ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースは車の返却が原則だけど、残価を払えば買取りできるの?

カーリースは残価設定方式だけど買取り可能?契約形態の違いなどを解説
カーリースは残価設定方式だけど買取り可能?契約形態の違いなどを解説
貯金ゼロでも

カーリースは契約満了時に車を返却するのが原則です。その際の下取り価格である「残価」をあらかじめ設定した契約が一般的ですが、契約によっては買取りできるプランもあります。そこでカーリースの契約形態の違いや、残価や買取りのしくみについて詳しく解説します。

  • カーリースは契約形態によっては買取りも可能
  • クローズドエンド方式とオープンエンド方式では残価が異なる
  • 初心者には残価が固定のクローズドエンド方式がおすすめ

カーリースの契約満了時の選択肢

カーリースの契約満了時の選択肢

カーリースは契約満了時に車を返却するのが原則ですから、利用していた車は最終的に自分のものにはなりません。しかし、契約プランによっては車を返却する以外にも買取りができるなど、いくつかの選択肢があります。どういった選択肢があるのか、確認してみましょう。

返却して契約を終了する

まず1つ目の選択肢は、原則どおり車をそのまま返却して契約を終了することです。返却以降、車に乗る予定がないなら契約を満了します。ただし、返却する時点でリース車に大きなダメージがあれば、原状回復費用や追加費用を支払わなければならない場合があります。

そのうちの追加費用については、カーリースの契約形態によって大きく違ってきます。クローズドエンド方式とオープンエンド方式という2つの契約形態がありますが、どのように違うのかは後半で詳しく解説します。

新車へ乗り換える

2つ目は、返却すると同時に新しく2台目をリースするという選択肢です。新しく車を選んで改めて再契約します。通常車の買換えには書類の用意や実店舗での手続きが必要ですが、カーリースではリース会社の担当者の説明に従って、ネットの手続きのみで簡単に乗換え手続きが完了できるサービスも多くあります。乗換えの契約手続きが面倒でないのも、カーリースが人気の理由です。

契約を継続する

3つ目の選択肢は、車を返却せずにそのまま契約を継続することです。現在の車に満足していてそのまま乗り続けたい場合、リース契約し直すこともできます。新しく乗る車を探す手間が省けますし、使い慣れた車に乗り続けられるので、継続契約する方もいます。

ただし、継続契約すればその分費用はかかります。またカーローンと違って、カーリースは最終的に車は自分のものにもならないので、車の寿命や走行距離とリース期間を見定めて利用するのがおすすめです。

車は購入するかカーリースか、どっちが正解?

車は購入するべきか、カーリースを利用するべきか、どちらがお得なのでしょうか。

車の購入ではローンを組んで、月々返済していくのが一般的です。契約時に頭金などの初期費用はかかりますが、最終的に下取り価格が高ければ、総額ではカーリースよりもお得です。ただし、下取り価格は予想しづらく、結果的にどれほどになるかはそのときになってみなければわかりません。

反対にカーリースは初期費用がかからず、下取り価格を残価として設定し月々の利用料は抑えられているので、安心して利用できるでしょう。

とはいえ利用者の状況によって、どちらがおすすめなのかは異なります。自分の状況に合わせて、ひとつずつ検討していきましょう。

今手元に資金がないならカーリース

そもそも今手元に資金がないなら、カーリースがおすすめです。カーリースの最大のメリットは、頭金や初期費用がほとんどかからず車に乗れることです。
仮に資金があって車を一括払いで購入できるなら、それが一番お得です。しかし、多くの方はローンを組んで購入することが多いでしょう。またローンを組んで車を購入する場合、頭金や初期費用が必要になり、毎年の利息もあって支払総額は大きくなってしまいます。

カーリースは頭金や初期費用がほとんどかからず、また残価を設定して車両価格から差し引いて月額利用料を算出するシステムであり、カーローンよりもお得に利用できるので、おすすめです。

維持費に悩まされたくないならカーリース

車を購入すれば、定期的なメンテナンスや車検、事故での修理費用などの出費がその都度発生します。収入が少ないときの急な出費は、悩みのタネとなるでしょう。

しかしカーリースであれば、ある程度の維持費は月額料金に込みで、定額化することができます。例えば、メンテナンスプランに加入すれば、車検費用やメンテナンス費用などを月額料金に含めることもできます。事前に決定した月額料金の中に維持費用を含められるので、家計管理がしやすく便利に利用できます。

車を自由に乗ったり所有したいなら購入

自分の車を所有したい、もっと自由に車に乗りたいという方なら購入するのがおすすめです。走行距離を気にせず乗り回したい、自分好みにカスタマイズしたいというこだわりの強い方は、ローンを組んでも購入するほうが良いでしょう。

カーリースでも、ある程度はマイカーのように「自分の車」といった感覚で利用することはできます。リース車の所有者はカーリース会社となりますが、契約者はユーザーになり、利用したいときに乗ることができます。ただし、カーリースでは走行距離制限があったり、カスタマイズした場合は契約満了時に原状回復して返却しなければなりません。

なお、契約満了時に車がもらえるプランに加入していれば、カーリースであっても自分好みにカスタマイズすることはできます。しかしリース契約であることに変わりはないので、「自分の車」でないことを気にしてしまう方も少なくないでしょう。

売却時に値段交渉できるなら購入

車の売却時に値段交渉を自ら行うことができ、高い金額で買い取ってもらえる自信があるなら、購入のほうがいいかもしれません。買取価格についてはある程度の相場があり、また車に関する専門知識が必要となりますが、交渉次第では金額を上げることもできます。

一方、カーリースでは下取り価格を残価として初めに設定するサービスが多く、そもそもリース会社に売却するという選択肢はありません。残価をあらかじめ差し引いた利用料で契約するため、交渉次第でお得になるということもありません。

カーリースの契約満了時に残価が異なる2つの契約形態

カーローンなどで車を購入するよりも、カーリースのほうがお得だという話をご紹介してきましたが、そこでポイントとなる残価についてもう少し詳しく解説しましょう。

カーリースでは、あらかじめ契約満了後の買取価格である残価を設定し、それを車両価格から差し引き、契約月数で割ることで毎月の利用額を決めています。ただし、その残価の扱いが異なる2つの契約形態がカーリースにはあります。それがクローズドエンド方式とオープンエンド方式です。

クローズドエンド方式は追加料金が発生しない

クローズドエンド方式は、カーリースの契約満了時に手間のかからない契約形態です。買取価格である残価を契約時に設定し、その額は車両返却時まで変わりません。

乗っていた車に大きなダメージなどがあった場合は原状回復費用がかかることもあります。しかし、残価については最終的な買取価格を再計算することもなく、追加料金が発生する心配はありません。初めてカーリースを利用する方であれば、追加料金のないクローズドエンド方式が良いでしょう

オープンエンド方式は買取りが可能

オープンエンド方式では、契約時に残価を公開し、契約満了時に買取価格を再度計算し直します。そのため契約時に設定していた残価が再計算時に下回っていた場合は、その差額を追加料金として支払わなければならないリスクがあります

ただし、逆に買取価格が高くなっていた場合はその差額を受け取ることもできるので、デメリットばかりでもありません。また、オープンエンド方式では契約満了時の残価を支払えば、乗っていた車を買い取ることも可能です。これはクローズドエンド方式にはない特徴です。

契約満了後に車がもらえるカーリースも!

カルモくん_new

カーリースは契約満了後に車を返却するのが原則で、そのまま乗り続けるためには再度契約するか、買い取るかしなければなりません。しかし、中には契約満了後に利用していた車をそのままもらえるカーリースもあります。

ここでは「おトクにマイカー 定額カルモくん」の「もらえるオプション」を例に、車がもらえるプランについてご紹介します。

初心者でも安心の固定残価

残価が固定しているクローズドエンド方式を採用しているカーリースであれば、契約満了時に追加費用がかかることは基本的にありません。そのため、初心者でも安心して利用できるのでおすすめです。

定額カルモくんもクローズドエンド方式を採用しており、オプションプランが充実しています。メンテナンスプランに加入すれば、契約満了時の原状回復費用も補償されます。追加費用を支払わなくて済むため、車両返却時の余計な出費は控えたい方はぜひ検討してみてください。

契約満了時に車がもらえるプランも

カーリースによっては、契約満了時に利用していた車をそのままもらうことができるオプションプランを用意しているサービスもあります。

定額カルモくんの「もらえるオプション」は7年以上の契約であれば加入することができ、契約満了後は乗っていた車をそのままもらうことができます。走行距離制限がなくなり、カスタマイズも自由です。また原状回復費用も不要なので、買取りのための費用もかかりません。

カーリースは残価を払って買い取るよりも便利なオプションを利用する!

カーリースで利用していた車を契約満了時に買い取ることができるかどうかは、契約形態やサービスによって異なります。もし、ゆくゆくは乗り続けたいと考えているのであれば、契約する段階で検討しておくと良いでしょう。

カーリースによっては、定額カルモくんのように契約満了後に車がもらえるオプションプランを用意しているサービスもあります。定額カルモくんではたった5分で完了するお試し審査を実施していて、結果は最短で翌日にはわかります。まずは利用できるかどうか審査だけでも受けてみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:カーリースの車は契約満了時に買取りできますか?

A:オープンエンド方式なら可能です。契約満了時に行う下取り価格の再計算で、初めに設定した残価よりも高いなら、差額を受け取ることもできます。ただし下取り価格が低い場合は、その差額を上乗せして支払わなくてはなりません。

Q2:車を購入するのとカーリースではどちらがお得ですか?

A:一括払いで購入できるならそれが一番お得です。しかし、カーローンを組まなくてはいけないならカーリースのほうがお得でいいでしょう。カーリースには初期費用がかからない、月額費用が安い、わずらわしい手続きが必要ないなど多くのメリットがあります。

Q3:オープンエンド方式かクローズドエンド方式どちらがおすすめですか?

A:初めてカーリースを利用する方には、クローズドエンド方式がおすすめです。クローズドエンド方式は残価をあらかじめ設定し、契約満了時まで変更はありません。逆にオープンエンド方式は契約満了時に下取り価格を再計算し、残価を下回っていれば差額を追加料金として支払わなくてはいけません。

※この記事の情報は2022年5月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー