車検費用を安く抑えるポイントは?知っておきたい車検選びの注意点

車検費用を安く抑えるポイントは?知っておきたい車検選びの注意点

車に乗り続けるために欠かせない車検ですが、依頼する業者や整備項目によって、かかる費用も大きく変わります。車検費用は車の維持費の中でも占める割合が大きく、維持費を安く抑えるためには車検を依頼する業者を見直すこともおすすめです。
そこで今回は、車検費用を安く抑えるコツや、車検を依頼する業者選びの注意点について解説します。併せて、カーリースにおける車検費用はどうなるのかについても見ていきましょう。

車検の費用は安くできる?

車検の費用は安くできる?

車検にかかる費用は、法定費用や車検基本料、部品交換費用の3つに大きく分けられます。このうち、税金や保険料などが含まれる法定費用は、どの業者に車検を依頼しても料金が一律となっています。また、業者によって費用にばらつきがあるのが、検査の手数料や整備料が含まれる車検基本料と、修理などの整備や部品の劣化などで交換が発生した場合に必要となる整備費です。そのため、車検を依頼する業者や車検方法を見直す際、この2つの料金項目を比較することで、車検の費用を抑えることができます。

車検費用を抑える方法は?

車検費用の金額に影響を与えるのは、車検基本料と整備料ということがわかりましたが、実際にどのような方法を選ぶことで費用を抑えることができるのでしょうか。
ここでは、車検費用を安く抑えるためにできる3つの方法をご紹介します。

1. ディーラー以外で車検を受ける

ディーラーは車の販売元ということもあり安心して車検を任せられますが、車検業者のなかでは最も料金が高いという側面もあります。また、ディーラー以外で車検を受けることができるのは、カー用品店などの車販売店やガソリンスタンド、整備工場です。ディーラーでは検査項目が多く、消耗品なども早めに交換して万全の整備を行う傾向がありますが、車販売店やガソリンスタンド、整備工場でも、基本的な車検サービスを受けられるので問題ありません。また、それぞれに車検基本料や整備料が異なります。

2. ユーザー車検を利用する

車検は業者に依頼せず、自分で行うことも可能です。自分で車検に通すことをユーザー車検といい、全国の運輸支局で行うことができます。オンラインから予約し、検査当日は検査場の係員の指示に従って検査を進めます。ユーザー車検は自分で行う手間がかかる分、時間がかかりますが、費用は業者に依頼するよりも安く済みます。車検の費用を少しでも安く抑えたい方に適した方法ですが、知識や技術が必要となるため、初心者には難しい方法でもあります。

3. 車検の整備項目を減らす

車検で故障や不備が見つかると、部品交換や修理が必要となります。業者に車検を依頼すると、車検時にこの交換や修理を行うため、その分車検費用が高くなります。特にディーラー車検の場合、車検中の事故やトラブルを避けるためにも、より丁寧に点検や部品交換、修理をする傾向があります。本来必要な整備項目よりもさらに項目が追加されているため、料金も上乗せされています。丁寧な点検や修理は安心、安全なカーライフを送るためにも大切ですが、車検時の費用を抑えたいときは、見積もりの時点で車検時に必須ではない項目を減らすという方法もあります。

車検業者選びや車検を受けるときの注意点

車検業者選びや車検を受けるときの注意点

業者ごとに料金や整備内容が違うことは分かりましたが、実際に車検に出す際にどのような選び方をすればいいか迷ってしまうという方もいるのではないでしょうか。そこで、車検業者選びや車検を受けるときに気を付けたい車検費用に関する4つの注意点をまとめました。

車検基本料以外にも注目する

車検は依頼する業者によって料金設定が異なるため、料金が必要以上にかかってしまうこともあります。例えば、車検に出すときや車検終了時に車を引き取りに来てもらったり、運んでもらったりするための手数料や、代車のレンタル料金なども追加請求されるケースが代表的です。自分で車を移動できるときや、代車をレンタルする必要がない場合は、こうした料金の追加がない業者を選ぶこともポイントです。

過剰整備に注意する

本来であれば車検に通ることができる状態にもかかわらず、不要な整備項目を増やしたり部品交換をしたりする業者も存在します。そのため、交換が必要な箇所については、車検に通る基準と現在の車の状態をきちんと聞いた上で、検査や交換、修理をしてもらうようにしましょう。また、契約者側に選択権がない追加整備をされていないかについても確認することが大切です。事前の相談なく部品交換をして終了後に費用を請求されてしまうため、検査内容は事前に詳しくチェックしておきましょう。

見積もりと実際の請求内容に違いがないか確認する

事前に出してもらった見積もりと最終的な請求額には、多少の差が生じることはあります。しかし、見積もりよりも高額な請求をされるケースもあるため、車検時は事前に出してもらった見積書と差がないかを確認することも大切です。

割引や車検付帯サービスに注意する

車検業者の中には、車検とは関係のないサービスや作業で利益を確保し、車検費用を安く見せる業者もいます。一見お得なように見えても、実際は高額な料金になってしまう可能性もあるため、割引や車検の付帯サービスがある場合には本当にお得な内容かをしっかり確認しましょう。

カーリースなら車検費用を気にしなくてもOK

月々定額制で利用できるカーリースでは、車検にかかる費用はどのような扱いになるのか気になる方もいるかと思います。カーリース会社によってさまざまな料金プランがありますが、基本的には月々のリース料金に車両本体価格や自賠責保険料、重量税などが含まれており、車検費用はオプションで定額にできる場合と月額料金に含まれている場合があります。そのため、車検時に支払う費用を定額制にできるというメリットがあります。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんのメンテナンスプランなら車検整備代も込み!

一本化用定額カルモくん

定額カルモくんの月々のリース料金には、ディーラー無料点検代が含まれています。ただし、車検や法定点検の費用は含まれていないため、車検などの整備費用も定額制にしたい場合には、メンテナンスプランがおすすめです。
定額カルモくんのメンテナンスプランには4種類あり、中でもメーカー一般保証対象部品の延長保証も付いているプラチナメンテプランがおすすめです。なお、プラチナメンテプランには、リース返却時の原状回復費用保証や車検整備代、消耗品交換など、車の維持に必要なメンテナンス費用が全て含まれているため、安心してカーライフを過ごすことができます。

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

複数の業者の見積もりをチェックして検討しよう

ガソリン代やメンテナンス費など、車の維持には何かとお金がかかるものです。まとまった出費が必要となる車検は定期的に受けなくてはいけないので、費用を抑えるためのポイントをしっかり覚えておきましょう。車検に必要な項目や最終的に車検費用が決まるしくみを踏まえて、車検を依頼する業者やプランを選ぶことが大切です。

よくある質問

Q1:車検費用を安く抑える方法が知りたい!

A:車検費用を安く抑えるには、料金が高額になりがちなディーラーではなく、比較的安価で車検が受けられるガソリンスタンドや整備工場、車販売店などで車検を受けるのがおすすめです。また、車の知識が豊富な場合には、運輸支局に車を持ち込んで自分でテストするユーザー車検を利用するほか、複数の見積もりを取って不要な検査項目を減らすことも視野に入れるといいでしょう。

Q2:車検を受けるときに気を付けたいポイントって?

A:見積もりをチェックする際に、車検基本料以外に移動費や代車のレンタル料金など、不要な費用が含まれていないかを確認しておきましょう。本来は交換しなくてもいい部品を交換するなど、中には過剰な整備をする業者も存在するので、整備内容をしっかりと確認することも大切です。また、必ず事前見積もりを取り、実際の料金と大きな差がないかを確認するようにしましょう。

Q3:車検費用を気にしないカーライフを送るには?

A:定額制で利用できるカーリースであれば、車検時に必要になる自動車重量税や自賠責保険料が月額料金に含まれていることがほとんどなので、車検時の費用の負担も軽くなります。また、定額カルモくんのメンテナンスプランであれば、リース返却時の原状回復費用保証や車検整備代、消耗品交換などのメンテナンス費用もカバーすることができるので、メンテナンス費用を気にすることなくカーライフを楽しむことができます。

2019年12月の情報で制作しています

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す