ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースの月々1万円台は本当?料金の真相と費用を安く抑えるコツを解説

カーリースの月々1万円台は本当?料金の真相と費用を安く抑えるコツを解説
カーリースの月々1万円台は本当?料金の真相と費用を安く抑えるコツを解説
貯金ゼロでも

カーリースは定額制で新車に乗れるとして近年話題になっている車の新しい利用方法です。各種税金や自賠責保険料といった維持費も月額料金に含まれるため、少ない負担でカーライフを楽しめます。

ただ、人気に伴い多くのカーリース会社が登場する中で、月々1万円台で新車に乗れるとうたうカーリースも増えてきました。魅力的な金額ではありますが、本当に月々1万円台で新車に乗ることができるのでしょうか?カーリースの月々1万円台の真相に迫ります。

月々1万円台で乗れる車種を今すぐ確認したい方はこちら

  • カーリースが月々1万円台で新車に乗れる理由は料金のしくみにある
  • カーリースなら月々1万円台でも人気車種に乗れる
  • 実質月々1万円台で新車に乗るにはカーリース会社の選び方が重要

カーリースは本当に月々1万円台で利用できるの?

Q3. 月々のお支払い金額はいくらですか?

月々1万円台で新車に乗れるというカーリース。カーリースの定額カルモくん が車のローンを組んでいる全国の男女390人を対象に行ったカーローンに関する独自調査では、半数以上の方が2万~3万円と回答していることから見ても、維持費も込みで月々1万円台というのはかなりお得であることがわかります。

それだけに、車種を選べなかったり、ほかの名目で高額な請求がされたりと、何かしらのデメリットがあるのではないかと感じている方も少なくないようです。

しかしカーリースでは、実際に月額1万円台で新車に乗ることが可能です。カーリース会社によっては人気車種も選択できて、購入するよりもお得に新車ライフを手に入れることができます。
その理由は何なのか?カーリースのしくみから紐解いていきましょう。

カーリースが月々1万円台で乗れるしくみとは?

車のサブスクでは、残価設定により車両本体価格が安くなることを解説する図
車のサブスクでは、残価設定により車両本体価格が安くなることを解説する図

カーリースの月額利用料は、契約満了時の残価(下取り価格)を車両価格から差し引いて、諸費用を足した額を契約月数で割ることによって決められます。最初に下取り価格が差し引かれるので、その分カーリースの車両本体価格も下がります。200万円の車の残価が50万円だとすると、契約者が支払う車両本体価格は150万円となるわけです。

そこでカギを握るのは契約年数です。月額料金は総額を契約月数で割って算出するので、契約期間が長くなればなるほど月々の支払額も安くなります。カーリース会社によって契約年数の設定は異なりますが、長い期間を選べるカーリース会社なら、月々1万円台で新車に乗ることも可能になるのです。

月々1万円台以外に費用はかからないの?

車の購入時には、車両価格のほかに登録諸費用が必要になります。また、車に乗り続ける上でも、毎年の税金や、初回は3年、以降2年ごとに受けることが義務付けられている車検の費用、点検や消耗部品の交換といったメンテナンス費用などがかかります。

カーローンを組んでいる場合は、月々の返済額とは別にこれらの費用を支払わなければなりません。それだけに、ローンの返済額がどれだけ安くても、車関連の出費を月々1万円台に抑えるのは難しいでしょう。

カーリースでは車両本体価格が安くなる上に、月額料金に多くの費用が含まれていることを解説する図
カーリースでは車両本体価格が安くなる上に、月額料金に多くの費用が含まれていることを解説する図

一方カーリースでは、月額料金に自動車税(種別割)や自動車重量税などの各種税金や自賠責保険料、登録諸費用や各種手数料などが含まれているため、乗り始めに必要なのは月額料金のみ。維持する上でも、税金や車検の法定費用などを別途支払う必要がありません

そのため、月額料金以外に必要な費用も、ガソリン代や駐車場代、車検基本料やメンテナンス費用程度で済み、車関連の支出を月々1万円台に抑えることが可能です。

なお、メンテナンスプランのあるカーリースなら、車検基本料やメンテナンス費用も定額にできて、月額料金以外の実費負担を大幅に抑えることが可能になります。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

月々1万円台で乗れる人気の15車種

月々1万円台で新車に乗れても、選べる車種は限られると考える方も多いでしょう。そこで実際にどのような車種に乗れるのか、「おトクにマイカー 定額カルモくん 」を例に1万円台でリースできる人気車種をご紹介します。なお、定額カルモくんの月額料金には、各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれています。

月々1万円台の車種1. ホンダ「N BOX」 月々 18,100 円~

N-BOX

軽自動車の中でも特に人気の高いスーパーハイトワゴンのホンダ「N BOX」は、販売台数No.1を誇る軽自動車です。広い室内空間とリアスライドドアで利便性も高く、軽量化によって軽快な走りも実現しています。

販売価格は142万8,900円からと軽自動車にしては少し高めですが、定額カルモくんでは月々 18,100 円からN BOXに乗ることができます。

月々1万円台の車種2. スズキ「ハスラー」 月々 17,220 円~

ハスラー

初のフルモデルチェンジで登場した2代目新型スズキ「ハスラー」は、「あたらしい遊べる軽!」として注目されています。車内空間の広さが魅力の軽ハイトワゴンと、使い勝手の良いSUVを融合させたクロスオーバーモデル。電気の力で低燃費をアシストするマイルドハイブリッドを全車に搭載しています。

販売価格は128万400円から。定額カルモくんなら、月々 17,220 円からハスラーで出かけるチャンスが手に入ります。

月々1万円台の車種3. ダイハツ「ミライース」 月々 11,390 円~

ミライース

「誰もが乗れる第3のエコカー」として登場したダイハツ「ミライース」は、軽自動車のスタンダードモデルです。2017年5月に2代目が登場し、ガソリン車としてはトップクラスの燃費性能となっています。また、静粛性向上により、質の良い走りも実現。低価格かつシンプルなデザインも、多くのユーザーから受け入れられるポイントとなっています。

販売価格は86万200円からと、軽自動車の中でも手頃な価格。定額カルモくんでも月々 11,390 円からミライースに乗ることができます。

月々1万円台の車種4. スズキ「ワゴンR」 月々 15,680 円~

軽ハイトワゴンという新しい市場を開拓すべく、1993年に登場したのがスズキ「ワゴンR」です。軽自動車屈指の優れた走行性能を持ち、性別や世代を問わず長く愛され続けている人気車種です。最上級グレードのスティングレーTは小型車に劣らない静粛性と加速性能を発揮するため、ロングドライブにもぴったりの車です。

販売価格は109万8,900円から。定額カルモくんでは、月々 15,680 円から「もっと安心に寄り添った、みんなのワゴンR」というコンセプトを体感できます。

月々1万円台の車種5. ダイハツ「タント」 月々 18,760 円~

タント

軽自動車の中でもトップクラスの広い室内空間を持つダイハツ「タント」は、背の高い軽自動車の元祖として親しまれています。2007年に登場した2代目からは、助手席側に大開口のミラクルオープン

ドアを採用しており、優れた乗降性と利便性を実現。高速道路やカーブの運転も安心な高い操縦安定性があるため、快適な乗り心地となっています。

販売価格は124万3,000円からと軽自動車の中では高めですが、定額カルモくんでは月々 18,760 円からタントに乗ることができます。

月々1万円台の車種6. スズキ「スペーシア」 月々 16,670 円~

スズキ「スペーシア」は、お洒落なデザインと好燃費で人気の軽スーパーハイトワゴン。遊び心を感じさせる個性的なビジュアルと全13色のボディカラーで自分らしさを楽しむことができます。小洒落た雑貨のような雰囲気を車に求める方にぴったりの1台です。

販売価格は129万8,000円から。定額カルモくんなら、月々 16,670 円からスペーシアに乗ることができます。

月々1万円台の車種7. スズキ「アルト」 月々 14,030 円~

アルト

スズキ「アルト」は、豊富なスズキの軽自動車ラインナップの中で最もベーシックなモデルという位置付けの1台。ガソリン車トップの優れた燃費性能とキビキビとした走行性能を両立させ、ストップ&ゴーの多い街乗りでも、ストレスなく加速してくれます。

販売価格は86万3,500円から。定額カルモくんなら、月々 14,030 円からアルトに乗ることができます。

月々1万円台の車種8. マツダ「キャロル」 月々 14,800 円~

キャロル

マツダ「キャロル」は、老若男女問わず乗れる安全性能と燃費性能に優れた軽ベーシックカー。買い物や通勤など、日常生活の移動手段として車を使う方に、ファーストカーとしてもセカンドカーとしてもおすすめの1台です。

ボディカラーは全6色で、白やシルバーのほか、シックなブラウンややわらかな印象のアイボリー、爽やかな水色なども用意されています。

販売価格は86万3,500円から。定額カルモくんなら、月々 14,800 円からキャロルに乗ることができます。

月々1万円台の車種9. スバル「プレオプラス」 月々 14,140 円~

プレオプラス

スバル「プレオプラス」は、最新の安全装備が充実していながらも100万円以下で購入できる高コスパで低燃費の軽ベーシックモデルです。車名は、ラテン語で「さらに豊かに、そして完全に」を意味する「Pleo」が由来となっています。

コストパフォーマンスを重視する方や余分なものはいらないミニマリストの方におすすめの1台です。

販売価格は91万5,200円から。定額カルモくんなら、月々 14,140 円からプレオプラスに乗ることができます。

月々1万円台の車種10. ダイハツ「ムーヴ」 月々 16,120 円~

ムーヴ

ダイハツ「ムーヴ」は、安全性能が高い上に使いやすく、コスパに優れた実力派の1台です。ダイハツが車づくりの基本として掲げるスローガン「良品廉価」を反映させて企画・開発されたムーヴは、すでにモデル末期に入っていますが、改良が繰り返されていることから熟成されたモデルに仕上がっています。

販売価格は113万5,200円から。定額カルモくんなら、月々 16,120 円からムーヴに乗ることができます。

月々1万円台の車種11. ダイハツ「ミラトコット」 月々 16,230 円~

ミラトコット

ダイハツ「ミラトコット」は、愛着がわくデザインと運転のしやすさが特徴のエントリーユーザー向けの軽自動車です。女性や初めて車を購入する若年層をメインターゲットに開発されたミラトコットは、「肩ひじ張らず、自然体でいられる一台」を目指して作られました。

販売価格は116万2,700円から。定額カルモくんなら、月々 16,230 円からミラトコットに乗ることができます。

月々1万円台の車種12. スズキ「アルトラパン」 月々 17,220 円~

スズキ「アルトラパン」は、かわいい見た目ながら燃費性能と走行性能はアルト譲りの実力派モデルです。デザインだけでなくアクセサリー設定まで女性目線がふんだんに盛り込まれており、そのほかデザイン性と使いやすさを追求した収納や空気清浄機能を搭載したフルオートエアコンなど、女性にうれしい仕様となっています。

販売価格は121万円から。定額カルモくんなら、月々 17,220 円からアルトラパンに乗ることができます。

月々1万円台の車種13. スバル「シフォン」 月々 18,760 円~

シフォン

スバル「シフォン」は、日常生活で求められる使い勝手を突き詰めて開発された高機能な軽スーパーハイトワゴンです。ポップなデザインの標準モデルと、クールなスタイリングが特徴のカスタムモデルから好みに応じて選べるのも魅力。

ファミリーカーとしても人気のシフォンは、特に小さな子供のいる子育てファミリーから絶大な支持を得ています。

販売価格は134万2,000円から。定額カルモくんなら、月々 18,760 円からシフォンに乗ることができます。

月々1万円台の車種14. ダイハツ「キャスト」 月々 18,210 円~

キャスト

ダイハツ「キャスト」は、落ち着きある上質なデザインに高い走行性能と充実の安全装備が特徴の軽ハイトワゴンです。室内空間が広くシートアレンジも多彩で、荷物を載せる場面でも大活躍してくれます。

ある程度の広さがあり荷物もしっかり載せたい方や上質なデザインの軽ハイトワゴンが好みの方におすすめの1台です。

販売価格は131万4,500円から。定額カルモくんなら、月々 18,210 円からキャストに乗ることができます。

月々1万円台の車種15. トヨタ「パッソ」 月々 19,420 円~

トヨタ「パッソ」は、2つのデザインから選べる表情豊かなコンパクトカーです。日常で使いやすく、普通車としての安心感も備わる「街乗りスマートコンパクト」をコンセプトに開発されたパッソは、軽自動車のような運転のしやすさを備えながらも、高い安定性と実用性も備わっています。

販売価格は126万5,000円から。定額カルモくんなら、月々 19,420 円からパッソに乗ることができます。

月々1万円台で乗れる人気車種は、ほかにも多数!全車種見たい方はこちら

月1万円台の車を探す

カーリースの料金を月々1万円台にするポイント

カーリースを安く利用するためのポイント

豊富な車種から選べるカーリース会社であれば、月々1万円台で乗れる車の選択肢も多いですが、リース料金は同じ車種でも契約内容によって変わってくるため、選び方によっては1万円台を超えてしまう可能性があります。
カーリースで月々1万円台を実現するために押さえておきたいポイントをご紹介します。

グレードやオプションを厳選する

その車種の中で最も安いエントリーグレードを選んだり、有償のボディカラーやシート素材といったオプション料金のかかる装備を避けたりすることで、リース料金を抑えることができます。

とはいえ、この先長く乗り続けるだけに、必要な装備やこだわりは譲りたくないものです。そのようなときは、グレードを下げて必要な装備だけをオプションで追加するなど、価格と条件から最適な選択をすれば、希望に近い車を安く申し込めるようになるでしょう。

車種を変える

リースは車種によって料金が異なるため、安く利用できる車種から選ぶことも月額料金を抑えるポイントになります。

欲しい車種が決まっている場合でも、別のメーカーや、同じボディタイプの違う車種を候補に加えることで、希望に近い車を安く利用できる可能性が高まるでしょう。あらかじめ予算を決めておくと、候補を絞り込みやすくなります。

契約期間を長めに設定する

カーリースは、総額を契約期間で割って月額料金を算出しているので、契約期間が長いほど月々のリース料金を抑えることができます。そのため、月々1万円台になるよう契約期間を長めに設定するのも一つの方法です。その際、ライフプランなども考慮して、自身のカーライフに適した期間にすることが大切です。

複数のリース会社で見積もりを取る

乗りたい車が見つかったら、同じ条件でいくつかのカーリース会社から見積もりを取るといいでしょう。

見積もりを比較する際は、月額料金は安くても契約満了時に残価精算の必要があるか、頭金やボーナス払いを併用していないか、月額料金に含まれる項目が少なくて実費の負担が多くならないかなど、月額料金だけではわからない部分をしっかり確認することがポイントです。

月々1万円台で乗れる新車が豊富な業界最安水準のカーリースはこちら

カーリース会社選びの注意点

月々1万円台からの利用も可能なカーリースですが、プランや定額料金に含まれる項目などはカーリース会社によって異なるため、事前にしっかり確認しておかないと、結果的に高くついてしまうことがあります。安い月額料金に惑わされず、次の点をチェックしてから選ぶようにしましょう。

頭金・ボーナス払いなしの有無

カーリースは基本的に頭金やボーナス払いが不要ですが、頭金とボーナス払いを併用することで月額料金を安くしているカーリース会社もあります。月額料金は抑えられても、乗り始めと年に2回のボーナス払い時に大きな出費が必要となるため、安さを実感しにくいでしょう。

まとまった出費を避けたい方は、頭金なし、ボーナス払いなしのカーリースを選ぶことをおすすめします。

リース料金に含まれる項目を確認

月々のリース料金に含まれる項目は、カーリース会社によって異なります。月額料金が安くても、実費で支払わなければならないものが多いと、結果的に支払う総額は高くなってしまいます。カーリース会社を選ぶときは、月額料金の安さよりも、何が含まれるかをよく確認することが大切です。

残価設定が高すぎるカーリースには注意

カーリースには、返却時に残価を精算するオープンエンドと、残価精算を行わないクローズドエンドという2種類の契約方式があります。オープンエンドの場合、契約時に残価を高く設定して月額料金を安く見せ、返却時に市場価格と残価の差額を請求するカーリース会社もあるため、注意が必要です。

適正な残価だとしても差額の請求が発生する可能性があるオープンエンドより、残価精算がないことで差額を請求される心配もないクローズドエンドのほうが安心です。

月々1万円台で利用できるカーリース5社

 定額カルモくん定額ニコノリパックフラット7コスモMyカーリースカーコンカーリース
月額料金11,390円~5,500円~
※ボーナス払い併用の場合
8,800円~
※ボーナス払い併用の場合
16,610円~7,920円~
※ボーナス払い併用の場合
頭金なしあり・なし
選択可能
あり・なし
選択可能
あり・なし
選択可能
なし
ボーナス払いなしあり・なし
選択可能
あり・なし
選択可能
あり・なし
選択可能
あり・なし
選択可能
契約年数1~11年5年・9年7年3~7年7~9年
1万円台以下で乗れる車種数39車種162車種
※ボーナス払い併用の場合
33車種
※ボーナス払い併用の場合
7車種99車種
※ボーナス払い併用の場合
残価精算なしあり・なし
選択可能
ありあり・なし
選択可能
なし

 

おトクにマイカー 定額カルモくん

定額カルモくんは、業界最安水準の料金で国産メーカーの全車種・全グレードの新車に乗れるカーリースです。月額料金に車両価格をはじめ自賠責保険料や各種税金、登録費用などが含まれた完全定額制で、頭金・ボーナス払いなしで利用することができます。

また、契約方式は残価精算のないクローズドエンド方式を採用しているため、契約満了時に差額を請求されることは一切ありません。ボーナス払いがないにもかかわらず、月額1万円台から新車に乗れるお財布に優しいカーリースです。

さらに、メンテナンスプランをつけることで、定期的に発生する車検代やメンテナンス費用も月額料金に組み込むことが可能です。このように独自のプランを活用することで、車にかかるほとんどの費用を一本化することができます。

定額ニコノリパック

定額ニコノリパックは、5年契約の「標準パック」と9年契約の「もらえるパック」のいずれかを選んで契約するタイプのカーリースです。月額料金は5,500円~と非常にリーズナブルですが、ボーナス払いを併用した場合の料金となっている点に注意が必要です。

なお、頭金やボーナス払いは、希望に応じてあり・なしを選べるので、予算やライフプランを踏まえて、自身に最適なほうを選択するようにしましょう。

フラット7

フラット7は、その名のとおり契約年数が7年のみのカーリースです。月額料金は8,800円~と1万円を切る料金で利用可能ですが、定額ニコノリパックと同様にボーナス払いを併用した場合の料金となっている点に注意しましょう。

また、契約満了時に残価精算が発生するオープンエンド方式を採用しているため、万が一契約時に設定した残価を契約満了時に下回ってしまうと、差額を精算する必要あります。ただし、逆に上回った場合は差額を返金してもらうことが可能です。

コスモMyカーリース

コスモMyカーリースは、コスモ石油が提供するリースサービスで、頭金やボーナス払いの有無、走行距離制限などを細かく設定できる点が特徴です。

月額料金は16,610円~と他社に比べて少し高めの設定になっていますが、ボーナス払いなしの場合の料金のため、決して割高というわけではないでしょう。また、選択するプランによって給油料金の割引サービスを受けられるなどのメリットもあります。

カーコンカーリース

カーコンカーリースは、頭金0円で登録諸費用や車検基本料、各種税金などコミコミの月額料金で利用できるカーリースです。月額料金は7,920円~と低価格な点もポイントですが、ボーナス払いを併用した場合の金額となっています。

ただし、ボーナス併用なしの均等払いも選択可能です。月々の出費をフラットにしたい方は、均等払いを選んだほうが、かえって家計を圧迫せずに済むかもしれません。

頭金・ボーナス払いなしで月々1万円台を実現!業界最安水準のカーリース

カルモくん_new

カーリースの定額カルモくんは、初期費用0円、頭金・ボーナス払い0円で新車に乗れる業界最安水準のカーリースです。最初から最後まで月々の定額料金のみで利用できるため、大きな出費を心配することなく、気楽にカーライフを送れます。

月々1万円台で安心して新車に乗れる理由

定額カルモくんの月額料金には、以下の費用が含まれています。

【月額料金に含まれるもの】

  • 残価を引いた車両本体価格
  • 自動車税(種別割)、軽自動車税(種別割)
  • 自動車重量税
  • 環境性能割
  • 印紙代
  • 自賠責保険料
  • 登録費用
  • ディーラー無料点検代
  • 仲介手数料
  • お客様サポート料

など

このように月額1万円台のリーズナブルな料金でありながらも、維持費のほとんどが月額料金に含まれているため、月によって支払額が変動する心配がなく、急な出費に慌てることもありません

さらに、定額カルモくんは契約終了時の差額精算がないクローズドエンド方式を採用しているため、最後まで安心して車に乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつけても月々1万円台で乗れる車種もある

定額カルモくんでメンテナンスプランをつけると、月額料金に車検代やメンテナンス費用、一部の消耗品の交換費用などを含めることができるほか、返却時の原状回復費用も補償されます。さらにプランによってはメーカー保証と同程度の延長保証を受けることも可能です。

車種によってはメンテナンスプランをつけても月々1万円台で乗ることができるため、月々1万円台の支払いだけで車にかかるほとんどの費用をまかなうことができるでしょう。

月々1万円台で乗れる車種やプランが豊富

定額カルモくんは、月々1万円台で乗れる車種が豊富なことに加えて、契約プランの選択肢の幅も広く、契約年数やオプション設定などを自分でカスタマイズすることで、よりお得な月額料金を実現することもできます。

また、事前に審査結果がわかる「お試し審査」を受けられるのも定額カルモくんの大きなメリットです。まだ車種が決まっていなくても、事前に審査に通る価格帯を調べておくことで、その後の車選びがぐっとスムーズになります。

まずは月々1万円台の新車の中から自分好みの車種に乗れるか、5分ほどで手軽にできるお試し審査 で確認してみましょう。

料金設定のしくみを理解して後悔しないカーリースを選ぼう

月々1万円台から新車に乗れるカーリースは探してみれば意外とたくさんあります。料金設定のしくみがわかれば、安く新車に乗れる理由にも納得がいくでしょう。

しかし月額料金だけを見ていては本質を見落としてしまうおそれがあります。安いけれど車種が限られていたり、月額料金のほかにも費用がかかったりと、しっかりプランと向き合わないと気付かない点も多々あります。愛車と長く安心して付き合っていくためには、事前にしっかりと確認して、後悔しないカーリースを選ぶことが大切です。

定額カルモくんは、1~11年の間で1年単位で自由に契約期間を決めることができます。カーリースは契約期間が長くなればなるほど月額料金が安くなるしくみのため、長期的に車に乗ることがわかっている方は、最長の11年で契約することで、月額料金をさらに下げることができるでしょう。

また、7年以上の契約で走行距離制限がなくなるほか、月額500円で利用できる「もらえるオプション」をつけることで、契約満了時にそのまま車をもらう選択もできるようになります。

お得なサービスが満載の定額カルモくんについてもっと詳しく知りたい方は、以下のバナーからぜひご確認ください。

カルモくんについて詳しくみる

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

よくある質問

Q1:カーリースは本当に月々1万円台で新車に乗れるの?

A:はい、月々1万円台で利用できる車種もたくさんもあります。ただし、月々1万円台とうたっているカーリース会社でも、実際は月々の1万円に加えて別途料金が発生するケースもあるため、プランや契約内容をしっかり確認することが大切です。

Q2:月々1万円台で乗れる車種は?

A:取り扱い車種が豊富な「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、ホンダ「N BOX」やスズキ「ハスラー」、ダイハツ「ミライース」など、人気車種の最新モデルに月々1万円台で乗れます。

Q3:カーリース会社選びで気を付けることは?

A:カーリース人気の上昇に伴って、カーリース会社も増えています。どうしても安い月額料金ばかりに目が奪われがちですが、頭金やボーナス払いの有無、差額精算の可能性、月額料金に含まれる項目などにも目を向けて、総額で納得できるカーリース会社を選ぶことが大切です。

※この記事の内容は2021年12月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
安全性能付き