ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車のサブスクで事故!違約金の有無や対応方法を専門家が解説!経験談も紹介

車のサブスクで事故!違約金の有無や対応方法を専門家が解説!経験談も紹介
車のサブスクで事故!違約金の有無や対応方法を専門家が解説!経験談も紹介

月々の定額料金だけで利用できる車のサブスクは、負担を抑えて新車に乗れることから人気を集めています。しかし、車のサブスクを利用中に事故を起こしてしまったり、事故に巻き込まれたりした場合、強制解約となり多額の費用がかかるのではないか、月額が上がるのではないかといった不安を抱く方も少なくありません。

そこで、車のサブスクを利用中の事故について、事故後の契約続行の可否やかかる費用、対応手順、車のサブスクで事故に備える方法などを、マイカーコンシェルジュ(車の専門家)の若林由晃さんの解説とともにご紹介します。併せて、車のサブスクを利用中に事故を経験したことがある方のリアルな体験談も見ていきましょう。

クルマ専門家・若林由晃
クルマ専門家・若林由晃

マイカーコンシェルジュの若林です。車のサブスクを利用中の事故は、これから車のサブスクの利用を検討している方だけでなく、すでに利用中の方も気になることのひとつでしょう。車のサブスクを利用中に事故が発生した場合に問われる責任や発生する費用、対応方法などについて解説していきます。

  • 車のサブスクでの事故は全損か一部破損かによって対応が変わる
  • 車のサブスクで強制解約になった場合の違約金は保険でカバーできる
  • 事故に備えられるしくみが整った車のサブスクを選べばもしものときも安心

車のサブスクで事故を起こしたり巻き込まれたりしたらどうなるの?

車のサブスクで事故を起こしたり巻き込まれたりしたらどうなるの?

車のサブスクを利用中に事故を起こしても、必ずしも強制解約になるわけではありません。また、その後の月額料金が変わるといったこともありません。

ただし、車の損傷の程度が全損なのか一部破損なのかによって、契約続行の可否が変わったり、違約金が発生したりする可能性があります。それぞれのケースでどのように変わってくるのか、詳しく見ていきましょう。

車が全損・廃車になった場合

車のサブスクを利用中に発生した事故が原因で車が全損や廃車になり、車の使用を続行するのが不可能な状態となった場合は、強制解約となって違約金が発生するのが一般的です。

車のサブスクでは、月額料金を車両本体価格や契約期間、契約満了時の下取り想定価格である残価などを踏まえて設定しています。そのため、全損や廃車により中途解約となってしまうと、本来支払われるはずの料金を回収できなくなり、大きな損害が発生することから、万が一中途解約となった場合は、契約者側が違約金の支払いによってその損害をカバーすることが取り決められているのです。

なお、違約金は残りの契約期間分の料金や契約時に設定した残価、事務手数料などを合計した金額になるのが一般的で、車のサブスク会社によってはさらに解約手数料が発生する場合もあります。

車が一部破損した場合

車のサブスクを利用中の事故によって車が損傷した場合でも、一部破損など修理することで車の使用を続行できる場合は、強制解約にはならずそのまま契約を継続できます

ただし、車のサブスクの月額料金には修理費用が含まれていないため、修理費用はマイカー同様に自己負担となる点に留意しましょう。

なお、車のサブスクはあくまでも車を借りるサービスです。車の所有者は契約者ではなく、車のサブスク会社となるため、自己判断で勝手に修理をすると契約違反になってしまうケースもあります。必ず車のサブスク会社に報告、相談の上で、修理対応を進めましょう。

車のサブスクでの事故に備えられる安心サービスはこちら

車のサブスクでの事故時の対応は、通常の事故時と基本的に同じ

車のサブスクでの事故時の対応は、通常の事故時と基本的に同じ

車を利用中に事故を起こしてしまったり、事故に巻き込まれたりした場合の対応方法は、マイカーの場合と基本的に変わりません。ここではその点を踏まえて、事故時の対応手順を確認しておきましょう。

クルマ専門家・若林由晃
クルマ専門家・若林由晃

車のサブスクでも、相手方に過失がある場合は、原則相手側の保険で対応可能です。どのような状況であれ、車のサブスクの場合は、サブスク会社が車の所有者です。事故後の対応については車のサブスク会社がフォローしてくれるため、一人で悩むようなことはありません。

事故時の対応1. 車を安全な場所へ移動

二次災害の発生を防ぐために、車を路肩など安全な場所に移動させましょう。また、後続車から追突されてしまわないように、ハザードランプをつける、三角表示板を置くなど、危険防止措置も忘れずに行うことが重要です。

事故時の対応2. ケガ人がいる場合は救護

ケガ人がいる場合は、最優先で救護を行いましょう。出血の量が多かったり、ぐったりして動かなかったりする場合は、すぐに救急車を呼ばなければなりません。なお、頭部を強打しているようなときは、無闇に動かすことは避け、救急車が来るのを待ちましょう。

事故時の対応3. 警察へ連絡する

警察への連絡は道路交通法で定められた義務です。「交通事故証明書」を発行してもらうことで、その後の保険の手続きもスムーズに進められるため、小さな事故であっても必ず連絡しましょう。

また、現場検証によって、過失の割合が決まることになります。間違った解釈をされてしまわないように、事故の状況は明確に事実だけを伝えるようにしましょう。

事故時の対応4. 保険会社へ連絡する

任意保険(自働車保険)に入っている場合、事故の相手方との話し合いや交渉などは、保険会社に代行してもらうことができます。保険のプロに任せることで、精神的な負担も大きく軽減できるため、警察などへの連絡が終わったら保険会社にも連絡して、今後の進め方などを相談するといいでしょう。

事故時の対応5. サブスク会社へ連絡する

車のサブスク会社への連絡も忘れずに行いましょう。事故の状況や車の状態などをできる限り具体的に伝えて、指示を仰ぎます。連絡を怠ると契約違反になってしまうケースもあるため、後回しにせず早めに連絡することが大切です。
また、単独事故の場合などは車の修理についても車のサブスク会社に相談しましょう。

事故時の対応6. 状況を詳しく記録する

事故の状況をしっかりと記録しておくことも大切です。ドライブレコーダーの記録や事故現場の写真は、過失割合や損害賠償額を決める際の重要な証拠となります。さらに、事故が起きた際に出していたスピードや信号の状況などをメモ書きで残しておくことで、その後の手続きに備えることが可能です。

事故時の対応7. 相手の連絡先などを確認する

事故の相手の連絡先や氏名、住所、車のナンバーなども必ず確認しておきましょう。その場で免許証などを見せてもらい、メモに残しておくと確実です。もし、相手の連絡先を聞き忘れてしまった場合は、警察に事故を報告することで交付される「交通事故証明書」にて確認できます。

車のサブスクでの事故に備える方法

車に乗る以上、事故のリスクは避けて通れませんが、もしものときに備えることはできます。特に、車のサブスクの場合は、マイカーの場合よりも安心できる環境を整えやすいため、以下のポイントを事前に押さえておきましょう。
適切に備えておくことで、安心してカーライフを送ることができ、万が一の場合でも慌てずに済みます。

事故に備える方法1. 契約内容を確認しておく

車のサブスクを利用中に事故に遭った場合の対応は、車のサブスク会社によって異なります。事故発生時のルールについて、契約書類などで事前に確認しておくようにしましょう。

また、規約を読んでもよくわからない場合は、そのままにせず直接車のサブスク会社へ確認することも大切です。事前に不安材料をなくしておくことで、安心してカーライフをスタートできる上、万が一の際もスムーズに対応を進められます。

クルマ専門家・若林由晃
クルマ専門家・若林由晃

車のサブスク会社へ報告する際、すでに「交通事故証明書」が手元にある場合は、その内容を基に報告を行うと正確な情報を伝えられ、伝達漏れも防ぐことができるでしょう。なお、事故現場でもしも事故の相手から警察に連絡しないでほしいと言われても、応じないようにしましょう。警察への連絡を怠ると、事故報告義務違反で3ヵ月以下の懲役または50,000円以下の罰金に処される可能性があるほか、その後の保険金や賠償金請求にも悪影響を与えてしまいます。

事故に備える方法2. 任意保険に加入しておく

車に乗る以上、事故のリスクは付き物です。日々安全運転を心掛けていても、もらい事故など自分ではコントロールできない事故に巻き込まれてしまう可能性も十分にあるため、任意保険(自動車保険)には必ず入っておくようにしましょう。

なお、車のサブスクで任意保険に入る方法は、自分で加入する方法と月額料金に任意保険料が含まれている車のサブスクを選ぶ方法の2つがあります。自分で加入する場合は、元々の料金設定が安い車のサブスクを選ぶことでトータルの出費を抑えられるでしょう。

クルマ専門家・若林由晃
クルマ専門家・若林由晃

任意保険付きの車のサブスクは手間がかからない点がメリットですが、補償内容や料金を自由に選べないケースもあるため注意が必要です。必要な補償内容がカバーされていないと、万が一のときに任意保険が使えず、高額な出費につながる可能性もあります。これでは任意保険に入っている意味がなくなってしまうため、事前に補償内容や料金をしっかりと確認してから検討しましょう。

事故に備える方法3. メンテナンスプランに加入する

メンテナンス不足による車の不調が原因で、事故につながってしまうケースもあります。車のサブスク会社の中には、メンテナンスプランに加入することで、日々のメンテナンス費用を定額にできるところもあるので、このようなプランを活用して車の状態を良好に保つよう心掛けることが大切です。

なお、メンテナンスにかかった費用の精算方法は、車のサブスク会社によって異なります。事前に精算方法も確認しておくようにしましょう。

クルマ専門家・若林由晃
クルマ専門家・若林由晃

メンテナンスプランに加入している場合、先に自分でメンテナンスにかかった費用を支払い、その後に車のサブスク会社へ請求するというのが一般的な流れになります。入金が早い車のサブスク会社でクレジットカード払いにすれば、引き落とし前に費用が振り込まれるため、実質的な負担をなくすことができるでしょう。

事故に備える方法4. サポート体制を確認しておく

車のサブスクでの事故に備える際は、万が一の場合でも迅速かつ親身になってサポートしてくれる会社を選んでおくと安心です。また、電話やメール、LINEなど、さまざまな連絡手段が用意されている車のサブスク会社だと、事故後のやりとりもスムーズに進められるでしょう。

なお、迅速かつ親身になってサポートしてくれるかどうかは、契約前でも車のサブスク会社の対応である程度判断できます。質問に対して的確に答えてくれるか、その際の態度はどうかなどを確認しておきましょう。さらに、事故後は費用についてのやりとりが発生することも想定されるため、相談のしやすさも重要なチェックポイントです。

クルマ専門家・若林由晃
クルマ専門家・若林由晃

全損による強制解約時に発生する違約金などは一括で請求されるのが一般的です。ただ、どうしても一括払いが難しいケースもあるでしょう。そのようなときは、状況によっては分割払いに応じてくれる車のサブスク会社もあります
契約前に、事故時の対応や発生する費用、支払方法などについて細かく確認しておくと安心です。その際の車のサブスク会社の対応が判断基準にもなるでしょう。

事故の際も安心して相談できる!おすすめの車のサブスクはこちら

車のサブスクでの事故時に使える保険の種類

車のサブスクでの事故時に使える保険の種類

車のサブスクで事故を起こした場合に使える保険は、おもに3種類あります。保険の種類やつける特約などによって、補償範囲や補償金額が変わってくるため、それぞれの保険についてあらかじめ押さえておきましょう。

クルマ専門家・若林由晃
クルマ専門家・若林由晃

保険はもらい事故なども想定して内容を決めることが大切です。もらい事故の場合は、原則相手方の保険で対応することになりますが、相手が保険に加入していない可能性もあります。このようなケースはトラブルに発展しやすく、弁護士を介した示談交渉に進むことになりますが、弁護士特約付きの保険であれば、その際の弁護士費用も補償してもらうことが可能です。こうしたリスク回避の視点も持って、保険を選ぶようにしましょう。

自賠責保険

自賠責保険は、すべての車の所有者に加入が義務付けられている保険で、強制保険とも呼ばれています。相手にケガをさせたり、死亡させてしまったりした場合に、相手の治療費や遺族への慰謝料が補償されるもので、自損事故による物損や運転者自身の死傷に対しては、補償を受けることができません

このように、自賠責保険は被害者の救済が目的であり、対人事故による相手方の損害補償にのみ使うことが可能です。

車両保険

任意保険のひとつである車両保険は、自分の車の修理費用などを補償してもらえる保険です。車同士の事故で車が損傷した場合や車が盗難に遭った場合、当て逃げされた場合などに補償を受けることができます。

自分に過失のない事故の場合は、相手方の保険で対応できますが、少しでも自分に過失がある場合はその過失割合分は相手側から支払ってもらうことができません

車同士の事故は、過失割合は違っても両者に過失があると判断されるケースも多いため、車の修理費用が契約者負担となる車のサブスクにおいては、必ず入っておきたい保険といえます。

対物賠償保険

対物賠償保険は、他人の車や物を壊してしまった場合に補償を受けられる保険です。ガードレールを壊したり、前方の車に追突したりした場合は、法律上の損害賠償責任を負うことになります。

そのようなときでも、対物賠償保険に入っておくことで損害賠償金が補償されるため、もしものときに備えて必ず入っておくことをおすすめします。

ただし、支払われる保険金は契約時に設定した金額が上限になります。事故の状況によっては上限額を超える場合もあるので、保険金額は無制限を選んでおくと安心でしょう。

任意保険に入っても月々20,000円以下に抑えられる安心の車のサブスクはこちら

経験談から見る、事故に備えやすい車のサブスクの選び方

経験談から見る、事故に備えやすい車のサブスクの選び方

車のサブスクでの事故に備えるには、事故に備えやすいしくみが整った車のサブスクを選ぶことが大切です。ここでは、車のサブスクを利用中に事故を起こしたり巻き込まれたりして、車が破損・全損してしまった方のリアルな経験談を基に、車のサブスク選びのポイントを見ていきましょう。

クルマ専門家・若林由晃
クルマ専門家・若林由晃

事故によって車が傷付いたら修理をするというのは、車のサブスク(カーリース)でもマイカーでも基本的に同じです。ただ、車のサブスクでは修理前にサブスク会社に報告と相談をすることから、さまざまな事故事例を知っているプロのアドバイスが受けられるため、その後の対応もスムーズに進めやすいでしょう。
なお、マイカーでの事故の修理では、本来必要ではない部分まで修理対象にされてしまい、修理費用が膨らんだというケースもあります。その点でも、事前に相談できる車のサブスクは安心といえるでしょう。
事故後の対応をスムーズに進めるためには、いつでも相談しやすい環境が整えられており、どのようなときでも親身になって対応してくれる車のサブスク会社を選ぶことが大切なポイントになります。

クルマ専門家・若林由晃
クルマ専門家・若林由晃

車のサブスク(カーリース)を利用中にもらい事故に遭った場合、修理費用などは原則相手方の保険会社から全額支払われることになります。ただし、修理をして車を元通りに戻したとしても、車には事故歴が残ってしまいます。車のサブスクでは、契約時に車の残価を設定していますが、この事故歴が原因で残価が下がってしまう可能性も考えられるでしょう。
そのような場合は、相手方に修理費用だけでなく損害賠償金も請求できるのが一般的です。このときに役立つのが任意保険の弁護士特約です。ただし、補償内容が手厚くなるほど保険料は高くなるため、負担を抑えたい場合は月額料金が安い車のサブスクを選んで、車関連費用の総額でバランスをとるのがおすすめです。
別途任意保険に加入したとしても、トータルの出費を20,000円以下に抑えられるリーズナブルな車両を多く用意している車のサブスクもあります。

クルマ専門家・若林由晃
クルマ専門家・若林由晃

事故によって車が全損し、強制解除となった際は高額な違約金が発生しますが、「リースカー車両費用保険特約」という車のサブスク専用の特約をつけておくことで、違約金も補償してもらうことが可能です。なお、上記のケースでは、保険を使える回数が限られていたことが想定されます。そのような場合も考慮して、保険を使える頻度や回数などは事前に確認しておくことが重要です。
ただし、保険内容の良し悪しを判断するには、ある程度の専門知識が求められます。そのため、契約前に直接電話で相談できる車のサブスク会社を選ぶこともポイントです。保険会社とは違った視点で、アドバイスをもらえる可能性もあるでしょう。

車のサブスクでの事故に備える保険について相談したい方はこちら

電話で無料相談

心配な事故に備えられる!おすすめの車のサブスク

カルモくん_new

車で事故を起こす可能性は誰にでもあるだけに、車のサブスクを利用する際は、もしものときに備えられるサービスを選ぶことが自身を守ることにつながります。その点、利用者数10万人以上を誇る「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、事故に備えられるしくみが整った、おすすめの車のサブスクです。
どのような理由で車のサブスクを利用中の事故に備えられるのか、3つの視点からそれぞれ詳しくご紹介します。

業界最安水準の料金だから任意保険に入っても負担が少ない

Q1: 月々の自家用車にかかる費用はいくらですか?

定額カルモくんが、家計管理を預かっていて子供がいる20~50代の男女1,169人を対象に行った独自調査によると、「月々の車にかかる費用」は、10,000~20,000円未満と回答した方が33.9%で最も多く、30,000円以上かかっている方は16.3%にとどまりました。この調査結果を踏まえて考えると、任意保険料を入れても月々20,000円程度に抑えることが理想といえます。

業界最安水準の定額カルモくんであれば、月々10,000円台から乗れる人気車種を多く取り扱っているため、このような車種を選べば任意保険に入っても、車にかかる月々の出費を20,000円以下に抑えることが可能です。少ない負担で事故に備えながら、安心してカーライフを送ることができるでしょう。

選べるメンテナンスプランで事故に備えられる

定額カルモくんには、日々のメンテナンス費用や車検代も定額にできるメンテナンスプランが用意されています。メンテナンスプランに入ることで、費用を気にせず定期的に適切なメンテナンスを受けられるようになるため、車を常に良好な状態に保つことができ、車の不調による事故のリスクを下げることができるでしょう。

なお、定額カルモくんのメンテナンスプランは複数あり、必要な内容に合わせて選ぶことができます。それにより費用も抑えやすく、例えばダイハツ「ミライース」は、メンテナンスプランに入っても月々16,160円から利用可能です。

顧客対応満足度98.9%*、申込者数10万人を達成した安心のサポート体制

顧客対応満足度

定額カルモくんは、顧客対応満足度98.9%*を達成している車のサブスクです。対応の良さや充実したサービス内容が評価され、2022年3月にはサービス開始から4年で申込者数10万人を突破し、現在もさらに増え続けています。

万が一、事故を起こしたり巻き込まれたりした場合でも、車の知識が豊富な専任のマイカーコンシェルジュが親身になって対応してくれるほか、電話やメール、LINEなど連絡手段が複数用意されている点もメリットです。

そのほか、定額カルモくんが人気を集め続ける理由は、下のバナーより詳しくご確認いただけます。

カルモが人気の理由

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

車のサブスクは、事故に正しく備えておけば安心して利用できる

車のサブスクは、事故に正しく備えておけば安心して利用できる

車を利用中に事故が発生した場合の対応は、車のサブスクでもマイカーでも基本的に同じです。ただし、車のサブスクの場合は車の所有者が車のサブスク会社となるため、事故の後はすみやかに報告と相談を行う必要があります。

この点を面倒に感じる方もいるかもしれませんが、連絡をすることで事故後の判断を車のサブスク会社に相談できるため、マイカーの場合よりも負担を抑えやすい点はメリットといえるでしょう。

また、定額カルモくんのように事故に備えられるしくみが整った車のサブスクを選ぶことで、安心してカーライフを送ることが可能になります。車に乗る以上、事故のリスクは避けては通れないため、あらかじめ備えておくことを意識して、自分にぴったりの車のサブスクを選びましょう。

なお、定額カルモくんでは、車のサブスクの利用の可否を簡単に診断できる「お試し審査」を利用できます。車のサブスクに興味はあるけれど、「審査に通るか不安」「どれくらいの価格帯の車種なら利用できるのか知りたい」といった方は、下のバナーより早速試してみましょう。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:車のサブスクで事故を起こすとどうなるの?

A:車の損傷の程度が全損なのか一部破損なのかによって、契約続行の可否や発生する費用が変わってきます。全損の場合は、原則強制解約となり違約金が発生しますが、「リースカー車両費用保険特約」という車のサブスク専用の保険によって違約金もカバーすることができます。一部破損の場合は、修理を行ってそのまま契約を続けることになりますが、修理費用は基本的に自己負担となるため、あらかじめ任意保険に入っておきましょう。

Q2:車のサブスクで事故を起こしたときに使える保険は?

A:おもに自賠責保険、車両保険、対物賠償保険の3種類があります。保険の種類やつける特約などによって、補償範囲や補償金額が変わってくるため、こちらを確認して各保険についてあらかじめ理解しておきましょう。

Q3:事故に備えられるおすすめの車のサブスクは?

A:業界最安水準の料金であることから、任意保険に入っても月々の負担を20,000円以下に抑えられる定額カルモくんがおすすめです。定額料金で車を常に良好な状態に保てるメンテナンスプランが用意されている上、顧客対応満足度も98.9%*を達成しており、事故の際も安心して相談することができます。

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

※この記事は2022年6月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる