ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

自社ローンかカーリースか、利用するならどっち?しくみや審査基準を解説

自社ローンとカーリースってどっちがいいの?おすすめのケースや審査条件の違いとは
目次上_審査に落ちた_新車乗れる

カーリースや自社ローンの審査は、銀行系ローンやディーラーローンに比べて通りやすいといわれていますが、なぜなのでしょうか。カーリースと自社ローン、それぞれのしくみや審査基準、メリットと注意点について説明します。そして、審査に通りやすいといわれる理由を解説します。

ローンに通らなかったがカーリースの審査なら通ったという方の声はこちら

  • 自社ローンは審査に通りやすいが総支払額が高くなることも
  • カーリースは初期費用不要で維持費も定額化できる
  • 好きな車を選んでお得にカーライフを始めたいならカーリースがおすすめ

自社ローンとカーリース、審査に通りやすいのはどっち?

自社ローンとカーリース、審査に通りやすいのはどっち?

自社ローンとカーリース、どちらも審査に通りやすいといわれていますが、2つを比べるとどちらのほうがより審査に通りやすいのでしょうか。どちらも気軽に車を持つ方法ですが、しくみや審査基準が異なるのでしっかり違いを確認しておきましょう。

自社ローンは審査に通りやすいといわれているが総支払額は高くなる

自社ローンのしくみ

自社ローンは自動車販売店が独自に提供しているもので、厳密にはカーローンではありません。信販会社を通さず利用者と販売店で直接契約を結ぶため、一般的なカーローンよりも審査に通りやすいといわれています。また、金融商品ではないので金利はありません。

一方で、車の本体価格に保証料や手数料が上乗せされるため、ほかのカーローンに比べて総支払額が高くなる傾向があります。ほかにも支払期間が短い、利用できる金額の上限が低い、利用できるのが中古車購入時に限定されやすいなどの使いにくさもあります。

自社ローンのメリット・デメリットを詳しく知りたい方はこちら

カーリースは利用料がお得で審査のハードルが低い

リース料金の残価設定

カーリースとは、リース会社が購入した車を、期間を定めて貸し出すサービスのことです。利用者はリース会社と契約し、月々定額の利用料を支払います。車の所有権はリース会社にあるので、契約満了時に車をリース会社に返却するのが原則です。ただし、中には車をもらえるプランやオプションを利用できるカーリースもあります。

また、カーリースの月額料金は、車両本体価格から残価を差し引いた金額を基に算出されています。残価とは車の売却時につくと想定される金額のことです。残価が引かれていることなどから、カーリースは手頃な利用料で車を貸し出すことができるのです。

さらに、カーリースは初期費用や頭金・ボーナス払いが不要で、月額料金のみで車に乗り始められます。その月額料金には、車両本体価格や手数料のほか、各種税金や自賠責保険料といった維持費も含まれるため、車に関する出費が一定となり家計の見通しが立てやすいという点も大きなメリットです。

カーリースの利用にも審査がありますが、残価設定により審査対象となる金額が抑えられるので、審査に通る可能性が高まります。また、オンライン上で簡単に審査を受けられるリース会社もあるため、カーローンに比べて審査のハードルが低いのが特徴です。

このように、自社ローンとカーリースでどちらのほうが審査に通りやすいかは一概には比べられませんが、審査対象となる金額をより抑えて新車に乗れるカーリースのほうがお得といえるのではないでしょうか。

カーリースのメリットと注意点を知りたい方はこちら

自社ローンとカーリースの審査基準とは?

自社ローンとカーリースの審査基準とは?

自社ローンとカーリースの審査について上記で解説しましたが、ここから改めてそれぞれの審査基準について解説します。審査基準を知っておくことで、審査の前に対策をとれるので、詳しく確認しておきましょう。

自社ローンの審査基準

自社ローンの審査基準は各販売店によって大きく異なります。一般的なカーローンのように信販会社を通さないため、信用情報が照会されません。そのため、過去の信用情報よりも現在の収入や勤務状況を見て、今後きちんと支払っていけるのかがチェックされます

独自の審査基準を持っていますが、無職の方や反社会的勢力についてはほかのローン同様、審査に通るのは難しいでしょう。ただし、ほかのローンとは違い販売店担当者と対面で契約するため、人柄で信用されて審査に通るというケースもあり、収入や職業に自信がなくても審査に通る可能性があるのが自社ローンの特徴といえます。

カーリースの審査基準

カーリースの審査は、自社ローンと異なり信販会社を通しています。一般的に、審査では以下の内容がチェックされているといわれています。

年収

年収はカーローンと同じく確認されます。年収が200万円以下の場合、審査通過は難しい傾向があります。しかし、年収が低くても継続的に安定した収入があるということが重視される場合もあります。

審査の際は、年収にしめる年間の返済額の割合である返済負担率がチェックされますが、返済負担率がおよそ30~35%であることが審査に通る目安とされています。カーリースは先述のとおり残価設定があり、審査対象となる金額を下げられるため、カーローンに比べて返済負担率をより抑えて審査に臨めるのです。

仕事の状況

現在どのような職業に就いているのかだけでなく、公務員なのか一般企業の会社員なのか、アルバイトなのかなども審査の基準となります。ローンを組む際に最も大切なのは返済能力の有無なので、公務員や会社員は安定して支払えると判断されやすく審査に有利に働きます。

借入状況

ほかの金融機関からの借入状況も確認されます。信販会社を通しているため信用情報を照会されます。そこには現在の借入状況がすべて記載されており、虚偽の申請はすぐに発覚してしまうため控えましょう。

ほかの借入額とあわせて支払能力があるのかを見て判断されます。住宅ローンやカードローン、携帯電話を分割払いにした料金などもチェックされる場合があるので、事前に試算しておきましょう。

信用情報

借入状況以外にも過去の返済履歴の確認として信用情報が照会されます。現在の借入れが一切なくても、過去に滞納を多く行っていた場合、今後も返済を滞らせるリスクがあるとして、審査通過は難しくなります。

信用情報は個人でも確認できるため、CIC(指定信用情報機関)に問い合わせて事前に確認しておくのがおすすめです。

なお、カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」には、利用できるか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。手軽に審査に通るか試すことができ、審査通過後に審査に通る範囲の車種を案内してもらえます。また、審査を受けたからといって契約になるわけではないので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

5分でできる定額カルモくんの「お試し審査」はこちらのバナーからどうぞ

簡単5分_お試し審査

審査をしても契約にはなりません。申込み後のキャンセルも可能です

自社ローンのメリット・デメリット

自社ローンはどんな場合に選べばいいの?

自社ローンは一般的に審査に通りやすいといわれているため、審査に不安がある方が車を持つための有力な選択肢となります。一方でしくみが見えにくく、利用を躊躇することもあるでしょう。ここでは、自社ローンのメリット・デメリットを確認していきましょう。

自社ローンのメリット

クレジットカードの支払い延滞や、住宅ローンやクレジットカードのリボ払いなど複数の借入れがあると、一般的なローン審査に通るのは難しくなります。

それに対して自社ローンは、現在の状況から支払能力を判断する傾向が強いのが特徴です。審査基準が異なるため、フリーターや自営業者、派遣社員でも一般的なカーローンより審査に通りやすくなっています。

自社ローンのデメリット

自社ローンには審査に通りやすいというメリットがある一方で、気を付けたいこともあります。ここでデメリットも見ていきましょう。

保証人や保証会社の利用を求められることがある

自社ローンでは、支払いが滞るリスクを最小限にするために、保証人を求められるケースがあります。保証人は、利用者の支払いが滞った際に代わりに支払いを求められます。また、保証人が立てられない場合、保証会社の利用をすすめられることもあります。

保証料を上乗せされる

自社ローンでは多くの場合、車両本体価格に保証料や手数料を上乗せされます。自社ローンは金融商品ではないため金利はかかりませんが、保証料として車両本体価格の10〜20%を上乗せされることがあります。

保証料の上乗せはすべての販売店が行っているわけではありませんが、予想していたよりも高額になるリスクがあり、場合によっては一般的なカーローンよりも総支払額が高くなる可能性があります。

選択肢がおもに中古車になってしまう

自社ローンは中古車販売店で扱われていることが多いため、車の選択の幅が著しく狭くなってしまう点もデメリットといえます。また自社ローンの場合、販売店が車の購入代金を立て替えるので、利用できる金額の上限がどうしても低くなってしまいます。金額の面からも、車種は限定されやすいでしょう。

支払回数が少ない

一般的なカーローンは返済回数が36~60回、多い場合120回ほどなのに対し、自社ローンは12〜36回と、かなり少ない傾向があります。支払回数が少ないほど月々の負担が増えてしまうため、生活費との兼ね合いが難しくなってしまうこともあるでしょう。

車を引き上げられる可能性がある

もし支払いが滞ってしまったときには、車を強制的に引き上げられる可能性があります。その際、車の状態によっては原状回復費用を請求されるなど思ってもみない出費が発生するケースも少なくありません。

また支払期間中はまだ名義が販売店側にあるため、販売店の倒産時には資産として引き上げられるリスクがあります。

初期費用なし!月々10,000円台から新車に乗れるカーリースはこちら

自社ローンがおすすめのケース

自社ローンがおすすめのケース

自社ローンはほかのカーローンと比べて審査に通りやすい傾向があり、収入や信用情報に不安があって銀行やディーラー、信販会社系のカーローンの審査通過が難しい方に適しています。ただし、ほかのローンよりも総支払額が割高になるので、注意が必要です。

具体的に自社ローンが向いているのは、次のようなケースです。

〈自社ローンが向いているケース〉

1. 勤続年数が浅い、転職して間もない

2. 住宅ローンやリボ払いなど複数のローンを組んでいる

3. 信用情報に不安がある

4. 自営業やパート、アルバイトなどの非正規雇用で働いている

1. 勤続年数が浅い、転職して間もない

カーローンの審査では勤続年数も審査条件のひとつになっています。一定の収入があっても勤続年数が1年未満の場合は、安定していないと判断されることが多く、転職したばかりの方はカーローンを組むことが難しくなります

しかし、自社ローンの中には「勤続年数不問」というものもあります。転職直後だったとしても、支払能力に問題がなければ審査に通ることがあります。

2. 住宅ローンやリボ払いなど複数のローンを組んでいる

銀行や信販会社のカーローン審査では、複数のローンを組んでいると審査通過が難しくなる傾向があります。しかし、自社ローンの中には、他社の返済や支払状況を参照せずに審査を行っているところもあります

3. 信用情報に不安がある

銀行や信販会社のローン審査では、銀行や消費者金融、クレジットカードの取引履歴が記載されている信用情報機関の情報を参照しています。そのため滞納や延滞の記録があると審査通過が難しくなります。

一方、自社ローンでは過去の支払状況より現在の支払能力を重視するため、過去の信用情報に問題があったとしても、審査に通る可能性があります。

4. 自営業やパート、アルバイトなどの非正規雇用で働いている

きちんと事業を営んで収益を出していたとしても、自営業者は会社員よりもカーローンの審査に通りにくい傾向があります。また、パートやアルバイト、派遣社員や契約社員など非正規雇用で働いている方も、返済能力に不安があるとされ、審査に通りにくいといわれています。

しかし自社ローンなら、自営業者や非正規雇用者であっても、安定した一定の収入があれば審査に通る可能性があります。

カーリースのメリットと注意点

カーリースのメリットと注意点

定額制で車に乗れるカーリースは、近年注目を集めている車の利用方法です。カーローンと違って、頭金などを用意しなくても気軽にカーライフをスタートできるほか、維持費も月額料金にまとめることができたり、好きな新車に乗れたりと多くのメリットがあります。利用する際の注意点と併せてご紹介します。

カーリースのメリット

カーローンを利用する場合と比較しながら、カーリースのメリットについて見ていきましょう。

初期費用がかからない

車を購入する場合、カーローンを使用しても20~30%ほどの頭金が必要です。また、車を購入すると各種税金や登録料などの初期費用も必要で、これらは車両価格の10~20%程度かかるのが一般的です。

しかし、カーリースなら、頭金が不要な上、初期費用は月額料金に含まれているので、まとまった資金がなくてもすぐに車が使えます。月々の支払いは定額なので、車にかかる費用がわかりやすく、家計の管理も簡単です。

車の維持費もコミコミにできる

カーローンを利用した場合は、ローンの返済に加えて自動車税(種別割)や自動車重量税、自賠責保険料などの維持費が別途かかります。

しかし、カーリースは月額料金にそれらの費用も含まれています。また、リース会社によっては車検や点検、整備に関する費用や、消耗品の交換費用などをカバーするメンテナンスプランがあり、加入するとカーリースの利用料と維持費をまとめて定額にできます

好きな車に乗れる

カーリースは、マイカーを購入する場合と同じように自分で好きな車を選ぶことができます。メーカー保証付きの新車を取り扱っているカーリース会社も多いので、安心して利用できるというメリットもあります。

契約期間は1年以上で設定しているカーリース会社が多く、3年や5年などで契約すれば乗換えもしやすく、いろいろな車に乗ることができます。また、10年以上の契約期間を設定できるリースサービスもあり、愛着のわいた車に乗り続けたいといった方にもおすすめです。

カーリースを利用する際の注意点

メリットの多いカーリースですが、利用する際に気を付けたいこともあります。カーリースはデメリットだらけといわれることもありますが、サービス内容をしっかりと確認してカーリース会社を選ぶことで、メリットばかりを享受できることがほとんどです。カーリースを利用する際に注意したい点について見ていきましょう。

契約期間をしっかり検討する

カーリースでは、車両本体価格から残価を差し引いた金額と諸費用を契約月数で割って月額料金が算出されます。そのため、あらかじめ決めた契約期間を途中で変更することは原則できません。もし中途解約となった場合は違約金が発生するため注意が必要です。

通常、カーリースでは3年・5年・7年など、契約期間が限定されていますが、中には1年単位で契約期間を選べるカーリース会社もあります。そのように契約期間を柔軟に決められるカーリース会社を選べば、中途解約で違約金が発生してしまうリスクを抑えられるでしょう。

制約があることに注意する

カーリースは契約満了時の残価をあらかじめ差し引いて料金を算出しますが、返却時の車の価値を担保するため、走行距離やカスタマイズに制限があることがほとんどです。もし走行距離制限を超えてしまった場合は追加料金が発生します。また、カスタマイズをした場合、返却時に原状回復費用を求められることがあります。

しかし、中には走行距離制限がなかったり、最後に車をもらえるためカスタマイズが自由にできたりといったカーリース会社もあるので、制約なくカーライフを楽しみたい方はチェックしてみましょう。

残価精算のないカーリースを選ぶ

カーリースの契約方式には、「クローズドエンド方式」と「オープンエンド方式」の2種類があります。カーリースでは、契約満了時の下取り価格である残価を先に設定しますが、オープンエンド方式の場合は返却時に残価精算があり、契約満了時の実際の車の価値と残価に差があれば精算しなければなりません。その差額が高額になることもあるため注意が必要です。

しかしクローズドエンド方式のカーリースなら、残価精算がなく最後まで安心して利用できます。契約満了時の残価精算で大きな出費があることに不安を感じる方には、クローズドエンド方式がおすすめです。

走行距離制限なし!最後に残価精算もなく車をもらえるカーリースはこちら

ローンは組めなかったがカーリースの審査に通ったという方の声

契約者Kさん

初めは車を購入しようと思いカーローンを申し込んだのですが、過去に携帯代金を払い忘れたことがあったせいで審査に落ちてしまいました。そこでどうしようかと悩んでいるときに、「業界最安値」「新車も乗れる」という点に惹かれて定額カルモくんに申し込みました。

結果は無事に合格。ずっと乗りたかった新車のダイハツ「ムーヴ」に乗れて、とてもうれしいです。定額カルモくんは、ローンよりも契約期間が長い分、月々の支払いが安くなるから審査に通りやすかったのかもしれないですね。

自社ローンよりも手軽!審査も簡単なおすすめカーリースとは

カルモくん_new

自社ローンの審査は、ほかのカーローンに比べると通りやすい傾向があります。しかし、それでも審査に通るか不安な方や、頭金や初期費用の用意が難しい方にはカーリースが向いています。中でも、前項でご紹介したKさんも利用している定額カルモくんは、業界最安水準の月額料金で利用でき、手軽にできる「お試し審査」があり特におすすめです。

ここでは、審査やカーリースの利用に不安のある方に定額カルモくんがおすすめの理由を見ていきましょう。

利用できるか「お試し審査」で簡単にチェックできる

定額カルモくんのお試し審査は、カーローンの審査よりも気軽に受けられます。残価設定で審査対象となる車両本体価格が抑えられるカーリースですが、定額カルモくんならさらに業界最安水準の料金なので、審査のハードルはぐっと低くなります

手続きは簡単、オンライン上で5分程度で済みます。審査結果は最短で翌営業日、最大3営業日で届きます。審査に通った場合、サービス担当者から契約できる範囲の車種を紹介してもらえて、車種やプランの変更ができるのもポイントです。

カーリースが利用できるかどうか気になったら、一度お試し審査でチェックしてみましょう。審査をしてもすぐに契約になるわけではありませんので、安心して試してみてください。

気軽におためし審査

カーリースのデメリットを解消している

カーリースはデメリットだらけといわれることもありますが、定額カルモくんはデメリットといわれる面のほとんどを解消したサービス設計で、顧客対応満足度98.9%*を誇ります。例えば以下のとおりです。

・契約期間が1〜11年のあいだの1年単位でライフプランに合わせて自由に選べるため、中途解約で違約金が発生するリスクが低い
・7年以上の契約で走行距離制限がないため、長距離のドライブも旅行も思いきり楽しめる
・7年以上の契約で月額プラス500円の「もらえるオプション」をつけると車を返却しなくて済むので、自分好みのカスタマイズでずっと乗り続けられる
残価精算がないので、残価との差額を心配せずに最後までずっと定額で乗り続けられる

このように、メリットの多い定額カルモくんを利用できるかは、お試し審査で簡単に確かめられます。審査に不安がある方は、まず安い車種での審査がおすすめです。審査通過後に審査に通る範囲の車種を案内してもらえるので、ぜひ気軽にチェックしてみましょう。

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

自分の状況に合った車の利用方法を選ぼう

自分の状況に合った車の利用方法を選ぼう

車を購入するための分割払いのシステムである自社ローンと、車を借りるためのカーリースは大きく性質が異なるものなので、それぞれの特徴を確認した上で自分に合うものを選択することが大切です。

カーリースなら初期費用がかからず、維持費も含めた定額払いで好きな車に乗れるというメリットがあります。お得に気軽にカーライフを始めたい、でも審査が不安という方には、カーリースの定額カルモくんをおすすめします。

定額カルモくんについてもっと詳しく知りたい方はこちら

よくある質問

Q1:自社ローンとカーリース、審査に通りやすいのは?

A:自社ローンもカーリースも審査内容が異なるため一概にはいえませんが、信用情報や年収に不安のある方には自社ローンが向いているでしょう。しかし、自社ローンでは販売店に車の権利があるため、販売店の経営が傾いたときには車を手放すことになるというリスクがあります。

Q2:自社ローンとカーリースの審査はどう違う?

A:自社ローンは信販会社を通さず独自基準で審査を行っており、保証料や手数料が上乗せされて総支払額が一般的なローンよりも高くなることがあります。カーリースの審査では、信用情報の照会などがありますが、残価設定や契約年数により審査対象となる金額を抑えられるため審査に通りやすいといわれています。

Q3:自社ローンとカーリースはどちらがいい?

A:初期費用不要で好きな新車に乗れるカーリースがおすすめです。自社ローンもカーリースも、いつでも車に乗れる点は同じですが、月々にかかる費用や税金などの維持費が異なります。手数料などで月々の負担が大きい自社ローンよりも、お得な定額料金で利用できるカーリースがいいでしょう。

※この記事は2022年2月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
カーローンよりおトクに新車