カーローンと住宅ローンは一緒に組める?併用時の審査や借入額への影響とは

カーローンと住宅ローンは一緒に組める?併用時の審査や借入額への影響とは

人生において大きな買い物となるマイホームとマイカー購入。同時期に購入を考えることも多く、ローンが組めるのかどうか気になるという方も多いのではないでしょうか。そこで、カーローンと住宅ローンの関係や併用する際の注意点、これからローンを組む場合におすすめの方法などをまとめてご紹介します。

カーローンと住宅ローンの関係とは

カーローンと住宅ローンの関係とは

カーローンと住宅ローンは、どちらも「融資限度額は年収の3分の1以内」とする総量規制の適用対象外です。しかし、借り入れ上限がないわけではなく、どちらの審査においても「ローンの返済額が年収に対して一定割合を超えてはいけない」という制限があります。
ここでは、ローンを組む上で重要となる返済負担率について詳しく見ていきましょう。

2つのローンを組む上で重要となる返済負担率

年収に対するローン返済額の割合は「返済負担率」と呼ばれ、次の式で計算されます。
返済負担率(%)=年間返済額 ÷ 年収 × 100

ローンが組める返済負担率の基準は金融機関により異なりますが、希望する金額が各金融機関や信販会社の返済負担率の基準を上回っている場合には、借り入れ額が希望額を下回るか、審査に通らない可能性があります。

例えば、住宅ローンのフラット35では、借入金額400万円未満が30%以内、400万円以上が35%以内となることを基準としています。つまり、年収500万円の場合の年間返済額は175万円、月々約14.6万円が借り入れの上限となります。

返済負担率はローンの年間返済額の合計

注意したいのが、返済負担率は1つのローンの返済額を決めるものではなく、すべてのローンの返済額を合計した金額だということです。そのため、マイカーローンと住宅ローンを組むことを検討している場合は、その合計額を考えてローンを組む必要があります。

すでにどちらかのローンを組んでいる場合はどうすればいい?

すでにカーローンを組んでいる場合

すでにほかのローンを組んでいる場合に、いくらまで追加でローンを組むことができるのかという計算は、銀行や不動産会社の担当者に頼むのがおすすめです。しかし、年収や現在の返済額がわかれば、自分で概算を出すこともできます。

すでに住宅ローンを組んでいる場合

年収500万円、月々10万円の住宅ローンを組んでいて、返済負担率30%のマイカーローンを追加する際の借り入れ可能額を調べてみましょう。

(マイカーローンの返済負担率)= (年間返済額 ÷ 年収 × 100%)
30%= 年間返済額 ÷ 500万円 × 100%
年間返済額 = 150万円(月々12.5万円)

新しく組むカーローンの審査では、すでにローンを組んでいる10万円を考慮した上で、カーローンの借り入れ金額が決められるため、残りの2.5万円までの範囲であればカーローンが組めるという計算になります。

すでにカーローンを組んでいる場合

年収500万円で年間返済額が約42万2,000円のカーローンを組んでいて、返済負担率35%の住宅ローンを追加する際の借り入れ可能額を調べてみましょう。

・年間返済額の算出
(住宅ローンの返済負担率)= (年間返済額 ÷ 年収 × 100%)
35% =(年間返済額 ÷ 500万円 × 100%)
年間返済額 = 175万円

・住宅ローンの返済可能額の算出
(住宅ローンの借り入れ上限)- (マイカーローンの年間返済額)= 住宅ローンの返済可能額
175万円 – 42万2,000円 = 132万8,000円(約11万円 / 月)

ここまで計算しておくと、住宅ローンのサイトにあるローンシミュレーションなどを使って、借り入れ可能額を計算することができます。

2つのローンを組むときに覚えておきたいこと

ローンの組み方に正解はありませんが、住宅ローンとカーローンはお互いの借り入れ可能額に影響することを考えておく必要があります。そのため、家と車の両方の購入を考えている場合は、マイカー購入には貯金を使い、ローンは住宅ローンのみにするのがいいでしょう。住宅ローンは金利が低く長期間で組めるため、家計に余裕ができるのが理由です。

また、すでにローンを組んでいて、新たにローンを組みたい場合には、まず現状の返済負担率をチェックしてみましょう。もし、返済負担率が上限に近ければ、新たにローンを組むのは難しい状況です。そのため、返済負担率の基準が高い金融機関を探すか、現金一括払いでの購入を考えるのがおすすめです。

すべてのローンをまとめることはできる?

すでにカーローンを組んでいて、これから住宅ローンを利用したい場合、カーローンを金利の低い住宅ローンの中に組み込んで借りたいと考える方もいるでしょう。しかし、住宅ローンは家を買うため、カーローンは車を買うためのものなので、カーローンを住宅ローンに組み込むことはできません。

インターネットには、カーローンを住宅ローンに組み込めたという情報もありますが、住宅ローンで借りたお金を住宅購入以外の用途に使うのは契約違反になるため、気をつけましょう。

月々定額払いで車に乗れるカーリースという選択肢もあり

カーローンを組まずに車に乗るには、現金一括払いで購入するほかに、カーリースという選択肢もあります。カーリースとは、月々決まった使用料のみを支払うことで、長期間好きな車を借りられるサービスのこと。

自分が乗りたい車を自由に選べるのが特徴で、リース会社がユーザーの希望に合わせて車を購入し、契約で決めた期間貸し出す仕組みです。毎月の使用料には各種税金や自賠責保険料が含まれているので、これらを別途支払う必要はありません。月々定額制なので、家計管理がしやすく、ほとんどマイカーと同じように車に乗ることができます。

カーリースなら「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめ

カーリースなら「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめ

カーリースを利用するメリットの一つは、手頃な価格で好きな車を選べることです。中でも、「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、国内すべてのメーカーの全車種から好きな車を選ぶことができます。また、オプションのメンテナンスプランに加入すれば、車検代やオイル交換代、各種消耗品交換代などの費用も、まとめて定額払いにできます。

なお、カーリースは契約満了時に車を返却するのが原則のサービスですが、定額カルモくんでは月500円(税込)の「乗り放題オプション」に加入すれば、追加料金ゼロで契約満了時に車がもらえます(対象車種限定、契約期間7年以上の場合)。

将来のプランを考えてローンを組もう

カーローンと住宅ローンは、どちらも年収に対する返済負担率を基準に借り入れ額が決まります。そのため、1つのローンの借り入れだけで限度額まで使ってしまうと、新規のカーローンが組めない場合があるので注意しなくてはいけません。バランスや将来のプランを考えた上で、ローンやカーリースなどの選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:カーローンと住宅ローンは関係あるの?

A:カーローンと住宅ローンの借り入れ金額は、2つのローンを合わせた合計額が、年収の30~40%となることが目安となります。

Q2:2つのローンを組む場合、どうするのがお得?

A:手元に現金があるのであれば、車は現金一括購入、ローンは住宅ローンのみにするのがおすすめです。

Q3:カーローンを住宅ローンに上乗せできる?

A:カーローンは車を購入するためのもの、住宅ローンは住宅を購入するためのものと目的が違うので、残念ながらできません。

 

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr