ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーローンと住宅ローンは一緒に組める?併用時の注意点や借入影響を解説

カーローンと住宅ローンは一緒に組める?併用時の審査や借入額への影響とは

カーローンと住宅ローンは併用可能なのでしょうか。人生において大きな買い物となるマイカーとマイホームは、同時期に購入を考えることも多く、併用できるのかどうか気になるという方も少なくありません。

そこで、カーローンと住宅ローンそれぞれへの借入影響や併用時の注意点、より負担を抑えて車に乗る方法などについてご紹介します。

カーローンを組まずに月々10,000円台で新車に乗る方法はこちら

  • カーローンと住宅ローンの併用時は返済負担率を超えてはならない
  • カーローンと住宅ローンは種類が違うため、まとめることはできない
  • カーローンを組まずに月々10,000円台から新車に乗る方法もある

カーローンと住宅ローンは併用できる?

カーローンと住宅ローンの関係とは

カーローンと住宅ローンは、条件を満たせば同時に組むことは可能です。ただし、どちらの審査においても「ローンの返済額が年収に対して一定割合を超えてはいけない」という制限があり、これを判断するために「返済負担率」というものが用いられます。

ここでは、ローンを組む上で重要となる返済負担率について詳しく見ていきましょう。

カーローンと住宅ローンを併用する上で重要となる返済負担率

「返済負担率」とは、年収に対してローンなどの総返済額が占める割合のことを指し、「総返済負担率」や「返済比率」などとも呼ばれます。返済負担率は以下の式で算出され、カーローンや住宅ローンの審査時には、重要な判断基準のひとつとして使用されます。

返済負担率(%)=年間の返済額 ÷ 年収 × 100

ローンが組める返済負担率の基準は金融機関により異なりますが、希望する金額が各金融機関や信販会社の返済負担率の基準を上回っている場合には、借入額が希望額を下回るか、審査に通らない可能性があります

住宅ローン「フラット35」の場合

例えば、住宅ローンのフラット35では、年収400万円未満の場合は30%以内、400万円以上の場合は35%以内になることを基準としています。つまり、年収500万円の場合の年間返済額は175万円となり、月々約14万6,000円が借入れの上限となります。

ただし、以下の表を見てもわかるとおり、年収が上がるほど返済にあてられる金額も大きくなりますが、どんなに年収が高くても、年間の返済額が返済負担率を超えた場合は住宅ローンを利用できない点には注意が必要です。

年収年間の返済額月々の返済額
400万円未満の場合120万円10万円
500万円の場合175万円約14万6,000円
600万円の場合210万円17万5,000円
700万円の場合245万円約20万円

 

カーローンと住宅ローンを併用するときは返済負担率に注意

注意したいのが、返済負担率は1つのローンの返済額で決めるものではなく、すべてのローンの返済額を合計した金額だということです。そのため、カーローンと住宅ローンの両方を組むことを検討している場合は、その合計額で返済負担率を超えないようにする必要があります。

そのため、家と車の両方の購入を考えている場合は、マイカー購入には貯金を使い、ローンは住宅ローンのみにするのがいいでしょう。住宅ローンは金利が低く長期間で組めるため、家計に余裕ができるのが理由です。

また、すでにローンを組んでいて、新たにローンを組みたい場合には、まず現状の返済負担率をチェックしてみましょう。もし、返済負担率が上限に近ければ、新たにローンを組むのは難しい状況です。そのため、返済負担率の基準が高い金融機関を探すか、現金一括払いでの購入を考える必要があります。

シミュレーションで購入できる車の価格を割り出してみよう

車の購入を考えている場合は、ローンシミュレーターを活用することで、返済負担率を超えない範囲で購入できる車の価格を割り出すことができます。

なお、すでに欲しい車が決まっており、シミュレーションをした結果、返済負担率を超えてしまった場合には、頭金をいくら入れれば返済負担率内に収まるか、といった視点で考えてみるといいでしょう。

以下のローンシミュレーターでは、さまざまな項目を自由に設定して、総返済額をシミュレーションすることができるので、ぜひ活用してみてください。

ローンシミュレーター

借入希望額

100万円
1,000万円

ボーナスでの
元金返済総額

10万円
500万円

借入期間

0年
10年
0か月
11か月

金利(元利均等)

0.1%
15%

シミュレーション結果

総返済額

通常月

ボーナス月

年間のご返済額

すでにどちらかのローンを組んでいる場合はどうすればいい?

すでにカーローンを組んでいる場合

すでにほかのローンを組んでいる場合に、いくらまで追加でローンを組むことができるのかという計算は、先にご紹介した購入できる車の価格を割り出す方法と同様に、自分で概算を出すことができます。

ここでは、すでに住宅ローンを組んでいる場合とカーローンを組んでいる場合とで、それぞれ確認してみましょう。

すでに住宅ローンを組んでいる場合

年収500万円、月々10万円の住宅ローンを組んでいて、返済負担率30%のカーローンを追加する際の借入可能額を調べてみましょう。

(カーローンの返済負担率)= (年間返済額 ÷ 年収 × 100%)
30%= 年間返済額 ÷ 500万円 × 100%
年間返済額 = 150万円(月々12万5,000円)

新しく組むカーローンの審査では、すでにローンを組んでいる10万円を考慮した上で、カーローンの借入金額が決められるため、残りの25,000円までの範囲であればカーローンが組めるという計算になります。

ただし、住宅ローンとカーローンを同時に返済していく場合はそれだけ家計への負担も大きくなるため、無理なく返済していけるかどうかを慎重に考え、家計を圧迫しない範囲でローンを組むようにしましょう。

もし、新たにカーローンを追加することで、月々の返済額が膨らみすぎてしまう場合は、購入する車のグレードを落としたり、現金一括で車を購入したりするなどの工夫が必要です。

そもそもカーローンを組まずに車に乗る方法もあります。詳しくはこちら

すでにカーローンを組んでいる場合

年収500万円で年間返済額が約42万2,000円のカーローンを組んでいて、返済負担率35%の住宅ローンを追加する際の借入可能額を調べてみましょう。

・年間返済額の算出
(住宅ローンの返済負担率)= (年間返済額 ÷ 年収 × 100%)
35% =(年間返済額 ÷ 500万円 × 100%)
年間返済額 = 175万円

・住宅ローンの返済可能額の算出
(住宅ローンの借入上限)- (カーローンの年間返済額)= 住宅ローンの返済可能額
175万円 – 42万2,000円 = 132万8,000円(約11万円 / 月)

ただし、住宅ローンの場合は、住宅ローン控除といってローンの年末残高の1%が所得税などから税額控除される税制優遇制度がありますが、カーローンにはこのような制度がありません。

また、カーローンより住宅ローンのほうが金利が低いケースも多いため、可能であれば先にカーローンを完済してから住宅ローンに申し込んだほうが、負担を抑えられる可能性が高いでしょう。

すべてのローンをまとめることはできる?

すでにカーローンを組んでいて、これから住宅ローンを利用したい場合、カーローンを金利の低い住宅ローンの中に組み込んで借りたいと考える方もいるでしょう。

しかし、住宅ローンは家を買うため、カーローンは車を買うためのものなので、カーローンを住宅ローンに組み込むことはできません

インターネットには、カーローンを住宅ローンに組み込めたという情報もありますが、住宅ローンで借りたお金を住宅購入以外の用途に使うのは契約違反になるため、気を付けましょう。

ただし、すでに組んでいる住宅ローンと同じローン会社でカーローンを申し込むと、金利優遇を受けられる場合があります。そのようなケースであればカーローンを住宅ローンに組み込まなくても低金利での利用が可能になります。一般的に同じ口座から引き落とされるため、管理も楽になるでしょう。

月々定額払いで車に乗れる車のサブスクという選択肢もあり

カーローンを組まずに車に乗るには、現金一括払いで購入するほかに、車のサブスクリプションサービスを利用するという選択肢もあります。車のサブスクとは、月々決まった使用料のみを支払うことで、長期間好きな車を借りられるサービスのことです。

自分が乗りたい車を自由に選べるのが特徴で、リース会社がユーザーの希望に合わせて車を購入し、契約で決めた期間貸し出すしくみです。

毎月の使用料には各種税金や自賠責保険料が含まれているので、これらを別途支払う必要はありません。月々定額制なので、家計管理がしやすく、ほとんどマイカーと同じように車に乗ることができます。

車のサブスクについて詳しく知りたい方はこちら

カーローンより車のサブスクのほうが負担を抑えやすい理由

リース料金の残価設定

車のサブスクでは契約する際に、車両価格から契約満了時の残価を差し引いた上で月額料金を算出します。残価とは、契約満了時における車の想定価格のことです。

カーローンを組んで車を購入した場合、車両価格のすべてを支払う必要がありますが、車のサブスクの場合、このように車両価格から残価を差し引いた金額のみを支払うことになるため、負担を抑えやすいといったメリットがあります。

さらに、車のサブスクはローンを組む必要がなく、初期費用0円で新車に乗ることができる点も大きな魅力です。そのため、すでにほかのローンを組んでいて、新たにローンを組めるか心配な方などに特におすすめのサービスといえるでしょう。

カーローンを組まずに月々10,000円台で新車に乗る方法

カルモくん_new

車のサブスクの大きなメリットは、カーローンを組まなくても最小限の負担で新車に乗れることですが、中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、業界最安水準の月々10,000円台から国産メーカー全車種・全グレードの新車に乗れることで人気を集めています。

ここでは、そのほかにも、たくさんのメリットがある定額カルモくんの魅力について、ご紹介します。

返済負担率を気にせず車に乗れて、車をもらうことも可能

すでに住宅ローンを組んでいる場合などは、返済負担率に収まる範囲であれば新たにカーローンを組むこともできますが、それだけ月々の返済額も大きくなり家計を圧迫してしまう原因にもなりかねません。また、返済負担率を超えてしまい、乗りたい車をカーローンで購入できないといったケースも考えられるでしょう。

その点車のサブスクであれば、そもそもカーローンを組む必要がなく、頭金などの初期費用も一切かからないため、返済負担率を気にする必要がない上に、最小限の負担で新車に乗り始めることができます

さらに、定額カルモくんなら7年以上の契約で月額500円の「もらえるオプション」をつけることで、契約満了時に乗っていた車をそのままもらうことも可能です。カーローンを組むことなくリーズナブルな料金で新車に乗り、いずれはマイカーも手に入れられるのです。

審査に通るか気軽に試せる「お試し審査」があるから安心

定額カルモくんでは、審査に通るか気軽に試せる「お試し審査」を受けることができます。オンラインで24時間365日いつでも申し込むことができ、結果が出るのも早いため、早く車が欲しいと考えている方にもおすすめです。

また、審査後に審査に通る範囲で最適な車種を紹介してもらえるため、審査に通るか不安に思いながら車を選ぶこともありません。本契約前であればキャンセルも可能なため、気になる方は早速こちらからチェックしてみてはいかがでしょうか。

将来のプランを考えてローンを組もう

カーローンと住宅ローンは、どちらも年収に対する返済負担率を基準に借入額が決まります。そのため、1つのローンだけで借入限度額まで使ってしまうと、新規のローンが組めない場合もあるため注意するようにしましょう。

なお、カーローンを組めるか心配な方は、ローンを組む必要がなく、カーローンで車を購入するより負担を抑えやすい車のサブスクがおすすめです。中でも定額カルモくんは、業界最安水準の月額10,000円台から新車に乗ることができるため、よりお得にカーライフを始められるでしょう。

定額カルモくんは選べる車種も豊富なので、自分の希望に合った1台を見つけやすい点も魅力です。定額カルモくんでどのような車に乗れるのか気になる方は、下記より早速チェックしてみてください。

料金をチェック

よくある質問

Q1:カーローンと住宅ローンは関係あるの?

A:カーローンと住宅ローンの借入額は、2つのローンの年間の返済額を合わせた額が、年収の30~40%となることが目安となります。

Q2:カーローンを住宅ローンに上乗せできる?

A:カーローンは車を購入するためのもの、住宅ローンは住宅を購入するためのものと目的が違うので、残念ながらできません。手元に現金があるのであれば、車は現金一括で購入し、家の住宅ローンのみにするのがおすすめです。

Q3: カーローンも現金一括購入も難しい場合は?

A:車のサブスクであれば、そもそもカーローンを組む必要がなく、頭金などの初期費用も一切かからないため、返済負担率を気にする必要がない上に、最小限の負担で新車に乗り始めることができます。定額カルモくんなら業界最安水準の月々10,000円台から新車に乗ることが可能です。

※この記事は2021年12月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
ローンを組まなくても