10万以下の中古車はお買い得?失敗しない選び方や注意点とは

10万以下の中古車はお買い得?失敗しない選び方や注意点とは

中古車市場で車を探すと、10万以下の格安車が見つかることは珍しくありません。格安でいい車が手に入るのはうれしいことですが、あまりにも安すぎると心配という方も多いのではないでしょうか。
そこで、中古車が10万以下で売られる理由や購入の際の注意点、お買い得な中古車を見つけるために知っておきたいことなどについてご紹介します。

10万以下の中古車とはどういう車?

10万以下の中古車とはどういう車?

10万以下で売られている車の多くは、中古車販売業者が無料や数万円程度で買い取った車です。また、ここまで格安で売買されているのには、次のような理由があります。

・修復歴や事故歴、水没歴がある
過去に事故を起こしたことがある車や車の骨格部分を修理したことがある車、水没したことがある車は、買取相場より価格が大きく下落します。修復歴がある車や水没したことがある冠水車は、現段階で走行や内装に支障がなくても将来問題が発生する可能性があります。そのため、安くても購入を避けたほうがいいでしょう。

・車種やカラーが不人気
中古車の価格は、車種やカラーの人気によって大きな差がつきます。特に奇抜すぎて敬遠されたようなカラーは、同車種の他のカラーに比べて価値が下がります。このような場合、車の状態や走行には問題がないことが多いので、カラーが希望に合えばお買い得といえます。

・走行距離が多い
車は消耗品なので、走行距離が多くなると価値は下がります。安く販売されている中古車には、買換えの基準となる走行距離が10万km以上の車が多いでしょう。

・年式が古い
走行距離と同様に、年式が古くなればその分、車の価値は下がります。また、最新の車と同様の性能を求めるのは難しいでしょう。

・元々の車両価格が安い
軽自動車など比較的価格が安い車の中には、新車価格が100万円しないものもあります。そういった車は他の中古車に比べて年式が新しく、少ない走行距離の車でも10万以下で売られていることがあります。

定額カルモくん中古車

10万以下の中古車を買う際の注意点

10万以下の中古車を買う際の注意点

10万以下の中古車を買うときには、その車がどういった理由で安く販売されているのかを把握した上で、お買い得かを判断することが重要です。
具体的に注目すべきポイントには次のようなものがあります。

走行距離は年式と併せて判断する

走行距離が10万kmを超えていると、購入するのが心配な方は多いでしょう。しかし、走行距離は年式と併せて判断することが大切です。中古車市場では、普通車の走行距離が1年間に10,000kmであれば、適切な走行距離とされ、いい状態の車だと判断されます。走行距離50,000kmの車を5年間乗っていたのか、1年間しか乗っていないのかによって、車への影響は変わるということです。

修復歴のある車やシートが汚い車などは避ける

修復歴のある車は、一見問題がないように見えても、一度は何らかの衝撃を受けている状態です。そのため、万が一事故に遭った際、2度目の衝撃に耐えられるかは疑問が残ります。修理済みの水没車やサビや腐食、シートの汚れなどがある車は、後々のトラブルにつながる可能性があるので避けたほうがいいでしょう。

整備や保証、中古車鑑定書の有無をチェック

中古車は、新車に比べて安全面での不安が大きいからこそ、販売店による整備や保証の有無が重要です。
10万以下の車の中には現状引渡しで保証がついていない車もありますが、気になることがあればしっかり確認しておきましょう。販売店とのやりとりは、販売前にしっかり点検や整備、走行チェックなどを行っているのかを推測する手掛かりにもなります。

車両価格10万以外にかかる費用は?

車を購入すると、車両本体の価格と消費税のほか、さまざまな税金や手続きにかかる費用が発生します。10万以下の中古車を購入した場合にも同様に、車両価格と消費税に加えて、次のような費用がかかります。

・自動車税(種別割)、軽自動車税(種別割)
毎年4月1日時点での所有者に課される税金で、排気量に応じて金額が変わります。中古の普通車購入時は、購入月の翌月から3月までの分を一括で支払います。なお、軽自動車は購入時期にかかわらず、一律となります。

・自動車重量税
車の重さに応じて課される税金です。新車登録や車検のタイミングで支払います。

・自賠責保険料
次の車検までにかかる分を月割で計算して支払います。

・車両登録代行費
名義変更を販売店に依頼する場合に支払う費用のことです。30,000円程度が相場となっており、自分で車両登録を行う場合は不要です。

・車庫証明代行費用
車庫証明の取得を販売店に依頼する場合に支払う費用のことです。10,000円前後が相場となっており、自分で車庫証明の取得を行う場合は不要です。

・洗車、クリーニング費用
一般的に販売店側が洗車やクリーニングを行いますが、購入時の見積りに含まれていることもあります。なお、50,000円程度が相場となっています。

・納車費用
販売店まで自分で取りに行くのが難しい場合、納車費用を支払って自宅に納車してもらいます。近場は5,000~10,000円、遠方であれば10,000〜30,000円が相場となっています。

・車検費用
車検が切れている場合は、自分で車検を受ける必要があります。

頭金0円で新車に乗れる「カーリース」

比較的安い費用で車に乗りたい方には、リース会社から長期的に車を借りる「カーリース」という方法がおすすめです。カーローンのような頭金や初期費用は不要で、毎月定額の使用料を払うことでマイカーのように車に乗ることができるので、まとまった費用がかかりません。また、毎月の使用料には、税金や自賠責保険料も含まれているので、これらの費用を別途用意する必要はありません。

カーリースの原則ではリース期間が終了すれば車はリース会社に返却しなくてはいけませんが、「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」のように、契約満了後に車がもらえるプランを用意しているリース会社もあります。また、「定額カルモくん 中古車」は、1年間の修理保証付きです。故障の場合もコールセンターが365日24時間対応しているので、安心してカーライフをお楽しみいただけます。

定額カルモくん 中古車について詳しく知りたい方はこちら

格安中古車のリスクを知った上で「お買い得」か判断しよう

10万以下で販売されている中古車には、「安く売られる理由」があります。格安中古車を購入する際は、どのようなリスクがあるのかを考えた上で、価値のある車かどうかを見極めることが大切です。月々の費用を抑えて車に乗りたいという方は、「定額カルモくん 中古車」のような中古車リースを検討してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:10万以下の中古車ってどんな車?

A:一般的に買取業者が無料や数万円で買い取った車が、10万以下で販売されています。また、走行距離が10万km以上、年式が古い、修復歴ありなどの特徴があります。

Q2:10万以下の中古車を買う際の注意点は?

A:その中古車がどういった理由で安く販売されているのかを把握した上で、判断することが重要です。どのような修復歴があるのか、走行距離と年式のバランス、販売店による整備や保証の有無などを確認することが大切です。

Q3:格安中古車の安全面が心配な場合は?

A:「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」のような中古車リースを利用するのがおすすめです。1年間の修理保証もついているので、安心して乗ることができます。

※記事の内容は2020年5月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr