寄稿記事(上級者向け)
モーター・エヴァンジェリスト
宇野 智うのさとる

【衝撃の衝突試験映像】日産「ルークス」軽自動車初の予防安全で満点!JNCAP最高評価「ファイブスター賞」を軽自動車で初獲得

【衝撃の衝突試験映像】日産「 ルークス」軽自動車初の予防安全で満点!JNCAP最高評価「ファイブスター賞」を軽自動車で初獲得

日産 ルークス ハイウェイスター

ルークス

この記事は、 3 分で読めます。

2021年9月21日に、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)は、自動車アセスメント(JNCAP)の安全性能を統合して評価する「自動車安全性能2021」の結果を発表しました。

この発表では、日産「ルークス」が最高評価「ファイブスター賞」を獲得したことが伝えられました。なお、この受賞は軽自動車では初となります。

自動車アセスメント(JNCAP)とは?

自動車アセスメント(JNCAP:ジェイエヌキャップ)とは、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)によって自動車の安全性能を評価、公表するもの。

2020年度から新たな総合評価を開始され、2021年度の評価は「自動車安全性能2021」となりました。

これまでのJNCAPは、年2回とりまとめて実施、評価結果が発表されていました。2021年度からは車種ごとに評価を行い、順次結果を公表することに変わり、より迅速にユーザーに情報が届けられるようになります。

ファイブスター賞とは?

JNCAPでは、「衝突安全性能評価」と「予防安全性能評価」の両評価で最高ランクを獲得、かつ「事故自動緊急通報装置」を備えた車両に、「ファイブスター賞」が与えられます。

衝突安全性能や予防安全性能は、実車を用いた厳しい試験を実施。衝突安全性能は100点満点、予防安全性能は82点満点で採点され、その点数に応じてAランクからEランクまでの5段階で評価されます。

ファイブスター(★★★★★)は、衝突安全性能と予防安全性能の合計得点が、151.03点以上獲得した車種に与えられる評価となります(獲得するのが厳しい賞です)。

衝撃の衝突試験映像

自動車事故対策機構(NASVA)が公開した、ルークスに実施した文字どおり「衝撃」の衝突安全性能試験、予防安全性能試験映像はこちら。


日産「ルークス」とは?

日産「ルークス」とは?

日産「ルークス」は、2020年3月に発売された軽スーパーハイトワゴン。先代は「デイズ ルークス」。日産と三菱の合弁会社「NMKV」で企画・開発されたモデルで、三菱では「eKスペース」「eKクロス スペース」として販売されています。

ルークスの特徴は、室内の広さ、使い勝手の良さ。ミリ波レーダーを搭載した運転支援技術「プロパイロット」をはじめとする多くの先進安全技術を搭載していることです。

「eKスペース」「eKクロス スペース」は基本設計が同じですので、衝突安全性能・予防安全性能は同じAランクの最高評価を獲得していますが、事故自動緊急通報機能が付いていないため、ファイブスター賞(★★★★★)が獲得できず、★★★★☆の評価となっています。

日産「ルークス」は現時点、最も安全な軽自動車の1台となりました。

日産 ルークス 公式HP

(画像:日産自動車)

※記事の内容は2021年9月時点の情報で制作しています。

日産ルークスの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他の日産ルークスの記事

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー