ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ノアの見積もりシミュレーション!グレード&オプションを変えて徹底解説

トヨタ「ノア」の見積もりをグレード別にシミュレーションで比較し、車選びや見積もりを取る際の注意点について解説していることを表すタイトル画像
トヨタ「ノア」の見積もりをグレード別にシミュレーションで比較し、車選びや見積もりを取る際の注意点について解説していることを表すタイトル画像

トヨタ「ノア」は、ファミリー向けミニバンの定番といえるモデルで現行型は高い燃費性能と安全性能を誇ります。ノアの購入にはまとまった費用がかかるので、見積もりを取って予算を検討したい方も少なくないでしょう。しかし、グレードやオプション、店舗によって価格が異なるため、見積もりを比較するのは容易ではありません。

そこで、ノアの見積もりをグレードや買い方ごとにシミュレーションで比較します。見積もりを取る際の注意点やより手軽にノアに乗れる方法も知って、納得のカーライフを始めましょう。

ノアに初期費用0円で乗れる!
今人気の方法を早速チェックする

  • ノアの見積もりをシミュレーションすると、乗り出しは290万円程度から
  • ノアはオプション豊富なので見積もりは組み合わせを変えて複数取るのがおすすめ
  • より月々の負担を減らし、フラットな支払いでノアに乗れる方法もある

ノアの見積もりシミュレーションで乗り出し価格を知りたい!

ノアの見積もりシミュレーションで乗り出し価格を知りたい!

ノアはファミリー層に人気のロングセラーモデルです。ノアの購入を検討する際、どのグレードを選べばいいのか、どのオプションをつけたらいいのか、そしてそれらがいくらになるのかなど、気になることは多いものです。

そこで、ノアの見積もりシミュレーションをまずはオプションなしで行い、各グレードの乗り出し価格を明らかにします。グレードごとに、現金一括払い、通常のカーローン、残価設定ローンの3つの方法で比較シミュレーション。ローンは、返済期間として選択する方の多い5年の場合で算出しています。

ノア X 2WD(7人乗り)

〈見積もりシミュレーション比較表〉 ※オプションなし

 現金一括購入カーローン
※5年/実質年率7.8%
残価設定ローン
※5年/実質年率5.8%
車両本体価格
(最初に支払う場合)
267万円--
初期費用
・各種税金
・自賠責保険料
・販売諸費用
※保証がつくしプラン有
23万8,640円
月々の支払・返済額-53,800 円
初回:58,764円
35,700 円
初回:38,198円
最終回の支払額--112万1,400円
支払・返済総額290万8,640円323万2,964 円323万198 円
乗り出しにかかる費用同上29万7,404円27万6,838円

※トヨタモビリティ東京公式サイトにおける2023年8月20日時点のシミュレーション結果で、カーローン、残価設定ローンの見積もりは頭金・ボーナス払いなしで算出しています

ノアで最も買いやすい価格を実現している「X」は、上位グレードと比較するとシンプルな装備ながら実用性はしっかりと確保されています。現金一括購入時の乗り出し価格は290万8,640円であり、初期費用によって車両本体価格よりも高くなります。カーローンを利用すれば乗り出し価格は30万円以下に抑えられますが、利息がある分支払総額は高くなります。

ノア ハイブリッドZ 2WD(7人乗り)

〈見積もりシミュレーション比較表〉 ※オプションなし

 現金一括購入カーローン
※5年/実質年率7.8%
残価設定ローン
※5年/実質年率5.8%
車両本体価格
(最初に支払う場合)
359万円--
初期費用
・各種税金
・自賠責保険料
・販売諸費用
※保証がつくしプラン有
12万3,940円
月々の支払・返済額-72,400 円
初回:75,344円
48,000 円
初回:51,425円
最終回の支払額--150万7,800円
支払・返済総額371万3,940円434万6,944 円434万3,225 円
乗り出しにかかる費用同上19万9,284円17万5,365円

※トヨタモビリティ東京公式サイトにおける2023年8月20日時点のシミュレーション結果で、カーローン、残価設定ローンの見積もりは頭金・ボーナス払いなしで算出しています

後席両側にワンタッチスイッチ付きパワースライドドアを搭載することに加え、セカンドシートに折りたたみ式大型サイドテーブルを備えるなど、より利便性が高まる「Z」グレード。燃費の良いハイブリッド車を選択するとエコカー減税やグリーン化特例の恩恵により税金が安くなるので初期費用が抑えられます。現金一括購入時の乗り出し価格は371万3,940円、カーローン利用時は17万~19万円程度です。

ノア ハイブリッド S-Z E-Four(7人乗り)

〈見積もりシミュレーション比較表〉 ※オプションなし

 現金一括購入カーローン
※5年/実質年率7.8%
残価設定ローン
※5年/実質年率5.8%
車両本体価格
(最初に支払う場合)
389万円--
初期費用
・各種税金
・自賠責保険料
・販売諸費用
※保証がつくしプラン有
12万3,940円
月々の支払・返済額-78,500 円
初回:78,699円
52,000 円
初回:56,369円
最終回の返済額--163万3,800円
支払・返済総額401万3,940円471万199 円470万6,169 円
乗り出しにかかる費用同上20万2,639円18万309円

※トヨタモビリティ東京公式サイトにおける2023年8月20日時点のシミュレーション結果で、カーローン、残価設定ローンの見積もりは頭金・ボーナス払いなしで算出しています

最も高額なグレード「ハイブリッド S-Z」のE-Four(電気式4WD)では、エアロパーツやブラック塗装のフードモールディング、ステンレスのドアベルトモールディングなどを装着したエアログレードです。快適装備などの内容は「Z」と同様です。最上位グレードになると現金一括購入時の乗り出し価格は400万円を超えてきます

カーローンでも残価設定型を利用すれば乗り出し価格を20万円以下に抑えられますが、残価設定ローンは残価を最終回の返済に据え置いているので、ローンの最終回には160万円超の残価を支払う、もしくはノアを返却して残価を相殺することになる点に注意が必要です。

ノアにもっと手軽に乗れる!

ノアを初期費用0円、月々30,000円台から持てる方法があります。
税金や自賠責保険料はコミコミ、さらに車検・メンテナンス費用の定額化も可能。多くの方がお得に新車を手に入れているその方法とは?詳しくは下のバナーからどうぞ。

乗り出し0円でマイカー持てる_申込者数15万人以上_人気の方法を詳しく見る

ノアの見積もりをオプション付きでチェック

〈メーカーオプションの例〉

 XハイブリッドZハイブリッドS-Z
プロジェクター式LEDヘッドランプ
(オートレベリング機能付)
+LEDターンランプ
+LEDクリアランスランプ
(デイライト機能付)
-62,700円62,700円
ユニバーサルステップ(助手席側)33,000円33,000円33,000円
ドライビングサポートパッケージ-99,000円99,000円
快適利便パッケージ(High)-14万8,500円12万6,500円
左右独立温度コントロールフロントオートエアコン
+リヤオートエアコン
(リヤクーラー+リヤヒーター)
49,500円標準装備標準装備
ブラインドスポットモニター[BSM]
+安心降車アシスト
(ドアオープン制御付)[SEA]※1
-13万4,200円13万4,200円
トヨタチームメイト アドバンストパーク
(ハイブリッド車はリモート機能付)
+パーキングサポートブレーキ
(周囲静止物)※2
-12万6,500円12万6,500円
ブラインドスポットモニター[BSM]
+安心降車アシスト(ドアオープン制御付)[SEA]
+トヨタチームメイト アドバンストパーク
(ハイブリッド車はリモート機能付)
+パーキングサポートブレーキ
(周囲静止物)
-25万5,200円
※1、※2との同時装着は不可
25万5,200円
※1、※2との同時装着は不可
ITS Connect27,500円27,500円27,500円
デジタルキー-16,500円16,500円
スマートエントリー
(運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付)
&スタートシステム
(スマートキー2個)
35,200円標準装備標準装備
ディスプレイオーディオ
(コネクティッドナビ対応)Plus
-88,000円88,000円
ディスプレイオーディオ
(コネクティッドナビ対応)
85,800円標準装備標準装備
バックガイドモニター16,500円標準装備標準装備

〈ディーラーオプションの例〉 ※トヨタモビリティ東京での取付費を含む価格

 Xハイブリッド ZハイブリッドS-Z
フロントグリルキット--91,300円(アドバンストパーク付車)
86,900円(アドバンストパーク無車)
サイドバイザー
(RVワイドタイプ)
26,400円26,400円26,400円
ベーシック「いちおし」セット10万100円10万100円10万100円
ラゲージボックス16,500円16,500円16,500円
シートバックテーブル
(アシストグリップ付)
16,500円16,500円16,500円
リモートスタート スマートエントリー
&スタートシステム付車
61,600円61,600円61,600円
リモートスタート スマートエントリー
&スタートシステム無車
64,900円--
サンシェード18,700円18,700円18,700円
ラゲージLED34,100円34,100円34,100円

※2023年8月20日時点

メーカーオプションはノアのオーダー時に注文し生産過程で組み込まれるもので、ディーラーオプションはディーラーなどの販売店によって取付けされるオプションです。いずれのオプションもグレードによって選択できる種類は異なるので、欲しいオプションが決まっているのであればそのオプションを装着できるグレードを選ぶ、というグレードの選び方もあります。

以下では、オプションの一部を設定した場合のノアのグレード別の見積もりシミュレーションをご紹介します。

ノア X 2WD(7人乗り)

〈オプション付き見積もりシミュレーション比較表〉

 現金一括購入カーローン
※5年/実質年率7.8%
残価設定ローン
※5年/実質年率5.8%
メーカーオプション
・左右独立温度コントロールフロントオートエアコン
+リヤオートエアコン
(リヤクーラー+リヤヒーター)
・ITS Connect
・スマートエントリー
(運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付)
&スタートシステム
(スマートキー2個)
11万2,200円
ディーラーオプション
・ラゲージボックス
・シートバックテーブル(アシストグリップ付)
・リモートスタート
スマートエントリー&スタートシステム付車
94,600円
乗り出しにかかる費用
※保証がつくしプラン有
311万8,540円30万3,108円28万6,119円
支払・返済総額同上348万3,368円346万8,379円

※2023年8月20日時点

メーカーオプション、ディーラーオプション合わせて24万円程度のオプションを追加すると、現金一括購入時の乗り出し価格は315万円を超えてきます。より高額なオプションを追加した場合はさらに20~50万円程度かかることもあり、こうなるとワンランク上のグレードも視野に入る価格になるので、エントリーグレードを選ぶ意味があまりなくなります。

追加するオプションの料金によっては、グレードのそのものを見直すことも検討することをおすすめします。

ノア ハイブリッドZ 2WD(7人乗り)

〈オプション付き見積もりシミュレーション比較表〉

 現金一括購入カーローン
※5年/実質年率7.8%
残価設定ローン
※5年/実質年率5.8%
メーカーオプション
・ドライビングサポートパッケージ
・ブラインドスポットモニター[BSM]+安心降車アシスト(ドアオープン制御付)[SEA]
・ITS Connect
・デジタルキー
27万7,200円
ディーラーオプション
・ベーシック「いちおし」セット
・ラゲージボックス
・シートバックテーブル(アシストグリップ付き)
13万3,100円
乗り出しにかかる費用
※保証がつくしプラン有
412万4,240円20万6,395円18万3,926円
支払・返済総額同上484万3,755円481万5,763円

※2023年8月20日時点

「ハイブリッド Z」になると選択できるオプションの幅が広がり、高額なパッケージオプションの追加も可能です。その中で厳選して41万円程度に抑えても、乗り出し価格は400万円を超えます。カーローンを利用する場合、ハイブリッド車は諸費用がガソリン車よりも安いのでエントリーグレードの「X」よりも乗り出し価格は安くなりますが、一方で支払総額は「X」よりも100万円以上高額になります。

ノア ハイブリッドS-Z E-Four(7人乗り)

〈オプション付き見積もりシミュレーション比較表〉

 現金一括購入カーローン
※5年/実質年率7.8%
残価設定ローン
※5年/実質年率5.8%
メーカーオプション
・快適利便パッケージ(High)
・ブラインドスポットモニター[BSM]
+安心降車アシスト(ドアオープン制御付)[SEA]
+トヨタチームメイト アドバンストパーク(ハイブリッド車はリモート機能付)
+パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)
・ITS Connect
40万9,200円
ディーラーオプション
・フロントグリルキット アドバンストパーク付車
・リモートスタート スマートエントリー&スタートシステム付車
15万2,900円
乗り出しにかかる費用
※保証がつくしプラン有
457万6,040円21万6,556円18万9,705円
支払・返済総額同上539万816 円535万3,565 円

 

最上位グレードを選ぶのであれば、現行型ノアの売りである最新鋭の駐車支援機能「アドバンストパーク」は追加したいところではないでしょうか。ハイブリッド車であればリモート機能も搭載されるので高額にはありますがかなり魅力のあるオプションです。

快適に使用できるためのオプションを52万円程度追加した場合、現金一括なら457万6,040円の乗り出し価格になります。カーローンでは返済総額が500万円を超えてくるので、できるだけ頭金を多く入れて総額を抑えることも視野に入ってきます

ノアの魅力とは?

車種画像バナー

大人数が快適に移動できる、ファミリーにぴったりのミニバンであるノア。現行型は2022年1月に登場し、最新鋭の技術を多数採用しています。ここでは、ノアの特徴について詳しくご紹介します。

セカンドシートの利便性・快適性が向上

ノアには7人乗りと8人乗りの設定があります。現行型では7人乗りのセカンドシートにはオットマン機構(2WDのみ)や折りたたみ式大型サイドテーブルなどが備わったキャプテンシートを採用し、よりゆったりとくつろげるようになりました。8人乗りのセカンドシートはベンチタイプの6:4分割チップアップシートを搭載しています。

なお、7人乗り、8人乗りのいずれでもセカンドシートは700mmを超えるロングスライドを実現しているのもポイントです。

家族みんなが乗り降りしやすい

パワースライドドア装着車はメーカーオプションで「ユニバーサルステップ」が選択可能です。これは助手席側のスライドドアの開閉と合わせてドア下部に自動で展開・格納するステップで、ステップ高は200mという低さを実現します。さらに左右のBピラーに子供や背が低い方でもつかみやすいロングアシストグリップを標準装備し、小さな子供から高齢者まで、誰もが安心して乗り降りできる乗降性の高さを確保しているのもノアの大きな魅力といえます。

最新鋭の安全技術を搭載

ノアでは多数の最新鋭の技術が採用されています。トヨタ初搭載の機能として注目を集めたのが「プロアクティブドライビングアシスト」。これは走行中に発生する事故のリスクをシステムが先読みし、減速支援や操舵支援を行うことでリスクに近付き過ぎず事故の原因を作らないようにサポートする機能です。

また、衝突被害軽減ブレーキである「プリクラッシュセーフティ」は検知対象を車両と歩行者、自転車運転者加え昼間の自動二輪車を検知対象に加えたほか、事故の危険が高い交差点での衝突回避または衝突被害の軽減にも対応し、より幅広いシーンで安全運転をサポートします。

「トヨタ チームメイト」の設定がある

トヨタの高度運転支援技術「トヨタ チームメイト」は、おもに「アドバンスト ドライブ(渋滞時支援)」と「アドバンスト パーク」で構成されます。

「アドバンスト ドライブ(渋滞時支援)」は高速道路で一定の条件を満たすとシステムが作動し、ステアリングから手を離しての運転が可能になる機能です。「アドバンスト パーク」は駐車時にスイッチを押すだけでステアリング、アクセル、ブレーキ操作をシステムがサポートしてくれるので、運転が苦手な方でも楽に駐車ができる優れもの

ハイブリッド車では「アドバンスト パーク」においてシフト操作もシステムがアシストすることに加え、社外から専用アプリの操作によって遠隔でノアの出庫や入庫ができるリモート機能も搭載されます。

高いレベルの燃費性能を実現

トヨタはハイブリッド技術に定評のあるメーカーで、ハイブリッド車の燃費性能の高さは特筆すべきものがあります。2022年1月のフルモデルチェンジではプラットフォームを刷新し軽量化・高剛性化したことに加え、電動モジュールを一新した新ハイブリッドシステムの搭載によりクラストップレベル(2022年1月、トヨタ調べ)の低燃費を実現しています。

見積もりは取った?乗ってみてどう?ノア利用者の口コミ

ノアの購入経験のある方の口コミをチェックしてみましょう。実際の利用者の声を聞くことで、ノアの見積もりを取る際にどういった点に気を付けるべきなのか、何がノアを選ぶ決め手になったのかなどが見えてきます。

Aさん:女性・50代前半・東京都在住
Aさん:女性・50代前半・東京都在住

燃費が良い車が欲しかったのでプリウスとノアで迷っていましたが、大人数が乗れることに魅力を感じてノアの「ハイブリッドS-G」を選びました。プリウスよりもノアのほうが短い納期だったのも決め手のひとつになりましたね。見積もりは3パターン取りましたが結局現金一括購入しました、今から思えば不要なオプションも含まれていたのでもうちょっと吟味して値下げ交渉も頑張ればよかったかな、と感じています。

Bさん:男性・50代前半・東京都在住
Bさん:男性・50代前半・東京都在住

車はノアをずっと乗り継いでいて、決め打ちという感じで見積もりも行きつけのディーラーに1パターンお願いしたのみでローン購入しました。室内に余裕がありながら大きすぎず運転がしやすいところが気に入っています。

Cさん:男性・30代前半:北海道在住
Cさん:男性・30代前半:北海道在住

知人のすすめでノア「ハイブリッドZ」に決めました。オプションでいろいろ迷ってしまい見積もりは3パターンを依頼。魅力的なオプションが多くてかなり悩み、予算とのバランスをとるのが非常に難しかった記憶があります。車にあまり詳しくないので正直ディーラーの言うまま、という感じでローン購入に至ったのですが、知人によるともっと交渉の余地があった、と言われてしまいました

Dさん:女性・30代・千葉県在住
Dさん:女性・30代・千葉県在住

ノアかヴォクシーかでだいぶん迷っていたのですが、内装などは大きく変わらないのにノアが安いので、ノアを選びました。グレード別に3パターン見積もりを取りましたが、同じグレードでオプションの組み合わせを変えた見積もりを取ればよかったかな、と思っています。燃費が良い点と荷物がたくさん載せられる点はとても良いですが、運転が楽しい!と思えるようなキレがないのがちょっと不満です。

燃費性能の良さやミニバンならではの居住空間の広さや積載性に魅力を感じる声がある一方、運転する楽しさについては疑問を感じる声もありました。またノアは追加できるオプションがかなり多くありますが最新のテクノロジーを採用しているものは高額なので、組み合わせを変えて数パターン見積もりを取って比較検討するのが良い、という意見も見受けられます。

ディーラーでノアの見積もりを取る際の注意点

ディーラーでノアの見積もりを取る際の注意点をイメージした画像

車のグレードやオプションは細かく設定されていてわかりにくいので、営業担当者にすすめられた内容で、そのまま見積もりを取ることも多いでしょう。しかし、前項でご紹介した口コミにもあったように、よく知らずに購入手続きを進めると、「値引き交渉をもっとすればよかった」「オプションを吟味すればよかった」と後悔することも。

そこで、見積もりを取る際に知っておきたいポイントについてご紹介します。

値引き交渉のコツを知っておく

車を購入する際、値引き交渉をしたいと考える方は少なくありませんが、コツを知らなければ希望の価格での購入は難しいでしょう。具体的には、以下の点に留意することが有効です。

  • セールの時期を狙う
  • 相見積もりを取る
  • 値引きの相場を調べておき、値引きの目標額を伝える
  • 購入したいという気持ちをアピールする
  • オプションや付属品で値引き交渉をする

値引き相場は一般的に、車両本体価格の10%前後といわれています。ただしノアは2022年1月に登場した比較的新しいモデルなので、極端な値引きは期待できないと考えられます。決算時やボーナス商戦時など、車種に関係なく安くなる時期を狙うか、直接の値引きではないけれどもオプションのサービスなどを狙うのもいいかもしれません。

グレードや組み合わせで制約のあるオプションがある

 ノアの見積もりを取る際には、グレードやオプションの組み合わせによる制約があることを知っておく必要があります。例えば、エントリーグレードでは、選べるオプションが限られていたり、ほかのオプションとセットでなければ選択できないオプションがあったりします。

またノアは複数の機能がセットになり数十万円する高額なオプションも少なくないので、あらかじめしっかり確認しておかなければ想定より費用がかさんでしまうケースもあるので気を付けましょう。

下取りの査定前に自分の車の相場を調べておく

すでに所有している車の下取りを考えている場合は、下取りの査定前に自分の車の相場を調べておくことをおすすめします。車の相場は、インターネットの中古車買取情報サイトで年式や走行距離を絞って調べられます。自分の車の下取り相場を知っていると、ディーラーから提示された下取り価格が適正かどうかを判断し、価格交渉をしやすいでしょう。

納期まで時間がかかる可能性がある

車を購入する際は、納車までの期間も重要です。 ノアの場合、全グレードで半年以上の納期が見込まれており、ガソリン車よりもハイブリッド車、2WDよりも4WDもしくはE-Fourの納期が長期化する傾向があります。また、グレードや装着するオプションの種類によってはさらに納期が長引くこともあります

リセールを意識してグレードやオプションを選ぶ

つけるオプションによって、将来のリセールバリューが大きく変わることがあります。ナビゲーションシステムや先進安全装備など、一般的に人気のあるオプションをつけていれば、高値でのリセールも期待できるでしょう。また、人気グレードは将来的に高く売れる可能性があります。

リセ―ルバリューから見ると、ボディカラーはホワイトやシルバーなどの定番色が高額な傾向があり、両側パワースライドドア搭載モデルが人気なので、グレードでいえば「Z」や「S-Z」の評価が高くなることが期待できます。オプションとしては「アドバンスト パーク」や「パノラミックビューモニター」などの運転支援に関するものがいいでしょう。

購入後の維持費も念頭に置いておく

車は、購入時だけでなく維持するにも費用がかかります。維持費には、各種税金、保険料、車検・メンテナンス費用、燃料代などがあり、車種や使い方によって大きく異なるという特徴があります。

ノアの場合、駐車場代や自動車保険(任意保険)料も含めて、トータルの維持費の目安は年間50~60万円前後。見積もりを取る際には、これらの維持費も念頭に置いて検討するようにしましょう。

ノアの新車に初期費用0円、維持費コミコミの月々払いで乗れる方法

カーリース会社がメーカーから車を調達し、利用者に貸し出す。利用者は毎月の定額料金を支払う図
カーリース会社がメーカーから車を調達し、利用者に貸し出す。利用者は毎月の定額料金を支払う図

新車のノアを購入するには、一般的にまとまった初期費用が必要です。見積もりをチェックして、想定よりも高額な乗り出し価格に驚く方も少なくないでしょう。

少しでも軽い負担でノアに乗りたいという方は、今人気のカーリースの利用を検討してみてはいかがでしょうか。カーリースなら、初期費用0円、維持費もコミコミの定額料金でノアに乗れます。以下で、カーリースのメリットについて詳しくご紹介します。

残価を差し引くからお得

カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図
カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図

カーリースとは、希望した期間、好きな車を定額制で利用できるサービスです。契約満了時の車の想定価値である残価を、あらかじめ車両本体価格から差し引いて月額料金を算出する仕組みなので、カーローンに比べて、車両本体価格の支払い分を抑えやすいという特徴があります。

税金や保険料など、必要な費用の総額を契約月数で割る仕組みにより、一般的にカーリースでは初期費用が不要です。また、契約満了時には車を返却するだけで手続きが完了。このように手軽に新車に乗れるカーリースは、年々人気が高まっています。

毎月定額で維持もラクラク

カーリースはずっと定額なので安心できるサービスでだと示すイラスト
カーリースはずっと定額なので安心できるサービスでだと示すイラスト

カーリースは、維持費をまとめて定額料金に含められるのも大きな魅力です。車を購入した場合には都度発生する税金や自賠責保険料などが、カーリースでは月額料金に含まれています。また、リース会社によっては車検・メンテナンス費用も定額化できます。車に関する出費の見通しが立てやすく、家計管理が楽にできるでしょう。

ノアにカーリースで乗るメリットを詳しく見る

ノアに乗りたい!カーリースとカーローンの見積もり比較

メリットの大きいカーリースでノアに乗る場合、負担はどのくらいになるのでしょうか。カーローンを組んだ場合の返済額と見積もりを比較してみましょう。

具体的には、人気のカーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」で、ノアを車検費用込みで5年契約した場合と、5年返済のカーローンを組んだ場合のシミュレーションをご紹介します。

〈見積もり比較表〉 X 2WD(7人乗り)※オプションなし

 カーリース
※5年契約
カーローン
※5年返済
初期費用-23万8,640円
※保証がつくしプラン有
月々の支払・返済額48,740円~53,800 円
初回:58,764円
自動車税(種別割)-36,000円(×4年)
車検法定費用
・自動車重量税
・自賠責保険料
・印紙代
53,260円
(車検1回分)
車検基本料(相場)60,000円
(車検1回分)
60,000円
(車検1回分)
メンテナンス費用0円~50,000円
(×5年)
0円~50,000円
(×5年)
5年間の支払・返済総額323万4,400円(概算)397万8,864円(概算)

※カーローンの初期費用、月々の返済額は、2023年8月20日時点のトヨタモビリティ東京公式サイトのシミュレーション(頭金・ボーナス払いなし)や情報を参照しています

上の表からは、カーリースはカーローンよりも月々の負担も総支払額も抑えられるお得な車の乗り方ということがわかります。また税金や車検代などの都度の出費を避け、ずっと定額で安心してノアに乗れる点もメリットといえるでしょう。

ただし、カーリースは通常、契約満了時に車を返却する必要があります。車を返却することにデメリットを感じる方は、最後に車をもらえるカーリースがおすすめです。

購入するより手軽にノアを持てる!今人気のサービスとは?

定額カルモくんは、残価精算なし、初期費用0円、頭金・ボーナス払いなし、契約年数やプランの選択肢が多いメリットだらけのサービスで専門家からも高い評価を得ているというまとめ図 今、手軽に新車を持てる方法として人気が高まっている定額カルモくんは、業界最安水準*⁴のカーリースです。カーリースでは一般的に車の使い方が制限されますが、定額カルモくんなら7年以上の契約に「もらえるオプション」をつければ、最後に車をもらえます。そのため、購入したときと同じように自由に車を使えます。

11年契約であれば、ノアの月額料金は 37,460 円から。専門家からも、コスパが良いと評判です*¹*²*³。また、顧客対応満足度も98.9%*⁵と高く、購入とカーリースのいいとこ取りができるサービスとして評価されています。実際の利用者の声も見てみましょう。

Oさん(スズキ「ハスラー」9年契約)
Oさん(スズキ「ハスラー」9年契約)

オンライン手続きで、納車までとにかく簡単に手間なく進んだので助かりました。これから子供の学費なども必要になる中で、毎月の負担が少なく、税金の支払いや車検代などで大きなお金の移動がないことがわかっているのも安心です。定額カルモくんで車を持てて、本当に生活がラクになりました。

Oさん(ホンダ「シャトル」11年契約)
Oさん(ホンダ「シャトル」11年契約)

車を買うとなると、中古車でも結構な出費を伴うことを知って、それならやっぱり新車が欲しいと思ったんですが、経済的に難しくてあきらめかけていました。そういうときに定額カルモくんのサービスに魅力を感じて、無理のない範囲で新車に乗れるのがいいなって。購入すると維持費が大変。カーリースだからこそシャトルに乗れているんだと思います。

このように、定額カルモくんを利用して希望の新車に乗っている方は多く、申込者数はサービス開始から5年で15万人を突破しています。

気になるノアをお得に持てるか、すぐにチェックしてみるのもおすすめです。下のバナーから仮の車種で試しておけば、通過後に車種やグレードの相談が可能。まずはお気軽にどうぞ。

リースと購入のいいとこ取り_お試し審査をしてみる

*¹*²*³ 【出典】調査方法:インターネット調査■調査期間:2022年12月15日(木)~12月19日(月)■調査概要:「カーリース」10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査■調査対象:男女、18-69 歳、全国、*¹ ファイナンシャルプランナー107s、*²カーリース利用経験者 231s、*³カーディーラー勤務者100s■調査実施:株式会社ドゥ・ハウス■比較対象企業:「カーリース」でのGoogle検索 検索上位10社(2022年12月13日15時時点) ※個人向けカーリースのみ ※記事、広告、まとめサイトを除く
*⁴ 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照
*⁵ 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

いろいろな見積もりをチェックして、ノアにお得に乗ろう

ノアの見積もりを取る際は、さまざまなグレードやオプションの組み合わせで比較したり、現金一括購入以外の方法も併せて検討したりすることが大切です。カーローンや残価設定ローン、カーリースなど、自分のライフスタイルに合った最適な選択をすることで、ノアにお得に乗れます。

カーリースの定額カルモくんでは、見積もりやプランなどについて、専門知識豊富なマイカーコンシェルジュが無料相談を受け付けています。好きな方法でぜひ気軽に問い合わせてみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

よくある質問

Q1:ノアの見積もりは?

A:ノアの見積もりシミュレーションの結果では、エントリーグレードの現金一括の乗り出し価格は290万8,640円で初期費用によって車両本体価格よりも24万円程度高額になりました。また、カーローンを利用すると乗り出し価格は20万円台後半に抑えられますが、支払総額は300万円を超えます。

Q2:ノアの魅力は?

A:ハイブリッド車はクラストップレベル(2022年1月、トヨタ調べ)の低燃費を実現していることや、最新鋭の安全技術を多数採用していること、小さな子供から高齢者まで誰もが安心して使用できるように随所に配慮が見られることなどがノアの魅力といえます。

Q3:ノアの見積もりを取る際の注意点は?

A:見積もりを取る際、値引き交渉のコツや、選ぶグレード・オプションによって納期やリセールバリューが異なることを知っておくと、予算や希望に合わせてノアを買いやすいでしょう。また、車を持つとかかる年間数十万円単位の維持費も念頭に置いて、比較シミュレーションすることが大切です。

※この記事は2023年8月2日時点の情報で制作しています

トヨタノアの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタノアの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる