ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車のローンが通るか調べる方法を徹底解説!確認方法と審査条件とは?

車のローンが通るか調べる方法はある?確認方法と審査条件を徹底解説
車のローンが通るか調べる方法はある?確認方法と審査条件を徹底解説
目次上_審査に落ちた_新車乗れる

車のローン審査に通るか調べるには、個人信用情報機関に問い合わせて自身の信用情報を取り寄せる、仮審査を受ける、といった方法があります。それによってわかることや車のローン審査に通るか調べる具体的な方法、審査でチェックされる項目や審査前にできる対策などを解説します。

また、ローンを組むことなく、初期費用不要で好きな新車に乗る方法が今人気を集めており、審査に不安のある方にもおすすめなのでご紹介します。

審査に臨む前にとるべき8つの対策を先に知りたい方はこちら

  • 車のローンが通るか調べる方法は信用情報の照会や銀行の仮審査の利用など
  • 車のローン審査では年齢や仕事状況、信用情報などがチェックされる
  • ローンを組まずに月10,000円台から好きな新車に乗る方法がある

車のローンが通るか調べる方法はある?

車のローンが通るか調べる方法はある?

車のローンには、銀行系カーローンや信販会社によるディーラーローン、販売店による自社ローンなどさまざまな種類があり、それぞれ審査基準が異なります。また、同じ条件でも、販売店と信販会社の関係によって審査結果が変わることもあるので、絶対的な基準はありません。

そのため、車のローン審査に通るかどうかを事前に100%の精度で調べる方法はありませんが、次のような方法である程度の可能性を知ることができます

CICやJICCなどの信用情報を照会する

ローンの審査では、借金返済の遅延歴や自己破産の経験などが調べられ、過去にそうした金融事故があると、審査に通る可能性は極めて低くなるといえます。
車のローン審査に通るかを知りたいのなら、自身の信用情報を確認するといいでしょう。そうした情報はシー・アイ・シー(CIC)や日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)などの信用情報機関に保管されていて、情報の開示を求めることができます。

なお、定められた期間が終わると金融事故情報などは抹消されるので、いつまでも残り続けることはありません。情報の保有期間は、情報機関や情報の種類によって異なります。

信用情報を照会する方法について詳しくはこちら

金融機関の仮審査を利用する

マイカーローンを実施している銀行などでは、ウェブ上で仮審査をしてローンが利用できるか調べられます。仮審査の結果が「利用可能」だったからといって実際のローン審査に通るとは限りませんが、年収やほかのローンの借入額が心配な場合の参考にできるでしょう。

次項以降では、自身の信用情報を調べる方法と金融機関の仮審査を利用する方法を、順を追って見ていきましょう。

仮審査を利用する方法について詳しくはこちら

信用情報を照会する方法

信用情報を照会する方法

個人信用情報機関に開示を求めれば、過去の自己破産歴や借金返済の遅滞歴などを調べてもらえるので、不安がある場合は利用してみることをおすすめします。以下では、個人信用情報の照会の仕方や手数料と、信用情報機関に情報が保管される期間について確認してみましょう。

個人信用情報の照会方法と手数料

おもな個人信用情報機関の開示方法と手数料は以下のとおりです。

〈個人信用情報機関別の開示方法と手数料〉

 開示方法手数料
シー・アイ・シー(CIC)郵送1,000円
窓口500円(窓口開示)
ウェブサイト1,000円(インターネット開示)
日本信用情報機構(JICC)郵送1,000円
窓口500円(窓口開示)
ウェブサイト1,000円(インターネット開示)
専用アプリ開示結果は郵送により、開示手数料がかかります
全国銀行個人信用情報センター(KSC)郵送1,000円

 

自己破産などの大きな金融事故ならともかく、携帯電話料金の払い忘れのようなうっかりミスは、清算してしまえば自身で把握していない場合もあるでしょう。

しかし、そのような小さな遅滞情報も信用情報に記録されている可能性があるため、知らずにローン審査を受けてしまうと不利な方向に進んでしまうかもしれません。少しでも気がかりを感じたなら、信用情報を開示してもらい不安材料を解消しておきましょう。

信用情報の保管期間

クレジットカードの支払いが数日遅延した程度では記録が残っていない可能性もありますが、返済の遅延や破産などの履歴が残っていた場合、その情報はどのくらいの期間保管されるのでしょうか。

CICでは、クレジットやローンの支払状況に関する記録が契約終了から最大5年、JICCでは支払状況や債務整理などの記録が完済から最大5年保管されます。また、KSCでは返済状況の履歴は5年、破産の情報は最大10年保管されます。

信用情報機関で自身の信用情報を確認し、延滞などの情報が残っていた場合は、記載されている履歴から5~10年間を目安としてローン審査が不利になる可能性があるといえます。

審査に不安のある方がとるべき8つの対策はこちら

金融機関の仮審査を利用する方法

金融機関の仮審査を利用する方法

車のローンが通るかを調べるには、もっと簡単な方法もあります。金融機関が提供するマイカーローンの仮審査を利用すれば、比較的短い審査時間で結果がわかり、早ければ当日にメールで知らされます。審査結果を早く知ることで、その後の対策にすぐに移れる点はメリットといえるでしょう。

仮審査とは、どういったものかを見ていきましょう。

仮審査とは

金融機関の提供するカーローンには仮審査と本審査の2種類があり、本審査の前に行われる事前審査が仮審査にあたります。仮審査は、ローンを申し込む方の年収や職業、勤続年数などから、希望する借入金額が見合っているかを確認する簡単な審査です。

金融機関によって仮審査の内容は異なりますが、一般的に仮審査で申告する内容は以下のとおりです。

〈仮審査で確認される項目の例〉
名前、性別、生年月日、自宅住所、電話番号、住居の種類、入居開始年月、未既婚、扶養家族の有無、家族との同居、職業、前年度の個人収入、借入希望額、借入希望期間、借入希望時期、借入れの目的、必要資金の合計額、他社での借入状況など

仮審査のメリット

仮審査に申し込めば、審査に通るかどうかの確認だけでなく、借入金額の目安を立てられるといったメリットもあります。また、仮審査の結果は信用情報機関に記録されないため、気軽に試すことができます。

本審査に進むと、仮審査で申告した項目が事実かどうかの確認を含め、いっそう細かいところまでチェックされます。では、実際にどのような基準でチェックされるのでしょうか。次項では、項目ごとの審査内容や注意点を確認しながら、審査に通る条件を探っていきます。

ローン審査が不安な方におすすめの方法があります。詳しくはこちら

車のローン審査に通る条件とは?何をチェックされるの?

カーローン審査に通る条件とは?

実際の審査基準はローンの種類などによって異なりますが、年収や勤続年数など主要な項目には、以下のような基準があるとされています。

年収

車のローン審査では、一般的に年収200万円以上が目安とされています。年収が200万円未満の場合には、安定した収入のある保証人が必要とされることが多いでしょう。

年齢、勤続年数、雇用形態など

年齢や勤続年数、雇用形態も審査に影響を与えます。収入はあってもアルバイトや非正規雇用、個人事業主などの場合は、安定性が低いとみなされて審査では不利になりがちです。また、勤続年数が1年に満たない場合も安定性が低いと判断される傾向があります。

過去の信用情報

先述のように、信用情報に自己破産や返済遅延などの記録があると、審査では著しく不利になります。少額の現金をキャッシングして返し忘れた、引き落とし口座にお金を入れ忘れてクレジットカードの支払いが3ヵ月以上遅延したという場合でも、大きなマイナス評価になるので注意が必要です。

現在の借入状況

銀行や消費者金融からの借入れ、住宅ローンなどの債務状況も審査に影響し、借入額が多いと審査で不利になります。年収に対する借入額の割合は返済比率と呼ばれ、審査に通る返済比率は30%程度までというのがひとつの目安です。車のローンの借入希望額とそのほかの借入れの合計がこの範囲を超えていると、審査のハードルは高くなります。

なお、携帯電話の分割払いや英会話教室、歯科治療などのローン、クレジットカードのリボ払いなども借入れとして審査の対象となります。

このような場合は車のローン審査で不利になることも

このような場合はローン審査で不利になることも

車のローン審査では、年収や信用情報などがチェックされますが、以下のような場合は不利になる可能性もあるので気を付けましょう。

●虚偽申告をする
ローン審査の際に、嘘の情報を申告することは禁止されています。仮に審査に通ったとしても、虚偽申告が発覚した場合、ローン会社から訴訟を起こされる可能性があります。

また、虚偽申告した記録も残ってしまうため、その後ほかのローンやクレジットカードの審査に一切通らなくなるリスクもあります。そのため、年収を多く申告したり、勤務先を偽ったりすることは絶対にやめましょう。

●税金を滞納している
クレジットカードの未払いなどは個人信用情報機関に記録が残りますが、国や地方自治体に納める税金に関しては、納付が遅延しても登録されることはありません。

しかし、個人事業主などの場合、審査を受ける際に納税証明書の提出を求められることがあります。そのため、審査の前に必ず税金の納付を済ませておくようにしましょう。

●反社会的勢力の関係者である
自身だけでなく、家族や同居人が反社会的勢力の関係者の場合も、審査に不利になる可能性があります。

いずれの場合もローン会社によって対応は異なりますが、気がかりのある方は一度ローン会社に相談してみるといいでしょう。

嘘の申告をしなくても車を持つ方法があります。詳しくはこちら

車のローン審査に臨む前にとるべき8つの対策

車のローン審査に臨む前にとるべき対策

ローン会社は審査基準を公開していないので、何をしたら必ず通るということは明示できません。しかし、審査に臨む前に講じるべき対策はいくつかあります。少しでも可能性を手繰り寄せるためには、できることは実行しましょう。

ここでは、後悔しないために打っておくべき対策を、いくつかご紹介します。

頭金を多めに用意する

車のローン審査では、他社からの借入状況も踏まえて、申告された年収で無理なくローンを返済できるかどうかがチェックされます。頭金を多めに用意して借入額を減らすことができれば、余裕を持った金額で審査を受けることが可能になるでしょう。

なお、カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」 が行った調査*によると、ローンで車を購入した方の53.8%の方が頭金やボーナス払いの設定をしていると回答しており、過半数の方がそうして借入額を抑えていることがわります。また頭金の金額について、最も多い回答は「10万円未満」で34.1%を占めていました。

ただし、同調査の「毎月の支払額は妥当か」という問いに対して40.7%もの方が「もっと少ないほうがいい」と回答していて、多くの方がローンの返済を負担に感じているのも事実です。頑張って頭金を多くした結果、家計が圧迫されてしまうといったことのないように気を付けましょう。

*全国の男女378人を対象に、2021年8月18日~31日に実施した車のローンに関する調査

保証人を立てて審査を受ける

年収が低かったり、収入が安定していなかったりする場合は、ローン会社から連帯保証人を立てるように求められることがあります。安定した収入があり、信用情報にも問題がない連帯保証人を立てることで、審査に有利になるケースもあるため、前向きに検討してみるといいでしょう。

頭金や保証人が用意できなくても、月々払いで車を持てます。詳しくはこちら

ほかのローンの返済を済ませておく

ほかにもローンを組んでいる場合は、ほかのローンの返済はできるだけ済ませておくようにしましょう。一括返済が難しくても、残っているローンの一部を繰上返済することで審査対象となる借入額を減らすことができます。

金融事故情報が消えるのを待つ

過去に金融事故を起こしている場合は、そのことが信用情報機関に一定期間記録されます。先述のように、一般的に5〜10年は記録が残るといわれているため、記録がリセットされてから車のローン審査に申し込むといいでしょう。

同時期にほかのローンに申し込まない

同時期に複数のローンに申し込んでしまうと、お金に困っていると判断され、審査結果に悪影響を及ぼす可能性があります。車の審査に通るか確認したいときは仮審査にとどめておき、無闇に複数の本審査に申し込むことは控えるようにしましょう。

車のローン審査前に転職しない

車のローン審査では、勤続年数もチェックされます。勤続年数が長いほうが安定した収入があると判断されやすいため、転職を考えている方は時期を調整し、審査前の転職は控えたほうがいいでしょう 。

審査に通りやすい時期を狙う

銀行系カーローンの場合、3月と9月が銀行の決算時期であるため、ほかの時期に比べてローンの審査のハードルが下がる傾向があるといわれています。このような時期を狙って車のローンの審査に申し込むというのも、ひとつの方法でしょう。

ローン会社の申込み条件をよく確認する

年齢や用途といった車のローンの申込み条件は、ローン会社によって異なります。条件に該当しないことで車のローンの審査に落ちてしまう可能性も考えられるため、車のローンの審査に申し込むときは、事前に申込み条件をしっかり確認しておくようにしましょう。

ローンを組まなくても分割払いで車に乗る方法はこちら

車のローン審査と借入れの流れ

車のローン審査と借入れの流れ

車のローンの申込みから実際に借入れが完了するまでの流れを事前に押さえておくことで、手続きをスムーズに進めることができます。ここでは、一連の流れを確認しておきましょう。

  1. 車の見積もりを確認する
  2. ローンの種類を選ぶ
  3. 借入額と返済期間を決める
  4. ローン審査に申し込む
  5. 入金を確認する

以下で詳しく見ていきましょう。

1. 車の見積もりを確認する

購入したい車が決まったら見積もりを出してもらい、総額でどのくらいの費用が必要になるのかなど、内容を確認します。見積書はローンを申し込む際に必要になるため、大切に保管しておきましょう。

2. ローンの種類を選ぶ

見積もりを確認して、ローンで車を購入することを決めたら、申し込むローンの種類を選びましょう。車のローンには、銀行系カーローンや信販会社によるディーラーローン、販売店による自社ローンなど、さまざまな種類があるため、自身の希望に合ったローンを選ぶことが大切です。

3. 借入額と返済期間を決める

ローンの種類を決めたら、借入額と返済期間を決めましょう。ローン会社によって借入限度額や設定できる返済期間はさまざまですが、無理なく返済していけるように家計状況も踏まえて慎重に検討することが大切です。

4. ローン審査に申し込む

車のローンを申し込む会社と内容が決まったら、実際に申込みをしましょう。ローン会社によって審査にかかる時間は異なりますが、結果が出るまでに時間がかかる場合もあるため、スケジュールに余裕を持って申し込んでおくと安心です。

5. 入金を確認する

車のローン審査に無事通ったら、一般的には指定した銀行口座にお金が振り込まれます。振り込まれたお金で車の代金を支払いましょう。その後は、ローン会社との契約に従って毎月返済していくことになります。

ローンよりも安い月々払いで車を持つ方法はこちら

車のローン審査に落ちたときの対処法

車のローン審査に落ちたときの対処法

車のローンの審査に落ちてしまった場合は、以下のような対処法をとることで、車に乗ることをあきらめずに済む場合もあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

期間を空けて対策を講じた上で再度申し込む

頭金を用意したり保証人を立てたりしてから、再度審査に申し込むというのもひとつの方法です。ただし、審査に落ちた履歴は信用情報機関に記録されることから、すぐに申し込むと再び落ちてしまう可能性があります。そのため、ある程度期間を空けてから申し込むようにしましょう。

審査基準の異なる別のローンに申し込む

銀行系カーローンなどで審査に落ちてしまった場合は、自社ローンなど比較的審査のハードルが低いといわれるローンに申し込むことで可能性が見えてきます。ただし、審査が厳しくないローンほど返済総額が高くなる傾向があるため注意が必要です。

ファミリーカーなら配偶者などが申し込む

家族で共有する車で、自分がローンに通るか不安な場合は、より安定した収入のある家族が申し込むといいでしょう。自分の名義にはなりませんが、同居する親族なら自動車保険も適用されるケースが多いので車を運転する際も安心です。

購入する車をもっと安い車に変更する

購入する車のランクを下げたり、希望する車種の中古車を選んだりすることで、車の購入代金を下げて借入額を少なくするというのも対処法のひとつです。

少し妥協することで、車の購入をあきらめずに済む場合もあるため、どうしても外せない条件以外で妥協できる点はないか検討してみましょう。

しかし、欲しい車をあきらめられない、どうしてもその車でないとダメ、というケースもあるでしょう。そのような場合には、ローンと同じ金額の月々払いで、より高価な車を持てる車のサブスクサービスを検討しましょう。次項で詳しく解説します。

ローンに頼らない車の持ち方もある

車のローン審査に通るかどうか不安な場合は、車のサブスクを選択するというのもひとつの方法です。車のサブスクサービスとは、毎月決まった料金を支払いながら好きな車に乗れるサービスです。定額で手軽に利用できる車の新しい乗り方として、今人気を集めています。

車のサブスクなら、頭金やボーナス払いも不要で、初期費用を一切かけずに新車に乗ることができます。つまり、月額料金のみでカーライフを始められるのです。

ローンより車のサブスクのほうが負担を抑えられる理由

車のサブスクでは、残価設定により車両本体価格が安くなることを解説する図
車のサブスクでは、残価設定により車両本体価格が安くなることを解説する図

車のサブスクの月額料金は、車両価格から契約満了時の残価を差し引いた金額を基に算出されます。残価とは、契約満了後に車を下取りに出したときの想定価格のことです。

ローンを組んで車を購入した場合は車両価格のすべてを返済する必要があり、さらに利息の支払いも必要です。しかし、車のサブスクの場合は残価設定があるため、大幅に負担を減らすことができるのです。

車のサブスクは月額料金だけで維持費のほとんどをまかなえる

カーリースでは車両本体価格が安くなる上に、月額料金に多くの費用が含まれていることを解説する図
カーリースでは車両本体価格が安くなる上に、月額料金に多くの費用が含まれていることを解説する図

ローンを組んで車を購入した場合、月々の返済に加えて、車を維持する上で発生するさまざまな諸費用も別途支払わなければなりません。

一方車のサブスクの場合は、毎月一定の月額料金の中に税金や自賠責保険料、各種手数料などの諸費用も含まれていることが一般的です。駐車場代やガソリン代は別途必要ですが、車に乗る上で必ず発生する維持費の多くを月額料金でまかなえるのは車のサブスクならではのメリットでしょう。

さらにサービスによっては、車検費用やメンテナンス費用も月額料金に含められるプランを用意している場合があります。このようなプランに加入することで、毎月の出費をよりフラットにすることができるでしょう。

審査が不安な方におすすめ!業界最安水準の車のサブスクはこちら

車をもらえるサブスクもある

車のサブスクサービスは多数ありますが、各社のサービス内容は多様です。中には契約満了時に車がもらえるプランやオプションを用意している車のサブスクもあります

いずれは自分の車になるので、購入した場合とまったく同じように車に乗れます。車のサブスクで禁止されているカスタマイズも可能になります。

車のサブスクを検討する際は、自身が求めているサービスが用意されているかといったことにも目を向けると選びやすいでしょう。

新しい乗り方で審査に通るか調べる方法

カーリースの審査が通るか調べる方法

車のサブスクを利用する場合も、ローンと同様に審査が必要です。しかし、ローン審査では書類を準備したり結果を待ったりと時間がかかりますが、車のサブスクでは簡単に審査に通るかどうかを確認できるサービスを用意しているところもあります。

例えば、業界最安水準の定額カルモくんには「お試し審査」があります。
お試し審査は、車のサブスクを利用できるかを簡単に確かめられるサービスで、パソコンやスマートフォンから必要事項を5分程度入力するだけで終わります。

審査結果は最短翌営業日、遅くとも3営業日以内に届き、結果に応じてアドバイスも受けられます。
車のサブスクの場合、審査に通るかどうかを調べるハードルは低く、ローン審査では落ちてしまったけれど車のサブスクの審査には通ったという例も少なくないので、まずは定額カルモくんのお試し審査で確かめてみてはいかがでしょうか。
乗りたい車が決まっていない場合は、同タイプの車を選んで審査を受けるといいでしょう。

気軽におためし審査

カーローンより安心して申し込める、おすすめサービス

カルモくん_new

定額カルモくんは、前項で紹介したように審査に通るか気軽に試せるという大きなメリットがあるのでおすすめです。また、業界最安水準の月額料金が魅力で、ダイハツ「ミライース」なら月々 11,390 円から利用できます。

それ以外にも、まだまだたくさんの魅力ある要素が定額カルモくんにはそろっています。ローン審査に不安を持っていても定額カルモくんなら安心して申し込める理由をご紹介します。

業界最安水準の料金だから審査対象の金額を少なくできる

ローン審査同様に、車のサブスクにおいても車両本体価格などを対象とした審査で利用の可否が決められます。つまり審査に通るかが不安な場合は、審査対象となる金額を下げることが大切です。

車のサブスクでは、残価設定のしくみによって車両本体価格を抑えられることが大きな利点ですが、それに加えて、定額カルモくんは業界最安水準の料金なので審査対象となる金額を下げられます

審査対象の金額を下げても、ローンで購入した場合とまったく変わらないピカピカの新車が手元に届きます。

また、定額カルモくんでは「お試し審査」の後に審査に通る範囲で最適な車種を紹介してもらえ、車種変更やキャンセルが可能です。そのため、審査に不安がある方は料金がお手頃な車を選んでお試し審査を受けてみましょう。

申込みから納車まで、すべてオンラインと郵送で完結できる

ご紹介した「お試し審査」はもちろん、定額カルモくんは契約から納車までの手続きをすべてオンラインと郵送で完結できます。乗りたい車のオンライン見積もりの画面から審査申込みに進み、審査通過後の契約書類は郵送で届くという流れです。納車は希望の日時を伝えれば、指定した場所に届けてくれます。

車を購入すると手続きが煩雑な上、資金を用意するために奔走するケースもありますが、定額カルモくんなら手の空いたタイミングですべての手続きを終えることができます。忙しい方でも仕事を休んだりする必要がないので、私生活への影響も少ないといえるでしょう。

実際に定額カルモくんで車を利用する場合、月々いくらくらいの負担で乗れるのでしょうか。気になる方は、下のバナーから車種一覧とそれぞれ月いくらから乗れるかを確認してみましょう。

欲しい車をタップすると、グレードやオプションなどを選択して何度でも料金シミュレーションできます

料金をチェック

定額カルモくんについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ローン審査に落ちたが定額カルモくんの審査に通った!利用者の声

カーローンの審査に通らないのではないかと不安な方でも、実際に落ちてしまった経験のある方でも、車をあきらめずに新車を持つことができている方々がいます。定額カルモくんでは、そんなカーローンの審査に通らなかった経験を持つ方がたくさん利用しています。その中から体験談や感想をご紹介しましょう。

ローン審査に落ちても、定額カルモくんで欲しかった新車に乗れました!

契約者Kさん

Kさん・40代 | ダイハツ「ムーヴ」(11年契約・プラチナメンテプラン加入)

最初は車を購入するつもりでカーローンに申し込んだのですが、過去に携帯料金の払い忘れがあったことが影響したのか、審査に通らなかったんです。
仕事柄どうしても車が必要だったので、定額カルモくんなら審査に通るかもしれないと聞いてすぐに申し込みました。

とはいえ、車のサブスクなんて知らなかったし、インターネットで車を買うことにも多少の抵抗はありました。でも、問い合わせ時の受け答えがすごくクリアで安心感があったので、大丈夫だなって。
無事に審査も通過して、欲しかったムーヴの新車にも乗れて、満足しています!

ダメ元で受けた審査に通った!おかげさまで妥協せずに新車に乗れています

「還暦過ぎたんだから、好きな車に乗らせてよ」車に妥協はしたくない、おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者に聞く、カーリースの良さ。

Kさん・60代 | ホンダ「S660」(7年契約)

これまでいろいろな車をいじって乗り倒して、今回、車の楽しみと維持費の安さを両立した一番良い車に乗りたかった。ただ僕の場合、ローン審査は難しいと思っていたんです。いろいろあって何回か試したけどやっぱり無理で。でも定額カルモくんに相談したら、一応やってみましょうよと言われてダメ元で審査を受けてみたら通ったのでびっくりしました。

車のサブスクなら税金も何も全部コミコミで一定の月額が決まっていて、支払額が変わることがないから安心ですよね。だから、審査に通ったとわかって、じゃぁぜひぜひお願いしますと言って、おかげさまで相棒と呼べるS660の新車に乗れています。

ローン審査に落ちたことがあっても、無理なく新車を持ててうれしいです!

契約者Iさん

Iさん・30代 | ダイハツ「ウェイク」(11年契約)

車検がきっかけで乗換えを検討し始めました。それまで中古車だったので、新車に乗りたいと思って。車種は最初から決めていて、あとは買うかサブスクにするかの2択でした。

ただ、実は前の車を買う時にカーローンの審査に落ちたことがあるんです。大学生の時にクレジットカードの支払いが遅れたせいかもしれません。だからローンは難しいかなと。

それで、落ちたらどうしようという不安もあったんですけど、試しに審査を受けてみたら、受かったって連絡が来たのでうれしかったです。その後は担当の方にいろいろと相談しながらプランを決められたので安心でした。リースの魅力は無理なく車を持てる点だと思います。ずっと同じ金額を払えばいいだけだから電話代とか電気代とかと変わりないですよね。

審査のしくみを正しく理解して車を利用しよう

審査のしくみを正しく理解して車を利用しよう

車のローンに必ず通る方法はありませんが、ローンの種類や審査基準の目安を理解することによって、審査に通る確率を高めるためにできることがあります。頭金を多めに用意したり、車のグレードを下げたりして審査対象となる借入額を抑えるといった対策は効果が期待できるでしょう。

また、車のローンが難しい場合は、車のサブスクを検討してみましょう。実際に、車のローンの審査に落ちてしまった方でも車のサブスクの審査には通ったというケースは少なくありません。

車を手に入れる方法は違ったとしても、結果的に負担を抑えて欲しかった車に乗れるのなら、車のサブスクという選択は有効といえるでしょう。

定額カルモくんは、専門の知識を持ったマイカーコンシェルジュに契約前から何度でも無料で相談できるサポート体制で、顧客対応満足度98.9%*の評価を得ています。電話やLINEで気軽に問い合わせることができるので、審査や車のサブスクに関する不明点など、ぜひ下のバナーより連絡してみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

よくある質問

Q1:車のローンが通るか調べる方法は?

A:CICやJICCなどの個人信用情報機関に信用情報を照会する、ローンの仮審査を受ける、という方法があります。仮審査とは本審査の前に行われる事前審査のことですが、仮審査に通らなかったとしても、その結果は信用情報機関に記録されないため気楽に試せます。

Q2:車のローン審査が通るかどうかの基準は?

A:ローン審査では、年収や勤続年数などに加えて自己破産歴や支払いの延滞歴などが確認されます。これらの情報を基に、安定した収入があるかどうかや契約期間中に滞りなく返済ができるかの信用度を判断しています。

Q3:ローンの審査を受けるより手軽に車を持つ方法は?

A:ローンのきびしい審査が不安な場合は、車のサブスクを検討してみるといいでしょう。車のローン審査に落ちて車のサブスクの審査に通るということは少なくありません。また、車のサブスクなら初期費用不要なのでお得な定額料金だけで好きな新車に乗り始められます。

※この記事の情報は2022年2月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる