86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

【内装・使い勝手】86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

出典:トヨタ「86」

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

ファミリーユースが想定された大型ミニバンや道なき道を行くことを目的とした本格オフローダー、スタイリッシュさを楽しむクーペなど、車にはさまざまな個性があり、内装もそれぞれ異なります。
もちろん、車の使い勝手を左右する収納も車のタイプによって大きく異なることがあるので、車選びの際には内装の質感や収納についてチェックしたいところです。
ここではトヨタ「86」の内装についてご紹介します。

86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

86の内装の特徴

86はスバルとのコラボレーションによって生まれたFRライトウェイトスポーツカーです。スバルの水平対向エンジンとトヨタのD-4Sを融合させた水平対向・D-4Sエンジンや専用設計された超低重心パッケージによってドライバーの意のままの走りを実現し、多くの熱烈なファンを魅了してやまないモデルといえるでしょう。

「86」という名称はバブルの時期に絶大な人気を誇ったAE86型カローラレビン/スプリンタートレノの「カスタマイズを楽しみながら自分だけの一台を育てる」というスピリットを受け継ぎ命名されました。

2012年に登場した86はスポーツカーらしいタイトな室内ながらも大人2人がしっかりと座れるリヤシートを備え、AE86から受け継いた精神を体現し、ユーザーそれぞれのこだわりを詰め込めるようカスタマイズのしやすさに配慮されたインテリアになっています。

カスタマイズすることが前提になっているので全体的にシンプルで余分な装飾などは極力省かれていることが86の内装の特徴といえるでしょう。

ここからは86のグレード別の内装についてご紹介します。

最もシンプルな内装の「G」

86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!出典:トヨタ「86」室内・インテリア

オールブラックの内装がスポーツカーらしいシャープさを感じさせます。シート素材はファブリックでインテリアカラーはブラック1色のみとなっています。
メーターバイザーやドアカッププレートは樹脂製、ドアトリムオーナメントはなしと、最もAE86の「カスタマイズする楽しみ」を体現したグレードといえるでしょう。そのためシンプルを極めた無駄なものは一切ないインテリアが特徴です。

本革ステアリングホイールやスポーツアルミペダルが装備され質感が向上する「GT」

  1. 86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!出典:トヨタ「86」室内・インテリア

「GT」ではステアリングホイールやシフトレバーノブ、パーキングブレーキレバーが本革巻きになり、ペダル類もスポーツアルミペダルになるなどインテリアの質感が向上します。ステアリングホイールにはオーディオとマルチインフォメーションディスプレイの操作が可能なステアリングスイッチやパドルシフトも装備されています。

シート素材はダブルステッチが施された上級ファブリックとなり、インテリアカラーはブラックとレッド&ブラックの2種類から選択が可能です。

インパネのオーナメントにカーボン調加飾が追加され、ドアカッププレートはステンレス製になりドアクリップにも高輝度シルバー塗装が施されるなど、シンプル一辺倒だった「G」グレードとは差をつけています。

高級素材アルカンターラを使用したシートが標準装備になる「GT“Limited”」/「GT“Limited・Black Package”」

86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!出典:トヨタ「86」室内・インテリア

シート素材が高級人工スエード調素材のアルカンターラと本革を使用したものになり、86にラグジュアリーなスポーティさをもたらします。アルカンターラはメルセデスベンツやランボルギーニ、マセラティなどの高級車に使用されている素材です。

インパネパネルオーナメントにはクラウンにも採用されている高級人工素材グランリュクスが使用され、さらに刺繍があしらわれます。メーターバイザーやドアトリムオーナメントにもグランリュクスが使用されるなど、最上級クラスにふさわしい豪華な仕様が魅力的なインテリアとなっています。

この2つのグレードにはインテリアカラーにブラックとレッド&ブラック、タン&ブラックの3種類が用意されます。

「GT“Limited・Black Package”」は「GT“Limited”」の装備にブレンボ製のブレーキなどが装備され足回りに手を加えられ、リヤスポイラーなどにブラックがあしらわれたグレードですが、この2つのグレードのインテリアは共通のものになっています。

インテリアでも走りの世界を追求した「GR SPORT」

86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!出典:トヨタ「86 GR SPORT」インテリア

専用剛性アップパーツを装備しサスペンションなどにも手が加えられ、スポーツカーとしての走りを追求したスポーツモデルのエントリーグレードにあたる「GR SPORT」ではインテリアカラーはブラック1色のみとなっています。

シートは「GT」と同じ上級ファブリック素材ですがインパネオーナメントやメーターバイザー、ドアトリムオーナメントにはグランリュクスが使用され、センタークラスターやサイドレジスターベゼル、ドアグリップはブラック加飾が施されたものになります。

ステアリングホイールはGR専用の専用小径本革巻き3本ステアリングホイールになり、シルバーステッチにGRエンブレム、ブラック加飾があしらわれ、メーター類も専用のコンビネーションメーターになるなど通常モデルとは一線を画したシャープさがスポーツモデルであることを実感させるインテリアです。

レカロシートが装備される「GR」

86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!出典:トヨタ「86 GR」インテリア

「GR」では「GR SPORT」の装備にプラスしてアルカンターラが使用された専用のレカロ製のフロントシートが装備されます。

レカロはメルセデスAMGやフォード・マスタングなどにも使用され、ハイパフォーマンスな高級シートの代表的なメーカーです。

レカロシート以外のインテリアの装備は「GR SPORT」に準じます。

86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

86の座席周りの収納

スポーツカーとしての要素が強い86ですが、収納はどうなっているのかもチェックしてみましょう。

フロントコンソールトレイ、フロントカップホルダー

86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!出典:トヨタ「86」インテリア

深さのあるフロントコンソールトレイには脱着式のカップホルダーが装備されています。縦に並ぶ仕様なのでトレイの幅からはみ出さず、運転の邪魔になりません。

グローブボックス

出典:トヨタ「86」インテリア

助手席前にはグローブボックスがあります。車検証や自賠責保険証、取扱説明書などを収納できる平均的なサイズです。

インパネ小物入れ

86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!出典:トヨタ「86」インテリア

スタートスイッチの左側にスマートフォンなどが収納できる小さな小物入れがあります。シフトノブの奥の位置になるので運転中は出し入れが難しいかもしれません。

ドアポケット

86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!出典:トヨタ「86」インテリア

左右のドアには500mlのペットボトルが収納できるサイズのドアポケットが装備されています。

86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

86の荷室の収納

86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!出典:トヨタ「86」インテリア

86では一体可倒式のリヤシートを採用しているのでシートバックを前に倒すとトランクスルーになります。この状態にするとタイヤ4本と工具類やヘルメットなどの荷物が収納できる広さが確保されます。ゴルフバッグだと2セットまで収納可能です。

スポーツカーであることを前面に押し出したインテリアが印象的な86

86ではFRライトウェイトスポーツカーであるというその特性が十分に考慮され、いずれのグレードにおいてもスポーティさを失わず86の個性を活かしたインテリアになっています。荷室もタイヤが4本収納される広さを確保するなど、サーキット走行を楽しむことが前提になっているようです。

「カスタマイズできる楽しみ」をシンプルなインテリアの「G」で存分に楽しむか、本革を使用したシートが装備されるグレードを選択して86にラグジュアリーさをプラスして普段のドライブでも楽しめるようにするか、とことんまで走りを追求しレカロシートの装着された「GR」にするかなど、選択肢は豊富です。

86のある生活を楽しむために、自分に合った内装の86を見つけてください。

※記事の内容は2019年7月時点の情報で執筆しています。

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

「【内装・使い勝手】86の内装ってどんな感じ?居心地やインテリ...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【海外試乗記】「マツダCX-30」ジャストサイズのSUVは、噛めば噛むほど「うまみ」が出てくる(岡崎五朗レポート)【海外試乗記】「マツダCX-30」ジャストサイズのSUVは、噛めば噛むほど「うまみ」が出てくる(岡崎五朗レポート)

【海外試乗記】「マツダCX-30」ジャストサイズのSUVは、噛めば噛むほど「うまみ」が出てくる(岡崎五朗レポート)

【ニューモデル速報】「マツダ2」デミオから名称変更、安全装備も充実【ニューモデル速報】「マツダ2」デミオから名称変更、安全装備も充実

【ニューモデル速報】「マツダ2」デミオから名称変更、安全装備も充実

【試乗記】「マツダ3」イチオシはSKYACTIV-X、デザインも走りも欧州の一流どころと互角だ(岡崎五朗レポート)【試乗記】「マツダ3」イチオシはSKYACTIV-X、デザインも走りも欧州の一流どころと互角だ(岡崎五朗レポート)

【試乗記】「マツダ3」イチオシはSKYACTIV-X、デザインも走りも欧州の一流どころと互角だ(岡崎五朗レポート)

【ニューモデル速報】「マツダ6」アテンザから名称変更、新エンジンも搭載【ニューモデル速報】「マツダ6」アテンザから名称変更、新エンジンも搭載

【ニューモデル速報】「マツダ6」アテンザから名称変更、新エンジンも搭載

【徹底レビュー】「スズキソリオ」いまだ人気上昇中のコンパクトワゴン、その使い勝手から燃費まで【徹底レビュー】「スズキソリオ」いまだ人気上昇中のコンパクトワゴン、その使い勝手から燃費まで

【徹底レビュー】「スズキソリオ」いまだ人気上昇中のコンパクトワゴン、その使い勝手から燃費まで

【ニューモデル速報】「日産スカイライン」大幅マイナーチェンジで新プロパイロット搭載【ニューモデル速報】「日産スカイライン」大幅マイナーチェンジで新プロパイロット搭載

【ニューモデル速報】「日産スカイライン」大幅マイナーチェンジで新プロパイロット搭載

【徹底レビュー】「トヨタエスティマ」根強い人気を誇るスタイリッシュミニバン、その使い勝手から安全性能まで【徹底レビュー】「トヨタエスティマ」根強い人気を誇るスタイリッシュミニバン、その使い勝手から安全性能まで

【徹底レビュー】「トヨタエスティマ」根強い人気を誇るスタイリッシュミニバン、その使い勝手から安全性能まで

【燃費・走り】カローラスポーツの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!【燃費・走り】カローラスポーツの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【燃費・走り】カローラスポーツの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【グレード情報】カローラスポーツのグレードをリサーチ!【グレード情報】カローラスポーツのグレードをリサーチ!

【グレード情報】カローラスポーツのグレードをリサーチ!

【内装・使い勝手】カローラスポーツの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!【内装・使い勝手】カローラスポーツの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

【内装・使い勝手】カローラスポーツの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

もっと見る

PAGETOP