カーリースは中途解約できる?違約金の算出方法や契約前の対策を専門家が解説

カーリース契約前にできる中途解約対策ってあるの?
貯金ゼロでも

カーリースの契約期間中、ライフスタイルの変化によって契約の維持が難しくなることもあるかもしれません。しかし、カーリースは契約者の都合で中途解約することはできないとされています。また、例外的に解約が認められたとしても、違約金を支払わなくてはなりません。

高額な違約金に悩まされないためには、なるべく中途解約をせずに済むよう、契約の段階からしっかりと対策をとっておくことが重要です。

そこで、中途解約を避けるにはどういったことに気を付けて契約すればいいのか、契約前に確認したい違約金対策についてカーリースの専門家である佐藤未来さんに解説してもらいます

中途解約のリスクを抑えられるカーリースはこちら

【この記事のポイント】
✔リース契約を途中で解約すると違約金が発生する
✔中途解約とならないために、事前にライフプランを考えておくことが大切
✔定額カルモくんなら1年単位で契約できるので中途解約のリスクを下げられる

カーリースの中途解約についてカーリースの専門家に聞きました

気になる中途解約の可否について、カーリースに詳しいマイカーコンシェルジュの佐藤未来さんは「長期契約となるカーリースの契約において、残念ながら契約期間の途中で解約することはできません」と言います。
いったいどうしてなのでしょうか?佐藤さんに詳しい理由を聞いてみました。

カーリースが中途解約できないのはなぜ?

――カーリースの中途解約はできないのですね。

そうなんです。カーリースはカーリース会社がお客様の代わりに新車を購入し、お客様は月々の利用料を支払う形で賃貸します。このようなサービス形態を「リース」というのですが、リース業界のほとんどを占めるファイナンスリースでは中途解約できないのが特徴です。

――なぜファイナンスリースでは中途解約が認められないのでしょうか?

利用者が月々支払うリース料は、車両価格を契約年数で割って算出されています。そのため、中途解約をすると、残りの契約期間分のリース料(車両価格の一部)がカーリース会社の損害になってしまうというのがおもな理由です。

ただ、最近は中途解約のリスクをカバーするプランを用意しているカーリース会社も多いので、そのようなサービスを選ぶといいでしょう。

中途解約ができる例外は?

――契約中に不慮の事故が起こることも考えられます。例外はないのですか?

一般的に例外として認められるケースは、車の全損、それから盗難に遭った場合のみとなります。その場合もカーリース会社による内容の精査をもって解約の可否が通達されるので、利用者の意思で自由に解約できるわけではありません。

――転勤や結婚などでライフスタイルが変化したときや、契約者が死亡した場合の解約の可否も気になるのですが……。

解約が認められるのはあくまで全損、盗難なので、転勤や家族構成の変化といった自己都合では難しいですね。なお、契約者死亡時においては相続者に引き継がれることになります。
解約が認められるか否かは、あくまでカーリース会社の判断によります。また、解約が認められた場合でも、違約金や解約金としてまとまった金額を一括請求されることもあります。
後々トラブルにならないよう、契約前に重要事項説明書などの記載をしっかり確認してくださいね。

やむをえない理由でリース契約の中途解約の対象となりうるケースは以下のとおりです。
なお、これらは一例であり、中途解約が可能かどうかはあくまでも各カーリース会社の判断によります。

  • 契約者がケガや病気で入院をしたなどの理由で、長期的に車を使用できなくなった
  • 海外転勤など、契約者のライフスタイルの変化により長期的に車を使用できなくなった
  • 盗難などの被害に遭い、リース車両が使用できなくなった
  • 事故によってリース車両が全損して使用できなくなった
  • 契約者が死亡した
  • 運転免許証の取消、あるいは返納することになった

ただし先述のとおり、契約者が死亡した場合には相続者に引き継ぎとなる会社もあります。

中途解約をした場合の違約金の計算方法

中途解約をした場合の違約金の計算方法

――中途解約違約金はどのように算出しているのでしょうか。

中途解約違約金の算出方法はカーリース会社により異なりますが、基本的には残期間分のリース料や事務手数料、残存価格を中心とした費用から、控除される費用を差し引いた金額となります。
なお、残期間分のリース料は、残りの契約期間と月額料金をかけた金額です。そのため、残りの契約年数が長いほど、中途解約違約金も高額になります。

〈おもな中途解約違約金の内訳〉

  • 残期間分のリース料(中途解約を希望した時点以降のリース料)
  • 事務手数料(書類発行手数料など)
  • 未払いリース料(これまでの支払いで未払いがある場合)
  • 遅延損害金(これまでに支払いに遅延などがあった場合)
  • 残価精算がある場合は残存価格(契約時に設定された残価)

〈おもな控除費用〉

  • 中途解約を希望した時点までに発生しなかった月額料金に含まれる税金
  • 車両査定価格(リース車両の査定価格。カーリース会社による)

中途解約違約金の算出方法について、具体的な例を以下の表にまとめました。月々30,000円で7年間のリース契約をし、5年で解約をする場合の中途解約違約金は次のようになりますので、参考にしてください。

月々30,000円で7年間のリース契約を行い、5年で中途解約した場合の違約金

【月額料金総額】
30,000円×12ヵ月×7年=252万円

【5年間で支払った月額料金】
30,000円×12ヵ月×5年=180万円

【中途解約違約金】
252万円–180万円=72万円

表のとおり中途解約違約金は72万円ですが、車の状態によっては原状回復費用などが上乗せされる場合もあります。例えば、車に傷やへこみなどの損傷がある場合は追加で修理費がかかってしまう可能性が高いでしょう。また、中途解約違約金は一括払いを求められることが一般的なので、まとまった費用が必要になります。

このように中途解約違約金は月額料金を基に算出されるので、定額カルモくんのように月額料金が安いカーリースであれば万が一解約となってしまっても、違約金も安く済む可能性があるでしょう。

月額料金10,000円台とリーズナブル!中途解約違約金の支払いリスクを抑えたい方はこちら

カーリースの契約前にできる中途解約違約金の対策とは?

カーリースの契約前にできる中途解約対策とは?

カーリースは基本的に中途解約はできないものの、「万が一の状況に備えておくことで、リスクを最小限に抑えることもできます」と佐藤さん。
契約前からできる中途解約対策として、「契約期間」「保険」「プラン」「メンテナンス」の4つについてポイントをご紹介くださいました。

1. 契約期間:転勤や家族構成の変化を考慮して契約期間を決める

――解約リスクを減らすにはどのように契約期間を決めたらいいでしょうか?

解約しなくて済むようにするには、本当に必要な期間で契約することです。カーリースは契約年数が長くなるほど月額料金が安くなりますが、そのために長期契約をして、途中で解約が必要になって中途解約違約金が発生しては本末転倒ですから。

――たしかにそうですね。ただ、転勤や家族構成の変化など、予測できないこともあるかと。

転勤などの可能性がある場合は、転勤の周期に合わせて契約期間を検討することで、中途解約のリスクを減らせるのではないでしょうか。また、家族構成に変化が起こりやすい時期などに契約する際は、家族計画を事前に話し合っておくことで、適切な車種や契約期間を選びやすくなると思います。

契約期間に迷ったら、1年単位で契約できるカーリースを選ぶのがおすすめです。自分の生活に合わせて車に乗ることができますよ。

――なるほど。ただ、最低限の期間にすると、契約満了を迎えてもまだ車が必要ということになったりしないでしょうか?

そのような場合は、再リースを検討するのもひとつの手ですね。ここで車を使わなくなるかもしれないという年数で1回区切っても、そのときに継続が必要であれば再度契約をすればいいので、1回の契約期間を短くしても安心です。再リースなら月額料金も安くなりますよ!

また、契約期間満了時に、再リースではなく新しい車種に乗り換えるという方法もありますね。ただ、再リースも乗換えも再審査は必要になります。
解約リスクを低くするには、安さに惑わされて契約期間を長くするよりも最低限必要な年数で契約することが大切です!1年単位で契約期間を選べる定額カルモくんなら、ライフプランに合わせた利用が可能です。

2. 保険:リース車が全損した場合に備えて自動車保険に加入する

――自動車保険で中途解約のリスクが抑えられるのですか?

事故などで車両を全損させてしまった場合、契約は強制終了となり、中途解約違約金が発生します。ただ、自動車保険に加入しておけば、補償で違約金の負担を軽減できるんです。

――カーリース専用の自動車保険もあると聞きました。

カーリース特化型の保険もありますが、まだまだ少ないのが現状です。通常の自動車保険でも、カーリースに対応しているものであれば問題ありません。
ただ、内容によってはもしものときに十分な補償が受けられないので、しっかり確認して申し込むことが大切です。
全損の場合のカーリース中途解約違約金が補償されるのか、任意保険の窓口担当に聞いてみるといいでしょう。

――カーリースでも普通の自動車保険に入れるのでしょうか?

保険会社によりますが、カーリースでも利用できる保険はたくさんありますよ!現在加入している保険の等級を引き継げる場合は、保険料を抑えられる可能性もあるでしょう。

なお、定額カルモくんでは自動車保険を取り扱う保険会社を紹介しています。契約時に自動車保険の相談ができるカーリース会社なら、カーリースに必要な補償をしっかりつけられるので、中途解約時に「補償が受けられない!」といった事態になる心配もなくなりますよ。

カーリースに利用できる自動車保険としては、以下のようなものがあります。

・ソニー損保
ソニー損保では、インターネットから自動車保険を申し込むことができます。年間走行距離制限がほかの会社よりも細かく設定されているのが特徴で、車に乗る機会が少ない方にもおすすめの保険といえるでしょう。また、事故や故障など、トラブル時の細やかな対応にも定評があります。

・イーデザイン損保
イーデザイン損保の自動車保険は、等級上限のある20等級の方でも無事故割引を受けられることが特徴です。また、通常の自動車保険だと特約になっていることも多い”弁護士費用の補償”が全契約にあるのも魅力です。

・セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)
セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)は、事故率が低い40~50代の方の保険料が安くなることが特徴で、これまで事故が少なく、優良運転者である場合にはおすすめの保険といえるでしょう。

ただし、カーリースに対して制限が設けられており、例えば、事故によって車が故障した際、車の再購入費用を部分的に補償してもらえる「車両新価特約」には加入不可となっています。

利用者に合った自動車保険を紹介してくれるカーリースの定額カルモくんはこちら

3. プラン:中途解約時の経済的負担を抑えられるプランがあるカーリースを選ぶ

――中途解約のリスクをカバーするプランを用意しているカーリース会社も多いとのことでしたが、どのようなプランがあるのでしょうか?

カーリースは原則として中途解約ができませんが、まれに、契約後一定期間が経過すると解約や乗換えができるプランを用意しているカーリース会社もあります。
ただし、いつでも解約や乗換えができるわけではなく、契約期間に縛りがあったり、利用料が高めだったりすることが多いので、事前に契約内容を確認することが大切です。

――そのようなプランがないカーリースで、中途解約のリスクを下げる方法はありますか?

契約満了時に残価精算のないカーリースであれば、中途解約することになっても、残価分の支払いは抑えられるでしょう。
また、中途解約違約金には残りの契約期間分のリース料が含まれるので、月額料金が安いカーリースなら、負担も軽くできると思います。

4. メンテナンス:車のメンテナンスをしっかり行う

――車のメンテナンスが中途解約のリスクを下げるとは、どういうことでしょうか。

メンテナンスを軽く見てはいけません。実は、自然故障による中途解約も少なくないんです。
自然故障であってもカーリース会社が責任を持つわけではないので、契約途中で故障によって解約せざるをえないといったことにならないよう、定期的にメンテナンスを行って車の状態を維持することが、廃車による中途解約のリスクを下げることになるんです。

――なるほど!ただ、メンテナンスにはそれなりの費用がかかりますよね。

カーリースでは、車の維持に必要なメンテナンスが定額で受けられるメンテナンスプランを用意しているところも多いですよ!そのようなオプションを利用すれば、経済的な負担を抑えて車に必要なメンテナンスが行えるので、ぜひ活用してほしいと思います。

ただ、メンテナンスプランの内容はカーリース会社ごとに異なるので、どのようなメンテナンスが含まれるのか、事前によく確認してくださいね。

定額カルモくんのメンテナンスプランなら、車検や法定点検、消耗品の交換といったメンテナンス費用が月額料金に含められるほか、返却時の原状回復費用補償やメーカーの延長保証も受けられます。定額カルモくんのメンテナンスプランについて詳しくはこちらをご覧ください。

中途解約のリスクを下げられるおすすめのカーリース会社

カルモくん_new

中途解約のリスクを下げるなら、カーリースの定額カルモくんを利用するのがおすすめです。リース契約満了時に自分の車にできる「もらえるオプション」をはじめ、中途解約のリスクを下げて利用できるサービスがそろっています。ここでは、定額カルモくんを利用するメリットを紹介します。

中途解約のリスクを下げられる理由その1. 残価精算がない

カーリースには、残価設定ありのカーリースとなしのカーリースがあります。残価とは、リース契約満了時の車の下取り価格のようなものです。カーリースの契約方式によっては、契約時に設定した残価と返却時の査定額との差額を契約満了時に精算する必要があります。

しかし、定額カルモくんは残価精算を行わないため、契約満了時に差額を請求される心配がありません。さらに、月々10,000円台からという業界最安水準の料金で新車に乗れるので、途中で月額料金が支払えなくなるなど、自己都合による中途解約のリスクが気になる方にもおすすめです。

中途解約のリスクを下げられる理由その2. 車の選択肢が豊富

定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種、全グレードから好きな新車を選べます。一般的に、結婚や出産といったタイミングでは、車に求める大きさや機能など条件も変わりますが、定額カルモくんでは選べる車種が豊富なので、将来の予定を見越した車選びが可能になり、契約期間の途中で車の乗換えを迫られるリスクを抑えられます。

中途解約のリスクを下げられる理由その3. 契約期間を1年単位で選べる

一般的にカーリース会社では、契約期間を3年、5年、7年などと設定されていますが、定額カルモくんなら1年から11年まで、1年単位で自由に契約期間を選べるので、ライフプランに合わせて利用しやすいのが特徴です。細かい年数で契約が行えることで、転勤や出産などのライフプランの変化にも柔軟に対応することができます。

中途解約のリスクを下げられる理由その5.「もらえるオプション」で自分の車にできる

定額カルモくんには、7年以上の契約で毎月500円を追加して加入できる「もらえるオプション」があります。「もらえるオプション」は、契約満了時にそのまま車を自分のものにできるサービスです。いずれは自分のものになるので、解約リスクを避けることができるでしょう。

なお契約満了時には、もらう以外にも売却・廃車なども自由に選択できます。

オンラインで簡単申込み!事前のお試し審査で利用できる車の範囲もわかる

定額カルモくんでは、希望の月額料金で審査に通るかどうかをネットで簡単に試せる「お試し審査」を受けられます。手続きは5分ほどで行うことができ、わざわざ窓口まで行って申込みをする必要はありません。審査結果は通常翌営業日(最大3営業日)には届くため、スムーズに車が選べます。

また、お試し審査では車種が決まっていなくても審査を行うことができ、審査に通った段階で自分が利用できる車種を教えてもらうことも可能です。また、仮に審査に通っても、契約になるわけではありません。そのため、とりあえず安い車種などで審査をしてみて、後からお好みの車種を選ぶということも可能です。

審査通過後の車種変更やキャンセルもできるので、まずは審査に通るか試してみてはいかがでしょうか。

まずは審査

中途解約違約金を支払わずにすむよう、リスクの少ないカーリースを見つけよう

カーリースの中途解約について、カーリース専門家の佐藤未来さんに解説していただきました。

カーリースは、コストを抑えて新車に乗れる魅力的なサービスです。しかし、中途解約をすると、違約金の支払いなど大きな経済的負担が発生します。契約時には契約期間などをじっくり検討するほか、万が一に備えて自動車保険やメンテナンスプランの加入も忘れずにしておきましょう。

カーリースの定額カルモくんは、メンテナンスプランを利用することで車の良い状態を維持して故障のリスクを軽減できるほか、契約期間を1年単位で選択して、ライフプランの変化にも柔軟に対応することが可能です。このように「契約年数を細かく選べる」ことと、「再リースができる」ことの組み合わせによって中途解約しなくても無駄なく利用できる魅力があります。

ほかにも、中途解約のリスクを下げられるポイントが複数ありますので、万が一に備えたい方はぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。何かわからないことがあれば、専門のマイカーコンシェルジュが契約前であっても無料でサポートしてくれるので、気軽に相談してみましょう。

フリーダイヤル
LINE

よくある質問

Q1:カーリースって途中で解約できるの?

A:原則、契約期間途中での解約はできません。そのため、カーリースの契約時は今後のライフプランなどを踏まえ、慎重に検討する必要があります。なお、途中で解約をした場合、残りの契約期間のリース料金を一括で支払うなどの違約金が発生します。

Q2:リース期間中の解約が認められるのはどんなとき?

A:原則、契約期間途中での解約は認められません。ただ、例外として、事故や盗難でリース車両が使用不能になったとき、契約者の死亡、病気やケガ、海外転勤など事情により長期的に車を利用できなくなったときなどが挙げられます。
ただし、これらは一例であり、中途解約が認められるかどうかはカーリース会社の判断によります。すべてのケースで必ず中途解約が容認されるわけではありませんので、ご注意ください。

Q3:カーリースの中途解約を避けるにはどうすればいい?

A:車が必要な期間を見越して契約年数を決めるほか、自然故障で廃車にならないよう、定期的にメンテナンスを行うことも大切です。1年単位で契約期間が選べる上、さまざまなメンテナンスが定額にできるプランもある定額カルモくんなら、中途解約のリスクを抑えやすいでしょう。

※記事の内容は2021年11月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

高コスパ