【安全性能】アルファードの安全性能を徹底解説!

画像出典:トヨタ「アルファード」外観

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

もしもの事故を予防したり運転をサポートしたりしてくれる車の安全性能は、カーライフを安心して過ごすためにはとても大切なポイントです。そこで、車選びの際のポイントにもなる安全性能について、トヨタの人気ミニバン車種「アルファード」を例に解説します。

アルファードの安全性能にはどんな特徴があるの?

アルファードには、トヨタの先進技術を駆使した予防安全パッケージの「Toyota Safety Sense」をはじめ、運転中の視界の確保をアシストしたり運転の操作をサポートしたりするさまざまな安全性能が備わっています。また、政府交通事故防止対策の一環として普及啓発している「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」の対象者でもあり、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートしてくれる車です。
ここでは、アルファードの安全性能の特徴について、詳しくみていきましょう。

1. 先進技術安全「Toyota Safety Sense」

Toyota Safety Senseでは、ミリ波レーダーと単眼カメラという2つのセンサーを使って、さまざまな安全システムを展開しています。検知できる距離が長いミリ波レーダーと、物体の形や大きさを識別できる単眼カメラを併用することで、歩行者などとの事故の回避や衝突した際の被害の軽減につながります。
Toyota Safety Senseの安全機能には、以下のようなものがあります。

<ハンドル操作サポート>

出典:トヨタ「アルファード」安全性能

トヨタ初となるハンドル操作サポート(レーントレーシングアシスト)は、車線の逸脱を回避するために警告を鳴らしたり中央を走れるようにハンドル操作を支援したりしてくれる機能。

<自動(被害軽減)ブレーキ>

出典:トヨタ「アルファード」安全性能

走行速度が時速約10〜80kmの場合、死角からの横断者や車道を走る自転車などを検知して、警告音を鳴らしてブレーキ操作をサポートして衝突を回避してくれる機能。

<追従ドライブ支援機能>

出典:トヨタ「アルファード」安全性能

事故の起きやすい渋滞時などに、先行車と適切な距離を保って走行してくれる機能。ブレーキとアクセルを踏み変えたり、急停止・急発進での事故を防いだりしてくれます。

<自動ハイビーム>

出典:トヨタ「アルファード」安全性能

トンネルなど視界が悪い場所で、先行車や対向車のライトを認識して自動でハイビームに切り替えてくれる機能。切り替え忘れを防いでくれる効果も期待できます。

<標識読み取りディスプレイ>

出典:トヨタ「アルファード」安全性能

車両進入禁止や一時停止など、走行している道の標識を認識してお知らせしてくれる機能。速度超過やはみ出し通行禁止など、危険につながるさまざまな標識の見逃しを防ぐ効果が期待できます。

<先行車発進アラーム>

出典:トヨタ「アルファード」安全性能

信号待ちなどで前の車が発進していること気付いていない場合、表示やアラートで出遅れを知らせてくれる機能。先行車が4メートル進んでも停車したままの場合にアラームが作動します。

2. 安全な駐車をアシストしてくれる機能

走行中だけでなく、駐車時などでも事故は起こる可能性があります。ミラーだけでは確認できない障害物との衝突を防いでくれるインテリジェントクリアランスソナーと自動パーキングブレーキについてみていきましょう。

<インテリジェントクリアランスソナー>

出典:トヨタ「アルファード」安全性能

駐車時や発進時のアクセルとブレーキの踏み間違いを防いでくれる機能。8つの車載センサーで周囲の障害物を検知して、ブザーで知らせてくれます。また、距離が近づくと自動ブレーキで衝突を予防してくれます。

<電動パーキングブレーキ>

坂道などの走行時に使用するパーキングブレーキを自動で作動・解除してくれる機能。解除し忘れを防いでくれるため、安全に車への負担も軽減してくれます。

3. 視界の確保をしてくれる機能

雨の日や視界の悪い夜などは特に事故が起きやすくなります。そんな環境でも安全に走行できるようサポートしてくれるリヤクロストラフィックアラートとブラインドスポットモニターについてみていきましょう。

<リヤクロストラフィックアラート>

駐車場からバックで出るときなど、車を後退する際に左右後方から接近する車がいないかを知らせてくれる機能。ドアミラーのインジケーターが点滅しブザーを鳴らして警告してくれます。

<ブラインドスポットモニター>

出典:トヨタ「アルファード」安全性能

車線変更時など、死角となる場所に車がいないかをレーダーで検知して知らせてくれる機能。リヤクロストラフィックアラートと同様、ドアミラーのインジケーターが車両を検知して点灯、ウインカーを操作すると点滅して知らせてくれます。

4. 快適で安全な運転をサポートしてくれる機能

後方を確認するためのバックミラーは、走行時だけでなくバックをするときにも大事な役割を持ちます。バックミラーに車の後方の映像をうつすデジタルインナーミラーやライトの反射を軽減する自動防眩インナーミラーなど、快適で安全な運転をサポートしてくれる機能についてみていきましょう。

<デジタルインナーミラー>

出典:トヨタ「アルファード」安全性能

バックミラーを後方の映像をうつすモニターに変えて、後方の様子を確認することができる機能。レバーでミラーとの切り替えが可能なので、車内の荷物などで後方が見えにくいときにも安心して走行できます。

<自動防眩インナーミラー>

バックミラーに後続車のライトが反射して見えにくいとき、ライトの眩しさを軽減してくれる機能。トンネルの中や広報車がハイビームを使用しているときなどに有効です。

作動前

作動後

出典:トヨタ「アルファード」安全性能

<リバース連動機能付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー>

駐車時に後方をバックミラーで確認する際に、後ろの車や障害物が見えにくいときに自動でドアミラーの角度を変えてくれる機能。

作動前

作動後

出典:トヨタ「アルファード」安全性能

5. もしもの事故のダメージを軽減してくれる機能

運転席や助手席だけでなく、横からの衝撃を守るために7個のエアバックを完備。運転席と助手席それぞれにはSRSエアバッグとSRSサイドエアバッグ、運転席の前方下にはSRSニーエアバッグ、フロント部分からサードシートまでの側面にはSRSカーテンシールドエアバッグを搭載して、もしもの事故のダメージを軽減してくれます。

アルファードで安心安全なカーライフを

アルファードには、トヨタ車独自の安全性能に加えて、安心してカーライフが楽しめるさまざまな機能が備わっています。かっこよさや走行性能も車選びにおいて重要なポイントですが、もしもの事故を防いでくれる安全装備は予めしっかりと確認しておきましょう。

※2019年5月の情報で執筆しています

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

「【安全性能】アルファードの安全性能を徹底解説!」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【徹底レビュー】「ホンダオデッセイ」元祖走りのミニバン。その走行性能から室内空間まで

【徹底レビュー】「ダイハツコペン」3つの顔を持つ軽オープンカー、そのスタイルから走りまで

【試乗記】「レクサスLC」一部改良が加えられたエレガントなクーペをチェック

【徹底レビュー】「レクサスLX」国産最高峰SUV、その走りから豪華装備まで

【試乗記】「三菱デリカD:5」 見た目はともかく中身の進化は素晴らしい(岡崎五朗レポート)

【試乗記】「日産エクストレイルAUTECH」オリジナル内外装の特別なエクストレイルの走りはいかに?

【試乗記】「日産デイズ」6年ぶりの新型の走りはワゴンRを超えたのか?

【試乗記】「トヨタRAV4」SUVを再定義するSUVの元祖(岡崎五朗レポート)

【安全性能】アルファードの安全性能を徹底解説!

【内装・使い勝手】アルファードの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深堀り!

もっと見る

PAGETOP