ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

新車と中古車の納車日数は最短でどれくらい?納車を早めてもらう方法とは?

新車と中古車、納車日数はどれくらい?最短で納車してもらう方法は?
新車と中古車、納車日数はどれくらい?最短で納車してもらう方法は?
貯金ゼロでもマイカー持てる

とにかく早く次の車に乗り換えたい、車検が切れそうなど、早めに車が欲しいという方にとって、最短だと何日くらいで納車されるのかは特に気になるところです。実は、納車日数を短くするためにできることがあります

そこで、新車の場合と中古車の場合、それぞれの納車日数は最短でどれくらいなのか、さらに納車日数を短くする具体的な方法と併せて解説します。1日でも早く納車してもらうためにできることを見ていきましょう。

新車購入よりも早く納車してもらう方法を今すぐ知りたい方はこちら

  • 最短の納車日数は新車なら2~3週間、中古車なら3日という場合もある
  • 書類の準備やローン審査などを済ませておけば納車日数を短縮できる
  • 新車なら最短3週間、中古車なら最短3週間で納車される車のサブスクもある

購入した車は最短でいつ納車される?

購入した車の納車にかかる日数はどれくらい?

車を購入してから納車されるまでにかかる日数は、新車と中古車で異なります。それぞれ最短だとどれくらいで納車されるのか、納車までの流れとともに見ていきましょう。

新車の納車日数は最短で2~3週間

新車は、在庫の有無で納車日数が変わります。在庫があれば契約後最短2~3週間ほどで納車されることもありますが、製造から行う場合は1ヵ月以上かかることが多いです。さらに、オプションを多くつけた場合や人気車種の場合などは、契約から納車までに3ヵ月前後かかることも少なくありません。
新車の納車までの流れは、以下のとおりです。

〈新車の納車までの流れ〉

  • 購入する車種を決め、契約する
  • ディーラーがメーカーに車を発注する
  • 警察署に申請し、車庫証明書の交付を受ける
  • 必要書類をディーラーに提出する
  • ディーラーから自賠責保険証を受け取る
  • 任意の自動車保険の手続きをする
  • 車両代金などを支払う
  • ディーラーに車両が入庫され、検品が行われる
  • 納車される

このように、新車の納車が完了するまでにはいくつもの手続きがあります。やるべきことが多いので、日数が多くかかってしまうのです。

中古車の納車日数は最短で3日

中古車の場合は最短3日で納車されるケースがありますが、これには以下のような条件があります。

  • 車庫証明をすぐに申請できる(あるいは不要な地域の)軽自動車である
  • 車検の有効期間が残っている
  • 整備箇所がほとんどない

これらの条件を満たす中古車であれば最短3日で納車される可能性がありますが、選べる車はかなり限定的になるといえます。

この場合を除いて、中古車は1〜2週間で納車されるケースが一般的です。納車に最短でも2週間はかかる新車と比べて、中古車は早く車を手に入れたい方の選択肢になりやすいといえるでしょう。

中古車の納車までの流れは、以下のとおりです。

〈中古車の納車までの流れ〉

  • 購入する車種を決め、契約する
  • 警察署に申請し、車庫証明書の交付を受ける
  • 販売店に必要書類を提出する
  • 登録と名義変更を行う
  • 納車前点検と調整が行われる
  • 車両代金などを支払う
  • 納車される

新車を購入する場合と大きく異なるのは、新たに車を発注する必要がないことです。すでにある車を整備すればいいので、新車より短時間で納車されます。それぞれの工程がスムーズに進めば、より早く納車されるでしょう。

新車の納車日数を短縮する方法

新車の納車日数を短縮する方法

基本的に新車は中古車よりも納車日数がかかります。これは、契約してからディーラーがメーカーに車を発注するという特性上、仕方のない部分でもあります。しかし、自身でできる工夫を積み重ねることで、少しでも納車日数を短縮することが可能なのです。できることは実践して、新車の納車日数を短くしてみましょう。

目当ての車種を事前に決めて候補をしぼる

ディーラーであれこれ迷っていると、契約までの時間はどんどん長くなっていきます。ディーラーに行く前に、乗りたい車種、グレード、つけたいオプションなどについてある程度しぼっておくと、速やかに決断でき契約をスムーズに進められます。

車選びの際は、車の用途、載せる人数や荷物の量、普段通る道の状況などから、最適なサイズやボディタイプなどを決めておくといいでしょう。

家族がいる場合は、家族と乗るシーンを具体的に想像したり、家族の要望を確認したりすることも大切です。チャイルドシートをいくつ設置できるのか、持っているベビーカーのトラベルシステムがその車に対応しているのかなど、細かい点も確認しておくといいでしょう。

こまめに在庫を確認する

先述のとおり、新車は在庫がなければ受注生産となり、場合によっては納車まで1ヵ月以上かかります。どうしてもこの車がいいという希望がある場合は、ディーラーや販売店にこまめに在庫を確認しましょう。

最寄りの販売店に在庫がない場合は、近隣のほかの店舗にも確認してもらうなどして、在庫があればすぐに動けるようにしておくといいでしょう。

購入に必要な書類は事前に用意しておく

車を購入するためには、以下の書類が必要です。

普通自動車の購入に必要な書類

・実印
普通自動車を購入する場合は、印鑑証明書と併せて実印を持参します。

・印鑑証明書
印鑑を実印として登録していることを証明する書類で、普通車を購入するために必要です。発行から3ヵ月以内の印鑑証明書を提出します。

・自動車保管場所証明書(車庫証明書)
車の保管場所を確保していることを証明する書類です。申請するためには必要書類も多く、駐車場の賃貸契約を結んでいる場合は管理会社などに「保管場所使用承諾証明書」を発行してもらう必要もあるため、早めに準備をしておきましょう。

・委任状
車の購入に必要な手続きを、販売店側に代行してもらう場合に必要な書類です。販売店が用意した書類に、署名と捺印をして提出しましょう。

軽自動車の購入に必要な書類

・住民票
購入者の氏名や住所などを証明する書類で、市区町村の役所で取得することができます。申請したその場で発行してもらえます。

・自動車保管場所証明書(車庫証明書)
軽自動車の購入でも車庫証明書が必要になりますが、地域によっては不要な場合もあります。
「県庁所在地」「人口10万人以上の市町村」「大都市の中心から30km圏内の市町村」に該当する地域の場合は、軽自動車の購入でも車庫証明書が必要です。

・印鑑(認印)
契約に必要な印鑑も、必要書類と併せて持参しましょう。認印も含まれます。

印鑑証明書と住民票は役所で発行してもらえます。また、どちらもマイナンバーカードを利用すればコンビニエンスストアでも取得できます。

上記の中で、特に注意したいのは車庫証明書です。車庫証明書は車庫の所在地を管轄する警察署で申請するのですが、発行されるまでに1週間程度かかることもある上、申請書や保管場所の所在図・配置図など必要な書類も多いので、警察署のウェブサイトなどで早めに確認しておくといいでしょう。

なお、車庫証明書の取得は、ディーラーなどの業者に代行してもらうことも可能です。その場合、代行手数料がかかります。代行手数料は店舗によって異なりますが、10,000~30,000円程度が目安です。

また、車庫証明書には有効期限があり、発行日より概ね1ヵ月となっています。車の登録までに期限が切れないよう注意が必要です。

ローンの仮審査を済ませておく

新車購入でローンを利用するときには審査があります。審査には仮審査(事前審査)と本審査があり、仮審査は必須ではありませんが、仮審査をしておくことでローンに通る可能性を簡単に調べることができます。

希望するローン会社が仮審査を行っている場合は、事前に受けることをおすすめします。仮審査を経ることで、車やローン会社を選ぶときの目安ができるでしょう。

また、本審査は結果が出るまでに1〜2週間ほどかかりますが、仮審査は3〜7日ほどで済みます。マイカーローンを組めるかどうか早く知りたい場合にも便利です。なお、仮審査を受けた履歴は信用情報に残らないので、気軽に受けられます。

審査結果もすぐわかる!ローンを組まずに新車に乗り換える方法はこちら

担当者に希望する納車日数を伝える

購入から納車までの手続きは、ディーラーや販売店の担当者がサポートしてくれます。購入・契約時にすべきことや必要な書類など、わからないことや不安なことはしっかりメモなどに残しておき、まとめて問い合わせるようにしましょう。書類などの抜け・漏れを防げば、それだけスムーズに手続きを進められます。

その際、納車日の希望を担当者に伝えておくと、それに間に合わせるためにはいつまでに何をすべきか具体的に教えてもらえます。プロの知識を上手に借りて、すみやかな納車につなげましょう。

オプションパーツをつけない

納車を早めるには、カーナビやバックカメラなどのオプションパーツを極力つけないこともポイントです。オプションパーツは取付けに時間がかかる上、パーツを取寄せるために納車日数が延びることもあるためです。

オプションパーツが少ないほど納車も早まるため、不要なオプションは断り、必要最小限にしておくといいでしょう。

手間をかけずに最短3週間で新車に乗る方法はこちら

中古車の納車日数を短縮する方法

中古車の納車日数を短縮する方法

中古車販売店は、今ある中古車を早く売って回転率を上げ、利益向上につなげたいと考えています。ですから、中古車を買うときに提示される納車までの日数は、その店でできる最短であるといえます。
しかし、納車日数をさらに短縮する方法があるので、詳しくご紹介しましょう。

車検が残っている中古車を選ぶ

最短での納車を望むなら、中古車を選ぶ際に、次の車検までの期間が残っている車を選ぶといいでしょう。車検期間が残っていてコンディションが良ければ整備と点検のみで納車されます。

車検は車が道路を安全に走れる状態を保っているかを検査する制度なので、車検の有効期間が残っている中古車は、基本的に問題なく道路を走行できると判断されるからです。逆に、車検切れした車は改めて車検に通す必要があるため、納車までに1〜3日余分に日数がかかります。

必要な書類を不備なく準備しておく

中古車を購入する場合も、新車と同様に書類の準備が必要です。必要な書類を事前に準備しておけば、スムーズな納車につなげることができます。

書類に不備があると、再度発行しなければならず、それだけ納車が遅れてしまいます。書類の不備として多いのは、有効期限が切れている、書き損じがあるなどです。車庫証明書など、発行に一定の時間を要する書類は特に注意して準備しましょう。

ローンの仮審査を済ませておく

中古車購入のためにローンを組みたいときも、新車と同様に仮審査を受けておきましょう。中古車は新車よりも車両価格が低いので、ローンの審査に通りやすいといえます。

しかし、借入金額が少なかったとしても、返済能力がないと判断されれば本審査に落ちてしまいます。いくつものカーローンで本審査に落ちると、信用情報に履歴が残り新たにローンを組むのが難しくなってしまいます。そうならないためにも、仮審査で事前にチェックしておくといいでしょう。

日柄にとらわれず納車日を決める

自動車業界では、慣習として納車日の日柄が重視されています。日柄とは、大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅の6つのことで、大安や友引が特に縁起の良い日柄として納車日に設定されやすい傾向があります。

縁起の良い日に納車してもらうことを重要視していないのなら、納車日に大安や友引の日を選ばないことで早く納車してもらえることがあります。日柄よりも最短納車にこだわりたい方は、販売店の担当者にその旨を伝えて納車日の調整を打診してみるのもいいでしょう。

中古車なら最短3週間で納車!急いで車が欲しい方におすすめの乗り方はこちら

「納車待ち」の日数を早めることはできる?

「納車待ち」の日数を早めることはできる?

「納車待ち」とは、販売店が納車のための手続きや準備を行っている段階を指します。納車待ちの期間に行われる車の整備や点検は、車の安全性を担保するために必要な手順なので、完了するまでにある程度の時間を要します。

そのため、納車待ちの状態に入ってから納車されるまでの日数を早めることはできません。必要な手続きや整備を行ってくれている販売店を急かしたりしないようにしましょう。

新車の納車日数を最短にする方法

新車の納車日数を1ヵ月以内にする方法

先述のとおり、新車は納車日数が長めの傾向があります。そのため、「どうしても1ヵ月以内に車が欲しい」といった状況に置かれている方は、新車に乗りたいのにやむをえず中古車を選ぶケースもあるでしょう。
しかし今、新車の納車日数を短縮して手軽にカーライフをスタートできる方法として、カーリースがあります

カーリースとは?

カーリースとは、定額の月額料金を支払って、車を借りるサービスです。リース会社が契約者に代わって希望する車を購入し貸し出してくれるため、好みの新車に乗ることができます。初期費用がかからず、毎月の車関連の出費も一定にできるのが大きなメリットです。

カーリースとは?メリット・デメリットと車のリースのしくみや料金を徹底解説!

カーリースの申込みから納車までの流れ

カーリースの申込みから納車までの流れは、リース会社によって異なります。ここでは、「おトクにマイカー 定額カルモくん」の場合を見ていきましょう。

  • 乗りたい車を見つける
  • 料金シミュレーションで費用感を確認する
  • 条件を決めて審査に申し込む
  • 契約内容に関する説明を受ける
  • 送付された契約書類に記名捺印し、返送する
  • ディーラーから連絡が来たら、納車日時を決める
  • 自宅に納車される

定額カルモくんでは、こうした手続きのほぼすべてをインターネット上で行えます。店舗に足を運ばなくていいので、スムーズな納車につなげられます。

カーリースでさらに納車を早めるためにできることは?

カーリースでも、契約前と契約後のタイミングに次のような準備をしておくことで、納車を早めることができます。

・契約前
免許証などの本人確認書類や、印鑑、口座を確認できるものをそろえておく。

・契約後
住民票などの現住所が分かる書類や、車庫証明書、委任状をそろえておく。

いずれも購入する場合と同じような方法にはなりますが、上記のような書類はカーリースの契約にも必要となるため、早めに準備しておくことで納車日数の短縮につながります。

なおリース会社によっては、車庫証明書の取得を代行してくれる場合もあります。定額カルモくんでも取得代行を行っているため、自分で警察署へ行く手間も省けて手続きが楽になります。

納車日数3週間で新車に乗り換えるには?

カルモくん_new

カーリースで利用する車も、一般的には新車と同じくらいの納車日数がかかります。しかし、カーリースの定額カルモくんなら、新車の一部の車種であれば契約から3週間(※)での即納も可能なので、早く納車してほしいという希望を叶えることができます。

最短3週間で納品できる新車のカーリースはこちら

さらに中古車であれば、初度登録から3年未満の高年式・低走行距離の状態の良い中古車を、契約から最短3週間で自宅へ納車してもらえます。大至急車が必要という方でも、購入するより早く車に乗ることができるでしょう。

マッハ納車

※時期や状況、お客様の居住地域等で異なります。

ほかにも、
●専任のマイカーコンシェルジュに無料相談でき、なるべく早く納車してほしいというリクエストに対して、最適な車を提案してくれる
●全国展開しているので、最寄りのディーラーから直接納車され、納車日数も短い

といった納車日数の短縮につながりやすいサービスがあります。

5分で申し込み可能な「お試し審査」を受ける

カーリースの納車日数を早めるには、早めに審査を受けておくことをおすすめします。定額カルモくんでは、車選びから審査の申込みまでオンラインで完結するため、スピーディーに手続きが進みます。店舗に足を運ぶ必要もないので、忙しい方でも空き時間に手続きが可能です。

また、「お試し審査」なら、審査に通るかどうかを誰でも手軽に試すことができます。車種やグレード、オプションなどを決める前でも受けられて、審査結果は通常翌営業日、最大でも3営業日以内にわかります。審査に通った後は、選択できる車種も教えてもらえるので、車選びもスムーズです。

本契約前なら審査後のキャンセルも可能なので、気軽に受けてみてはいかがでしょうか。

「定額カルモくんに相談したら、車検切れ前に新車に乗り換えられました!」 利用者の声

カーリースで脱中古車ライフを実現!Yさんの場合

Yさん(40代)静岡県在住|ダイハツ「ミライース」を11年で契約

Yさんは「中古車でもいいからすぐに乗れる車を」と考えていましたが、同時に「ローンを組むなら新車がいい」とも思っていました。そんなとき、定額カルモくんのCMを見てカーリースを知ったそうです。

Yさん 安さに魅力を感じて早速サイトにアクセスしてみたところ、料金シミュレーションから審査まで全部スマホで済んじゃいました。前の車の車検切れも覚悟していましたが、車検までに欲しいって相談したら間に合う車種を教えてくれて、すみやかに納車されたので車検が切れる前に憧れの新車ライフをスタートさせることができました。

Yさんの詳しいインタビューはこちら

カーリースについての口コミを知りたい方はこちら

納車日数を短縮したいなら、購入以外の方法も検討してみよう

納車日数を短縮したいなら、カーリースも検討してみよう

納車日数を短縮するためにできることはいくつかありますが、カーリースを利用すれば、購入するよりも早く新車を納車してもらえるケースもあります。納車日数を少しでも短くしたいけれど、中古車ではなく新車に乗りたいと考えている方は、ぜひカーリースも検討してみてください。

定額カルモくんはカーリースの中でも納車が早く、顧客満足度も98.9%*と非常に高い点が魅力です。最短で車が欲しいという方も、簡単な手続きでスピーディーに乗り換えることができるでしょう。
今なら月額料金2ヵ月分のキャッシュバックが当たるお得なキャンペーンも開催していますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

 

※時期や状況、お客様の居住地域等で異なります。

よくある質問

Q1:新車と中古車、最短の納車日数はどれくらい?

A:新車は納車まで最短で2~3週間程度、一般的には1~3ヵ月程度かかります。中古車は平均1〜2週間かかりますが、整備箇所が少なく、車検の残っている軽自動車などの条件を満たしていれば最短3日で納車されるケースもあります。ただしどちらの場合も、書類に不備があると納車が遅れる可能性があります。

Q2:納車日数を最短にするにはどうしたらいい?

A:新車でも中古車でも、購入に必要な書類を漏れなく用意しておくことをおすすめします。特に車庫証明書は取得に手間がかかる上、有効期限があるので注意が必要です。また、ローンで購入する場合は仮審査を受けておくことや、中古車なら車検期間が残っている車を選ぶことも、納車日数を短くするのに役立ちます。

Q3:納車日数を短くしたいけど、新車に乗りたい場合はどうする?

A:全国展開しているカーリースを選ぶといいでしょう。定額カルモくんなら、ほぼすべての手続きをオンラインででき最寄りのディーラーから納車されるので、車種によっては契約から3週間(※)で納車されます。「とにかく早く車が欲しい」とマイカーコンシェルジュに相談することから始めてみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は2021年11月の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る