ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

審査が激甘なカーローンはどこ?不安な審査に通るコツと希望の車に乗る方法

審査が激甘なカーローンはどこ?不安な審査に通るコツと希望の車に乗る方法

カーローンの審査に通るか不安なときは、審査が激甘なカーローンに申し込むと車を持てる可能性が高まります。また審査を受ける前に、できる限りの審査対策を行っておくことも大切です。

そこで、審査が激甘なカーローンの特長や、激甘なカーローン審査に通る可能性を上げる方法を解説します。事前にポイントを押さえておくことで、希望の車に乗れる未来が見えてくるはずです。

金利0円・分割払いで審査を有利に進める方法はこちら

  • 審査が激甘な傾向があるのは、銀行や信販会社を通さない自社ローン
  • たとえ審査が激甘なカーローンでも必ず通るとは限らない
  • 金利0円・分割払いで好きな新車に乗る方法もある

審査が激甘のカーローンなら絶対通る?

審査が激甘のカーローンなら絶対通る?

カーローンにはたくさんの種類があり、中には審査が激甘といわれるカーローンもあります。ただし、審査が激甘なカーローンなら絶対に通るというわけではありません

カーローンの審査では、申込者の年収や信用情報などをもとに、最後まできちんと返済し続けられるかどうかを判断されます。そのため、借入希望額と年収が見合っていなかったり、過去に携帯電話料金の滞納があったりすると、審査に落ちてしまうこともあるでしょう。

しかし、カーローンの審査基準はローン会社によって異なります。それぞれの特徴を理解し、自身に最適な借入先を選ぶことで、カーローンの審査に通る可能性を上げることも可能です。無事審査に通過して希望の車を持つためにも、まずはカーローンの種類や特徴を理解することから始めましょう。

激甘なカーローンより有利に審査を進められる方法はこちら

審査が激甘なカーローンランキング

審査が激甘なカーローンランキング

カーローンには、おもに「自社ローン」「ディーラーローン」「銀行系ローン」の3種類があります。それぞれのカーローンの特徴について、審査が甘い順にランキング形式でご紹介します。

1. 自社ローン

カーローンの中で、最も審査が激甘な傾向なのが自社ローンです。

自社ローンとは、おもに中古車販売店が取り扱う、店舗独自のローンのことです。「ローン」という名前がついていますが、銀行や信販会社を通すわけではなく、金利もありません。そのため、それぞれの販売店が設けた審査基準さえ満たせば審査に通過できます。

ただし、自社ローンでは金利がない代わりに車両本体価格に手数料や保証料などが上乗せされるのが一般的です。審査が激甘な傾向がある一方で、ほかのカーローンより返済総額が大きくなりやすい点に注意しましょう。また、車の名義も完済するまでは販売店になります。

2. ディーラーローン

ディーラーローンとは、ディーラーが提携している信販会社やクレジットカード会社が提供するカーローンのことです。後述する銀行系カーローンより審査が甘めな傾向がありますが、その分金利は高めに設定されています。また自社ローン同様、完済するまで車の名義を自分にすることができません。

なお、ディーラーローンでは、通常のカーローンのほか「残価設定型ローン」を選べる場合も多くあります。残価設定型ローンは、通常のカーローンよりも金利が低く設定されていることが多く、月々の支払額も低めです。

反面、一定期間経過後、残金をまとめて支払うか、再度ローン契約を結ぶか、車を返却するかの3つの選択肢からどれかを選ばなければならないという難点があります。また、再度ローン契約を結ぶ場合、金利が高く設定されているケースが多く、支払総額が高くなる可能性があるため注意が必要です。

3. 銀行系カーローン

銀行系カーローンとは、銀行や信用金庫などの金融機関が提供するカーローンのことで、最も審査が厳しい傾向があります。

ただし、ほかのカーローンに比べて金利が低く、最初から車を自分名義にできる点はメリットといえるでしょう。また、同じ銀行で住宅ローンなどを利用している場合は、金利の優遇を受けられるケースもあります。

なお、カーローンに申し込む際は、直接銀行や信用金庫などに出向く必要があり、審査結果が出るまでの日数もほかのカーローンより長い傾向があります。そのため、手間と時間をかけたくないという方には不向きかもしれません。

すべてのカーローン審査に落ちた方が新車に乗れた!その方法はこちら

カーローンによって審査の甘さが違う理由

同じカーローンの審査でも、どこから借りるのかによって審査の甘さは異なります。その理由として挙げられるのが、車の所有権の持ち方です。

審査が甘めの傾向がある自社ローンやディーラーローンは、どちらも完済するまでは車の所有権がお金を貸した側になります。このような状態を「所有権留保」といい、ローン会社は万が一返済が滞ったときのために、車を担保にして保険をかけている状態といえます。

一方で、銀行系カーローンの場合は、最初から車の所有権がお金を借りた側になります。車を担保にできない分、確実に完済できると判断できる方へしか融資を行わない傾向のため、どうしも審査がきびしくなってしまうのです。

激甘なカーローン審査に通る可能性を上げる方法

激甘なカーローン審査に通る可能性を上げる方法

審査が激甘なカーローンを選んだとしても、絶対に通るとは限りません。そこでおすすめなのが、できるだけ審査に通る可能性を上げられるように事前に対策をしておくことです。ここでは、激甘なカーローン審査に通るための6つの対策をご紹介します。

頭金を用意する

ある程度まとまった頭金を用意することで、借入額を減らすことができます。その分、審査にかける金額が少なくなるため、審査に通る可能性は高まるでしょう。

また、カーローンは長期間にわたり返済をし続けていくことになるため、計画性の有無も審査の際にチェックされます。ある程度まとまった頭金を入れることで、計画的にお金を貯められる人物であるという印象を与えられ、プラスに働く可能性があります。

購入する車の金額を下げる

頭金を用意できなくても、購入する車の金額が安ければ、借入金額を抑えられます。選ぶ車のグレードを下げたり、付けるオプションの数を減らしたり、といった工夫をしてみましょう。

また、新車であることに特にこだわりがない場合は、中古車を選択するのもひとつの方法です。新車よりも価格の安い中古車であれば、当然ながら借入金額も抑えられます。あえて人気のない車種の中古車を選ぶことで、状態の良い車を安く手に入れられる可能性もあるでしょう。

ほかの借入れを返済しておく

カーローンの審査に申し込む際は、返済比率についてもチェックしておくことが大切です。返済比率とは、年間のローン返済額が年収に占める割合のことで、一般的には年収に対して25~35%程度が上限とされています。

この返済額には、カーローン以外の借入れの返済額も含まれます。スマートフォンの本体代を分割払いしていたり、クレジットカードでキャッシングしていたりすると、返済比率が上がってしまいカーローンの審査に悪影響を与えてしまうため、繰上返済などをしてできるだけ残高を減らしておきましょう。

信用情報を確認する

信用情報とは、過去から現在にかけて利用したローンやキャッシング、クレジットカードや携帯電話料金などの支払い遅延や未払いなどの履歴のことで、これらの情報は信用情報機関に一定期間保存されます。

信用情報は、カーローンの審査にも活用されるため、過去に支払いの延滞があったり自己破産をしていたりなどの事故情報が記録されていると、審査に通るのは難しくなるでしょう。

自身の信用情報は、信用情報機関に情報開示請求を行うことで確認できます。心当たりのある方は確認を行い、もし未払いの記録が残っていた場合は、審査申込み前に支払っておくようにしましょう。なお、自己破産情報などは一般的に5~10年程度、信用情報機関に保存されるといわれています。

保証人を立てる

保証人とは、返済が滞ったときに、お金を借りた人の代わりに返済を行う人のことです。保証人を立てることで、ローン会社は貸したお金が回収できなくなるリスクを減らせるため、その分審査に通る可能性は高まるでしょう。

ただし、保証人には安定した収入があることが求められます。誰でも良いというわけではないため、きちんと条件をクリアできる方に相談するようにしましょう。また、保証人は万が一の際、代わりにお金を返さなければいけないというリスクを負うことになるため、この点も十分配慮する必要があります。

仮審査を受けてみる

カーローンの審査に申し込んだ履歴は、信用情報機関に記録されます。そのため、短期間で複数社のローンに申し込んでいるとお金に困っている可能性があると判断され、審査の際に不利になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

そこで活用したいのが、仮審査です。カーローンの審査には仮審査と本審査の2種類があり、仮審査では申し込んだ方の年収や勤続年数などを基に、簡易的な審査が行われます。一般的に、本審査のように信用情報機関に申し込んだ履歴が残ることはないとされているため、借入可能額の目安を確かめるために活用できるでしょう。

ただし、仮審査に通ったからといって必ず本審査にも通るとは限らないため注意が必要です。

なお仮審査のほかにも、まずは月々の支払額が10,000円台、20,000円台などの車種を選んで、審査に通るか確かめる「お試し審査」もあります。自身が乗れる車の価格帯を簡単に確認できる上、審査に通ることを確かめた後は車種変更も可能です。このような方法も積極的に試してみましょう。

気軽におためし審査

審査が激甘なカーローンを利用する際の注意点

審査が激甘なカーローンを利用する際の注意点

審査が激甘なカーローンには、その分注意すべき点もいくつかあります。事前に注意点を知った上で、メリットとデメリットのどちらが大きいかを整理し、利用を検討するようにしましょう。

金利が高い傾向がある

審査が激甘なカーローンは、途中で返済が滞り元金を回収できなくなるリスクヘッジとして、金利を高く設定している傾向があります。数パーセントの金利の違いでも、返済総額は大きく変わってくるため、審査の甘さだけでなく金利がいくらなのかにも着目するようにしましょう。

例として、180万円の車を7年ローンで購入した場合の、金利ごとの月々の返済額、返済総額、利息総額は以下のとおりです。

〈金利別の返済額シミュレーション〉

金利月々の返済額返済総額利息総額
3%23,783円199万7,849円19万7,849円
5%25,441円213万7,044円33万7,044円
7%27,166円228万2,007円48万2,007円

※JAバンク「マイカーローン返済シミュレーション」を使用
※頭金・ボーナス払いなし、元利均等返済にて算出

上記のように金利が高いほど利息が膨らみ、返済総額は大きくなります。審査に通りやすいからといって金利の高さを気にせずカーローンを選んでしまうと、後々家計を大きく圧迫する危険性があるため、注意しましょう。

保証料や手数料が高額になる場合がある

審査が激甘なカーローンでは、万が一契約者が返済できなくなった場合に保証人の役割を果たしてくれる「保証会社」を使うことを条件としている場合があります。

親や配偶者、親戚などに保証人をお願いする場合、この保証料はかかりませんが、保証会社を利用することを条件とされている場合は、保証料を別途支払わなければならないため、その分負担が増えることになるでしょう。

また、比較的審査に通りやすい自社ローンは、金利がない代わりに手数料が上乗せされるのが一般的ですが、その中でもより審査が激甘な自社ローンを選んだ場合、手数料の上乗せはさらに大きくなる可能性が高いでしょう。

借入可能な金額や期間の希望が通らないことがある

審査が甘い傾向がある自社ローンの場合、借り入れできる上限額が低かったり、借入可能期間が短かったりするケースが多くあります。これは、借入金額が高額で返済期間が長期にわたるほど、契約者が返済できなくなるリスクが高くなるためです。審査が甘い分、このように制限がかかる可能性があることも念頭に置いておきましょう。

なお、希望する車を購入できるだけのお金を借りられなかった場合は、差額を現金で用意する必要があります。すぐに用意できない場合は、必要な資金が貯まるまで車をあきらめざるをえないでしょう。

審査が激甘なカーローンを探すより、車のサブスクを利用したほうが近道

カルモくん_new

審査が激甘なカーローンは、その分、金利が高かったり、借り入れできる金額が低かったりします。しかも、絶対に審査に通るとは限りません。そこで、おすすめしたいのが車のサブスクの利用です。ここでは、車のサブスクの特徴や審査が激甘なカーローンよりおすすめの理由をご紹介します。

車のサブスクとは?

車のサブスクとは、月々定額の支払いだけで自身が選んだ新車に乗れるサービスのことです。購入するときのように初期費用を用意する必要がなく、ローンを組む必要もないので金利0円で新車に乗り始めることができます

また、月々の定額料金には各種税金や自賠責保険料などの維持費も含まれているため、別途費用を用意する必要がありません。プランによっては、車検代や定期的に発生するメンテナンス費用も定額にできるため、車にかかるほとんどの維持費を一本化することも可能です。

審査激甘のカーローンよりサブスクのほうが車に乗れる可能性がある理由

車のサブスクを利用する場合も審査を受ける必要はありますが、サブスクのほうが審査激甘のカーローンよりも車に乗る上で有利な特徴がそろっています。それぞれ見ていきましょう。

残価設定をするので、審査対象の金額が少ない

車のサブスクでは、あらかじめ契約満了時の車の残価(下取り想定価格)を設定し、それを車両本体価格から差し引いて月額料金を算出します。その分、負担する車両本体価格が安くなり審査対象の金額も下げられるため、審査の際に有利になります。

月額料金が安いサブスクなら、支払い負担が少ないとみなされる

車のサブスクはいろいろな会社が提供しているサービスですが、「おトクにマイカー 定額カルモくん」のように、最長11年までの長期契約が可能なサブスクなら、月々の支払額をぐっと抑えられます。これにより返済比率も下げられるため、支払い負担が少ないと判断してもらうことができ、審査に通る可能性が高まります

「車の所有者がサブスク会社」という点が有利になる可能性がある

車のサブスクでは、車の所有者はサブスク会社になります。そのため、万が一利用者の支払いが滞ったときも、サブスク会社が返済を担保すると想定できることから、審査が激甘なカーローンよりも審査に通る可能性が高まるのではないかといわれています。

低料金のサブスクを利用すれば審査金額を少なくできる

できるだけ料金が安いサブスクを選べば、その分、審査対象の金額も少なくなります。業界最安水準の定額カルモくんなら、さまざまな車種に業界トップクラスの安さで乗れるため、諦めていた車種でも利用できる可能性があります。

カーローン審査に落ちたが定額カルモくんを利用でき満足しているという声も

実際に定額カルモくんを利用している方の声をご紹介しましょう。川崎市在住のKさんはダイハツ「ムーヴ」を11年契約で利用しています。

カルモ契約者:Kさん
カルモ契約者:Kさん

最初は車を購入するつもりだったんですが、以前、携帯電話代を払い忘れていたのが原因で、車のローンを組めなかったんです。そこで月々の固定費が低いサブスクなら審査も通るんじゃないかと思い、思い切って申し込んでみました。
結果は無事合格で、カルモくんが業界最安値だと聞いていたので、それがよかったのかもしれないです。しかも念願の新車に乗ることができて、本当にカルモくんに出会えてよかったです。

横浜市在住のKさんはホンダ「S660」を7年契約で利用しています。

カルモ契約者:Kさん
カルモ契約者:Kさん

これまでいろいろな車をいじって乗り倒して、今回、車の楽しみと維持費の安さを両立した一番良い車に乗りたかった。ただ僕の場合、ローン審査は難しいと思っていたんです。いろいろあって何回か試したけどやっぱり無理で。でも定額カルモくんに相談したら、一応やってみましょうよと言われてダメ元で審査を受けてみたら通ったのでびっくりしました。

リースは税金も何も全部コミコミで一定の月額が決まっていて、支払額が変わることがないから安心ですよね。だから、審査に通ったとわかって、じゃぁぜひぜひお願いしますと言って、おかげさまで相棒と呼べるS660の新車に乗れています。

宮城県在住のIさんはダイハツ「ウェイク」を11年契約で利用しています。

カルモ契約者:Iさん
カルモ契約者:Iさん

車検がきっかけで乗換えを検討し始めました。それまで中古車だったので、新車に乗りたいと思って。車種は最初から決めていて、あとは買うかリースにするかの2択でした。

ただ、実は前の車を買う時にカーローンの審査に落ちたことがあるんです。大学生の時にクレジットカードの支払いが遅れたせいかもしれません。だからローンは難しいかなと。

それで、落ちたらどうしようという不安もあったんですけど、試しに審査を受けてみたら、受かったって連絡が来たのでうれしかったです。その後は担当の方にいろいろと相談しながらプランを決められたので安心でした。リースの魅力は無理なく車を持てる点だと思います。ずっと同じ金額を払えばいいだけだから電話代とか電気代とかと変わりないですよね。

このように、カーローンは組めなかったけれど定額カルモくんなら利用できたという方の声も多いので、まずは利用できるか気軽に「お試し審査」でチェックしてみてはいかがでしょうか。審査後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、審査に不安のある方も試してみることをおすすめします。

気軽におためし審査

カーローンを利用しなくても分割で車に乗ることは可能

カーローンを利用しなくても分割で車に乗ることは可能

カーローンを利用しなくても、分割払いで車に乗ることは可能です。カーローンの審査が不安な方は、カーローン以外の方法も視野に入れて、自身に最適な車の乗り方を考えてみましょう。

車のサブスクであれば、頭金などの初期費用を用意する必要もありません。業界最安水準の定額カルモくんなら、審査が不安な方でも好きな新車に乗れるしくみが多数そろっているため、あきらめていた車種に乗れる可能性も十分にあるでしょう。

なお、定額カルモくんの「お試し審査」では、審査に通るかどうか確認できるだけでなく、自身が乗れる車の価格帯を教えてもらうことも可能です。まだ乗りたい車種が決まっていない方も、先に乗れる車の価格帯を確かめておくことで、その後の車選びがスムーズになります。

24時間365日無料でいつでも申し込むことができキャンセルも可能なため、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

審査に通るか試してみる

よくある質問

Q1:審査が激甘なカーローンはどこ?

A:カーローンの中で審査が激甘な傾向があるのは、おもに中古車販売店が取り扱っている「自社ローン」です。信販会社を通さない独自の審査なので、他社で断られた方でも申し込める可能性があります。ただし、手数料が高い、借入額や借入期間が限られる、といったデメリットもあります。

Q2:審査が激甘なカーローンなら絶対通る?

A:審査が激甘なカーローンなら絶対に通るというわけではありません。カーローンの審査では、申込者の年収や信用情報などをもとに、最後まできちんと返済し続けられるかどうかが判断されます。そのため、借入希望額と年収が見合っていなかったり、過去に携帯電話料金の滞納があったりすると、審査に落ちてしまうこともあるでしょう。

Q3:カーローン審査に通る可能性を上げるにはどうしたらいい?

A:カーローンの審査に通る可能性を上げるためには、「頭金を入れて借入額を減らす」「他社からの借入れを減らす」「保証人を立てる」「車のグレードを下げる」などの方法があります。できるだけ対策を取ってから審査申込みをしましょう。それでも審査に通らなかった場合や、不安が大きい場合は、同じ分割払いで新車に乗れる車のサブスクの利用をおすすめします。

※この記事は2022年2月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
ローンを組まなくても