ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

スイフトスポーツを購入して「後悔した」と思うのはどんなとき?利用者の声やデメリットを解説

スズキ「スイフトスポーツ」を購入して後悔した人はいるのか確かめようとしている女性の画像
スズキ「スイフトスポーツ」を購入して後悔した人はいるのか確かめようとしている女性の画像

スズキ「スイフトスポーツ」は今では少なくなった「ホットハッチ」として、運転する楽しさや走りの良さを重視する方の熱い視線を集めているモデルです。「車を操る楽しさ」を追求した車であるため、一般的なコンパクトカーとは若干異なるスタンスにあり、よく知らないままに選んでしまうと後悔につながることもあるかもしれません。

そこで、スイフトスポーツについて後悔につながりかねないポイントをはじめ、スイフトスポーツのメリットや実際に乗っている方の口コミなども併せてご紹介します。

  • 室内が狭く感じられ、グレードが選べないことが後悔につながる可能性がある
  • 日常的な使い勝手と走りの良さを両立、本格的なピュアスポーツカーよりも扱いやすいというメリットも
  • 無理なくリーズナブルにスイフトスポーツでのカーライフを楽しむ方法もある

スイフトスポーツを買ったら後悔しそうなポイント

車種画像バナー

スイフトスポーツは数あるコンパクトカーの中でも走行性能の高さが自慢のモデルであり、今では少なくなった国産「ホットハッチ」といえる存在です。そのため熱心なファンがいる車ではありますが、一方でインターネットなどでは購入して「後悔した」という意見も散見されます。

ここでは、スイフトスポーツのどのような部分が後悔することにつながるのかを見ていきましょう。

室内空間が狭く感じられる

車の室内空間の広さは、居住性を左右するため車選びの重要ポイントのひとつといえます。今では軽自動車やコンパクトカーでも優れたパッケージング技術によって広く快適な室内空間を持つモデルも増えています。

スイフトスポーツはそういった「室内の広さ」が自慢のコンパクトカーと比較すると、居住性では後れを取っていることは否めません。後席を備え5人が乗車できるモデルではありますが、居住性の良さに定評のあるホンダ「フィット」や日産「ノート」などのコンパクトカーのような広々とした室内を期待していると後悔につながる可能性があります。

グレードの選択肢がない

一般的な車には複数のグレードが用意されており、グレードによって快適装備や安全装備の充実度に差をつけています。しかし、スイフトスポーツはモノグレードの車種であり、選択肢はトランスミッションのみです。

そのため快適装備などについては選ぶ余地がなく、いざ使用してみると「欲しい装備がなかった」、逆に「これは無駄に感じる」ということになりかねません。なお、スイフトスポーツでは予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」のレス仕様の選択が可能です。

グレード設定のないスイフトスポーツをできるだけ安く買うには「スズキ セーフティ サポート」のレス仕様を選択するのもひとつの方法ではありますが、「スズキ セーフティ サポート」非装着車には今の時代の車には必須といえる衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術が搭載されません。安さにこだわりレス仕様を選ぶと、安全性を犠牲にしたと後悔するかもしれません。

子供が乗り降りしにくい

スイフトスポーツは走りの質感を高めるため、空力特性も徹底的に考慮されています。独特のスポーティーなフォルムは先代モデルよりも大幅に空力抵抗を低減しており走行安定性の向上に貢献していますが、一方でリアのドアハンドルが一般的な車よりも高い位置にあり、Cピラーに埋め込まれるようなスタイルとなっています。

そのため、子供や身長の低い方などはドアハンドルに手が届きにくく、リアドアが開けにくいといった声も聞かれます。

【聞いてみた】実際にスイフトスポーツに乗っている方の口コミ

ここでは、実際にスイフトスポーツに乗った経験がある方の口コミをご紹介しましょう。スイフトスポーツならではのスポーティーさや走りの良さを評価する一方、リセールバリューや運転者が限られることをデメリットに感じる方も見受けられます。

「リセールバリューがあまり良くない」

大阪府・50代前半・男性
大阪府・50代前半・男性

車は普段の買い物などをメインに使用しています。スイフトスポーツは家族の強い後押しがあって購入しました。ほかのコンパクトカーとは違うスポーティーなスタイルが気に入っていますが、もうちょっと燃費が良かったらいいなと感じることがあります。また、乗換えが視野に入ってきたので下取り価格を軽く調べたのですが、ほかの人気コンパクトカーと比べるとちょっと渋い価格に…。リセールバリューも考えて車選びをすべきだったかな、と感じています。

「自分は満足しているが、運転者は限られる」

千葉県在住・30代前半・男性
千葉県在住・30代前半・男性

運転するのが好きで、マニュアル車にこだわりがありスイフトスポーツの6MT車を新車で購入しました。期待通り車を操る楽しさを堪能でき満足していますが、家族の誰もが運転できる車ではないので不便を感じるタイミングはありますね。最もそれはマニュアル車を選んだ自分の責任なので、スイフトスポーツに対する不満というわけではありません。自分自身は車に乗るのが苦にならなくなり、とても満足しています。

「乗り心地が良く、特に大きな不満はない」

奈良県・30代前半・男性
奈良県・30代前半・男性

友人の紹介で中古のスイフトスポーツを購入しました。高年式のものであったため状態も良く、毎日の通勤に使用していますが特に不満はありません。特に気に入っているポイントは乗り心地。走りが良いモデルであるとは聞いていましたが、車によってここまで変わるのかと驚きました

車選びで後悔したくない方は、カーリースの利用を検討してはいかがでしょう。
カーリースは「車のサブスク」ともいわれ、頭金などの初期費用0円、月々定額で新車に乗れます。
費用を抑えて車に乗り始める方法として、おすすめです。

申込者数15万人以上_おすすめのサービスをみる

スイフトスポーツにはこんなメリットがある!

スイフトスポーツにはこんなメリットがある!出典:スズキ スイフトスポーツ

日本では取り回ししやすいコンパクトカーの人気は高く、各メーカーがさまざまなモデルを展開しています。スイフトスポーツはその中でも個性的なモデルであり、人によっては「デメリットが多い」と感じることもあるかもしれませんが、スイフトスポーツにしかない魅力も多数あります。

本格的なスポーツカーよりも扱いやすい

サーキットでのタイムアタックも視野に入るようなピュアスポーツカーは、公道走行できる仕様であるとはいえスポーツ走行に慣れていないライト層の手に余るような扱いにくさがあるモデルも少なくありません。

スイフトスポーツは走りを追求したホットハッチではありますが、比較的扱いやすいのが魅力のひとつといえます。これまで軽自動車やファミリー向けのコンパクトカーしか運転したことがない、特に運転テクニックに自信があるわけではないけれども運転が好きで走る楽しさを実感できるモデルが欲しい、という方にとってはかなり魅力的な1台ではないでしょうか。

走りと使い勝手の良さを両立

走行性能を突き詰めたモデルは何よりも走りを優先するため、ユーティリティが考慮されていない、また犠牲になっている場合も多くあります。

その点スイフトスポーツでは後席でもそれほど窮屈さを感じることなくドライブが楽しめることに加え、定員の5名が乗車していても265Lの荷室容量を確保しています。また、ドリンクホルダーやセンターコンソールトレーなどのポケッテリアも用意されており、日常的な使用で不便さを感じることはあまりないでしょう。

先進安全技術が充実

スイフトスポーツでは、衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置といった「サポカーSワイド」に適合するために必要な先進安全技術を搭載しています。

さらに高速道路で先行車との適切な車間距離を維持しながら追従走行したり、設定した車速内で定速走行したりすることでドライバーの負担を減らしてロングドライブを快適・安全に楽しめるようにサポートしてくれる機能が標準装備。スポーツモデルであっても、安全性もしっかり確保しているので安心です。

出費を抑えて新車に乗れる!カーリース(車のサブスク)で後悔しない車選び

スイフトスポーツに乗っても後悔しない方

スイフトスポーツはユーティリティを犠牲にすることなく、それでいて運転する楽しさを存分に味わえる走行性能の高いコンパクトカーに乗りたい方にぴったりです。また、取り回ししやすいサイズ感のマニュアル車が欲しい方、本格的なピュアスポーツカーほど扱いが難しくないスポーティーな走りの車が欲しい方にもおすすめです。

高速道路でドライバーの運転負荷を減らしてくれる運転支援技術なども搭載しているため、時代に合った安全性能を備えた車で走りの良さを実感しながらロングドライブを楽しみたい、といったニーズも満たしてくれる1台です。

購入するより手軽にスイフトスポーツに乗ればきっと後悔しない

カルモくん_new

現金一括やローンを組んで車を購入するのではなく、「車のサブスク」とも呼ばれるカーリースを利用してスズキ「スイフトスポーツ」に乗る方法もあります。

カーリースは、月々定額で新車に乗れるサービスです。車を購入するときのようにまとまった初期費用を用意する必要がなく、気軽に車に乗り始めることができます。

とりわけカーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」は業界最安水準*で、スイフトスポーツを月々 29,210 円から利用できます

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

スイフトスポーツの特徴を知れば後悔することなくカーライフを楽しめる

魅力的なスイフトスポーツにも、見方によっては後悔しうるデメリットがあるでしょう。しかし、そのようなデメリットをあらかじめ知っておけば、きっとうまくスイフトスポーツを乗りこなせるでしょう。

カーリースのように費用を抑えながら、マイカー同様新車に乗れるサービスを利用すれば、さらに安心してスイフトスポーツに乗れるのではないでしょうか。

乗りたい車の特徴を把握し、ベストな方法を選ぶことで後悔しないカーライフを送りましょう。

カーリースにも、カーローンを組んで車を購入するときと同様、審査があります。

「定額カルモくん」の「お試し審査」は、審査に通るかどうか簡単に確かめられるツールです。まずはこの「お試し審査」で、スイフトスポーツに乗れるかどうか確かめてみてはいかがでしょう。

申込者数15万人以上_お試し審査

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

よくある質問

Q1:スイフトスポーツを買ったら後悔する?

A:スイフトスポーツは室内空間広さが自慢のコンパクトカーと比較すると狭く感じられることや、モノグレードなのでグレードの選択肢がないこと、またリアのドアハンドルが一般的な車より上に配置されていることから子供など背の低い方が扉を開けにくいことなどが後悔につながる可能性があります。

Q2:スイフトスポーツはどのような方に向いている車?

A:実用性を損なうことなく、走る楽しさを存分に味わえるスポーティーなコンパクトカーが欲しい方に向いています。また、本格的なピュアスポーツカーよりも扱いやすい車で運転を楽しみたい方や、マニュアルトランスミッションの選択肢があるコンパクトカーに乗りたい方にもいいでしょう。

Q3:後悔することなくスイフトスポーツに乗るには?

A:「車のサブスク」として月々定額でスイフトスポーツに乗れるカーリースの利用がおすすめです。カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」であれば、車にまつわる相談ができるマイカーコンシェルジュが在籍しているため、車種やグレード選びで後悔するデメリットを回避できるでしょう。

※この記事は2023年5月1日時点の情報で制作しています

スズキスイフトスポーツの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキスイフトスポーツの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る