ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースの法人ランキングで人気の10社と最適なサービスの選び方を解説

カーリースの法人ランキングで人気の10社と最適なサービスの選び方を解説
カーリースの法人ランキングで人気の10社と最適なサービスの選び方を解説
法人向けのカーリース

最近では個人向けカーリースも増えていますが、元々カーリースは法人向けとして始まったサービスで、国内のリース車両のうち、法人向けリースだけで90%近い保有率となっています。

カーリース業界の近年の急成長に伴い、サービスを提供する会社も増えたことから、選ぶのが難しいと感じている事業者も多いのではないでしょうか。多くの会社に選ばれている人気の高いカーリースや、選ぶポイントを知ることで、自社の状況に合うサービスを選べるでしょう。

そこで、事業者に人気の法人向けカーリースランキング上位10社について解説します。また、事業にぴったりのサービスを選ぶポイントもご紹介しましょう。

カーリースとは?メリット・デメリットと車のリースのしくみや料金を徹底解説!

  • 法人向けカーリースは取扱車種や契約期間を確認しておくことが大切
  • サポートが充実しているカーリースなら担当者が車に詳しくなくても安心
  • 維持費も定額化できるカーリースなら車検などのメンテナンスも受けやすい

法人向けカーリース人気10社を
先に見たい方はこちら

法人向けカーリースを選ぶ際に重視するポイントランキング

法人向けカーリースを選ぶ際に重視するポイントランキング

まずは、法人向けカーリースはどのような点を重視して選ばれているのかを確認してみましょう。カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」が、おもに事業主の方を対象として行った調査*の結果は下の表のとおりです。

〈事業主が重視するポイント〉

 項目 割合 
1位 料金の安さ 53.2% 
2位 コスト管理のしやすさ 16.2% 
3位 取扱車種の多さ 12.8% 
4位 サポートの充実度 11.4% 
5位 契約できる期間 2.7% 

 

*定額カルモくんが2022年6月20日~6月21日に全国の会社経営者・役員と個人事業主2,200名を対象として行ったインターネット調査

このように、半数以上の方が料金の安さを重視しており、次いでコスト管理のしやすさや取扱車種の多さ、サポートの充実度で選んでいることがわかりました。1つずつ、詳しく解説していきましょう。

1位 料金の安さ

カーリースを利用する前には、サービス料金についてしっかり把握しておくことが大切です。中には、オンラインで車種や契約期間などの希望条件の料金シミュレーションができるカーリースもあります。複数のサービスを比較すれば、最もコストパフォーマンスが高く、予算に合うサービスを見つけられるでしょう。

2位 コスト管理のしやすさ

車を維持する上で、高額な出費になりやすいのが車検やメンテナンスにかかる費用でしょう。また、突発的に発生する事故や故障などにも備えておく必要があります。

法人向けカーリースでは、自動車保険料やメンテナンス費用など、車にかかる維持費のほとんどが月額料金に含まれるプランがあります。事業用車両を所有している場合、車検やメンテナンスの度に経費として計上しなければなりませんが、カーリースですべて定額になっていれば月額料金の分を計上するだけなので、処理も管理も楽でしょう。

ただし、月額料金に含まれる費用が多いほど料金は高額となるため、自己負担の場合と比較した上で選ぶことも大切です。

3位 取扱車種の多さ

利用できる車種はカーリース会社により異なります。自社に適している車種が利用できなければ契約する意味がありません。車種については、基本的にカーリース会社のホームページから確認できるため、リサーチしておくのがおすすめです。

なお、ホームページに掲載していない車種を扱っている場合もあるので、気になるカーリース会社が希望の車種を扱っていなくても問い合わせてみるといいでしょう。

4位 サポートの充実度

カーリースの契約は多くの場合、長期的なものになります。そのため、契約期間中のメンテナンスやトラブルなどに対して、どのようなサポートを受けられるのかは大切にしたいポイントです。

特に法人向けカーリースの場合は、担当者が車に詳しくないことも想定されます。車の保証に関して充実しているかどうかだけではなく、業務中に起きた車のトラブルやちょっとした困り事など、気軽に相談できる体制が整っているかどうかもチェックしましょう。

5位 契約できる期間

カーリース会社によって契約できる期間は異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。カーリースでは車検期間に合わせたプランを用意していることが多いですが、1年単位で契約できるサービスもあります。中途解約のリスクを軽減するためにも、選択肢の多いカーリースを選んでおくと安心でしょう。

法人向けカーリースの人気ランキングTOP10を紹介

法人向けカーリースの人気ランキングTOP10を紹介

法人向けカーリースを選ぶ際に重視したいポイントを踏まえて、実際にはどのサービスが事業主の方々に選ばれているのか、人気上位の法人向けカーリースをご紹介します。

全国の会社経営者・役員と個人事業主2,200名を対象に行ったインターネット調査(2022年6月|編集部調べ)において、「使いたいと思うカーリース」でランキング上位の人気カーリース10社について見ていきましょう*。

〈法人向けカーリース人気10選〉
・おトクにマイカー 定額カルモくん
・オートフラットBiz
・オリックス カーリース・オンライン
・カーコンカーリースもろコミ
・コスモMyカーリース
・スマイルカーリース
・トヨタレンタリース
・ニッポンレンタカー
・まる乗り
・ENEOS新車のサブスク

*「カーリース」Google 検索(2022年6月14日時点)において、法人向けサービスを扱うカーリース上位20社について、定額カルモくんが2022年6月20日~6月21日に全国の会社経営者・役員と個人事業主2,200名を対象として行ったインターネット調査を基にランキングを作成

おトクにマイカー 定額カルモくん

おトクにマイカー 定額カルモくん」の法人カーリースは、初期費用を抑えられ、残価精算もない、コスト管理のしやすいリースサービスです。新車は国産メーカーの全車種・全グレードに対応しているほか、予算や用途などの希望に合わせて中古車を選択することもできます。

新車リースでは、プランにより車検代やメンテナンス費用などの維持費を定額料金に含められるため、事業用車両の管理費を一元化できます。また、中古車はすべての車両がきちんと整備されており、1年の故障保証もあって安心です。

定額カルモくんでは、マイカーコンシェルジュという専門知識が豊富なスタッフに無料で相談できるサービスがあります。契約前から何度でも電話やメールで気軽に相談が可能なので、事業に合わせたリースの使い方など、ぴったりのプランを紹介してもらえるでしょう。

法人向けのカーリース

オートフラットBiz

「オートフラットBiz」は、国内に6,000ヵ所以上のサービスステーションを展開する出光興産株式会社が提供する法人向けカーリースです。国産全車種に対応しており、ウェブ上で簡単に見積もりを取ることができます。契約プランは、メンテナンスの内容により3つから選べます。

ガソリン代が割引きになる特典を選べたり、何かあった際にオートフラット取扱いのサービスステーション約1,200店で相談できたりする点が特徴です。

オリックス カーリース・オンライン

「オリックス カーリース・オンライン」は、オリックス自動車株式会社が提供しています。メンテナンスを自分で行うファイナンスリースと、オリックス自動車にメンテナンスを任せるメンテナンスリースの2つのプランがあります。メンテナンスリースの場合、全国に配置されている提携の整備工場にて点検をしてもらえるのが魅力といえます。

納車日から1年間は部品の故障があっても無料で交換してもらえたり、コールセンターが24時間365日いつでも相談できたりと、サポート体制が充実しています。

カーコンカーリースもろコミ

「カーコンカーリースもろコミ」はカーコンビニ倶楽部によって提供されており、「ビジネスカーリース」を個人事業主・法人向けに展開しています。頭金0円、資金調達不要で利用することができます。車検基本料や自動車税(種別割)、登録諸費用など、維持費のほとんどが月額料金に含まれているので、コストを気にせず利用可能です。

事業拡大や急なトラブルにより車が必要になった際も、国産全メーカーの乗用車から手軽に調達できるのが魅力です。

コスモMyカーリース

「コスモMyカーリース」は、全国に約2,700ヵ所のサービスステーションを持つコスモ石油株式会社が提供しているカーリースです。各地にあるサービスステーションと提携しているため、給油のついでに車検を受けたり、ちょっとした困り事を最寄りの店舗で相談したりできるのが強みです。

また、ガソリン代がプランに応じて最大5円/L*割引きになる特典があり、ガソリン代をできるだけ節約したい場合におすすめです。

*コスモ石油指定のカードで月間100Lまでの給油に限る

スマイルカーリース

「スマイルカーリース」は法人に特化したカーリースで、国内外の全メーカー・全車種を取り扱っています。人気車種はもちろん、福祉・介護車両も豊富なラインナップとなっているので、介護系の事業者にもおすすめです。

また、現在所有している社用車を帳簿上の残価で買い取り、リース車両として提供する「リースバック」にも対応しています。資金の確保が必要な際に心強い存在となるでしょう。

トヨタレンタリース

「トヨタレンタリース」は、トヨタ自動車株式会社の系列でレンタカー・カーリース事業を担っており、各地にレンタリース店運営会社を展開しています。トヨタの販売店との連携により、全国約4,500ヵ所のサービスネットワークを利用でき、全国どこにいても高品質なサービスを受けられることが強みです。

ニッポンレンタカー

「ニッポンレンタカー」のカーリースは、多様なメーカーの中から自社に適した車両を選んで利用できます。カーリースとレンタカーを効果的に組み合わせてコストダウンが期待できる「コンビネーションプラン」という独自プランが用意されているのが特徴です。

また、中古車リースであれば最短6ヵ月から契約できます。納車まで最短10日というスピーディーさも魅力です。

まる乗り

「まる乗り」は、カー用品販売や車検・メンテナンスを行う株式会社オートバックスセブンが提供しています。リース契約時は、オートバックスの店舗で販売しているアルミホイールなどで車をカスタマイズして、その金額をリース料金に組み込むことができます。そして、契約満了時にそれらの装備品を外さずに返却できます。

また、全国にあるオートバックスグループの店舗で定期的なメンテナンスを受けられる点もうれしいポイントです。

ENEOS新車のサブスク

「ENEOS新車のサブスク」は、全国に12,000ヵ所以上のサービスステーションを展開するENEOS株式会社が提供しています。ENEOSカードを利用すると、ガソリン代の割引きが受けられるのが特徴です。

また、各所にあるサービスステーションで車検・点検を受けられるほか、エンジンオイルやタイヤなどの消耗品の交換も任せられて安心です。

法人向けカーリースのメリットとは?

法人向けカーリースのメリットとは?

カーリースは法人向けのサービスとして始まったこともあり、経費計上や車の維持の手軽さなど、法人利用においてさまざまなメリットがあります。ここでは、具体的なメリットについてご紹介します。

初期費用がかからない

車を購入するときには、まとまった費用がかかるため、経済的な負担が生じます。その点、カーリースは初期費用なしの定額制で車に乗り始めることができます。カーリース会社によっては、月々10,000円台から新車に乗ることもできるため、事業を開始して間もない段階でも事業用の車を調達しやすいでしょう。

月々の支払いが定額化できる

車を購入した場合には、ローンの返済に加えて、各種税金や保険料なども必要になります。そのため、車の維持費が事業の負担になってしまうこともあるでしょう。その点、カーリースでは各種税金や自賠責保険料も月額料金に含まれているため、突然の出費に悩まされることもありません。

維持費も月額料金に含めることができる

車を維持するためには、車検などのメンテナンス費用がかかります。このような車の維持費は予測が難しいことから、事業計画が立てにくいというデメリットもあります。しかし、カーリースでは車検やメンテナンスなどの費用も定額化できるプランが用意されていることが多いので、予算も組みやすいでしょう。

全額を経費計上できる

車をローンで購入した場合、経費として計上できるのは利息のみです。一方、カーリースではリース料金として全額を経費計上することができます。そのため、経費計上の手間が省けるだけでなく、税金対策としてのメリットも大きいでしょう。また、カーリースの名義はカーリース会社のため、固定資産として計上する必要もありません。

ビジネスでも使いやすい

このほかにもカーリースなら、ナンバープレートもレンタカーなどのような「わ」ナンバーではなく自家用ナンバーが用いられるので、ビジネスでも使いやすいでしょう。

法人向けのカーリースのデメリットは?

法人向けのカーリースのデメリットは?

カーリースには法人利用でのさまざまなメリットがありますが、走行距離制限や原状回復義務などがデメリットとされることもあります。ここでは、法人向けカーリースを利用するデメリットについて見ていきましょう。

走行距離制限が設けられている

カーリースでは返却を前提とすることから、車の価値を保つために走行距離制限が設けられているのが一般的です。例えば、月間1,000kmや年間15,000kmなど、月間や年間の走行距離の上限が設定されています。また、制限距離を超えた場合には、超過料金が発生することがあります。

なお、カーリースによっては希望の走行距離を基に契約できるケースもあるので、長距離走行がメインとなる事業の場合は、そういったサービスを選ぶといいでしょう。

原状回復費用が請求されることもある

カーリースは返却を前提としていることから、契約者はあくまでも車を借りている状態です。そのため、カスタマイズなどを自由に行うことはできません。カスタマイズや改造によって、車に傷がついてしまった場合には、返却時に原状回復費用を請求されることもあります。

法人利用の場合、会社のロゴなどを貼って使いたい場合もあるでしょう。そういった場合には、契約満了時に車がもらえるオプションが用意されているカーリース、もしくはロゴステッカーなどの装飾が認められている法人カーリースを選ぶのがおすすめです。

故障や事故が発生するリスクがある

カーリースの月額料金には自賠責保険料が含まれていることが多いですが、自動車保険(任意保険)は契約者が別途加入するのが一般的です。また、もし事故が発生して車が全損した場合は、その時点でリース契約が解除になるリスクもあります。こうしたリスクに備えて、カーリースでは自動車保険に加入しておくと安心でしょう。

審査に通らないことがある

カーリース契約の際には、ローンなどと同じように審査を受けなくてはいけません。法人の場合、審査時には事業内容や売上高など、経営状況を申告しなくてはいけないため、状況によっては審査に通らない可能性があります。ただし、審査を受けてみないと利用できるかわからないため、まずは審査を受けて確かめてみましょう。

途中で解約すると違約金が発生する可能性がある

カーリースでは契約期間を基に料金を算出していることから、原則として中途解約ができません。そのため、用途に合わせた最適な期間で契約することが大切です。また、会社の状況に合わせて乗り換えたいのであれば、短期間での契約が可能なカーリース会社を選ぶといいでしょう。

なお、例外として契約中の解約が認められるケースもありますが、その場合は違約金が発生します。将来的な計画も踏まえた上で、しっかりと検討することが大切です。

法人向けのカーリースを契約する前に確認すべきことは?

法人向けのカーリースを契約する前に確認すべきことは?

法人向けのカーリースを契約する前に、いくつか確認しておくべきことがあります。事業用の車のリース契約を検討する際は、次のような内容をチェックしておきましょう。

自社のカーリース利用状況を確認する

すでに自社でカーリース契約を結んでいる場合は、車の台数や種類、契約期間などの契約状況を確認しておきましょう。新たにカーリース契約を結ぶ前に、現在の状況をしっかりと把握することで、新たに利用するサービスと比較することもできます。また、不必要な契約を結ぶことも避けられるでしょう。

比較する項目と選択の基準を決める

上記で確認した状況を基に、新たに契約する際の比較項目や選択する基準を決めましょう。現在契約しているカーリースで困っている点や足りないことを洗い出し、具体的にどのような契約が理想なのかを考えておくことが大切です。このような基準に沿って、新しく契約する会社を比較していきましょう。

契約方式を確認する

カーリースの契約方式は、オープンエンドとクローズドエンドという2つの種類があり、オープンエンド方式の場合は契約満了時に車の価値が下がっていると差額の精算があるのに対し、クローズドエンド方式の場合は差額の精算、つまり残価精算がないということを表した図
カーリースの契約方式は、オープンエンドとクローズドエンドという2つの種類があり、オープンエンド方式の場合は契約満了時に車の価値が下がっていると差額の精算があるのに対し、クローズドエンド方式の場合は差額の精算、つまり残価精算がないということを表した図

カーリースの契約方式には、オープンエンド方式とクローズドエンド方式の2種類があります。

オープンエンド方式では、カーリース会社が設定した残価を契約者に公開します。また、契約満了時には残価と査定額の差額を計算して清算するのが特徴です。一方、クローズドエンド方式では、残価精算がありません。そのため、契約満了時の出費を避けるためにも、クローズドエンド方式のカーリース会社を利用するのがおすすめです。

ケース別おすすめのカーリース会社とは?

ケース別おすすめのカーリース会社とは?

多くのカーリース会社があるのはわかったものの、具体的にどのサービスを選べばよいかわからない方も多いでしょう。状況に応じて利用すべきサービスも異なるため、ケース別におすすめのカーリース会社について解説していきます。

なるべく多くの車に乗り換えたい場合

常に最新モデルに車に乗りたい場合は、短期間で契約できるカーリースがおすすめです。短期契約であれば、事業の状況に応じて車種を乗り換えやすく、常に最新モデルの車に乗ることができます

ただし、カーリースでは5年や7年など車検期間に合わせたプランが一般的です。「おトクにマイカー 定額カルモくん」のように、3〜7年の中から1年単位で契約できるカーリースであれば、希望に合わせたプランで契約しやすいのではないでしょうか。

法人向けのカーリース

燃料費をできるだけ抑えたい場合

事業用の車を頻繁に使う場合、できるだけ燃料費を抑えたいと考える方は多いでしょう。

ガソリン代などの燃料費を削減したい場合、割引きの特典が用意されているサービスを選ぶのもひとつの方法です。また、燃費性能の良い車種を選ぶことも大切でしょう。燃費性能に優れている車種を利用したい場合は、定額カルモくんのようにできるだけ多くの車種を比較できるカーリースがおすすめです。

費用を安くして支払いを簡単にしたい場合

とにかく安く利用したい場合には、ボーナス払いなしでも月額料金が安いカーリースを選ぶことが大切です。また、消耗品の交換や車検代などの維持費も定額にできるサービスを選ぶと、支払いの手間も軽減できるのではないでしょうか。

なお、業界最安水準の定額カルモくんのカーリースであれば、コストを抑えて車の維持の手間も省くことができます。

法人向けカーリース_問い合わせ

自社の状況に合わせて最適なカーリースを利用しよう

自社の状況に合わせて最適なカーリースを利用しよう

法人向けのカーリースには多くの種類がありますが、自社の状況に合わせて最適なカーリース会社を選択することが大切です。できるだけコストを抑えて、柔軟な条件でカーリースを利用したい場合は定額カルモくんのように、車種や契約期間などの選択肢が多いサービスがおすすめです。気になる方は、まずは問い合わせてみてはいかがでしょうか。

法人向けカーリース_電話相談

よくある質問

Q1:法人向けのカーリースで人気ランキング上位のサービスは?

A:人気上位は「おトクにマイカー 定額カルモくん」や「オートフラットBiz」「オリックス カーリース・オンライン」などです。事業主の方々に選ばれている人気の法人向けカーリース10社について、詳しくはこちらをご参照ください。

Q2:法人向けのカーリースを利用するメリットとは?

A:法人向けのカーリースを利用するメリットには、初期費用がかからない、経費計上の負担を減らせる、維持費を一定にできるなどが挙げられます。コストや手間を軽減して、自社の状況に応じて利用しやすいのがカーリースの魅力といえるでしょう。

Q3:法人向けのカーリースを契約する前に確認すべき点とは?

A:法人向けのカーリースを契約する際には、必要な車の台数や車を使いたい期間、使用用途など、事業の状況をしっかりと確認しておきましょう。また、契約方式や定額料金に含まれる内容などはカーリース会社により異なるので、複数のサービスを比較検討することも大切です。

※この記事は2022年6月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る