カーリースに向いている人と向いていない人を徹底分析

カーリースをおすすめしたい方・向いていない方
カルモくんなら新車が

カーローン、カーシェアリング、レンタカーなど、車に乗る方法は購入以外にもいろいろあります。中でも、頭金なし、月額定額で新車に乗れるカーリースは、手持ちのお金がない人にとっては、最適なサービスといえるでしょう。

とはいえ、どのようなサービスにも、使う人によって合う・合わないはあるものです。ここでは、カーリースに向いている人と向いていない人、さらに利用する上で重要となる料金の内訳についてもご紹介します。

【この記事のポイント】
✔カーリースには向いている人と向いていない人がいる
✔費用を抑えて新車に乗りたい人には、最高の選択肢
✔メンテナンスプランを使えは、月々の支払いがさらに安定

まずはカーリースそのものについて知りたい人、最適なカーリース会社を今すぐ知りたい人はこちら[/アンカーポイント]をチェックしてみましょう。

通常記事_コミコミ1万円バナー

カーリースに向いている人

カーリースをおすすめしたい方

まずは、カーリースの利用に向いているのはどのような人か、詳しくチェックしてみましょう。

〈カーリースの利用に向いている人〉
• 初期費用の負担を減らし、手頃な料金で新車に乗りたい人
• 車に関する大きな支出を減らし、月々の支払いを安定させたい人
• ディーラーとのやりとりや手続きなど面倒なことを避けたい人
• 短期間で車を乗り換えたい人
あてはまる項目があった人には、購入よりもカーリースが断然おすすめです。その理由をご説明します。

手頃な料金で新車に乗りたい人にカーリースが向いているワケ

新車には、見た目だけでなく、より高い安全性能や、運転をサポートしてくれる先進機能など、多くのメリットがあります。その一方、中古車と比べて価格が高い、購入時にまとまった費用が必要といった敷居の高さも。頭金など初期費用の必要がないカーリースは、費用を極力抑えて新車に乗りたい人にとって、これ以上ない最高の選択肢といえるでしょう。

月々の支払いを安定させたい人にカーリースが向いているワケ

カーリースの月額料金には、車両代金、新車登録諸費用、自動車税(種別割)、自動車重量税、自賠責保険料、リース手数料などが含まれています。
さらに、プランによっては、車検基本料や各種メンテナンス費用まで含まれていることもあります。そのため、車に関わる支出はほぼ月額料金のみになり、月々の支払いが安定します。

面倒な手続きなどを任せたい人にカーリースが向いているワケ

購入時のディーラーとのやりとりをはじめ、各種登録手続きや税金の支払い、車検実施時期の把握など、車の管理には面倒なことが多いもの。カーリースであれば、そういった面倒なことはカーリース会社が代行してくれるため、事務手続きなどが苦手な人にはピッタリでしょう。
また、車に乗っていて、わからないことや困ったことがあっても、カーリース会社に相談することができます。

いろいろな車に乗り換えたい人にカーリースが向いているワケ

リースなら、契約時に契約手数料や頭金が必要ないため、契約期間を短くして、契約満了ごとに新しい車に乗り換える、という方法をとることもできます。最新の機能を試してみたい人、常に話題の車に乗っていたい人にはカーリースをおすすめします。

新車に手が届くかも 日本一安い*1カーリース
「予算の関係で、新車はちょっと……」と思っている人でも、カーリースを使えば、手の届く可能性があります。中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、月々10,000円台から新車に乗れる日本一安い*1カーリースです。
まずはカーリースの定額カルモくんの「お試し審査」を試して、憧れの車種が利用できるか確認してみましょう。

まずは審査

*1一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして日本最安値(2021年3月、定額カルモくん調べ)。

カーリースに向いていない人

カーリースをおすすめしない方

では逆に、カーリースにあまり向いていないのはどのような人でしょうか。

〈カーリースの利用に向いていない人の特長〉

  • すぐに車を自分のものにしたい人
  • まとまった資金があり、車検などの出費も苦にならない人
  • カスタマイズや、改造を思いきり楽しみたい人

これらにあてはまる人は、カーリースよりも、車を購入したほうが、満足度の高いカーライフを送れる可能性が高いでしょう。

ただし、カーリース会社やプランによっては、要望を満たせる場合もあります。詳しくはこちらをチェックしてみましょう。

カーリースのメリット・デメリットについて詳しく知りたい人はこちらもご覧ください。

カーリースの月額料金の内訳

カーリースを検討するにあたって気になる月々の料金。詳しく確認した上で、理解・納得できることもカーリースの利用に向いている人の条件といえるでしょう。
それでは、カーリースの料金の内訳はどうなっているのでしょうか。車を維持するにあたって必要な費用を「カーリースの基本料金に含まれるもの」「カーリースの基本料金に含まれないもの」「そのほかの費用」として、それぞれご紹介します。

カーリースの基本料金に含まれるもの

月々支払

カーリースの基本料金にどのような費用が含まれるかはカーリース会社によって異なります。例えば、定額カルモくんの場合、以下のような費用が含まれています。

車両代金

車本体の代金です。選んだ車の種類や、オプションの有無によって金額が変わります。

環境性能割

車の購入時に必要となる税金です。取得価額(現在の自動車の価値に相当する金額)と環境負荷(燃費の良さなど)によって税額が決まり、普通車は取得価額の最大3%、軽自動車は取得価額の最大2%です。燃費の良い車ほど税が軽減されるしくみになっていて、電気自動車は非課税(0%)です。
新車を購入した場合と、中古車を購入した場合とでは、取得価額を算出する方法が異なるため、税額も異なります。また、中古車の中でも、新しい年式の場合と、年数が経っている場合とでは、車の価値を算出する掛け率が異なります。一方、環境負荷によって軽減される率は新車も中古車も変わりません。

自動車重量税

車の購入時と車検時に必要となる税金です。車の重量によって税額が決まります。エコカー減税対象車の場合、燃費基準の達成率に応じて免税、もしくは最大で75%の減税になります。

自動車税(種別割)

毎年4月1日の時点で車を保有しているすべての人に課せられる税金です。車の排気量によって税額が決まります。

自賠責保険の保険料

法律によって、すべての車に加入が義務付けられている自賠責保険の保険料です。「強制保険」などの別名で呼ばれることもあります。加入せずに自動車を運転した場合には、厳しい罰則が設けられています。事故の被害者の身体に対する損害のみを補償します。

リースの手数料

各種手続きをカーリース会社が代行する手数料です。

カーリースの基本料金に含まれないもの

一方、カーリースの基本料金に含まれていない費用にはどのようなものがあるでしょうか。

車検基本料

新車購入時は3年、それ以降は2年ごとに受けることが義務付けられている車検に必要となる料金です。車検基本料には、法定24ヵ月点検費用、検査費用、代行手数料などが含まれます。金額は車検を行う業者によって異なります。
車検時には、このほかに、消耗品の交換費用や、故障が発覚した部位の修理・部品交換費用なども必要となります。

一般修理費用

車を使っているうちに、経年劣化などで摩耗したり、破損したりした部位の修理・部品交換に必要な費用です。車の使用年数が長くなるほど、この一般修理費用は多く発生する傾向があります。

ブレーキオイルやエンジンオイルなどの消耗品の交換費用

ブレーキオイルやエンジンオイル、冷却水(クーラント)など、車を使用しているうちに必要となる消耗品を交換するのにも費用が必要です。

任意保険の保険料

相手の車両や物に対する損害、対物事故の場合の損害、自分の車両や身体に対する損害などを補償する任意保険の保険料です。法律で加入が義務付けられている自賠責保険は、交通事故の被害者の身体の損害しかカバーしていないため、それ以外の項目をカバーするために加入します。

加入が義務付けられているわけではありませんが、ほとんどの人が加入しているといってもいいでしょう。

ロードサービスの費用

オーバーヒートなど何らかの異常が起こって走行不能に陥ったり、脱輪したりしたときにロードサービスを利用すると費用が発生します。任意保険に含まれている場合もあります。

以上のようなものは、原則として、カーリースの基本料金には含まれていません。しかし最近では、車検基本料や各種メンテナンス費用を含んだメンテナンスプランを用意しているカーリース会社が増えてきています。

定額カルモくんにも、車検基本料はもちろん、エンジンオイルなどの消耗品の交換費用まで含んだメンテナンスプランが用意されています

原状回復費用補償やメーカーの延長保証も受けられるサポート充実の定額カルモくんのメンテナンスプランについて、詳しくはこちらをご覧ください。

そのほかの費用

そのほか、車の維持にかかる費用としては、以下のようなものが挙げられます。

燃料費

ガソリンや軽油など、車を動かすために必要となる燃料の代金です。金額は、車種や乗り方によって大きく異なります。

駐車場代

自宅に駐車場やガレージがあれば問題ありませんが、ない場合には、別途、駐車場を借りる必要があります。特に、都市部では駐車場代が高額になる傾向があります。

定額カルモくんなら、車に関する費用がグッとシンプルに!

カルモくん_new

ここまで見てきたとおり、車に乗るには大小さまざまな費用が必要となります。これらが「いつ」「いくら」必要になるのか、個別に把握してお金を準備しておくことは、かなりの負担であるといえます。

しかし定額カルモくんであれば、いくつかの費用を基本料金としてまとめることでお金の管理が楽になるだけでなく、購入や、ほかのカーリース会社にはないメリットも多数あります。
おもなメリットをご紹介します。

専門家も認めるコストパフォーマンスとサポート

専門家が選ぶカーリース3冠

カーリースを検討するのが初めてであれば、何を基準にカーリース会社を選べばいいのか、迷うこともあるでしょう。そのようなときには、信頼のおける専門家の意見を参考にしてみるのもひとつの方法です

定額カルモくんは、カーディーラー勤務者やファイナンシャルプランナーを対象とした調査で、「コストパフォーマンスが高いカーリース」「納得価格のカーリース」「サポートが充実しているカーリース」の3部門で、いずれも第1位*2を獲得しています。カーリースが初めての人でも安心して利用できるサービスであるといえるでしょう。

*22021年2月12日~2月15日に、株式会社ショッパーズアイが行った当社を含む「カーリース」の10サイトを対象としたインターネットイメージ調査。週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、カーディーラー勤務者297s。

メンテナンスプランで急な出費も回避

定額カルモくんのメンテナンスプランを利用すれば、車検基本料はもちろん、消耗品の交換費用など、より多くの費用をまとめることが可能。車に関する急な出費を回避することができます

また、カバーする範囲によって複数のプランから選ぶことができますので、その人に合った無駄のない安心が手に入ります

さらに、原状回復費用補償やメーカーの延長保証も受けられるサポート充実のメンテナンスプランについて、詳しくはこちらをご覧ください。

メンテバナー

走行距離制限なし!いずれ車がもらえるプランも

通常、カーリースには走行距離制限が設定されており、制限を超えて走ると、ペナルティが発生してしまいます。しかし、定額カルモくんは、契約期間が7年以上であれば、走行距離制限がありません。自分の車と同じように、走行距離を気にすることなく、思う存分、車を活用することができます

また、月々500円のオプションサービス「もらえるオプション」に加入していれば、契約期間が満了したとき、車がもらえる、つまり自分のものになるのです。乗っているうち車に愛着がわき、手放したくなくなっても安心です。

定額カルモくんについて詳しくはこちら

車がもらえる

自分にはカーリ―スが向いているのか、しっかりと見極めよう

カーリースは、幅広いニーズをカバーした便利でお得なサービスであり、多くの人に向いているということがご理解いただけたかと思います。自分はカーリースに向いていると感じた人、カーリースにより興味がわいた人は、こちらから最適なカーリース会社について調べてみることをおすすめします。

自分がカーリースを利用できるのか、まず「お試し査定」を試してみるのもひとつの方法です。

一本化お試し審査ソーシャル

よくある質問

Q1:カーリースの利用に向いている人は?

A:カーリースは、幅広いニーズをカバーした便利でお得なサービスです。「すぐに車を自分のものにしたい」「カスタマイズにこだわりたい」など、特段の要望がない限り、ほとんどの人に向いているといえます。

Q2:カーリースの利用に向いていない人は?

A:すぐに車を自分のものにしたい人や、カスタマイズ・改造を思いきり楽しみたい人には、カーリースがあまり向いていない可能性もあります。ただし、カーリース会社によっては、要望を満たせる場合もありますので、まずはこちらから詳細をチェックしてみましょう。

Q3:実際にカーリースを利用してみたくなったら?

A:定額カルモくんがおすすめです。お得なだけでなく、メンテナンスプランをはじめ、安心できるサポートも充実しています。また、自分が利用できるかを事前に確認できる「お試し審査」も用意されています。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー