【特集】ワゴンRの実燃費と走り心地は?静粛性、走行性能についても徹底調査!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

軽自動車のイメージを一変させたワゴンR

 

初代ワゴンR が登場したのは1993年。バブルが崩壊して間もなくの頃で、日本経済も落ち込んでいた時代でした。景気が悪化するにつれて家計も逼迫していき、車両価格そのもののお手軽さに加えて税金面でも普通乗用車より優遇されている軽自動車に人気が集まり始めた時代でもありました。

そこに登場したワゴンRは、従来の軽自動車の欠点である室内の狭さを、全高を高く取ることによって解決し、広くて使いやすい軽ハイトワゴンの先駆けとなったモデルです。

発売直後から爆発的な人気となり、その人気は現在でも続いています。

2017年の2月にフルモデルチェンジが施され、現行のモデルは6代目。それまで2種類だった外観デザインを増やし、3種類になりました。

ワゴンRの燃費はどのくらい?

実際にクルマを購入する際に最も気になるのは燃費ではないでしょうか。クルマを使用し続ける限り燃料費は必ず必要になるものですから、わずかな差でも積もり積もれば相当な額になってきます。

最近ではガソリン価格が値上がりしているというニュースもよく聞きますし、できる限り燃費のいいクルマを選びたいと思うのは当然のことでしょう。

では、ワゴンRの燃費をチェックします。

ワゴンRのカタログ燃費は?

ワゴンRでは、660㏄の直列3気筒NA(自然吸気)エンジンのみのものと、NAエンジンにスズキご自慢のマイルドハイブリッドを組みあわせたもの、そして660㏄直列3気筒ターボエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせたものがあります。

それどれに2WD、4WD両方の設定があります。

NAエンジンのみのものは2WD車で25.6km/L~26.8㎞/L、4WD車で23.4㎞/L~25.4㎞/Lとなっています。

NAエンジンのみのマニュアル車は2WD車が25.6㎞/L、4WD車が23.4㎞/L。

NAエンジン+マイルドハイブリッドは2WD車で33.4㎞/L、4WD車で30.4㎞/Lです。

ターボエンジン+マイルドハイブリッドの組み合わせは2WD車で28.4㎞/L、4WD車で27㎞/Lでした。

同じNAエンジンでもマニュアル車の燃費がほぼ変わらないのは意外ですね。CVTの制御が進んできたのでしょうか。そしてマイルドハイブリッドを搭載のターボ車はパワフルなのに燃費性能でNAエンジンに優っているのは驚きます。

ワゴンRの実燃費をチェックしてみよう

では、ワゴンRの実燃費はどうなっているのでしょうか。e燃費のデータで見てみましょう。

e燃費で新型のワゴンRの実燃費が判明しているのはNAエンジンの2WD車、NAエンジンのマニュアル4WD車のみとなっています。

NAエンジンの2WD車の実燃費は18.98㎞/L、NAエンジンのマニュアル4WD車が16.64㎞/Lという数値でした。

肝心のハイブリッド車の数値がわからないのは残念ですが、他のスペーシアやソリオなどのスズキ車の傾向 からすると恐らく他のパワートレインにしても同じくらいの差であると考えられます。

ワゴンRの乗り心地や走行性能は?

では次に、ワゴンRの乗り心地、走行性能について見てみましょう。

6代目のワゴンRは従来のものよりも軽量で高剛性な新プラットフォーム「ハーテクト」を採用、先代よりも約20㎏の軽量化に成功しました。

その効果か、カルモマガジンで評論家の萩原さんはNAエンジン+ハイブリッドを搭載したモデル、ワゴンRハイブリッドFZに試乗した感想を「信号待ちからの発進加速がよりスムーズになった」と語っています。

これは明らかに車体軽量化によるメリットといっていいでしょう。また先代よりもより進化させたマイルドハイブリッドシステム「S-エネチャージ」による効果も少なくなないのではないでしょうか。

また、ターボエンジンとマイルドハイブリッドを組み合わせたワゴンRスティングレーハイブリッドTの試乗では、萩原さん曰く「コンパクトカー並みで軽自動車のレベルを超えている」ということ。

また、萩原さんは特に注目すべき点として「加速性能と静粛性はこれまでの軽自動車とは比較にならない」と語っています。「コンパクトカーと同等の高い走行性能」とも。

これほどの高評価はなかなかないのではないでしょうか。軽自動車の加速性能は普通乗用車と比較するとどうしても弱点と言わざるを得ない点でもありましたが、それを見事に克服しているようです。

静粛性に加えて乗り心地も萩原さんは「コーナリング時や荒れた路面でもクルマの揺れは少なく、優れた乗り心地」と高評価。

6代目ワゴンRは新プラットフォーム「ハーテクト」の採用に伴ってサスペンションも新しく設計し直されたといいますから、乗り心地も良くなっているのでしょう。

特にワゴンRスティングレーハイブリッドTは税金などの負担は軽自動車のままでコンパクトカー並みの走行性能、乗り心地を手に入れられる非常にポテンシャルの高い車であることがわかりますね。

時代に合わせて進化を続けるワゴンR

初代の登場から25年。長い間愛され続けてきたワゴンRは着実に進化を重ね、軽という概念を超えるような走行性能や乗り心地を有するようになりました。

燃費性能もぬかりなし、カタログ燃費のみならず実燃費においても高い数値を示しています。最近はN-BOXなどのスーパーハイトワゴンの影に隠れて、やや印象の薄くなったワゴンRですが、その危機感からか現行の6代目はかなり力の入ったモデルだと言ってもいいでしょう。

宮原 司

この記事の執筆者

宮原 司(みやはら つかさ)

新卒で大手ドイツ車のディーラーへ就職。ディーラー業務と並行して、車の魅力をもっと多くの人に伝えたいという思いから自動車に関する執筆活動を開始。その後、大手メディアとの掲載をキッカケとしてフリーランスとして独立、現在に至る。愛車はBMWのZ4 sDrive 20i

「【特集】ワゴンRの実燃費と走り心地は?静粛性、走行性能につい...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【特集】タントの実燃費の数値は?女性に人気の軽スーパーハイトワゴンの乗り心地や走行性能も見てみよう

【特集】ウェイクのグレードはどう選ぶ?グレード別装備やおすすめグレードをご紹介

【特集】ウェイクの内装や居住性をチェック!シートアレンジや収納力も徹底調査!

【特集】ウェイクの燃費性能を徹底調査!走行性能や乗り心地も見てみよう

【特集】プリウスの居住性や収納力は?シートアレンジや荷室の収納についてご紹介

【特集】プリウスの安全性能を大解剖!先進安全機能「トヨタ セーフティセンス」とは?

【特集】プリウスのグレードはどう選ぶ?グレード別装備とおすすめのグレードをご紹介

【特集】プリウスの実燃費が知りたい!乗り心地や走行性能はどんな感じ?

【特集】ウェイクにはどんな安全装備が搭載されている?スマートアシストⅢの機能とは?

【特集】タントに搭載されている安全装備とは?ダイハツ自慢のスマートアシストⅢは搭載されている?

もっと見る

PAGETOP