ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーローン審査に落ちた原因とは?審査基準や再審査の対策について解説

カーローンは再審査可能?審査に落ちる原因と対策は
目次上_審査に落ちた_新車乗れる

カーローンの審査に落ちた場合、原因を解消せずに再審査を受けても、通る可能性は低いでしょう。そこで、再審査に通るための対策として、審査に落ちてしまう原因や審査基準、落ちた場合の対処法などについて詳しく解説します。また、ローンを組まなくても月々払いで利用できる車の新しい持ち方もご紹介します。

カーローンの審査に落ちたが月々払いで新車に乗れたという方の体験談はこちら

  • カーローンの審査に落ちた原因は借金額や勤続年数などが考えられる
  • カーローンの審査に落ちたら借入額や条件を見直してから再審査に臨む
  • カーローンよりも審査のハードルが低い車の持ち方でお得に新車に乗ろう

カーローンの審査で落ちたのはなぜ?

カーローンの審査で落ちたのはなぜ?

カーローンの審査にはさまざまな項目がありますが、審査に落ちた原因は返済能力がないと判断されたことにあります。カーローンにも銀行系カーローンやディーラーローン、販売店の自社ローンなど種類がありますが、どのローンを選ぶかによっても審査内容は異なります。

そのため、仮に一度審査に落ちたとしても、原因となった項目を明らかにして対策をとれば、再審査に通る可能性は十分あります。次項では、審査に落ちた、つまり返済能力がないと判断されてしまった原因をひとつずつ確認していきましょう。

カーローンの審査に落ちた方も新車を入手できます。その方法はこちら

カーローンの審査に落ちた原因と対策

カーローンの審査に落ちてしまう原因と対策

カーローンの審査では、年収や職業などの属性、ほかのローンの借入状況などのチェックが行われ、ローンの契約が可能な返済能力があるかどうかが問われます。また、年収に対して申込金額が適正であるかも重要となります。申込金額が大きかったり、年収が低かったりすると、ローンの審査に通ることはできません。

そこで、カーローンの審査に落ちてしまう原因と、その対策について見ていきましょう。

申込金額が大きい

ローンの審査では、年収に対して借入れできる割合である「返済負担率」を基に、申込金額が適正であるかがチェックされます。返済負担率は、年間の返済総額が年収の3分の1程度までとされているため、その比率を超える申込金額であると、審査に通過することは難しくなります。

申込金額が大きいことが原因で審査に落ち、再審査を受ける場合は、頭金を多めに用意したり、車種やグレードを落としたりして、申込金額が少なくなるよう見直しましょう

年収と価格のバランスが悪い

高価な車でも分割で購入できるのがカーローンの魅力です。しかし、欲しい車に対して年収が見合っていない場合、ローンの審査を通過することは難しいでしょう。

例えば、年収が200万円しかないのに、1,000万円を超える高級車を選んでも、ローンの審査を通過することはできません。年収と価格のバランスを考えて車を選ぶことが大切です。

勤続年数が短い

一般的に、ローン契約で安定した収入があると認められるのは、会社員などで勤続年数が1年以上の方とされています。そのため、就職や転職から1年以上経過してから審査を受けるのがおすすめです。

なお、フリーランスや個人事業主、アルバイト、パートなどの場合は、安定的な収入があるとはみなされないケースが多いので、会社員に比べて審査通過が難しい傾向があります。

ほかの借入れや債務歴がある

すでに他社からの借入れがある場合は、カーローンの申込金額を含めたトータルの金額が、返済負担率である年収の3分の1を超えていないか確認しましょう。

なお、クレジットカードのキャッシングやカードローンを契約している場合、カーローンの審査にも影響があります。ただ契約しているだけで使用していないのであれば、事前に解約しておきましょう。

また、過去5〜10年以内で支払いの延滞や遅延、自己破産などの債務整理をしている場合は、信用情報機関(CICやJICCなど)にその記録が残っているため、ローンの審査に通るのが難しくなります。そうした記録が自分の信用情報に残っているか確認したい場合は、信用情報機関へ情報開示を請求して確かめることができます。

信用情報がカーローン審査にどう影響するか詳しく知りたい方はこちら

審査のきびしいローンを選んでいる

カーローンには、銀行や信用金庫などの銀行系カーローンや、ディーラーが提供するディーラーローンなど、いくつかの種類があります。銀行系カーローンは、金利が低い代わりにローン審査はきびしく、ディーラー系のカーローンは、金利が高いものの審査は比較的通りやすいとされています。

審査通過を重視するなら、多少金利が高くなっても、審査のきびしいカーローンは避けて、比較的通りやすいといわれるローンを選ぶといいでしょう。

カーローンの審査に落ちた際にとるべき対処法について詳しくはこちら

カーローンの審査に落ちた!と後悔する前に知っておきたい審査基準

カーローンの審査に落ちた!と後悔する前に知っておきたい審査基準

カーローンの審査に落ちたと後悔するのは避けたいものです。ここでは、カーローンの審査基準について詳しく見ていきましょう。

ただし、カーローンの審査基準はローンの種類によって異なる上、明示されているわけではないので、一般的にどういった点をチェックされるかについて解説します。

年収

契約者の年収はカーローンの返済能力に直接関わってくるため、審査の中でも特に重要とされている要素です。カーローンや他社借入を含めたすべての年間返済額が年収に占める割合のことを「返済負担率」といいますが、一般的に返済負担率は年収に対して25〜35%が上限といわれています。

中でも年収400万円を区切りとして、400万円未満の方は25%、400万円以上の方は35%までが返済負担率の目安とされています。つまり年収400万円であれば140万円程度が年間返済額の上限となります。審査ではまず年収を確認され返済能力があるか見られるため、ひとつの基準として覚えておくといいでしょう。

また年収が高くても安定して収入があるかどうかもチェックされるため、個人事業主よりも会社員のほうが審査には通りやすい傾向があります。

仕事の状況

カーローン審査では年収だけでなく、職業や勤続年数、雇用形態などの仕事の状況も考慮されます。先述のとおり、安定した収入を得られているかどうかがチェックされますが、その際、職業などの情報は判断基準のひとつとなります。

職業は公務員や会社員が審査に有利だといわれており、アルバイトや派遣社員は収入が不安定だとみなされ審査では不利になる可能性があります。ただ、勤続年数が長いほど今後も安定した収入が得られると判断されるため、アルバイトや派遣社員という理由だけで審査に落ちるとは考えにくいでしょう。

年齢や家庭の状況

契約者の属性も審査の際にチェックされます。年齢が制限されたり、年齢によって保証人を求められたりするケースがあります。また、もし契約者本人の収入が低くても、安定した収入のある家族がいる場合、審査に有利に働くことがあります。家族にも収入があることでローン返済が滞るリスクが低いと判断されるためです。

また、資産も審査対象になるため、持ち家か借家かなど住居に関する情報も重要といわれています。ただ大きな要素ではなく、あくまでプラスに働く程度の要素なので資産を保有していなくても問題はありません。

過去の信用情報

ローン審査で忘れてはいけないのが契約者のこれまでの信用情報です。過去に借金返済の滞りやクレジットカードの滞納、自己破産の経験などがあれば、信用情報照会時に判明し審査に不利に働いてしまうことがあります。過去の信用情報を変更することはできませんが、不安のある方はCIC(指定信用情報機関)などに照会してみましょう

こうした滞納などの情報は5~10年程度を目安として保管されます。もし、信用情報に記録が残っていた場合は、支払いが完了してから5~10年程度は審査に通りにくい可能性があるといえます。

他社の借入額

ローン審査では過去の信用情報以外にも、現在進行形の他社借入額もチェックされます。

他社借入額が大きいほどローンの返済が滞るリスクが高いため、審査には大きく影響するでしょう。もし現在他社借入がある状態で審査を受けるのであれば、審査までにできる限り返済、あるいは可能であれば完済した状態にしておきましょう。

また先述のとおり、年間返済額が年収に占める割合である返済負担率の目安は3割以下とされています。そのため、現状借金を抱えている方も、返済負担率を3割以下に抑えるようにして審査に臨むようにしましょう。

カーローンの審査に落ちたらどうすればいい?

カーローンの審査に落ちたらどうすればいい?

さまざまな対策をして審査に臨んでも落ちてしまうこともあります。しかし、そこであきらめることはありません。ただ、何も対策せずに再審査を受けても結果は同じになってしまうので、ここで対処法をご紹介しましょう。

車のランクを下げて借入額を減らす

最も簡単なのが車のランクを下げて再審査を申し込む方法です。車のランクを下げることで借入額を減らすことができるため、返済負担率を抑えられるのです。

また、グレードを下げたり、オプションを変更したり、中古車にしたりといった方法で借入額を減らすことも検討してみましょう。

条件を見直す

カーローンの条件を見直すのも有効です。ローン審査を申し込む際に頭金を準備することで借入額を減らしたり、連帯保証人を立てたりすると、審査に通る可能性があります。

また、ほかの借入がある場合は返済負担率を下げるために返済することも検討しましょう。

信用情報を照会する

年収や勤務状況などに不備がなく審査に落ちてしまった場合は、まず信用情報を照会してみましょう。過去に借入れを行ったことがある方では、信用情報が原因で審査落ちになっているケースも少なくありません。

仮にすべて返済を行っていたとしても、一度ブラックリストにのってしまった場合は5〜10年情報が消えないため、再度確認し問題がないか把握しておきましょう。

ほかのローンに申し込む

カーローンの審査に落ちてしまった場合、条件を見直してそのまま再審査を行ってもいいですが、ほかのローンに申し込むという方法もあります。一度落ちてしまったローン会社よりも、ほかの金融機関などでローンを申し込んだほうが通る可能性もあるでしょう。

また、そもそも車を持つ方法は購入だけではないため、ほかの方法で車に乗るという選択肢を検討してみるのもおすすめです。今、ローンを組まずに毎月定額料金を支払って車に乗れるサブスクリプションサービスが人気を集めています。次項では、車のサブスクについて詳しくご紹介しましょう。

車のサブスクならカーローンよりも審査のハードルが低い?その理由とは

車のサブスクならカーローンよりも審査のハードルが低い?その理由とは

上記のような対策をとったからといって、カーローンの再審査に必ずしも通るとはいえません。そして、審査は受ける回数が多くなるほど通りにくくなってしまいます。そうなると、車を手に入れられない可能性があります。

そこで、購入以外の車の持ち方も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。今話題の車のサブスクリプションサービスは、初期費用不要の上、定額制で好きな新車に乗れるサービスとして人気が高まっています。税金などの諸費用も月額料金に含まれており、手軽にマイカーのように利用できます。

車のサブスクにもカーローンと同様に審査はありますが、次のような理由からカーローンよりも審査通過の可能性が見込めるので、詳しく見てみましょう。

車両本体価格が購入するより安くなる

リース料金の残価設定

カーローンでは借入総額を基に審査を行います。そのため300万円の車を購入するために全額を借入れする場合、300万円と利息分を支払う能力が審査対象になってしまうのです。

しかし毎月月額料金を支払う車のサブスクでは、先に契約満了時の車の下取り価格である「残価」を決めてから、その額を差し引いた車両本体価格を基に月額料金を決めます。そのため、車両本体価格は300万円でも、審査対象になる車両本体価格は300万円から残価を差し引いた金額となるため、審査に通る可能性が高まるのです。

カーローンより長期の契約が可能だから月々の負担を抑えやすい

カーローンも車のサブスクも、総額を契約月数で割って月々の支払額を決めるしくみは同じです。つまり、契約年数が長いほど月々の負担を抑えることができます。

カーローンの返済期間は一般的に5~7年ですが、車のサブスクには11年の契約ができるサービスもあるため、カーローンよりも車のサブスクのほうが月々の支払額を安くできるのです。

先述のとおり、審査では返済負担率が3割以下かどうかをチェックされるため、契約年数を長くして月々の支払額を抑えられる車のサブスクのほうが審査に通る可能性があるといえます。

車を所有するサービス会社が担保すると想定される

車のサブスクでは、所有者はあくまで契約したサービス会社という状態です。審査会社からすると、万が一のことがあっても所有者であるサービス会社が担保すると想定できるため、ローンよりも審査に通りやすいのではないかといわれています。

審査対象の金額を下げやすい業界最安水準の車のサブスクとは

カルモくん_new

車のサブスクリプションサービスはさまざまな会社が提供していますが、その中でもおすすめなのが、「おトクにマイカー 定額カルモくん」 です。業界最安水準の月額料金で利用でき、審査対象となる金額を下げやすいため、審査のハードルが低いといえるでしょう。ここからは定額カルモくんの魅力をご紹介しましょう。

貯金がなくても月々10,000円台から新車に乗れる

車のサブスクは初期費用不要なので、今貯金がなくても資金を用意することなく月額料金だけで好きな新車に乗り始めることができます

定額カルモくんなら業界最安水準の月々10,000円台から利用できます。ダイハツ「ミライース」なら月々11,220円から、ホンダ「N BOX」なら月々17,320円から利用できます。

カーローンを組んで月々30,000円以上の返済となる場合、審査対象となる年間の負担額は40万円近くになります。しかし、定額カルモくんで月額10,000円台の車を利用すれば20万円以下におさめられるので、返済負担率を低く抑えられ審査に通過する可能性があるといえるでしょう。

定額カルモくんで気になる車の料金チェックをしたい方はこちら

カーローン審査に落ちたが定額カルモくんを利用でき満足しているという声も

実際に定額カルモくんを利用している方の声をご紹介しましょう。川崎市在住のKさんはダイハツ「ムーヴ」を11年契約で利用しています。

カルモ契約者:Kさん
カルモ契約者:Kさん

最初は車を購入するつもりだったんですが、以前、携帯電話代を払い忘れていたのが原因で、車のローンを組めなかったんです。そこで月々の固定費が低いサブスクなら審査も通るんじゃないかと思い、思い切って申し込んでみました。
結果は無事合格で、カルモくんが業界最安値だと聞いていたので、それがよかったのかもしれないです。しかも念願の新車に乗ることができて、本当にカルモくんに出会えてよかったです。

横浜市在住のKさんはホンダ「S660」を7年契約で利用しています。

カルモ契約者:Kさん
カルモ契約者:Kさん

これまでいろいろな車をいじって乗り倒して、今回、車の楽しみと維持費の安さを両立した一番良い車に乗りたかった。ただ僕の場合、ローン審査は難しいと思っていたんです。いろいろあって何回か試したけどやっぱり無理で。でも定額カルモくんに相談したら、一応やってみましょうよと言われてダメ元で審査を受けてみたら通ったのでびっくりしました。

リースは税金も何も全部コミコミで一定の月額が決まっていて、支払額が変わることがないから安心ですよね。だから、審査に通ったとわかって、じゃぁぜひぜひお願いしますと言って、おかげさまで相棒と呼べるS660の新車に乗れています。

宮城県在住のIさんはダイハツ「ウェイク」を11年契約で利用しています。

カルモ契約者:Iさん
カルモ契約者:Iさん

車検がきっかけで乗換えを検討し始めました。それまで中古車だったので、新車に乗りたいと思って。車種は最初から決めていて、あとは買うかリースにするかの2択でした。

ただ、実は前の車を買う時にカーローンの審査に落ちたことがあるんです。大学生の時にクレジットカードの支払いが遅れたせいかもしれません。だからローンは難しいかなと。

それで、落ちたらどうしようという不安もあったんですけど、試しに審査を受けてみたら、受かったって連絡が来たのでうれしかったです。その後は担当の方にいろいろと相談しながらプランを決められたので安心でした。リースの魅力は無理なく車を持てる点だと思います。ずっと同じ金額を払えばいいだけだから電話代とか電気代とかと変わりないですよね。

このように、カーローンは組めなかったけれど定額カルモくんなら利用できたという方の声も多いので、まずは利用できるか気軽に「お試し審査」でチェックしてみてはいかがでしょうか。審査後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、審査に不安のある方も試してみることをおすすめします。

気軽におためし審査

ローン審査に不安がある方は、車の新しい持ち方も検討しよう

ローン審査に不安がある方は、車の新しい持ち方も検討しよう

カーローンの審査に落ちてしまっても、審査に落ちた原因を見つけて対策を講じることで、再審査に通る可能性があります。また、カーローンによって審査条件なども異なるため、それぞれの特徴をよく理解して、自分に合ったカーローンを選ぶことも大切です。

しかしカーローンの場合、審査がきびしいだけでなく、たとえ通ったとしても初期費用や税金などの維持費で車に関する出費がかさみがちになります。審査や出費への不安がある方は、定額制でお得に利用できる車のサブスクを検討してみてはいかがでしょうか。

業界最安水準の定額カルモくんなら、最も安い車種で審査に通るか試した後、審査に通る範囲で車種やプランの案内をしてもらえる「お試し審査」があるので安心です。定額カルモくんを利用できるかぜひ気軽にチェックしてみましょう。

よくある質問

Q1:カーローンの審査に落ちた原因は?

A:カーローンの審査では、年収や職業、ほかのローンの借入状況などがチェックされ、ローンの返済能力が問われます。ほかにも、年収に対して借入金額が大きい、勤続年数が短い、過去に返済の延滞があった、などが審査に落ちた原因として考えられます。

Q2:カーローンの審査に落ちたらどうすればいい?

A:カーローンの審査に落ちた原因を解消することで、再審査を受けて通ることができるかもしれません。頭金を用意したり、車種やグレードを落として申込金額を少なくしたりしてみましょう。また、勤続年数が短い場合は、1年以上経過してから再審査を受けるのがおすすめです。

Q3:カーローンの再審査に通るのが難しい場合は?

A:カーローンの再審査に通るのが難しい場合は、車のサブスクを検討するのもひとつの方法です。車のサブスクにも審査はありますが、残価設定によって購入するより審査対象の金額を抑えやすくなります。また、サブスクであれば頭金などの初期費用を準備する必要もありません。

※この記事は2022年2月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
カーローンよりおトクに新車