外車は中古車の購入よりリースがオトク?外車の中古車購入とリースを比較解説

外車は中古車の購入よりリースがオトク?外車の中古車購入とリースを比較解説
安い中古車に安心して乗る方法

外車に乗ってみたいと憧れを持つ方は少なくありません。しかし、外車は一般的に国産車と比較して高額なため、新車の購入に踏み切れないという方もいます。

予算はないけれど外車に乗りたい場合、中古車であれば新車より安く購入できますが、外車の中古車には少なからずデメリットもあります。そこでおすすめなのが、中古車リースを利用して外車に乗る方法です。

なぜ外車には中古車リースがおすすめなのかについて、中古車リースのメリットやデメリット、外車を取り扱うリース会社、そして将来的に新車を購入するための資金作りとして便利な方法などと併せて詳しく解説します。

中古車よりおトクに新車

【この記事のポイント】
✔外車の中古車は安く購入できてもデメリットが多い
✔外車の中古車を展開しているリース会社は少ない
✔安い国産中古車リースを利用して外車の購入資金を貯める方法もある

外車の中古車購入にデメリットが多い理由

外車の中古車購入にデメリットが多い理由

外車は、一般的に車両本体価格が高額になる傾向があります。予算が限られている場合、中古車の外車なら新車よりも安く手に入れられる可能性がありますが、実は 大きなデメリットが潜んでいる ことがあります。外車を中古車で購入するとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

中古車といえども国産車より車両本体価格が高額

中古車の販売価格は新車時の車両本体価格を基に、年式や走行距離、オプションなどに応じて査定され、決定します。外車の場合は中古になると相場が大きく落ちるといわれていますが、外車は元々の新車価格が高いことから、中古車でも国産の新車より高額になるケースがあります。

外車の中古車は故障が多い

中古車に限らず、新車も含め外車は故障が多い傾向があります。これは、外車が日本の交通事情や気候などにマッチせず、消耗品も含めた部品類の耐久性が、本国での使用に比べて劣りやすいからです。ただ、技術の進歩などで、従来のイメージよりは故障の頻度も少なくなっているといわれています。

なお、外車の修理費は、部品や特殊工具を本国から取り寄せる輸送費などが上乗せされるため、国産車に比べて高額になるケースが少なくありません。故障のリスクが高い外車を中古車で購入すると、その後の修理費などで出費がかさむ心配があります。

国産車に比べて維持費が高い

車にかかる税金は、おもに自動車税(種別割)と自動車重量税の2つがあり、税額は排気量や車体重量を基準に決められます。一般的に 外車のほうがボディサイズや車体重量、排気量が大きい場合が多く、国産車と比較すると税負担が大きくなる傾向があります。

また、国産車の場合は、優れた燃費性能をセールスポイントにしている場合も多く、車種によっては1Lあたり30kmを超える燃費性能を持つ車もあります。

近年は外車の燃費性能も向上していますが、それでも国産車と比較すると燃費が悪い車は少なくありません。さらに、外車はガソリンにハイオクを採用しているケースも多いため、ガソリン代が高くつく/など、国産車と比較して維持費の面でもコストが高くなるといえるでしょう。

メンテナンス費用が高額になる

外車だからといって、特別に車検費用などが高額になるわけではありません。ただ、車検や定期点検の際に部品交換が必要になった場合、前述したとおり外車は交換部品を海外から取り寄せるケースがあることで、部品代に輸送費がプラスされて、メンテナンス費用が高額になります。

さらに、国産車とは異なる仕様の部品が使われている場合、その部品を扱うための工具がそもそも国内にない場合があり、部品だけではなく、工具の取り寄せが必要になる場合があります。

こうした事情から、一般的に外車は国産車よりもメンテナンス費用が高額になるケースが目立ちます。

外車の中古車は購入よりリースがおすすめの理由とは?

外車の中古車は購入よりリースがおすすめの理由とは?

外車の中古車購入には、新車より低価格というメリットがある半面、デメリットも多いことをご紹介しました。それでも、できるだけ安く外車の中古車に乗りたい方には、カーリースという選択肢があります。ここでは外車の中古車をリースするメリットについて解説します。

月々の利用料金がわかりやすく、購入するより安いケースが多い

 カーリースの場合、月々の利用料金には車両本体価格のほか、登録時の諸費用や自賠責保険料、税金も含まれているので、料金体系が明確です。さらに各種オプション契約により、延長保証や車検費用サポートなども月々の支払いに組み込むことができます。

カーリースで注目したいのが残存価格(残価)で、リース会社によっては契約者が残価を指定でき、リース満了時に買取りを選択できる場合もあるので、購入するよりも割安な価格で憧れの外車に乗れるケースもあります。

ディーラー系リースならメーカー準拠の整備が行われるから安心

外車の場合、例えばメルセデス・ベンツやBMWには、ディーラーが行うカーリースがあります。リースした車に関しては、契約期間中、購入した場合と同様のアフターサービスを受けることができます。つまり、BMWの正規ディーラーを通じてリースを利用する場合は、BMWの正規ディーラーのスタッフに整備を依頼できるのです。

ディーラーによっては月々の定額料金にメンテナンス費用を含めていることもあり、契約によっては外車に乗る際に気になるメンテナンス費用もカバーしてくれることがあります。

カーリース専門会社なら車種の選択肢が多い 

ディーラー系のカーリースでは、そのディーラーが契約するメーカーの車しか選択できません。一方、ディーラー以外の外車の中古車を扱っているリース会社では、さまざまな外車メーカーの豊富な選択肢の中から欲しい車を選ぶことができます

そのため、外車の中古車をカーリースで利用したいけれど、希望する車種やメーカーが決まっていないという方などは、複数の外車メーカーの中古車を扱っているリース会社の利用をおすすめします。

マイカー感覚で自分の好きなように乗ることが可能

カーリースの特徴として、契約期間中は自身で用意した駐車場で管理して、マイカー感覚で利用できるという点があります。レンタカーやカーシェアリングの場合、返却日や返却時間を気にする必要がありますが、カーリースなら契約期間中は、まさにマイカーと同じように返却を気にすることなく自由に使うことができます

さらに、レンタカーやカーシェアリングの場合はナンバープレートが「わ」や「れ」ナンバーとなり、ひと目で借りている車とわかりますが、カーリースの場合は一般の車と同じナンバーです。そのため外見でカーリースであることはわからないのもメリットといえるでしょう。

外車の中古車を取り扱うリース会社4選

外車の中古車を取り扱うリース会社4選

外車の中古車を扱うリース会社は、あまり多くありません。そこで、外車の中古車を取り扱うリース会社4社について、それぞれの特徴を紹介していきます。

NOREL(ノレル)

国内大手中古車売買サービス「Gulliver」が運営する中古車リースサービスです。取扱車種が豊富で、サイトに掲載されていなくても、気になる車種やメーカーをリクエストすれば、コンシェルジュが希望に近い車を提案してくれるサービスもあります。多くの選択肢から、自分好みの1台を見つけたい方におすすめです。

そしてNOREL最大の特徴が、「選び直し放題」と呼ばれる乗換えシステムで、最短1ヵ月ごとに何度でも車の選び直しが可能なため、試乗感覚で気軽に外車をリースできます。

ヤナセオートリース

メルセデス・ベンツのディーラーとして知られる「ヤナセ」が提供しているカーリースです。ヤナセでは認定中古車を扱っており、車の鑑定や査定のプロである第三者機関(AIS)によって設けられた、きびしい条件に基づいて認定を行っています。

ヤナセオートリースの認定中古車は最大80項目にも及ぶ納車前点検を受けて、性能に問題なしと認定された場合のみ貸与されます。つまり、中古車でありながら高い性能を維持している車だけが、同社の認定中古車として貸し出されるのです。

ヤナセオートリースではアフターフォローも徹底しており、全国ネットワークによる24時間サポートを提供しています。保証期間中に車両が走行不能に陥った場合、一定の条件をクリアすることで、電話一本で車両の応急処置からレッカー移動といったサービスを無料で受けることができます。

もろコミ中古車リース

「カーコンビニ倶楽部」が提供しているカーリースです。カーリースの場合、残価を設定する場合が多いですが、同社は残価設定がなく、契約満了時に車がもらえるのが最大の特徴です。そのため、契約満了時に車を返却する外車の中古車リースでは認められていないカスタマイズが可能で、走行距離も気にする必要がありません。

契約満了時に車がもらえるため、運転に不慣れな方でも、こすり傷などに神経質にならずに乗ることができ、汚れやにおいを極端に気にする必要もありません。マイカー感覚で車が利用できるのが、もろコミ中古車リースのメリットのひとつです。

なお、リースに使用される中古車は高年式・低走行距離で、特定非営利活動法人 日本自動車鑑定協会(NPO法人JAAA)が定める基準に基づいた点検が実施されています。また、修復歴がなく、エンジンやブレーキなどの機関部分に支障のない車だけを厳選しているため、性能面でも安心です。​​

リースdeマイカー

「リース de マイカー」は、運営元の日本カーソリューションズ(NCS)が全国の自動車買取業者と提携しているため、現在、マイカーを所有している方が、リースを利用して中古車に乗り換えたい場合に、下取りの手配を行ってくれる便利なサービスです。

なお、外車の対応車種はメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、BMWのみですが、選べるグレードが多いことが特徴です。

車検や法定点検込みなど、多様なオプションも用意されていますが、新車のみ適用のケースも多いので、中古車リースの場合には利用時に確認が必要です。

外車の中古車リースを賢く利用する3つのポイント

外車の中古車リースを賢く利用する3つのポイント

外車の中古車をリースで使用する場合、新車リースにはない注意すべきポイントがいくつかあります。そこで、外車の中古車をリースで利用する際に気を付けたい3つのポイントについて解説します。

1. 車種、走行距離などをチェック

外車の中古車リースは新車リースより安く乗れるケースも多く、予算内で選べる車種も増える分、憧れの外車に乗れるよろこびから理想優先で車選びをしてしまいがちです。しかし、車は生活必需品としての側面もあるので、新車を購入するときと同じく、リース車を選ぶ際にも用途に合った車種を選ぶことが大切です。

カーリースでは、メンテナンスプランなどのオプションに加入していれば、故障しても費用などをほとんどカバーしてもらえる場合があります。ただし、車を指定の修理工場に持ち込まなければならないなど、手間はかかります。そうした手間をできるだけ回避するためには、なるべく高年式で走行距離が短い車を選ぶなど、車選びの際に注意しておきましょう。

2. 予算に合ったリース契約が可能かどうか

カーリースを利用する際に必ず確認しておきたいのは、提示された月額料金の内訳です。金額だけを見て、この会社が一番安いからと契約を決めてしまうと、安いのはリース料金だけで、実は税金や手数料、陸送費、カーナビやETCなどの装備の取り付け費用は別料金が必要というケースもあります。

また、月額料金が安いリース会社では残価を高めに設定しているケースもあり、契約満了時にマイナス査定になるとまとまった金額の差額を支払わなければならないケースもあります。

さらに、中古車で車検がついていない車の場合、車検や整備に関するオプションに加入していないと、別途自費で車検費用を捻出しなければならないといった問題も出てきます。

そのため、外車の中古車リース契約の際には、必ず月額料金に含まれるものと自己負担が必要なものを確認し、最終的な支払総額を確認するようにしましょう。

3. リースの契約期間をどれぐらいにするか

中古車リースの契約年数に関しては、リース会社によってかなり違いがあります。あらかじめ決められた期間から選ぶリース会社もあれば、1年単位で選べるところもあります。また、最長契約期間も7年程度のリース会社から、より長期契約が可能なところもあるため、自分のライフスタイルや車の用途に応じて、最適な契約期間を設定しているリース会社を選ぶといいでしょう。

なお、カーリースの月額料金は、契約期間が長いほど安くなります。ただし、カーリースは原則として中途解約が認められていないため、長期契約を検討している方は注意が必要です。やむをえない理由で中途解約しなければならない場合でも違約金が発生することがあり、最終的な支払額が契約満了までの支払総額を上回ってしまうことがあります。

特に中古車の場合には、車両本体の寿命も考慮する必要があるので、契約期間の設定には十分な配慮が必要です。

定額カルモくん 中古車で国産中古車をリースして新車購入資金を貯める

カルモ中古車

中古車といえども車両本体価格が高額な外車は、新車で購入するほうがメンテナンス費用などを考えても安心して利用できます。しかし、車がすぐに必要という場合には、まずは安い国産の中古車リースを利用して、外車の新車購入資金を貯めるという方法もおすすめです。

そこで、将来的に外車を新車で購入したい方に向けて、資金作りの助けにもなる国産中古車リースである「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車についてご紹介します。

中古車リースでは取扱台数日本一*¹だから妥協せずに乗りたい車に乗れる

専門家が選ぶカーリース_3冠

現在、多くの会社がカーリースに参入していますが、株式会社ショッパーズアイが行ったカーリース10サイトを対象としたインターネットイメージ調査*²で、「コストパフォーマンスが高いカーリース(1)」「サポートが充実しているカーリース(2)」「納得価格のカーリース(3)」の3つの部門で1位を獲得したのが定額カルモくん 中古車です。

定額カルモくん 中古車は、中古車リースでは取扱台数日本一*¹のため、外車の新車を購入するまでの一時的な車の利用でも、妥協せずに車選びができるのが特徴です。月額料金は、設定した残価を差し引いた車両本体価格から、契約期間で割って決められています。頭金や諸費用などは月額料金に含まれるため、初期費用は不要。オプション装備が充実した車が豊富な点も、ユーザーから好評な理由となっています。

*¹ JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

*² 調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

定額カルモくん 中古車で海外も認めた人気国産車を安くリース

幅広い選択肢から気になる車を探せる定額カルモくん 中古車ならではの車選びが、欧米で人気の国産車を選択するという方法です。

ここでは、定額カルモくん 中古車でリース可能な欧米で人気の3車種を紹介します。

●アメリカで人気のホンダ「オデッセイ」

オデッセイ

アメリカで人気が高いのが、ホンダ「オデッセイ」です。アメリカではミニバンがファミリーカーとして人気で、定員が7人のモデルもあるため、子供のサッカーや野球の送迎でチームメートを乗せたり、祖父母を交えた3世代のお出掛けにも対応できたりします。

定額カルモくん 中古車では月額29,040円から*³と、リーズナブルな料金でリースが可能です。

*³ 2021年8月31日時点での価格です。在庫状況によって変動する可能性があります。

定額カルモくん 中古車でホンダ オデッセイの利用料金をチェックする

●ロシアで人気のトヨタ「RAV4」

RAV4

寒冷地特有の事情もあり、大きくて強い車が人気のロシアで、そのデザイン性の高さから人気を集めているのがトヨタ「RAV4」です。

日本でも、力強い走りと燃費の良さを両立している車として人気が高く、ファミリーカーでありながら走りの快適さも追求でき、アウトドアにも大活躍間違いなしの車種です。定額カルモくん 中古車なら、トヨタ「RAV4」が53,200円から利用可能です(シンプルプランの場合)。

*³ 2021年8月31日時点での価格です。在庫状況によって変動する可能性があります。

定額カルモくん 中古車でトヨタ RAV4の利用料金をチェックする

●欧州で人気のトヨタ「ヤリス」

ヤリス

2021年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー(欧州COTY)で、ノミネート29車種の中から見事1位に選ばれたのがトヨタ「ヤリス」です。

ヤリスは絶大な人気を誇った「ヴィッツ」からモデルチェンジした車で、ヨーロッパだけではなく、日本でもすでに販売台数トップクラスの実績を誇っています。定額カルモくん 中古車では、ヤリスの兄弟車である「ヤリスクロス」を52,900円*³からリースできます

*³ 2021年8月31日時点での価格です。在庫状況によって変動する可能性があります。

定額カルモくん 中古車でトヨタ ヤリスの利用料金をチェックする

契約期間が3年から8年のあいだで、1年単位で自由に選ぶことができる

定額カルモくん 中古車はリース期間が最短3年から最長8年、車種によっては10年までで、その期間内であれば1年単位で任意に契約期間を決められるなど、車を使う期間や予算に合わせて、フレキシブルにプランを選ぶことが可能です。

さらに定額カルモくん 中古車が扱う車は、車検が2年付きで、故障保証も1年間付帯しています。そのため、契約してすぐに車検が来て、別途お金がかかってしまうといったことがありません。

また定額カルモくん 中古車は契約満了時に残価精算のないクローズドエンド方式を採用している上、走行距離も無制限なので、週末の度に家族で遠方へドライブに出かけても、ビジネス兼用で毎日走り回っても、契約満了時に追加精算の発生を心配する必要がありません。

憧れの外車を新車で購入するために定額カルモくん 中古車で資金を貯めよう

国産車より維持費が高く、故障しやすいとされる外車は、本来なら中古車より新車で購入するほうが安心して利用できます。しかし、外車の新車は車両本体価格が高額のため、購入するにはまとまった費用を準備しなければなりません。

それなら、外車の新車を購入する資金が貯まるまで、定額カルモくん 中古車で安く国産の中古車を利用することも検討してみてはいかがでしょうか。中古車リースでは取扱台数日本一*の定額カルモくん 中古車なら、一時的に国産車で妥協する場合でも、満足できる乗りたい車を見つけることができるでしょう。

さっそく定額カルモくん 中古車で利用可能な国産中古車を確認してみる

中古車取扱台数日本一

* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

よくある質問

Q1:外車の中古車を購入するメリットやデメリットは?

A:外車の中古車を購入するメリットは価格の安さです。新車に比べて、大幅に値落ちした車を見つけることも可能です。デメリットとしては、中古車といえども国産車と比較すると価格が高い点や、購入後のメンテナンスや維持費がかかる点、そして故障しやすい傾向がある点などが挙げられます。

Q2:外車の中古車をカーリースで利用するメリットは?

A:購入が予算的に難しい場合でも、カーリースなら憧れの外車に手が届く可能性がある点です。外車の中古車はメンテナンスにも費用がかかりますが、カーリースを利用すれば、メンテナンスの手間や金銭的負担の問題を軽減できることもあります。

Q3:やっぱり新車の外車に乗りたい場合はどうすればいい?

A:新車の外車に乗りたいけど、今は予算的にきびしいという場合には、定額カルモくん 中古車で、安くても妥協できる国産中古車を利用して、貯金に余裕ができたら将来的に外車の新車購入予算にあてるという方法があります。

※記事の内容は2021年8月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード
安い中古車