中古車の自社ローンってどうなの?注意点や返済例、利用に向くケースを解説

中古車の自社ローンってどうなの?注意点や返済例、利用に向くケースを解説
貯金ゼロでも

中古車の購入では、販売店で用意している自社ローンを利用できることがあります。
自社ローンは一般的なカーローンに比べて審査が通りやすい、金利0%で利用できるなどメリットがある一方で、返済総額が想定より高くなったり、突然車を引き揚げられたりするリスクもあります。
そのため、中古車購入で自社ローンの利用を検討している場合は、事前にしくみや特徴を理解しておくことが大切です。

そこで、中古車を購入する際に知っておきたい注意点や返済額の一例などを、自社ローンのしくみや特徴と併せて解説します。

ローンを組まずに月額10,000円台から中古車に乗る方法を知りたい方はこちら

【この記事のポイント】
✔自社ローンは中古車販売店が購入資金を立て替えてくれる購入方法
✔一般的なカーローン審査に通りにくい方には自社ローンが向いている
✔保証金や初期費用で高額になりやすいため、負担を抑えられるカーリースがおすすめ

自社ローンとは?しくみと利用手順や必要書類

自社ローンとは?しくみと利用手順や必要書類

中古車購入では銀行系カーローンやディーラーローンなども利用できますが、自社ローンはそれらのローンと異なる特徴があります。自社ローンのしくみや利用できるケースなどを詳しく見ていきましょう。

自社ローンのしくみ

自社ローンとは、新車や中古車の販売店が独自に提供している分割払いの方法です。
銀行などの金融機関やディーラーが提供する一般的なカーローンは購入に必要な資金を貸し付けるのに対し、自社ローンは、販売店が購入資金を立て替えてくれるしくみとなっています。金融商品ではないことから、金利はつきません。
また、与信審査も販売店独自の基準で行うため、信用情報などが理由で一般的なカーローンを利用できなかった方でも、自社ローンなら審査に通る可能性があります。

自社ローンを利用できるケースと手順

自社ローンを提供している販売店であれば、新車、中古車にかかわらず利用できます。また、販売店によっては登録諸費用などをローンに含められる場合もあります。ただし、利用条件は販売店によって異なるため、希望する条件で利用できるか事前に確認しておきましょう。

自社ローンを利用する際の手順は、おもに次のようになります。

1. 自社ローンの審査に申し込む
購入する車を選び、販売店に審査申込みを行います。
自社ローンを利用できる車種が限られていたり、自社ローンの取扱い自体がなかったりするケースもあるので、事前に確認しておくと安心です。

2. 審査を受ける
必要書類を提出して審査を受けます。15分や30分などスピーディーに審査結果が出る販売店が多いのも自社ローンの特徴です。

3. 審査に通ったら契約する
審査に通過した場合は、そのまま契約手続きに進みます。なお、契約後に中古車の登録や整備などを行うため、納車までには一定の期間が必要です。

自社ローンの契約時に必要な書類とは?

自社ローンの契約時には、中古車購入の必要書類とは別に、自社ローンに申し込むための書類を用意する必要があります。
自社ローンの契約で必要な書類は、おもに次のとおりです。

〈自社ローン契約の必要書類〉

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 源泉徴収票や給与明細など収入を証明できるもの
  • 認印または実印
  • 実印の場合は印鑑証明書

印鑑は実印を求められることが多く、その場合は印鑑証明書も併せて提出します。なお、保証人が必要なケースでは、書類に保証人のサインが必要になる場合があります。また、保証人の収入などを証明する書類を求められることもあります。必要書類は販売店ごとに異なるため、契約前に確認しておきましょう。

中古車購入で自社ローンを使うメリット

中古車購入で自社ローンを使うメリット

中古車は新車に比べて安く購入できますが、一括払いではある程度まとまった費用が必要です。しかし自社ローンを利用すれば、月々に分けて返済することが可能になります。ほかにも、次のようなメリットがあります。

審査が早く通りやすい

自社ローンの最大のメリットは、銀行系カーローンやディーラーローンに比べて審査が早く、通りやすいということです。
銀行系カーローンやディーラーローンの審査では、信用情報機関に申込者の信用情報を照会します。また、年収やカーローン以外の借入れの状況なども確認し、滞りなく返済できる能力があるかを総合的に判断します。そのため、審査には数日から1週間程度かかることが多く、審査もきびしめの傾向があります。

対して自社ローンは、独自の審査基準で審査する上、一般的に信用情報機関への問い合わせも行わないため、ほかのローンより短い時間で結果を出しやすく、また、過去に金融トラブルがあっても、現在の状況で支払能力が認められれば審査を通過できる可能性があります

金利0%で利息の負担がない

信販会社やローン会社は貸金業法に基づいて営業を行っていることから、扱っているローン商品には金利が設定されています。
一方、自社ローンは販売店が代金を立て替えるしくみで、お金を貸し出すわけではないので、貸金業法に抵触しません。そのため金利0%で、利息の負担がないというメリットがあります。

納車までがスピーディー

中古車はすでにある在庫の中から選ぶため、納車が早いというメリットがあります。審査時間の短い自社ローンを利用すれば、さらにスピーディーな納車が可能になります。なお、自社ローンは中古車購入の契約と同時に手続きができるので、手続きにかかる時間が短いことも、納車までの期間を短くできる理由のひとつです。

中古車購入時に自社ローンを使うデメリット

中古車購入時に自社ローンを使うデメリット

自社ローンは審査に不安がある場合でも利用しやすく、金利がないというメリットがある一方で、いくつかデメリットも存在します。利用を検討する際は、メリットとデメリットの両方をしっかり理解しておくことが大切です。

高額車には利用できない

自社ローンで利用できる金額は、販売店ごとに決められています。ただし、販売店が立て替えるというしくみから、高額な車種や外車では利用できないケースが多いです。欲しい車が決まっている場合は、事前に利用可能な金額について確認しておきましょう。

車の所有者名義が販売店になる

自社ローンで中古車を購入する場合、車の所有権は返済が完了するまで販売店になります。これは「所有権留保」といい、法律で車の売買に関して所有者に権利があると規定されていことに準じます。
所有権が販売店になっているあいだは、自由に車を売却したり乗り換えたりすることはできません。

車を引き揚げられる場合がある

自社ローンの返済が滞った場合、強制的に車を引き揚げられることがあります。その際、車の状態によっては、原状回復費用を請求されることがあります。また、滞りなく返済している場合でも、自社ローンの返済期間中は名義が販売店になっていることから、その車は販売店の資産とみなされ、販売店が倒産した場合などにも引き揚げられるリスクがあります。

自社ローンを利用できる販売店が限られる

国内には中古車販売店が多くありますが、すべての販売店で自社ローンを利用できるわけではありません。自社ローンの利用を検討しているときは、インターネット上で自社ローンを取り扱っている中古車販売店を探したり、購入を希望する販売店に直接問い合わせたりして、事前に確認しておきましょう。

返済回数が短い

一般的なカーローンの返済回数が36~60回、長いと120回ほどなのに対し、自社ローンの返済回数は12~24回程度と短めに設定されていることが多いです。返済回数が少ないとそれだけ月々の返済額が高くなるので、家計の収支のバランスなどを考慮して、無理なく返済できる金額で契約することが大切です。

現在の家計から毎月支払える金額を割り出し、返済回数を掛けた額を基に中古車選びを行うのがおすすめです。なお、中古車購入では車両本体価格のほかに登録諸費用も必要です。すべての費用を自社ローンに含められる場合は、その額を引いて中古車本体の予算を決めましょう。

保証人や保証会社の利用が必要

自社ローンでは保証人を必要とするケースが多い傾向があります。保証人は、契約者が返済を滞った際などに、契約者に代わって返済しなければなりません。そのため、20歳以上の安定した収入がある家族や親族を保証人の条件にしている自社ローンも多いです。
保証人を頼める家族や親族がいない場合は、友人や知人でも認められるか確認してみましょう。なお、保証人が立てられない場合、保証会社の利用をすすめられることもあります。

保証料が必要になる場合がある

自社ローンは金利が発生しない代わりに、金利に相当する保証料や手数料の支払いを求められる場合があります。契約時に現金で支払うほか、初めから中古車本体価格に上乗せされているケースもあります。

手数料の金額は販売店によって異なりますが、中古車本体価格の10~20%ほどであることが多いようです。銀行やディーラーなどの利息より高額になる場合もあるので、見積もりを取って内訳や金額を確認したり、購入予定の車と同条件の中古車の相場と比較したり、一般的なカーローンを利用した場合と総額を比べるなどして、金額に納得してから購入しましょう。

自社ローンのようなデメリットがない中古車の乗り方について知りたい方はこちら

自社ローンで中古車を購入した場合の返済額と総額をシミュレーション

自社ローンで中古車を購入した場合の返済額と総額をシミュレーション

無理なく返済できる金額で自社ローンを利用するには、中古車の購入費用と保証料を合わせた額で、月々の返済額をシミュレーションするのがおすすめです。

ここでは、100万円の中古車を24回払いの自社ローンで購入するケースを例に、月々の返済額や総額を、保証料が中古車本体価格の10%と20%のケースでそれぞれ見ていきましょう。
なお、同額の中古車を銀行系カーローンで購入した場合とも比較してみます。

保証料10%の自社ローンで中古車を購入した場合の金額

 自社ローン 銀行系カーローン 
利用額/借入額 100万円 100万円 
保証料/利息総額 10万円 42,198円 
返済総額 110万円 104万2,198円 
月々の返済額 45,833円 43,424円 

※銀行系カーローンはJAバンクマイカーローンシミュレーションにて算出

保証料が中古車本体価格の10%の場合、中古車本体価格100万円のほかに保証料が10万円必要です。
2年(24回)で返済すると、月々の返済額は約45,000円。予算がこれより低い場合は、100万円未満の中古車を選ぶか、頭金を多めに入れて自社ローンの利用額を減らす必要があるでしょう。

一方、100万円の中古車を銀行系カーローンで購入した場合、返済回数は同様の24回、金利は銀行系カーローンの目安とされる4%とすると、月々の返済額は約43,000円になります。

自社ローンと銀行系カーローンの比較では、月々の負担は2,000円ほど、総額で見ると57,000円ほどの差となります。

保証料20%の自社ローンで中古車を購入した場合の金額

 自社ローン 銀行系カーローン 
利用額/借入額 100万円 100万円 
保証料/利息総額 20万円 85,454円 
返済総額 120万円 108万5,454円 
月々の返済額 50,000円 45,227円 

※銀行系カーローンはJAバンクマイカーローンシミュレーションにて算出

同じ条件で、自社ローンの保証料が中古車本体価格の20%のケースを見ていきましょう。
なお、銀行系カーローンの金利も、自社ローンと同じく2倍となる8%で比較します。

保証料が車両本体価格の20%になると、10%の場合と比べて月々の負担は5,000円ほどアップします。
また、金利8%の銀行系カーローンと比べても5,000円ほど高くなります。総額では11万5,000円近い差が生まれ、大きな負担となることがわかります。

なお、中古車購入では、これらの費用のほかに登録諸費用が必要です。
登録諸費用は中古車本体価格の10~20%ほどが相場となっていることから、自社ローンや銀行系カーローンの返済とは別に、100万円の中古車で10~20万円ほど用意しておかなければなりません。
中古車購入時に自社ローンの利用を検討するときは、保証料や登録諸費用も含めた金額でシミュレーションを行い、しっかりと返済計画を立てておくことをおすすめします。

月額10,000円台から中古車に乗る方法を知りたい方はこちら

中古車購入に自社ローンが向いているケースとは?

中古車購入に自社ローンが向いているケースとは?

一般的なカーローンに比べて負担が大きくなる傾向がある自社ローンですが、状況によっては中古車購入時の利用に向いている場合があります。次のケースにあてはまるようなら、自社ローンも選択肢のひとつとして検討してみてもいいでしょう。

急いで車を用意したい

ライフステージの変化や、現在乗っている車に故障やトラブルが生じた場合など、急いで車を用意する必要があるときは、審査がスピーディーで手続きの時間も短い自社ローンを利用することで納車までの期間を短くできます。

信販会社の審査に通らない可能性が高い

信販会社が審査の際に照会する信用情報機関には、各種ローンやクレジットカード、キャッシングなどの利用履歴のほか、審査申込みの状況や結果などが登録されています。
これまでにクレジットカードやローンの返済を滞ったことがある、自己破産や債務整理をした経験がある、直近で複数の審査に申し込んだといった場合、一般的なカーローンでは審査通過が難しくなるでしょう。なお、滞納などは1~5年ほど、自己破産は10年近く履歴が残るといわれています。
そのようなケースでは、独自の基準で審査を行う自社ローンのほうが、審査に通る可能性が高くなります。

自社ローンを利用したほうが安く買える

中古車は1台ごとに状態が異なるので、同じモデルで走行距離などの条件が近い車種でも、車両本体価格はそれぞれです。保証料込みでも安価な中古車が見つかった場合は、同様の中古車を一般的なカーローンで買うより総額を抑えられることがあります。
また、キャンペーンで保証料が安くなっているときなども、一般的なカーローンで適用される金利によっては、自社ローンを利用したほうが安くなります。
割合としては低めですが、総額で比較してお得になるようなら、自社ローンの利用を検討してみてもいいでしょう。

あなたに最適な中古車の乗り方を知りたいときはこちら

自社ローンで中古車を購入する際の注意点

自社ローンで中古車を購入する際の注意点

一般的なカーローンが組めなくても分割払いができ、スピーディーな納車も期待できる自社ローンですが、中古車購入で利用する際にはいくつか注意点があります。中でも次に挙げるものは、特に意識しておきましょう。

初期費用も考慮する

中古車の購入でも、新車購入時と同様、車両本体価格のほかに初期費用が必要です。
各種税金や自賠責保険料、店舗に支払う手数料のほか、リサイクル料金やクリーニング代、陸送費などで数十万円というまとまった金額になります。購入時に慌てないよう、事前に初期費用も考慮して予算を立てましょう。

なお、初期費用は現金一括で支払うのが一般的ですが、自社ローンによっては利用額に含められることがあります。貯金額や返済額などから、自身に適した方法を選びましょう。

中古車の状態や相場を見る

中古車を選ぶ際や、購入したい中古車がある程度絞り込めたときには、1台ごとに車両の状態をよくチェックして、価格とのバランスがとれているかを確認しましょう。その際、相場と比較すると、価格が適切かどうかわかります。

相場に比べて安すぎる

修復歴や修理歴があったり、冠水車だったり、十分なメンテナンスがされておらず消耗部品が摩耗しているなど、購入後にメンテナンスや修理で高額な費用がかかることがあります。自社ローンを利用する場合は負担が大きくなりやすいため、想定外の出費によってさらに家計を圧迫する可能性があります。

相場に比べて高すぎる

高額な保証料が上乗せされていることが考えられます。初めから中古車本体価格に含めているケースでは、保証料がいくらなのかわかりにくいだけに、相場や車の状態などから、価格が適切であるかをしっかり確認しましょう。

車検や保証を確認する

中古車は故障などのトラブルが起きる可能性が新車よりも高いことで、思わぬ出費に見舞われる可能性があります。そのため、購入時はもちろん、購入後もどれくらいのサポートが受けられるか確認しておくことが大切です。
特に車検と保証については、次の点を中心にしっかり把握しておきましょう。

車検

中古車は、車検の有効期間が残っている場合と、購入時に車検に通す場合があります。
車検の有効期間が残っている場合は自動車重量税など一部の初期費用を抑えられますが、その分が初めから中古車本体価格に含まれているため、販売価格は高めです。また、残存期間によっては、購入後ほどなくして車検を受けなければならず、費用負担も発生します。
購入時に車検に通す場合は、次の車検まで車検費用の心配がなくなります。その半面、車検に必要な費用が購入時にかかることで、初期費用は高くなります。

保証

中古車では、多くの販売店で1年程度の中古車保証を用意しています。保証期間内であれば、故障やトラブルが起きても費用の心配なく修理を行えます。ただし、保証の内容は販売店によって異なり、中には保証がないに等しいほど範囲が限られるものもあります。その場合、自社ローンの返済に加えて修理費などが都度発生するため、大きな負担となるでしょう。
保証の有無や対象期間、また、保証内容について、しっかりと確認しておくことが大切です。

販売店で行っているローンか確認する

自社ローンは通常、中古車を販売する店舗が提供しています。しかし中古車販売店の中には、自社ローンとうたいながら高金利の金融商品を紹介して契約させるところもあります。本当にそこの販売店が提供している自社ローンか、申込みの前に契約書や内容をよく確認しましょう。

費用を抑えて中古車に乗りたいならカーリースがおすすめ

自社ローンを利用しても、中古車の購入時には初期費用でまとまった出費が発生するほか、維持する上でも、月々の返済額とは別に維持費が必要です。自社ローンは月々の返済額が高くなりやすいだけに、初期費用や維持費の支払いは大きな負担となるでしょう。
少しでも費用を抑えて中古車に乗りたいときは、カーリースの利用を検討してみるのもおすすめです。

カーリースとは

カーリースとは、自身が選んだ新車や中古車に、定額制でマイカーのように自由に乗れる車のサブスクリプションサービスです。リース会社が所有する車を借りるしくみのため、登録や税金の支払いなど、面倒な手続きはすべてリース会社にお任せできます。

なお、月額料金は利用料なので、金利という概念がありません。また、契約期間中は自身の駐車場で管理でき、車を購入した場合と変わらないカーライフを送れます。

カーリースの料金のしくみ

カーリースでは初期費用がかかりません。というのも、車の購入時に必要な各種税金や手数料などは、月額料金に含まれているからです。含まれる費用はリース会社によって異なりますが、契約期間中に必要な諸費用も含まれているケースが多いため、契約満了までずっと定額で利用できます。
例えば「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」では、次のような費用が月額料金に含まれています。

●定額カルモくん 中古車の月額料金に含まれる費用

  • 中古車本体価格
  • 自賠責保険料(期間分)
  • 環境性能割
  • 自動車税(種別割)(期間分)
  • 自動車重量税(期間分)
  • 整備費用
  • 登録費用
  • 車庫証明手続代行費用
  • 仲介手数料
  • 保証料
  • 納車陸送費

など

なお、中古車本体価格は、契約満了時につくと想定される「残価」を差し引いた金額となるため、さまざまな費用が含まれても負担を抑えられます。
また、月額料金は総額を契約月数で割って算出するので、契約期間が長いほど月額料金も安くなります。定額カルモくん 中古車では、車検込みで月額10,000円台の利用も可能です。

定額カルモくんなら車検込みで月額10,000円台から中古車に乗れる!

カルモ中古車

定額カルモくん 中古車は、取扱台数日本一*¹の中古車リースです。選択肢が豊富なことで予算内の中古車を見つけやすく、契約期間も3~10年のあいだから1年単位で選べるので、月額料金を抑えることができます。さらに、全車に車検2年と1年の故障保証もついて、月額10,000円台からの利用が可能です。

もちろん、頭金などの初期費用も、保証料もボーナス払いもありません。自社ローンを組むよりも負担を抑えて中古車に乗れる定額カルモくん 中古車の魅力について見ていきましょう。

*¹ JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

車検込みでも月額10,000円台から利用できる

定額カルモくんには、車検基本料や法定点検費用、一部消耗部品の交換費用などが定額になるメンテナンスプランがあります。車種によってはメンテナンスプランをつけても月額10,000円台の利用が可能です。

なお、メンテナンスプランでは、契約満了時にそのまま車をもらうことができます
いずれ自分のものになるので、カスタマイズなども思いのまま。ローンを組んで購入しなくても、マイカーと変わらないカーライフを実現できます。

サイトではそれぞれの車種で車検込みの実際の月額料金が確認できます。欲しい車を選んで、シミュレーションしてみましょう。

料金をチェック

最短4日の即納にも対応

契約から納車までは、新車で1~3ヵ月程度、中古車でも3週間前後かかるのが一般的です。しかし定額カルモくん 中古車の「マッハ納車」なら、契約から最短4日*²で車が届きます。
しかも、マッハ納車で利用できる中古車は、すべて初度登録から2年以内の高年式で、走行距離も短い厳選車種です。各種税金や自賠責保険料、手数料などがコミコミで、車検2年と故障保証1年もついた月額料金で利用できます。

マッハ納車

*² 対象地域により納車までの日数が異なる可能性があります

「お試し審査」で審査に通るか確認できる

中古車の購入に自社ローンを検討している方の中には、審査に対する不安がある方も少なくありません。定額カルモくん 中古車では車を選ぶ前に審査に通るかを確認できる「お試し審査」が利用でき、審査通過後に安心して車選びを行えます。

審査申込みの所要時間は5分程度で、結果は通常翌営業日、最大でも3営業日でわかります。また、審査通過後にキャンセルもできるので、まずはこちらのボタンから気軽に試してみましょう。

まずは審査_キャプションあり

自社ローンで中古車を購入する際は、総合的に判断することが大切

自社ローンは一般的なカーローンの審査に不安がある方でも利用できる可能性が高いですが、保証料などで返済総額が高くなる傾向があります。また、契約期間が短いことで月々の負担が増えたり、登録諸費用や維持費などでまとまった出費が必要になったりするため、契約前にシミュレーションをするなどして、無理なく利用できるのか、総合的に判断することが大切です。

費用や審査の心配なく中古車を利用したいなら、月額定額制で利用できるカーリースと比較してみるのもおすすめです。定額カルモくん 中古車なら「お試し審査」で審査結果が事前にわかる上、日本一の取扱台数*¹の中から選べるので、マネープランに合った中古車を見つけられるでしょう。

定額カルモくん 中古車について詳しく知りたい方はこちら

*¹ JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

よくある質問

Q1:自社ローンで中古車を買うメリットとデメリットを教えて!

A:自社ローンで中古車を買う最大のメリットは、一般的なカーローンに比べて審査が通りやすいことです。また、金利0%で利用できる点もメリットといえるでしょう。一方で、保証料などが上乗せされて返済総額が高くなる、返済期間が短い、販売店が倒産した際は車が引き揚げられるといったデメリットがあります。

Q2:自社ローンはなぜ金利0%なの?

A:自社ローンは販売店が中古車の購入代金を立て替えるしくみになっています。購入資金を貸し付ける銀行系カーローンやディーラーローンのような金融商品ではないため、金利が発生しないのです。ただし、保証料や手数料などが必要なケースも多く、総額は高くなる傾向があります。

Q3:自社ローンで中古車を購入する際の注意点は?

A:中古車購入時には、車両代金のほかに登録諸費用も必要です。自社ローンは月々の負担が大きくなりやすいので、総額で返済可能か事前にシミュレーションしておきましょう。また、維持費が家計を圧迫しないように、車検や保証などが充実しているかも確認することが大切です。

※この記事は2021年10月時点の情報で制作しています

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

5分ください_読了後