ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

自己破産するとカーリース審査や契約はどうなる?

自己破産するとカーリース審査や契約はどうなる?知っておきたい対処法とは
目次上_審査に落ちた_新車乗れる

カーリースを利用するためには、審査を受ける必要があります。それでは、自己破産の経験があってもカーリースは利用できるのでしょうか。また、カーリースの契約期間中に自己破産してしまった場合はどうなるのでしょうか。

自己破産の経験があっても車に乗れる方法など、自己破産とカーリースについて知っておきたい情報を紹介します。

  • 自己破産が記録されているあいだはカーリースの審査に通らない可能性もある
  • カーリース利用中に自己破産すると、リース車は引き上げられる
  • 自己破産の経験があってもカーリースは利用できる

リース・カーリースとは?

リース・カーリースとは?

そもそも、リース(lease)とは、賃貸借(金銭を支払い、物を借りる)のことです。利用者は、毎月決められた料金をリース会社に支払うことにより、リース会社に調達してもらった物件を使うことができます。

そして、カーリースとは、文字どおり「車のリース契約」のことを意味します。カーリース会社が利用者の選んだ車を調達して貸し出し、利用者は毎月決められた料金をカーリース会社に支払うシステムです。

ちなみに、リース契約には、リース期間中にリース会社がリース物件の価格を全額回収できるように設定された「フルペイアウト方式」と、全額回収できない「ノンフルペイアウト方式」の2種類があります。カーリースの場合、期間満了時の車の価値を算定しやすいことから、ノンフルペイアウト方式が採用されることが多くなっています。とはいえ、このどちらであるかを利用者が気にする必要は通常ありません。

自己破産とは?

自己破産とは?

自己破産とは、債務整理の一種で、借金の返済が不可能となった方が、裁判所に申立てを行うことで、借金を帳消しにしてもらう手続きのことです。自己破産が認められると、未払いとなっている税金を除いて、借金を返済しなくてもよくなります。

ただし、借金がなくなる一方、財産も失うというデメリットがあります。自己破産をすると、その方の財産はお金に換えて処分しなければなりません。家などを持っている場合、手放すことになるので、自己破産の手続きは慎重に行う必要があります。

なお、当面の生活費など、生活するために必要な範囲の財産(「自由財産」と呼ばれる)は手元に残すことができるので、その点は安心といえるでしょう。

自己破産の経験があってもカーリースは利用できる?

自己破産の経験があってもカーリースは利用できる?

カーリースの審査では、年収や職業、属性に加えて債務履歴も重要な審査項目となっています。そのため、自己破産をすると、カーリース契約を結ぶことも難しくなります。

自己破産をしてから5〜10年のあいだは信用情報機関にその履歴が残っていることから、その期間はカーリース契約を結べないといわれています。自己破産の経験がある場合には、5〜10年が経過し、個人信用情報から履歴が消えた後に申し込むのが望ましいです。

自分の信用情報がどうなっているかを知りたい場合は、CICやJICCなどの信用情報機関へ開示を求めることができます。不安な方は、まず確かめてみるのもいいでしょう。また、自己破産の履歴があっても、現在の年収が安定しているなど、状況によっては、カーリース契約を結べる場合もあります。

また、自身の名義でカーリースの審査に通らない場合、家族で利用する車であれば、同意を得た上で、家族名義で契約するという方法もあります。どうしても車が必要であれば、家族とも相談してみましょう。

家族名義での契約について詳しくはこちら

カーリースの審査に通るか気になるようであれば、簡単に申し込めて、結果もすぐにわかる審査を試しに受けてみるという方法もあります。審査に通ったからといって、必ずしも契約に進む必要はないので、下のボタンから気軽に試してみましょう。

「もう大丈夫かも……」と思ったら、まずは5分で確かめてみましょう

簡単5分_お試し審査

※カーリースの定額カルモくんのお試し審査に遷移します

カーリース契約中に自己破産してしまった場合はどうなる?

カーリースの利用中に自己破産した場合はどうなるの?

上でも説明したように、自己破産とは、借金の返済が不可能となった方が、裁判所に申立てを行うことで、借金を帳消しにしてもらう手続きのことです。

それでは、カーリースの契約中に自己破産したら、どうなるのでしょうか。

残った月額料金の支払いは免除される

自己破産では、残りの契約期間に支払うはずだったカーリースの月額料金は破産債権として取り扱われます。そのため、自己破産が認められれば、免責、つまり支払う必要がなくなります。

リース車はカーリース会社へ返却となる

カーリースの契約中に自己破産してしまった場合には、カーリース会社からリース車の返却を求められるのが一般的です。

リース車の所有権はカーリース会社にあり、利用者は月額料金を支払うことで利用する権利を得ています。そのため、月額料金が支払えなくなれば、カーリース会社は車を引き上げることになります。

連帯保証人がいる場合には、リース車に乗り続けられることもある

カーリースの契約中に自己破産すると、リース車は返却するのが一般的ですが、連帯保証人のついている契約であれば、引き続きリース車を利用できることもあります。
この場合、連帯保証人が残りの契約期間の月額料金を支払うことになります。

対応はカーリース会社や状況によって異なる

ここまで、カーリース契約中に自己破産するとどうなるかを解説してきました。ただし、これはあくまでも一般的な事例であり、実際にどのような対応となるかは、契約しているカーリース会社や保証人の有無、残りの契約期間などによって異なります。

そのため、不安のある方は、自己破産の手続きを始める前に、契約しているカーリース会社に相談してみるといいでしょう。

カーリース契約中に自己破産した場合の注意点

カーリース契約中に自己破産した場合の注意点

カーリースの契約中に自己破産した場合に覚えておきたいことが2つあります。以下の点に注意して手続きを進めましょう。

受領証を必ず交付してもらう

カーリース会社へリース車を返却した際には、カーリース会社から受領証を必ず受け取るようにしましょう。

これは、リース会社が車を引き上げたことの証明書になります。自己破産手続きを弁護士に依頼している場合でも、リース車の返却は債務者自身で対応するケースが多いため、忘れずに受領証を受け取りましょう。

車が手元に残っても勝手に処分しない

カーリースの契約期間が長い場合などで、リース車の残価が低くなっていると、カーリース会社からリース車の返却を求められないこともあります。

しかし、カーリース会社が引き上げないからといって、勝手にリース車を売却したり、譲渡したりしてはいけません。なぜなら、リース契約が解約となった時点で、使用権も失っているためです。

手元に残った車は、財産目録に記載した上で、取扱いについては弁護士などの破産管財人に委ねましょう。自己判断で車を処分すると、自己破産の手続き費用が高くなるなどの不利益を受けることがあります。

自己破産によりリースの審査に通らないときの方法は?

自己破産によりリースの審査に通らないときの方法は?

自己破産の経験がありカーリースの審査に通らない方や、自己破産でカーリースの契約が解約となってしまった方であっても、車が必要になることはあります。

そうした方が車に乗るためには、どのような方法があるでしょうか。代表的なものを紹介します。

販売店の自社ローンを利用する

銀行や信販会社が提供する一般的なカーローンではなく、販売店が独自に提供する「自社ローン」で車を購入するという方法があります。自社ローンとは、販売店が直接立て替えてもらった車の代金を分割して支払っていくしくみで、一般的に「ローン」と呼ばれていますが、金融商品としてのローンには含まれません。

自社ローンにも審査はありますが、一般的なカーローンとは異なり、個人信用情報が参照されることはありません。そのため、過去に自己破産などの経験がある方でも、現在の収入が安定している、勤続年数が長いなどの条件を満たせば、利用できる可能性があります。個人信用情報に不安がある方は、検討してみる価値があるでしょう。

ただし、一部の中古車など購入できる車が限られている、金利がない代わりに手数料や保証金が加算される、支払いが滞ると車を引き上げられるといったデメリットもあるため、注意が必要です。

家族名義でカーリースを契約する

家族で車を利用するのであれば、家族の名義でカーリースを契約し、リース車を共用するという方法もあります。カーリースの定額カルモくんなど、一部のカーリース会社は、生計を一にする家族であれば、契約者本人でなくてもリース車を運転できるとしています。自己破産の経験がある方でも、一定の収入がある配偶者などにカーリースを契約してもらえば、車を利用できるでしょう。

おトクにマイカー 定額カルモくん」のように国内のメーカーの全車種、全グレードを取り扱っているカーリース会社もあるため、自社ローンでの購入のように乗れる車種が制限されることもありません。

ただし、居住地の異なる家族の名義でリース契約をする場合は、リース車の保管場所に注意が必要です。車庫証明に登録する保管場所は、「契約者の」自宅から2km以内の場所を指定することが法律で定められています。不都合のない場所を指定できるか、事前にしっかりと確認しておきましょう。

もちろん、この方法は、契約者となる家族が審査に通ることが前提となります。定額カルモくんには、審査に通るか、わずか5分で確かめられる「お試し審査」があります。気になる方は、下のボタンから気軽に試してみましょう。

気軽におためし審査

次の項では、家族でも運転できるカーリースの中でも、特におすすめのサービスについて解説します。

料金が業界最安水準で、審査の申込みも簡単なカーリースがおすすめ

カルモくん_new

上で解説したように、家族でも使用する車なら、あなた自身が審査に通らない場合でも、車に乗れる可能性があります。定額カルモくんも、家族が運転できるカーリースのひとつです。
ここでは、定額カルモくんの魅力をいくつか紹介しましょう。

業界最安水準の料金設定だから、家計への負担を抑えられる

多くのカーリースは、頭金などの初期費用が不要で、税金や保険料などの維持費も月額料金に含まれています。そのため、最初にまとまった資金を用意しなくても車に乗れるのに加え、家計の管理も楽になるというメリットがあります。

中でも、定額カルモくんは、業界最安水準の料金設定となっており、オプションに加入して、メンテナンスや車検費用まで定額にしても、月々10,000円台に収めることが可能となっています。

さらに、契約満了時に精算の必要がない契約方式を採用しているので、月額料金以外の出費が発生しません。家計への負担を最小限に抑えられるのは、大きなメリットといえるでしょう。

審査の申込みが簡単で、キャンセルも自由

カーリースやカーローンを利用するためには、まず審査を受ける必要がありますが、店舗などへ出向かなければならなかったり、何種類もの書類を用意しなければならなかったりと、手間がかかる場合もあります。

しかし、定額カルモくんの「お試し審査」であれば、インターネットからわずか5分程度で申し込むことが可能です。時間や場所を選ばず、書類などを用意する必要もありませんので、審査を受ける家族に負担をかける心配がありません。

また、カーローンや一部のカーリースでは、審査に申し込む段階で、車種や金額を確定させておく必要がありますが、定額カルモくんでは、審査通過後でも車種やプランの変更ができることから、無駄なく、落ち着いて検討することができます。

さらに、審査に通過したとしても、キャンセルは自由、つまり必ずしも契約に進む必要はありません。まずは下のボタンから気軽に試してみましょう。

気軽におためし審査

ローン審査に落ちたが定額カルモくんの審査に通った!利用者の声

カーローンの審査に通らないのではないかと不安な方でも、実際に落ちてしまった経験のある方でも、車をあきらめずに新車を持つことができている方々がいます。定額カルモくんでは、そんなカーローンの審査に通らなかった経験を持つ方がたくさん利用しています。その中から体験談や感想をご紹介しましょう。

ローン審査に落ちても、定額カルモくんで欲しかった新車に乗れました!

契約者Kさん

Kさん・40代 | ダイハツ「ムーヴ」(11年契約・プラチナメンテプラン加入)

最初は車を購入するつもりでカーローンに申し込んだのですが、過去に携帯料金の払い忘れがあったことが影響したのか、審査に通らなかったんです。
仕事柄どうしても車が必要だったので、定額カルモくんなら審査に通るかもしれないと聞いてすぐに申し込みました。

とはいえ、車のサブスクなんて知らなかったし、インターネットで車を買うことにも多少の抵抗はありました。でも、問い合わせ時の受け答えがすごくクリアで安心感があったので、大丈夫だなって。
無事に審査も通過して、欲しかったムーヴの新車にも乗れて、満足しています!

ダメ元で受けた審査に通った!おかげさまで妥協せずに新車に乗れています

「還暦過ぎたんだから、好きな車に乗らせてよ」車に妥協はしたくない、おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者に聞く、カーリースの良さ。

Kさん・60代 | ホンダ「S660」(7年契約)

これまでいろいろな車をいじって乗り倒して、今回、車の楽しみと維持費の安さを両立した一番良い車に乗りたかった。ただ僕の場合、ローン審査は難しいと思っていたんです。いろいろあって何回か試したけどやっぱり無理で。でも定額カルモくんに相談したら、一応やってみましょうよと言われてダメ元で審査を受けてみたら通ったのでびっくりしました。

車のサブスクなら税金も何も全部コミコミで一定の月額が決まっていて、支払額が変わることがないから安心ですよね。だから、審査に通ったとわかって、じゃぁぜひぜひお願いしますと言って、おかげさまで相棒と呼べるS660の新車に乗れています。

ローン審査に落ちたことがあっても、無理なく新車を持ててうれしいです!

契約者Iさん

Iさん・30代 | ダイハツ「ウェイク」(11年契約)

車検がきっかけで乗換えを検討し始めました。それまで中古車だったので、新車に乗りたいと思って。車種は最初から決めていて、あとは買うかサブスクにするかの2択でした。

ただ、実は前の車を買う時にカーローンの審査に落ちたことがあるんです。大学生の時にクレジットカードの支払いが遅れたせいかもしれません。だからローンは難しいかなと。

それで、落ちたらどうしようという不安もあったんですけど、試しに審査を受けてみたら、受かったって連絡が来たのでうれしかったです。その後は担当の方にいろいろと相談しながらプランを決められたので安心でした。リースの魅力は無理なく車を持てる点だと思います。ずっと同じ金額を払えばいいだけだから電話代とか電気代とかと変わりないですよね。

自己破産の経験があっても、車に乗る方法はある

自己破産の経験があると、一定期間、新たなカーリースを契約するのは難しくなります。しかし、絶対にカーリースが利用できないというわけではありません。

家族で利用する車であれば、家族の名義でカーリースを契約し、リース車を共用するという方法もあるので、あきらめずに検討してみましょう。

自分の名義で審査を受けるべきか、家族の名義にしたほうがいいかなど、わからないこと、心配なことがあれば、知識豊富なマイカーコンシェルジュへ電話やLINEなどで気軽に相談してみることをおすすめします。

フリーダイヤル
LINEで無料相談する

よくある質問

Q1:自己破産の経験があっても、カーリースは契約できる?

A:信用情報機関に自己破産の記録が残っている5~10年のあいだは、審査に通らない可能性もあります。ただし、記録が消えた後であれば契約できることもあるので、まずは信用情報機関に自身の信用情報を開示請求するか、実際に審査を受けてみましょう。

Q2:自己破産の経験がありカーリースの審査に通らなくても、車に乗る方法は?

A:家族で使用する車であれば、自身以外の家族の名義でカーリースを契約できます。リース会社の中には「定額カルモくん」のように、生計を一にする家族であれば契約者本人でなくてもリース車を運転できるところがあります。

Q3:カーリースの契約期間中に自己破産したら、どうなる?

A:基本的には、リース契約は終了となり、車はカーリース会社が引き上げることになっています。ただし、実際どのような対応になるかは、契約しているリース会社や保証人の有無、残りの契約期間などによって異なります。

※この記事は2022年1月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
5分ください_読了後