ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車のローンは自己破産後、何年で組める?購入や所有のヒントと注意点

自己破産歴があっても車のローンは組める?審査に通るポイントや知っておきたいこと
目次上_審査に落ちた_新車乗れる

自己破産をすると、その記録が信用情報機関に残ることから、当面は車をローンで購入することが難しくなります。それでは、何年経てば車のローンに申し込めるのでしょうか。

ここでは、自己破産の履歴が信用情報機関に保存される年数や、自己破産後にローンで車を購入する際のポイントなどについて解説。また、ローンを組まずに車に乗る方法もご紹介します。

ローンを組まずに初期費用0円で新車に乗る方法もあります。詳しくはこちら

  • 自己破産後5~10年経てばローンで車を購入できる傾向がある
  • 自身の信用情報は開示請求することで確認できる
  • そもそもローンを組まずに車に乗る方法もある

自己破産後でもローンで車は購入できる?

自己破産後でも車のローンは組める

過去に自己破産の経験がある場合、信用情報に傷がついてしまっていることから、ローンでの車購入はできないとあきらめている方もいるかもしれません。

しかし、一定の条件を満たすことで、自己破産後でもローンを組める可能性があります。いったいどういうことなのか、信用情報機関に自己破産の記録が保存される年数と併せて、詳しく見ていきましょう。

自己破産後でもローンで車を購入できる

自己破産が認められると、その情報は「個人信用情報機関」と呼ばれるCIC(指定信用情報機関)、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つの機関に登録されます。

車のローンを提供している銀行や信販会社は、申込みがあるとこれらの機関に保存されている情報をチェックするため、その際に自己破産の記録が残っていると審査に通過するのは難しくなります

しかし、信用情報は永久保存されるわけではありません。そのため、情報がリセットされれば、自己破産後でも車のローン審査に通る可能性は十分にあるといえるでしょう。

自己破産後5~10年は信用情報機関に記録が保存される

自己破産の記録が保存される年数は各機関によって異なりますが、一般的には5~10年でリセットされるといわれています。そのため、自己破産後に車のローン審査に申し込むなら、最低でも5年は経過してからにしたほうがいいでしょう。

なお、自身の信用情報はそれぞれの機関に情報開示請求を行うことで確認することもできます。情報がリセットされているかどうか気になる場合は、一度情報照会してみることをおすすめします。

信用情報機関ごとの自己破産情報保存年数の目安

各機関で自己破産情報が記録される期間の目安は以下のとおりです。CICやJICCは5年であるのに対し、KSCは10年と最も長いことがわかります。

信用情報機関自己破産情報が保存される年数
CIC5年
JICC5年
KSC10年

 

自己破産情報が記録される3機関の特徴と情報開示手数料

自己破産情報が記録される3機関の特徴と情報開示手数料

自己破産した記録が保存される3機関には、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、CIC、JICC、KSCの特徴とともに、開示手数料も確認していきましょう。

CICの特徴

CICは、信販会社やクレジットカード会社、消費者金融などで登録された信用情報をおもに取り扱っており、ほかにも携帯電話事業者や百貨店なども加盟しています。

CICの特徴として、JICCやKSCよりも保有している信用情報が多い点が挙げられます。そのため、情報開示を請求する場合は、まずはCICから行うと効率よく進められるでしょう。

なお、情報開示手数料は1,000円かかり、窓口で開示をする場合は500円となります。

JICCの特徴

JICCは、消費者金融から銀行まで幅広い金融機関が加盟しているのが特徴です。ただし銀行においては、ほとんどが地方銀行やネット銀行となっており、メガバンクは加盟していません。

JICCの情報開示手数料は、CICと同様に1,000円、窓口で開示する場合は500円になります。

KSCの特徴

KSCは、おもにメガバンクをはじめとする銀行が加盟しているのが特徴です。地方銀行やネット銀行のほか、信用金庫や信用組合も加盟しています。

KSCの情報開示手続きは郵送のみとなっており、手数料は1,000円かかります。

自己破産から車のローンを申し込むまでにやっておくべき3つの準備

自己破産の記録が消えれば、車のローンを組めるようになります。ただし、申込時の状況によっては審査に通過することが難しくなるため、記録が消えるまでのあいだに次に挙げる3つの準備を行って、審査に有利な状況を作っておきましょう。

1. 頭金を多めに用意する

ローンの審査では、おもに返済能力の有無を確認します。頭金を多く用意している場合、貯金ができるだけの経済状況であることを示せるとともに、計画性もアピールできます。
また、頭金が多いほど借入額を減らせるので、審査のハードルを下げることができます。

2. 信用を得られるクレジット履歴を作る

信用情報機関のリストには、ローンやクレジットカードの申込み履歴や、携帯電話料金などの支払い状況も記録されています。

自己破産の記録が消えても、複数のローンやクレジットカードに申し込んでいたり、料金を滞納したりしている記録があると審査に通らない可能性が高まるため、むやみに申し込まない、期日内に支払うなど、信用度が高まる履歴が残るような行動を心がけましょう。

なお、まったく履歴がないと、返済能力を計れないばかりか、過去に自己破産や債務整理を行ったと推測されてしまうため、自己破産の記録が消えた後にある程度の履歴を作っておくことも大切です。

3. 返済能力をアピールできる属性を身につけておく

ローンの審査では、雇用形態や勤続年数といった属性からも返済能力を判断します。一般的に、アルバイトや非正規社員、自営業などは、たとえ収入があっても安定性が低いとみなされ、審査で不利になりがちです。

また、正社員でも勤続年数が1年未満では高い評価を得られないため、自己破産の記録が消えるまでのあいだに、安定した属性を身につけておきましょう。その際、年収もできる限り高めておくのが望ましいです。

なお、現状で車のローン審査に通るか不安なときは、こちらのキャンセル可能なお試し審査で確認してみましょう。

ローンを組まずに車に乗る方法も検討してみましょう。詳しくはこちら

自己破産後に車のローン審査に申し込むときのポイント

自己破産後に車のローン審査に申し込むときのポイント

車のローンには、銀行系ローンやディーラーローン、販売店が個別で行う自社ローンなど、いくつかの種類があります。それぞれに申込条件や審査基準が異なるため、どのローンを利用するかでも審査結果は変わってきます。自己破産後の車のローンに申し込む場合は、以下のポイントを押さえておきましょう。

ポイント1. 自己破産で免責の対象となった会社は避ける

自己破産で免責の対象となった借入れがあった会社は、自己破産の記録が消えた後でも、審査通過が難しいケースが大半です。ローンの申込みを行う際は、保証会社となっている消費者金融なども含めて、免責の対象になった会社かどうかを事前に確認しておきましょう。

ポイント2. 審査が比較的緩いローンを選ぶ

ディーラーローンや自社ローンなどは、銀行系ローンよりも審査が比較的緩い傾向があります。自己破産の記録が消えても審査に通るか心配なときは、このようなローンを選ぶのもひとつの方法です。

ただし、銀行系ローンに比べて金利が高いケースも多いので、利息も含めて最後まできちんと返済できる範囲で申し込むことが大切です。

ポイント3. 情報開示請求で自身の記録を確認する

信用情報機関の記録は、開示請求を行うことで確認できます。
自身の信用情報が心配なときは開示請求を行って、自己破産の記録が消えているか、忘れている支払いで延滞記録がついていないかなどを確認しましょう。

ポイント4. 安い車で申し込む

審査の難易度は、借入希望額によっても変わってきます。
借入希望額が低いほど審査のハードルも下がるため、車のローンを申し込む際は、候補の中で一番安い価格の車で申請すると審査通過の可能性が高まります。事前準備の頭金と合わせるとなお効果的です。

ポイント5. ローン実績の多い販売店で車を購入する

ローン実績の多い販売店は、ローン会社と良好な関係を築いている場合が多く、申込みの際もさまざまなアドバイスをしてくれるため、審査に有利な状況を作りやすい傾向があります。

ある店舗で車のローンを申し込んだら審査に落ちたけれど、別の店舗なら通ったということが起こるのは、販売店とローン会社との関係性や実績によるところもあるといえるでしょう。

ポイント6. 審査に有利な時期を狙う

銀行系ローンに申し込む場合は、銀行の決算期である3月と9月を狙うと、審査のハードルが下がる傾向があるといわれています。

銀行側は決算までに1件でも多くの融資実績を作りたいと考えているため、そのような時期を狙って申し込むことで、ほかの時期に申し込むより有利な状況を作れる可能性があるでしょう。

車を所有してから自己破産したときは?

ここまで自己破産後に車のローンを組むケースをご紹介してきましたが、すでに車を所有している状態で自己破産をするケースも考えられます。そのような場合に車やローンがどうなるのかについては、ローンの残額の有無と車の価値によってパターンが分かれます。

ローンが残っている場合

ローンで車を購入した場合、車の名義人はディーラーやローン会社になっているのが一般的です。そのため、自己破産をすると、車は名義人であるディーラーやローン会社に引き揚げられます。

ローンを組んでいない、もしくは完済している場合

ローンを組んでいない、もしくは完済している場合は、自己破産を申請した時点での車の価値が20万円以上かどうかで扱いが変わってきます。なお、車の価値は査定しないとわからないことから、破産手続きの際にはまず中古車販売店などで査定を受け、その結果を裁判所に提出する必要があります。

車に20万円以上の価値がある場合
車は「資産」とみなされ、裁判所などに引き揚げられる可能性が高くなります。引き上げられた車は換金されて、債権者への支払いにあてられます。

なお、車に20万円以上の価値があっても、自己破産申告者の財産が車を含めて99万円を超えない場合は、裁判所の判断で所有を認められることがあります。

また、車なしでは通院や介護がままならないといった特殊な事情がある場合も、特別に車の所有を認められることがあります。

車の価値が20万円以下だった場合

車は自由財産に分類されて没収対象ではなくなるため、そのまま乗り続けることができます。

自己破産前に絶対やってはいけないこと

自己破産前に絶対やってはいけないこと

続いて、自己破産前の注意点についても確認しておきましょう。自己破産をする前は、次のようなことをしてしまうと、免責許可が下りなくなるリスクがあります。

車の名義を変更する

自己破産前に車の名義を変更してしまうと、財産隠しとみなされて免責許可が下りなくなってしまったり、詐欺破産罪に抵触してしまったりするおそれがあるため、絶対にしないようにしましょう。
車の名義は公的機関に登録されているため、名義変更の事実は調べればすぐにわかってしまいます。

車のローンだけ返済する

車のローンが残っている場合、車のローンだけでも完済して、引き上げられないようにしたいと考える方もいるかもしれません。しかし自己破産手続きを進めるにあたり、一部の債権者にだけ返済をするというのは認められていません。

このような行為は、偏頗弁済(へんぱべんさい)ととらえられる可能性もあり、車の名義変更と同様に免責許可が下りなくなるリスクがあります。

自己破産後にローン以外で車に乗る方法

自己破産後にローン以外で車に乗る方法

自己破産で車が没収されたり、ローンが組めなくなったりしても、車に乗れなくなるわけではありません。自己破産後に車が必要なときは、次の方法を検討してみましょう。

レンタカーやカーシェアリングを利用する

車を使う頻度が限られている場合は、レンタカーやカーシェアリングを利用することで必要なときだけ車に乗れるようになります。ただし、自己破産でクレジットカードが使えなくなっているあいだは現金払いでしか対応できないため、事前に支払方法を確認しておきましょう。

現金一括で車を購入する

自己破産の処理がすべて終わった後であれば、ローンを使わない現金一括での購入で新たに車を持つことができます。自己破産後に貯められた金額にもよりますが、欲しい車の価格や必要度などに応じて、予算内で購入できる車を買うか、自己破産の記録が消えた後に購入するかなど、よく検討しましょう。

車のサブスクを利用する

ローンを組む必要がなく、月々の定額料金だけで新車に乗れる、車のサブスクリプションサービスを利用するのもひとつの方法です。車のサブスクであれば、車を購入するときのように頭金などの初期費用を用意する必要がありません。ローン不要な上に、車に乗り始める際の費用負担も抑えることができるでしょう。

自己破産後に車に乗る手段として検討したい車のサブスクとは?

定額カルモくんの仕組み

車のサブスクは、リース会社が購入した車を定額制で利用できる車のサブスクリプションサービスです。
申込みには審査が必要ですが、ローンを組んで車を購入するよりもカーライフを送れる可能性が高くなります。その理由を車のサブスクの「おトクにマイカー 定額カルモくん」を例に見ていきましょう。

車両価格が購入するより安い

リース料金の残価設定

車のサブスクは契約期間を決めて車を借りるしくみとなっていることから、契約満了時の想定残価を引いた車両価格で月額料金を計算します。そのため、購入するよりも車両価格が安くなり、審査のハードルを下げられる場合があります。

頭金も登録諸費用も不要で、月額料金だけで車に乗れる

月々支払

車のサブスクの月額料金には、車の購入時に必要な各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれています。そのようなシステムから、利用者は頭金や登録諸費用を支払う必要がなく、月額料金だけでカーライフをスタートすることができます。

定額カルモくんでは国産メーカーの全車種全グレードの新車を取り扱っているため、貯金がなくてもお望みの新車に乗ることが可能です。さらに、月額10,000円台からと業界トップクラスの安さ。あなたの欲しい車がいくらで乗れるのか、こちらで確認してみましょう。

 

維持費も定額にできる

ずっと定額

車のサブスクの月額料金に含まれる税金や自賠責保険料は、契約期間にわたって計上されています。そのため、月額料金を払っていれば、毎年の自動車税(種別割)や車検時の法定費用を別途支払う必要がなく、常に一定の料金で車に乗り続けられます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や消耗部品の交換費用なども定額にできるので、大きな出費の心配なく、車のコンディションが良い状態を維持することも可能になります。

定額カルモくんのメンテナンスプランでは、返却時の原状回復費用も補償されるほか、メーカー保証と同等の保証が受けられるプランもあります。

車のサブスクを利用するには審査に通過する必要があります。審査と聞いて不安に感じた方もいるかもしれませんが、定額カルモくんではそのような方に向けて、審査に通るか事前に確認できる「お試し審査」を用意しています。

オンラインで24時間365日いつでも試すことができ、審査申込みの所要時間は5分程度という手軽さ。結果が出るのも早いため、早く車に乗りたいと考えている方にもおすすめです。
審査に通るか確認した後はキャンセルすることも可能なので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

自己破産後でもカーライフを楽しもう!

自己破産後でも、一定の条件を満たしていればローンで車を購入することは可能です。
手元にまとまった資金がある場合は、一括で購入してしまうというのもひとつの方法でしょう。ただし、車の購入には大きな出費が付き物です。無理をして購入したことで、家計を圧迫してしまう可能性もあるため、慎重に検討するようにしましょう。

その点、定額カルモくんなら初期費用0円でローンを組む必要もなく、月々10,000円台から新車に乗ることができます。負担をできるだけ抑えて車に乗りたい方は、選択肢のひとつとして考えてみるといいでしょう。
定額カルモくんについてもっと詳しく知りたい方は、下のバナーよりチェックしてみてください。

カルモくんについて詳しくみる

よくある質問

Q1:自己破産していても車のローンは組める?

A:はい、状況次第で車のローンを組むことは可能です。ただし、審査通過には条件があるため、開示請求で現在の信用情報を確認しておくと安心でしょう。自己破産などの金融事故はCICやJICCなどの信用情報機関に一定期間登録され、5〜10年で抹消されます。

Q2:自己破産すると車はどうなるの?

A:車の現在の価値やローンの残額によって対応が異なり、車に20万円以上の価値がある場合は「資産」とみなされて裁判所などに引き揚げられる可能性が高くなります。引き揚げられた車は換金されて、債権者への支払いにあてられます。

Q3:自己破産後ローン以外で車に乗る方法はある?

A:一時的な利用であれば、レンタカーやカーシェアリングで車に乗ることができます。また、自己破産の処理が終わっていれば現金一括で車を購入することも可能です。なお、信用情報から自己破産の記録が消えた後なら、頭金不要、維持費も定額になる車のサブスクを利用すれば、ローンでの購入よりもお得にカーライフを送れます。

※この記事は2021年12月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
ローンを組まなくても