自動車ローンの審査基準とは?審査に落ちる理由と対策のポイントを解説

自動車ローンの審査基準とは?審査に落ちる理由と対策のポイントを解説|車購入のヒントならカルモマガジン
ローンを組まずに新車

自動車ローンの審査ではどのような情報を基にローンの利用可否を決めているのでしょうか。ここでは一般的な自動車ローンの審査基準や審査に落ちてしまう要因とあわせて、今からでもできる審査対策のポイントを解説します。

また、今ある資金で車を手に入れる方法は自動車ローンだけではありません。ローンを組まなくても無理のない範囲の支払いで車に乗れる方法についてもご紹介します。

ローンを組まずに新車に乗る方法をすぐに知りたい方はこちら

【この記事のポイント】
✔自動車ローンではおもに利用者の属性、信用情報、他社での借入額を審査される
✔自動車ローンの審査対策には、頭金や保証人を用意するのが有効
✔ローン以外にも、手軽で審査のハードルが低い車の乗り方がある

自動車ローンの審査基準とは

自動車ローンの審査基準とは

自動車ローンを利用する際には必ず審査を受けなければなりませんが、審査ではどのような情報をチェックされているのでしょうか。まずは、一般的な自動車ローンの審査基準について解説します。

利用者の属性

 年収

自動車ローンの審査において、契約者の年収は重要な基準です。一般的には、年収が高いほど借入れ可能な額も高くなるとされていますが、年収が低くても毎月継続して安定した収入があることが重視される場合もあります。

また、審査には年収に占める年間返済額の割合を示す「返済比率」という指標が用いられ、この返済比率がおおむね30~35%であることが審査に通る目安とされています。
なお、年収200万円以下だと審査の通過は厳しいといわれています。

 職業

どのような職業についているのかも審査の基準となります。年収とあわせて収入の安定性や今後の収入増加の見込み、反社会的勢力に属していないかなどをチェックされます。

 勤続年数

自動車ローンは長期にわたり支払いが続くため、収入の安定性という意味において勤続年数が重視されます。勤続年数は最低でも1年以上、できれば3年以上が望ましいでしょう。

雇用形態

正社員、契約社員、アルバイト、自営業者など、雇用形態によって審査の通りやすさが異なります。一般的に雇用が安定しているとされる正社員や公務員のほうが審査に通りやすいですが、審査機関によってはパートやアルバイトであっても審査に通ることがあります。また、勤務先の会社に在籍確認の連絡が入ることもあります。

年齢や家族構成など

上記のほかに、年齢や家族構成なども審査で見られることがあります。契約者本人以外にも、安定した収入のある家族がいると審査に有利に働く場合があるため、忘れずに申告しましょう。

信用情報

信用情報とは、これまでのローンの借入れやクレジットカードの支払いなど、個人の金銭取引の情報を記録したものです。過去の金銭取引に何らかのトラブルがあった場合、個人信用情報機関にどのようなトラブルがあったのかが記録されます。

信用情報には自己破産や債務整理などはもちろん、過去の返済の遅れや携帯電話料金の滞納履歴、ローンの申込みを繰り返しているなどの情報も記録されています。一般的に、信用情報が保持される期間は債務整理や個人再生で5年間、自己破産では10年間です。

他社での借入額

住宅ローンやカードローンなどほかのローンを利用している場合には、その借入残高も審査の対象になります。つまり、他社での借入額と自動車ローンの借入希望額を合わせた、総借入額に見合った支払い能力があるかどうかを判断されるということです。クレジットカードのキャッシング枠や、分割払いで購入した携帯電話の料金なども対象となる場合があるため確認しておきましょう。

自動車ローンの審査に落ちてしまう要因は?

自動車ローンの審査に落ちてしまう要因は?

自動車ローンの申込みをしても全員が借入れできるわけではなく、審査の段階で落ちてしまうケースもあります。自動車ローンの審査に通りにくい場合には、どのような要因が考えられるのか解説します。

返済比率が高すぎる

前述したように、自動車ローンの借入額は他社での借入れも含めた返済比率が重要になります。たとえ年収が高かったとしても、高額な自動車ローンを組んだり、住宅ローンと自動車ローンを併用したりして返済比率が高くなると、審査に落ちてしまう原因となるでしょう。そのほか、リボ払いの残債が影響しているケースもあります。

また、クレジットカードには自動的にキャッシング枠が設定されている場合がありますが、実際に利用していなかったとしても、キャッシングの極度額まで使っていると判断されるケースがあるので注意が必要です。

勤続年数が短い

勤続年数が短い場合、短期での退職を懸念され、審査に通りにくくなることがあります。最近転職したばかりの方や、社会人1年目の方などは信用を得にくく審査に通りにくいでしょう。
今すぐ車が欲しいのでなければ、最低でも転職後1年以上経過してからローンの審査を申し込みましょう。

フリーターや自営業など就業形態が不安定

収入の安定性も審査の大きなポイントとなります。正社員に比べ、パートやアルバイト、自営業者などは不安定と見なされやすいため、審査に落ちてしまう要因となるでしょう。

また、自営業者は毎年の事業内容や景気によって収入が急減する可能性もあるので、同じ年収でも正社員に比べ審査に通りにくい傾向にあります。特に、税金対策で所得を低く抑えている場合には注意が必要です。

金融事故歴がある

金融事故歴とは、過去にローンの返済やクレジットカードの支払いの滞納、自己破産など金銭取引のトラブルを起こした履歴のことです。過去5年以内に何らかの金融事故歴がある場合、信用情報機関に記録が残っており審査の通過が難しくなります。

また、金融事故ではないものの、ローンの審査申込みを繰り返している場合も不利になることがあります。なお、ローンの申込み履歴が信用情報機関に保持される期限は6ヵ月間です。

複数のローンを利用している

複数のローンを利用している場合、資金繰りに困っていると見なされて審査に通りにくくなることがあります。また、複数のローンは返済比率にも関わるため借入可能額にも影響します。奨学金、クレジットカードのリボ払い、携帯電話の分割払いなど、意識していなかった借入れが審査の障害となっている可能性もあるため、今一度見直してみましょう。

一度も後払いをしたことがない

意外に思われるかもしれませんが、一度も後払いやローンを利用したことがない場合もローンの審査が通りにくくなることがあります。金融機関にとっては、後払いの利用実績がないので、返済能力があるかどうかの見極めがしにくいのです。
クレジットカードの支払いでも返済の実績となるので、一度も利用したことのない方は利用を検討してみましょう。

ローンに頼らず月額料金のみで新車に乗る方法があります。詳しくはこちら

自動車ローンの審査に落ちないようにできる対策

自動車ローンの審査に落ちないようにできる対策

自動車ローンの審査を通りやすくするために急に年収を上げることは難しいですが、できる範囲での工夫でも審査に通る可能性を高めることはできます。ここまでの知識をふまえて、審査への対策を見ていきましょう。

審査前後の転職は避ける

自動車ローンの審査では、勤続年数は長いほうが有利になります。将来的に転職するつもりがあっても、審査前後の転職は避けたほうがいいでしょう。

なお、審査では利用者が勤めている職場に在籍確認を行う場合があります。ローンの審査中に転職すると在籍確認が取れず、虚偽の申告をしたと見なされてしまうことがあり、審査に大変不利になります。やむを得ず転職した場合は必ず金融機関に連絡しましょう。

ほかのローンを完済する

他社での借入れがあると、借入可能額に影響します。もしもカードローンなど完済できるローンがあれば、自動車ローンの審査に申し込む前に完済しておくと、審査に通る可能性を高めることができるでしょう。

また、使っていないクレジットカードのキャッシング枠も借入可能額に影響を及ぼすことがあるため、不要なクレジットカードがあれば解約しておくことをおすすめします。

金融事故歴が白紙になるまで待つ

個人信用情報機関に保存される金融事故の情報は期限が決まっています。自己破産などは10年ほど記録が残りますが、ほとんどの金融事故歴は和解から5年で消えるため、金融事故歴が白紙になるまで待つというのもひとつの方法です。

自身が過去にどのような金融事故を起こしているかは指定信用情報機関(CIC)、日本信用情報機構(JICC)などに情報開示請求をすることで確認できます。信用情報が不安なら事前に確認しておきましょう。郵送のほか、Webサイトからでも手数料1,000円ほどで開示請求を行えます。

虚偽の申告をしない

虚偽の申告をしたことが判明すると、信用を失くし一気に審査が不利になります。審査に不安があるからといって虚偽の申告をしたり、申告しなければならない情報を隠したりせず、正直に申告しましょう。また、申告の間違いも虚偽の申告と見なされることがあるため注意が必要です。審査の際に提出する書類には、間違いのない確実な情報を記入しましょう。

頭金を用意する

収入に対して借入額が大きければ審査を通過することはできません。とはいえ急に年収を上げることはできないので、こういった場合はローンの借入額を減らすことが審査に通る可能性を高める近道です。頭金を多めに用意すると借入額が減り、返済比率も下がるので審査に通りやすくなります。

頭金はできれば車の購入価格の20~30%程度用意したいところですが、車には初期費用や維持費がかかることも考慮して、無理のない範囲で頭金を設定しましょう。

連帯保証人を立てる

連帯保証人とは、ローンの返済が滞った場合に本人の代わりに債務を負う人のことです。アルバイトや自営業者、転職したばかりの方など、収入はあっても安定性の面で審査に通りにくい場合は、連帯保証人を立てることで審査に通る可能性が高くなります。親族で連帯保証人をお願いできる方がいる場合は、事前に相談しておくと良いでしょう。

なお、連帯保証人もローン利用者と同様に収入や信用情報を審査されます。

仮審査を利用する

仮審査とは、本審査の前に行われる簡易的な審査です。仮審査では、年収や勤続年数など利用者の属性を基にローンの希望額が借入れ可能かどうかの目安を判断します。仮審査の結果を受けてからローンの金額を見直すこともできるので、審査が不安な方は気軽に利用してみましょう。仮審査では信用情報機関に審査申込みの記録が残らないため、以降のローン審査に影響を与えることがありません。
ただし、仮審査をクリアしても、必ず本審査に通るとは限りません。

ローンを組まずに新車

審査に通りやすい自動車ローンはある?

審査に通りやすい自動車ローンはある?

審査対策も重要ですが、そもそも自動車ローンは利用するローンの種類によって審査の厳しさが異なります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

銀行系ローン

銀行系ローンとは、銀行や信用金庫などの金融機関が取り扱うローンのことです。ほかの自動車ローンに比べ低金利で利用できるものの、審査は厳しい傾向にあります。年齢や就業形態などは、申込み時点で条件を定めている場合もあるため注意しましょう。また、銀行系ローンでは審査申込みから結果がわかるまでに時間がかかることが多く、2週間ほど要することもあります。

一方で、銀行系ローンは貸金業者から借り入れる金額の合計を年収の3分の1までに制限する「総量規制」の対象外となるほか、住宅ローンと同じ金融機関で借り入れることで金利の優遇を受けられることがある、といった点はメリットといえます。

ディーラーローン

ディーラーローンとは、車の販売店であるディーラーが信販会社と提携して提供しているローンです。金利は高めに設定されていますが、銀行系ローンと比べると審査に通りやすい傾向にあります。また、車の購入時にローンを申し込めるので手間がかかりにくく、審査結果も当日中に出ることがほとんどです。銀行系ローンと同じく総量規制の対象外となっている点もメリットといえるでしょう。

一方で、ディーラーローンでは車を担保にしてローンを利用するため、返済が終わるまではディーラー側に車の所有権があるということに注意が必要です。

自社ローン

自社ローンとは、中古車販売店などが独自に提供する分割払いのしくみのことです。銀行や信販会社を通さず販売店の独自審査となるため、ほかのローンで審査に通らなかった方でも通る可能性が高いというメリットがあります。また、審査結果がわかるのが早く、手続きが簡単なのもメリットです。

自社ローンでは金利はかかりませんが、その分車両本体価格に手数料が上乗せされていることがあり、返済総額が高くなる傾向にあります。

自動車ローンの審査と借入れの流れ

実際に自動車ローンの利用を申し込む際の流れを見ていきましょう。ここでは銀行系自動車ローンを例に、審査と申込みの流れを解説します。

1.車の見積りを取る

銀行系ローンでは利用目的の証明書として車の見積書が必要です。購入したい車を決めたら、まず販売店に見積りを出してもらいましょう。ローンで支払いたい旨を申し出ればすぐに見積りを出してくれるので、諸費用を含めた購入代金を確認しておきましょう。

2.借入額と返済期間を決める

購入代金がわかったら、手元の資金と照らしあわせてローンの借入額と頭金、返済期間を決めます。銀行のローンシミュレーターなどを利用して毎月の返済金額を計算し、無理なく支払える範囲で設定しましょう。

3.ローンの申込みと審査

借入額と返済期間を決めたら、必要書類を用意しローンの利用を申し込みましょう。おもな必要書類は、運転免許証、車の見積書、源泉徴収票などの収入証明書の3点です。銀行系ローンの場合、審査には数日~2週間程度かかる場合もあります。

4.借入金額が口座に振り込まれる

無事に審査に通り契約手続きが完了すれば、指定した口座にお金が振り込まれます。振り込まれたお金で販売店に車の代金を支払い、その後はローンの契約に従って毎月の返済をしていくことになります。

審査申込みは5分で完了!ローン審査より手軽に新車に乗り換える方法はこちら

自動車ローンの審査に落ちたらどうすればいい?

自動車ローンの審査に落ちたらどうすればいい?

自動車ローンの審査対策を行っていても、審査に落ちてしまうことはあります。しかし、審査に落ちてしまったからといって車の購入を諦める必要はありません。以下のような方法を試してみましょう。

条件を見直して再度申込みをする

一般的に、審査に落ちた理由は開示されませんが、自身で分析して改善できれば審査に通る可能性があります。これまでご紹介した審査対策のポイントを参考に、頭金を用意したり保証人をお願いしたりと条件を見直して再度申込みをしてみましょう。まだ信用情報の確認を行っていない場合は、確認してみると審査に落ちた原因がわかるかもしれません。

なお、審査の履歴や結果は信用情報機関に残っているため、再度申込みをする際はあいだを空けてから申し込むようにしましょう。

別のローン審査を申し込む

自動車ローンは各社で審査の厳しさが異なります。比較的厳しい銀行系ローンの審査では落ちてしまっても、ディーラーローンの審査であれば通る可能性があるので試してみましょう。ただし、ローンによって金利や条件などが変わってくる場合があるので、新たに支払い計画を立て直す必要があります。

車のランクを下げる

希望の車では借入額が高くなりすぎる場合、車に求める条件を再度見直して購入費用を下げられないか検討してみましょう。例えばミニバンを希望しているなら、ラグジュアリーなタイプからお手頃なコンパクトタイプに変えるだけでかなりの購入費用を抑えられます。

また、同じ車種でもグレードやオプションを変更すれば購入費用を抑えられる可能性があります。中古車を検討するのもひとつの方法です。

借入額を減らす

返済負担率が30%を超えると審査の通過が難しくなります。購入資金を用意して借入額を減らし、返済負担率を抑えましょう。例えば今持っている車を売却する、ボーナスが出るまで待つなどしてまとまった購入資金を用意できれば、ローンで借り入れる額を減らせます。

まとまった資金を用意するのが難しく車のランクを下げることも避けたい場合、「新しい車の乗り方」なら希望の条件を叶えられるかもしれません。その方法について次の項で詳しく解説します。

ローンに頼らず車を手に入れる方法

ローンに頼らず車を手に入れる方法

これまでに紹介したような審査対策も有効ですが、ローンを組まずに車に乗る手段として、カーリースを利用するというのもひとつです。カーリースは車のサブスクリプションサービスで、定額で気軽に乗れることから利用者が年々増えています。今注目を集める新しい車の乗り方を見ていきましょう。

頭金・初期費用不要で新車に乗れるカーリースを利用する

カーリースとは、利用者が車を長期間リースすることで、購入と変わらず自分だけの車としていつでも使用できるサービスです。リース会社は利用者の希望する車を用意して貸し出し、利用者は月額料金を支払うことで自由に車に乗れます。

ローンで新車を購入する際には、まとまった初期費用を用意しなければなりませんが、カーリースの月額料金には、車の購入に必要な税金や保険料、各種手数料などが含まれているため、頭金や初期費用を別途用意する必要がありません。つまり、月額料金の支払いだけで車に乗り始められるのです。

また、車両本体価格から契約満了時の車の想定下取り価格である残価を差し引いて月額料金を設定するため、購入に比べ支払う車両本体価格を抑えられるのが特徴です。さらに、カーリースには以下のようなたくさんのメリットがあります。

  • ローンを組まなくても少ない負担で新車に乗れる
  • 車に関するほとんどの費用が定額になるので家計の管理が楽
  • 税金や車検法定費用などの維持費も月額料金にコミコミにできる
  • ローンと違って金利の負担がない

最安水準のカーリースで希望の車に乗る

月額料金が最安水準のカーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、ローンでは難しかった希望の車にも手が届く可能性があります。月額料金は車検代を含めても10,000円台からで、ローンを返済するよりも軽い負担で新車に乗ることができます。選べる車種も国産全車種・全グレードと豊富なので、予算内で好みの車を見つけられるでしょう。

また、基本的にカーリースは最後に車を返却しなければならず、走行距離などの制約もありますが、定額カルモくんの「もらえるオプション」*を選べば、月々たった500円で契約満了後に車が自分のものになります。さらに、7年以上の契約であれば、走行距離も無制限になるので購入するのと同じように制約なくカーライフを楽しめるでしょう。欲しい車がいくらで乗れるのか、さっそくチェックしてみましょう。

1万円台から乗れる車

*7年以上の契約で、満了時に「返却」を選んだ場合や中途解約した場合、内容により原状回復対応が必要になります。

「お試し審査」を活用してみる

カーリースにもローンと同様に審査がありますが、リース契約をせずに審査に通るか確かめる方法があります。

定額カルモくんの「お試し審査」なら、Webで必要事項を入力するだけ、5分程度の簡単な手続きで通常翌営業日には審査結果がわかります。お試し審査に通っても契約にはならず、信用情報に審査履歴が残らないので審査が不安な方でも安心です。

審査の車は5車種から選べるので、欲しい車に近い車種で審査してみるのはもちろん、一番安い車を選んで審査に通るか試してみるのもおすすめです。

審査が不安なら自動車ローン以外の方法も検討しよう

ローンの審査基準が厳しいと感じる場合、カーリースを選択肢に入れることで選べる車の範囲が広がることがあります。カーリースのしくみや今の収入で乗れる車、希望に沿ったプランの選び方など、気になることがあれば定額カルモくんのマイカーコンシェルジュに相談してみましょう。知識豊富な専門家が、最適な車の乗り方を提案してくれます。

相談は電話のほかにLINEやメールでも可能です。契約前でも無料で相談できるので、まずは気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

LINE
フリーダイヤル
一本化用メールフォーム

よくある質問

Q1:自動車ローンの審査基準は?

A:収入や勤続年数などといった利用者の属性、過去に金融トラブルがないかといった信用情報、他社での借入額の3つを総合的に審査されるといわれています。借入れできる金額は、年収に占める年間返済額の割合を示す返済比率が重要で、返済比率30~35%程度が審査に通る目安といわれています。

Q2:審査に落ちないためにはどうすればいい?

A:頭金や連帯保証人を用意することが有効です。また、個人信用情報機関に自身の信用情報を問い合わせて確認しておくのも良いでしょう。完済できそうなローンがあれば事前に完済しておくことも大切です。

Q3:ローンを組まなくても車に乗る方法はある?

A:カーリースならローンを組まなくても毎月の定額料金のみで新車に乗ることができます。カーリースは頭金不要な上に維持費も定額にでき、金利負担もありません。料金が最安水準のカーリースのお試し審査を活用して、今の収入でどんな車に乗れるのか調べてみると良いでしょう。

※この記事の情報は2021年12月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード
カーローンよりおトクに新車