ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーローンの審査基準は?通りやすくする対策5つと落ちたときの対処法

カーローンの審査基準は?通りやすくする対策5つと落ちたときの対処法
カーローンの審査基準は?通りやすくする対策5つと落ちたときの対処法

カーローンに審査が設けられているのは、申込者に滞りなくきちんと返済していく能力があるか、融資して問題ないかをローン会社が見極めるためです。実際にローンの審査基準は各社で異なり、一般に公開されていませんが、その審査の目的やこれまでの傾向から、どのようなポイントに注意するといいかは推測できます。

そこで、カーローン審査に落ちてしまう理由を基に、おもな審査基準と対策を見ていきましょう。加えて、カーローンの3つ種類と審査難度、また、審査の流れと落ちたときの対処法や、近年利用者が増えている、ローンを組まずに新車に乗る方法についても詳しく解説していきます。

ローンを組まずにお得に乗る方法を知りたい方はこちらをチェック!

  • カーローンの審査では、収支のバランスを総合的に判断している
  • 審査前には、借入金を減らす、信用情報を確認するなどの方法が有効
  • ローン審査が不安な方におすすめの月々分割払いで新車に乗れる方法がある

カーローンの審査に落ちてしまうおもな理由3つ

カーローンの審査に落ちてしまうおもな理由3つについて解説する項目の見出し画像

カーローンの審査では、おもに融資額に対して申込者が滞りなく返済できるか、返済能力や社会的信用性が判断されると考えられます。その点に問題があると審査に落ちてしまう傾向が高まるといえるでしょう。

ここでは、審査に落ちてしまいがちな3つの要因を、実際に審査に通らなかった方の体験談とともに見ていきましょう。

年収に対して借入額が見合っていない

ローン審査に落ちやすい要因のひとつが、年収に対して借入希望金額が高すぎるケースです。

こうした年収と借入金のバランスを図る際の指標として使われるのが「返済負担率」です。これは、年収に対してすでにある借入れと今回のローンの借入れを合わせた年間の返済額がどれくらいの割合かを表したもので、30~35%以下であることがひとつの目安になります。

返済負担率とは何かを表した図。年収に対して、住宅ローンの返済やカーリースの利用料などの合計額がどの程度の割合を占めているかが返済負担率であり、審査では30~35%程度までが目安とされるということを説明した図。

それを超えると収入と借入金のバランスが適切な範囲内ではないと見なされ、審査に落ちる可能性が高まります。なお、すでにある借入金には、ローンのほか、クレジットカードのキャッシングの返済、携帯電話の本体価格の割賦金、クリニックの分割払いなども含まれます。また、使っていないクレジットカードのキャッシング枠も対象となる場合があるので、注意しましょう。

30代・男性
30代・男性

銀行系マイカーローンに落ちた経験があります。借入希望額は280万円で当時の年収は400万ほど。借入金額に対して年収が低かったことが原因かなと考えています。実際に借入金額を下げ、加えてすでにある借入金を完済したら、ローンの再審査に通りました。

収入が安定していない

ローンを組むと長期に渡って借入金を返済していくことになります。そのため、収入源が継続して安定しているかも審査で見られると考えられます。その具体的な判断材料となるのが、申込時に申告する職業や雇用形態、勤続年数です。

一般的に、公務員や正社員のほうが、収入が安定していると見なされる傾向があり、勤続年数については、1年以上が目安、3年以上が望ましいといわれています。現在の年収がいくら高くても、収入が不安定であると判断されると、審査に落ちてしまう可能性もあります。

30代・男性
30代・男性

年収は220万ほど。安めの軽自動車がほしくローンを組もうと考えましたが審査に落ちてしまいました。アルバイトだったこと、また、勤続年数が1年ほどだったことが影響したのかもしれません。結局車の購入は諦めました。

信用情報にネガティブな記録がある

一般的にカーリースの審査では、信用情報もチェックされます。信用情報とは、クレジットカードやローンの契約内容や利用状況が記録された個人情報のことで、審査の際には、信用情報機関にその情報が照会され、過去に支払い・返済の遅延や延滞はないか、また、債務整理など金融事故を起こしていないかが確認されます。

信用情報にネガティブな記録がある方や、いわゆるブラックリストに載ってしまっている方は、返済能力や信用性の点でローン審査に通るのが難しくなるといえます。

40代・男性
40代・男性

以前ローン審査に落ちたことがあります。携帯電話本体代金が割賦契約になっていて、過去にその支払いを忘れてしまった時期があり…。調べたらそのことが原因でした。

ローンが不安な方におすすめの新しい車の乗り方!

近年、利用者が増加傾向にあるのが、ローンと同じように月々定額払いで車に乗れるカーリースです。
審査に通りやすいことに加え、ローン購入にはないリースならではのメリットも。
カーローンの審査対策と併せて、検討してみるのもおすすめです。

簡単5分_お試し審査

カーリースのことがよくわかる資料はこちら

※チャット調査ツール「Sprint」にて、「カーローン審査に落ちたことがある方」を対象として行ったインターネット調査、また定額カルモくんを利用している方のインタビューを基に、カルモマガジン編集部がまとめています

カーローンのおもな審査基準

カーローンのおもな審査基準について解説する項目の見出し画像

カーローンの審査基準は一般に公開されていませんが、審査に落ちてしまう理由、また、その傾向から重要視される項目がいくつか考えられます。ここからは、審査で見られるとされる項目について、それぞれの基準の目安とともに見ていきましょう。

年収

ローンの申込みの際、必ず申告するもののひとつが年収です。ローン審査に通る年収の基準は150~200万円以上だともいわれますが、あくまで目安であり、それ以下だと絶対に落ちてしまうわけではありません。

一般的に、ローン審査では年収そのものより、年収と年間の返済額のバランスが重視される傾向があるとされています。そのため、目安としては、年収に対して年間の総返済額の割合を示す「返済負担率」が30%~35%以下に収まるように、借入希望額を調整するといいでしょう。特に年収が400万円未満の場合は25%以下、400万円以上の場合は35%以下が目安ともいわれていますので留意しましょう。

なお、特に銀行系マイカーローンでは、利用条件に前年度の年収額が記載されているケースもあります。条件を満たない場合はローンに申し込むことができませんので、ほかのローン会社を選び直す必要があります。

職業・雇用形態・勤続年数

収入の安定性を確認するために、職業、雇用形態、勤続年数も審査における重要な項目となります。一般的に、個人事業主や中小企業に勤めている方より、公務員あるいは大企業に勤めている方、また、同様にアルバイトや派遣社員よりも正社員の方のほうが、収入の安定性の点から審査に有利にといわれています。

勤続年数については、1年以上が目安、3年以上だと望ましいとされます。勤続年数については、ローンを申し込む直前の転職は避けること、また、今すぐ車が必要でない場合は、1年を超えてから審査に臨むのが良策です。ただし、ローンの種類によっては、同じ業種への転職や、転職をすることで収入が上がるケースであれば不利にならない場合があります。

職業や雇用形態は、すぐに対策を講じられるものではありませんが、審査では、ほかの内容を含め総合的に判断されるといわれているので、内容を偽ることなく正しく申請するようにしましょう。

信用情報

申込者の返済能力と社会的信用を確認するために、信用情報もチェックされます。
そこに支払い・返済の遅延、延滞、任意整理を行った履歴などネガティブな記録が残っていると審査に落ちてしまう可能性が高くなりますが、信用情報の記録は永遠に残るわけではなく、一定の保管期間を過ぎるとクリアになります。

なお、保管期間は、内容や登録されている信用情報機関にもよりますが、遅延や滞納が解消されてから、もしくは破産などの手続きが済んでから1~7年程度になります。

他社からの借入れ

他社からの借入金も、審査の際にチェックされます。特に短期間で複数からの借入れがある場合、また、多額の借入れがある場合は、経済的に困っていると見なされ、審査に通りにくくなると考えられます。

借入金は「返済負担率」にも影響してきます。すでに年間の返済額が多いと、新たに借入れできる金額が少なくなってくることにも注意しましょう。なお、すでに借入金があるからといって必ず審査に落ちてしまうわけではありません。

カーローンの審査に通りやすくするための対策

カーローンの審査に通りやすくするための対策について解説する項目の見出し画像

カーローン審査に不安なく臨めるように、事前にできる対策がいくつかあります。実際にローン審査を受けた方の口コミとともに見ていきましょう。

仮審査を受ける

審査に通るか不安がある方は、仮審査を検討してみましょう。仮審査とは本審査前に行う事前審査です。仮審査では一般的に信用情報はチェックされないため、仮審査に通れば必ず本審査にパスできるというわけではありませんが、自身が融資を受けられる状況にあるか、また、借入可能額や適応金利の目安を知ることができます。仮審査の結果をふまえて頭金を用意したり、借入額を見直したり、審査対策や返済シミュレーションを具体的にとることもできるでしょう。

なお、ローン審査はその結果が信用情報に記録されてしまいますが、仮審査の場合は申込みの事実のみで結果は残りません。また、一般的に仮審査にかかる期間は即日から数日が目安とされています。

40代・男性
40代・男性

年収に不安があり、ローンが組めるか事前に確認したかったので仮審査を受けました。仮審査は当日中に結果がわかり、それに基づいて車のグレードを下げ借入金を減らすなどの対策をしました。

借入額を減らす

年収と借入額のバランスをシミュレーションし、状況に応じて借入額を見直し、減らすことも現実的な対策だといえます。借入額を減らすために有効なのが、価格の安い車を選び直す、購入する車のグレードを下げるなどの方法です。

また、頭金を用意することもひとつの方法です。用意した頭金の額だけ借入額を減らすことができ、審査に通る可能性が高くなります。

30代・男性
30代・男性

銀行系マイカーローンに申し込んだ際、年収に対して借入額が多かったため、審査に落ちてしまったことがあります。車の購入金額を見直し、借入額を下げて再度審査に申し込んだらローンを組むことができました。

すでにある借入れを減らす

「返済負担率」の点からも、すでにある借入れを減らすのも審査に通りやすくするための方法として有効です。審査の前にすでにある借入金を完済しておくのが望ましいといえますが、完済が難しい場合は、繰上返済を行う、金利条件のいいローン会社に1本化することでも利息分を減らすことができます。

30代・女性
30代・女性

銀行系マイカーローンに申し込んだ際、すでにある住宅ローンがネックになっていました。その影響で一度審査に通らなかったのですが、ローンを完済後にカーローンに再チャレンジしたら無事審査に通ることができました。

信用情報を確認する

信用情報は、JICC、CIC、KSCの3つの信用情報機関に情報公開請求し、調べることができます。特に過去に金融事故を起こしている方、また、未払いや支払いの遅延・延滞などに心当たりのある方は、審査前に、信用情報を調べておくと安心です。

<3つの信用情報機関>

  • JICC(指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構):消費者金融などの利用履歴
  • CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関):銀行などの金融機関の利用履歴
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター):クレジットカードや信販会社などの利用履歴

申込み方法や結果、閲覧方法、料金はそれぞれの機関の公式サイトに記載されていますので確認しましょう。

なお、信用情報のネガティブな記録は一定期間経つと解消されます。すぐに車が必要でなければ、そうした記録が消えた後、審査に申し込むのが良策です。早急にローンを組みたい場合は、連帯保証人を立てるなどの対策を検討しましょう。

40代・男性
40代・男性

カーローンを絶対に利用したく、また、過去の支払いなどに心当たりがあったので事前に信用情報を調べました。特にネガティブな記録がないことがわかり、安心してローンに申し込めました。

審査難度の低いローンを選ぶ

カーローンには種類があり、ローンを組むための条件や適応金利、また、審査の難度も変わります。特に審査に不安がある方は、審査に通りやすいローンを選ぶのもひとつの方法です。

ただし、一般的に審査が甘いローンほど、金利が高かったり、金利相当の手数料がかかったりとデメリットもあります。それぞれの特徴を総合的に見て、申し込むローンを選ぶようにしましょう。

30代・女性
30代・女性

大手のローンより審査が通りやすいと聞き、販売店が独自に提供している自社ローンで車を購入しました。手数料が高かったことに多少の後悔もありますが、無事審査に通ってよかったです。

ローンに通らなかった方の利用実績も豊富!

カーリースの場合、審査対象となる年間の利用料金を抑えやすく、
カーローンより審査に通りやすい傾向があります。
業界最安水準*の「おトクにマイカー 定額カルモくん」ならば
審査に通るかがわかる「お試し審査」も用意。
審査結果に基づいてプラン変更やキャンセルも可能なので
気軽に申し込んでみましょう!

利息不要で月々1万円台から!定額カルモくんで お試し審査をしてみる

カーリースや定額カルモくんのことがよくわかる資料はこちら

*チャット調査ツール「Sprint」にて、「カーローンで車を購入した方」「ローン審査に落ちた経験がある方」を対象として行ったインターネット調査を基に、カルモマガジン編集部がまとめています
*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

カーローンの3つの種類と審査の通りやすさ

カーローンの3つの種類と審査の通りやすさについて解説する項目の見出し画像

カーローンの種類は大きく分けて銀行系マイカーローン、ディーラーローン、自社ローンの3種類があります。順に審査の難度は高いものの、金利や手数料などの点で経済的な負担を抑えられる傾向があります。また、審査に要する期間やメリット・デメリットも異なるので、詳しく確認した上で選ぶようにしましょう。

銀行系マイカーローン

銀行系マイカーローンは、銀行、信用金庫、JAなどの金融機関が提供するカーローンのことです。
金利相場は1~4%で、ほかのローンより低い傾向がありますが、審査難度は高く、結果が出るまでの期間も数日から1週間ほどと長めです。

銀行から融資を受け、自身で車を購入します。ローンの申込みと販売店とのやり取りを並行しておこなうため、手間もかかりますが、銀行系マイカーローンでは、購入した車は自分の名義になるため、車の買替えやローンの借換えがしやすいなどのメリットもあります。同じ金融機関ですでに住宅ローンなどを組んでいる場合には、金利で優遇措置が受けられるケースもあります。

ディーラーローン

ディーラーローンは、車の正規販売店であるディーラーが提供しているローンのことで、実際には、ディーラーが提携している信託会社などが審査し、ローン契約を結ぶかたちになります。

車の購入手続きと同時に審査を申し込めるので手間がかからず、ほとんどの場合、当日から数日中に審査結果が出ます。

金利相場は4~8%で、銀行系マイカーローンと比べて高いものの、そのぶん審査に通りやすい傾向があります。注意したいのは、ローンを完済するまで車の所有権がディーラーや信販会社にあることです。そのため、返済中は車の売却や譲渡は基本的にできず、車を担保に新たなローンを組めないなどのデメリットもあります。

自社ローン

3つの中でもっとも審査のハードルが低いといわれるのが、おもに中古車販売店が独自に提供している自社ローンです。一般的に信用情報はチェックされず、ブラックリストなどに載ってしまっている方でも申込み時点の返済能力が十分あると見なされれば、審査に通る可能性があります。

金融商品はないため金利がかからないものの、車両本体価格に利息相当分の手数料が上乗せされ、支払総額が大きく膨らみがちである点にも注意しましょう。また、支払いが終わるまで車の所有権は販売店にあり、走行距離などにある程度の制限が課せられたり、支払いが滞った場合に車を引き揚げられてしったりすることもあります。

カーローンの審査の流れ

カーローンの審査の流れについて解説する項目の見出し画像

カーローンの審査の流れを知っておくと、必要なものを事前に準備することができ、スムーズに審査を受けられます。カーローンの種類によっては多少の違いはありますが、ここでは一般的な審査の流れをご紹介します。

1. 申込み条件を確認し、申し込むローン会社を決める

カーローンの申込みには、年収額のボーダーラインや年齢など一定の条件が設けられていることがあります。そうした条件を満たしているローンを選ぶ事が前提になります。

申し込むローンを選ぶ際には、購入する車の見積もりをとった上で、借入額を検討し、金利、返済期間から月々の返済額をシミュレーションしておくことも大切です。また、同時に必要な審査対策も洗い出し、準備を進めましょう。

2. 審査に申し込む

カーローン審査の申込みは、それぞれ規定の申込書や必要書類をそろえ、ローン会社に提出するのが一般的です。申込書では、氏名・住所・電話番号などのほかに、勤め先の会社名・住所・業種・職種・年収、また、他社での借入れ状況を申告します。

なお、その際、虚偽のある内容を申告してしまうと、審査に通らないのはもちろん、その後のローン審査に影響がでたり、悪質な場合、ローン会社から賠償金を請求されたりすることもあります。記入内容にミスのないように、正しい情報を参照できる資料などを用意しておくのがおすすめです。
併せて、収入証明など必要書類も早めに準備しておくようにしましょう。

〈おもな必要情報〉

  • 申込者個人の情報(氏名、生年月日、住所、電話番号など)
  • 収入に関わる情報(年収、勤務先、勤続年数など)
  • 他社での借入状況
  • 借入希望額、返済期間
  • 振込先の口座情報 など

〈おもな必要書類〉

  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • 用途を確認できる書類(車の見積書など)
  • 収入を証明できる書類(源泉徴収票、確定申告書、住民税課税決定通知書など)

3. 審査の実施

審査内容はローンの種類やローン会社によって異なりますが、職業や年収、勤続年数、信用情報などがチェックされます。審査に要する期間もカーローン会社によって変わります。

もし審査に落ちてしまった場合、再度同じローンに申し込むことも可能です。ただし、銀行や信販会社が審査を行う本審査では、その履歴と結果が信用情報に記録されます。その情報の保管期間は半年とされていますので、再審査に臨む際は半年間ほど開け、そのあいだに、審査に落ちた原因を推測しながら再審査のための対策を行うようにしましょう。

なお、審査の履歴が信用情報に登録される点で、短期間に複数のローンに申し込むのも避けましょう。

4. 契約をして融資を受ける

ローン審査に通ると、最終的な借入額や金利の利率、返済期間などが通知され、納得できる内容であれば契約となります。その後、指定した口座に借入金が振り込まれます。

なお、ローンの種類にもよりますが、銀行系マイカーローンの場合は、申込みから審査まで数日から1週間、ディーラーローンの場合は即日から数日が目安となります。その期間も考慮して申し込むようにしましょう。

同時に申し込んでおくと安心!

一般的に、ローン審査に必要な書類や情報でカーリースに申し込むことも可能です。
ローン審査に不安がある方は、同時にカーリースにも申し込んでおくといいでしょう。
「おトクにマイカー 定額カルモくん」ではキャンセル可能な「お試し審査」を無料で用意。
ネットで5分ほどの簡単な入力で申込みできます。

利息不要で月々1万円台から!定額カルモくんで お試し審査をしてみる

カーリースや定額カルモくんのことがよくわかる資料はこちら

カーローンの審査に落ちたときの対処法

カーローンの審査に落ちたときの対処法について解説する項目の見出し画像

万一、カーローン審査に落ちてしまっても、再審査を受けることは可能です。しかし、同じ内容で申し込んでも審査に通る可能性はありません。ここからは再審査の際の対策を中心に、審査に落ちた際の対処法を解説します。

連帯保証人を立てる

審査に落ちた原因が、収入の低さや安定した職業に就いていないことであれば、連帯保証人を立てることで審査に通る可能性を高めることができます。連帯保証人とは、契約者の返済が滞った際に、代わりにその返済責任を負う方のことで、成人であり、十分な返済能力があり、また、信用情報にネガティブな記録がない方である必要があります。

一般的に親族に依頼することがほとんどですが、あとあと問題にならないように、ローンの借入金額や返済計画などをしっかりと説明し、合意をとるようにしましょう。なお、ローン会社によっては保証会社の利用をすすめられるケースもあります。連帯保証人の場合と同じように、審査のハードルを下げられますので、前向きに検討するといいでしょう。

車種やグレードを下げる

再審査の前に、あらためて「返済負担率」を算出し、収入と借入金のバランスを確認するようにしましょう。借入金を減らす方法として現実的なのは、購入を検討している車種を安いものに変更し、また、グレードを下げることです。

そのためには、あらかじめ、自分が車を利用する頻度や使用用途、こだわりなどを自身で確認しておき、妥協できる点を明確にしておくのがおすすめです。

なお、「返済負担率」を抑えるためには、すでにあるほかの借入金を完済する、頭金を多めに用意するなどの方法も有効です。

信用情報を確認してみる

もし審査に通らない理由が思い当たらない場合は、信用情報を確認してみるといいでしょう。過去の支払いの遅延や滞納、債務整理の記録が残っている可能性があるからです。もし記録が残っている場合、情報が消えるまで待つのが良策です。

なお、信用情報にネガティブな記録があるケースでも、連帯保証人を立てることで審査に通りやすくなる可能性もあります。再審査の前にローン会社に相談してみるのもいいでしょう。

カーリースを利用する

ローンと同じように月々分割払いで、実質マイカー感覚で車を利用できるカーリースを選択肢に加えてみるのもひとつの方法です。

カーリースの審査はカーローンに比べて審査対象の金額を抑えやすく、また、金銭の貸付けではなく車を借りる方法であることから、ローンと比べて審査難度が低い傾向があります。実際にローンに落ちた方の利用実績も豊富です。

審査が不安な方におすすめのカーリースはここ!

審査に不安がある方は、審査対象となる年間の利用金額が抑えやすい
カーリース会社を選ぶといいでしょう。
「定額カルモくん」は業界最安水準でローン審査に落ちた方の利用実績も豊富。
お試し審査後に、自分に合った料金プランも提案してくれるので
カーリースが初めての方にもおすすめです!

利息不要で月々1万円台から!定額カルモくんで お試し審査をしてみる

カーリースや定額カルモくんのことがよくわかる資料はこちら

ローンを組まずに定額払いで新車に乗る方法

年々カーリース利用者は増加傾向にあります。月々定額払いで実質マイカーのように利用できながら、ローンより審査に通りやすく、購入にはないメリットがあることが人気の理由です。

特に業界最安水準の「おトクにマイカー 定額カルモくん」の場合、ホンダ「N BOX」は月額 19,750 円から、トヨタ「ヤリス」は 21,180 円から乗ることができ、月額料金を抑えられるぶん、より審査のハードルを下げやすい傾向があります。

また、月額料金には、自動車税(種別割)や自賠責保険料などが含まれており、購入時に必要な初期費用なしで、気軽に車に乗り始められるのもポイントでしょう。

ここからは、特にローン審査に不安がある方に「定額カルモくん」がぴったりな理由を見ていきましょう。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

手軽に審査に試せる

定額カルモくんには「お試し審査」が用意されているのが特徴です。このお試し審査では、仮の最安車種で、ひとまずサービスを利用できるかを確認することができ、結果に基づいて最終的な車種やプランを変更・決定することができます。

なお、車種やプランは、マイカーコンシェルジュと呼ばれる車やカーリースに詳しい専門スタッフと相談しながら決めることも可能。キャンセル料も発生しないので、気軽に試せると人気です。

先に審査を済ませられるので、以降、納車までの時間や手間を省略できるのもメリットといえます。

5分で完了_定額カルモくんに申し込む

マイカーと変わらないカーライフがおくれる

カーリースは契約満了時に車を返却することが前提のため、走行距離制限が設けられ、原状復帰できないカスタマイズなども原則できないのが一般的です。

一方、「定額カルモくん」の場合は、7年以上の契約ならば走行距離が無制限になり、また、月額500円の「もらえるオプション」をつければ、契約満了時に車をもらうことができ、カスタマイズなども可能です。

カーリースのデリットを解消できるプランが多数用意されており、購入した車と同じ感覚で新車に乗ることができるのも定額カルモくんが選ばれている理由です。

定額カルモくんについて詳しくみる

購入にこだわらなければ、審査に落ちるリスクを抑えて新車に乗れる!

カーローンの審査結果は受けてみなければわかりません。とはいえ、手間も時間もかかるため、できればスムーズに新車を用意したいもの。車を所有することにこだわらなければ、実質マイカー感覚でお得に新車に乗れるカーリースを選択してみるのもいいでしょう。
「定額カルモくん」の場合、月々の料金がお手頃な価格で設定されているので、審査に通りやすい傾向があるうえ、同じ予算でもワンランク上の車に乗れるケースもあります。

カーローンの審査に不安を感じている方、あるいはローン審査に通りにくくカーライフを諦めていた方も、定額カルモくんのお試し審査にトライしてみるといいでしょう。

審査結果は通常翌営業日にわかる!定額カルモくんでお試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:カーローン審査に落ちやすい方とは?

A:カーローンの審査では返済能力と社会的信用性がチェックされます。審査に落ちるよくある理由としてあげられるのは、収入に対して借入金が多すぎる場合です。また、収入が不安定な方、過去に未払いや滞納、金融事故を起こし信用情報にネガティブな記録がある方もカーローンの審査に通りにくい傾向があります。

Q2:申し込み前にできるカーローンの審査対策は?

A:年収に対し、新たなカーローンの借入金やすでにある借入金を含む年間の総返済額の割合を算出し、30~35%以下に収まるように調整すること、信用情報にネガティブな記録がないか確認しておくことなどが挙げられます。また、仮審査を受けてみるのもいい方法です。

Q3:審査に落ちたどうすればいい?

A:審査に落ちても、対策を講じてもう一度審査を申し込むことは可能です。なお、実質マイカーのように車に乗れて、ローンより審査に通りやすい傾向があるカーリースを検討してみるのもいい方法でしょう。業界最安示準の「定額カルモくん」は気軽に審査に通るか試せる「お試し審査」も用意されているので、審査に不安な方にもおすすめです。

2024年新生活応援キャンペーン

 

※この記事の内容は2024年4月30日時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る

資料請求_ポップアップ