ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車のローン地獄にはまらないためには?FPおすすめの計画的なマイカーライフを送る方法とは

車のローン地獄にはまらないためには?計画的にマイカーライフを送るための方法

憧れの車に乗りたいという願望から、ついつい陥りがちな車のローン地獄。身の丈以上のローンを組んでしまったがために、ステータスは手に入れられても返済に追われる日々…。そのようなことにならないためにも、マイカーライフは計画的に送ることが大切です。
ここでは、ローン地獄に陥らないために知っておきたいことやその方法などをご紹介します。

  • ローン地獄に陥らないためには、収入に見合った返済計画が重要
  • ローンの頭金は車両価格の20~30%が目安
  • リースならローン地獄の心配はいらない!

ローン地獄の心配もなく、月々10,000円台から新車に乗れるリースを知っていますか?カーリースは、新車に10,000円台から乗れると注目されている、新しい車の乗り方です。10,000円台で新車に乗れる理由は、こちらのバナーをチェック!

新車を1万円

20代や30代は車のローン地獄に要注意!

マイカー購入ではほとんどの方がローンを組みますが、ときにローン地獄に陥ってしまうというケースがあります。なぜそうなってしまうのか、その理由やローンの罠についてみていきましょう。

どうしてローン地獄に陥ってしまうの?

クレジットカードやショッピングローンを使って、収入に見合わない買い物をすることで、月々の返済に追われてしまうことをローン地獄と呼びます。特に若いときはステータス欲しさや見栄もあって、金額の高い車を買ってしまうという方も少なくありません。走行性能重視の車やサイズが大きい車は維持費もかさむので、長期的に維持するのが難しくなる可能性があります。

知っておきたい車のローンの罠

近年、「残価設定型」というタイプのローンを使う方が増えてきました。残価設定とは、購入する車の数年後の下取り価格をあらかじめ決めておき、その価格を購入価格から引くことで、月々の支払額を抑えることができるというものです。
しかし、ローン満了時、精算時に想定していた残価よりも査定価格が下回った場合には、その差額を負担しなくてはいけません。そのため、その差額が払えずに、次の乗り換えをした車のローンに差額分を上乗せして支払い、結果、月々の支払額が高額になるというケースがあります。

ローンを組むときに気をつけたいこと

車を購入する際は、頭金や返済期間などのローンの返済計画を慎重に検討することが大切です。
実際に車のローンを組むときの頭金相場としては、車両価格の20~30%が目安になります。頭金は必ずしも必要ではありませんが、本体価格から頭金を差し引いた額がローンの対象となるので、頭金が多いほどローンの借入額を下げられます。

返済期間は銀行やディーラーなどローンの種類にもよりますが、6~10年などで組むのが一般的です。長期に設定すればそれだけ月々の返済金額を抑えることができますが、車のローンは元金と利息を返済するものです。したがって返済期間が長期となる場合は、それだけ多くの利息も支払わなければなりません。

無理せずマイカーライフを送るには?

無理せずマイカーライフを送るには?

ローンを使用すること自体が悪いことなのではなく、目先の安さに気を取られすぎると後悔してしまうこともあるので、無理のない範囲で車選びや利用方法を決めることが大切です。
ここでは、無理せずマイカーライフを送るための方法についてご紹介します。

1. 安い新車を買う

例えば軽自動車は、ほかの車のクラスの中でも比較的価格が安く、燃費も良い車種が多いのが特徴です。そのため、ローンを組んだ際の月々の支払いを抑えることができます。ほかにも、ガソリン代や高速代、税金などの維持費も普通車と比べて安く設定されているので、軽自動車は全体的に費用を抑えることができるでしょう。
このように、安い新車はあります。支払える金額を考えて、身の丈に合った車を探すというのが、ローン地獄を回避する方法のひとつです。

2. 中古車を買う

欲しい車が決まっているけど新車では高い。そのようなときは中古車という選択もあります。しかし、中古車は走行距離や外見の状態を見ただけではエンジンなどの内部の良し悪しは判断がつきにくいもの。車の整備状況など素人にはわからないことも多いため、購入金額を抑えることができても、購入後のメンテナンスにお金がかかってしまうこともあるので慎重に選ぶ必要があります。

3. リースで支出を一定にする

購入することにこだわらないのであれば、定額制でマイカーのように車に乗れるリースがおすすめです。月額料金には、初期費用や税金、自賠責保険料などが含まれているので、車の出費を一定に保つことができます。また、オプションのメンテナンスプランをつけることで、維持費も一定にできるので、しっかりメンテナンスをしながらマイカーのように車に乗ることができます。

4. カーシェアやレンタカーを利用する

利用頻度があまり高くないときは、カーシェアやレンタカーを利用することで無駄なく車を利用することができます。その都度予約をしたりしなくてはいけないので、マイカーやリースと比べると手間はかかりますし、使いたいときに必ず使うことができない可能性もありますが、利用頻度によっては一番の出費を抑える方法になります。

ローン地獄から逃れる方法。FPもおすすめするリースって何がいいの?

ローン地獄から逃れる方法。最近よく聞くリースって何がいいの?

リースは、これまでは法人向けのサービスとして主流だった車の乗り方ですが、最近ではマイカー同様に個人で利用するケースが当たり前になってきています。なんとなくお得なイメージはあっても、詳しいメリットまではわからないという方もいるのではないでしょうか。
そこで、ファイナンシャルプランナー花輪陽子さんのお話を基に、知っておきたいリースのメリットについて詳しくみていきましょう。

メリット1. 月々の支払いが定額

リースは定額制で車に乗れるサブスクリプションサービスで、契約時にあらかじめ設定した期間中は毎月定額で利用することができます。リース料金の中に法定費用がすべて含まれている点もメリットといえるでしょう。リース会社によっては、点検や車検などのメンテナンスもオプションプランで定額にすることが可能です。リース会社や選ぶプランによっては自己負担となるケースもあるので、自分に合ったサービスを選びましょう。

メリット2. 家計管理がしやすい

家計の支出の中には毎月発生する通常支出と、年に一度など特別なときに発生する特別支出があります。リースの月額料金には、車の購入時にかかる初期費用や税金などの維持費が含まれています。つまり通常支出として管理できるため、時期や頻度がバラバラの維持費を別々に支払う必要がなく、車に関する支出を一定にすることができるので、家計管理がしやすくなります

メリット3. 手間がかからない

マイカーと違ってリースでは、車の購入に必要な手続きなどもリース会社が行います。また、審査申込みをオンラインでできるリースサービスもあり、来店や書類を持参する手間がかかりません。当然、ディーラーとの面倒な価格交渉なども不要です。
中でも、定額カルモくんはオンラインで審査申込みができるだけでなく、郵送での契約後、自宅まで納車してくれるので、自宅にいながら車選びができます。

料金をチェック

ローンとリースってどう違うの?

車の購入を考える際、これまではローンを利用するのが一般的でしたが、最近では定額制のリースを選ぶ方も増えています。では、実際にどういった違いがあるのか、それぞれの特徴や5年間ローンやリースを利用したときの費用について見ていきましょう。

ローンとカーリースの特徴を比較

ローンとカーリースの特徴について、詳しくご紹介します。

・ローン
自動車ローンは、現在は低金利なのでお得と考える方も多いと思いますが、元金とともに利息を払っていかなくてはいけません。また、頭金が必要となるケースや、金利がかかるなどの特徴もあります。さらに、完済するまでは、ローン会社に所有権があるため、ローン返済中に車を売ったり譲ったりすることができません。ほかにも、車検やメンテナンス費用などが別途必要となります。

・カーリース
カーリースではローンのように頭金を用意する必要がありません。さらに、月々の料金には自賠責保険料や各種税金などが含まれています。また、メンテナンスや車検などの維持費も定額にすることができるので、家計管理がしやすいのも特徴です。ほかにも、月間走行距離に制限がありますが、定額カルモくんのように、月間の上限走行距離が1,500kmなどのサービスを選べば、日本人の平均月間走行距離370kmと比べても、安心の上限走行距離といえます。

5年間、ローンとリースを利用したときの違いは?

人気のハイブリッドカー、トヨタ「アクア」のベースグレード(Lグレード)を例に、残価設定型で5年間ローンを利用した場合と、定額カルモくんの5年契約で、毎月の料金を比較してみましょう。

〈ローンとリースを5年契約した場合〉

トヨタ アクア残価設定型ローン※カーリース契約
月額料金月々31,100円
(初回のみ35,255円)
34,870円
(税金・自賠責保険料などを含む)
支払総額220万2,715円
(月々の返済額+手数料)
209万2,200円
その他の
維持費
税金・自賠責保険料・任意保険料・
車検費用・燃料代・駐車料金など
任意保険料・燃料代・駐車料金など
車検費用(法定費用は除く)

 

※トヨタ見積りシミュレーションにて、残価設定型プラン60回払い(オンライン)参照

月々の費用はどちらも30,000円台ですが、カーリースの月額料金には車検時の法定費用(自賠責保険料や税金など)や諸費用などが含まれています。さらに、車検や点検などのメンテナンス費用も定額にできるので、家計の負担になりがちな車の維持費もフラットにすることが可能です。

ローンとリースの違いについてもっと詳しく知りたい方はこちら

安心してリース車に乗るなら「定額カルモくん」がおすすめ

カルモくん_new

車をローンで購入するとなると毎月の返済はもちろん、長期にわたって維持費もかかります。車に関わる税金や保険料なども返済額とは別に用意する必要があるでしょう。しかし、カーリースの定額カルモくん なら、毎月定額のリース料に税金や保険料が含まれているので安心です。定額カルモくんのサービスについてご紹介します。

頭金なしで、好きな新車に乗れる

定額カルモくんでは頭金なしでの契約が可能なため、貯金がなくても、車が必要なタイミングで、オンラインでの車選びが始められます。さらに、国産メーカーのすべての車種・グレードを取り扱っているので、乗りたい車を見つけられるでしょう。頭金や初期費用を気にせず、定額で好きな新車に乗れるのは、定額カルモくんならではの魅力です。

車の維持費も心配いらずの「メンテナンスプラン」

定額カルモくんの料金には、新車購入時にかかる税金や保険料が含まれています。車を維持するためには、維持費が必要となりますが、定額カルモくんには、充実したメンテナンスプランがあるので、用途や希望に合わせて必要なプラン選びが可能です。

メンテバナー

月々500円(税込)で車がもらえる「もらえるオプション」

リースでは契約満了時に車を返却することが原則ですが、定額カルモくんでは月々500円(税込)を支払うことで、契約満了時に車がもらえる「もらえるオプション」も用意しています。もらえるオプションの利用には車種や契約期間などの条件がありますが、月々ワンコインで車がマイカーになるのはとても魅力的ではないでしょうか。

多くの魅力があるリースですが、審査に通るか不安な方もいるのではないでしょうか。そんな方には、たった5分でできる定額カルモくんのクイック審査がおすすめです。審査後のキャンセルや車種変更、オプションの変更などについても相談可能なので安心してトライできます。

まずは審査

リースならローン地獄の心配不要!

マイカー購入時、車両価格だけを気にしてローンを組んだ場合、想定よりも維持費がかかってしまって返済が苦しくなるというのはよくあること。しかし、リースであれば維持費もすべてコミコミの料金が毎月の支払額になるので、契約前のイメージもつきやすく、支払いの計画も立てやすくなります。計画的に理想の車に乗りたいという方に、リースはおすすめの利用方法といえるでしょう。

よくある質問

Q1:ローン地獄にはまるのはどうして?

A:欲望や見栄で収入に見合わない車を買ってしまうと、ローン地獄にはまってしまう可能性があります。高額な車は維持費も高いので結果的にローンの支払いがきつくなってしまいます。また、近年増えている残価設定ローンを利用すると、乗り換え時の差額負担が次の車のローンに上乗せされるので、ローンの支払いが高額になるというケースも見受けられます。

Q2:ローン地獄に陥らないためには?

A:軽自動車などの安い車を選んだり、新車より車両価格を抑えられる中古車を購入したりするほかにも、頻繁に車を使用しないのであればカーシェアやレンタカーを利用するなど、収入に見合った車選びや利用方法をすることが大切です。

Q3:カーリースであればローン地獄とは無縁?

A:カーリースでは購入時には別途用意しなければならない税金や自賠責保険料などの費用が月額料金に含まれています。そのため契約前でも支払いのイメージが付きやすく、計画的に利用できるのではないでしょうか。

※記事の内容は2021年3月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー