ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

短期の車のサブスクは1ヶ月から利用できる!おすすめ7社の特徴も紹介

短期の車のサブスクは1ヶ月から利用できる!おすすめ7社の特徴も紹介
短期の車のサブスクは1ヶ月から利用できる!おすすめ7社の特徴も紹介

車のサブスクは、数年単位の長期契約を利用条件としている会社が多くありますが、中には最短1ヵ月からなど、短期契約可能な車のサブスクもあります。

ただし、短期契約が可能という点は同じであっても、月額料金や設定可能な契約期間は車のサブスク会社によって異なります。また、短期の車のサブスクならではの注意点もあるため、事前に押さえておくことが必要です。

そこで、短期の車のサブスクの選び方のポイントや注意点などについて、おすすめの短期の車のサブスク7社の特徴と併せて解説します。

短期利用にもおすすめ!
今人気の車のサブスクを見る

  • 車のサブスクは最短1ヵ月から数ヵ月程度という短期の利用もできる
  • 短期の車のサブスクには、取扱車種は中古車のみ、保証金が必要などの注意点もある
  • 利用期間が延びる可能性がある場合には、新車に乗れる長期の車のサブスクがおすすめ

車のサブスクとは?短期で利用する場合の5つのメリット

車のサブスクとは?短期で利用する場合の5つのメリット

車のサブスクとは、車両本体価格や法定費用などを含めた月々定額の料金を支払うことで、利用したい期間だけマイカーのように新車に乗れるサービスです。契約期間は1年以上が一般的ですが、中には1ヵ月から数ヵ月間の利用が可能な車のサブスクもあります。

短期間だけ車が必要なときは、車のサブスクを利用することで次のようなメリットが得られます。

短期の車のサブスクのメリット1. レンタカー・カーシェアより割安の傾向がある

短期間だけ車が必要な場合の選択肢として、短期の車のサブスク以外にもレンタカーやカーシェアが挙げられます。ただし、レンタカーやカーシェアは基本的に利用時間や日数に応じて料金が加算されるしくみのため、車の利用頻度が増えた場合は割高になってしまいがちです。

その点、短期利用が可能な車のサブスクは、利用頻度で月々の支払額が変わることがありません。あらかじめ決められた定額料金を支払えばいいので、急な出費の心配なく利用できます。また、レンタカーと違って自身でマイカーのように車を管理でき、いつでも自由に乗れる点もメリットです。

短期の車のサブスクのメリット2. 中途解約のリスクを抑えられる

車のサブスクは、契約期間にかかわらず基本的に中途解約することができません。やむをえない事情で解約することになった場合は、高額な違約金を請求されることがほとんどのため、注意が必要です。

特に長期契約の場合は、今後の家計状況やライフスタイルの変化を想定しきれないだけに、中途解約のリスクはどうしても高くなってしまうでしょう。

その点、短期の車のサブスクであれば必要最低限の期間で契約できるため、中途解約のリスクを最小限に抑えることができます。利用期間を延長できる車のサブスクなら、解約リスクを抑えながら契約満了時に「もう少し乗り続ける」という選択もできて、より安心です。

短期の車のサブスクのメリット3. 長期契約より納車が早い傾向

短期利用が可能な車のサブスクでは、基本的に中古車を利用することになります。中古車の場合はすでに在庫があるため、納車が早い点がメリットです。

新車のサブスクであれば、車が届くまでに1~3ヵ月程度かかるのが一般的です。一方、中古車の場合は数日から数週間程度で納車されることがほとんどなので、車が急遽必要になった場合でも間に合う可能性が高いでしょう。

短期の車サブスクのメリット4. 短期間でさまざまな車に乗れる

気軽に車を乗り換えられる点は車のサブスクのメリットですが、一般的な車のサブスクの場合、3年・5年・7年などある程度まとまった期間で契約する必要があるため、その期間内は原則同じ車に乗り続けなければなりません。

その点、短期利用が可能な車のサブスクであれば、数ヵ月ごとに車を乗り換えることも可能です。短期間でさまざまな車を楽しみたい方にとって、この点はメリットが大きいでしょう。

短期の車のサブスクのメリット5. 短期でも「わ」や「れ」ナンバーにならない

車のサブスクでは、レンタカーのように「わ」や「れ」ナンバーにはならず、自家用車と同じナンバーを使える点がメリットです。これは短期の車のサブスクであっても同様で、1ヵ月などの超短期契約の場合でも、一般的に自家用車ナンバーが利用できます

車のサブスク会社によっては、希望のナンバーを選べるところもあるため、自身の好きな数字を組み合わせて楽しむといったことも可能でしょう。

4年で10万人_メリット豊富なサブスク

口コミからもわかる短期の車のサブスクのニーズの高さ

口コミからもわかる短期の車のサブスクのニーズの高さ

短期利用可能な車のサブスクにはさまざまなメリットがありますが、その利便性の高さから実際に多くの方が短期の車のサブスクの利用を検討しています。

2園送迎になるとカーシェアではきびしい……

北海道の冬は四駆が必須!

エアコンなしの車はつらい……

単身赴任で短期の安い車サブスクを探し中

子供の送迎、季節限定、単身赴任など、短期的に車が必要な理由はさまざまですが、短期利用が可能な車のサブスクであれば、どのようなニーズにもうまくマッチしてくれるでしょう。

一時的な利用であってもマイカーのように自由に使えたり、どれだけ乗っても料金が変わらなかったりとメリットが複数あることから、短期的に車が必要な場合の有力な選択肢として、多くの方に選ばれていることがわかります。

短期間だけ利用できる車のサブスク7社

  ​​ニコリース ニチゴカーリース ホンダマンスリーオーナー アラジン ノレル カーズアップエイト カードレス 
月額料金 29,000円~ 16,000円〜 29,800円~ 10,000円~ 16,280円〜 16,500円~ 16,500円~ 
契約期間 1ヵ月~
(延長可能 *¹) 
しっかりコース(軽自動車) 1ヵ月〜
しっかりコース(普通車) 6ヵ月〜
お手軽コース(軽自動車) 1〜6ヵ月
お手軽コース(普通車) 2~6ヵ月〜 
1ヵ月以上~11ヵ月 6ヵ月~ 新車プラン 1~9年 
中古車プラン 90日ごと、1・2年ごと、4・6年ごと 
マンスリープラン 30日ごと 
3ヵ月~ 2ヵ月~ 
利用条件 初期費用あり
走行距離制限あり 
初期費用あり
走行距離制限あり 
初期費用なし
走行距離制限あり 
初期費用(任意保険料の支払い)あり 
走行距離制限要問合せ 
初期費用あり
走行距離制限あり 
初期費用あり
走行距離制限なし 
初期費用あり
走行距離制限要問合せ 
保証金 あり なし*²なし 要問合せ なし なし なし 

※2022年11月時点の情報です
*¹ 一括前納の場合は契約更新手数料11,000円が必要。クレジットカード月払いの場合は手数料なしで自動更新
*² 預り金あり。車両返却時に清算がなければ返金

短期の車のサブスクは、会社によって月額料金や契約可能期間、利用条件などが異なるため、事前に各社の特徴を知った上で、自身の希望に合うところを選ぶことが大切です。

ここでは、2022年10月26日時点で「車のサブスク 1ヵ月」で検索した際に上位表示された15社のうち、1年未満の短期利用が可能で全国または複数地域でサービスを展開している車のサブスク7社をご紹介します。

短期の車のサブスク「ニコリース」

短期の車のサブスク「ニコリース」出典:ニコリース

月額料金 26,000円~ 
契約期間 1ヵ月~(延長可能*¹) 
利用条件 初期費用あり
走行距離制限あり 
保証金 あり 

※2022年11月時点の情報です
*¹ 一括前納の場合は契約更新手数料11,000円が必要。クレジットカード月払いの場合は手数料なしで自動更新

ニコリースは、最短1ヵ月から中古車を利用できる車のサブスクです。軽自動車、コンパクトカー、セダン、ミニバン、軽バン、軽トラックなど、豊富な在庫の中から車を選べる上、納車前には必ず点検・整備を行っているため、目的や用途に合った車に安全に乗ることができるでしょう。

また、365日対応のカスタマーセンターが設置されていたり、予算に合わせてカスタマイズ可能なニコリース専用の任意保険も用意されていたりと、サポート面も充実しています。

短期の車のサブスク「ニチゴカーリース」

ニチゴカーリース出典:ニチゴカーリース

月額料金 16,000円〜 
契約期間 しっかりコース(軽自動車) 1ヵ月〜
しっかりコース(普通車) 6ヵ月〜
お手軽コース(軽自動車) 1〜6ヵ月
お手軽コース(普通車) 2~6ヵ月 
利用条件 初期費用あり
走行距離制限あり 
保証金 なし*²

※2022年11月時点の情報です
*² 預り金あり。車両返却時に清算がなければ返金

ニチゴカーリースは、1ヵ月単位で契約が可能な車のサブスクで、車種を選択できる「しっかりコース」とボディタイプのみ選択可能な「お手軽コース」の2種類のコースが用意されています。さらに、軽自動車と普通自動車のどちらを選択するかで各コースの契約期間が分かれており、軽自動車プランを選ぶことで最短1ヵ月からの利用が可能です。

対象エリアは関東全域となっていますが、そのほかの地域で利用したい場合でも相談に応じてもらえるため、気になる方は問い合わせてみるといいでしょう。

短期の車のサブスク「ホンダマンスリーオーナー」

ホンダマンスリーオーナー出典:ホンダマンスリーオーナー

月額料金 29,800円~ 
契約期間 1~11ヵ月 
利用条件 初期費用なし
走行距離制限あり 
保証金 なし 

※2022年11月時点の情報です

ホンダマンスリーオーナーは、1~11ヵ月のあいだで契約期間を設定できる車のサブスクです。月額料金には、任意保険(自動車保険)料やメンテナンス費用も含まれているため、維持費を心配せずに済む点がメリットといえます。

また、中途解約金なしでいつでも自由に解約できる点も魅力です。想定していたよりも早く車が不要になった場合でも、解約金の負担なく契約を解除できるため、もしものときにも必要最低限の出費に抑えることができるでしょう。

短期の車のサブスク「アラジン」

短期の車のサブスク「アラジン」 出典:アラジン

月額料金 10,000円~ 
契約期間 6ヵ月~ 
利用条件 初期費用あり 
走行距離制限要問合せ 
保証金 要問合せ 

※2022年11月時点の情報です

アラジンは月額10,000円からという格安料金で利用できる短期の車のサブスクです。契約期間は6ヵ月からとなっていますが、それでも合計金額は60,000円からとなるため、少し期間に余裕を持たせて車を手配したい方にはピッタリのサービスでしょう。

月額料金には車検や消耗品、メンテナンス費用も含まれており、コンパクトカー・セダン・SUV・ミニバンなど豊富な車種の中古車がそっている点も魅力です。

短期の車のサブスク「ノレル」

ノレル
出典:ノレル

月額料金 16,280円〜 
契約期間 新車プラン 1~9年 
中古車プラン 90日ごと、1・2年ごと、4・6年ごと 
マンスリープラン 30日ごと 
利用条件 初期費用あり
走行距離制限あり 
保証金 なし 

※2022年11月時点の情報です

ノレルには、新車プランと中古車プランが用意されています。中古車プランは最短90日ごとのサイクルでの契約となっているため、短期間だけ利用したい場合は中古車プランを選ぶことになります。

また、車のサブスク以外にレンタカープランとしてマンスリープランも用意されています、こちらは30日ごとの利用なので、1ヵ月程度の利用を想定している場合は、マンスリープランを選んでもいいでしょう。

プラン選びや利用方法などについて悩む場合は、契約前からいつでもコンシェルジュに無料で相談できるため便利です。

短期の車のサブスク「カーズアップエイト」

短期の車のサブスク「カーズアップエイト」出典:カーズアップエイト

月額料金 16,500円~ 
契約期間 3ヵ月~ 
利用条件 初期費用あり
走行距離制限なし 
保証金 なし 

※2022年11月時点の情報です

カーズアップエイトは大阪府吹田市を拠点に、近畿2府4県でサービスを提供しています。査定士の資格を持った査定員が厳選し、整備士が車両チェックを行った「キレイな」中古車を提供しており、万が一大きな故障が発生した場合には日割りでリース料を返金してくれるので安心です。

最短3ヵ月からの利用が可能で、契約時に38,000円の初期登録費用と、3ヵ月分の利用料金の前払いが必要となります。4ヵ月以降は1ヵ月単位で延長が可能で月々払いとなります。

短期の車のサブスク「カードレス」

短期の車のサブスク「カードレス」出典:カードレス

月額料金 16,500円~ 
契約期間 2ヵ月~ 
利用条件 初期費用あり 
走行距離制限要問合せ 
保証金 なし 

※2022年11月時点の情報です

新潟市内に2店舗を構えるカードレスは、1日あたり500円~という低価格で利用可能な「中古カーリース500」という車のサブスクサービスを提供しています。利用期間は基本的に2ヵ月からになりますが、1ヵ月のみの利用も相談可能です。

リース車が気に入った場合にはそのまま購入できる上、万が一リース車が壊れてしまった場合には返却するだけでいいので、負担もかかりません。なお、初期費用として名義変更諸費用38,500円がかかります。

短期の車のサブスクはレンタカーよりお得?月額料金を比較

 1ヵ月の利用料金 その他の費用 
車のサブスク 10,000円~ 初期費用あり 
走行距離制限要問合せ 
レンタカー 42,900円(一例) なし 
マンスリーレンタカー 77,000円~ なし 

※車のサブスクはアラジン、レンタカーとマンスリーレンタカーはニコニコレンタカーの料金(すべてオプションの料金は含まない)
※レンタカーはKクラス(軽自動車)を12時間まで15回利用した場合の一般(非会員)料金

表中に例として挙げた車のサブスクは、1ヵ月の利用料金が10,000円からと格安になっています。ただし、初期費用として最初に契約期間中の自動車保険(任意保険)料を支払う必要があります。

ちなみに、車のサブスクでは保証金が必要になることもありますが、これは返却時の車に傷や汚れなどがあって修復が必要な場合に、原状回復費用として使われるものです。そのため、修復の必要がなければ返却時にそのまま返還されます。

短期の車のサブスクに対し、マンスリーレンタカーは1ヵ月の利用料金が77,000円からとなるので、車のサブスクと比べるとかなり高くなってしまいます。レンタカーは一例として、2日に1回12時間まで借りた場合の料金を記載しましたので、利用頻度に応じて費用は変わりますが、利用の度に店舗まで出向く必要があることは、頭に入れておいたほうがいいでしょう。

短期利用できる車のサブスクの注意点

短期利用できる車のサブスクの注意点

その利便性の高さから人気を集めている短期の車のサブスクですが、利用する上で注意しておきたいこともいくつかあります。契約してから後悔することのないよう、ここでは短期の車のサブスクを利用する際の注意点を押さえておきましょう。

短期契約でも審査通過や車庫証明が必要

車のサブスクを利用するためには、たとえ短期であっても審査に通る必要があります。年単位で契約する長期の車のサブスクの場合、契約期間が長くなることで月額料金が下がり、審査面で有利になる可能性がありますが、短期の車のサブスクの場合はこのような調整ができないため、審査対象となる金額が上がりがちです。

また、1ヵ月しか利用しない場合でも、車庫証明の取得が必要なため、かかる手間と利用期間を照らし合わせた際にこの点をデメリットに感じる方もいるでしょう。

保証金が必要になるケースが多い

短期の車のサブスクは、契約時に保証金が必要になるケースが多くあります。これは、おもに車を返却する際に原状回復費用としてあてられるものですが、月額料金が安くても、保証金を含めると乗り始めの費用が高額になる可能性もあるため、事前に確認しておきましょう。

一方、長期の車のサブスクの場合は、保証金が不要で初期費用を用意することなく利用できるのが一般的です。そのため、乗り始めの費用だけを比較すると、長期の車のサブスクのほうが負担を抑えやすいといえるでしょう。

修理費用や残価精算が発生する可能性がある

車のサブスクでは、車に傷などをつけてしまった場合、自己負担で修理をするのが基本です。車に乗る以上、事故のリスクは避けて通れないため、短期利用だとしてもこの点に注意して、任意保険に加入するなど対策をとっておくようにしましょう。

また、契約方式によっては、車のサブスク会社の規定により残価精算が発生する場合があります
車のサブスクでは、契約満了時の車の下取り想定価格である残価を契約時に設定し、車両本体価格から残価を差し引いた上で月額料金を算出します。残価精算とは、契約満了時の実際の残価が想定残価を下回ってしまった場合に、その差額分を精算することです。

結果的に大きな出費となってしまう可能性もあるため、あらかじめ車のサブスク会社の規約を確認し、発生する可能性がある費用も踏まえた上で、利用する車のサブスクを選ぶことが大切です。

総額が高額になるケースがある

1ヵ月などの短期間から利用できる車のサブスクが複数ある場合、月額料金の安い会社が魅力的に思えますが、月額料金にどのような費用が含まれているのかも比較した上で選ぶことが大切です。

たとえ月額料金が安くても、含まれる費用項目が少ない場合は、その分を別途自身で支払う必要があります。トータルの出費で考えると、決して安いとはいえないケースもあるため、月額料金とそれ以外にかかる費用の総額で検討することが大切です。

なお、月額料金に以下のような項目が含まれている車のサブスクであれば、月額料金以外の出費を最低限に抑えることができるでしょう。

〈短期の車のサブスクの月額料金に含まれる費用〉

  • 車両本体価格
  • 車検基本費用
  • 登録諸費用
  • 自動車税(種別割)
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 保証金

走行距離制限や使用制限がある

短期の車のサブスクでは、走行距離に制限が設けられていることが多く、制限を超えると超過料金を支払わなければなりません。制限距離は車のサブスク会社によって異なりますが、多くの場合、ひと月あたり1,000~2,000km程度と一般的な使い方なら十分な距離となっています。

とはいえ、頻繁に長距離運転をするなど制限が気になる方は、走行距離制限をなしにできるプランがある会社を利用するといいでしょう。そのほか、車のサブスクは基本的に、返却の際に原状回復をする義務があるため、元に戻せないドレスアップやカスタマイズは原則禁止されている点にも注意が必要です。

利用期間を延長できないことがある

短期の利用とはわかっていても、車が必要な期間がはっきりしていないということは多いものです。

車のサブスクは、契約後に利用期間を延長しようと思っても延長制度がなかったり、次の予約が入っているなどの理由で延長ができなかったりすることもありえます。車が必要な期間が長引く可能性がある場合は、事前に条件の確認を忘れないようにしましょう。

また、車のサブスクでは原則として、利用者の都合による中途解約は認められていません。そのため、想定される期間で契約ができて、延長もしやすい車のサブスク会社がおすすめといえるでしょう。

利用できる車が限られていることがある

短期で利用できる車のサブスクは、リース車両が中古車になるのが一般的です。そのため、新車に乗りたいと考えている方は、この点を理解した上で利用を検討する必要があります。

また、リース車両がすでに在庫のある中古車となることから、利用できる車種も限られてしまいます。特に取扱台数の少ない車のサブスク会社の場合は、希望の車種が見つからないということもありえるため注意が必要です。

この点も踏まえて、取扱台数の多い会社から探すようにすると、比較的希望に合った車を見つけやすいでしょう。

全車種・全グレード対応_話題の車のサブスク

本当に短期の車のサブスクでいい?契約期間を見直したほうがいいケース

本当に短期の車のサブスクでいい?契約期間を見直したほうがいいケース

短期で利用できる車のサブスクには、多くのメリットがある一方、注意しなければならないポイントもいくつかあります。短期契約の車のサブスクが自分のニーズに合っているのか、しっかり検討して後悔のないようにしたいものです。

ここでは、短期よりも長期の車のサブスクのほうがおすすめといえるケースを2つご紹介します。

利用期間が延びる可能性がある

長期の車のサブスクは3年・5年・7年などまとまった期間しか契約できないわけではなく、12ヵ月から契約できるところもあります。このような車のサブスクであれば、保証金も不要な上、ゆとりを持って車に乗れるので、先のことはまだわからないといった方にもおすすめです。

なお、車のサブスク会社によっては、契約期間を延長することが可能です。ただし、延長手続きが別途必要になる場合もあり、手間も時間もかかってしまう可能性があるため、契約満了後の選択肢や手続きなどについてあらかじめ確認しておきましょう。

新車に乗りたい

短期の車のサブスクで利用できる車は中古車であることが多いです。一方、長期契約が可能な車のサブスクでは基本的に新車を利用できます。

長期の車のサブスクの中には12ヵ月から契約可能で、納車の早い新車を取り扱っている会社もあります。長期契約でもこういった会社を選ぶことで、短期間の利用でも比較的早めの納車で新車に乗り始められることができるでしょう。

12ヵ月から新車に乗れる!業界最安水準のおすすめ車のサブスク

定額カルモくん申込者数10万人突破

初めは短期の予定でも、状況が変わったり、車がある生活をもう少し続けたかったりして、利用期間が延びる可能性がある場合は、最短12ヵ月から契約できて、契約満了後に再リースや乗換えができる「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。

定額カルモくんは業界最安水準の車のサブスクで、短期利用を希望する方でもピッタリのプランやサービスが充実している上、短期の車のサブスクとは違って保証金を用意する必要なく新車に乗り始められます
ここでは、定額カルモくんが短期利用を希望している方におすすめの理由をご紹介します。

保証金・初期費用0円で、残価精算もない

定額カルモくんでは、保証金や頭金などの初期費用を用意する必要が一切ありません。月額料金には各種税金や自賠責保険料などの諸費用が含まれているため、表示されている月額料金だけでカーライフを始めることができます。

さらに、残価精算がない契約方式を採用していることから、契約満了の際に精算が必要になる心配もありません。最初から最後まで変わらない料金で利用できるので、家計管理の上でも安心です。

〈定額カルモくん利用者の声〉

Yさん・40代・ホンダ「N BOX」をご契約
Yさん・40代・ホンダ「N BOX」をご契約

定額カルモくんを選んだ一番の決め手は、料金の安さです。まず初期費用がかかりませんし、いろいろな税金が含まれているのに月額料金も安いですね。燃費の良い最新車種を選んだこともあって、さらに維持費を抑えられています。

国産全メーカー・全車種の新車に乗れる

短期の車のサブスクではおもに中古車が提供されるため、選べる車種やグレードも在庫のあるものに限られてしまいます。

その点、定額カルモくんは新車に乗ることができるので、国産メーカー全車種・全グレードから選ぶことができる上、カラーやオプションも自由にチョイスが可能です。中古車に抵抗があるという方にもおすすめです。

豊富な選択肢の中からお気に入りの1台が選べるので、車種にこだわりがあるという方でも満足度の高いカーライフを実現できるでしょう。

〈定額カルモくん利用者の声〉

Mさん・20代・トヨタ「ルーミー」をご契約
Mさん・20代・トヨタ「ルーミー」をご契約

同世代だと中古車に乗っている人が多いのですが、定額カルモくんなら費用が抑えられるので新車に乗ることができました。車種も妥協したくなかったのですが、定額カルモくんはグレードまで選ぶことができたので、もう即決でしたね。

12ヵ月から1年単位で利用できる

車のサブスクの契約期間を決める際は、できるだけ中途解約をしなくて済むように、自身のライフプランを考慮した上で検討することが大切です。そのためには契約期間を細かく設定できる車のサブスク会社がおすすめといえます。

長期の車のサブスクの中には3年・5年・7年など、契約期間の選択肢が限られている会社もありますが、定額カルモくんでは最短12ヵ月から1年単位で契約期間を設定することが可能です。ライフプランに合わせた契約がしやすいといえるでしょう。

〈定額カルモくん利用者の声〉

Oさん・20代・トヨタ「ルーミー」をご契約
Oさん・20代・トヨタ「ルーミー」をご契約

子供が2人いて、月曜から土曜まで毎日幼稚園や習い事の送り迎えに車を使っています。この先、子供たちが大きくなって、年齢的に自分たちで動けるようになるまでの年数を考えて、ちょうどいい契約期間を選ぶことができましたね。

定額カルモくんには、車種やプランが決まっていなくても、審査に通るか確認できる「お試し審査」があります。お試し審査は、オンラインから5分程度の入力で申込が完了します。結果は通常翌営業日に連絡してもらえ、キャンセルも可能です。

また、車種やプランは審査通過後にマイカーコンシェルジュと相談しながら決められるため、契約期間をどうするかまだ悩んでいる方も、ひとまず以下のバナーからお試し審査に申し込んでおけば、利用までのやりとりがスムーズになります。

車のサブスクは期間に余裕を持たせて利用するのがおすすめ

車のサブスクは期間に余裕を持たせて利用するのがおすすめ

短期の車のサブスクは、車が必要な期間だけ利用できる点がメリットですが、保証金を用意しなければならないケースが多く、乗り始めの費用が想定以上に膨らんでしまいがちです。

その点、12ヵ月から利用できる車のサブスクであれば、保証金なしで初期費用も用意することなく新車に乗ることができます。保証金を合わせた額で考えると、少し期間に余裕を持たせても、支払総額はあまり変わらない可能性もあるでしょう。

業界最安水準の定額カルモくんであれば、リーズナブルな料金で乗れる人気車種も多くそろっている上、残価精算による思わぬ出費を心配する必要もありません。

契約期間や料金などで不安があれば、マイカーコンシェルジュに契約前から無料で何度でも相談できるので、気になることがある方は下のバナーから気軽に問い合わせてみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

よくある質問

Q1:車のサブスクは短期の利用もできる?

A:車のサブスクは、1ヵ月や半年といった短期での利用も可能です。レンタカーやカーシェアの場合、車の利用頻度が増えるとその分料金も高くなってしまいがちですが、短期の車のサブスクであれば、どれだけ車を利用しても月々の支払額が変わることなく定額で利用できます。

Q2:車のサブスクを短期で利用するときの注意点は?

A:短期利用が可能な車のサブスクの多くは、最初に保証金を用意する必要があります。また、短期利用であっても車に傷をつけてしまった場合は、原則自己負担で修理を行わなければなりません。さらに、審査通過や車庫証明書の取得も必要です。

Q3:短期の車のサブスクで車が必要な期間が延びそうな場合は?

A:契約期間を延長できる車のサブスク会社であれば、延長手続きを行うことでそのまま車に乗り続けることが可能です。また、先の状況がわからない場合は、定額カルモくんのように余裕のある期間で契約できる車のサブスクを選ぶことをおすすめします。

※この記事は2022年11月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる