10万以下の中古車はお買い得?失敗しない選び方や注意点とは

10万以下の中古車はお買い得?失敗しない選び方や注意点とは

中古車市場で車を探すと、10万以下の格安車が見つかることはめずらしくありません。格安でいい車が手に入るのはうれしいことですが、あまりにも安すぎると心配という方も多いのではないでしょうか。
そこで、中古車が10万以下で売られる理由や購入の際の注意点、お買い得な中古車を見つけるために知っておきたいことなどについてご紹介します。

10万以下でも万全のサポートで安心して中古車に乗れる方法を知りたい方は、こちらをチェック!

安い中古車に安心して乗る方法

【この記事のポイント】
✔10万以下の中古車には、修復歴や事故歴などの問題があることが多い
✔車両価格が10万以下でも、税金などの諸費用がかかるので費用負担は大きい
✔サポートが充実したカーリースなら安く安全に中古車に乗れる

10万以下の中古車とはどういう車?

10万以下の中古車とはどういう車?

10万以下で売られている車の多くは、中古車販売業者が無料や数万円程度で買い取った車です。また、ここまで格安で売買されているのには、次のような理由があります。

修復歴や事故歴、水没歴がある

過去に事故を起こしたことがある車や骨格部分を修理したことがある車、水没したことがある車は、買取相場より価格が大きく下落します。修復歴がある車や水没したことがある冠水車は、現段階で走行や内装に支障がなくても将来問題が発生する可能性があります。そのため、安くても購入を避けたほうがいいでしょう。

車種やカラーが不人気

中古車の価格は、車種やカラーの人気によって大きな差がつきます。特に奇抜すぎて敬遠されがちなカラーは、同車種のほかのカラーに比べて価値が下がります。このような場合、車の状態や走行には問題がないことが多いので、カラーが希望に合えばお買い得といえます。

走行距離が多い

車は消耗品なので、走行距離が多くなると価値は下がります。走行距離が買換えの基準となる10万kmを超えている車は、安く販売される傾向があります。

年式が古い

走行距離と同様に、年式が古くなればその分、車の価値は下がります。また、最新の車より性能が劣ることも、価格が安くなりやすい理由のひとつです。

元々の車両価格が安い

軽自動車など比較的価格が安い車の中には、新車価格が100万円しないものもあります。そういった車は、ほかの中古車に比べて年式が新しくて少ない走行距離であっても10万以下で売られていることがあります。

10万以下の中古車を買う際の注意点

10万以下の中古車を買う際の注意点

10万以下の中古車を買うときには、その車がどういった理由で安く販売されているのかを把握した上で、お買い得かどうかを判断することが重要です。
具体的に注目すべきポイントには次のようなものがあります。

走行距離は年式と併せて判断する

中古車市場では、普通車の走行距離が1年間に10,000kmであれば適切な走行距離とされ、良い状態の車だと判断されます。走行距離が50,000kmの車でも、5年間乗っていたのか、1年しか乗っていなかったのかによって車の状態は異なるため、走行距離は年式と併せて判断することが大切です。

修復歴のある車やシートが汚い車などは避ける

修復歴のある車は、一見問題がないように見えても、一度は何らかの衝撃を受けている状態です。そのため、万が一事故に遭った際、2度目の衝撃に耐えられるか否かは疑問が残ります。修理済みの水没車や、サビや腐食、シートの汚れなどがある車は、後々のトラブルにつながる可能性があるので避けたほうがいいでしょう。

整備や保証、中古車鑑定書の有無をチェックする

中古車は、新車に比べて安全面での不安が大きいからこそ、販売店による整備や保証の有無が重要す。
10万以下の車の中には現状引渡しで保証がついていない車もありますが、気になることがあればしっかり確認しておきましょう。販売店とのやりとりは、販売前にしっかり点検や整備、走行チェックなどを行っているのかどうかを推測する手掛かりにもなります。

なお、整備や保証の面が気になるなら、中古車を分割で手に入れるという選択肢を加えてみるのもひとつの手です。カーリースを使えば、10万以下で購入するよりも、保証がしっかりとした中古車にお得に乗れる可能性が高まります。「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」なら、安心の故障保証1年付き、しかもすべての車に車検を2年付けています。中古車を安く安心して乗りたいなら定額カルモくん 中古車もチェックしてみましょう。

カーリースの定額カルモくん 中古車について詳しく知りたい方はこちらのバナーから

定額カルモくん中古車

車両価格10万以外にかかる費用は?

車両価格10万以外にかかる費用は?

車を購入すると、車両本体の価格と消費税のほか、さまざまな税金や手続きにかかる費用が発生します。10万以下の中古車を購入した場合も同様に、車両価格と消費税に加えて、次のような費用がかかります。

・自動車税(種別割)、軽自動車税(種別割)
毎年4月1日時点での所有者に課される税金で、排気量に応じて金額が変わります。普通車にかかる自動車税(種別割)の年額は2019年9月30日以前に新車登録された車であれば29,500円〜11万1,000円、2019年10月1日以降に新車登録された車では25,000円〜11万円。軽自動車税(種別割)は一律10,800円です。中古車の購入では、前オーナーの未経過分を新たな購入者が代わって支払うことになります。

・自動車重量税
車の重さに応じて課される税金です。新車登録や車検のタイミングで納めます。車検期間がまだ残っている中古車を購入するのであれば、購入時に自動車重量税を支払う必要はありません。参考までに、新規購入時の自動車重量税(エコカー減税なしの場合)は、12,300〜73,800円です。

・自賠責保険料
中古車であったとしても、車を所有するドライバーは自賠責保険に加入しなければなりません。そのため、中古車を購入したときは、次の車検までにかかる分を月割で計算して支払います。たとえば、12ヵ月分を支払う場合、普通車にかかる自賠責保険料は12,700円*、軽自動車の場合は12,550円*です。

*2021年4月1日以降始期の契約に適用。

・車両登録代行費
名義変更を販売店に依頼する場合に支払う費用です。30,000円程度が相場ですが、自分で車両登録を行う場合は不要です。

・車庫証明代行費用
車庫証明の取得を販売店に依頼する場合に支払う費用です。10,000円前後が相場ですが、自分で車庫証明の取得を行う場合は不要です。

・洗車、クリーニング費用
一般的に販売店側が洗車やクリーニングを行いますが、購入時の見積りに含まれていることもあります。なお、50,000円程度が相場となっています。

・納車費用
販売店まで自分で取りに行くのが難しい場合、納車費用を支払って自宅に納車してもらいます。近場は5,000円~10,000円、遠方であれば10,000〜30,000円が相場となっています。

・車検費用
車検が切れている場合は、自分で車検を受ける必要があります。中古車の場合、車検の有無は「車検あり」「車検整備付き」「車検整備2年付き」「車検整備なし」「車検なし」の5つで表されます。車検ありは、車検の満了日まで期間が残っている状態です。有効期間内なので、購入時に車検費用を支払う必要はありません。

一方、車検あり以外の4つの場合は、車検が切れてしまっています。しかし、車検整備付きと車検整備2年付きは、中古車販売業者が車検に通してから納車してくれます。車検整備なしと車検なしは、中古車販売業者が車検を通さないので、購入後に自身で車検を依頼することになります。
いずれにしても車検を通さなければならないため、車検費用はかかります。車検基本料は業者によって異なりますが、10,000〜65,000円程度です。

車両本体価格の安い10万以下の中古車を買えたとしても、税金をはじめとするさまざまな費用がかかってしまいます。さらに、安い中古車には何かしらの問題を抱えている場合があるため、乗り始めてから故障するリスクも高く、予想していなかった修理費がかかってしまう可能性があります
その点、カーリースであれば、諸費用込みで月額10,000円台からの分割払いで中古車に乗れるので、結果的にはお得になるケースもあるでしょう。

カーリースなら中古車も分割払いで乗れる!

比較的安い費用で車に乗りたい方には、リース会社から長期的に車を借りる「カーリース」という選択肢もあります。カーリースは、カーローンのような頭金やボーナス払いは不要で、登録諸費用は月額料金に含まれているので現金で用意する必要がありません。毎月定額のリース料金を払うことでマイカーのように車に乗ることができるサービスです。
また、毎月の使用料には各種税金や自賠責保険料も含まれているので、これらの費用を別途用意する必要はありません。
月々の負担を抑えられるカーリースは、購入と比べてどのくらいお得になるのでしょうか。ここで、中古車を購入した場合とカーリースで中古車に乗った場合にかかる費用を比較してみましょう。なお、カーリースの費用は、「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」を参考にしています。

〈中古車の購入と中古車のカーリース 費用比較〉

 中古車 購入中古車 カーリース
車両価格10万以下月額料金10,000円台~
消費税車両価格の10%月額料金に込み
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
29,500円~11万1,000円(2019年9月30日以前)
25,000円~11万円(2019年10月1日以降)
※金額は排気量によって変動、()は新車登録の時期
月額料金に込み
自動車重量税12,300〜73,800円(新規購入時、エコカー減税なしの場合)
※金額は車両重量によって変動
月額料金に込み
自賠責保険料普通車12,700円(12ヵ月)
軽自動車12,550円(12ヵ月)
月額料金に込み
車両登録代行費30,000円程度月額料金に込み
車庫証明代行費用10,000円程度月額料金に込み
洗車、クリーニング費用50,000円程度月額料金に込み 
納車費用5,000円〜30,000円程度(距離によって異なる)月額料金に込み
※中古車 購入の自動車税(種別割)・軽自動車(種別割)の費用は新車購入時の場合を参考にしています。
※中古車 購入の自賠責保険料は、2021年4月1日以降始期の契約に適用される金額。

10万以下の中古車を購入した場合は、車両本体価格以外にも表に記載したような費用がかかります。諸費用は選ぶ車種や業者などによって変動しますが、安くても10万〜15万円ほどかかることもめずらしくありません。10万以下という安さにつられて中古車を購入したら、予想以上に出費が痛かったという事態は避けたいものです。
それに対し、カーリースの定額カルモくん 中古車を利用した場合は、10万以下の中古車よりも状態がいい中古車に月額10,000円台から乗れます。安く抑えた月額料金の中に税金や各種代行費用などが含まれているので、契約時に決まった月額料金以外の出費は発生しません。カーリースなら分割で利用できるため、毎月の負担を抑えながら無理なく車に乗ることができます。安さを目当てに10万以下の中古車を購入しようと考えている方は、一度カーリースを検討してみてはいかがでしょうか。

安い中古車に安心して乗る方法

定額カルモくん 中古車の特徴

一本化用定額カルモくん

10万以下で販売されている中古車には、「安く売られる理由」があります。また、車両本体価格が安くても、諸費用がかかって結果的には予想以上の出費をすることになるかもしれません。格安中古車を購入する際は、どのようなリスクがあるのかを考え、価値のある車かどうかを見極めるようにしましょう

月々の費用を抑えて車に乗りたいという方は、定額カルモくん 中古車のような中古車リースを検討してみてはいかがでしょうか。ここで、定額カルモくん 中古車の特徴を確認してみましょう。

定額カルモくん 中古車なら、安心の故障保証1年付き!

中古車は新車と比べて故障のリスクが高まるので、故障したときに保証されるかどうかは重要なポイントです。定額カルモくん 中古車なら、1年間の故障保証が付いているので安心です。期間内であれば修理費用の上限もないため、不調を感じたらすぐに修理できます。
さらに、全車種に車検が2年付いているので、購入直後に車検が切れてしまう心配もありません。安心のカーライフを送りたい方にも最適です。

もしものときも24時間365日対応してくれる!

中古車に乗る場合、故障保証が付いていると安心ですが、故障したそのときに素早く対応してもらえるかどうかも大事なポイントです。定額カルモくん 中古車には、24時間365日対応してくれるロードサービスも付いています。深夜に中古車を運転して急に故障したときも対応してもらえる上に、旅先で急にトラブルが発生したときの修理や宿泊、レンタカーの手配などもサポートしてくれます。定額カルモくん 中古車なら、さまざまなリスクに備えながら安心のカーライフが送れます。

中古車専用の故障保証制度「カルモ保証」については、こちらをチェック

定額カルモくん 中古車なら、契約満了後に車がもらえる!

定額カルモくん 中古車では、月10,000円台から乗れる車が多数そろっています。一括購入のようにまとまった費用が必要でないため、貯金に余裕がなくてもカーライフを始められます。

さらに、メンテナンスプランをつけることにより、車検整備費用や消耗品交換費用なども定額化することができます。故障のリスクが新車よりも高い中古車に乗るなら、車の整備やパーツ交換にかかる費用を一定にできるのは魅力的です。
そして、メンテナンスプランに加入すると、契約満了時に借りていた車を返却するかもらうかが選択できます

定額カルモくんのメンテナンスプランについて、詳しくはこちらのバナーから確認してみてください。

中古車メンテ

10万以下の中古車購入を考えているなら、カーリースも検討してみよう

10万以下の安い中古車には、修復歴や事故歴があるなどのリスクが潜んでいる可能性があります。また、車両自体を10万以下で購入できても、税金や手数料などが別途かかるため、本当にお得かどうかはよく考えなければなりません。なるべく費用を抑えて中古車に乗りたいのであれば、カーリースという選択肢もあります。
定額カルモくん 中古車なら、1年間の故障保証が付いて、さらに全車に車検2年付き。契約終了後にはそのまま車がもらえるので、安心の中古車を分割で手に入れられます。

よくある質問

Q1:10万以下の中古車ってどんな車?

A:一般的に買取業者が無料や数万円で買い取った車が、10万以下で販売されています。また、走行距離が10万km以上、年式が古い、修復歴ありなどの特徴があります。

Q2:10万以下の中古車にはどんな費用がかかる?

A: 税金や自賠責保険料、各種代行手数料などのほか、クリーニング費用なども必要です。初期費用は安くても10万〜15万円ほどかかることがあります。さらに、中古車は新車に比べて故障のリスクが高いため、車の修理やパーツ交換などにかかる費用も備えておかなければなりません。車両価格が10万以下であっても、本当にお得かどうかは一度考えなければならないでしょう。

Q3:格安中古車の安全面が心配な場合は?

A:10万以下など極端に安い中古車を購入するのではなく、サポートが充実したカーリースを選びましょう。カーリースの定額カルモくん 中古車なら故障保証1年付きで、さらに全車に車検2年付きです。また、24時間365日故障対応をしてもらえるので、万が一のときも安心できます。

※記事の内容は2021年3月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr