ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車のローン返済がきつい!となる前に知っておきたい対策や手段を紹介

車のローン返済がきついときの対処法は?負担を抑えてお得に車に乗る方法を紹介
車のローン返済がきついときの対処法は?負担を抑えてお得に車に乗る方法を紹介

ローンを組んで車を購入したものの、予定していた返済プランではきつい。返済プランが不安で契約できない。車のローン購入では、このような問題に悩まされる方もいるでしょう。もし返済中のローンがきつくなってしまったときは、どのような対処法があるのでしょうか。

そこで、車のローン返済がきつくなってしまったときの対処法について詳しく解説します。また、初期費用をかけずに、ローン購入よりも費用負担を抑えて車に乗る方法も紹介します。

  • 車のローンがきついときは、収支の見直しやローンの借り換えなどの対処法がある
  • ローンの借り換えをする際も審査を受ける必要がある
  • ローンよりも費用負担を抑えて、初期費用をかけずに車に乗れるサービスがある

車のローン返済がきついときの対処法

車のローン返済がきついときの対処法

返済中の車のローンがきついと感じたときは、まずは月々の収支を見直し、出費を抑えられる項目がないかを確認します。それでも返済が厳しい場合は、車の売却やローンの借り換えを検討しなくてはなりません。対処法について詳しく見ていきましょう。

月々の収支を見直す

車のローン返済がきついと感じたら、まずは月々の収支を見直して、節約できそうな余計な出費がないかを確認してみましょう。任意保険のプランや料金を変更できないか、使っていないサービスの月額料金を払い続けていないかなどを見直して浮いたお金があれば、ローン返済にあてることができます。

また、近い将来、収入アップできる機会があるかどうかも考えてみましょう。例えば、昇進や副業などによる収入アップが期待できるのであれば、今後ローンの支払いの負担を軽くできる可能性があります。

車を売却して得た資金をローンの返済にあてる

車のローン返済がどうしてもきつい場合は、車を売却することも検討しましょう。収支を見直しても返済の目途が立たない、改善が難しいというときは、車の売却によって得た資金でローンを返済することも可能です。車を手放すことで、車の維持費による家計への負担もなくなります。

ローンを借り換える

毎月のローンの返済額をもっと安くしたい、支払総額を減らしたい、というときは、ローンの借り換えも検討しましょう。ローンを借り換えれば、返済期間を延長して月々の返済額を減らしたり、金利の変更によって支払総額を安くしたりすることも期待できます。

車のローンの借り換えとは

車のローンの借り換えとは

車のローン返済がきついときの対処法のひとつとして、ローンの借り換えを紹介しました。ローンの借り換えとは具体的にどのような方法なのか、詳しく見ていきましょう。

新しいローン会社でローンを組み直すこと

ローンの借り換えとは、金融機関のマイカーローンやディーラーローンなどのローン会社で、すでに組んでいるローンとは別にローンを組み直すことをいいます。

例えば、すでに組んでいるローンよりも金利が低いローンに借り換えることができれば、月々の返済額や支払総額を下げることができます

ローンの借り換えには手数料がかかる

ローンの借り換えには、手数料がかかります。また、ローン会社によっては印紙代や振込手数料がかかることもあるため、金利だけでなく諸経費を考えて検討しましょう。

諸経費も踏まえて月々の返済額や支払総額を比較し、借り換えをして本当にローン返済の負担が軽くなるのかを判断しなくてはなりません。

借り換えは残債があっても申込み可能

ローンの借り換えは、残債がある場合でも申込むことができます。すでに組んでいたローンの返済を、新たに組んだローンで返済していくこととなるため、残債が多いほど、借り換えによって受ける影響は大きくなります。

借り換えずに新車に乗り換える方法を知りたい方はこちら

ローンを借り換えるメリット

ローンを借り換えるメリット

ローンの借り換えが上手くいけば、それまでに契約していたローンよりも返済額を下げることができます。ほかにも、ローンの借り換えによって期待できるメリットには、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

車を手放さずに済む

ローンの返済ができなくなると、最終的に車は差し押さえられ、売却することになります。しかし借り換えが上手くいけば、毎月のローン返済を無理のない範囲に調整することができ、車を保有し続けることができます。

金利を見直して返済額を下げられる

ローンの借り換えは、金利の見直しによって返済額を減らすことができるのも大きなメリットのひとつです。例えば、金利5%のマイカーローンから、金利1~2%と金利の低い銀行系ローンへの借り換えに成功すれば、金利を3~4%抑えることができます。車のローンの借入額は100万円を超える場合が多いため、金利による返済額への影響は大きいでしょう。

ただし、ローンの借り換えには手数料などの諸経費もかかるため、諸経費を含めた支払総額で判断することが大切です。

返済期間を延長して月々の返済額を減らせる

ローンの借り換えでは、返済期間を延長することもできます。最初のローンでは12回払いに設定していた返済期間を24回払いに変更すれば、月々の返済額を大幅に軽減し、無理なく返済し続けることができます。
ただし、返済期間を延長するということは、そのぶん利息が増えるため、支払総額が高くなります。最終的な支払総額はいくらになるのか、その金額を完済しても所有し続けたい車なのかを考慮して検討しましょう。

ローンを借り換える際の注意点

ローンを借り換える際は、いくつか注意点があります。特にローンの審査に通るか不安がある方は、審査への対策を行った上で申込むことをおすすめします。そのポイントを詳しくご紹介します。

借り換えにも審査がある

車のローンを借り換えるときは、新規のローンの申込みと同じように、審査に通過しなくてはなりません。申込みの際は、本人確認書類のほか、ローン対象となる車の車検や借り換え前のローンから繰上げ返済する金額がわかる書類などの提出も求められます。

審査基準はローン会社によってさまざまです。例えば、銀行系ローンは金利が低いぶん、ほかのローンと比べると審査基準がきびしく年収や勤続年数に一定の条件があり、借り換えできるまで手間がかかります。

ディーラーローンの審査は銀行系ローンと比べると通りやすいですが、金利は高い傾向にあります。しかし、銀行系ローンほど審査に手間や時間はかかりません。

審査に落ちないための対策

審査に落ちずスムーズにローンの借り換えるができるように、対策をしておきましょう。ここでは、ローン審査に落ちないためにしておきたい、3つの対策をご紹介します。

・勤続年数が長い状態で申込む
車のローンの審査で見られる項目のひとつに、勤続年数があります。勤続年数が短いほど収入が不安定だと判断されるため、できるだけ勤続年数が長い状態で申込むことをおすすめします。ローン会社によっては、勤続年数が1年以上でないと審査に通らないなど、一定の基準を設けているところもあります。

・ほかのローンや借入を利用していないときに申込む
ローン審査では、ほかの金融機関やローン会社からの借入状況をチェックされます。ほかの機関からの借入が多いほど審査で不利になってしまうため、他社のローンや借入をしていない状態で申込みましょう。また、複数の機関へ同時に申込むことも避けましょう。

・ローンやクレジットカード、税金などの支払いを滞納しない
ローンやクレジットカードの返済や後払い請求、税金などの支払いを滞納すると信用情報に傷が付き、審査で不利になってしまいます。支払期限があるものは必ず守り、審査に通りやすい状態で審査に申込むことが大切です。

まずは審査

車のローン返済がきつい!もし滞納したらどうなるの?

車のローン返済がきつい!もし滞納したらどうなるの?

実際に、車のローンを滞納したらどうなるのでしょうか。

まずは、引落日に返済額が支払えず、車のローンを滞納したままにすると、引落日から数日以内に督促状が送られてきたり、電話で連絡が来たりします。

さらにそのまま滞納を解消できなければ、再度督促がかかり、最終的には車を差し押さえられてしまいます。車の差し押さえが執行されるのは、ローンの引き落としができなかった日から、約1ヵ月半~3ヵ月ほどの場合が多いようです。

差し押さえられた車は売却され、売却額がローン残高よりも足りない場合は、引き続き不足分を返済しなければなりません。反対に売却額がローン残高を上回った場合は、精算して返金されます。

なお、車を差し押さえられた場合でも、支払期日までに返済できれば車が返ってくることもあります。この場合は、残りのローン全額を支払わなければならないこともあるようです。

車のローン返済がきつくてもやってはいけないこと

車のローン返済がきつくてもやってはいけないこと

車のローン返済がきつくてもやってはいけないことが、複数のローン会社から借り入れる多重ローンです。多重ローンによって借入額を増やせたとしても、結果的に返済総額が増えて、さらに返済に苦しむことになってしまいます。

ローンの借り換えは新しいローンだけで返済していくため、負担が増えるということはありません。しかし、複数のローンを組んで借入額を増やす多重ローンでは、逆に負担が増えてしまいます。車のローン返済がきつくても、多重ローン以外の方法で対処するようにしましょう。

きつくならない車のローン返済額は?

無理なく車のローンを返済していくには、毎月の返済額をきつくならない範囲で設定することが大切です。
カーリースの定額カルモくんが実施した車のローンについてのインターネット調査を基に、ローンの返済額がいくらくらいならきつくならないのかを見ていきましょう。

車のローンの頭金はいくら入れる?

Q6. 頭金はいくらですか?

車のローンについての調査の回答では、頭金やボーナス払いについては、56.7%が「ある」と回答。また、「100万円以上、200万円未満」と回答した方が最も多いという結果になりました。

車のローン返済の妥当額は?

Q3. 月々のお支払い金額はいくらですか?

月々の車のローンの返済額で最も多かったのは、「頭金・ボーナスあり、月々20,000円の5年払い」でした。頭金とボーナス払いでまとまった金額を支払いつつ、毎月20,000円ずつ返済していくというプランです。

しかし、月々のローン返済額については、半数を超える方が「もっと少ないほうがいい」と回答しています。月々の返済に加えて頭金やボーナス払いの出費もあり、さらに車の維持費もかかるとなると、毎月20,000円ずつ返済していくのはきついと感じている方も多いようです。

車のローン返済年数は平均何年?

Q1. 何年ローンを組んでいますか?

車のローンの返済年数について最も多かったのが「5年」(37.3%)で、「3年」(17.0%)、「10年」(11.3%)と続きます。

また、車のローンの返済年数を「月々の支払可能額から計算して決めた」と回答した方も多くいました。ローン返済がきつくならないように、車の保有期間に合わせて返済期間を検討し、無理のないローンの返済計画を立てていきましょう。

ローン返済がきついなら、費用負担を抑えて車に乗れるカーリースがおすすめ

ローン返済がきついなら、費用負担を抑えて車に乗れるカーリースがおすすめ

車の一括購入ができない場合に便利なカーローンですが、ボーナス払いの月があったり金利による負担が大きかったりと、ローン返済がきつくなってしまう可能性があります。また、収支の見直しやローンの借り換えは手間がかかる上、必ずしも負担を軽くできるわけではありません。

そこでおすすめなのが、費用負担を抑えながら新車に乗ることができるカーリースです。なぜカーリースなら費用負担を抑えられるのか、その理由を見ていきましょう。

初期費用なしで車に乗れる

頭金ボーナス0円_PC
頭金ボーナス0円_SP

カーリースは、月々の定額制で好きな新車に乗れる車のサブスクリプションサービスです。
車のローン返済では、頭金やボーナス払いによるまとまった出費を大きな負担に感じる方も多いですが、カーリースは頭金やボーナス払い不要で利用することができます。そのため、貯金や返済に不安のある方でも、気軽にカーライフをスタートできるでしょう。

ローンよりも維持費を抑えてお得に車に乗れる

車のローンは、月々20,000~30,000円支払っているという方が多い一方で、カーリースでは月額10,000円台から新車に乗れるものもあります。

また、毎月のリース料金には各種税金、自賠責保険料、車検基本料などの諸経費も含まれているため、月々の車関連の支払いを定額化することが可能です。ローンの場合は車の維持費が別途かかるものですが、カーリースはほとんどの維持費を定額化できるので、まとまった維持費の支出の心配もありません。

カーリースの定額カルモくんならローン返済よりも負担を抑えられる!

カルモくん_new

カーリースの定額カルモくんは、好きな新車に費用負担を抑えて乗ることができるカーリースです。国産の全車種から好きな車を選べて、さらにネット審査でよりスピーディーに車に乗れるなど、初めてカーリースを利用する方でも安心なサービスが充実しています。そんな定額カルモくんが、なぜお得に車に乗れるのかその理由をご紹介します。

月々12,490円から新車に乗れる業界最安水準*のカーリース

数あるカーリースの中でも、定額カルモくんは業界最安水準のカーリース*としてサービスを提供しています。あらかじめ車両本体価格から残価を差し引いた上でリース料金を決めるため、新車でもローンや一括購入よりも費用負担を抑えて乗ることができます

また、契約満了時の残価精算がないクローズドエンド方式を採用しており、ボーナス払いや頭金も不要のため、初期費用いらずの月額定額制で車に乗ることができます。

* 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

メンテナンスプランなら車検代なども定額化できる

カルモくんでできること

定額カルモくんのメンテナンスプランに加入すれば、車の整備・メンテナンス費も月々のリース料金に組み込み、定額化することができます

メンテナンスプランは補償範囲に応じて3つのプランから選べます。最も補償範囲の充実したプラチナプランなら、車検代はもちろん、メーカー保証と同等の保証を契約期間中ずっと受けられるため、車の維持費の大部分が月額固定になるので安心です。

さらに、7年以上の契約の場合、月額500円のオプションに加入すると、契約満了時に追加支払いなしでそのまま車がもらえます。契約満了後も、乗り慣れた車に乗り続けたいという方にもおすすめです。

ネットで簡単申込み!車選びから納車までの手続きも簡単

定額カルモくんはネットから簡単に申込めるため、来店は不要です。車種選びから申込み、契約まですべてネットと郵送手続きで完結し、車は自宅に納車されます。また、車種選びから契約プランの相談までサポートデスクによるサポートを受けられるため、初めてのカーリース利用でも安心です。

月額1万円台の車でお試し審査_追従

車のローンがきついときは毎月定額・初期費用なしで利用できるカーリースがおすすめ

車のローン返済がきついときは月々の収支を見直す必要があります。それでも返済が厳しい場合は、車の売却やローンの借り換えも検討しなくてはなりません。しかし、返済の滞納や複数の会社から借り入れる多重ローンは、かえって負担が大きくなってしまうため絶対に避けましょう。

初期費用なしの完全定額制で利用できる定額カルモくんのようなカーリースなら、ローンよりも月々の支払いを抑えつつ、車に乗ることも可能です。無理のない出費で安心して車に乗れるサービスとして、カーリースも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:車のローン返済がきついときの対処法は?

A:車のローン返済がきついときは、まずは月々の収支を見直し、返済にあてられるお金がないか検討しましょう。それでも返済が難しければ、車を売却して得た資金を返済にあてる、ローンを借り換える、という選択肢を考える必要があります。

Q2:車のローン返済がきつくてもやってはけないことは?

A:車のローン返済がきつくても、複数のローン会社から同時に借り入れる多重ローンをするのはやめましょう。一時的に借入額を増やせたとしても、最終的には返済総額が増えて、さらに返済に苦しむことになってしまいます。

Q3:定額カルモくんなら貯金があまりなくても費用負担を抑えて車に乗れるのはなぜ?

A:定額カルモくんは、月々10,000円台から新車に乗れるカーリースです。残価精算がないクローズドエンド方式を採用しており、ボーナス払いや頭金も不要なため、初期費用なしの月額定額制で車に乗ることができます。メンテナンスプランに加入すると、車検代などの車の維持費も月額定額化できます。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる