公務員に適したカーローンは?公務員が借りられるカーローンの審査基準と注意点

公務員に適したカーローンは?公務員が借りられるカーローンの審査基準と注意点
カルモくんなら新車が

カーローンは、車を購入する際にほとんどの方が利用する便利な方法です。ただ、カーローンの種類によって審査内容や借入れ金額などの詳細が異なるため、申込者の属性によって適したローンが異なります。
ここでは公務員に適したカーローンについて、審査基準やカーローンを利用するときの注意点などをご紹介します。

公務員が利用できるカーローンは?

公務員が利用できるカーローンは?

カーローンには多くの種類がありますが、収入の安定している公務員であれば、一般的にほとんどのローン審査に通ることができるでしょう。そのため、公務員には低金利で利用できる共済組合の貸付制度や、限度額の高いろうきんなどが適しています。それぞれのローンの特徴について詳しく見ていきましょう。

1. 共済組合の貸付制度

共済組合とは、公務員や私立学校教職員を対象とした公的社会保障を運営する社会保険組合のことです。地方団体関係団体職員や道府県の職員地方職員を対象とした地方職員共済組合や、公立学校の教育職員を対象とした公立学校共済組合などがあり、公務員であれば組合員を対象とした貸付制度を利用できます。共済組合の貸付制度は、銀行などよりも低金利であることや、用途の幅が広いというメリットがあります。しかし、組合員を対象としているため、公務員でなくなった場合には残債を一括返済しなくてはいけません。

2. ろうきん(労働金庫)

ろうきんの愛称で知られる労働金庫は、労働金庫法に基づいて運営されている福祉金融機関です。ろうきんに出資している労働組合や生活協同組合などの団体に加入している労働者であればサービスを利用できるので、ほとんどの公務員が該当するでしょう。ろうきんには、自分で限度額を決めて借入れを行えるマイプランという制度があります。利用には審査がありますが、限度額が500万円と高額、かつ低金利で借りられる点がメリットといえるでしょう。また、車の購入や借換えなどに利用できる自動車ローンも用意されています。

3. 銀行のマイカーローン

クレジットカードのキャッシングなど個人が貸金業者からお金を借りるときは、貸金業法の総量規制によって、借入れ総額が年収の3分の1以下になるように制限されています。しかし、貸金業者ではない銀行からの借入れは総量規制の対象外となっているため、低金利でまとまったお金を借りることができます。なお、一例として、横浜銀行のマイカーローンは、1,000万円を上限とし、変動金利で0.9〜2.4%の金利となっています。銀行のマイカーローンはほかのローンに比べて審査が厳しい傾向がありますが、安定した収入のある公務員であれば問題なく利用できるでしょう。

まずは審査

4. 消費者金融のカードローン

銀行やろうきんなどのカーローン以外にも、消費者金融のカードローンを利用するという方法もあります。消費者金融のカードローンは審査が甘いというメリットがありますが、ほかのローンと比べて金利が高いので、利用する際にはしっかりと検討することをおすすめします。

ローンを組むときの注意点

ローンを組むときの注意点

カーローンでは借入れ限度額や金利が決められており、年収などの属性情報によっても借入れ可能額が異なります。また、どのカーローンも利用するためには審査に通らなくてはいけません。そのため、契約前にローンごとの特徴を理解しておくことが大切です。また、カーローンを組むときには、以下の条件を確認しておきましょう。

・ローンの用途
・金利方式
・借入れ限度額
・借入れ期間
・担保や保証人の有無
・返済方法(ボーナス払いの有無など)
・必要書類

公務員は審査に有利って本当?

カーローン審査で最も重視されるのは、安定した収入や返済能力があるかどうかです。そのため、公務員は審査に通りやすい職業といえるでしょう。しかしながら、本人の信用情報や借入れ状況によっても審査の可否や借入れ可能額は異なります。なお、カーローンの審査対象となるのは以下のような情報です。

・年収などの属性
申込み金額が年収に対して無理なく返済できる金額であるかどうかが審査されます。また、審査では職場への在籍確認が行われ、在籍年数なども審査対象となります。

・借入れ可能額
年収や現在の借入れ状況などを考慮した上で、借入れ可能額が決まります。

・信用情報
クレジットカードや携帯料金の延滞など、CICやJICCなどの信用情報機関の記録も審査対象となります。そのため、現在は十分な収入がある場合でも、過去の支払いの延滞が解消されていなかったり、数ヵ月支払いが遅れた記録が残っていたりすると、審査に通らない可能性があります。

カーリースなら家計管理もスムーズ

カーリースは定額制でマイカーのように車に乗れる新しい利用方法として注目を集めています。車の購入や維持にはさまざまな費用がかかりますが、カーリースであればそれらの費用のほとんどが月額料金に含まれているので、家計管理が簡単です。カーローンと同じく契約には審査がありますが、収入の安定している公務員であれば問題なく利用できるでしょう。ここでは、カーリースの魅力についてご紹介します。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額制だから急な出費の心配がない

定額カルモくん料金設計

カーリースの月額料金には、自賠責保険料や税金などの諸費用が含まれています。そのため、急な出費や払い忘れの心配がありません。また、マイカーのように支払う時期や支払い先がバラバラで管理に困るということもありません。

必要な期間だけ使える

必要な期間だけ使える

カーリースはあらかじめ利用したい期間を決めて契約をします。また、車両価格を契約期間で割って月額料金を算出するため、長く利用すればするほど月々の料金が安くなるというしくみです。そのため、子育て期間や出張中など、用途に合わせて必要な期間だけ利用することができます。

カーリースなら「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめ

カーリースにはたくさんの種類がありますが、月額料金を抑えつつ、車種は豊富な選択肢から選びたい方には、「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。ここでは、カーリースのデメリットともいわれる走行距離や原状回復などをカバーできる、定額カルモくん独自のプランについて見ていきましょう。

走行距離制限のない「もらえるオプション」

定額カルモくんでは、走行距離を気にせず利用できる「もらえるオプション」というプランがあります。もらえるオプションは、車種や契約期間の条件を満たしている場合に月々500円で利用することができ、 契約満了後はマイカーとして車がもらえるという多くのメリットがあります。

原状回復費用もコミコミ「メンテナンスプラン」

カーリースは返却時に車の原状回復をすることがルールとなっていますが、定額カルモくんでは、点検や車検、原状回復費用を定額制にできる「メンテナンスプラン」を用意しています。メンテナンスプランを利用することで、車に関する維持費を定額にできるので、まとまった出費を抑えて家計管理をしやすくしてくれるというメリットもあります。

メンテナンスプランの詳しい内容はこちら

公務員は自分に合った利用方法が選びやすい

マイカーでもカーリースでも、利用の際に重要なのは審査に通るかということ。安定性のある公務員は、信用情報などにマイナスな記録がなければ審査に通りやすいため、自分に合った利用方法が選びやすいでしょう。定額カルモくんはLINEやメールなどオンラインでサポートを行っているので、忙しい方でも相談や申込みがしやすくおすすめです。

一本化用メールフォーム

よくある質問

Q1:公務員が利用できるカーローンは?

A:カーローンには多くの種類がありますが、収入の安定している公務員であれば、一般的にほとんどのローン審査に通ることができるでしょう。そのため、公務員には低金利で利用できる共済組合の貸付制度や、限度額の高いろうきんなどが適しています。

Q2:ローン審査を受けるときの注意点は?

A:カーローンでは利用するための審査に通らなくてはいけません。また、用途や借入れ限度額、借入れ期間、返済方法などが異なるため、契約前にローンごとの特徴を理解しておくことが大切です。

Q3:公務員は審査に有利なの?

A:カーローン審査で最も重視されるのは、安定した収入や返済能力があるかどうかです。そのため、公務員は審査に通りやすい職業といえるでしょう。しかしながら、本人の信用情報や借入れ状況によっても審査の可否や借入れ可能額は異なります。

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー