年収ごとの車の予算って?決め方や年収別のおすすめ車種をご紹介

年収ごとの車の予算って?決め方や年収別のおすすめ車種をご紹介

車は決して安いものではありませんから、「これが欲しい」と思ってはいても、なかなか購入の決断できないこともあるでしょう。「この年収でこの車では生活に支障が出ちゃうんじゃない?」など、家族と意見が割れてしまうこともありえます。そこで、いくらくらいの車なら問題がないのか、年収別の目安をご紹介します! これから車を買いたいと考えている人は、車を買う価格帯の目安にしてみてください。

車の購入と年収の関係とは?

車の購入と年収の関係とは?

無理なく購入できる車の価格帯は、おおよそ年収の半分が目安であるといわれています。年収400万円の人であれば200万円程度、年収500万円の人であれば、250万円程度ということになります。

ただし、年収が300万円未満の人は、一概に「年収の半額までの車なら買っても大丈夫」とはいえません。なぜなら、最低限生活に必要なお金というのはある一定額以下にはならないからです。「年収200万円だから100万円の車を買える」と思ってしまうのは危険ですから気を付けましょう。

とはいえ、実際にいくらの車を買えるかは、それぞれの生活スタイルによっても異なります。「独身で実家住まい、給料の半分は貯金していて車を現金で買っても年収程度の貯金が残る」というのであれば、たとえ年収が200万円でも、100万円以上の車を持てるかもしれません。
年収はあくまでも目安と考え、生活費の収支や貯金額、将来の支出予定などに見合った車を選びましょう。

n-box

車選びで考えておきたいこと

車選びで考えておきたいこと

車の購入を検討するとき、「この車を買った場合、無理なく支払いができるか」ということだけを意識するのは危険です。車を選ぶときは、「維持費」と「ローンの金利」についても意識しておきましょう。

維持費

車の維持費には、ガソリン代や高速代のような実際に利用することでかかるお金のほか、駐車場代や自動車重量税、自賠責保険、車検のように、車に乗っても乗らなくても必ずかかるお金もあります。

実際の維持費がどのくらいかかるのかは、それぞれの人の車の乗り方や、駐車場を持っているかどうかによっても変わりますが、多くの場合、購入する車の金額が高くなればなるほど、かかる維持費もかさんでいきます(ただし、中古で安い車を買った場合は、車の価格以上のメンテナンス料金が必要になることもあります)。

高い車を買うときは、車のローンを返し続けられるかどうかだけでなく、維持費を問題なく払えるのかどうかも考えなければいけません。これは現金一括で購入した場合も同様です。購入費用は貯金でまかなえても、維持費の負担によって家計を圧迫してしまうこともあるのだと覚えておきましょう。

ローンの金利

ローンを組んで車を買った場合は、車の本体価格だけでなく、ローンの金利も負担しなければいけません。カーローンの金利は、どこで組むかによって異なりますが、比較的低い銀行のマイカーローンでも、1.5~3.0%程度は金利がかかってしまいます。

車は高額な買物ですから、借入金額も多く、支払期間も長くなりがちです。そうなれば、当然ローン金利の負担も大きくなります。「月々この金額なら払える」と、長期のローンを組んでしまうと、それだけ余分にお金を支払うことになってしまうのです。

カーリースなら月々をお安く車を手に入れることができます!

カルモで車を探す

 

年収別のおすすすめの車種とは?

年収別のおすすすめの車種とは?

ここからは具体的に、それぞれの年収別のおすすめ車種をご紹介します。

年収300万円以下の場合におすすめの車種

aqua

年収が300万円以下の人は、無理に新車を買うよりも中古車の中から比較的状態のいいものを選ぶのがおすすめです。

トヨタのアクアやホンダのフィット、スバルのステラなど、そもそも低価格の車種であり、さらに中古車であれば幅広い選択肢の中から車を選ぶことができます。ただし、維持費についても抑えたいという希望がある場合は、普通車ではなく軽自動車を選びましょう。

年収300万円以上の場合におすすめの車種

solio

年収が300万円以上ある場合、軽自動車であれば新車で購入することも可能でしょう。新車で買うと初期費用は高くなりますが、その分長く乗ることができ、トラブルも起こりにくいというメリットがあります。一方、普通車を希望するのであれば、中古車の中から選ぶのがおすすめです。

中古車であれば、バックカメラなどの設備が整った車や、年式の新しい車を買うことも可能です。年収300万円以下の人と同じく、中古でホンダのフィットを買おうとした場合でも、よりグレードの高いモデルを選ぶことができます。また、スズキのソリオやホンダのN-BOXなどもおすすめです。

新車であれば、リーズナブルで人気も高いダイハツのミライ―スなどを選ぶのがいいでしょう。

年収400万円以上の場合におすすめの車種

note

年収400万円以上であれば、新車で購入する場合も、軽自動車以外のコンパクトカーなど、選択肢を増やすことができるでしょう。

日産のノートやトヨタのアクアといった車の最新モデルを新車で買うことができる年収です。中古車を選ぶのであればさらにグレードの高い車も選択肢に入ってきますが、その場合、「維持費に思ったよりもお金がかかってしまった!」ということがないように気を付けましょう。

年収500万円以上の場合におすすめの車種

prius

年収500万円以上の人というのは、日本の平均的な給与所得者よりもやや高年収の層ということになります。無理なく持てる車のグレードも上がり、トヨタのプリウスや日産のセレナなど、個人の好みや家族構成に応じた車を新車で購入できるようになってきます。

とはいえ、中には、子供が小さくてこれから教育費がかかるという人や、住宅ローンを抱えていて返済がきびしいという人もいるでしょう。そういう場合は、無理せずグレードを下げる選択も必要です。

年収600万円以上の場合におすすめの車種

ODYSSEY

年収が600万円以上あると、生活にもある程度余裕が出てくるはずです。生活スタイルにもよりますが、車にかけられるお金も多くなるでしょう。

このくらいの年収の方であれば、ホンダのオデッセイ、マツダのCX-8など、こだわりに合わせて車を選ぶことが可能です。ただし、トヨタのアルファードクラスを希望する場合は新車ではきびしいため、維持費が出せるかどうかを検討した上で中古車を探してみましょう。

カーリースなら定額制で家計管理もしやすい

カーリースなら定額制で家計管理もしやすい

カーリースとは、一定期間の契約で車を借りるものです。しかし、レンタカーやカーシェアリングとは違い、長期間の契約になるため、ほぼ自分の車のようにリース期間中は常時車を手元に置くことができます。
また、車を購入する場合のように、多額の初期費用がかかるということもありません。そもそも、ほとんどのカーリースの場合、自賠責保険や各種税金なども含めた月額料金が設定されています。そのため、駐車場代やガソリン代といった、利用に応じてかかる費用以外の維持費については、自分で貯める必要がありません(車検は月額費用外の場合もあります。また、利用者が任意で加入する任意保険は原則含まれません)。

カーローンを組んだ場合も毎月一定額を支払うことになりますが、ローンの場合はそれとは別に維持費を用意する必要があります。毎月の支払額を一定にして、家計を管理しやすくしたいと考えているのであれば、カーリースがおすすめです。

カーリースに決まり

契約終了時に車がもらえるなど、カルモのカーリースが人気の理由

カルモナンバープレート_1

カルモは、インターネット上から手軽に申込みができるカーリースです。
カルモは最短1年から最長11年まで1年単位で契約期間を選べるため、「将来家族が大きくなったらもっと大きな車に乗り換えたくなるかもしれない」というときは期間を短めに設定し、「気に入った車に費用を抑えて乗りたい」という場合は期間を長めに設定するなど、都合に合わせた利用の仕方ができます。

契約期間中、経年による軽微な傷などができた場合でも、修理代金を求められることはありません。また、車検費用や法定12ヵ月点検、各種部品交換などまでがセットになったメンテナンスプランも用意されているため、車にかかる維持費をできる限り均一化したいと考えている方にもぴったりです。
また、車種や契約によっては、契約終了時に車がそのままもらえる「もらえるプラン」というのも人気です。

まずは、自分の乗りたい車が月額いくらで借りられるのか、チェックしてみてください。カルモでは国産車は全車種対応していますから、必ず希望の車が見つかります。

カルモで車を探す

年収はもちろんそれぞれの生活スタイルによっても乗れる車は変わる

車を選ぶときは、まず、自分にとって無理のない支出がいくらくらいなのかを考えてみましょう。そうすれば、自然と購入できる車のランクも決まってきます。「いまいちよくわからない」という人は、マイカー賃貸カルモで乗ってみたい車を検索してみてください。月々いくらくらいで乗ることができるのかが一目瞭然ですから、自分の収入で乗れるかどうかの判断もしやすくなっています。

 

※記事の内容は2019年9月時点の情報で執筆しています。

ラストチャンス
ラストチャンス

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

カテゴリから記事を探す

カーニュース

試乗記

車種カタログ

賢く車に乗る

タグから記事を探す