ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「日産エルグランド」2度目のマイナーチェンジでアルファード/ヴェルファイアにどこまで近づけるか

「日産エルグランド」2度目のマイナーチェンジでアルファード/ヴェルファイアにどこまで近づけるか
「日産エルグランド」2度目のマイナーチェンジでアルファード/ヴェルファイアにどこまで近づけるか

高級ミニバンブームのきっかけを作った3代目の日産エルグランドが10年目にして2度目のマイナーチェンジを受けました。内外装の刷新と安全装備のアップデート、そして新グレードの設定などで、遥か彼方をゆくトヨタアルファード/ヴェルファイアの背中を見ることができるのでしょうか。

内外装の刷新と安全装備のアップデートが主体

内外装の刷新と安全装備のアップデートが主体

メッキパーツを多用した大きなフロントグリルを採用し、国産LLサイズミニバンブームを起こしたのが初代エルグランドでした。2010年に3代目となる現行型エルグランドが登場し、シリーズ初のFF(前輪駆動)モデルとなりました。登場から10年が経過したエルグランドですが、2014年1月に続く2回目のマイナーチェンジを2020年10月12日に行い、商品力を向上させています。

エルグランドが今回行ったマイナーチェンジのポイントは内外装の変更と先進安全装備の拡充の2点となっています。まずは、内外装の変更から紹介しましょう。

セレナと似た印象のフロントグリル、精一杯仕立て直したインテリア

外観デザインは、繊細な作り込みで力強さに磨きをかけたフロントグリルを採用。精悍な漆黒の「ブラッククローム」と高級感のあるエレガントな「サテンクローム」の2種類を用意。さらに、ボディカラーは日産の新色である「ピュアホワイトパール」「ミッドナイトブラック」「ディープクリムゾン」などツートーンカラーを含む全5色を用意しました。

セレナと似た印象のフロントグリル、精一杯仕立て直したインテリア1

インテリアは、インストルメントパネルからドアトリムにかけて水平基調に仕立てることでワイドな広がり感を演出。センターにはピアノブラックでまとめた10 インチの大型ディスプレイを配し、先進感とプレミアム感のあるインテリアとしています。

セレナと似た印象のフロントグリル、精一杯仕立て直したインテリア2

コックピットに合わせ、プレミアムシートは連続したキルティングパターンへと変更し、より一層高級かつモダンな印象を強めました。さらに、運転席は、運転のしやすい圧倒的な視界を確保すると共に、後席はリラックス姿勢を維持するシートバック中折れ機能を備えたキャプテンシートを採用。さらに後席には角度調節可能なアームレストや折り畳み式シートサイドテーブル、大型のオットマンなども装備し、リビングにいるような快適な室内空間を実現しました。

プロパイロットこそないものの先進安全装備は大幅アップデート

プロパイロットこそないものの先進安全装備は大幅アップデート

安全装備では、フラッグシップミニバンに相応しい全方向から運転をサポートする360°セーフティアシストを全車標準装備とするなど、先進安全技術を拡充させています。

今回エルグランドに新たに追加された安全装備は、前方を走行する2 台前の車両を検知し、急な減速などにより、自車の回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」、走行中に隣接レーンの後側方を走行する接近車両との接触を回避するようステアリング操作を支援する「インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」とBSW(後側方車両検知警報)、そしてRCTA(後退時車両検知警報)など。さらに、標識検知機能は進入禁止標識検知機能に加え、最高車速標識検知機能と一時停止標識検知機能を追加しています。

注目は「アーバンクロム」と「AUTECH」

注目は「アーバンクロム」と「AUTECH」1

注目は「アーバンクロム」と「AUTECH」2

新型エルグランドは新グレードとして、漆黒のフロントグリルやフォグランプフィニッシャーなどの専用装備に加え、存在感を際立たせる輝きと力強さを誇る特別仕様車の「アーバンクロム」シリーズを新たに設定。

注目は「アーバンクロム」と「AUTECH」3

さらにカスタマイズカー「AUTECH」も追加しました。今回発売するエルグランド「AUTECH」は「セレナ」「ノート」「エクストレイル」「日産リーフ」「日産ルークス」に続く「AUTECH」ブランドの第6 弾。「エルグランド」の最上級グレードかつ「AUTECH」ブランドのフラッグシップモデルとなります。

エルグランド「AUTECH」のエクステリアは、ダーククロームに塗られたフロントグリルや、メタル調フィニッシュの専用パーツを採用し、「エルグランド」の圧倒的な存在感を昇華させた堂々とした風格のあるスタイルが特徴です。また、フロントバンパーには専用ブルーに輝くシグネチャーLED を採用し、昼夜問わず一目で「AUTECH」とわかるフロントスタイルに仕上げています。

注目は「アーバンクロム」と「AUTECH」4

注目は「アーバンクロム」と「AUTECH」5

インテリアでは、上質な本革と厚みのあるキルティングで仕立てたシートをはじめ、ステアリング、ドアトリム、シフトノブにブルーステッチを施し、細部にまでこだわりを尽くし、最上の質感を追求した室内空間に仕立てています。ボディカラーは、「AUTECH」の専用色であるダークブルーを含めた、全4 色を設定しています。

注目は「アーバンクロム」と「AUTECH」6

ちなみに「AUTECH」ではもう一台「VIP」という、エグゼクティブのための走る執務室をコンセプトにしたカスタムモデルもラインナップ。ギャザーを施した本革シート、後席の読書灯や100V電源、乗降用のステップなどの専用品が装備されます。3列仕様(乗車定員7名)に加え、2列仕様(乗車定員4名)も用意され、オーナーの個別の要望に応じた個別注文にも対応しています。

新型エルグランドの車両本体価格は369万4900円〜556万500円となっています。また、カスタムモデルの「AUTECH」は478万600円〜571万7800円、「VIP」は596万5300円〜789万300円です。アルファード/ヴェルファイアにシェアで圧倒的な差を付けられているエルグランドですが、巻き返しに期待したいところです。

■日産エルグランド価格表

グレード駆動方式WLTCモード燃費(km/L)車両本体価格(円)
250ハイウェイスターS
7人乗り
2WD(FF)103,694,900
4WD9.73,991,900
250ハイウェイスターS
8人乗り
2WD(FF)103,694,900
4WD9.73,991,900
250ハイウェイスターS アーバンクロム
7人乗り
2WD(FF)103,980,900
4WD9.74,277,900
250ハイウェイスターS アーバンクロム
8人乗り
2WD(FF)103,980,900
4WD9.74,277,900
250ハイウェイスタープレミアム
7人乗り
2WD(FF)104,449,500
4WD9.74,746,500
250ハイウェイスタープレミアム アーバンクロム
7人乗り
2WD(FF)104,658,500
4WD9.74,955,500
350ハイウェイスター
7人乗り
2WD(FF)8.74,478,100
4WD8.44,775,100
350ハイウェイスター
8人乗り
2WD(FF)8.74,478,100
4WD8.44,775,100
350ハイウェイスター アーバンクロム
7人乗り
2WD(FF)8.74,687,100
4WD8.44,984,100
350ハイウェイスター アーバンクロム
8人乗り
2WD(FF)8.74,687,100
4WD8.44,984,100
350ハイウェイスタープレミアム
7人乗り
2WD(FF)8.75,054,500
4WD8.45,351,500
350ハイウェイスタープレミアムアーバンクロム
7人乗り
2WD(FF)8.75,263,500
4WD8.45,560,500

 

あなたと相性最高の車は?約100種の国産車からピッタリの一台が見つかる!LINEで無料診断してみる

※記事の内容は2020年10月時点の情報で制作しています。

日産エルグランドの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の日産エルグランドの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる