ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースと住宅ローンの併用はできる?審査への影響や併用時の注意点などを徹底解説

カーリースと住宅ローンは併用できる?審査への影響や併用時の注意点を解説
カーリースと住宅ローンは併用できる?審査への影響や併用時の注意点を解説
貯金ゼロでも

誰もがいつかは持ちたいと思うマイカーとマイホーム。どちらも手に入れるために、カーローンと住宅ローンを同時期に組む方もいるのではないでしょうか。しかし、住宅ローンとカーローンの併用では、負担も大きくなりがちです。
そのため、毎月定額で新車に乗れるカーリースを検討する方も増えているようです。

そこで、カーリースと住宅ローンが併用できるのかどうかを紹介した上で、審査に与える影響や、両立するために押さえておきたいポイントなどを解説します。

定額カルモくんのカーリースなら車の購入時にかかる頭金などの初期費用が発生しないので、まとまった貯金がなくても、安心して新車に乗れます。気になる方は、こちらのバナーをチェックしてみましょう!

カルモくんなら新車が
  • カーリースと住宅ローンは併用できる
  • カーリースと住宅ローンを併用する際は、返済負担率を確認しておくことが大切
  • 定額カルモくんなら月々10,000円台から新車に乗れて住宅ローンとの併用にもおすすめ

カーリースと住宅ローンは併用できるの?

カーリースを利用しながら住宅ローンを組むことは可能です。しかし、カーリースにも住宅ローンにも、それぞれ契約前に審査があり、通過しないと契約できません。カーリースと住宅ローンを併用しようと検討している方の中には、他方の借入れが審査に影響しないか気になる方もいるのではないでしょうか。

そこで、カーリースと住宅ローンそれぞれが、審査でどのように影響するのかを解説します。

カーリースと住宅ローンを併用すると借入額や審査結果に影響する

審査では、ほかからの借入れなどがある場合、借入額や審査結果に影響することが多いです。カーリースと住宅ローンを併用する際においても、それぞれの審査で影響を与える可能性があることを押さえておきましょう。

カーリースも住宅ローンも、審査基準は審査会社によって異なりますが、一般的に、信用情報や年収、職業、勤続年数などから、契約者に支払能力や返済能力があるかどうかが判断されることが多いです。借入可能額やカーリースの利用可能な料金もそれらを基に決まるので、すでにどちらかを契約している場合は、その金額も考慮されます。

なお、過去に支払遅延や滞納などがあると、審査で不利になる可能性もあるので注意が必要です。

住宅ローンを組む際に重要な返済負担率

住宅ローンを組む際は、年収に対する年間のローンの返済額の割合を表す「返済負担率」について考えておくことが大切です

返済負担率は、下記の式で算出できます。

返済負担率(%)=年間の返済額 ÷ 年収 × 100

借入先によって返済負担率の基準は異なりますが、一般的に25~35%が目安とされています。希望額が、借入先の返済負担率の基準を上回る場合は、審査に通らなかったり、借入可能額が希望額を下回ったりすることもあります。

なお、複数のローンを併用する際、返済負担率はすべてのローンの返済額の合計額から算出します。すでにほかにローンを組んでいながら、これから住宅ローンを組みたいと考えている場合は、現在返済中の金額と、新たに組みたい住宅ローンの年間の返済額を合わせて試算する必要があります。

すでにカーリースと住宅ローンのどちらかを契約している場合はどうすればいい?

すでにカーリースと住宅ローンのどちらかを契約している場合はどうすればいい?

すでにカーリースと住宅ローンのどちらかを契約している、これから同時に契約したいと思っている場合は、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。そこで、カーリースと住宅ローンを併用する際に気をつけておくべきポイントなどを解説します。

すでにカーリースを契約している場合に気を付けるポイント

カーリースは、契約内容によって月々のリース料金が決まります。すでにカーリースを契約している場合、リース料金が住宅ローンの審査に影響を与える可能性も少なくないでしょう

カーリースでは、一般的に残価設定というしくみを採用していることが多いです。残価設定とは、契約時に設定した契約満了時の車の残価を車両価格から差し引き、その金額から月々のリース料金を割り出すというしくみです。
基本的に審査の基準は公表されていませんが、すでにカーリースを契約していて住宅ローンの審査を受ける場合、カーリースの利用料の残金に残価も含めた金額が審査対象になるなど、住宅ローンの借入額を決定する際に影響する可能性もあるということを押さえておくといいでしょう。

すでに住宅ローンを組んでいる場合に気を付けるポイント

すでに組んでいる住宅ローンの返済負担率が高いと、カーリースの審査でリース料金が支払えないのではないかと判断されやすくなり、不利になることもあります。カーリースの審査で不利にならないために、事前に確認しておくと安心です。

また、カーリースの料金を下げるという方法もあります。審査の申込みをする際に、不要なオプションを省いたり、安い車種を選んだりすることで総支払額を安く抑えられる工夫も検討してみましょう。

さらに、収入が不安定な場合などでは、定期収入のある方などの連帯保証人を立てることで審査に通過しやすくなる場合もあります。すでに住宅ローンを組んでいて、カーリースの審査が不安な場合は、身近に連帯保証人になってくれる方がいるかどうかも確認しておくといいしょう。

定額カルモくんのカーリースなら月々10,000円台から新車に乗ることができるので、住宅ローンとの併用を検討していて、家計に負担をかけたくないという方にもおすすめです。気になる方は、こちらのバナーをチェックしてみましょう!

新車を1万円

住宅ローンと併用するのにカーリースがおすすめの理由とは?

マイホームとマイカーの所有を実現するために、カーローンと住宅ローンの併用を検討する方もいるでしょう。しかし、住宅ローンと無理なく併用するなら、カーローンのように頭金が発生せず、毎月定額で新車に乗れるカーリースがおすすめです。ここでは、カーリースが住宅ローンとの併用におすすすめの理由について解説します。

毎月定額で新車に乗れて家計の管理が簡単にできる

カーリースは、毎月定額のリース料金を支払うことで、リース会社が所有する車を利用できるサブスクリプションサービスです。

車を購入すると、維持する上でも自動車税(種別割)や自動車重量税、自賠責保険料などの費用を支払う必要があります。ローンを組んで車を購入する場合も、月々の返済額とは別にこれらの費用を支払うことになります。

一方、カーリースなら、月々の定額料金に税金や保険料が含まれるだけでなく、部品の交換費用など、車のメンテナンス費用も含められる場合があります。カーリースと住宅ローンを併用すれば、住宅ローンの月々の返済額に加えて、車の修理費用などの突発的な出費に悩む心配もなく、家計の管理が簡単にできるようになります

月々の費用を抑えられる

住宅ローンと併用するのに、カーローンを選択する方法もありますが、一般的に残価設定を採用しているカーリースなら、カーローンより月々の出費を抑えながら新車に乗れる可能性もあります。カーリースを利用すれば、月々の費用を抑えられる傾向があることから、住宅ローンと併用しても家計に負担をかけずに車を保有しやすくなるでしょう。

さらに、カーリースは頭金などの初期費用がかかりません。住宅ローンの返済を続けながら、車を持つ初期費用などまとまった金額を用意する必要がないというのもメリットといえるでしょう。

自身のライフプランに合わせて車の使い方を決められる

カーリースの場合、車の所有権は契約者ではなくリース会社にあるため、契約者は契約期間満了時に車を返却することが前提となっています。中には、返却のほかにも買取りや乗換え、リース契約の延長などの選択肢から選べるカーリースもあり、自身のライフプランに合わせて、車の乗り方を自由に決められるというのも大きな特徴です

さらに、契約満了時にそのまま車がもらえるオプションを提供しているリース会社もあります。返却が前提のカーリースであっても、リース会社によってはマイカーのように好きな新車に乗れる可能性があるでしょう。

定額カルモくんなら、国産車種の全グレードの中から好きな新車を選ぶことができます。住宅ローンとの併用を検討している方などでも、リース料金を抑えながら希望の車種に乗れる可能性もあります

カルモくんなら新車が

カーリースと住宅ローンを併用するときに気を付けたいポイント

カーリースと住宅ローンを併用するときに気を付けたいポイント

カーリースと住宅ローンを無理なく併用していくためには、自身の収入を基に、カーリースの月々の利用料と住宅ローンの返済額とのバランスを考慮しておく必要があります。

住宅ローンは、年収の3分の1を超える貸し付けが禁止されている総量規制の適用対象外ですが、年収に対するローンの返済額が一定割合を超えてはいけないという借入上限額があります

例えば、年収400万円未満で借入上限額を25%以内としている金融機関で、年収360万円の方がローンを組むとなると、借入上限額は90万円となり、月々の返済額は7.5万円までとなります。

カーリースと住宅ローンを併用する際、住宅ローンを借入上限額のいっぱいまで借り入れてしまうと、家計に負担がかかってしまう可能性もあるでしょう。カーリースと住宅ローンを併用する際は、月々のリース料金を考慮して、住宅ローンの借入上限額に対して余裕のある返済プランを立てておくといいでしょう。

カーリースなら新車に月々10,000円台から乗れる定額カルモくんで決まり!

カルモくん_new

カーリースと住宅ローンの併用を検討している方には、月々安いリース料金で新車に乗れるおトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。定額カルモくんは、個人向けカーリースの中では業界最安水準のカーリース*として、注目を集めています。ここでは、定額カルモくんの特徴を紹介します。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

幅広いラインナップから憧れの新車を選べる

定額カルモくんでは、国産の全車種・全グレードの新車を取り扱っているため、幅広い選択肢の中から好きな車種を選ぶことができます。月々10,000円台から憧れの新車に乗れる可能性があることから、住宅ローンと併用する際も、家計の負担を抑えながら利用できるでしょう。

定額カルモくんで希望の車種にいくらで乗れるのか、気になる方はこちらのバナーからチェックしてみましょう!

料金をチェック

月々500円をプラスすれば車がもらえる

定額カルモくんには、月々500円をプラスすれば契約満了時に、車が自分の物となる「もらえるオプション」があります。「もらえるオプション」を追加すれば、原状回復の必要もなく、マイカーのように安心して新車に乗ることができます

さらに、一般的なカーリースでは月間の走行距離制限が設けられていますが、定額カルモくんの場合、7年以上の契約で走行距離が無制限となります。好きなだけ憧れの新車に乗れるという点もメリットといえるでしょう。

契約期間を1~11年まで1年単位で選べる

一般的に、カーリースの契約期間は、3、5、7年と設定されているケースが多いですが、定額カルモくんなら契約期間を1年から11年までのあいだで、1年単位で自由に決めることができます
それぞれのライフスタイルに合わせて契約期間を決められるので、住宅ローンとの併用を考えている方も、無理なく利用することができます。

審査に通るか試せる「お試し審査」がある

すでに住宅ローンを組んでいる場合、カーリースで希望の車種が利用できるのか、気になる方も多いでしょう。
定額カルモくんには審査に通るかどうかを試せる「お試し審査」があります。ネットから5分程度で手軽に審査申込みができる上、審査通過後もキャンセルや車種の変更などもできます
住宅ローンとの併用を検討していて審査に通るか不安な方は、まずは「お試し審査」を受けてみてはいかがでしょうか?

まずは審査

カーリースと住宅ローンを併用してマイカーとマイホームを実現しよう

毎月定額で新車に乗れるカーリースを利用すれば、無理なく住宅ローンと併用できる可能性があります。カーリースと住宅ローンを併用するためには、住宅ローンの返済負担率を算出した上で、リース料金と返済額が自身の年収に見合っているかどうかを考慮しておくことが大切です。

定額カルモくんなら、契約満了時に車がもらえるオプションもあるなど、マイカーとマイホーム所有が実現できるお得なサービスがそろっています。気になる方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

よくある質問

Q1:カーリースと住宅ローンって併用できるの?

A:カーリースと住宅ローンは併用できます。しかし、どちらも契約前にそれぞれの審査に通過することが前提です。審査基準は借入先などによって異なりますが、自身の信用情報や職業、経済状況などを基に支払能力や返済能力があるかどうかが判断されることが多いです。

Q2:カーリースと住宅ローンのそれぞれの審査は影響し合うの?

A:カーリースと住宅ローンを併用する際、それぞれの審査において双方が影響し合う場合があります。住宅ローンの審査において、リース料金がローンの借入額に影響を与えたり、カーリースの審査では、住宅ローンの借入額が結果を左右したりする可能性があります。

Q3:住宅ローンと併用するならどこのカーリース会社がいいの?

A:住宅ローンと併用するなら、月々安い定額料金で新車に乗れる定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんなら、国産車種の全グレードの中から選べて、月々10,000円台からマイカーのように新車に乗れるなど、住宅ローンと併用するのにお得なサービスがそろっています。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー