カーリースでクルーズコントロール搭載車に乗るには?人気車種と料金を紹介

カーリースでクルーズコントロール搭載車に乗るには?人気車種と料金を紹介
通常記事_コミコミ1万円バナー

クルーズコントロールとは、アクセル操作をしなくても車が自動で一定の走行速度を保ってくれる機能のことです。高速道路やまっすぐな道を走るときなどに便利な機能ですが、費用を抑えて新車に乗れるカーリースでもクルーズコントロールを搭載した車に乗ることはできるのでしょうか。

クルーズコントロールの基礎知識やメリットとともに、カーリースで乗れるクルーズコントロール搭載車種や具体的な月額料金について解説します。

また、リーズナブルな料金で豊富な種類のクルーズコントロール搭載車を取り扱っているカーリース会社もご紹介。その詳細を今すぐ知りたい方は、こちらのバナーからチェックしてみてください。

最新性能の車におトクに乗れる

【この記事のポイント】
✔クルーズコントロールとはアクセル操作を自動化できる機能
✔クルーズコントロールは高速道路や坂道、渋滞した道などで特に役立つ
✔定額カルモくんなら豊富な種類のクルーズコントロール搭載車にお得に乗れる

クルーズコントロールの3つのメリット

クルーズコントロールの3つのメリット

クルーズコントロールとは、車のアクセル操作を自動化できる機能のことで、あらかじめ走行速度を設定しておくと、その速度を維持しながら車が自動で走行してくれます。クルーズコントロールのメリットをご紹介します。

長距離運転でも疲れにくい

クルーズコントロールの最大のメリットは、長距離運転でもドライバーが疲れにくいことです。アクセル操作をすることなく、あらかじめ設定した速度で走り続けることができるため、渋滞時のストレスも大幅に軽減してくれます。

燃費が良くなる

人間のペダル操作にはムラがあり、強く踏んだり緩めたりと無意識に行うペダル操作は、燃費の低下につながります。しかし、クルーズコントロールを使えば、一定の速度で走行するように車が自動でアクセル操作を行ってくれるため、無駄なアクセル操作がなくなり低燃費走行が可能になります。

坂道でも走行速度が安定

クルーズコントロールを使うことで、坂道の走行も安定します。通常、上り坂ではアクセルを一定に踏んでいても速度は徐々に落ちてしまいます。逆に下り坂では、速度が上がりやすいです。

その点クルーズコントロールを使えば、自動で行われるアクセル操作により上り坂でも下り坂でも一定の速度が保たれ、安全運転をサポートしてくれます

追従型クルーズコントロールとは?

従来のクルーズコントロールは、アクセル操作のみを自動化することで走行速度を一定に保つタイプが主流でした。しかし近年は、より便利な機能を搭載した「追従型」と呼ばれるクルーズコントロールも登場しており、今後はこの追従型クルーズコントロールが主流になるともいわれています。

従来の機能との違いや追従型クルーズコントロールのメリットを見ていきましょう。

従来のクルーズコントロールとの違い

従来のクルーズコントロールはアクセル操作のみを自動化するものでしたが、追従型ではブレーキ操作も自動化することが可能になっています。アクセルに加えてブレーキも自動で操作してくれるため、より自動運転に近い機能になったといえるでしょう。

アクセルやブレーキ操作の自動化は、車種によってさまざまなシステム方式が用いられていますが、レーダーやカメラで前車の動きを確認し、適切な車間距離を保ちながら一定の速度を保つ方式が一般的です。

追従型クルーズコントロールでは安全性がより高まった

アクセル操作だけでなくブレーキ操作も自動化できる追従型へと進化したことで、クルーズコントロール搭載車の安全性は高まりました。

例えば、前を走る車が急ブレーキをかけたりすると、車間距離が急激に詰まってしまう危険性があります。その際、従来のクルーズコントロールの場合は、ブレーキ操作はドライバーが行う必要がありました。

しかし、追従型クルーズコントロールではこのブレーキ操作も自動で行ってくれるため、車間距離の調整を素早く行うことができ、追突のリスクを回避してより安全な走行が期待できるのです。

※追従型クルーズコントロール搭載車はいくらで乗れる?カーリースのシミュレーションで金額を確認

クルーズコントロールはどんなシーンで使うのがおすすめ?

クルーズコントロールはどんなシーンで使うのがおすすめ?

便利なクルーズコントロールですが、実際のドライブシーンでは具体的にどのようなときに役立つのでしょうか。クルーズコントロールが特に役立つ、3つのドライブシーンをご紹介します。

高速道路を走るとき

一定速度での走行が求められる高速道路は、クルーズコントロールが役立つドライブシーンのひとつです。高速道路を走るとき、ついスピードを出しすぎてしまうという方も、クルーズコントロールで遅めの走行速度に設定しておくことで、一定の速度をキープしつつ、安全に高速道路を走ることができるでしょう。

渋滞に巻き込まれたとき

前を走る車との車間距離を一定に保ちたい渋滞時は、ブレーキ操作も自動で行ってくれる追従型クルーズコントロールが役立ちます。走行速度をコントロールしつつ前の車との車間距離も保ってくれるため、渋滞時もストレスなく安全に走行できるでしょう。

ただし、一定の速度を下回るとクルーズコントロール機能がオフになってしまう車種もあるため、乗っている車のクルーズコントロール機能がどのような仕様になっているのか、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

坂道を走るとき

先述したように、クルーズコントロールを使うことで坂道での走行も安定します。上り坂や下り坂の走行は、人間のペダル操作だけではどうしても速度が乱れてしまいがちですが、一定の走行速度を保てるクルーズコントロールを使うことで、速度を乱さず安全に走行することができるでしょう。

カーリースでもクルーズコントロール搭載車に乗れる?

月額定額料金で費用を抑えて新車をマイカーのように使えるカーリースでも、クルーズコントロールを搭載した車に乗ることは可能です。

カーリース会社によっては、頭金やボーナス払いも不要ですぐにカーライフをスタートさせることができるため、そのような会社を利用すれば、出費を最小限に抑えてお得にクルーズコントロール搭載車に乗ることができるでしょう。

これまで費用面を理由にクルーズコントロール搭載車の購入をあきらめていたという方でも、低予算で新車に乗れるカーリースを活用することで、豊富な車種の中から妥協することなく車を選べるようになります。

カーリースで人気のクルーズコントロール搭載車種とリース料金

カーリースでクルーズコントロール搭載車に乗る場合、具体的にどれくらいの料金で利用することができるのでしょうか。カーリースの定額カルモくんの場合を例に、人気車種のそれぞれの月額料金を見ていきましょう。

スズキ「ハスラー」には月額定額15,890円から乗れる!

ハスラー

軽ハイトワゴンとSUVの強みを兼ね備えたクロスオーバーモデルであるスズキ「ハスラー」には、全車に予防安全技術「スズキセーフティサポート」が標準装備されています。

クルーズコントロールのほか、前を走る車や歩行者を自動検知して衝突事故を回避する「デュアルカメラブレーキサポート」や、誤発進による衝突を予防する「誤発進抑制機能」、はみ出し運転や車のふらつきを警告する「車線逸脱警報機能」「ふらつき警報機能」などの機能が充実していることが特徴で、日々のドライブを安全にサポートしてくれるでしょう。

定額カルモくんでは、スズキ「ハスラー」に月額15,890円から乗ることが可能です。

※2021年5月時点の金額です

クルーズコントロール搭載車!スズキ「ハスラー」の詳細はこちら

ホンダ「N-BOX」には月額定額17,320円から乗れる!

N-BOX

ロングセラーとなっているホンダ「N-BOX」には、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」が標準搭載されており、衝突や事故のリスクからドライバーを守ってくれます。

軽自動車でありながら、坂道や高速道路でもパワフルな走りを見せてくれるのも魅力で、クルーズコントロールを活用することで、より安全かつ快適な走行をサポートしてくれるでしょう。

定額カルモくんでは、ホンダ「N-BOX」に月額17,320円から乗ることが可能です。

※2021年5月時点の金額です

クルーズコントロール搭載車!ホンダ「N-BOX」の詳細はこちら

トヨタ「ルーミー」には月額定額22,820円から乗れる!

ルーミー

軽自動車とコンパクトカーの両方の良さを併せ持つトヨタ「ルーミー 」には、予防安全機能「スマートアシスト」が搭載されています。さらに、昼夜どちらでも対応できる対車両・対歩行者衝突回避支援ブレーキシステム(自動ブレーキ)や、車線逸脱防止サポート機能なども全車に装備されており、多くの先進安全技術を体感することができるでしょう。

定額カルモくんでは、トヨタ「ルーミー」に月額22,820円から乗ることが可能です。

※2021年5月時点の金額です

クルーズコントロール搭載車!トヨタ「ルーミー」の詳細はこちら

定額カルモくんはクルーズコントロール搭載車の取扱いも豊富!

カルモくん_new

豊富な車種の中から用途に合わせて乗りたい車を選べる「おトクにマイカー 定額カルモくん 」では、さまざまな種類のクルーズコントロール搭載車を取り扱っています。車種の豊富さだけでなく、初めてカーリースを利用する方でも、安心してお得に新車に乗れるサービスが充実している定額カルモくんの魅力をご紹介します。

頭金・ボーナス払い不要でメンテナンス費用や車検代もコミコミにできる

月額定額

定額カルモくんは、頭金やボーナス払いが不要で、契約期間中は月額定額の料金を支払うだけでマイカーのようにクルーズコントロール搭載車に乗ることができます。

さらに、メンテナンスプランに加入することで、メンテナンス費用や車検代も月額料金に含めることができるため、家計のコントロールがしやすく、急な出費に頭を悩ます必要もありません。

クルーズコントロール搭載車を購入する場合、車両価格とは別にこれらの費用も支払う必要がありますが、毎月支払う月額定額料金に維持費を含めることができ、さらに費用を抑えて最新のクルーズコントロール搭載車に乗れるのは、カーリースならではのメリットといえるでしょう。

メンテバナー

取扱車種の豊富さが魅力!国産メーカー全車種・全グレードから選べる

定額カルモくんでは、国産メーカー全車種・全グレードから新車を選ぶことが可能です。メーカーやボディタイプ、価格帯、人気順などから細かく絞り込めるため、クルーズコントロール搭載車同士の比較も簡単にでき、妥協することなく車を選ぶことができるでしょう。

気になるクルーズコントロール搭載車がある場合は、具体的にどれくらいの月額料金で乗れるのかもすぐにシミュレーションできるため、すでに目当ての車があるという方は、以下のバナーからぜひチェックしてみてください。

欲しい車を探して料金シミュレーション

クルーズコントロール搭載車に乗るなら定額カルモくんがお得!

クルーズコントロール搭載車は、ドライバーにたくさんのメリットをもたらしてくれます。購入するには費用面で不安が残るという方も、カーリースを活用することで最新のクルーズコントロール搭載車に費用を抑えて乗ることができるでしょう。

定額カルモくんは、クルーズコントロール搭載車の取扱いが豊富なだけでなく、よりお得に車に乗るためのプランやサービスも充実しているため、初めてカーリースを利用する方でも安心してカーライフをスタートすることができます。

よくある質問

Q1:クルーズコントロール機能とは?

A:クルーズコントロールとは、アクセル操作をしなくても車が自動で一定の走行速度を保ってくれる機能のことです。近年新たに登場した「追従型クルーズコントロール」では、ブレーキ操作の自動化も可能になり、より安全・快適に走行できるようになっています。

Q2:カーリースでもクルーズコントロール機能搭載車を利用できる?

A:カーリースでも、クルーズコントロール搭載車を利用できます。カーリース会社によっては、頭金やボーナス払い不要ですぐにカーライフをスタートさせることができるため、そのような会社を利用すれば、出費を最小限に抑えてお得にクルーズコントロール搭載車に乗ることができるでしょう。

Q3:カーリースではクルーズコントロール機能搭載車にいくらで乗れる?

A:定額カルモくんの場合、スズキ「ハスラー」は月額15,890円からホンダ「N-BOX」は月額17,320円からトヨタ「ルーミー」は月額22,820円からと、人気のクルーズコントロール搭載車に月々10,000円台から乗ることができます。さらに、メンテナンスプランに加入することで、メンテナンス費用や車検代も月額料金に含めることができます。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

最新性能の車におトクに乗れる