ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

メーカー直撃取材!「ダイハツキャストスタイル」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

メーカー直撃取材!「ダイハツキャストスタイル」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

軽自動車にもかかわらず上質感のある内外装で人気のダイハツキャスト。登場時はアクティバやスポーツもラインナップされていましたが、現在はスタイルのみが販売されています。今回はそんなキャストスタイルのすべてのカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別のカルモマガジン編集部おすすめカラーをご紹介します。

ボディカラー選びはなぜ重要?

パールやツートーンカラーなど追加料金が必要な有償色の設定がある車種もありますが、新車を購入する際にボディカラーは基本色であれば価格は同じです。一方で手放すときはボディカラーによって下取りや買取りの査定額が変わることをご存じでしょうか? 中古車市場での人気が影響し、白(パール)、黒を基準にシルバーが少し安く、黄色や赤などの個性的な色はさらに安くなる傾向があります。

他人とかぶることを覚悟で人気色を選ぶか、下取りの不利を承知で個性的なカラーを選ぶのか。クルマを購入する際はしっかりと考えてボディカラーを選ぶことが大事です。今回は軽自動車の中で上質感にこだわったモデルであるダイハツキャストスタイルのボディカラーについて検証していましょう。

ダイハツキャストスタイルの人気カラーベスト3を発表!

ダイハツキャストスタイルの人気カラーベスト3を発表!

カルモマガジン編集部がダイハツ広報部に独自取材を行い、判明したキャストスタイルの最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。このランキングはキャストスタイルのカタログモデルに加えて、現在販売されている特別仕様車VSとリミテッドを含んだ順位です。

元々、キャストはクロスオーバータイプのアクティバ、上質さを追求したスタイル、そしてスポーティなスポーツの3つの個性を用意していましたが、現在はスタイルのみとなっています。上質感を追求したキャストスタイルには全6色のボディカラーが設定されています。そのボディカラーすべてでデザインフィルムトップと呼ばれるツートーンカラー仕様も選ぶことができるのが特徴です。

人気第1位は定番「パールホワイトIII」

人気第1位は定番「パールホワイトIII」

このボディカラーは全グレードに設定されており、+2万2000円の有償色となりますが、キャストスタイルにおいても白(パール)の人気は不動のようです。さらに2万2000円をプラスすると、ワインレッドのルーフカラーとなるツートーンカラー仕様も選べます。

第2位は珍しく赤系の「ファイヤークオーツレッドメタリック」

第2位は珍しく赤系の「ファイヤークオーツレッドメタリック」

赤といっても深みのあるワインレッドに近い色で落ち着いた雰囲気が漂います。この赤が上位にランクインすることは非常に珍しいです。+4万4000円でホワイトルーフのツートーンカラー仕様を選ぶことができます。

第3位もグリーン系の「ダークエメラルドマイカメタリック」

第3位もグリーン系の「ダークエメラルドマイカメタリック」

イギリス車に多く見られるブリティッシュグリーンに近い色で、上質さを追求するキャストスタイルにはマッチしていますし、名車ミニを彷彿させることでも人気なのでしょう。+4万4000円でホワイトルーフのツートーンカラー仕様を選ぶことができます。

人気色の常連である白(パール)はランクインしましたが、黒がランクインしないというのはかなりレアケース。それだけボディカラーにこだわりのある人がキャストスタイルを選んでいるということでしょう。

ダイハツキャストスタイルのカラーバリエーションを全紹介!

パールホワイトIII

パールホワイトIII1

パールホワイトIII2

キャストスタイルでも人気第1位のボディカラーとなったパールホワイトIII。少しクリームがかった塗装は、光が当たるとキラキラと光が反射して、アクティブな雰囲気のあるキャストのボディに上質感をプラスしてくれるため、+2万2000円の有償色であることも納得の人気カラー。デザインフィルムトップ(カーボン調/ワインレッド)のツートーンカラーが+2万2000円で選べます。

ファイヤークオーツレッドメタリック

ファイヤークオーツレッドメタリック1

ファイヤークオーツレッドメタリック2

第2位に輝いたファイヤークオーツレッドメタリック。ソリッドと比べて派手さの少ない深みのあるレッドで、光の当たる所ではメタリックの粒子の光沢が高級感を高めてくれます。女性だけでなく男性からも好評で、安定した人気があります。デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)のツートーンカラーが+4万4000円で選べます。

ダークエメラルドマイカ

ダークエメラルドマイカ1

ダークエメラルドマイカ2

ダークエメラルドマイカはエメラルドグリーンをベースとして落ち着いた雰囲気がありますが、光が当たるとマイカのキラキラ感が美しく鮮やかに見えます。軽自動車とはおもえない高級感も。デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)のツートーンカラーが+4万4000円で選べます。

ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリック1

ブラックマイカメタリック2

ブラックマイカメタリック3

ブラックマイカメタリックは、暗い場所では吸い込まれそうな漆黒、明るい場所ではマイカ塗装のおかげできれいに光を反射するのが特徴。なかなか他のカラーでは出せない重厚感があり、フロントフェイスの男らしさに、思わず見惚れてしまいそうです。デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイトとカーボン調/ワインレッド)の2種類のツートーンカラーを+4万4000円で用意しています。

プラムブラウンクリスタルマイカ

プラムブラウンクリスタルマイカ1

プラムブラウンクリスタルマイカ2

プラムブラウンクリスタルマイカは、光沢感のあるブラウンがエレガントな雰囲気を演出するカラーです。+2万2000円の有償色になりますが、キャストスタイルのメッシュグリルとの相性も良く、モダンでお洒落に見えます。デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)のツートーンカラーが+2万2000円で選べます。

ライトローズマイカメタリック

ライトローズマイカメタリック1

ライトローズマイカメタリック2

ライトローズマイカメタリックは、優しく淡いピンクカラーが特徴。メタリック塗装のため、派手なピンクではなく、さらに傷や汚れが目立ちにくいのもうれしいポイント。若い女性を中心に人気を集めているカラーです。デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)のツートーンカラーが+4万4000円で選べます。

カルモマガジン編集部おすすめのカラーは?

全6色用意されているキャストスタイルのボディカラーの中から、編集部が「売るときに有利なカラー」「気取らないカラー」「クールなカラー」「個性的なカラー」という4つの視点でおすすめのボディカラーを選んでみました。

売るときに有利なカラー

売るときに有利なカラー

「パールホワイトIII」です。キャストの可愛らしいボディを程よく上質感をプラスしてくれるホワイトは、女性だけでなく男性にも好まれているため安定した人気があります。

気取らないカラー

気取らないカラー

「ファイヤークオーツレッドメタリック」です。深みのあるレッドがキャストにほどよい落ち着きを持たせてくれるため、誰からも親しみやすく気軽に乗れるデザインに見せます。

クールなカラー

クールなカラー

「ダークエメラルドマイカ」でしょう。さまざまな表情を見せてくれるエメラルドグリーンを、ファッション感覚で楽しんで欲しいカラーです。

個性的なカラー

個性的なカラー

ライトローズマイカメタリックです。他にないファンシーなピンクは癒し効果もあり、乗る度にハッピーな気分になるのではないでしょうか。

上質さが人気のキャストスタイルには、ぜひ個性的なカラーを!

上質さが人気のキャストスタイルには、ぜひ個性的なカラーを!

上質さを追求した軽自動車のキャストスタイル。設定されているボディカラーすべてでツートーンカラー仕様が選べるのが特徴です。一般的な人気カラーと異なりグリーンやワインレッドといった有彩色が上位となっていますが、さらに個性的なライトローズマイカメタリックやプラムブラウンクリスタルマイカなどは、普通の購入では売却時の査定額を気にして手を出しづらいかもしれません。しかし、定額カルモくんのようなリースならば、ボディカラーによる売却額の差は関係ないので、自分の好きなボディカラーを選べるというメリットがあるのです。

メルマガ登録

※記事の内容は2020年6月時点の情報で制作しています。

ダイハツキャストの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のダイハツキャストの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード