ワゴンRはリースするのがおすすめ!その理由を解説

ワゴンRはリースするのがおすすめ!その理由を解説

出典:スズキ「ワゴンR」スタイリング

スズキ「ワゴンR」は軽ハイトワゴンの先駆け的な存在で、それまでの軽自動車のイメージとして定着していた「狭い、窮屈」というイメージを払拭したともいえるモデルです。
しかしワゴンRに新車で乗るとなると、普通車よりも安い傾向にある軽自動車とはいえある程度のまとまった資金が必要になります。

カーリースなら頭金や登録諸費用などの初期費用が不要で、税金や自賠責保険料なども定額制にできるため、ワゴンRに乗るハードルも下がるかもしれません。
ここでは、ワゴンRに乗るのであればカーリースがおすすめである理由を紹介します。

ワゴンR

カーリースだとワゴンRに月々15,510円(税込)から乗れる!

カーリースは車のサブスクリプションサービスです。
サブスクリプションとは、携帯電話や音楽配信サービスなどのように毎月定額制で契約して利用するしくみのこと。そのため、車の所有者はリース会社ですが、利用者は車をマイカーのように自分だけの物として自由に利用できたり、乗りたい新車を選ぶことができたりするのが大きなメリットです。
まずは、カーリースがお得な理由や契約年数ごとのワゴンRの金額などをご紹介します。

カーローンよりお得に車に乗れるカーリース

カーローンとは、車の購入時に金融機関などからお金を借入れて組むローンのこと。カーリースは、所有者であるリース会社に使用料を払う車の利用方法です。買ったお金を分割して払うものと使用料を毎月払うものといった違いです。
月々の支払いにも差があります。カーローンでは借入れた車両価格を分割して返すだけですが、カーリースでは車両使用料のほかにも税金や自賠責保険料などの維持費も含まれています。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

契約年数ごとのワゴンRの料金は?

カーリースでは契約年数ごとに月々の料金は変わり、契約期間が長くなれば月額料金も安くなるのが一般的です。ここではワゴンRはどの程度の金額で利用できるのか、「おトクにマイカー 定額カルモくん」のワゴンRの料金を確認してみましょう。グレードはFA(「スズキ セーフティ サポート」非装着車)でアクセサリーやオプション、メンテナンスプランは追加しないものとしています。

契約年数月額料金(税込)
11年15,510円
10年16,500円
9年17,380円
8年18,700円
7年20,240円
6年23,540円
5年25,410円
4年29,150円
3年33,990円
2年44,330円
1年72,710円

※2020年8月の金額です

まずは審査

リースでワゴンRを手に入れるメリットとは?

カーリースがいい

リースは月々の支出を抑えて車を利用することができることや、ライフステージに合わせて乗り換えができるなどさまざまなメリットがあります。そのほかにも、リースでワゴンRを購入する上で知っておきたいメリットをみていきましょう。

1. 月々の支払いが安い

一本化用月々支払

リースの場合、月々の料金は返却時の価値(残価)を基に算出されます。そのため、車両価格から残価を引いた金額を契約期間で割って支払っていくため、月々の料金を安く利用することができます。

2. 定額で利用できる

車を維持するためには、税金や保険料、メンテナンスなどさまざまな費用が発生します。しかし、リースでは月々の支払金額にそれらの費用が含まれているため、急な出費の心配がありません。契約期間中はずっと定額で利用することができるので、家計管理のしやすさも特徴のひとつです。

3. 頭金や初期費用がいらない

車の購入をするためには、頭金や初期費用が必要となりますが、リースではそれらの費用も必要ありません。そのため、まとまった費用を用意することが難しいときでも、リース契約をすることができます。

4. 経費として計上できる

通常、車などの高額な買い物を経費として申告する際には、まとめて計上することはできません。しかし、リースは定額制サービスと同様に経費として計上することが可能です。(業務で使用した場合に限ります)
ほかにもカーリースのメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 新車に乗れる
  • 手続きが簡単
  • 車検などのメンテナンスも定額にできる(リース会社による)

さらに、カーリースとカーローンの違いやメリットの詳しい内容について知りたい方はこちら

早速カーリースのサイトを確認する

カルモくんなら新車が

ワゴンRは本当にあなたに合う車なのか。ワゴンRを徹底的に紹介!

ワゴンRは本当にあなたに合う車なのか。ワゴンRを徹底的に紹介!出典:スズキ「ワゴンR」スタイリング

スズキ「ワゴンR」は、近年人気の高い軽ハイトワゴンの元祖ともいえるモデルで、長年にわたり幅広い層に支持されているモデルです。

カーリースでの車選びに悩んでいる方やワゴンRについてもっと知りたい方のために、ここではワゴンRの燃費やグレードなど、ワゴンRの魅力を紹介しましょう。

ワゴンRの魅力とは?

現行型のワゴンRは、新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用によってゆとりのある広い室内空間を確保したことに加え、車の基本性能をアップさせ走りの質を向上させました。

さらにマイルドハイブリッドシステムを搭載し、高いレベルでの低燃費を実現しており、日常生活に寄り添う軽自動車としてかなりレベルの高い仕上がりになっています。

ワゴンRのグレードは?

ワゴンRのグレードはガソリンエンジンの「FA」、マイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID FX」、「HYBRID FZ」の3種類で、価格はこの順に高くなります。

ガソリン車の「FA」はCVT車に加えて、ワゴンRの中で唯一マニュアル車の設定があります。近年では走行性能に特化したモデル以外でマニュアル車の設定があることは少ないので、マニュアル派の方にはうれしいポイントといえるのではないでしょうか。

全面UVカット機能付きガラスが採用されており、日差しを気にすることなくロングドライブも楽しめます。キーシステムはスマートキーではなく電波式キーレスエントリーです。

「FA」ではCVT車とマニュアル車で同じグレード内でも装備内容に差があるので注意してください。CVT車にはスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が標準装備となっていますが、マニュアル車には「スズキ セーフティ サポート」が標準装備されず、オプション設定もありません。加えてマニュアル車はフロントシートがベンチシートではない点もCVT車と異なる部分です。

「HYBRID FX」からはスズキ自慢のマイルドハイブリッドシステムやアイドリングストップシステム、アイドリングストップ時に冷たい風を車内に送って車内温度の上昇を防ぐエコクールなどの燃費向上に貢献する機能が搭載されます。エアコンはフルオートエアコンになり、スイッチ操作でエンジンの始動が可能なキーレスプッシュスタートシステム、運転席のヒートシーターが標準装備になるなど実用性や快適性も向上。

最上級グレードの「HYBRID FZ」では、上下2段分割のLEDヘッドライト、エアロ形状のフロント・リアバンパー、サイドスポイラーやルーフエンドスポイラーが装備され、エクステリアにおいてほかのグレードとは大きな差をつけているのが特徴です。加えて赤外線をカットして車内の温度上昇をやわらげるIRカット機能付きフロントガラス、UVカット率99%のプレミアムUV&IRカットフロントドアガラスなど、快適装備もより充実したものになっています。

さらに詳しくグレードの情報を見るならこちら

ワゴンRの内装は?

ワゴンRの内装は?出典:スズキ「ワゴンR」インテリア

現行型のワゴンRでは、スズキの新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用によりエンジンルームを小型化し、広い室内空間を確保。室内長は軽ワゴンNo.1(※2019年12月、スズキ調べ)の2,450mm を誇り、どの席でも窮屈さを感じることのない居心地の良さが自慢です。

インテリアはベースグレードの「FA」ではブラック1色でまとめられたシンプルな印象です。加飾類もほとんど使用されず、実用性に徹しているといえるでしょう。

「HYBRID FX」では、ブラックとベージュの2色からインテリアカラーの選択が可能です。ワゴンR でインテリアカラーが選べるのはこの「HYBRID FX」のみ。シャープなブラック、明るさを感じさせるベージュとそれぞれ正反対の印象を持つインテリアとなっています。

最上級グレードの「HYBRID FZ」では、ステアリングが本革巻きになり、さらにステアリングガーニッシュが追加されています。インテリアカラーはブラックで、全体的にスポーティーな印象を持つインテリアであるといえるでしょう。

さらに詳しく内装の情報を見るならこちら

ワゴンRの燃費は?

燃料費を左右する車の燃費性能は車選びの際の重要なチェックポイントのひとつです。2017年2月に登場したワゴンR は、ISG(モーター機能付き発電機)を使用したマイルドハイブリッドシステムを採用しています。

ワゴンRは減速時に発生するエネルギーを使用し発電してバッテリーに充電し、エンジンの再始動時や加速時などにエンジンアシストを行うことで燃料の消費を抑制して燃費性能を向上させました。その結果現行型のワゴンR は軽ワゴンNo.1(※2019年12月、スズキ調べ) の低燃費を実現する優れた燃費性能を持つモデルへと進化しています。

ワゴンRのWLTCモードカタログ燃費と実燃費 は以下のとおりです。

 駆動方式トランスミッションWLTCモードカタログ燃費実燃費
ガソリン車2WDCVT24.4km/L12.5km/L
5MT24.8km/L22.4km/L
4WDCVT23.2km/L---
5MT23.0km/L24.3km/L
マイルドハイブリッド車2WDCVT25.2km/L19.7km/L
4WDCVT24.2km/L---

 

WLTCモード燃費は、信号や渋滞などの影響を受ける市街地モード、信号や渋滞などの影響を受けにくい郊外モード、高速道路での走行を想定した高速道路モードの3つのモードでの計測値を平均的使用時間配分で構成したもので、日本だけでなく国際的に使用されている燃費の計測方法です。これまで日本で使用されてきたJC08モード燃費よりもカタログスペックは低くなる傾向があります。

WLTCモード燃費は実際の車の使用環境により近い方法で計測されていますが、実燃費とまったく差がないというわけではありません。運転の仕方や走行環境にもよりますが1~1.5割程度の差が出ることが多いようです。

その点を考慮に入れると、ワゴンRのカタログ燃費と実燃費の差はグレードやトランスミッションによっては平均値を超えているといえるでしょう。

さらに詳しく燃費の情報を見るならこちら

ワゴンRの安全性能は?

衝突被害軽減ブレーキをはじめとする先進安全技術を利用した予防安全が車の安全性能の中心になりつつある現在、先進安全技術の充実度は車選びの際にチェックしておきたい部分のひとつといえます。

スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」は、「スズキ セーフティ サポート」が搭載されるモデルであればどのモデルにも同じ機能が搭載されるというわけではなく、車種によって内容は異なります。ワゴンRはスズキの主力モデルということもあり、非常に充実した内容の「スズキ セーフティ サポート」を搭載し、数あるスズキ車の中でもトップクラスの安全性能を誇るモデルです。

残念なのは「スズキ セーフティ サポート」が全車標準装備ではない点でしょう。「FA」グレードのマニュアル車には「スズキ セーフティ サポート」が搭載されず、オプション設定もないので注意してください。なお、「FA」のCVT車とそのほかのグレードには標準装備されますが、「FA」のCVT車と「HYBRID FX」ではレス仕様の選択も可能となっています。

ワゴンRの「スズキ セーフティ サポート」装着車はサポカーSワイドの認定に必要な車両と歩行者の検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ、ペダル踏み間違い時急発進抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトはもちろん搭載されています。

そのほかにも後退時にも危険があれば自動ブレーキを作動させる「後退時ブレーキサポート」や車両のふらつきや出遅れをドライバーに警告する機能が標準装備です。加えてオプションで車両の周囲の映像をナビ画面に映し出して安全確認をサポートする「全方位モニター用カメラパッケージ」の追加も可能。

「全方位モニター用カメラパッケージ」には、ダッシュボード上に速度などの運転に必要な情報を表示する先進機能であるヘッドアップディスプレイも含まれています。

ワゴンRの安全性能について、詳しくはこちら

ワゴンRはゆとりのある室内空間や燃費の良さを重視する方におすすめ!

近年軽自動車の主流となっているハイトワゴンの元祖ともいえるワゴンR。現行型では歴代モデルの伝統ともいえる室内空間の広さにさらに磨きをかけ、コンパクトカー顔負けのゆとりある室内を確保しています。さらにマイルドハイブリッドを採用したことで優れた燃費性能も手に入れました。

ワゴンRは軽自動車としての間違いのないモデルを探している方にはもちろん、広い室内や優れた燃費を求める方にもおすすめできるモデルでしょう。先進安全装備も充実しているので、燃費・走行性能・居住性・安全性能すべてを重視したい欲張りな方でも満足いただけるのではないでしょうか。

ワゴンR

「ワゴンR」をリースするには?

「ワゴンR」をリースするには?出典:スズキ「ワゴンR」スタイリング

個人向けのカーリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。
そんな方のために、ワゴンRを取り扱っているリース会社や実際にカーリースを契約する際に気を付けたいこと、カーリースの利用の流れをご紹介します。

ワゴンRを取り扱うリース会社

・カーコンカーリース「もろコミ」
カーコンビニ倶楽部のカーリースサービス「もろコミ」は、軽自動車から商用車までさまざまな車種を選ぶことができます。また、契約期間は7年の「もろコミ7」と9年の「もろコミ9」の2種類から選択が可能です。オプションプランには、カーナビやETCなどドライブに欠かせない設備がセットになったカーアクセサリーセットや、車の維持に欠かせないメンテナンスパックなども用意されています。

・コスモスマートビークル
コスモ石油のカーリースサービス「コスモスマートビークル」では、ガソリンスタンドの燃料油割引がついているのが
特徴です。メンテナンスパックなしの場合は1円/L割引、メンテナンスパックのレベルごとに最大5円/Lまで割引が設定されています。また、リース期間は3年、5年、7年の3つの期間から選ぶことができ、頭金やボーナス払いの有無も選ぶことができるため、契約時の状況にあわせて選ぶことができます。

・おトクにマイカー 定額カルモくん

カルモくん_new

カーリースの定額カルモくんは、審査申し込みまでをオンラインで手続きが可能なため、忙しい方にもおすすめ。また、主要国産メーカーの人気車種がそろっているので、上位グレードなど、ほかのリース会社にはない車種も選択が可能です。
また、契約期間も最短1年から11年と幅広く、ライフプランに合わせやすい契約スタイルになっています。維持費が心配な方は、整備や車検基本料などもカバーできる定額制プランも用意されているので、安心してカーライフが楽しめます。

リース会社選びはオープンエンドとクローズドエンドに気を付けて

カーリースの契約形態にはオープンエンドとクローズドエンドという2種類があり、契約方法によって追加精算が発生する可能性があります。そのため、契約時にしっかり確認しておくことが大切です。

・オープンエンド契約
オープンエンド契約の場合、リース契約終了時の車両の価値(中古車として売却した場合の価格)を見込んだ金額(残存価格)を車両価格から差し引いて月額料金を算出します。そのため、カーリースの月額料金が安くなっています。
しかし、車の価値は年数や走行距離が増える度に減少します。ですから、残存価格を高く見積りすぎている場合は、追加精算が発生する可能性があります。実際に、オープンエンド契約を採用しているリース会社とのトラブルで、返却のタイミングの価値が想定より下がったなどの理由で高額な追加精算を請求してくるというケースもあるので注意しましょう。

・クローズドエンド契約
クローズドエンド契約は、追加精算がない契約方法です。オープンエンド契約と同様にリース契約終了時の車両の価値はあらかじめ設定しますが、市場価格の変動を理由にした追加精算は行いません。そのため、契約時に残存価格の明示をすることもありません。なお、「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、クローズドエンド契約を採用しているので、安心してご利用いただけます。

リースを利用するときの流れ

一般的にリースの申込みはオンラインや電話などで行われます。また、審査には2〜3日、新車の納車の場合は車種によりますが1ヵ月半~2ヵ月程度かかることが多く、郵送での書類のやりとりもあるため、余裕を持って手続きをするのがおすすめです。
ここでは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」での申込みの流れを基に、リースを利用するときの流れをご紹介します。
<リースの流れ>

  1. 車を選ぶ
  2. オンライン見積りで費用感を確認
  3. 審査申込み
  4. 審査通過後、車種やオプションの決定
  5. 契約書を自宅に郵送
  6. 返信用封筒を使って契約書を返送
  7. 契約締結
  8. ディーラーより納車日や必要書類の連絡
  9. 自宅へ納車

おトクにマイカー 定額カルモくんの自信

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種を取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのワゴンRでも契約が可能。月々15,510円(税込)からワゴンRに乗ることができます。
そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることや、契約満了時に車がもらえる「もらえるオプション」など、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

カルモくんでできること

国産メーカーの全車種から選べる!

定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種を取り扱っており、メーカー保証付きのディーラーの新車に乗ることができます。
グレードやボディカラー、オプションも自由に選択・カスタマイズできるため、マイカーのように自由にカーライフをお楽しみいただけます。
また、どんな車を選んで良いかわからないという方は、車選びのプロが希望条件などをもとにアドバイスしてくれるので、ライフプランや生活スタイルに合った最適な1台を見つけられるはずです。家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

頭金不要、充実したメンテナンスプランも用意

「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、頭金などの初期費用、ボーナス払いは不要のため、月々の利用料金のみでリースが可能。
カーリース料金には、自動車税(種別割)や自動車重量税などの税金、自賠責保険料などが含まれているので、急な出費もなく、家計管理も簡単です。さらに、定額カルモくんでは選べるメンテナンスプランを用意しています。メンテナンス料金を定額にできるだけでなく、指定の大手整備工場などで車検や点検を行うことができるため、お店を探したり手続きをしたりなどの手間も省くことができます。

・シルバープラン
シルバープランは、カーリース契約に必須となる返却時の原状回復や車検基本料・法定費用、法定12ヵ月点検、エンジンオイルやオイルフィルターの交換がついています。原状回復費用や車検基本料・法定費用などは、車の維持費の中でも高額となる可能性があるため、月々の支払いに組み込んでおくと安心です。

・ゴールドプラン
シルバープランの内容からさらに充実したゴールドプランでは、タイヤのメンテナンスやブレーキオイル・パッドの交換、バッテリーの交換費用、その他消耗品の補充、交換費用などが含まれています。車のメンテナンスに必要な内容がほとんど組み込まれているので、初めて車を持つ方にもおすすめのプランです。

・プラチナプラン
プラチナプランではゴールドプランの内容にメーカー一般・特別保証対象部品の延長保証が追加されます。万一のトラブルが起こっても延長保証で契約満了時までしっかりカバーできるので、長期間の契約であっても安心して利用できるメリットがあります。

そして、カーリースの概念を変える「もらえるオプション」

カーリースの大きなデメリットといわれていた契約満了時の車の返却ですが、定額カルモくんでは、カーリース契約満了後に車がもらえるオプションプランをご用意しています。月額料金に500円プラスすることで、オプションの「もらえるオプション」に加入が可能。加入条件は、契約期間7年以上、対象車種(軽自動車とコンパクトカー)のご契約が対象となっています。リース契約満了後の追加料金もなく、リース車をマイカーとして使い続けることができる新しいカーリースのプランです。

ワゴンRに乗るなら定額カルモくんで決まり!

ゆとりのある広さの室内空間や優れた燃費性能を持つワゴンRは、軽自動車に求めるものをすべて満たしてくれる心強いモデルです。日常生活のパ―トナーとしてさまざまなシーンで活躍してくれることでしょう。
そんなワゴンRに乗るのであれば、初期費用の準備がなくても新車のワゴンRに乗れるカーリースがおすすめです。業界最長(※2020年3月、「定額カルモくん」調べ)となる11年の契約期間やもらえるオプションなど、多彩なプランをご用意している「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、無理なくワゴンRのある生活を始められるのではないでしょうか。
ワゴンRに乗りたい、とお考えであれば、「おトクにマイカー 定額カルモくん」のご利用を視野に入れてみてください。

キャンペーン

よくある質問

Q1:ワゴンRのリース料金は月額どのくらい?

A:カーリースでは、契約年数の長さによって月額料金は変わります。カーリース市場で最長(※2020年3月、「定額カルモくん」調べ)の11年契約のある「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、最長の11年契約で月額15,510円(税込)~ご利用いただけます。

Q2:ワゴンRをリースするメリットは?

A:ワゴンRはマイルドハイブリッドシステムを搭載し、優れた燃費性能を持つモデルです。ハイブリッドシステムを搭載している車両はガソリン車と比較すると車両が高額になる傾向がありますが、カーリースなら頭金や初期費用が不要なので、燃費の良いマイルドハイブリッド車も選びやすくなるでしょう。購入時と同じようにグレードやボディカラーを自由に選べるのも魅力です。

Q3:ワゴンR はどんな方におすすめの車?

A:ワゴンRは軽ワゴンNo.1(※2019年12月、スズキ調べ)の優れた燃費性能に加え、室内長も軽ワゴンNo.1(※2019年12月、スズキ調べ)の2,450mmを誇る広い室内空間を備えたモデルです。燃料費を節約したい方はもちろん、軽自動車であってもゆとりのある室内空間にこだわる方には最適なモデルといえるでしょう。

※記事の内容は2020年8月時点の情報で執筆しています。

スズキワゴンRの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキワゴンRの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード
読了後バナー