ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カローラフィールダーの安全性能を解説!オプションは追加するべき?

カローラフィールダーの安全性能を解説!オプションは追加するべき?
カローラフィールダーの安全性能を解説!オプションは追加するべき?

出典:トヨタ「カローラフィールダー」top

衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い加速抑制装置をはじめとする車の先進安全技術は、各メーカーが力を入れて開発している分野ですが、メーカーによって同じ機能でも名称が異なるなどわかりにくい部分があるのが現状です。

ここでは、トヨタ「カローラフィールダー」にはどのような安全性能が備えられているのかを分かりやすく解説します。

  • カローラフィールダーは「Toyota Safety Sense」を全車標準装備
  • レーザーレーダー+単眼カメラを使用した検知方式を採用
  • 標準仕様のカローラフィールダーは「サポカー」に該当

カローラフィールダーの安全性能の特徴

トヨタには予防安全技術パッケージ「Toyota Safety Sense」がありますが、車種によって検知方式が異なります。カローラフィールダーに搭載されているToyota Safety Senseは単眼カメラとレーザーレーダーで先行車や車線を認識するシステムを採用しています。

カローラフィールダーには、このToyota Safety Senseが全車標準装備されています。

カローラフィールダーの「Toyota Safety Sense」の内容

ここからはカローラフィールダーに搭載されているToyota Safety Senseにはどのような機能が含まれているのかを詳しく見ていきましょう。

プリクラッシュセーフティ

先行車や歩行者(昼間)をシステムが検知し、衝突の危険があると判断した場合には警告音とディスプレイ表示でドライバーに注意喚起します。その状態でドライバーがブレーキ操作を行うとブレーキアシストが作動してブレーキ踏力をアップし、制動力を高めます。

ドライバーがブレーキ操作を行わなかった場合には、システムが強力なブレーキを作動させることで、衝突の回避や被害軽減をサポートする機能です。検知対象が車両の場合は自車の速度が約10〜80km/h、対歩行者の場合は10〜65km/hでブレーキが作動します。

なお、夜間の歩行者の検知機能はありません。

レーンディパーチャーアラート

レーンディパーチャーアラート出典:トヨタ「カローラフィールダー」特長

道幅約3m以上の道路を約50km/h以上で走行時、システムが左右の白線や黄線を認識し、ウィンカー操作なしに車両が車線をはみ出しそうになると警告音とディスプレイ表示でドライバーに危険を知らせ、車線はみ出しによる衝突事故の回避や被害軽減に貢献する機能です。

オートマチックハイビーム

夜間走行時、周囲の明るさや対向車・先行車のランプを認識して自動でハイビームとロービームを切り替えるシステムです。

ハイビームの使用時間を長くして夜間の視認性を向上し、歩行者などの早期発見に貢献するほか、切り替え忘れを防ぐとともに手動切り替えの手間をなくしてドライバーの負担を軽減し、安全運転をサポートします。

カローラフィールダーに搭載されているToyota Safety Senseには、以上の3つの機能が含まれています。

「Toyota Safety Sense」以外の安全装備も確認

Toyota Safety Senseのほかにカローラフィールダーに搭載される安全装備には、どのようなものがあるのでしょうか。

パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)(全車にメーカーオプション)

カローラフィールダーでは、全車にメーカーオプションで「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」の追加が可能です。パ―キングサポートブレーキ(前後方静止物)は、衝突被害軽減ブレーキと並んで先進安全技術の中核ともいえる、アクセルとブレーキの踏み間違い時の急加速・急発進を抑制するペダル踏み間違い時加速抑制装置にあたる機能です。

パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)(全車にメーカーオプション)出典:トヨタ「カローラフィールダー」特長

パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)は、車両に設置されたソナーで障害物(静止物)を検知し、その状態でアクセルが強く踏み込まれるとシステムがエンジンもしくはハイブリッドシステムの出力を抑制します。

さらに障害物との距離が近づいた場合にはブレーキを作動させ、ペダルの踏み間違いによる急加速・急発進を防止するようサポートする機能です。

駐車時など、約15km/h以下の低速走行時に作動します。

ドライブスタートコントロール

シフト操作ミスによる急加速・急発進を抑制する機能です。アクセルを踏んだ状態でシフトを「R」から「D」に変更した際に、ディスプレイ表示でドライバーに注意を促すと同時にエンジンもしくはハイブリッドシステムの出力を制御します。

充実したエアバッグシステム

カローラフィールダーでは運転席・助手席のエアバッグ以外にも側方からの衝撃から乗員を守るサイドエアバッグ(運転席・助手席)とカーテンシールドエアバッグ(前後席)を全車に標準装備しています。

メルマガ登録

オプションの「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」の追加はマスト

カローラフィールダーに搭載しているToyota Safety Senseでは、ペダル踏み間違い加速抑制装置にあたるパーキングサポートブレーキ(前後方静止物)がパッケージに含まれていません。

そのため標準仕様のカローラフィールダーは「サポカー」ですが、パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)を追加すると「サポカーSワイド」になるため、オプションの追加はマストといえるでしょう。

LINE買い方診断_記事内

よくある質問

Q1:カローラフィールダーには先進安全技術が搭載されているの?

A:はい、カローラフィールダーには、レーザーレーダーと単眼カメラを検知に使用するトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されています。

Q2:カローラフィールダーの「Toyota Safety Sense」にはどのような安全技術が含まれるの?

A:車や歩行者を検知して危険があればブレーキを作動させることで衝突事故の回避や被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」、車線からはみ出す危険があれば注意喚起する「レーンディパーチャーアラート」、自動でヘッドライトの切替えを行う「オートマチックハイビーム」が含まれます。

Q3:カローラフィールダーはどの「サポカー」に該当するの?

A:標準仕様のカローラフィールダーは「サポカー」に該当します。なお、メーカーオプションの「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)を追加すると「サポカーSワイド」の認定となります。

※この記事は2021年11月時点の情報で制作しています

トヨタカローラフィールダーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカローラフィールダーの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
クルマ診断_ポップアップ