ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースに向いているのはどんな人?会社選びのポイントや料金の内訳とともに解説

カーリースに向いている人と向いていない人をそれぞれ紹介するとともに、カーリース会社を選ぶときのポイントやリース料にどのような費用が含まれているかなどを解説する記事であることを示すタイトル下画像
カーリースに向いている人と向いていない人をそれぞれ紹介するとともに、カーリース会社を選ぶときのポイントやリース料にどのような費用が含まれているかなどを解説する記事であることを示すタイトル下画像

現金一括やカーローンでの購入、レンタカー、カーシェアなど、車に乗るにはさまざまな方法があります。中でも、頭金などの初期費用が不要のうえ、月額定額で新車に乗れるカーリースは、手持ちのお金がない人や支出を抑えたい人にとっては、便利なサービスといえるでしょう。

とはいえ、どのようなサービスも、使う人によって合う、合わないがあり、カーリースも使い方や車の乗り方によっては向いていない場合もあります。
そこで、カーリースにはどのような人が向いているのか、向いている理由も併せて解説します。併せて、カーリースに向いていない人やカーリース会社を選ぶときのポイント、料金の内訳についてもご紹介しましょう。

  • カーリースは、コストを抑えたり、手間を減らしたりして車に乗りたい人に向いている
  • カーリース会社を選ぶときは、取扱車種の豊富さや残価精算の有無などをチェック
  • カーリースに向いている人がさらに安心できる、おすすめのカーリースがある

月々10,000円台から
サポートが手厚いカーリースはこちら

カーリースに向いている人

カーリースに向いている人について解説する項目の見出し画像

車の新しい利用方法として人気を集めているカーリースですが、購入など、車を持つためにはさまざまな方法が利用できます。
その中でカーリースは、どのような人に向いているサービスなのでしょうか。理由と併せてチェックしてみましょう。

〈カーリースの利用に向いている人〉

初期費用なしで新車に乗りたい人

新車の購入には、多くの資金がかかります。ローンを組んで月々の返済として支払うこともできますが、税金や自賠責保険料などは借入れに含められないため、初期費用としてまとまった資金が必要です。

その点、カーリースは月額料金のみで新車に乗り始められるため、契約時に初期費用を用意する必要がありません。資金に余裕がない人でも、負担なくカーライフを始められます。

車に関するまとまった支出を減らしたい人

カーリースの料金には、税金や自賠責保険料など、車に乗るうえで必要な多くの費用が含まれています。そのため、都度これらの費用を支払う購入と違って、月額料金だけで車に乗り続けることが可能です。

このことから、まとまった出費を抑えたい人に向いているといえるでしょう。支出を一定に保てるので、家計管理の手間も減らせます。

新車や上位グレードの車に安く乗りたい人

車両本体価格の月々の支払い分をカーローンとカーリースで比較した場合、カーリースのほうが契約満了時の想定残価を差し引いて月々の料金を算出するため、支払う車両本体価格を抑えやすいということを表した図

カーリースは、契約満了時の想定査定額である「残価」を、契約時に車両本体価格からあらかじめ差し引いて、月額料金を算出します。車両本体価格の全額を支払う購入よりも負担を抑えやすくなるため、新車に安く乗りたい人に向いているでしょう。

浮いた分の予算を利用すれば、購入では手が届かない上位グレードの車に乗ることもできるので、このような場合もカーリースを利用するのがおすすめです。

税金や保険料の手続きなど、面倒なことを避けたい人

車の購入には、各種登録手続きや税金の支払いなど、面倒がつきものです。
その点、支払手続きなどが苦手な人には、これらを会社が代行してくれるカーリースはピッタリでしょう。

オンラインで申し込めるカーリース会社であれば、購入と違って販売店に何度も足を運んで交渉する必要もないので、家にいながらにして車を手に入れることも可能です。

短期間で車を乗り換えたい人

カーリースは一般的に7年や10年などの長期契約が主流ですが、中には1年や3年といった短期契約が可能な会社もあります。
短期契約をすれば、数年ごとに新車に乗り換えていけるので、最新機能を試したい人や常に話題の車に乗りたい人におすすめです。

ただし、長期契約と比較して短期契約では月額料金が高額になりがちな点に注意しましょう。

契約期間を1~11年のあいだから1年単位で選べるカーリースはこちら

カスタマイズを行わない人

車の返却を前提としているカーリースでは、契約時にメーカーオプションやディーラーオプションを選択できる以外は、基本的にカスタマイズが行えません。そのため、自分好みに車をカスタマイズしたい人には、カーリースは不向きといえます。

一方、カスタマイズを行わない人は、特に不自由を感じることなく、契約時のオプションの範囲内でカーライフを満喫できるでしょう。

ただし、車がもらえるカーリースなら、カスタマイズが可能になります。

車をもらえるカーリースはこちら

事業用の車が欲しい人

個人事業主の人で事業用の車が欲しい場合、カーリースを利用すれば節税と経費処理の手間を減らせるでしょう。

購入の場合、車には固定資産税がかかります。また、購入費用は減価償却しなければならず、税金や保険料などの費用も細目ごとに処理することが必要です。

それに対しカーリースでは、車はリース会社の所有物となるので課税されず、節税につながります。さらに、リース料として費用を一括計上できる*¹ため、経費処理の手間を省くことも可能です。

個人事業主でカーリースを利用したい人はこちら

月々10,000円台から!
業界最安水準*²のおすすめカーリース

カーリースの中でも、業界最安水準*²の「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、月々10,000円台から新車に乗れます。
また、契約期間を1~11年のあいだから1年単位で選択できるので、短期契約で車を乗り換えていくことができるうえ、車をもらえるオプションがあるなど、コストを抑えつつ、自分の希望に合わせてプランを選択しやすいサービスとなっています。

下のバナーの「お試し審査」で定額カルモくんを利用できるか、簡単にチェックできます。気軽に申し込んでみましょう。

簡単5分_お試し審査

*¹ 税務上の判断により経費にならないケースもあります。
*² 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

カーリースに向いていない人

カーリースに向いていない人について解説する項目の見出し画像

経済状況や車の乗り方によっては、カーリースのメリットを十分に得られない場合があります。
カーリースに向いていないのはどのような人かも、見ておきましょう。

〈カーリースの利用に向いていない人〉

長距離を走行することが多い人

走行距離が長くなるほど、車の価値が下がるため、例えば走行距離の上限が月間1,000kmと設定されている場合、その上限を超えて利用すると、設定残価よりも価値が下がり、その超過分の追加料金が発生することを表した図

カーリースは、基本的に走行距離制限が設けられており、上限を超えて走行すると契約満了時に超過料金を請求されます。
そのため、日常的に長距離を運転する人や遠方にドライブに行くことが多い人などは、好きなだけ車に乗れないうえ、走行距離を気にしながら運転することでストレスを感じる可能性があるでしょう。

ただし、走行距離制限をなくせるカーリースもあります

走行距離制限をなくせるカーリースはこちら

購入資金を用意できる人

カーリースは、初期費用不要で車に乗れますが、契約満了時に車をリース会社に返却することから、一般的にカスタマイズや走行距離などに制限が設けられています。
そのため、これらの制限なしに自由に車を扱いたい人で資金を用意できる場合、車を購入したほうが思い通りのカーライフを楽しめるでしょう。

ただし、購入の場合は税金や保険料の支払いなどを自分で行うため、都度出費と手間がかかります。

車を自分のものにしたい人

カーリースでは、契約満了時に原則、車を返却します。そのため、自分の車が欲しい人は、お金を払って乗っていた車が手に入らず、不満を感じる場合があるでしょう。所有にこだわる人には、カーリースよりも購入をおすすめします。

ただし、車をもらえるカーリースであれば、乗っていた車を契約満了時にマイカーにできます。カーリースを利用して、なおかつマイカー手に入れたい人はそのようなカーリースを検討しましょう。

車がもらえるカーリースはこちら

車検などの出費が苦にならない人

車に乗り続けるには、定期的にメンテナンスや車検を受ける必要があり、都度、まとまった出費が必要です。カーリースでは、ほとんどの会社でこれらの費用を月額料金に含められるメンテナンスプランが用意されており、維持費による多額の出費を抑えやすくなっています。

ただし、メンテナンスプランをつけると多くの場合、月額料金が高くなるほか、整備工場を自由に選べる購入と違って、決められた依頼先しか利用できないことがあります。
利用したい整備工場が決まっている人や、まとまった出費が苦にならない人は、カーリース以外も検討してみるのがいいでしょう。

なお、カーリースでも、整備工場を自由に選べるケースがあります

リース車の車検について、詳しく知りたい人はこちら

車の運転に不慣れな人

カーリースでは返却時に原状回復が必要ですが、通常の使用でついた微細な傷は問題がなく、また、プランによって原状回復費用を補償してもらえるカーリースもあるということを表した図

カーリースには原状回復義務があるため、傷やへこみ、汚れなどがある場合、契約満了時に原状回復費用がかかります。
そのため、運転に不慣れで、車に傷などをつける可能性のある人は、購入のほうが原状回復費用の心配なく車に乗れるでしょう。

なお、カーリース会社によってはメンテナンスプランに原状回復費用の補償が含まれることがあります。初めての車でカーリースを利用する場合などは、そのようなカーリースを選択すると安心です。

原状回復費用の補償のあるカーリースはこちら

カスタマイズや、改造を思いきり楽しみたい人

カーリースは原則としてカスタマイズが禁止されているため、車のカスタマイズや改造を自由に楽しみたい人は、車を自由に扱える購入のほうが向いています。

ただし、車をもらえるカーリースであれば返却の必要がなくなるため、車検に通る範囲で契約期間中から自由にカスタマイズや改造を行えます

車がもらえるカーリースはこちら

カーリースの利用に向いている人も注意!失敗しない会社選びのポイント

カーリースの利用に向いている人も注意!失敗しない会社選びのポイントについて解説する項目の見出し画像

カーリースは会社ごとに料金やプランが異なるので、たとえカーリースの利用に向いている人であっても違いを知っておかないと、自分に合わない条件の会社を選んでしまい、負担や不便を感じる場合があるでしょう。
契約してから後悔しないために、どのようなカーリース会社を選択するのがいいのかご紹介します。

取扱車種が豊富である

カーリースを選ぶときは、取扱車種の豊富な会社を選択しましょう。
取扱車種はカーリース会社によって異なり、国産全車種を取り扱っているところも多く見られる一方で、車種やメーカーが限られているケースもあります

たとえカーリースに向いている人でも、希望の車種に乗れなければ十分にカーライフを楽しめなくなるため、取扱車種をチェックすることが大切です。

国産全車種から新車を選べるカーリースはこちら

ボーナス払いがない

ボーナス払いのあるカーリースと定額のカーリースの毎月の支払いを比較した図。ボーナス払いのあるカーリースではボーナス加算のある月に負担が増えるが、定額のカーリースでは毎月一定なので支出が安定することを示している

カーリースには月額料金以外にボーナス払いが必要な会社があります。
ボーナス払いがあると、ボーナス月にボーナス加算が生じるため、その月の支出が増えて家計を圧迫する可能性があります。加えて、定額で利用できるというカーリースのメリットも薄れてしまうでしょう。

さらに、一度設定したボーナス払いは変更できないことから、もし勤務先でボーナスがなくなったり減額されたりしても、変わらず払い続けなければなりません。その結果、大きな負担になるリスクも考えられます。

これらのことから、ボーナス払いが不要のカーリースを選択するのがおすすめです。

ボーナス払いのないカーリースはこちら

契約期間の選択肢が多い

カーリースを選ぶときは、契約期間を細かく設定できるかにも注目しましょう。
カーリースは契約期間を決めたうえで利用するサービスであるため、原則、中途解約ができず、もしできたとしてもほとんどの場合、違約金を請求されます。

中途解約を防ぐためには車が必要な期間だけ契約することが重要です。1年単位で契約期間を選択できるようなカーリースなら、ライフプランに合わせた契約を行いやすいので、中途解約の心配のない選択ができるでしょう。

1年単位で契約期間を設定できるカーリースはこちら

残価精算がない

カーリースには残価精算のある会社とない会社があります。
残価精算とは、契約満了時の査定額と残価の差額を精算することで、査定額が残価を下回ると支払いが生じます

契約満了時に出費が生じたり、その心配をしながら車に乗るのを避けたりしたいなら、残価精算のないカーリースを選ぶといいでしょう。

残価精算のないカーリースはこちら

使用制限をなくせるプランやオプションがある

カーリースでは、一般的に走行距離やカスタマイズなどの点で利用制限が設けられます。
ただし、カーリースの中には走行距離制限をなくせるプランを用意しているところがあるため、そのようなプランを選択すれば走行距離を気にせず車を利用できます。
また、車がもらえるカーリースなら、カスタマイズが自由に行えます。

カーリースを検討しているものの、これらの制限が気になる場合、プランやオプション次第で制限をなくせる会社を選択するのがおすすめです。

走行距離無制限&車がもらえるカーリースはこちら

カーリースの注意点をカバー
安心して利用できるカーリース

「定額カルモくん」はボーナス払いや残価精算がないうえ、プランやオプション次第で走行距離やカスタマイズの制限をなくしたり、国産全車種から新車を選べたりするなど、自分に合った条件を選びやすくなっている、カーリースの注意点をカバーできるサービスです。

「お試し審査」を利用すれば、審査通過後にスタッフに相談できることから、より自分に合った条件を選択しやすくなります。
下のバナーから5分程度の入力で申し込めるので、気軽に試してみましょう。

車種やプランを相談できる!かんたん5分 お試し審査をしてみる

カーリースの月額料金の内訳

車を持つには、さまざまな費用がかかります。カーリースを利用すると、多くの費用をリース料金としてまとめて支払えますが、どのような費用がリース料金に含まれており、どのような費用を別途自分で支払う必要があるのでしょうか。

カーリースの料金の内訳を知っておくことも、カーリースを上手に利用するための条件といえるため、カーリースの月額料金に含まれる費用と含まれない費用について、見ておきましょう。

カーリースの月額料金に含まれる費用

カーリースでは車両本体価格が安くなる上に、月額料金に多くの費用が含まれていることを解説する図
カーリースでは車両本体価格が安くなる上に、月額料金に多くの費用が含まれていることを解説する図

カーリースの基本料金にどのような費用が含まれるかはカーリース会社によって異なります。
上の図は、定額カルモくんの月額料金に含まれる費用を示したものです。
それぞれ、どのような費用か把握しておきましょう。

車両本体価格

車本体の価格です。選んだ車の車種やグレード、オプションの有無によって金額が変わります。

環境性能割

車の購入時に必要となる税金です。取得価額(現在の自動車の価値に相当する金額)と環境負荷(燃費の良さなど)によって税額が決まり、燃費のいい車ほど税が軽減される仕組みになっています。
普通車は取得価額の最大3%、軽自動車は取得価額の最大2%、電気自動車は普通車・軽自動車ともに非課税(0%)です。

新車を購入した場合と中古車を購入した場合とでは、取得価額を算出する方法が異なるため、税額も異なります。また、中古車の中でも、新しい年式の場合と年数が経っている場合とでは、取得価格を算出する掛け率が異なります。
一方、環境負荷によって軽減される率は新車も中古車も変わりません。

自動車重量税

車の購入時と車検時に必要となる税金です。車の重量によって税額が決まります。
エコカー減税対象車の場合、燃費基準の達成率に応じて免税、もしくは最大で50%が減税されます。
例えば、0.5t以下の乗用車では、新車登録時にエコカーでは最大7,500円、エコカーでない場合は12,300円が必要です。

自動車税(種別割)

毎年4月1日の時点で車を所有しているすべての人に課せられる税金です。車の排気量によって税額が決まります。
例えば、軽自動車は毎年10,800円が、総排気量1L以下で2019年10月1日以降に新車登録した普通車は毎年25,000円が必要です。

自賠責保険料

法律によって、すべての車に加入が義務付けられている自賠責保険の保険料です。「強制保険」などの別名で呼ばれることもあります。
対人事故の被害者の身体に対する損害のみを補償する保険で、加入せずに自動車を運転した場合、厳しい罰則が適用されます。

37ヵ月分の自賠責保険料として、軽自動車で24,010円が、普通車で24,190円がかかります*。

* 沖縄県や離島など一部地域は異なる

各種手数料

新車登録のための手続きをカーリース会社が代行する手数料や、サポートのための費用などです。

カーリースの月額料金に含まれないもの

次に、カーリースの月額料金に含まれないことが多い費用をご紹介します。
ただしこれらの費用は、カーリース会社によっては月額料金に含まれたり、メンテナンスプランをつけることで月額料金に含めて支払えたりするケースがあります。

一般修理費用

車を使っているうちに、経年劣化などで摩耗や破損した部位の修理・部品交換に必要な費用です。車の使用年数が長くなるほど一般修理費用は多く発生する傾向があります。

消耗品の交換費用

ブレーキオイルやエンジンオイル、冷却水(クーラント)などは消耗品のため、定期に交換する必要があります。
新しいオイルや冷却水の購入費用に加え、交換を業者に依頼する場合には工賃も必要です。
例えば、エンジンオイルの交換工賃として、1,000~2,000円程度かかります。

自動車保険(任意保険)の保険料

相手の車両や物に対する損害、対物事故の場合の損害、自分の車両や身体に対する損害などを補償する自動車保険(任意保険)の保険料です。法律で加入が義務付けられている自賠責保険は、人身事故のみしかカバーしていないことから、自動車保険(任意保険)でそれ以外の項目をカバーします。

加入が義務付けられているわけではありませんが、88.7*%と、車を保有するほとんどの人が加入しています。

* 損害保険料率算出機構「2022年度自動車保険の概況」より

ロードサービスの費用

オーバーヒートなど何らかの異常が起こって走行不能に陥ったり、脱輪したりしたときにロードサービスを利用すると費用が発生します。JAFのロードサービスの場合、費用は10,000~20,000円程度です。

なお、ロードサービスの費用をカバーしている自動車保険(任意保険)を利用すれば、この費用は不要です。

車検費用

車検は新車購入から3年後、それ以降は2年ごとに受けることが義務付けられており、その度に費用が必要です。

車検費用は自動車重量税や自賠責保険料、印紙代からなる法定費用と、法定24ヵ月点検費用、検査費用、代行手数料などからなる車検基本料に分かれます。なお、法定費用は一般的にリース料金に含まれています。
車検基本料は自身で支払うことがあり、民間の車検工場やディーラーなど、依頼先の業者によって異なるものの、5~15万円ほどが必要でしょう。

そのほかの費用

そのほか、車の維持にかかる費用としてガソリンや軽油などの燃料代や、自宅に駐車場やガレージがない場合には、駐車場代がかかります。

カーリースに向いている人がより安心して利用できるサービス

定額カルモくんは、残価精算なし、初期費用0円、頭金・ボーナス払いなし、契約年数やプランの選択肢が多いメリットだらけのサービスで専門家からも高い評価を得ているというまとめ図

たとえ自分がカーリースに向いている人にあてはまった場合でも、できるだけ自分に合った条件のカーリースを選択することが満足のいくカーライフを送るうえで重要です。

カーリースの中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、業界最安水準*の料金設定であることから、コストを抑えて新車に乗れるうえ、ボーナス払いや残価精算がないなど、カーリースを選ぶ際におすすめの条件を満たしています。

申込者数が5年で20万人突破を誇る定額カルモくんの人気の理由について、以下で詳しく見てみましょう。

月々10,000円台から新車に乗れる

カーリースは総額を契約月数で割って月額料金を算出することから、長期契約であるほど月額料金が下がります。
定額カルモくんはカーリースの中でも長い、最長11年で契約できるので、月々のコストを抑えやすくなっており、最安で14,690円台からの利用が可能です。
取扱車種も国産全車種と豊富で、コストを抑えて希望の車に乗りやすくなっています。

なお、契約期間は1~11年のあいだから1年単位で選択できるため、ライフプランに合わせて調節しやすく、中途解約のリスクも下げられます。

メンテナンスプランで急な出費も回避

定額カルモくんでメンテナンスプランを利用すれば、車検費用はもちろん、消耗品の交換費用など、より多くの費用を月額料金に含めることが可能になるため、車に関するまとまった出費を抑えられます。
月額料金の安い車種なら、メンテナンスプランをつけても月々10,000円台に収まるので、負担を抑えて安心できるカーライフを送れるでしょう。
原状回復費用の補償も含まれることから、契約満了時に費用がかかる心配もありません。

また、車を持っていくだけで指定の整備工場を利用できるプランと、費用を立て替える必要があるものの自由に整備工場を選べるプランの2つが用意されているため、メンテナンスの依頼先に迷っている場合と、すでに決まっている場合のどちらのパターンでも利用しやすくなっています。

走行距離制限なし!オプションで車ももらえる

定額カルモくんは、7年以上の契約で走行距離制限がなくせるので、マイカー同様、走行距離を気にすることなく、思う存分、車に乗れます。

また、7年契約以上の場合に限り、月額料金に500円をプラスするだけで、契約満了時に車がもらえます。車をマイカーにできれば返却する必要がなくなるため、原状回復費用が発生せず、カスタマイズを自由に楽しむことが可能です。

不安や疑問を解消して利用したいなら
「お試し審査」がおすすめ

定額カルモくんの「お試し審査」に申し込むと、自分の希望する車の乗り方がカーリースに本当に向いているか、審査通過後に車に詳しいスタッフに、相談することができます。
疑問に思っていることも質問できるので、納得して定額カルモくんを利用できるでしょう。

「お試し審査」は下のバナーから5分程度の入力で申し込めます。気軽に試してみましょう。

車種やプランを相談できる!かんたん5分 お試し審査をしてみる

自分がカーリースが向いている人か、しっかりと見極めよう

自分がカーリ―スが向いている人か、しっかりと見極めようについて解説する項目の見出し画像

カーリースは、向いている人にとっては幅広いニーズをカバーした便利なサービスで、お得に車に乗ることができます。

中でも「定額カルモくん」は、月額10,000円台から利用できて、ボーナス払いや残価精算がないので負担が抑えやすいうえ、国産全車種に乗れたり、車がもらえたりと自由度の高さも魅力です。

「お試し審査」通過後でも車種やプランを変更できるうえ、自分に最適なプランを車に詳しいスタッフに提案してもらえるので、カーリースに向いている人は、さらに自分に適した条件で車に乗れる体制が整っています。
下のバナーから気軽に申し込んでみましょう。

簡単5分_お試し審査

2024年新生活応援キャンペーン

よくある質問

Q1:カーリースの利用に向いている人は?

A:カーリースは、初期費用なしで新車に乗りたい人、維持費によるまとまった支出を減らしたい人、上位グレードの車に安く乗りたい人などに向いています。車に乗るための手続きを代行してもらえるので、事務手続きの手間を減らしたい人にもおすすめです。カーリースに向いている人について、詳しくはこちらをご覧ください。

Q2:カーリースの利用に向いていない人は?

A:車を自分のものにしたい人や、カスタマイズ・改造を思いきり楽しみたい人などには、カーリースがあまり向いていないでしょう。ただし、リース車をもらえるカーリースもあり、選び方によっては要望を満たせる場合もあります。カーリースに向いていない人について、詳しくはこちらをご覧ください。

Q3:カーリースに向いている人でも、さらに安心して利用できるカーリースは?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」は、国産全車種の取扱いがある、契約期間の選択肢が多い、残価精算がないなど、カーリースに向いている人も会社選びの際に注意したい点をカバーしているので、より安心して利用できます。定額カルモくんのサービスについて、詳しくはこちらをご覧ください。

※記事の内容は2024年1月5日時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる