ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースで月々の料金が安いのはどこ?人気5社の月額比較と選び方

カーリースで月々の料金が安いのはどこ?格安5社の月額料金を比較
カーリースで月々の料金が安いのはどこ?格安5社の月額料金を比較
料金をチェック

月々定額で費用を抑えながら車に乗れるカーリースは、自分の好きな新車をマイカー同然に利用できることから近年人気を集めています。しかし、料金体系はカーリース会社によって異なることから、実際の月々の負担はどれくらいになるのか、どの会社のサービスが最もお得なのか、わからないという方も少なくありません。

そこで、月々が安いカーリース会社上位5社の料金を比較し、月額いくらから新車に乗れるのかを解説します。併せて、業界最安水準の月額料金でお得に新車に乗れるカーリース会社も紹介します。

業界最安水準のお得なカーリースはこちら

  • カーリースでは、月々10,000円台から新車に乗れる
  • 月額料金だけでなく、取扱車種やオプションなども考慮して選ぶのが大切
  • 月々11,390円から利用でき、利用者評価も高いカーリースがおすすめ

カーリースの月々の料金で最も安いのは?おすすめのカーリース5社を比較

〈カーリース5社の月額料金の比較〉

 定額カルモくんMOTAカーリースオリックス カーリース・オンラインニコノリもろコミ カーコンカーリース
月額料金(月々均等)*¹11,220円~11,770円~12,210円*²13,860円~14,300円~
ボーナス払いなし選択可選択可選択可選択可
ボーナス払い時の月額料金*¹5,940円~
※ボーナス月加算36,300円(年2回)
4,400円~
※ボーナス月加算47,300円(年2回)
5,500円~
※ボーナス月加算50,160円(年2回)
8,800円~
※ボーナス月加算33,000円(年2回)
月額料金に含まれるもの車両本体価格
自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
自賠責保険料
登録諸費用
仲介手数料
車両本体価格
自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
自賠責保険料登録諸費用
消費税
オプション代
車両本体価格
自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
自賠責保険料
登録諸費用
オプション代
車両本体価格
自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
自賠責保険料
登録諸費用
車検・点検費用*³
保証料
一部メンテナンス費用*⁴
車両本体価格
自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
自賠責保険料
登録諸費用
契約期間1~11年のあいだで1年単位5年・7年・11年5年・7年・9年・11年1~9年7年・9年・11年
特徴頭金・ボーナス払い不要
走行距離制限なし(7年契約以上)
契約満了時に車がもらえる
走行距離制限なし
オイル交換・
車検無料クーポン付き
契約から一定期間経過後に乗換え・返却可
契約満了時に延長可能
契約期間中ガソリン代5円/L引*⁵
契約満了時に車がもらえる
福祉車両あり

*¹ 月額料金は最長の契約期間で算出
*² 期間限定の特別価格
*³ 車検・新車1ヵ月点検・新車6ヵ月点検
*⁴ エンジンオイル交換(6ヵ月)、ウォッシャー液無料補充、バッテリー液無料補充、クーラント液無料補充
*⁵ ガソリンスタンド店舗のみ
※2022年8月時点の情報です

上の表は「カーリース」でGoogle検索した際に上位に表示されるカーリース会社の中から、月々均等払いの月額料金が安い順に5社を並べたものです。

月額料金の点ではどの会社も安めになりますが、契約内容や条件はさまざまです。自分にぴったりのカーリース会社を選ぶには、違いを理解しておくことが重要になるため、各社の特徴を詳しく見ていきましょう。

おトクにマイカー 定額カルモくん

一本化用定額カルモくん

国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っている「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、頭金・ボーナス払いなしで月々11,220円から新車に乗ることができます。

また、カーリースでは通常、走行距離制限が設けられていますが、定額カルモくんでは7年以上の契約で走行距離制限がなくなるため、超過分の精算の心配もありません

補償範囲の異なるメンテナンスプランも複数用意されており、車検代やメンテナンス費用も月額料金に含められます。長期契約の場合もメンテナンスプランを適用することで、車のコンディションを良好な状態に保ちながら、安心して新車に乗り続けることができるでしょう。

定額カルモくんは、月々の料金が業界最安水準のカーリースです。好きな新車に長期間乗りたい方や、月々の費用を安く抑えたい方におすすめです。
メンテナンスプラン以外にも、車がもらえるオプションなど独自のサービスが豊富なことから、サービス開始から4年で10万人以上が申し込んだ人気の定額カルモくんについて、詳しくはこちらをご覧ください。

カルモくんについて詳しくみる

MOTAカーリース

MOTAカーリース出典:MOTA

国産メーカーの全車種・全グレードならびにレクサスから好みの車を選べる「MOTAカーリース」では、月々11,770円から新車に乗ることができます。

ボーナス払いの有無が選択でき、月額料金を下げたい方はボーナス払いを併用して月々の負担を抑えることも可能です。また、メンテナンスパックは2種類が用意されており、加入すると車検代やメンテナンス費用も月々定額で支払えるようになります。

MOTAカーリースでは残価設定を行わない代わりに、契約満了時に必ず車がもらえます。そのため、走行距離制限はなく、車のカスタムも可能です。いずれ車を自分のものにする前提でカーリースを利用したい方におすすめのサービスといえるでしょう。

オリックス カーリース・オンライン

ORIXカーリース・オンライン出典:オリックス カーリース・オンライン

国産メーカーの全車種・全グレードから車を選べる「オリックス カーリース・オンライン」では、月々12,210円*²から新車に乗れます。

頭金やボーナス払いの有無を選択できるので、頭金で月額料金を安くして月々の負担を抑えるなど、自分に合った支払い方が可能です。
また、車検無料クーポンやオイル交換無料クーポンがもらえることから、まとまった出費をなくせます。車の維持費を抑えたい方にとってうれしい特典でしょう。

なお、契約から一定期間が経過すると、契約期間中でも車の乗換えや返却が自由に行えるのは大きなメリットです。

*² 期間限定の特別価格

ニコノリ

ニコノリ出典:ニコノリ

国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っている「ニコノリ」では、月々13,860円から新車に乗ることができます。

頭金やボーナス払いの有無が選択できるため、月々の予算に合わせて頭金やボーナス払いの金額を検討するなど、経済状況に合わせた調整がしやすいでしょう。

また、月額料金には、ウォッシャー液やバッテリー液の補充などメンテナンスに関する費用が一部含まれています。さらに、契約期間中はガソリン代が5円/L割引になる特典がついており、維持費を節約しながらお得に車に乗りたい方におすすめのカーリースといえるでしょう。

なお、契約期間を1〜9年のあいだで設定でき、契約満了時には延長も可能なので、ライフプランに合わせた柔軟な利用が可能です。

もろコミ カーコンカーリース

もろコミカーコンカーリース出典:もろコミ カーコンカーリース

国産メーカーの全車種を取り扱っている「もろコミ カーコンカーリース」では、頭金なしで月々14,300円から新車に乗れます。

ボーナス払いの有無が選択できるので、月々の料金を下げたい方はボーナス払いを併用すると
いいでしょう。

また、オプションとしてカーナビなどのアクセサリーのセットがつくものや、タイヤ交換とオイル交換も含んだメンテナンスプランなどがあり、これらを月額料金としてまとめることで、大きな出費が避けられます。

なお、契約満了時には車がもらえることや、契約満了の2年前から違約金なしで乗換えや返却が可能となるのも特徴です。契約期間は7年・9年・11年と長めなので、比較的長期の利用を想定している方に適したサービスといえるでしょう。

カーリースが月々定額で安く車に乗れるしくみ

カーリースは、月々定額の料金を支払うことでマイカー同然に車に乗れるサービスです。また、カーリース5社の比較でもご紹介したように月額10,000円前後からの利用が可能となっており、負担を抑えて新車に乗ることができます。

それではなぜ、カーリースでは月々安い定額料金で車に乗ることができるのでしょうか。その理由を見てみましょう。

利用する期間分だけ車両本体価格を支払う

カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図
カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図

一般的にカーリースでは、契約時の車両本体価格から返却時の車の予想本体価格(残価)を差し引いた金額を車両本体価格として算出します。

そのため、利用者は利用する期間分の車両本体価格のみを支払うことになり、車両本体価格の全額を支払う購入より負担を抑えられます。この残価設定により、カーリースを安く利用することが可能になっています。

総額を契約月数で割って月額料金を決める

カーリースでは、車両本体価格に諸費用などを合わせた総額を契約月数で割って、月々の料金を決めます。そのため、契約期間が長くなるほど分割できる回数が増え、月額料金が下がります。これにより、月々定額かつ安い料金で車に乗ることができるようになっています。

なお、月額料金に影響する要素として、契約月数以外に頭金やボーナス払いが挙げられます。
カーリース会社によっては月額料金を低く見せるために、頭金やボーナス払いの料金を高くしているケースがあります。そのような場合、月額料金が低く見えても頭金やボーナス払いを含むと高額になることがあるため、注意が必要です。

頭金、ボーナス払いなし!
月々10,000円台から新車に乗れるカーリースはこちら

カーリースの月額料金には何が含まれているの?

定額カルモくん料金設計

車を購入した場合、車両本体価格のほかに車の維持費や各種税金など、さまざまな費用が必要になります。
一方、月々定額で車に乗れるカーリースの場合は、月額料金の中にこれらの費用が含まれているのが一般的です。例として、定額カルモくんの月額料金に含まれる項目を上の図に示します。

月額料金に含まれる項目はカーリース会社ごとにさまざまですが、自分に合ったカーリース会社を選ぶ上で月々の料金にまとめられる項目を確認しておくことは大切です。カーリースの月額料金に含まれることが多いおもな費用と内容について、以下で確認していきましょう。

自賠責保険料

車を運転する方は、事故を起こしたときに被害者を救済するための自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)に加入する義務があります。車を購入する場合、自賠責保険料は購入時と車検時に次の車検までの期間分をまとめて支払う必要があり、まとまった出費が必要になります。

一方、カーリースの場合は自賠責保険料が月額料金に含まれていることで、購入時や車検時に大きな負担の心配がありません。

ただし、ドライバーが任意で加入する自動車保険(任意保険)料は含まれていないケースが大半です。心配な方は別途加入しておくようにしましょう。

税金や手数料

車の購入時には自動車税(種別割)や環境性能割、自動車重量税などの税金に加えて、さまざまな手数料が発生します。また、自動車税(種別割)や自動車重量税は購入時だけでなく、車を維持する上でも定期的にかかる費用です。

車を購入すると、これらの費用を支払う度に出費がかさむので、負担が大きくなりやすいでしょう。一方カーリースでは、税金や手数料は月額料金に含まれていることから、月々定額の支払いで車を維持できます。

サポート料

車に乗っていると、「こんなときどうしたらいい?」「どこに修理に出していいかわからない」という疑問や不安などが生じることもあるでしょう。

カーリースの月額料金にはサポート料も含まれているので、契約時の複雑な手続きから契約中の諸対応まで、あらゆる場面でしっかりサポートしてもらえるので安心です。

カーリースで月額料金以外に月々かかる費用は?

カーリースを契約して実際に車に乗り始めると、月額料金以外にも次のような維持費がかかります。

  • 燃料代
  • 駐車場代
  • 任意保険料
  • 車検代
  • 法定点検や消耗品交換などのメンテナンス代

なお、法定点検や消耗品の交換代といったメンテナンス費用や車検代などについては、カーリース会社が用意しているメンテナンスプランをつけることで月額料金に組み込むことも可能です。

カーリースを契約する前に、こうした月額料金以外の維持費も含めたシミュレーションをしておくことをおすすめします。

カーリースは月額料金に含まれる費用が多いほど実費の負担が減り、月々の支払いをフラットにしやすくなります。
定額カルモくんは多くの費用を定額にできる上、月額料金も業界最安水準なので、こだわりの車種に乗りながら車に関する月々の支出を予算内に抑えることも可能です。
月々の予算でどのような車種に乗れるのか、また、希望の車種の月額料金はいくらなのか、お試し審査で確認してみましょう。

月々定額で安い以外にもメリットがある?カーリースと購入の違い

頭金・ボーナス払いの図

カーリースでは、カーローンなどで購入する場合と同様に、マイカー感覚で車を利用できます。その一方で、月々の負担は購入した場合よりも抑えられます。

さらに、カーリースではカーローンよりも安い月額料金で車に乗れる以外にも、独自のしくみや特徴により、購入する場合と比べてさまざまなメリットがあります。どのようなメリットがあるのか、ここでは6つのメリットについてご紹介します。

1. 初期費用が不要

マイカー購入時には頭金や登録諸費用などでまとまった出費が発生します。これらを現金で用意できない場合、全額ローンにして負担が大きくなったり、支払える金額の中で買える車種に変更しなければならなかったりする可能性があります。

一方、カーリースの場合は頭金が不要で登録諸費用が月額料金に含まれているため、まとまった出費がありません。そのため、初期費用を抑えて車に乗りたいという方に特に向いているサービスだといえるでしょう。

2. 月々の料金に税金が含まれている

カーリースでは各種税金も月額料金に含まれているので、その都度支払う必要がありません。税金の払い忘れや、急な出費に悩まされることもなくなります。

なお、車に関する税金は、基本的に車の所有者に支払いの義務があります。マイカーの場合は自身で税金を納めなければなりませんが、カーリースの場合は車の所有者がカーリース会社になるため、カーリース会社が税金を納めてくれる点もメリットといえるでしょう。

3. 保険料も月額料金に含まれている

自賠責保険は公道を走るすべての車に加入が義務付けられており、車の購入時や車検を受ける際に納付します。

保険料は25,000〜35,000円程度で、車の排気量によって金額が変わります。マイカーの場合は自身で保険料を支払う必要がありますが、カーリースの場合は毎月の料金に自賠責保険料も含まれているので、月々の出費がフラットになり安心です。

4. メンテナンス費用を月額料金に含むことができる

車に乗っていると、経年劣化により消耗品を交換しなければならない場面も出てきます。こういったメンテナンスの時期は予測が難しく、まとめて交換が必要になるときもあります。

マイカーの場合は、これらの費用をすべて、その都度負担しなければなりません。一方カーリースでは、オプションであるメンテナンスプランなどに加入することにより、メンテナンス費用も月額料金に含められます。
そのため、急なトラブルが発生しても出費がかさむことはなく、メンテナンスの行き届いた安全な車に乗り続けられます

5. 車検や点検費用を月々の料金にまとめられる

マイカーかカーリースかにかかわらず、新車登録から3年、それ以降は2年ごとに車検を受けることが義務付けられています。また、安全に走行するためにも定期的な点検は欠かせません。

車検は普通車で10万円前後、軽自動車では70,000円前後かかることが一般的です。マイカーの場合、車検代も自身で支払う必要がありますが、カーリースの場合はメンテナンスプランなどに加入することで車検代も月額料金に含められるケースが多いです。メンテナンスプランを利用すれば、車検の度に高額な出費に悩まされることもなくなるでしょう。

6. 車の処分費用がかからない

車がいらなくなったときや乗り換えたいときは、マイカーでは売却したり廃車手続きを行ったりする必要があり、費用と手間がかかります。一方、カーリースでは契約満了後にカーリース会社に車を返却するだけなので、手続きなどが簡単で、費用も手間もかかりません。

なお、カーリース会社によっては、契約満了時に車がもらえるオプションを用意しているところもあります。費用を抑えてお得に車に乗りながら、最後はマイカーにできてしまうというのは、カーリースならではのメリットでしょう。

カーローンとカーリースで、月々の料金を安く抑えやすいのはどちら?

 ~1万円台2万円台3万円台4万円台5万円台6万円台~
カーローン購入者*¹4.1%33.9%21.3%10.1%8.3%12.4%
定額カルモくん利用者*²5.2%53.6%31.2%7.2%1.9%0.9%

*¹ 定額カルモくんが2021年8月18日~8月31日に行った、ローンを組んで車の支払いをしている全国の男女378人を対象としたインターネット調査
*² 定額カルモくんにおける2018年3月~2022年7月の契約者情報を基に算出

上の表は、カーローンで車を購入した方と、カーリースの定額カルモくんの契約者が車に支払っている月々の料金を比較したものです。カーローンもカーリースも、どちらも月額20,000円台の料金を支払っている方が最も多いですが、カーリースでは半分以上の方が月額20,000円台以下に収まっています。

また、カーローン購入者では、月々40,000円を超える料金を支払っている方が30%近くおり、40,000円台、50,000円台、60,000円台それぞれで見ても10%前後に達します
一方、カーリースでは月々40,000円を超える料金を支払っている方は全体の10%程度しかおらず、月々50,000円台と60,000円台では数%まで減少しています。

このことから、カーローンもカーリースもそれぞれ月額20,000円台になるケースが多いものの、カーリースと比べてカーローンのほうが月々の料金が高くなりやすいことがわかります。

そのため、より確実に月額料金を抑えて車に乗りたい方は、カーリースを選んでおくと安心でしょう。

業界最安水準のカーリースはこちら

月額定額なのはカーリースの大きな魅力!レンタカーやカーシェアより断然お得

車に乗る手段として、カーリース以外にもレンタカーやカーシェアリングがあります。しかし、レンタカーやカーシェアリングは数時間~数日単位での利用を前提とした料金設定となっており、月単位で乗ると月々の料金が割高になってしまう場合があります。

また、料金は使用頻度に応じて変動することで支出を一定に保てない上に、車種の選択肢が限られる点もデメリットといえるでしょう。

カーリースなら契約期間中はずっと月々の出費が変わりません。また、複数のメーカーの車を取り扱うカーリースであれば、車種の選択肢も豊富です。

契約満了時に車をそのままもらえるオプションをつければ、車をカスタマイズすることも可能なので、充実したカーライフを楽しめるでしょう。

契約してから後悔しないために!カーリースのデメリットにも注意

契約してから後悔しないために!カーリースのデメリットにも注意

カーリースはメリットの豊富なサービスですが、契約に際して注意したほうがいい点もあり、知らずに車に乗っていると違約金や追加精算を請求されてしまうケースもあります。

このようなリスクなく、安心してカーリースを利用するために、どのような点に注意するのがいいか見てみましょう。

中途解約できない

カーリースは、原則として中途解約できません。もし、ライフプランの変更や転勤などで中途解約しなければならなくなってしまうと、違約金が発生します

中途解約のリスクを下げるためには、契約期間を1年単位で設定できるなど、柔軟にプランを決められるカーリースを選ぶのがおすすめです。

走行距離制限が設けられている

カーリースの多くには走行距離制限が設けられており、超過すると追加料金を支払わなければなりません。

走行距離制限の超過を気にせず利用するには、走行距離制限に余裕があるプランを選んだり、制限をなくせるプランを利用したりすることが大切です。

残価精算が発生する可能性がある

残価精算が発生する可能性があるのもカーリースのデメリットです。契約満了時の実際の車の価値が契約時に決めた残価を下回っている場合、差額を請求されるおそれがあります。

残価精算が心配な方は、クローズドエンド方式のカーリースにしておくと契約満了時に差額を請求される心配がないため、最後まで安心して車に乗ることができるでしょう。

デメリットをカバーする独自サービスが充実しているカーリースを見る

月々の料金以外もチェック!カーリース会社の選び方

月々の料金以外もチェック!カーリース会社の選び方

数あるカーリース会社の中から自分にぴったりな会社を選ぶためには、各カーリースの月々の料金だけでなく、それ以外のポイントも比較することが大切です。カーリース会社選びの際に注目したい3つのポイントについて解説します。

カーリース選びのポイント1. 取扱車種の中に乗りたい車はある?

取扱車種のラインナップは、カーリース会社によって大きく異なります。特に、自動車メーカーが展開するカーリースの場合は、違うメーカーの車種を選べないため、乗換え時の選択肢が限られる点に注意が必要です。

一方、定額カルモくんのようなカーリース専門会社の場合は、国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っていることが多いです。まずは自分が乗りたい車を取り扱っているかどうか、あらかじめチェックしてみることをおすすめします。

カーリース選びのポイント2. 自分の車の乗り方に最も適したプランは?

カーリース会社ごとに、さまざまな独自プランが用意されています。プランの内容次第で、同じ車種で契約したとしても月額料金に大きな差が出ることもあります。

そのため、月々の料金がいくらになるかという点以外に、メンテナンスプランの有無や契約期間の長さなど、自分の車の乗り方や車が必要な期間に合ったプランがあるかも確認することが大切です。

どこのカーリース会社で契約するのが一番お得になるのか、自分のライフプランや予算を踏まえてしっかりと契約内容を比較検討するようにしましょう。

カーリース選びのポイント3. 審査や申込み手続きは簡単?

カーリースを利用するには審査に通る必要があります。また、無事審査に通過した後も、さまざまな契約手続きが発生するため、仕事や子育てで忙しい方にとっては負担になりがちです。

カーリース会社を選ぶ際は、このような契約手続きを簡単に進められるかどうかもチェックしておくと安心でしょう。例えば、定額カルモくんであれば契約手続きがすべてオンラインと郵送のみで完結するので、時間を取られることがなく、便利です。

定額カルモくんでは、「お試し審査」をあらかじめ受けておくことで、その後の車選びがスムーズになります。
審査通過後にはマイカーコンシェルジュと相談しながら自分にぴったりの車種やプランを決めていくことができ、月々の料金を予算内に抑える提案も受けられます。
申込みはオンラインで5分ほどの入力で済み、お試し審査に通過した後でもキャンセルは可能なので、車選びの手間を減らしたい方は以下のバナーから気軽に申し込んでみましょう。

月々10,000円台から新車に乗れる、利用者評価の高いカーリース

カルモくん_new

おすすめのカーリース5社でご紹介した会社のうち、定額カルモくんは月々10,000円台から新車に乗れるリーズナブルなカーリースです。サービス開始から4年で10万人以上が申し込み、顧客対応満足度も98.9*%と、利用者からの評価も非常に高い人気のサービスといえるでしょう。

以下で、定額カルモくんで月額10,000円台から利用できる車種と、豊富なメリットを詳しくご紹介します。

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

人気車種多数!月々の料金が安い新車TOP10

〈定額カルモくんで月々10,000円台から利用できる上位10車種〉

メーカー・車種新車リースの月額料金
ダイハツ「ミライース」11,220円~
トヨタ「ピクシスエポック」13,320円~
スバル「プレオプラス」14,310円~
スズキ「アルト」14,420円~
マツダ「キャロル」14,750円~
スズキ「ワゴンR」15,410円~
ダイハツ「ムーヴ」15,960円~
ダイハツ「ミラトコット」16,070円~
スズキ「スペーシア」16,400円~
スズキ「アルトラパン」16,950円~

※2022年8月19日時点の情報

上の表は、定額カルモくんで月額料金の安い10車種を順に挙げたものです。たくさんの車が月々10,000円台から利用できることがわかります。
なお、月々10,000円台から乗れる車種はほかにも多くあり、スズキ「ハスラー」やホンダ「N BOX」、ダイハツ「ムーヴキャンバス」といった人気車種もラインナップしています。

また、月々20,000円台まで広げると、コンパクトカーや話題のSUVなどの利用も可能です。月々の予算でどのような車種に乗れるのか、以下からチェックしてみましょう。

料金をチェック

メンテナンス費用を含めても安い!安心の月額定額制

メンテナンスプラン

メンテナンス費用を月々の料金にまとめられるメンテナンスプランは多くのカーリースが用意していますが、定額カルモくんのメンテナンスプランには、独自のサービスが豊富であるという特徴があります。

車検や点検などの費用も月額料金にまとめることができるほか、返却時の原状回復費用が補償されたり、メーカー保証の延長保証を契約期間中ずっと受けられたりします

そのため、メンテナンスや車検の際に急な出費が必要になることがなく、安心して車に乗り続けることができます。

7年以上の契約で走行距離無制限

カーリースでは、毎月の走行距離に制限があるケースが多いです。これは車の残価を保つために設けられているものですが、定額カルモくんの場合、7年以上の契約で全車が無償で走行距離無制限になり、好きなだけ車に乗ることができます

別途オプションプランに加入して走行距離制限をなくすなどの必要がないため、よりお得にカーライフを楽しむことができるでしょう。

乗っていた車が手に入る!「もらえるオプション」

カーリースは車の返却を前提とした利用方法ですが、定額カルモくんでは、契約満了時に車がもらえる「もらえるオプション」が用意されています。7年以上の契約をした全車種が対象で、月々500円のオプションをつけるだけで契約満了時にそのままマイカーを手に入れることができます

傷や汚れを気にせず乗りたい方や、車をカスタマイズして楽しみたい方、同じ車に長く乗りたい方などにおすすめです。

定額カルモくんは独自のサービスによるメリットが豊富であり、サービス開始から4年で10万人以上が申し込んだ人気のカーリースです。
定額カルモくんがなぜ人気なのか、理由を詳しく知りたい方は以下のバナーからチェックしてみましょう。

カルモが人気の理由

カーリースで月々10,000円台の車に乗っている方の声

定額カルモくんで月額10,000円台から乗れる車種を実際に利用している方の口コミを見てみましょう。

「一番早く一番安い車」のリクエストどおり。メンテナンスプランにも満足

利用者Yさん

Yさん(40代)・静岡県在住・ダイハツ「ミライース」を11年でご契約

定額カルモくんを利用するまでは中古車に乗っていたんですが、車検が近づいて乗換えを検討したとき、ローンを組むなら新車がいいと思ったんです。そんなときに定額カルモくんのCMを見て、月々10,000円台で新車に乗れるところに興味を持ち、申し込みました。

車検切れに間に合わせたくて「一番早く、一番安い車」とリクエストしたところ、ダイハツ「ミライース」をすすめられたんです。車検切れに間に合うように手配してもらえたし、乗り心地が良いので長距離の通勤も苦にならず、とても満足しています。

メンテナンスプランをつけたことで、車検整備代や消耗品交換費用のほか、原状回復費用も補償してもらえるので安心ですね。

問い合わせ対応もクリアで安心。燃費の良い新車で月々の維持費が下がった

契約者Kさん

Kさん(40代)・神奈川県在住・ダイハツ「ムーヴ」を11年でご契約

以前携帯代を払い忘れたことがあり、それが影響したようで新車のローン審査に通らなかったんです。そんなときにカーリースを知り、興味を持ちました。定額カルモくんに問い合わせの電話をしてみたら、受け答えがクリアで安心感があったため、利用することに決めました。

以前乗っていて性能が気に入っていたのでダイハツ「ムーヴ」を選び、メンテナンスプランにも加入しました。月々の料金は少し上がりますが、車検の度に今月はいくら必要かと考えるのは面倒ですし、同じお金を払うなら手間がなく済んでいいと思っています。

初めて新車に乗りましたが、以前乗っていた中古車より燃費が良くなって結果的に月々の維持費が下がりました。定額カルモくんで新車に乗れてよかったです。

定額カルモくんではご契約前でもLINEや電話、メールから何度でも無料で相談できます。
マイカーコンシェルジュが対応しますので、サービス内容や審査についてなど、不安な点があれば、以下のバナーから気軽に問い合わせてみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

月額料金が安いだけでなく、メリットも豊富なカーリースを選ぶようにしよう

月々の料金が安いカーリースはたくさんありますが、どのサービスを選ぶのがいいかは、月額料金だけでなく、契約期間やメンテナンスプランの内容などに基づいて判断することが大切です。

定額カルモくんであれば、業界最安水準の月額料金に加えてメンテナンスプランや車がもらえるオプションなど、サービス内容も充実しているので、月々の料金を安く保ちながら安心して車に乗り続けることができます。

また、定額カルモくんではカーリースを利用できるかどうか、「お試し審査」で気軽に確認できます。月々の料金が安くてメリットの多いカーリースを利用したい方は、まずは定額カルモくんを利用できるかどうかだけでもチェックしてみましょう。

よくある質問

Q1:月々の料金が安いカーリースはどこ?

A:定額カルモくん、MOTAカーリース、オリックス カーリース・オンライン、ニコノリ、もろコミなどが挙げられます。どのサービスも、月々10,000円台から手軽に利用できます。また、ボーナス払いを併用する場合は月々5,000円前後で利用できるカーリースもあります。

Q2:カーリースはなぜ安い月額料金で利用できるの?

A:カーリースでは、残価設定によって車両本体価格を下げるとともに、利用する期間の分だけ車両本体代を支払えばいいしくみになっています。また、総額を契約月数で割って月々の料金を算出しており、契約期間を10年などの長期に設定できることで、お得な月額料金を実現しています。

Q3:定額カルモくんは月々いくらから利用できる?

A:業界最安水準の定額カルモくんでは、月々10,000円台から好きな新車に乗れます。7年以上の契約で走行距離制限なく利用でき、さらに車がもらえるオプションをつけられるなど、サービス内容も充実。メンテナンスプラン加入で車検費用や消耗品交換費用などをカバーできるのも魅力です。

※この記事は2022年8月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
新車が1万円台