カーリース車で事故を起こすとどうなるの?対処法や覚えておきたいことを紹介

カーリース車で事故を起こすとどうなるの?対処法や覚えておきたいことを紹介

車を運転する上で最も心配なのは、不慮の事故。特にカーリースの場合、車の所有者はリース会社、使用者は契約者という状態なので、万が一事故を起こすとどうなるのか不安な方も多いのではないでしょうか。
ここでは、カーリース車で事故を起こした場合の対応や事故現場での対処方法などをご紹介します。

万一の事故の際も安心のサポートがあるカーリースを知りたい方はこちら

【この記事のポイント】
✔リース車の事故などによる全損は契約終了になる
✔事故を起こしてしまったら、必ずリース会社に連絡しよう
✔定額カルモくんなら、サポートが充実しているから安心

カーリースで事故を起こしたときの契約はどうなる?

カーリースとは、月々の定額料金を支払って、一定期間リース会社からリース会社が所有する車を借りるというものです。一般的にカーリースでは、契約満了時に車をリース会社に返却するか、車を買い取ることで契約終了となりますが、もし契約期間中に事故を起こした場合はどうなるのでしょうか。全損か修理してまた乗ることができるのか、車の状態によっても対応が異なるため、それぞれのケースをみていきましょう。

車が全損したときは強制的に契約終了になる

事故などで車が全損し走行できない状態になってしまった場合は、その時点でカーリース契約は強制的に解約となります。その際、精算方法はリース会社との契約内容に基づいて決まりますが、違約金を支払わなければいけません。

また、一般的に違約金の額は、残りの期間分のリース料と契約時に設定した車の残価、事務手数料等の合計金額となり、解約手数料も発生することもあります。また、事故の相手が怪我をしてしまったときは、治療費や慰謝料の支払いが発生する可能性があることも覚えておきましょう。ただし、双方の過失割合に応じて、修理費用を相手方に請求することは可能です。

修理できる状態のときは契約続行できる

車が一部破損していても修理すれば走行できる場合は、リース契約そのものには影響はありません。ただし、車の修理費用はリースの料金には含まれていないので、契約者の自己負担となります。修理方法は契約内容に従って行い、定めがない場合ではのちのトラブル防止のためにリース会社に問い合わせて指示に従うと安心です。

また、全損の場合と同じく事故の相手が怪我をしてしまったときは、治療費や慰謝料の支払いが発生する可能性があることも覚えておきましょう。ただし、双方の過失割合に応じて、修理費用を相手方に請求することは可能です。

事故現場でやるべきこととは?

事故現場でやるべきこととは?

事故を起こしたときにやるべきことは、カーリース車でも所有車でもほとんど違いはありません。ただし、カーリース車の場合は、所有者であるリース会社への報告義務が加わります。事故現場でやるべきことやリース会社への連絡についてなど、リース車の事故対応をするうえで覚えておきたいことをご紹介します。

事故現場での対応の流れ

事故の相手方との話し合いや賠償金の交渉などに関しては、任意保険に加入していれば、保険会社に連絡すればすべて代行してくれます。事故を起こした際にどうするべきか教えてくれるので、警察や消防への連絡が済んだら、まずは保険会社に連絡し、その指示を聞いて行動すると良いでしょう。

<対応の流れ>

  1. 車を路肩など交通の邪魔にならないところに移動させ、ハザードランプをつけて停車する
  2. 後続車の追突防止など、危険防止措置を行う
  3. 怪我人がいる場合は救護を行い、必要があれば消防に連絡する
  4. 警察へ連絡する
  5. 任意保険に加入していれば、保険会社へ連絡する
  6. リース会社へ連絡する
  7. 事故状況の記録を行う
  8. 相手方の連絡先を確認する

リース会社への連絡は必須

リース会社への連絡は、契約者の義務として契約内容に盛り込まれているものであり、これを怠ると契約違反になってしまうので注意が必要です。相手のいない自損事故の場合でも、必ずリース会社へ連絡しましょう。また、もらい事故の場合でも同様の対応を行い、リース会社への連絡をしなくてはいけません。

事故でなくても車に傷やへこみを発見した場合、傷の大小に関わらずリース会社に報告します。小さな傷でも、報告義務違反で契約解除になったり、期間満了時に精算金が発生したりする可能性もあるので、必ず報告するようにしましょう。

覚えておきたい事故対応時の注意点

自損事故でも警察への連絡を行うなど、事故対応時には覚えておきたい注意点があります。

・二次災害を起こさないよう行動する
事故を起こしてしまったことに動揺し、慌てて車外に飛び出すのは危険です。後続車と接触する二次災害につながりかねません。ハザードランプを点滅させ、車の移動が困難な場合は発煙筒や三角表示板を使用し、後続車に注意を促しましょう。

・負傷者がいる場合、救護を最優先する
負傷者の救護は道路交通法にも定められている、運転者の義務です。負傷の有無や程度を確認し、直ちに救急車を呼びましょう。目立った外傷がない場合でも、症状が遅れて現れるケースもあります。119番通報の際、指示を仰いで行動しましょう。

・慌てず、事故の記録を詳しくとる
相手のいる事故の場合、過失割合によって賠償金額や保険料が変わるため、事故現場の記録は重要です。車同士の事故ならば互いの車の損傷箇所などを写真に撮るのが有効です。もしものことを考えてドライブレコーダーを装着しておくと安心でしょう。

・当事者間で話し合わず、保険会社に任せる
当事者間の示談はトラブルに発展する可能性があります。また、自身での示談交渉は労力と時間を要すため、話し合いは保険会社を通して行うのが望ましいでしょう。

・相手がいる場合、謝罪を忘れないこと
人身、物損にかかわらず、事故を起こしてしまったら、相手への謝罪を忘れてはいけません。事故相手への誠意を示すことは、円滑な示談交渉にもつながるでしょう。

事故の修理費用はどれくらいかかる?

事故の状況や修理の程度によっても修理費用は変わりますが、保険を選ぶときの目安にもなるので、一般的な修理費用について知っておくと安心です。

業者バンパーの損傷
(10×10cm以内)
フロントドアやリアドアのボディパネルの損傷
(10×10cm以内)
ディーラー約20,000円約25,000円
板金業者約5,000〜8,000円約10,000円

 

ディーラーは自動車メーカーの直売店であるため、自社の車を知りつくした整備士が純正パーツを使用して修理をしてくれます。ほかの業者に依頼するよりも費用は高くなる傾向がありますが、安心して任せられるメリットがあります。
一方、板金業者は純正以外のパーツを使用することもあり、ディーラーより費用を抑えられるメリットがあります。ディーラーの半額ほどで済む可能性もあり、修理費用を抑えたいときは板金業者に依頼するのがいいでしょう。いずれの場合も、損傷箇所の多さや状態によってさらに費用がかかります。納得のいく修理をするためには、いくつかの業者から見積りを取って比較するのがおすすめです。

車の事故で使える保険

車をぶつけたりもらい事故をしてしまったりした場合、修理費や治療費が発生するケースもあります。そういった車の事故で使用できる保険は3種類あります。

車の事故で使える保険は3種類

事故のケース使える保険補償額
自損事故車両保険車の時価額
自損事故+物損車両保険車の時価額
対物賠償保険設定金額による
自損事故+自宅の損害車両保険車の時価額
相手がいる事故車両保険車の時価額
対物賠償保険設定金額による
自賠責保険ケガの場合上限120万円
後遺障害負った場合75万〜3,000万円
死亡の場合3,000万円

 

・自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)
自賠責保険は、すべての車の所有者に加入が義務付けられている自動車保険です。万が一交通事故を起こして加害者になってしまった場合に、被害に遭った方を救済するために設けられているものです。相手にケガをさせたり、死亡させたりしてしまった場合、被害者の治療費、遺族への慰謝料などを補償します。

・車両保険
車両保険は任意で加入する自動車保険です。自損事故で被った車の傷や故障を修理する際、車両保険に加入していれば費用をカバーすることができます。自損事故を自宅の敷地内で起こした場合や、自然災害、当て逃げなどで車が傷付いた場合にも補償されます。利用者負担で修理が必要となるカーリースでは、必ず入っておきたい保険です。

・対物賠償保険
自損事故で他人の物に損害を与えてしまった場合、損害賠償金を支払わなければなりません。任意保険の対物賠償保険は、賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。補償額は、保険加入時に設定した金額が適用されます。損害の大きな事故では多額の賠償金が必要になるため、補償額は無制限をおすすめします。

カーリース車の事故では車両保険に入っておくと安心

自損事故や自然災害などで車が傷付いてしまったとき、カーリース契約ではその修理費用を契約者が負担しなければなりません。車両保険は任意なので加入するか否かは契約者の判断となりますが、自身の過失による事故や避けられない自然相手による被害など、長い契約期間中に何が起こるかわかりません。
もしものときのトラブルを補償してくれる強い味方となるので、カーリース契約時には、車両保険に加入しておくと安心です。

定額カルモくんなら自賠責保険料もコミコミで安心!

一本化用定額カルモくん

カーリースの定額カルモくんでは、月額料金に自賠責保険料が含まれています。そのため、万が一の事故のときでも、対物や物損事故にも対応が可能。さらに、LINEや電話などでの手厚いサポートサービスや、修理代金などをカバーできるメンテナンスプランを用意しているので、もしもの事故のときにも安心です。そのほかにも知っておきたい、定額カルモくんの3つのメリットをご紹介します。

1. 頭金なし、定額制で新車に乗れる!

月々支払

車を定額で利用できるのは、カーリースの大きなメリットです。定額カルモくんでは、毎月のリース代金に車両代金や自賠責保険料、自動車重量税などの各種税金、手数料などがコミコミ!面倒な手続きや支払い忘れの心配もありません。
また、国産全車種のすべてのグレードを取り扱っているため、頭金なしの定額制で好きな新車に乗ることができます。毎月決まった金額で使用することができるので、家計管理もしやすく、急な出費の心配もありません。

2. メンテナンスプランで維持費も定額化

メンテプランおすすめ

定額カルモくんでは、オプションのメンテナンスプランに加入することで車検や修理費などの維持費も定額化することができます。全国30,000店舗以上の指定大手事業者の中から、自宅に近い店舗を選んでメンテナンスを受けることができるので、愛車のメンテナンスもラクラク!メーカー保証と同程度の保証を受けることができるプランもあるので、より安心してカーライフを送ることができます。
さらに、メンテナンスプランには原状回復費用が含まれているので、小さな傷などであればメンテナンスプランでカバー可能なケースもあります

メンテバナー

3. サポートが充実しているので安心

サポートが充実しているので安心

定額カルモくんでは、購入前はもちろん、購入後のアフターサービスも充実!電話はもちろんLINEでも気軽に相談することができるので、ちょっと困ったときなどでもいつでもご相談いただけます。

定額カルモくんについて、詳しくはこちら

契約内容をあらかじめ理解しておくことが大切

カーリース車で事故を起こすとどうなるの?対処法や覚えておきたいことを紹介

カーリース車での事故は、車の状態によっては契約が強制終了となる可能性があります。そのため、カーリースの特性や契約内容をしっかりと理解しておくことが大切です。適切な任意保険に加入しておくことで、安心してカーライフを楽しめるのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:カーリース車で事故を起こしたら契約は終了するの?

A:カーリースで利用している車を使用中に事故を起こした場合、車の状態によって対応は異なります。車が全損して走行できない状態になれば契約はその時点で強制終了となり、基本的には違約金を支払うことになりますが、車両保険に入っていればその金額を充てられるので安心です。

Q2:カーリース車で事故を起こしたらどうすればいい?

A:事故時の対応はカーリース車と所有車とで基本的に変わりなく、事故車を路肩などに移動させて危険防止措置を取り、負傷者の救護(必要があれば消防へ連絡)・警察への連絡を行い、任意保険会社に連絡を取ります。カーリース車の場合はこれに加えてリース会社への連絡が必要となる点のみが所有車と異なります。

Q3:事故をカーリース会社に報告しなかったらどうなる?

A:事故時のリース会社への連絡は契約内容に盛り込まれており、事故の報告を怠ると契約違反となります。もらい事故であっても必ずリース会社に報告するようにしましょう。また、事故でなくとも車に傷やへこみなどを発見した場合も連絡が必要です。連絡がないと報告義務違反で契約解除になったり、解約満了時に精算金が発生したりする可能性もあります。

※記事の内容は2021年3月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr