ハイエースはカーリースとカーローンどっちがお得?料金や特徴を徹底比較

ハイエースはカーリースとカーローンどっちがお得?料金や特徴を徹底比較
カルモくんなら新車が

荷室が広く、荷物の運搬がしやすいことから社用車としても人気のハイエース。カーローンで購入するか、月々定額のカーリースを利用するか、迷っている方もいるのではないでしょうか。そこで、カーローンとカーリースでハイエースを利用した際のそれぞれの料金や特徴、メリットをご紹介します。

今すぐお得に乗る方法を知りたいという方は、税金や自賠責保険料もコミコミで月々30,000円台からハイエースに乗れるカーリースの定額カルモくんをこちらからチェック!

ハイエース

【この記事のポイント】
✔ハイエースにはバン・ワゴン・コミューターの3種類がある
✔5年間ディーラーローンを組むと「ハイエース ワゴン」の返済額は月々58,200 円
✔定額カルモくんなら税金や自賠責保険料もコミコミで月々48,890円!

ハイエースの特徴

ハイエースワゴン

ハイエースワゴン

トヨタ「ハイエース」は、日本だけでなく世界でも人気のあるロングセラーモデルです。ハイエースには、荷室が広い「ハイエース バン」、最大10人が乗れる「ハイエース ワゴン」、さらに多い最大14人が乗れる「ハイエース コミューター」の3種類があります。

社用車としてのイメージが強いハイエースですが、室内空間の広さやカスタマイズの自由度の高さなど、アウトドアや旅行などの趣味にも活用できる車として、一般ユーザーからも支持されています。また、視界が高く、運転しやすいことも人気の理由のひとつです。

最もシンプルなベースグレードでも、「ハイエース バン」は219万2,000円〜、「ハイエース ワゴン」は288万6,000円〜、「ハイエース コミューター」は322万1,000円〜と、決して安い車種とはいえません。しかし、カーリースの定額カルモくんなら人気の「ハイエース ワゴン」に月額38,220円から乗ることができるので、月々の費用を抑えてハイエースに乗りたい方におすすめです。

ハイエースに乗るなら、カーローンとカーリースどちらがいい?

車が必要になったとき、これまではローンを組んで購入するのが一般的でした。しかし最近では、税金などの維持費を含めて毎月定額で乗れるカーリースを選ぶ方も増えています。自分に合った方法でお得にハイエースに乗るためにも、まずはカーローンとカーリースの特徴や違いについて見ていきましょう。

カーローンのしくみ

カーローンとは、ディーラーや銀行などの金融機関でローンを組み、車両価格を分割で支払う方法です。

カーローンで借入れできる金額は、年収や過去の信用情報などをもとに行われる審査で決められます。また、返済額は返済負担率という年収に対する割合をもとに算出します。なお、返済負担率は、年収400万円未満の場合は年収の25%、年収400万円以上では年収の35%が目安となっています。

ローンでは用途が決められており、一般的にカーローンでは車の購入費用や、購入時に契約したオプションなどの費用の支払いに利用することができます。ローンは車両価格に対して組むものなので、購入時や維持にかかる税金や各種手数料などは別途支払わなくてはいけません。

ほかにも、ローンでは契約年数やローンごとに金利が決められています。銀行系カーローンでは1〜2%、ディーラーローンでは4~8%が、一般的な金利相場となっています。なお、残価設定ローンはディーラーローンよりも金利が低く設定されているケースが多くなっています。

カーリースのしくみ

リース料金の残価設定

カーリースとは、月々の料金を支払うことでリース車の使用権が得られる方法です。

頭金や初期費用なしで利用できるだけでなく、月額料金には購入や維持にかかる税金や自賠責保険料、各種手数料なども含まれるので、カーローンと比べて、費用の負担を軽減することができます。さらに、車両価格からリース契約満了時の想定価格である「残価」を差し引いた上で月額料金を算出するため、月々の料金を安く抑えられるのもメリットのひとつです。

ほかにも、家計の負担になりやすい車検などのメンテナンス費用も定額化できるので、車の維持費を理由にマイカーをあきらめていた方でも、新車に乗りやすい方法となっています。

もっと詳しくカーリースのメリット・デメリットについて知りたい方はこちら

カーリースとカーローンはどう違うの?

支払いタイミング購入の場合カーリースの場合
購入時(頭金)必要なし
購入時(登録諸費用)自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)
環境性能割
自動車重量税
自賠責保険料
預かり法定費用(印紙代)
登録代行費用
車庫証明代行手数料納車費用
ナンバープレート取得費用
納車費用
リサイクル料金
なし
毎月車両価格の分割払い月額料金

*月額料金に含まれる費用
車体利用料
自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)
環境性能割
自動車重量税
自賠責保険料
預かり法定費用(印紙代)
登録代行費用
車庫証明代行手数料納車費用
ナンバープレート取得費用
リサイクル料金
車検費用(プランによる)
メンテナンス代(プランによる)
年に1度自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)なし
車検時車検費用
自動車重量税
自賠責保険料
なし(プランによる)
都度燃料代
駐車場代
メンテナンス代
燃料代
駐車場代

 

カーリースとカーローンの大きな違いは、「購入や維持にかかる費用」と「返却の有無」にあります。

カーローンで購入する際は、ローンの返済額に加えて、初期費用や維持費がその都度発生します。そのため、車にかかる支出が不安定になりやすく、車検時などにはまとまった費用を用意する必要があります。一方、カーリースではそれらの費用のほとんどを定額にできるので、車にかかる費用をフラットにすることができます

車を購入するカーローンと違って、カーリースは原則として返却を前提としたサービスのため、走行距離やカスタマイズに制限が設けられていることがあります。しかし、定額カルモくんのように走行距離制限がなく、契約満了後に車がもらえるプランのあるカーリースであれば、リース車をマイカーのように利用することができます。定額カルモくんのサービスについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

カルモくん_new

カーローンやカーリースでハイエースに5年間乗ったらいくらかかる?

カーローンやカーリースでハイエースに5年間乗ったらいくらかかる?

カーローンとカーリースは異なる特徴をもったサービスのため、比較がしにくいと感じている方もいるでしょう。そこで、実際にトヨタ「ハイエース ワゴン」を銀行系ローン、ディーラーローン、残価設定ローン、カーリースで利用したときの料金をシミュレーションしていきましょう。

なお、頭金やボーナス払いなし、契約期間を5年として、新車購入価格288万6,000円のエントリーモデル「ロング ワイドボディ ミドルルーフ 標準フロア DX」を例に、それぞれの返済額を算出しています。

銀行系ローンの場合

銀行系ローンには、メガバンクや地方銀行、ネットバンクなどが提供するカーローンがあります。今回は、三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」の返済額シミュレーションをもとに支払額を算出しました。なお、ローンの借入れは10,000円ごととなっているので、車両価格を289万円として計算しています。

〈銀行系ローンの返済額〉

項目金額
月々の返済額51,897円
初期費用
(税金・自賠責保険料)
16万5,770円
各種手数料ローンによって変動
割賦支払総額327万9,590円
*三菱UFJ銀行 ネットDEマイカーローン「ご返済シミュレーション」参照
*2021年4月時点

「ネットDEマイカーローン」の金利は2.975%となっており、市場の金利動向に合わせて金利が変化する「変動金利」を採用しています。

比較的金利が安いので、月々の支払いを抑えて長くローンを組みたい方には銀行系ローンがおすすめです。ただし、変動金利の場合は金利が上昇する可能性もあるので、リスクを考えた上で選ぶことが大切です。

ディーラーローンの場合

ディーラーローンはメーカーが用意しているカーローンのことです。店頭やウェブから申し込むことができますが、ここではトヨタモビリティ東京「見積りシミュレーション」を使用して、ディーラーローンの返済額の目安を見ていきましょう。

〈ディーラーローンの返済額〉

項目金額
月々の返済額58,200 円
(初回のみ60,707円)
初期費用
(税金・自賠責保険料)
16万5,770円
各種手数料65,490円
割賦支払総額349万4,507円
*トヨタモビリティ東京「見積りシミュレーション」参照
*お支払いプラン「均等割賦60回払い(オンライン)」を使用
*2021年4月時点

今回のオンラインシミュレーションでの金利も7.8%となっているように、ディーラーローンはほかのローンと比べて金利が高めに設定されているため、月々の支払額が高額になる傾向があります。しかし、購入時にディーラーで契約できることや、審査に通りやすいなどのメリットもあるので、手間をかけずにローンで購入したい方におすすめです。

残価設定ローンの場合

ディーラーが提供するカーローンには、残価を据え置いて月々の返済額を算出する残価設定ローンがあります。ほかのローンに比べて月々の支払額を抑えられるのが特徴ですが、最終返済時に「乗り換える」「売却する」「買い取る(一括清算もしくは再ローン)」という選択肢から選ばなくてはいけません。

ここでは、京都トヨペット「見積りシミュレーション」を使用して、残価設定ローンの返済額の目安を見ていきましょう。

〈残価設定ローンの返済額〉

項目金額
月々の返済額37,100円
(初回のみ41,381円)
初期費用
(税金・自賠責保険料)
16万5,770円
各種手数料69,460円
割賦支払総額334万7,581円
*京都トヨペット「見積りシミュレーション」参照
*お支払いプラン「WEB用残価設定型割賦60回払い」を使用
*2021年4月時点

月々の返済額が抑えられる残価設定ローンでは、ハイエースのように高額な車を購入する際のハードルを下げることができるでしょう。また、このシミュレーションの金利は4.5%となっており、通常のディーラーローンと比べても負担を軽減できることがわかります。一般的に残価設定ローンの契約期間は3~5年となっているので、短期間で新車に乗り換えたい方にとっては、メリットが大きいローンといえるでしょう。

しかし、最終返済時に買取りを希望する場合、最終回返済額の115万4,400円を一括清算もしくは、再度ローンを組まなくてはいけません。ほかにも、売却を選んだ際には、車の状態や契約条件によって精算が必要になる可能性があります。

カーリースの場合

月々定額で利用できるカーリースでは、定額カルモくんの料金を例にシミュレーションしてみましょう。

〈カーリースの返済額〉

項目金額
月々の返済額48,890円
初期費用
(税金・自賠責保険料・各種手数料)
なし
割賦支払総額293万3,400円

 

定額カルモくんで「ハイエース ワゴン」を5年間契約した場合、月々の返済額は48,890円となります。そのため、ローン返済額と変わらない月額料金に、税金や自賠責保険料、各種手数料などの初期費用や維持費を含めることができます。

さらに詳しく、ハイエースをカーリースで利用したときの金額について見ていきましょう。

同じ残価設定でもカーリースならもっと安くハイエースに乗れる?

同じ残価設定でもカーリースならもっと安くハイエースに乗れる?

残価設定ローンとカーリースは、どちらも残価を用いて月々の料金を計算します。しかし、残価を据え置く残価設定ローンと、残価を差し引くカーリースでは、契約満了時の負担に大きな差が生じます。なお、カーリースには「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」という2種類の契約方式があり、それぞれに特徴が異なります。

ここでは、残価設定ローンと2種類の契約方式のカーリースを比較してみましょう。

〈残価設定ローンとカーリースの比較〉

利用方法最終返済時の選択肢残価精算の有無
残価設定ローン乗換え・売却
買取り(一括清算)
再ローン
あり
カーリース
(オープンエンド方式)
返却・再リース
買取り(一括清算)
あり
カーリース
(クローズドエンド方式)
返却・再リース
もらう(プランによる)
なし

 

このように、同じ残価を用いた方法でも、最終返済時の選択肢や残価精算の有無が異なります。

また、残価設定ローンと比べて、カーリースのほうが月々の料金が高いこともありますが、クローズドエンド方式のカーリースであれば契約満了時の残価精算や初期費用などの支払いがないので、お得に利用できるのではないでしょうか。

さらに、クローズドエンド方式を採用している定額カルモくんには、7年以上の契約を対象に、契約満了時に車がもらえる「もらえるオプション」があります。そのため、リース契約満了後にハイエースをマイカーにできます

なお、定額カルモくんで「ハイエース ワゴン」を最長の11年で契約した場合、月額料金は税金や自賠責保険料を含めて38,220円からと、さらに費用の負担を抑えられます。

定額カルモくんなら車がもらえる&走行距離制限もなし!

車がもらえる

コスパの良さや納得価格で3冠を達成するなど、人気を集めている定額カルモくんでお得にハイエースに乗れる理由をさらに詳しくご紹介します。

日本一安いカーリースだからお得にハイエースに乗れる

専門家が選ぶカーリース3冠

定額カルモくんは、月々10,000円台から新車に乗れる日本一安い*カーリースです。契約満了時の残価精算のないクローズドエンド方式を採用しているので、契約満了時の残価精算の心配もありません。

また、定額カルモくんは1~11年のあいだで、1年単位で契約できるので、長く乗りたい方はさらに安く利用することができます。なお、「ハイエース ワゴン」を11年契約した場合のリース料金は月々38,220円からとなります。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

走行距離制限がないからマイカーのように利用できる

原則として返却を前提としているカーリースでは、車の価値を保つために走行距離制限が設けられています。走行距離は月500〜1,500kmなどと設定されていることが多く、超過すると追加料金が発生するケースがあります。そのため、長距離の利用が多い方には、カーリースの不安要素のひとつではないでしょうか。

しかし、定額カルモくんでは走行距離制限がないので、マイカーのようにハイエースに乗ることができます。アウトドアや車中泊にも使い勝手がいいハイエースだからこそ、走行距離を気にせず利用できる定額カルモくんがおすすめです。

「もらえるオプション」は長くハイエースに乗りたい方におすすめ

カーリースは返却を前提としたサービスですが、定額カルモくんには7年以上の契約の場合に月々500円プラスすると契約満了時に車がもらえるオプションプランがあります。ハイエースは中古車市場でも価値が高く、長く乗る方も多い車種なので、リース契約が終わった後もマイカーとして乗り続けられるのは、うれしいポイントなのではないでしょうか。

走行距離制限なし

ハイエースに乗るならカーリースがお得!

使い勝手の良さや運転のしやすさなど、ハイエースにはほかの車種にはない魅力があります。これまで費用を理由にハイエースをあきらめていた方でも、定額制のカーリースなら手に入れやすいのではないでしょうか。定額カルモくんでは、グレードやオプション装備などを自由に選んで、プランをカスタマイズすることが可能です。実際に、理想のハイエースにいくらで乗れるか知りたい方は、こちらのバナーをチェックしてみてください。

よくある質問

Q1:ハイエースに乗るならカーローンとカーリースどちらがお得?

A:車両価格を分割して支払うカーローンの場合、初期費用や金利などがかかります。一方、カーリースでは月額料金のみで利用できるので、車にかかる費用の負担をフラットにすることができます。そのため、家計管理もしやすく、お得にハイエースを利用できるといえるでしょう。

Q2:カーリースのメリットとは?

A:最も大きなメリットは、税金や自賠責保険料、メンテナンス費用なども含めて定額化できることではないでしょうか。また、車にかかる費用の支払いを一本化することで、手間が省ける点もメリットといえるでしょう。

Q3:ハイエースをお得にリースするには?

A:カーリースの定額カルモくんなら、頭金なしでハイエースをリースできます。また、カーリースで設定されることの多い走行距離制限もなく、契約満了時に車がもらえるプランを利用すれば、マイカー同様に新車に乗ることが可能です。

※記事の内容は2021年6月の情報で制作しています。

トヨタハイエースワゴンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタハイエースワゴンの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す