ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

自動車ローンで借金はばれる?審査内容と審査に通りやすくする対処法

自動車ローンで借金はばれる?審査内容と審査に通りやすくする対処法
新車を1万円

自動車ローンを利用するためには、ローン会社の審査に通らなければなりません。審査では年収や信用情報など契約者のさまざまな情報が見られますが、その際に心配なのが、借金がローン会社や家族にばれてしまわないかという点です。また、借金があることで自動車ローンの審査に影響があるのかどうかも気になるところです。

そこで、自動車ローンの審査と借金の関係について詳しく解説。また、審査に通りやすくするためのポイントなどもご紹介します。

借金があっても負担を抑えて乗れるから安心!月々10,000円台で新車に乗る方法

  • 自動車ローンの審査ではローン会社に借金がばれる
  • 虚偽の申請をしても借金はばれるため、審査に通りやすくする対策が必要
  • カーリースならローン不要で購入より負担を抑えて新車に乗れる

自動車ローンで借金はばれる?

自動車ローンで借金はばれる?

結論からいうと、自動車ローンの審査では、借金やほかのローンの利用状況がローン会社にばれてしまうケースがほとんどです。ローンの審査では信用情報機関への照会が行われるため、借金はほぼばれるという前提で申込みましょう。

借金はほとんどの場合ばれる

自動車ローンでは、銀行やディーラーが提携する信販会社などから借入れを行うケースがほとんどです。審査では必ず申込み者の信用情報が照会されるため、借金をしているかどうかはこの際にローン会社にもわかります。

ただし、自動車販売店から直接借入れを行う自社ローンの場合は、販売店が信用情報機関に加盟していないという理由から、販売店側に借金がばれることはないでしょう。

身内に借金がばれる可能性は低い

銀行やディーラーなど自動車ローンを提供している側は、信用情報機関への照会によって申込者みの借金の履歴などを把握し、審査基準に基づいてローンの利用可否を判断しています。

審査結果はローンを組めるかどうかだけが通知されるため、「借金があるから」「年収が少ないから」などの具体的な理由を知ることはできません。そのため、自動車ローンの審査に落ちてしまったからといって、身内に借金がばれてしまう可能性は低いといえるでしょう。

借金があっても自動車ローンは利用できる?

借金があっても、状況次第で自動車ローンを組むことは可能です。
消費者金融やほかのローンを利用していること自体が、車のローン審査に悪い影響を与えることは少ないためです。延滞や滞納などなくきちんと返済できており、かつ自動車ローンを組んでも返済に余裕があると見なされれば、審査にも問題なく通過できる可能性が高いでしょう。

自動車ローンの種類と審査基準

自動車ローンは、大きく銀行系ローン、ディーラーローン、フリーローンの3種類に分けられ、それぞれ審査の通りやすさも変わってきます。自分に合った自動車ローンを選ぶためにも、それぞれのローンの特徴や審査基準の違いを見ていきましょう。

銀行系ローン

銀行や信用金庫などの金融機関が提供する自動車ローンです。金利がほかの自動車ローンよりも低く、同一の金融機関の住宅ローンとの併用で優遇金利が適用されるなどの特典も多いため、返済総額を抑えやすいというメリットがあります。

また、ローンを車両購入代金以外の車関連のさまざまな用途に使えることや、ローン返済中も車の所有権が契約者にある点も銀行系ローンの魅力です。

ただし、上記のようにメリットが多い分、審査は厳しい傾向があります。審査日数もほかの自動車ローンと比べて長引きやすいため、すぐにローンを組みたい方は余裕をもって申込む必要があるでしょう。

ディーラーローン

ディーラーが提供する自動車ローンは、ディーラーと提携する信販会社から借入れるタイプがほとんどです。金利は銀行系ローンよりも高い傾向にありますが、自動車そのものを担保にする分、審査は比較的通りやすく、手続きも簡単というメリットがあります。

借金がある中で自動車ローンを利用したいのであれば、銀行系ローンよりもディーラーローンのほうが難易度は低いといえるでしょう。

ディーラーローンのデメリットとしては、ローンの用途が車両購入代金のみと限定的な場合が多い点が挙げられます。また、ローンを完済するまでは車の所有権がディーラーにあるため、車の取扱いにおける自由度も低いです。

フリーローン

金融機関が提供するフリーローンを利用するという方法もあります。フリーローンはディーラーローンよりもさらに金利が高くなる可能性がありますが、用途は自由なため、車両購入代金だけでなく、購入時の諸費用などでもローンを利用したいときに便利です。

審査は銀行系ローンほど厳しくありませんが、借金がある場合、その金額によっては審査に通りにくくなってしまう点には注意が必要です。

カーローンより審査に通りやすいかも?気になる方はこちら

借金がローン審査に影響するケースは?

借金がローン審査に影響するケースは?

借金しているからといって、必ずしも自動車ローン審査で落とされてしまうわけではありません。
ただし、次のような条件に当てはまる場合は、自動車ローンの審査でマイナス評価となってしまう可能性があります。

過去5年間に金融事故を起こしたことがある

自動車ローンで審査される信用情報には、借金の履歴だけでなくクレジットカード料金や携帯料金、税金などの延滞状況も含まれます。支払いや返済に2ヵ月以上の延滞がある場合、信用情報機関にもその情報が登録されるため注意が必要です。

信用情報機関に記録された情報は通常5年間残るため、過去5年のあいだに信用情報に傷を残していると、自動車ローンの審査でも不利になってしまいます。

ほかの金融機関から複数の借入れがある

自動車ローンの審査では、年収に対しての借入れ可能額である返済比率が計算されます。

返済比率は、年収400万円未満の場合は25%、400万円以上の場合は35%が目安といわれており、すでにほかのローンやキャッシングを利用していて、この返済比率を超えている場合は自動車ローンを利用できない可能性があります。

借金があっても自動車ローン審査に通るコツ

借金があっても自動車ローンの審査に通過するためには、審査に申込む前にいくつかの対策をしておくことをおすすめします。審査に通りやすくするためにできることを見ていきましょう。

信用情報に傷がない状態で申込む

過去の支払いや返済に延滞や滞納があり、信用情報に傷が残っているのであれば、その事故情報がクリアになるまで待ちましょう。自分の信用情報に問題があるかどうかは、次の機関に情報開示請求することで確認できます。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)……消費者金融などの利用履歴
  • JBA(一般社団法人全国銀行協会)……銀行などの金融機関の利用履歴
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)……クレジットカードや信販会社などの利用履歴

情報開示には手数料がかかりますが、自分の信用情報に問題があるか不安な方は利用してみることをおすすめします。

頭金を用意する

資金に余裕がある場合は、頭金を用意して借入れ額を下げることで、審査に通りやすくすることができます。
初期費用は高くついてしまいますが、頭金としてある程度まとまった金額を支払っておけば借入れ額を減らせるため、利息による負担を軽くすることにもつながります

連帯保証人を立てる

連帯保証人とは、ローンの契約者が返済できなくなったときに代わりに支払ってくれる人のことです。申込者の勤続年数が短かったり、収入に対して借入れ額が高かったりした場合に、連帯保証人を求められることがあります。

連帯保証人を立てることで審査に通りやすくなる可能性があるため、審査に不安がある方は、家族や親族に相談してみるのも、ひとつの方法でしょう

ほかのローンの借入れを完済してから申込む

現在返済中の借金がある場合、自動車ローンの審査でも不利になってしまいます。すでに利用している借入れをすべて完済してから自動車ローンに申込めば、審査にも通りやすくなるでしょう。

完済するのが難しい場合は、一部繰上返済することでも、借金の総額を減らすことができるため、可能な範囲で対応しておくと、審査通過の可能性を上げることができます

ローンを組まずに初期費用0円で新車に乗る方法はこちら

借金があっても自動車ローンの審査でしてはいけないこと

借金があっても自動車ローンの審査でしてはいけないこと

自動車ローンを利用したいからといって、審査で虚偽の申告をしたり、複数のローンに同時に申込むことは避けましょう。ここでは自動車ローンの審査に申込むにあたって、してはいけないことを解説します。

虚偽の申告をする

審査に通りたいからといって、虚偽の申告をすることは絶対に避けましょう。虚偽の申告が判明すると、当然審査にも落とされてしまいます。

ここまで解説したように、自動車ローンでは信用情報の照会が行われるため、借金の有無やほかのローンの利用状況もローン会社にはばれてしまいます。勤務先へ在籍確認が行われることもあるため、勤務先情報や勤続年数なども嘘偽りなく申告しましょう。

複数のローンに同時に申込む

短期間のうちに複数のローンへ同時に申込むことも避けましょう。複数のローンへ同時に申込んだり、審査に落ちたからといって同じローンに何度も申込むことを繰り返したりすると、利用できるローンがなくて困っていると見なされ、審査でもマイナス評価となってしまいます

複数のローンへ申込むとしても、半年間で2〜3件程度にとどめましょう。

審査中に転職をする

審査期間中は転職しないことも大切です。自動車ローンの審査では、安定した収入があるかどうかを判断するために勤続年数も重視されます。審査では、勤続年数が長いほど有利になれるため、なるべく勤続年数が長い状態でローンに申込むことをおすすめします。

カーリースで車に乗るという選択肢も

カーリースで車に乗るという選択肢も 

借金がある状態では低金利の銀行系ローンを組めなかったり、審査に通りやすいディーラーローンを利用するにも利息が高くついてしまったりと、自動車ローン選びで悩まされてしまう方も少なくありません。

その点、月々定額の利用料を支払うことで車に乗れるカーリースなら、ローン不要で負担を最小限に抑えながらカーライフを送ることができます

カーリースにはローンと違って金利の概念がなく、月々定額のリース料金には初期費用や各種税金、自賠責保険料などが含まれています。ローンで車を購入するように、頭金などの初期費用を用意する必要もなく、車に乗ることができるでしょう。カーリースとはどのようなサービスなのか、詳しくご紹介します。

カーリースにも審査はある

カーリースでは、自動車ローン契約と同じように審査が行われ信用情報もチェックされます。

しかしカーリースの場合、車両価格から契約満了時の車の残存価値である残価を差し引いた上で月々のリース料金が算出されるため、車両価格の全額を負担しなければならない購入よりも、費用負担を抑えることが可能です。そのため、自動車ローンを組めなくても、カーリースの審査なら通過できる可能性があるといえるでしょう。

頭金やボーナス払いなしで利用できる

自動車ローンを組むにあたって、借入れ額を抑えるために頭金を用意したり、返済を早めて利息を減らすためにボーナス払いを設定したりしなければならないこともあります。しかし、どちらも家計に余裕がなければ支払いが難しい上、頭金用の資金やボーナスはほかの支払いに使いたいという方もいるかもしれません。

その点カーリースは、頭金やボーナス払いなしで利用できるのが一般的です。月々定額のリース料金を支払うだけでカーライフを送れるため、貯金が少なくても利用しやすいというメリットがあります

維持費も定額化できる

車に乗り続けるためには、車を購入した後も各種税金や保険料、車検代やメンテナンス費用などの維持費を負担しなければなりません。カーリースの月額料金には税金や諸費用も含まれており、さらにリース会社によっては、メンテナンスプランを適用することでメンテナンス代や車検代などもリース料金に組み込み、定額化することが可能です。

車関連の支払いを取りまとめることができるため、家計管理もぐっと楽になります。

定額カルモくんなら気軽に審査を受けられるお試し審査も

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし、ボーナス払いなし、返却時の残価の支払いなしの完全定額制のカーリースで、日本一安い*月額10,000円台から新車に乗ることができます。費用負担を抑えながら好きな新車に乗れるため、貯金や月々の返済が不安な方でもカーライフを始めやすいでしょう。

手軽に審査も受けられるなど魅力がたくさんある定額カルモくんについて、詳しくご紹介します。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

審査が不安な場合は定額カルモくんのお試し審査がおすすめ

借金があってカーリースを利用できるか不安な方には、定額カルモくんの「お試し審査」がおすすめです。

ネットから受けられる簡単な審査で所要時間は5分程度と短く、審査結果は通常で翌営業日、最大3営業日で届きます。お試し審査に申込んだ後でも、契約前であればキャンセルしたり、車種やプランを変更したりすることも可能なため、気軽に試すことができるでしょう。

まずは審査

リース料金に維持費も組み込める

通常、リース車の車検代や修理代は自己負担となります。また、返却時には原状回復を行い、修繕箇所があった場合はその費用負担をしなければなりません。

その点、定額カルモくんのメンテナンスプランなら、このようなメンテナンス代や原状回復費用も、月々のリース料金に組み込んで定額化することができます。普段のメンテナンス代はもちろん、車検代や返却時の原状回復費用、消耗品の交換費用など、車のメンテナンスに関するさまざまな費用をカバーできます。

メンテナンスプランについて詳しく知りたい方はこちら

走行距離無制限にでき、いずれはマイカーにもなる

カーリースは、走行距離制限が設けられていることが多いです。毎日運転する方や長距離ドライブを楽しみたい方は、走行距離をオーバーしてしまわないか不安に思うかもしれません。また、契約期間を過ぎると車を返却しなければならないことをデメリットに感じる方もいるでしょう。

定額カルモくんでは、7年以上で契約し月額500円を支払うことで、契約満了時にそのまま車がもらえる「もらえるオプション」を適用できます。車を返却せずに済むため、契約満了時に原状回復を行う手間もかかりません。車のカスタマイズも自由にできるので、よりマイカーに近い使い方ができます。

また、7年以上で契約すると、走行距離制限もなくなります。走行距離の超過による追加料金の心配をすることなく、毎日のドライブを楽しむことができるでしょう。

借金があっても月々定額で新車に乗れるカーリースなら利用しやすい

借金があっても比較的審査に通りやすい自動車ローンとして、ディーラーローンや中古車販売店の自社ローンの利用を検討する方もいるかもしれません。しかしディーラーローンは高金利で、自社ローンはほとんど中古車でしか利用できず、上乗せされる手数料も高額になりがちというデメリットがあります。

その点、さまざまな負担を抑えられるカーリースの定額カルモくんなら、このようなデメリットも解消しつつ、月々10,000円台から新車に乗ることも可能です。カーリースを利用できるのか気になるという方も、まずは定額カルモくんのお試し審査を受けてみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:自動車ローンの審査で借金はばれる?

A: 銀行系ローンやディーラーローンの審査では、信用情報機関へ個人の信用情報の照会が行われ、借金の履歴をはじめほかのローンや携帯料金、クレジットカード料金などの支払状況が確認されます。審査結果に「借金があるから利用不可」などの理由が載ることはありませんが、ローン会社側には借金の有無はばれると考えましょう。

Q2:借金があっても自動車ローンに通りやすくする方法は?

A:借金があっても、信用情報の問題が解消されてから申込む、頭金を用意する、連帯保証人を立てる、ほかのローンの借入れを完済してから申込む、などの対処法によって自動車ローンへ通りやすくすることができます。

Q3:借金があっても車にマイカーのように乗れる方法はある?

A:カーリースにはローンと違って金利の概念がなく、月々定額のリース料金には初期費用や各種税金、自賠責保険料などが含まれています。ローンで車を購入するように、頭金などの初期費用を用意する必要もなく、車に乗ることができるでしょう。

※記事の内容は、2021年10月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
ローンを組まなくても