カーローンはいくらまで?借りられる金額と返済できる金額を徹底調査

カーローンはいくらまで?借りられる金額と返済できる金額を徹底調査

車を購入する際に便利なカーローンですが、自分がいくら借りられるのか気になる方は多いのではないでしょうか。カーローンを利用する際には、カーローンが組める限度額と返済できる金額を考えておかなくてはいけません。そこで、カーローンを組む前に考えておきたい借りられる金額と返済できる金額などについてご紹介します。

カーローンはいくらまで借りられる?

カーローンはいくらまで借りられる?

カーローンで借りられる限度額は、それぞれの金融機関によっても異なりますが、1,000万円を上限としている場合が多くなっています。ただし、誰でも1,000万円まで借りられるわけではなく、具体的な借入れ可能額は年収や信用情報など、ローン会社が設けている審査条件によって決まります。

また、一般的に年間のローン返済額は年収の3割以下となるよう返済負担率が決められています。そのため、カーローンを含むすべてのローンの合計が年収の3割を超えてしまう場合は、審査通過が難しいでしょう。つまり、年収400万円の場合には120万円程度が返済負担率をもとにした借入れ可能額の目安となります。なお、この目安に対して、これまでの借入れの返済状況や勤続年数といった情報を加えて審査が行われ、実際の借入れ額が決まります。

年収に対して借入れ希望額が高いときはどうなるの?

通常、審査時には返済負担率をもとに借入れ可能額が決まりますが、返済負担率以上の金額の借入れをしたい場合にはどうすればいいのでしょうか。例えば、年収600万円の方が180万円以上のカーローンを組めないのかというと、そうとは限りません。条件によっては、もっと高額のカーローンを組むこともできます。そのように、返済負担率よりも借入れ希望額が高い場合は、次の3つの方法を試してみてはいかがでしょうか。

1. ほかのローンを返しておく

ローンの審査では、ほかのローンの借入れ状況についても調べられます。すでに借りている額が借入れ可能額から差し引かれるだけでなく、ローンを利用しないと生活できないほど余裕がないと判断されてしまうこともあるので、返済できるローンについては審査前に返しておくのがおすすめです。

たとえば、家電のローンや携帯電話の分割払い、ショッピングのリボ払いなどがある場合は、残額が少ないものや利率が高いものを優先して返済し、借入れ数を減らしておくといいでしょう。それと同時に、車や住宅のような高額な買い物以外のものは、できるだけローンを使わないようにしておくと、今後の借入れの際にも役立ちます。

2. ある程度の頭金を用意する

返済負担率以内でローンを組む場合、頭金を用意したときとフルローンを組んだときでは審査結果が違うことがあります。頭金を用意できるということは、ある程度まとまった貯金があるということですから、毎月の支出にカーローンの返済が加わっても問題ないと判断されます。そのため、頭金を多く用意すればそれだけ借入額も減らすことができるので、審査に通る可能性も上がります。

3. ローン会社やディーラーに相談する

カーローンやディーラーローンで希望額が借りられるかどうか心配なときは、まずは担当者に相談してみましょう。担当者は車を買ってもらいたいと思っているため、借入れ可能な年数や金額など、審査に通りやすい条件を提案してもらえることがあります。実際に審査を受ける前に自分でできることをしておくことも大切ですが、自分の状況を相談してアドバイスをもらうことも、審査通過に役立ちます。

いくらなら返済できるか考えることが大切

いくらなら返済できるか考えることが大切

カーローンを借りるときは、借りられる金額だけでなく、無理なく返済できる金額についても考えておきましょう。審査に通った場合にも月々の返済に困ることがないよう、あらかじめ返済シミュレーションをしておきましょう。

返済可能額の考え方

月々の返済額を決めるときは、まず、毎月の生活費がどれくらいかかっているのかを知る必要があります。収入から生活費を引いた後の金額が、支出にあてることができる金額となるため、ローンの返済額はこの範囲に収めるのが理想です。

また、生活費がいくらかわからない方は、毎月の貯金額を考えてみましょう。毎月貯金できている分が生活費の余剰分ということになります。もし、余剰がない場合は、カーローンの返済額相当の節約をする必要があります。

返済額を考えるときの注意点

ローンを組んだ後に返済に困らないよう、返済額のシミュレーションやその後の生活費については、ある程度余裕をもって設定しておくことが大切です。また、返済額を考えるときは、次の3点に注意しましょう。
1. ボーナス払いはボーナスの減少等のリスクがあることを理解した上で検討する
2. 長期間のローンを組む場合は生活や収入の変化も考慮する
3. 車の維持費も計算に含める

返済可能額から借りられる金額を調べる方法

自分が返済できる金額の目安がわかったら、銀行のローンシミュレーションサイトなどを使用して、借入れ可能額をチェックしてみましょう。

例えば、毎月20,000円返済できる場合、金利2%、10年間借入れすると、借入れ可能額は約217万円となります。このようなシミュレーションは、ディーラーのサイトでも用意されており、欲しい車が決まっているときにはその車を買った際の諸経費なども計算に含めることができるので、より正確なローンのシミュレーションができます。

ある程度借入額の目安がついたら、カーローンを申し込む銀行やディーラーで正確な見積もりを依頼しましょう。実際に毎月いくら返済できるのか、総支払額や利息がいくらになるのかも確認することができます。

カーリースなら維持費もコミコミで安心

車を購入するのではなく、カーリースを利用すれば毎月の返済額や借入額に頭を悩ませる必要はありません。また、カーローンを組んだ場合には、車の維持費を別途用意しておく必要があるため、支払える上限額まで借りてしまうと、税金の支払いや車検、メンテナンスが必要になったときに困ることになりかねません。

定額カルモくん料金設計

一方、カーリースでは、税金や自賠責保険料、車検の際の法定費用は月額料金に含まれています。また、そのほかのメンテナンス費用についても、月額料金に含めることができます。なお、どちらも駐車場やガソリン代、高速代のような、乗り方によって金額が異なる費用はかかりますが、カーリースではそれ以外の支出を均一にできるため、家計管理も簡単です。カーリースは月額定額制のリース利用のため、ローンを利用すること自体に抵抗がある人にもおすすめです。

定額カルモくんならメンテナンス費用もしっかりカバーできる

定額カルモくんならメンテナンス費用もしっかりカバーできる

おトクにマイカー 定額カルモくんは、国産メーカーの全車種から好きな車をリースできるサービスです。オンラインから審査申し込み、契約手続きは郵送で行われるので来店も不要。自宅まで納車してもらえるので、忙しい方にもおすすめです。

また、定額カルモくんには、4つのメンテナンスプランが用意されていて、プランによって含まれるメンテナンスの範囲が異なります。どこまでの費用を均一化するのかを自由に選べるため、家計の都合に合わせた乗り方ができます。ローン返済の心配をせずに月々定額で車に乗りたいと考えている方は、定額カルモくんに相談してみてはいかがでしょうか。

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

カーローンは無理なく返せる金額で借りよう

カーローンをいくらまで借りられるかは、年収や信用情報等によって決まります。しかし、貸してもらえるからといって高額なカーローンを組んでしまうと、後々返済に困る可能性もあります。カーローンを借りるときは、借りられるかどうかと併せて、返せるかどうかについても十分考えておきましょう。ローンに不安がある方は、定額制でマイカーのように車に乗れるカーリースもおすすめです。

よくある質問

Q1:カーローンはいくらまで借りられる?

A:具体的にいくらまで借りられるのかはそれぞれの状況によって異なりますが、融資額の上限は1,000万円程度です。個人の借入額の目安は、カーローンとそのほかの借入れ金額を含めて年収の3割程度が目安です。

Q2:カーローンは上限いっぱいまで借りても大丈夫?

A:いくらまで借りていいかは、それぞれが返済できる額に応じて決まります。カーローンを利用する時は、いくら借りられるかだけでなく、問題なく毎月返せる金額がいくらなのかも考えましょう。後々支払いに困らないように、あらかじめ資金計画を立てておくことが大切です。

Q3:年収に対して高額なカーローンを借りたいときはどうすればいい?

A:年収に対して高額なカーローンを借りたい場合は、審査に通るために懸念となる要素を減らしておきましょう。具体的には、ほかのローンを返済しておく、頭金を多く入れるといった対策が効果的です。また、銀行やディーラー担当者に相談すると、それぞれの方に適したアドバイスがもらえます。

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr