の開示方法と手数料〉

 開示方法手数料
シー・アイ・シー
(CIC)
郵送1,500~2,255円
ウェブサイト500円
日本信用情報機構
(JICC)
郵送1,000円
窓口休止中
専用アプリ
(スマートフォン)
1,000円
(決済手数料を除く)
全国銀行個人信用情報センター
(KSC)
郵送1,000円
ウェブサイト1,000円

※2024年2月2日時点の情報

信用情報の保管期間

信用情報の保管期間は管理している組織によって異なり、下の表のとおり5~7年となっています。
支払遅延や自己破産の経験がある場合、保管期間中は車のローン審査に申し込んでも通らない可能性が高いでしょう。

〈信用情報の保管期間〉

 保管期間
シー・アイ・シー
(CIC)
登録依頼日から5年以内
日本信用情報機構
(JICC)
契約継続中および契約終了後5年以内*
全国銀行個人信用情報センター
(KSC)
取引情報契約期間中および契約終了日
(完済されていない場合は完済日)から
5年を超えない期間
破産・
民事再生手続
決定日から7年を超えない期間

※2024年2月2日時点の情報
*2019年9月30日以前の契約・返済・取引については、契約継続中及び完済日、当該事実の発生日から5年を超えない期間

金融機関の仮審査を利用する方法

金融機関の仮審査を利用する方法について解説する項目の見出し画像

車のローンが通るかを調べるために、仮審査を利用する方法もあります。どのような審査か、メリットも併せて見ていきましょう。

仮審査とは

仮審査とは、本審査の前に行われる簡易的な審査のことです。
本審査では個人信用情報機関に必ず信用情報を照会するのに対し、仮審査では照会を行わないケースも多く、通常3~7日程度で結果を知ることが可能です。

金融機関によって仮審査の内容は異なるものの、一般的に以下の項目がチェックされるでしょう。

〈仮審査で確認される項目の例〉

  • 名前、性別、生年月日、自宅住所、電話番号
  • 住居の種類、入居開始年月
  • 未既婚、扶養家族の有無、家族との同居
  • 職業、前年度の個人収入
  • 借入希望額、借入希望期間、借入希望時期、借入れの目的、必要資金の合計額
  • 他社での借入状況
    など

仮審査のメリット

仮審査では、本審査に通りそうかわかるだけでなく、借入可能額や金利の目安がわかるので、返済計画を立てやすいといったメリットもあります。

また、本審査の結果は信用情報に記録されることから、審査に落ちるとほかの審査の際に返済能力がないと判断される可能性があるのに対し、仮審査では結果が記録されないので、審査に落ちてもほかの審査に影響する心配がなく、気軽にチェックが可能です。

ローンよりも安く車を持てて
審査のハードルが下がりやすい方法があります

ローンと同様、月々の支払いで車を持てる方法があります。
車のサブスク(カーリース)は、頭金などの初期費用が不要のうえ、月々の支払額がローンよりも安い傾向があることから、審査に通りやすいといわれています。

中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、業界最安水準*の料金設定となっており、車のサブスクの中でも特に審査のハードルが下がりやすくなっています。ローン審査に落ちた方の利用実績もあるので、ローン審査に不安のある方にもおすすめの方法だといえるでしょう。

定額カルモくんの審査に通るかどうか、「お試し審査」で簡単にチェックできます。下のバナーから、気軽に確かめてみましょう。

業界最安水準のカーリースでお試し審査

2024年お年玉キャンペーン

* 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

車のローン審査に通る条件とは?何をチェックされるの?

車のローン審査に通る条件とは?何をチェックされるの?について解説する項目の見出し画像

車のローンの審査基準は金融機関や信販会社によって異なるうえ、公開もされないことから、どのような条件であれば確実に審査に通るのかを述べることはできません。ただし、一般的に通りやすいとされる基準はあるため、審査に申し込むうえでこれらを把握しておくことは重要です。
どのような基準なのか、見ておきましょう。

年収

車のローン審査では、毎月確実に返済する能力があるか判断するために年収がチェックされ、一般的に年収200万円以上が審査に通る目安とされています。

ただし、年収が200万円未満でも、その他の条件によっては審査に通ることは可能です。例えば、保証人を付けることで審査通過できるケースもあるでしょう。

雇用形態

雇用形態も、車のローン審査でチェックされる項目のひとつです。
正規雇用や公務員であれば収入が安定しているとみなされ、審査で有利になりやすいといえます。

一方、アルバイトや契約社員などの非正規雇用や個人事業主では、正社員や公務員ほど収入が安定しているといえない場合も多く、審査で不利になりやすいでしょう。

ただし、非正規雇用や個人事業主でも収入などの条件次第で審査に通る可能性はあります。

勤続年数

安定した収入を確保できるかどうかの判断のために勤続年数もチェックされ、一般的に1年以上あれば審査で不利になりにくいとされています。
そのため、正社員であっても新卒入社直後や転職直後など、勤続年数が少ないうちは審査で不利になりやすいことに注意が必要です。

年齢

車のローン審査には一般的に年齢制限が設けられており、20~70歳となっているケースが多く見られます。設定されている年齢外の場合、審査に申し込むことはできません。

なお、18歳以上が条件の場合、10代の方は保証人をつけるよう求められることがあります。保証人とは、ローンの名義人が返済できなくなった場合に代わりに返済する義務を負う方です。
また、申込時に年齢制限以下でも、契約満了時に年連制限を超えていると、審査に落ちる可能性が高いといえます。

過去の信用情報

信用情報に自己破産や返済遅延などの記録があると、審査で著しく不利になります。
少額の返済や支払いの遅延でも、信用情報に記録されてしまうと審査に通るのはかなり難しくなるため、注意が必要です。

他社での借入状況

返済負担率とは何かを表した図。年収に対して、住宅ローンの返済やカーローンの利用料などの合計額がどの程度の割合を占めているかが返済負担率であり、審査では30~35%程度までが目安とされるということを説明した図。

他社ですでに多額の借入れがある状態で、さらに車のローンを組むと返済が滞るリスクがあることから、住宅ローンや、銀行・消費者金融などの借入状況も車のローン審査でチェックされます。
他社からの借入れの基準として、一般的に返済負担率が用いられます。返済負担率とは、年収に対して年間の返済額が占める割合のことで、この値が30~35%を超えると、審査に通るのが難しくなるでしょう。

なお、携帯電話の分割払いや英会話教室、歯科治療などのローン、クレジットカードのリボ払いなども借入れとして審査の対象となります。

車のローン審査で特に不利になりやすい状況

車のローン審査で特に不利になりやすい状況について解説する項目の見出し画像

車のローン審査では、審査基準を満たしていても、以下のような場合は審査に通らない可能性が高くなることを知っておきましょう。

虚偽申告をする

ローン審査の際に、嘘の情報を申告することは禁止されています。仮に審査に通ったとしても、虚偽申告が発覚した場合、ローン会社から訴訟を起こされる可能性があるでしょう。

また、虚偽申告をした記録も残ってしまうため、その後にほかのローンやクレジットカードの審査を受けても一切通らなくなるリスクもあります。年収を多く申告したり、勤務先を偽ったりすることは絶対にやめましょう。

税金を滞納している

クレジットカードで支払っている場合を除き、税金の支払いが遅延しても個人信用情報に記録が残ることはありません。
ただし、個人事業主などの場合、審査を受ける際に納税証明書の提出を求められることがあります。納税していないことがわかると審査で不利になりやすいため、審査の前に必ず税金の納付を済ませておくようにしましょう。

反社会的勢力の関係者である

自身だけでなく、家族や同居人が反社会的勢力の関係者の場合も、審査に不利になる可能性があります。
いずれの場合もローン会社によって対応は異なりますが、気がかりのある方は一度ローン会社に相談してみるといいでしょう。

車のローン審査に落ちたときの対処法

車のローン審査に落ちたときの対処法について解説する項目の見出し画像

車のローンの審査に落ちてしまった場合、以下のような対処法をとることで、車に乗ることをあきらめずに済む場合もあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

頭金を入れる

頭金を入れると借入額が減るため、審査のハードルが下がりやすくなります。
ただし、まとまった出費が発生するため、頭金のための資金を計画的に貯めておくことをおすすめします。

審査基準の異なる別のローンに申し込む

車のローン審査に落ちてしまっても、他の種類や信販会社のローンなら通ることがあります。
例えば、一般的にディーラーローンは銀行系マイカーローンよりも審査基準が甘いなど、通りやすさに差があるほか、同じ種類のローンでも会社によって基準はさまざまです。
ただし、審査の甘い車のローンほど、金利が高く、返済総額が高額になる傾向に注意しましょう。

ファミリーカーなら配偶者などが申し込む

車のローンを組む場合、配偶者や同居する家族の名義で申し込む方法もあります。自分の名義にはなりませんが、同居する親族なら自動車保険が適用されるケースも多いので車を運転する際も安心です。

なお、この方法は、名義人と共用で車を利用するケースに限って使えることに注意が必要です。名義人が車をまったく運転しない場合、「名義貸し」となみなされる可能性があり、これは犯罪にあたります。

購入する車の値段を下げる

車の購入費用を下げることも対処法のひとつです。借入額が減れば、返済負担率が下がるため、車のローン審査に通りやすくなるでしょう。
購入費用を下げる方法として、安い車種に変更する、車のグレードを下げる、中古車にする、などが挙げられます。

保証人を立てて審査を受ける

年収や安定性が低くても、保証人を立てれば車のローン審査に通るケースがあります。保証人は、ローンの名義人が支払不能となった際に補償する義務を負います。
保証人が必要な場合、一般的にローン会社から知らせてもらえます。

保証人は、定期的な収入があり、支払い能力のある親族などに依頼することが多いでしょう。親族であっても状況や返済計画をきちんと説明することが大切です。

他の方法で車をもつ

ローン以外にも車を持つ方法はあるため、それらを検討するのもいいでしょう。
一括購入できる資金が用意できる場合、審査を受けずに車を購入することが可能です。

また、レンタカーやカーシェアリング、車のサブスク(カーリース)など、購入費用なしで車を利用する方法もあります。
レンタカーやカーシェアリングは、必要なときだけ車を借りられ、駐車場も不要なので手軽です。ただし、長期間使用すると費用がかさみやすいことや、利用時間に制限があることなど、マイカーと比較して不便である点に注意が必要です。

車のサブスクは、月々の定額料金を支払うことで車を利用する方法で、毎月一定の月額料金だけで済むうえ、契約期間中はタイミングや時間を気にせず自由に車を運転できる点が魅力です。

審査のハードルが下がりやすい!
月々10,000円台からの車のサブスク

月々定額でマイカーのように車に乗れる車のサブスク(カーリース)は、ローンと同様に審査の必要があるものの、ローンよりも審査に通りやすいとされる点がメリットです。

中でも「定額カルモくん」は月々10,000円台とローンよりも月々の支払いが少ない傾向があり、返済負担率を抑えやすいことから審査のハードルが下がりやすくなっています。実際、利用者の中にはローン審査に落ちたことのある方もいます。

お試し審査」で審査結果をあらかじめ確認できるので、審査に通るか不安を感じている方にもおすすめのサービスです。下のバナーから気軽に試してみましょう。

気軽におためし審査

車のローン審査に臨む前に行いたい7つの対策

車のローン審査に臨む前に行いたい7つの対策について解説する項目の見出し画像

ローン会社は審査基準を公開していないので、必ず通る基準を明示できません。しかし、少しでも可能性を手繰り寄せるためには、基準を満たせるような対策を審査前に行っておくことが重要です。
どのような対策が可能か、見ておきましょう。

頭金を増やす

頭金を増やして借入額を減らせば返済負担率が下がり、審査に通る可能性を高めやすくなります。
契約時に家計を圧迫しないよう、計画的に頭金の資金を貯めていきましょう。

ほかのローンの返済を済ませておく

ほかにもローンを組んでいる場合、できるだけ完済しておくようにしましょう。一括返済が難しくても、残っているローンの一部を繰上返済すれば、返済負担率を減らせます。

金融事故情報が消えるのを待つ

過去に金融事故を起こしている場合、その記録が信用情報機関に一定期間保管されます。記録が残っているあいだは審査に通るのは難しいので、記録が抹消されてから車のローン審査に申し込むといいでしょう。

同時期に多数のローンに申し込まない

同時期に多数のローンに申し込んで審査に複数落ちてしまうと、以降の審査結果に悪影響を及ぼす可能性があります。
複数の車のローン審査を検討しているときは仮審査にとどめておき、審査に通りそうなところに絞って本審査に進むようにしましょう。

なお、仮審査では審査結果は残りませんが、申込みの記録は本審査同様に残ります。本審査に比べると審査結果への影響は抑えやすいとはいえ、同時期に複数申し込まないほうがいいでしょう。

車のローン審査前に転職しない

車のローン審査では、勤続年数が1年に満たないと審査で不利になりやすいとされるため、審査前の転職は控えたほうがいいでしょう 。転職を検討している場合、審査に通ってから行うことをおすすめします。
なお、社内での部署異動は審査結果に影響しません。

ローンよりも
審査を有利に進めやすい方法

対策をしても、車のローン審査に本当に通るか不安が残る方には、車のサブスク(カーリース)をおすすめします。車のサブスクは、月々の支払額がローンよりも安い傾向があるので審査に有利になりやすく、負担を抑えられるメリットもあります。

中でも「定額カルモくん」は、頭金などの初期費用が不要であるうえ、業界最安水準*の料金設定なので、車のサブスクの中でも審査のハードルが下がりやすくなっています。

下のバナーの「お試し審査」で、利用できるかあらかじめチェックできるだけでなく、ローン審査と違って、審査結果が出た後でも条件を変更可能です。
5分程度の入力で完了するので、手間もかかりません。気軽に申し込んでみましょう。

車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる

* 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

車のローン審査と借入れの流れ

車のローン審査と借入れの流れについて解説する項目の見出し画像

車のローンの申込みから実際に借入れが完了するまでの流れを事前に押さえておくと、手続きをスムーズに進められます。ここでは、一連の流れを確認しておきましょう。

1. 車の見積もりを確認する

購入したい車が決まったら販売店で見積もりを出してもらい、総額でどのくらいの費用が必要になるのかなど、内容を確認します。見積書はローンを申し込む際に必要になるため、大切に保管しておきましょう。

2. ローンの種類を選ぶ

見積もりを確認して、ローンで車を購入することを決めたら、申し込むローンの種類を選びましょう。車のローンには、銀行系カーローンやディーラーローンなど、さまざまな種類があります。利息や返済総額などを確認して、希望に合ったローンを選ぶことが大切です。

なお、銀行系カーローンとディーラーローンを比較すると、一般的にディーラーローンのほうが審査が甘いとされますが、金利が高い点に注意が必要です。

3. 借入額と返済期間を決める

ローンの種類を決めたら、借入額と返済期間を踏まえてどの金融機関や販売店でローンを組むか決めましょう。
金融機関や信販会社によって借入限度額や設定できる返済期間はさまざまなので、無理なく返済していけるよう、慎重に検討することが大切です。

4. ローン審査に申し込む

どこで車のローンを組むか決まったら、審査に申し込みましょう。
ローンによっては、結果が出るまでに数週間程度かかる場合もあるので、スケジュールに余裕を持って申し込んでおくと安心です。

5. 入金を確認し、返済する

車のローン審査に無事通ったら、一般的に指定した銀行口座にお金が振り込まれます。
自分の口座に振り込まれる場合は、そのお金で車の代金を支払いましょう。

その後は、金融機関または信販会社との契約に従って毎月返済していくことになります。

ローンに頼らない車の持ち方もある

車のサブスク会社がメーカーから車を調達し、利用者に貸し出す。利用者は毎月の定額料金を支払う図
車のサブスク会社がメーカーから車を調達し、利用者に貸し出す。利用者は毎月の定額料金を支払う図

車のサブスクは、リース会社が購入した車を、利用者が借りて乗ります。車のローンと同様、月々の支払いで車に乗れることから負担を抑えて車を利用できます。
そのほか、ローンと比較した場合に得られるメリットが多いことなどから人気が高まっている方法です。詳しく見てみましょう。

ローンよりも審査に有利になりやすい

車のサブスクは、ローンよりも審査を有利に進めやすいとされており、それには2つの理由が挙げられます。

残価設定により車両本体価格を全額負担しなくていい

車両本体価格の月々の支払い分をカーローンとカーリースで比較した場合、カーリースのほうが契約満了時の想定残価を差し引いて月々の料金を算出するため、支払う車両本体価格を抑えやすいということを表した図

車のサブスクでは、車両本体価格から契約満了時の残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出します。残価とは、契約満了後に車を下取りに出したときの想定価格のことです。

ローンを組んで車を購入した場合、車両本体価格のすべてを返済する必要があります。それに対し、車のサブスクの場合、車両本体価格の一部だけの負担で済むため、審査対象となる車両本体価格が抑えられ、審査のハードルが下がりやすくなっています

月々の支払額をローンよりも抑えやすい

車のサブスクの月額料金は、車両本体価格に税金や保険料などの諸費用を足した総額を契約月数で割って算出されます。そのため、契約期間が長くなるほど月額料金は安くなります。

車のローンでは、返済期間は一般的に3年や5年程度であるのに対し、カーリースでは契約期間が10年前後のケースも見られます。
ローンよりも長期契約の傾向があるので月々の料金を下げやすく、返済負担率を抑えることにつながるでしょう。

頭金不要!月額料金だけで車に乗り続けられる

定額カルモくん料金設計

ローンで車を購入した場合、月々の返済だけでなく、車を維持するためのさまざまな費用も支払わなければなりません。

一方車のサブスクの場合、毎月一定の月額料金の中に税金や自賠責保険料、各種手数料などの諸費用が含まれています。上の画像は定額カルモくんの月額料金に含まれる項目で、点検代やサポート料なども含まれていることがわかります。
このため、月々の支払い以外の費用を別途用意する必要がなく、一定の金額で車に乗り続けられます

さらに会社によっては、車検費用やメンテナンス費用も月額料金に含められるプランやオプションを用意している場合があります。このようなプランやオプションに加入すれば、維持費も月額料金に含めて支払えるので、毎月の出費をよりフラットにできるでしょう。

車をもらえるサービスがある

車のサブスクでは原則、契約満了時に車をリース会社に返却しますが、乗っていたリース車をもらえるプランやオプションを用意している会社も多く見られます。マイカーが欲しい方は、このような会社を利用するといいでしょう。

そのほか、車を自宅や近所の駐車場で保管して、好きなタイミングで利用できるなど、マイカー同様に利用できる点が人気の理由となっています。

ローンを組まない乗り方で、審査に通るか調べる方法

ローンを組まない乗り方で、審査に通るか調べる方法について解説する項目の見出し画像

車のサブスクを利用する場合、ローンと同様に審査が必要であるものの、多くの会社ではオンライン審査を用意しており、簡単かつ速やかに審査に通るかどうかを確認できるようになっています。

例えば、業界最安水準*の定額カルモくんでは、「お試し審査」を用意しています。お試し審査は、オンラインから5分程度の入力で申込みが完了し、結果が最短で即日わかるので、定額カルモくんを利用できるかどうか、早く知りたい方におすすめです。

下のバナーから気軽に試してみましょう。

審査が不安な方にもおすすめ!業界最安水準の定額カルモくんでお試し審査をしてみる

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

ローン審査に落ちたけれど、ほかの方法で新車に乗れた方の声

カーローンの審査に落ちた経験のある方でも、車のサブスクで新車を持つことができた方々がいます。その中から体験談や感想をご紹介しましょう。

ローン審査に落ちても、車のサブスクで希望の新車に乗れました!

契約者Kさん

Kさん・40代 | ダイハツ「ムーヴ」(11年契約)

最初は車を購入するつもりでカーローンに申し込んだのですが、過去に携帯電話料金の払い忘れがあったことが影響したのか、審査に通らなかったんです。
仕事柄どうしても車が必要だったので、車のサブスクなら審査に通るかもしれないと聞いてすぐに申し込みました。

とはいえ、車のサブスクなんて知らなかったし、インターネットで車を買うことにも多少の抵抗はありました。でも、問い合わせ時の受け答えがすごくクリアで安心感があったので、大丈夫だなって。
無事に審査も通過して、乗りたかったムーヴの新車にも乗れて、満足しています!

ダメ元で受けた審査に通った!おかげさまで妥協せずに新車に乗れています

契約者Kさん

Kさん・60代 | ホンダ「S660」(7年契約)

これまでいろいろな車をいじって乗り倒して、車自体への満足と維持費の安さの2点を両立した車に乗りたかった。ただ僕の場合、ローン審査は難しいと思っていたんです。いろいろあって何回か試したけどやっぱり無理で。でも、車のサブスクで相談したら一応審査を受けてみましょうよと言われて、ダメ元で審査を受けてみたら通ったのでびっくりしました。

車のサブスクは、税金も何も全部コミコミで一定の料金になっていて、支払額が変わらないから安心ですよね。おかげさまで相棒と呼べるS660の新車に乗れています。

ローン審査に落ちたことがあっても、無理なく新車を持ててうれしいです!

契約者Iさん

Iさん・30代 | ダイハツ「ウェイク」(11年契約)

車検がきっかけで乗換えを検討し始めました。それまで乗っていた車はどれも中古車だったので、新車に乗りたいと思って、購入か車のサブスクかの2択で迷っていました。

ただ、大学生の時にクレジットカードの支払いが遅れたせいか、前の車を買う時にローン審査に落ちたことがあるんです。だから、ローンは難しいかなという思いもありましたね。

落ちたらどうしようという不安もあったんですけど、試しに審査を受けてみたら、受かったって連絡が来てうれしかったです。その後は担当の方と相談しながらプランを決められたので安心でした。
車のサブスクの魅力は、無理なく車を持てる点だと思います。ずっと同じ金額を払えばいいだけだから電話代とか電気代とかと変わりないですよね。

車のローンより審査に通りやすいとされる、おすすめサービス

カルモくん_new

上の体験談の方々が利用している車のサブスクは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。定額カルモくんは、国産全車種から新車を選べるうえ、申込みから契約までの手続きがオンラインと郵送で完了するなど手間もかかりません。

それ以外にも、負担を抑えて車に持つうえで役立つ特徴を備えており、ローン審査が不安な方に特におすすめのサービスです。どのような特徴やメリットがあるのか、詳しく見てみましょう。

業界最安水準*の料金設定により審査対象となる金額を減らしやすい

定額カルモくんは、頭金などの初期費用が不要なうえ、業界最安水準*の料金設定となっています。
また、車のサブスクは一般的にローンよりも契約期間が長い傾向がありますが、定額カルモくんはその中でも長い11年での契約が可能となっており、月々10,000円台から車に乗り始めることが可能です。

月額料金を抑えて返済負担率を下げやすくなっていることから、審査のハードルがより下がりやすくなっています。

車をもらえるプランがある

車のサブスクは基本的に契約満了時に車両を返却するため、車が欲しい方の中には不満を感じる方もいるかもしれません。

その点、定額カルモくんは7年以上の契約の場合、月額料金に500円をプラスするだけでリース車をもらえるオプションが用意されているので、マイカーを手に入れることが可能です。
手頃な料金で乗っていた車がそのまま自分のものになるので、新たに車を購入したり再度リース契約を結んだりする必要がなく、長期で車を利用するうえで大きなメリットとなっています。

「お試し審査」で審査結果をあらかじめ確認できる

定額カルモくんでは、審査に通るかあらかじめチェックできる「お試し審査」が用意されています。

また、一般的なローン審査では審査後に条件を変えることはできませんが、お試し審査なら審査通過後でも車種やプランの変更が可能なので、自分に合った条件をじっくり検討できます
不明点や心配なことがあれば、車に詳しいスタッフに質問や相談をしながら、最終的な条件を決めていける点も魅力です。

下のバナーから5分程度で申込みが完了するので、気軽にチェックしてみましょう。

車種やプランは後から変えられる!ひとまず一番安い料金で 定額カルモくんに申し込む

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

車のローン審査について把握したうえで、自分に合った方法を利用しよう

車のローン審査について把握したうえで、自分に合った方法を利用しようについて解説する項目の見出し画像

ローンで購入する以外にも車に乗るにはさまざまな方法があるので、自分に合った選択肢を選びましょう。
負担を抑えて、審査にも通りやすい方法として、車のサブスクを検討してみるのもおすすめです。

中でも「定額カルモくん」なら業界最安水準*の料金設定であるなどの理由から審査のハードルが下がりやすく、実際に車のローンの審査に落ちた方も利用できています。

ひとまず審査に通りやすい、一番安い料金で「お試し審査」を受けておいて、利用できることがわかった状態で条件を絞り込んでいけば審査に落ちる心配も抑えられます。
下のバナーから5分程度の入力で簡単に申し込めるので、気軽に確認してみましょう。

車種やプランは後から変えられる!ひとまず一番安い料金で お試し審査をしてみる

2024年お年玉キャンペーン

よくある質問

Q1:車のローンが通るか調べる方法は?

A:CICやJICCなどの個人信用情報機関に信用情報を照会する、ローンの仮審査を受ける、という方法があります。仮審査とは本審査の前に行う簡易的な審査のことで、結果が信用情報機関に記録されないため気楽に試せます。信用情報を照会する方法について詳しくはこちらをご覧ください。

Q2:車のローン審査が通るかどうかの基準は?

A:ローン審査では、年収や勤続年数などに加えて自己破産歴や支払いの延滞歴などがチェックされます。これらの情報を基に、安定した収入があるか、契約期間中に滞りなく返済ができるかを判断しています。車のローン審査でチェックされる項目について、詳しくはこちらをご覧ください。

Q3:ローンに頼らずに車を持つ方法はある?

A:ローンと同様月々払いで新車に乗れるうえ、支払額がローンの月々の返済額よりも少ない傾向がある車のサブスクがおすすめです。中でも「定額カルモくん」は、業界最安水準の料金設定であることから、車のサブスクの中でも審査が有利になりやすくなっています。利用できるか「お試し審査」であらかじめチェックすることも可能です。

※この記事の情報は2024年2月2日時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる