カローラ フィールダーの安全性能を徹底解説!

カローラ フィールダーの安全性能を徹底解説!

出典:トヨタ「カローラ フィールダー」

被害軽減(自動)ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置をはじめとする車の先進安全性能は各メーカーが力を入れて開発している分野ですが、メーカーによって同じ機能でも名称が異なるなどわかりにくい部分があるのが現状です。

ここではトヨタ「カローラ フィールダー」にはどのような安全性能が備えられているのかを分かりやすく解説します。

カローラ フィールダーの安全性能の特徴

トヨタには予防安全技術パッケージ「Toyota Safety Sense」がありますが、車種によって検知方式が異なります。カローラ フィールダーに搭載されているToyota Safety Senseは単眼カメラとレーザーレーダーで先行車や車線を認識するシステムを採用しています。

カローラ フィールダーにはこのToyota Safety Senseが全車標準装備されています。

カローラ フィールダーのToyota Safety Senseの内容

ここからはカローラ フィールダーに搭載されているToyota Safety Senseにはどのような機能が含まれているのかを詳しく見ていきましょう。

プリクラッシュセーフティ

出典:トヨタ「カローラ フィールダー」

先行車をシステムが検知し、衝突の危険があると判断した場合には警告音とディスプレイ表示でドライバーに注意喚起します。その状態でドライバーがブレーキ操作を行うと強力なブレーキアシストが作動してブレーキ踏力をアップし、制動力を高めます。

ドライバーがブレーキ操作を行わなかった場合には、システムが強力な自動ブレーキを作動させることで衝突の回避や被害軽減をサポートするシステムです。

警報は自車の速度が約15~140km/h、自動ブレーキは約10~80km/hで作動します。

カローラ フィールダーに搭載されているプリクラッシュセーフティの検知対象は車両のみであり、歩行者や二輪車、自転車などの検知機能や夜間検知機能はありません。近年の新型車では歩行者の検知が可能な被害軽減(自動)ブレーキが主流になっており、中には夜間や自転車の検知機能を持つ車種も増えていることを鑑みると、カローラ フィールダーのプリクラッシュブレーキは機能的にやや劣るといわざるをえないでしょう。

レーンディパーチャーアラート

出典:トヨタ「カローラ フィールダー」

道幅約3m以上の道路を約50km/h以上で走行時、システムが左右の白線や黄線を認識し、ウィンカー操作なしに車両が車線をはみ出しそうになると警告音とディスプレイ表示でドライバーに危険を知らせ、車線はみ出しによる衝突事故の回避や被害軽減に貢献する機能です。

オートマチックハイビーム

出典:トヨタ「カローラ フィールダー」

夜間走行時、周囲の明るさや対向車・先行車のランプを認識して自動でハイビームとロービームを切り替えるシステムです。

ハイビームの使用時間を長くして夜間の視認性を向上し、歩行者などの早期発見に貢献するほか、切り替え忘れを防ぐとともに手動切り替えの手間をなくしてドライバーの負担を軽減し、安全運転をサポートします。

カローラ フィールダーに搭載されているToyota Safety Senseには以上の3つの機能が含まれています。

カローラ フィールダーのToyota Safety Sense以外の安全性能

カローラ フィールダーのToyota Safety Sense以外の安全性能を見ていきましょう。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)](メーカーオプション)

インテリジェントクリアランスソナー出典:トヨタ「カローラ フィールダー」

Toyota Safety Senseに含まれていない先進安全性能で忘れてはならないものにインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]があります。これは被害軽減(自動)ブレーキと並んで先進安全機能の中核ともいえる、アクセルとブレーキの踏み間違い時の急加速・急発進を抑制するペダル踏み間違い時加速抑制装置にあたる機能です。

ホンダの「ホンダセンシング」やスバルの「アイサイト」などにはペダル踏み間違い時加速抑制装置がパッケージ化されていますが、トヨタではこの機能が予防安全技術パッケージ「Toyota Safety Sense」に含まれていないので注意が必要です。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]は車両に設置されたソナーで障害物(静止物)を検知し、その状態でアクセルが強く踏み込まれるとシステムがエンジンもしくはハイブリッドシステムの出力を抑制します。さらに障害物との距離が近づいた場合には自動ブレーキを作動させ、ペダルの踏み間違いによる急加速・急発進を防止するようサポートする機能です。

約15km/h以下の徐行時に作動します。

ドライブスタートコントロール

ドライブスタートコントロール出典:トヨタ「カローラ フィールダー」

シフト操作ミスによる急加速・急発進を抑制する機能です。アクセルを踏んだ状態でシフトを「R」から「D」に変更した際に、ディスプレイ表示でドライバーに注意を促すと同時にエンジンもしくはハイブリッドシステムの出力を制御します。

充実したエアバッグシステム

カローラ フィールダーでは運転席・助手席のエアバッグ以外にも側方からの衝撃から乗員を守るサイドエアバッグ(運転席・助手席)とカーテンシールドエアバッグ(前後席)を全車に標準装備しています。

新世代のToyota Safety Senseの搭載が期待されるカローラ フィールダー

カローラ フィールダーのToyota Safety Senseは、現在の車の先進安全性能の水準からいえば少し物足りないといわざるをえない状態です。

同じトヨタでもより検知機能の高いミリ波レーダーを使用したシステムが投入されているモデルもあり、プリクラッシュセーフティは最新世代では歩行者はもちろん、夜間の検知や自転車の検知も可能なものが登場しています。今の時代、歩行者の検知機能を持つプリクラッシュセーフティの搭載は必須といえるでしょう。

トヨタには新世代のToyota Safety Senseをカローラ フィールダーに搭載することを期待したいところです。

※記事の内容は2019年9月時点の情報で執筆しています。

トヨタカローラフィールダー の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタカローラフィールダーの記事

ラストチャンス
ラストチャンス

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す