コンパクトカーの魅力とは?カーリースで人気の車種を紹介

コンパクトカーの魅力とは?カーリースで人気の車種を紹介

コンパクトカーはコストパフォーマンスが優れているだけでなく、さまざまなメリットがあり、カーリースでも人気です。
そこで、コンパクトカーの特徴や魅力とともに、カーリースで人気のコンパクトカーの車種についてご紹介します。

コンパクトカーってどんな車?

コンパクトカーってどんな車?

コンパクトカーとはその名のとおり、形状がコンパクトで排気量の少ない小型乗用車のことをいいます。ボディサイズが軽自動車よりも大きく、普通乗用車よりも小さい車で、一般的には排気量が1,500cc以下のツーボックスカーで、「5ナンバー」枠の小型乗用車を指します。
では、コンパクトカーにはどのような魅力があるのか、具体的に見ていきましょう。

コストパフォーマンスが良い

コスパの良さがコンパクトカーの魅力です。新車の場合、本体価格が200万円以下のモデルが豊富で、燃費は20km/L台が多くなっています。

小回りが利く

コンパクトカーは最小回転半径(前輪外側のタイヤが回れる半径)が他のカテゴリーの車と比べて短いため、小回りが利くのが特徴です。小回りが利けば、狭い道などでも曲がりやすく、駐車スペースに止めやすいなどのメリットがあります。そのため、運転に不慣れな方でも安心して車に乗ることができるでしょう。

ハイブリッド車がある

コンパクトカーには、200万円以下で購入できるハイブリッド車も登場しています。
軽自動車にも「マイルドハイブリッド」を搭載したモデルの車はありますが、これは加速時にモーターがエンジンをアシストする機能なので、EVだけで走行が可能なハイブリッド車とは異なります。そのため、リーズナブルにハイブリッド車に乗りたい方にも、コンパクトカーはおすすめといえるでしょう。

5人乗りが一般的

軽自動車は、どのモデルも乗車人数は4人までとなっています。後部座席にチャイルドシートを取り付けた場合は、大人は最大3人までしか乗ることができません。
一方、コンパクトカーは一部のモデルを除いて5人乗りとなっており、後部座席にはチャイルドシートを2つまで取りつけられるゆとりがあるのも魅力です。大人数で乗車したり、多めに荷物を載せたりしても、問題なく走れるのが特徴で、軽自動車にはないメリットです。

軽自動車に比べて安定性・予防安全性能が高い

軽自動車の場合、車内空間を広くするために天井を高くしたハイトワゴンが人気です。しかし、このタイプの軽自動車は横風の影響を受けやすいなど、安定性に劣るのが問題点といえます。
その点、コンパクトカーは天井が低くても車内空間に余裕があり、高い安定性も確保しています。

また、コンパクトカーは軽自動車に比べて、予防安全性能の面でも優れています。コンパクトカーには対歩行者用の自動ブレーキや、車線の逸脱を抑制する機能を装備している車が多いのも魅力です。

カーリースで人気のコンパクトカーは?

それでは、コンパクトカーではどのような車種が人気なのでしょうか?ここでは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」の新車人気ランキングから、コンパクトカーの上位5車種をご紹介します。

スズキ「ソリオ」

スズキ「ソリオ」

スズキの「ソリオ」は、全長4mに満たないコンパクトなボディが特徴のハイトワゴンです。乗車定員5人の広い車内空間に加えて、スライドドアが採用されているため、小さな子供や介助の必要なお年寄りといっしょに乗る車としてもおすすめです。
安全装備では、夜間の歩行者や後退時の障害物を検知して衝突被害を軽減する「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載されているほか、高速道路での追従走行が可能な「アダプティブクルーズコントロール」も装備しています。

日産「ノート」

日産「ノート

国産コンパクトカーの中でもトップクラスの燃費を誇り、注目を集めているのが日産「ノート」です。コンパクトな見た目に反して、広々とした車内空間が魅力です。
エンジンは発電のみを担い、走行にはモーターを使用する「NOTE e-POWER」を搭載しているため、電気自動車に近い走行感を味わうことができます。また、アクセルペダルだけで加減速できる「e-POWER Drive」を採用しているのも特徴です。

トヨタ「アクア」

トヨタ「アクア」

燃費の良さに加えて走行性も向上させた「アクア」は、トヨタ車の中でも高い人気を誇るハイブリッドのコンパクトカーです。国産車でもトップクラスの燃費性能と、安定した走行感の両方を味わうことができるでしょう。
安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備。さらに、歩行者も検知対象に加えた最新鋭の運転支援システムを採用するなど、より安心して車に乗れるようアップデートされています。

トヨタ「ルーミー」

トヨタ「ルーミー」

トヨタの5人乗りハイトワゴンが「ルーミー」です。軽自動車の使い勝手の良さに、コンパクトカーならではの余裕を足して、スムーズな走行性と快適な乗り心地を実現しています。
小さい子供のいるファミリー層をターゲットとしているだけあって、ママ友や子供たちを乗せたり、リアシートを倒して大きな自転車を載せたりできるので便利です。
安全装備の面では、誤発進抑制制御機能や衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を標準装備しています。

スズキ「スイフト」

スズキ「スイフト」

国産コンパクトカーの中でもトップレベルの走行性を誇るのが、スズキの「スイフト」です。重心の低いプロポーションとダイナミックなフォルムの外観が印象的で、世界のマーケットを意識した車種といわれています。また、内装デザインは、ナビゲーションパネルやエアコン操作をドライバー側に傾けて配置するなど、運転席での操作性に優れています。

こちらも併せてご覧ください。

人気のコンパクトカーおすすめランキング 2019年秋

※上記の記事では、コンパクトカーでおすすめの車種について、人気ランキングとともに解説しています。

コンパクトカーに乗るならカーリースがおすすめ

コンパクトカーは新車を購入する場合でも比較的手の届きやすい価格帯ですが、さらに安く乗ることのできるカーリースを利用するのもおすすめです。
ここでは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」を例に、カーリースで車に乗るメリットについてまとめました。

クローズドエンドだから追加精算なし

カーリースには、オープンエンド方式とクローズドエンド方式の2つの契約の仕方があります。

オープンエンド方式で契約する場合、契約時に設定した残価よりも契約満了時のリース車の価値が低いと、その差額を追加精算しなくてはなりません。

クローズドエンド方式の場合、残価精算の責任はカーリース会社にあります。つまり、契約終了時に差額が発生しても、契約者が追加精算する必要はありません。そのまま車を返却して契約終了にすることも、契約を延長して再リースすることも可能です。

カーリースでは、追加生産のリスクがないクローズドエンド方式で契約できるカーリース会社がおすすめです。「定額カルモくん」でもクローズドエンド方式を採用しているため、追加精算を心配せず新車に乗ることができます。

車種を問わず新車にお得に乗れる!

カーリースの場合、バリエーション豊富な車種の中から好きな車を選び、月々の定額制でお得に新車に乗れるのが大きな魅力です。

「定額カルモくん」では、オリックス自動車の取り扱う正規ディーラー車を取り扱っていて、国産メーカーの全車種・全グレードが揃っています。高価格帯の新車であっても、カーリースなら手が届きやすい料金で乗ることができます。

初めてのカーリースでも安心のサポート

カーリースの利用では、契約時からリース中、そして契約満了時まで、安心してカーライフを送れるサポートの充実している会社を選ぶことが大切です。
「定額カルモくん」では、初めてのカーリースの方でも安心・安全に車に乗れるよう、手厚いサポートを行っています。特に車に乗り続けるにあたってネックとなる整備費用についても、オプションのメンテナンスプランに加入すれば、家計に優しい月額定額でその負担をカバーできます。メンテナンス時は全国30,000店舗以上の指定大手事業者の中から店舗を選べます。

よくある質問

Q1:コンパクトカーもカーリースできるの?

A:はい、多くのカーリース会社がさまざまな車種のコンパクトカーを取り扱っています。コンパクトカーは新車を購入する場合でも比較的手の届きやすい価格帯ですが、カーリースではさらにリーズナブルな月額料金で新車に乗ることができます。

Q2:コンパクトカーってどんな車?

A:コンパクトカーとは、一般的に排気量が1,000~1,500ccのツーボックスカーのことをいいます。
燃費は20km/L台が多く、コストパフォーマンスの良さが魅力です。また小回りが利きやすい、一部のモデルを除いて5人乗りであるなど、運転のしやすさや乗車定員などの点で比較的余裕があるものが魅力です。

Q3:軽自動車とコンパクトカーの違いは?

A:軽自動車にはまだハイブリッド車はありませんが、コンパクトカーには手の届く価格帯のハイブリッド車が登場しています。また、安定性と予防安全性能などの点でも、コンパクトカーは軽自動車と比べて優れている傾向があります。

カーリースでお得にコンパクトカーに乗ろう!

コンパクトカーの人気車種はカーリース会社でも取り扱っていて、新車にリーズナブルな月額定額料金で乗ることができます。新車の購入でローンを検討している方や、中古車じゃないと手が届かない……という方は、カーリースの利用も視野に入れてみてはいかがでしょうか?サポートの充実したカーリース会社を選ぶことで、安心して快適なカーライフを送ることができるでしょう。

ネットでおトクに新車をリース

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr