ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ワゴンRに乗るならリースがおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

ワゴンRに乗るならリースがおすすめ!その理由とメリットを徹底解説
ワゴンRに乗るならリースがおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

出典:スズキ「ワゴンR」スタイリング

軽ハイトワゴンのパイオニアといえる存在のスズキのロングセラーモデル、「ワゴンR」。広く快適な室内を備え、使い勝手の良さで定評のある1台です。ワゴンRのような軽自動車は一般的に普通車よりも車両本体価格が安い傾向があるといえますが、それでも新車を購入するとなると100万円以上のまとまった資金が必要になります。ローンを利用するとしても頭金や諸費用がかかるため、負担をゼロにすることはできません。

その点カーリースであれば初期費用は不要、月々10,000円台のリーズナブルな料金で新車のワゴンRに乗ることが可能になります。

ここでは、ワゴンRに乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

ワゴンRに業界最安水準の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならワゴンRに月々 15,680 円から乗れる
  • ワゴンRは使い勝手の良いバランスのとれた軽自動車が欲しい方におすすめ
  • フラットな支払いでカーライフが維持できるカーリースならマイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID FX-S」にも乗りやすくなる

カーリースならワゴンRに月々 15,680 円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのワゴンRの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でワゴンRを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「FX」5MTの2WD車で、カーナビやETCなどのアクセサリー、有料のボディカラー、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のワゴンRの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年15,680円
10年16,890円
9年18,100円
8年19,860円
7年21,950円
6年22,560円
5年24,210円
4年27,730円
3年32,735円
2年43,625円
1年73,545円

※2022年11月27日時点の料金

このように、カーリースでワゴンRに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

ワゴンRの料金をシミュレーションしてみる

ワゴンRはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

ワゴンRでカーライフを始めるときに気になるのが、購入に必要になる資金と、その後も継続してかかる維持費のことではないでしょうか。維持費は燃料費や駐車場代、保険料などさまざまな項目がありますが、中でも大きな負担となりがちなのが車検、また毎年の納税義務がある軽自動車税(種別割)といえます。

カーリースでは、カーライフを始めるときはもちろん、維持費の負担も少ないカーライフが実現できます。ここでは、カーリースなら本当にお得にワゴンRに乗れるのか、またカーリースにはどのようなメリットがあるのかを具体的にご紹介します。

カーリースならカーローンより手軽にワゴンRに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

一方カーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

ここで、ワゴンR「FX」5MT、2WD車をカーローンで購入した場合と、カーリースで利用した場合で、月々の返済額や支払額にどの程度の差が出るのか、また維持費の負担についてもどう違うのかを比較してみましょう。

なお、カーローンの返済期間5年で、頭金やボーナス払いは設定しない前提とし、金利はディーラーローンの相場である6%でシミュレーションしています。カーリースの月額料金については例として定額カルモくんの料金を使用しました。

この条件の場合、カーローンの毎月の返済額は23,542円*となりました。対してカーローンの返済期間と同じ5年契約のカーリースの月々の支払額は24,210円*と、数百円ではありますがカーリースの月額料金がカーローンの返済額を上回っています。

一見すると「カーリースが高い」と思えるかもしれませんが、実は一概にはそういえないのです。その理由としては、カーリースの料金には契約期間中の軽自動車税(種別割)、自動車重量税、自賠責保険料が含まれていることが挙げられます。軽自動車の場合は毎年10,800円*の軽自動車税(種別割)、車検時には法定費用として自動車重量税6,600円*(エコカー減税は考慮せず)、自賠責保険料19,730円*(24ヵ月の場合)を支払わなくてはなりません。

カーローンではその都度月々の返済金にプラスして出費することになりますが、すべて含まれているカーリースであればそれがありません車に関する突然の出費がほとんどなくなるので、家計の見通しが立ちやすくなるのです。

また、カーローンでは頭金を設定しない場合でも完全に初期費用がゼロになるわけではありません。新車登録に必要な諸費用は、ローンとは別に最初に支払わなければならないことがほとんどだからです。メーカーの公式シミュレーションによると、ワゴンRの該当グレードの場合、初期費用として85,160円*が必要です。

その点カーリースではこういった諸費用もカーリースの料金に含まれているため、初期費用の負担なく好きな新車に乗ることができます。そのため手元に資金がなくてもワゴンRに乗れることに加え、マイルドハイブリッドシステムを搭載するワンランク上のグレードにも手が届く可能性も高まるのです。

*2022年11月27日時点の料金であり、変更になる可能性があります

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いワゴンRを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。ワゴンRに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べる上、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでワゴンRに乗るメリット・デメリット

リースでワゴンRに乗るメリット・デメリット出典:スズキ「ワゴンR」外観

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、ワゴンRをリースする上で知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

ワゴンRのベースグレード「FX」はガソリン車ですが、上級グレードの「HYBRID FX-S」ではマイルドハイブリッドシステムを搭載し、より優れた燃費性能・環境性能を実現しています。

しかし「HYBRID FX-S」は「FX」よりも15万円以上高額なため、購入となれば負担が大きく「FX」で妥協しようと考えることもあるかもしれません。しかし定額制であることに加え、残価設定によってリーズナブルな月額料金を実現しているカーリースであれば、購入では手が届かないとあきらめていた「HYBRID FX-S」に乗ることもできるのです。

なお、事業用にワゴンRの利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、ワゴンRを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

お申し込みをご希望の方も、お試し審査からどうぞ。

ワゴンRを取り扱うリース3社の料金比較

ワゴンRを取り扱うリース3社の料金比較出典:スズキ「ワゴンR」安全装備

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、ワゴンRを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈ワゴンRの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんカーコンカーリースコスモMyカーリース
11年15,680円18,150円-
7年21,950円23,760円20,020円
5年24,210円26,070円23,650円

*月額料金は2022年11月27日時点の情報で、各社オンライン見積もりでの「FX」5MT・2WD車の最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

カーリースでは、費用総額を契約月数で割って月額料金を算出するため、契約期間が長いほど月額料金が安くなるのが一般的です。そのためできるだけ月々の出費を抑えてカーライフを楽しみたいのであれば、より長い契約期間の設定があるカーリースを選ぶのもひとつの方法です。ただし、原則としてカーリースでは中途解約ができないため、1年単位で契約が可能であるなど、無理なく利用できるかもよく考える必要があります。

ここで比較したワゴンRの扱いがある3社のうち、最も長い契約期間は定額カルモくんと「カーコンカーリース」の11年契約で、最安値を実現しているのは定額カルモくんです。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

ワゴンRの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

ワゴンRの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:スズキ「ワゴンR」外観

スズキ「ワゴンR」は軽ハイトワゴンの先駆けといえるモデルで、使い勝手の良さや燃費性能の高さ、居住性の良さなどで定評のある1台です。

ここでは、ワゴンRでカーライフを始めたい方のために、燃費や内装、安全性能など、ワゴンRの魅力についてご紹介します。

【ワゴンRの魅力】
✔「FX」には5MT車の設定がある
✔マイルドハイブリッド車はクラストップ(2022年8月時点、スズキ調べ)の低燃費を実現している
✔広く快適な居住空間と使い勝手の良いポケッテリアで高い利便性を確保している

ワゴンRとは

ワゴンRのデビューは1993年。四半世紀を超える歴史を持つモデルで、ボディサイズに規制のある軽自動車の宿命ともいえる「狭くて窮屈」という欠点を、全高を高く取ることで解決したエポックメイキングな軽ハイトワゴンです。

今ではさらに全高を高く取って居住空間を広げたスーパーハイトワゴンも登場していますが、運転しやすい適度なサイズ感と使い勝手の良さ、低燃費を実現していることに加え、スーパーハイトワゴンよりも買いやすい価格帯を維持しているバランスの良さから現在でも幅広い層の支持を受けています。

現行型は2017年2月に登場した6代目モデルで、新プラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用によって車の基本性能、燃費性能を大幅に向上させました。

なお、2022年8月の一部改良時には安全性能に手が加えられるとともにUSB電源ソケットを採用するなど、随時装備をアップデートし、時代に合わせた機能を追加して魅力を維持し続けています。

ワゴンRのグレード

ワゴンRのグレード出典:スズキ「ワゴンR」価格・グレード

ワゴンRのグレードは「FX」と「HYBRID FX-S」の2種類。なお、2022年8月の一部改良時にそれまでワゴンRのひとつのグレードとして設定のあった精悍なデザインの上級グレード「HYBRID FZ」が「ワゴンRカスタムZ」という名の派生車種として独立しました。

「FX」の特徴

ベースグレードの「FX」は、CVTに加えて5MTがラインナップされています。今は軽自動車に限らずマニュアルトランスミッションをラインナップするモデルは希少といえるため、マニュアル車を探している方には注目すべきポイントでしょう。

ヘッドランプはハロゲンでホイールは14インチのフルホイールキャップを採用。エクステリアにおいて上級装備や最新のLEDなどが採用されているわけではありませんが、エアフィルター付きのフルオートエアコンや電動格納式リモコンドアミラー、リモコンを携帯していればスイッチ操作でドアの解錠や施錠ができる「キーレスプッシュスタートシステム」、全面UVカット機能付きガラスなどが備わっているため、使いにくさを感じることはないでしょう。

「HYBRID FX-S」の特徴

上級グレードの「HYBRID FX-S」は、マイルドハイブリッドシステムを搭載し優れた燃費性能を持つのが特徴です。なお、「HYBRID FX-S」のトランスミッションはCVTのみであり5MTの設定はありません。

「HYBRID FX-S」には運転席シートリフターやチルトステアリングがあるため、体格を問わず誰もがベストなドライビングポジションを確保できます。また、Type-AとType-CのUSB電源ソケットがインパネに備わるなど、利便性が向上しているのが魅力といえるでしょう。

さらに、スマートフォンと連携して音声通話や音楽の再生、地図アプリなどの表示が可能な7インチディスプレイオーディオ、より快適・便利にカーライフが楽しめるコネクト機能が使用できる「スズキコネクト対応通信機」が含まれるパッケージオプション「全方位モニター付きディスプレイオーディオ・スズキコネクト対応通信機装着車」の追加も可能です。

ワゴンRの詳しいグレードの情報はこちら

ワゴンRの内装

ワゴンRの内装出典:スズキ「ワゴンR」室内空間

ワゴンRは、軽ハイトワゴンならではのほどよく広い快適な室内空間を確保しているため、前席だけでなく後席の乗員もくつろいで移動を楽しむことができます。室内長は2,450mm、室内幅1,355mm、室内高は1,265mmを実現し、ヘッドクリアランスにも余裕があります

内装は実用性を重視したシンプルで機能的なデザインです。内装色は「FX」ではブラックのみですが、「HYBRID FX-S」ではブラック、ベージュの2色から選択が可能です。

また、ポケッテリアが充実しているのもワゴンRの魅力のひとつといえます。運転席周りにドライバー専用のトレーなどが複数用意されていることに加え、助手席座面下の収納スペース、傘についた雨水を排出してくれる機能を搭載したアンブレラホルダーなど、かゆい所に手が届くような工夫されたポケッテリアが多数用意されています。

ワゴンRの内装について詳しく知りたい方はこちら

ワゴンRの燃費

ワゴンRでは、「HYBRID FX-S」にスズキ自慢のマイルドハイブリッドシステムを搭載しています。モーター機能付きの発電機とリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、減速時に発生するエネルギーを電力に変えて充電、加速時にモーターがエンジンをアシストすることで燃料の消費を抑えます。

さらに停止前の減速時から自動でエンジンを停止させるアイドリングストップシステム、アイドリングストップ中に車内に冷風を送り出すエコクールといった低燃費技術も搭載しています。

なお、派生モデルである「ワゴンRスティングレー」や「ワゴンRカスタムZ」にラインナップされているターボエンジンの設定はありません。

ワゴンRのWLTCモードカタログ燃費・実燃費は以下のとおりです。

 駆動方式トランスミッションカタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
ガソリン車2WDCVT24.417.9
5MT24.824.1
4WDCVT23.216.0
5MT23.024.1
マイルドハイブリッド車2WDCVT25.222.9
4WDCVT24.223.1

*実燃費は2022年11月25日時点のe燃費のデータを基に掲載しています

なお、ワゴンRのマイルドハイブリッド車のカタログ燃費はクラストップ(2022年8月時点、スズキ調べ)の低燃費を実現しています。

ワゴンRの燃費について詳しく知りたい方はこちら

ワゴンRの安全性能

ワゴンRではスズキの予防安全技術である「スズキ セーフティ サポート」を全車に標準装備し、「サポカーSワイド」に適合しているため、今の時代に求められる安全性は有しているといえるでしょう。

2022年8月の一部改良では、衝突被害軽減ブレ―キがそれまでの「デュアルセンサーブレーキサポート」から、夜間の歩行者の検知が可能な「デュアルカメラブレーキサポート」に変更されました。

また、同じタイミングで追加された高速道路で加減速をシステムが支援することでドライバーの疲労を軽減し、安全運転に貢献する「アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付き)」と、車線からはみ出す危険が発生すると逸脱を回避する方向にステアリング操作を支援する「車線逸脱抑制機能」が、上級グレードの「HYBRID FX-S」にのみ搭載されました。

ワゴンRの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

ワゴンRはバランスのとれた使い勝手の良い軽自動車が欲しい方におすすめ!

ワゴンRはバランスのとれた使い勝手の良い軽自動車が欲しい方におすすめ!出典:スズキ「ワゴンR」室内空間

ワゴンRは低燃費であることに加え、居住性の良さと使い勝手の良さも備えたバランスのとれたモデルです。生活に欠かせないアイテムとして、不便さを感じることなく快適に使用できる軽自動車が欲しい方に最適な1台でしょう。

また、スーパーハイトワゴンよりも買いやすい価格を実現していることに加え、車高もそれほど高くないため運転しやすいので、スーパーハイトワゴンではちょっと価格も車高も高すぎる、という方にもおすすめです。

ワゴンRに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのワゴンRでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 15,680 円からワゴンRに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

ワゴンRのグレード別料金シミュレーション

定額カルモくんでは、ワゴンRも全グレード、全ボディカラーが選べます。ただしグレードや駆動方式、有料のボディカラーを選択するか否かによって月額料金には大きな差が出ます。

さらに定額カルモくんではETCやカーナビ、希望ナンバーなど豊富なオプションを用意していることに加え、「もらえるオプション」やメンテナンスプランもあるので、トータルでどの程度の月額料金になるのかをオンラインシミュレーションで確認しておくことをおすすめします。

なお、上級グレードの「HYBRID FX-S」ではメーカーオプションの「全方位モニター付きディスプレイオーディオ・スズキコネクト対応通信機装着車」や「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」を選ぶこともできますが、その場合はシミュレーションよりも月額料金は高額になります。

〈ワゴンRの料金シミュレーション〉*¹

 3年7年11年
おすすめグレード
(FX CVT 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
31,195円21,950円15,790円
オプション選択*²
メンテプランなし
36,398円24,612円17,605円
もらえるオプション選択

プラチナメンテプラン加入*³
-28,930円23,270円
上位グレード
(HYBRID FX-S 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
35,925円24,590円17,550円
オプション選択
メンテプランなし
41,128円27,252円19,365円
もらえるオプション選択

ゴールドメンテプラン加入
-29,550円22,510円

*¹ 料金は2022年11月27日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² カーナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合
メンテナンスプランについて詳しくはこちら

ぴったりの条件でシミュレーションしてみたい方はこちら

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。ワゴンRのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合の費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!ワゴンRに乗るならリースで決まり

カーリースなら大きな負担なくワゴンRに乗れることに加え、フラットな支払いでカーライフが維持できます。またオンラインで手軽に申込みできる、車の入手時や手放すときにも手間がかからないなどの購入にはないうれしいポイントも多くあります。

さらに定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでワゴンRに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

よくある質問

Q1:ワゴンRのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、スズキの人気車種「ワゴンR」も手頃な料金で利用することができます。なお、ベースグレードの「FX」であれば最長の11年契約なら月額10,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:ワゴンRをリースするメリットは?

A:カーリースであれば初期費用が必要ないことに加え、フラットな支払いでカーライフが維持できます。そのためワゴンR の上級グレードにも手軽に乗れるほか、オプションの追加もしやすくなります。また、定額カルモくんであれば7年以上の契約で走行距離制限がなくなる、「もらえるオプション」を追加して最終的にワゴンR をマイカーにできるなどのメリットもあります。

Q3:ワゴンRはどんな方におすすめの車?

A:ワゴンRは低燃費であることに加え、使い勝手の良さや居住性にも優れたモデルです。日常的に使用する車としてバランスのとれた、使いやすい軽自動車が欲しい方にはぴったりでしょう。

※この記事は2022年11月時点の情報で制作しています

スズキワゴンRの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキワゴンRの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
新春お年玉キャンペーン_読了後