カーローンは前倒しの繰上返済がお得!?前倒しする場合の注意点とは

カーローンは前倒しの繰上返済がお得!?前倒しする場合の注意点とは
カルモくんなら新車が

一般的にメリットが多いローンの前倒し返済ですが、カーローンではいくつかのポイントを押さえておかないと、結果的にむしろ返済総額が増えて損をしてしまうケースもあります。そこで、カーローンを前倒しで返済する際の注意点について、詳しくご紹介します。

【この記事のポイント】
✔前倒し返済は大きく分けて一部繰上返済と全額一括返済の2種類がある
✔カーローンの返済が半分以上済んでいる場合は前倒し返済の効果は期待できない
✔前倒し返済は場合によっては損をすることもあるので注意が必要

Group 19

カーローンの前倒し返済(繰上返済)のメリットとは?

カーローンの前倒し返済(繰上返済)のメリットとは?

カーローンに限らずローン全般にいえることですが、ローンの前倒し返済(繰上返済)にはいくつかのメリットがあります。どのようなメリットがあるのか、カーローンを検討する前によく確認しておきましょう。

ローン返済の総額を抑えられる

ローンは、借りている期間が長いほど利息の支払いがかさみます。逆に前倒しで早く返済してしまえば、その分の利息の総支払額をトータルで減らすことができます。これはカーローンでも同じです。

ほかのローンを組みやすくなる

ローンの借入限度額は、年収に占める年間の返済額の割合によってある程度設定されています。返済中のすべてのローンを合算して割合をみられるので、すでにカーローンを組んでいる状態でほかのローンに申し込む場合には、借入れ可能な金額が少なくなってしまいます。

そこでカーローンを前倒しで清算すると、ほかのローンの借入れを増やすことができます

例えば、住宅ローンには税控除の対象となるローンもありますが、カーローンは税控除の対象にはなりません。もし複数のローンを抱えていて借入限度額で悩んでいる場合は、カーローンを前倒しで返済することで、ほかのローンを組みやすくなります。

車の所有権を持てる

カーローンの返済中、車の所有権はディーラーなどの貸し手側になっている場合がほとんどです。しかし、カーローンを完済すれば、車の所有権を獲得でき、売却なども自由にできるようになります。

通常記事_コミコミ1万円バナー

カーローンを前倒し返済できるのはどんなとき?

カーローンには、大きく分けて銀行系ローンとディーラー系ローンがあります。いずれも利用者が好きなときに前倒しで返済できるカーローンがほとんどで、中古車購入のために組んだカーローンであっても、銀行系・ディーラー系ともに前倒しで返済できるのが一般的です。
ただし、前倒し返済ができる期間や回数には制限を設けている場合があります。また、次のようなケースでは、逆に貸し手側から一括返済を求められることがあります。

〈カーローンで一括返済を求められるケース〉

  • カーローンの返済中に車の売却や買替えを希望する場合
  • 廃車にする場合

廃車にする場合については、事故で全損するなどのやむをえない理由があれば、一括返済を猶予される制度を設けているカーローンもあります。

カーローンの前倒し返済には2種類ある

カーローンの前倒し返済の方法には、大きく分けて一部繰上返済と全額一括返済の2種類があります。

〈一部繰上返済〉
残債の一部のみを繰上げて返済する方法です。さらに一部繰上返済には、返済期間を短縮する期間短縮型と、返済期間は変えずに月々の負担を軽くする返済額軽減型の2種類があります。

〈全額一括返済〉
残債の全額を一括で返済する方法です。金利の支払いという点では、一部繰上返済に比べて前倒し返済のメリットがより高くなる半面、まとまった金額を準備する必要があります。

カーローンの前倒し返済の注意点は?

カーローンの前倒し返済の注意点は?

カーローンの前倒しでは、返済するタイミングによって総返済額が逆に増えて損をしてしまったり、前倒しの方法があらかじめ決められていたりする場合があります。そのため、カーローンの前倒しを検討する際にどのような点に注意しなければならないのか、事前に確認しておきましょう。

前倒し返済には効果的なタイミングがある

ローンの利息は元金に応じて計算されます。カーローンでも前倒しで返済して元金を減らすことで、利息総額が低くなります。
ただし、カーローンの返済がすでに半分以上済んでいる場合には、前倒し返済の効果はあまり期待できません。例えば、期間3年のカーローンなら、契約から1年以内に前倒しで一括返済すれば、大きなメリットがあります。
一部繰上返済をする場合でも、金利は重要です。一度になるべく多くの金額を返済するようにすれば、その分元金が減るので、利息の負担を減らせます。

手数料のかかる場合がある

銀行系でもディーラー系でも、カーローンの前倒しでは返済に手数料のかかる場合があります。手数料の額に特に決まりはありませんが、大手金融機関(大手銀行・地方銀行など)の場合で5,000円前後、中小金融機関(地方の小銀行・信用金庫など)では1,000~3,000円前後が相場のようです。
ただし、銀行系ローンでは前倒しの返済手数料を無料とうたっているものも多くあります。カーローンを組む前には、前倒しの返済に手数料がかかるかどうかも確認しておくといいでしょう。

また、ディーラー系ローンでは「返済時に応相談」として、前倒しの返済にかかる手数料を具体的に公表していない場合が多くあります。しかし、実際には大手ディーラー系のカーローンでは1回の前倒し返済ごとに手数料が30,000円と設定されているなど、銀行系カーローンよりも手数料はかなり割高な傾向があります。

前倒し返済の方法が決められている場合がある

前倒し返済の方法には一括返済と一部前倒し返済があると紹介しましたが、一括返済しかできないなど、前倒し返済の方法が決められている場合があります。一般的に銀行系ローンではいずれの方法も選択できることが多く、ディーラー系ローンでは一括返済しか認めないといったケースが目立ちます。

また、前倒し返済の回数が指定されていることもあります。一定の期間を過ぎると、そこから先は前倒し返済を認めない規定のある場合もあります。
これらの条件を考慮しないと、前倒しで返済することで逆に総返済額が増えて損をしてしまうこともあります。

前倒し返済で損してしまうのはこんなとき

前倒し返済で損をするケースには、次のような場合があります。

〈前倒し返済で損をするケース〉

  • 1回の返済手数料が高額なディーラー系ローンなどの場合、何回にも分けて前倒しで返済すると、金利の負担を減らして得をする金額よりも、手数料が上回ってしまう
  • ローンの残りの期間がわずかな場合、金利の負担を減らして得をする金額よりも、手数料が上回ってしまう

前倒し返済では、ローンの残存期間や手数料、返済する金額などに応じて、得になるか損をするかが違ってきます。事前に借入先と相談し、総返済額をシミュレーションしてもらうといいでしょう。

ローンの前倒しを考えている方も注目!カーリースとは

カーローンを利用している場合、どうしても金利の負担は避けて通れない問題です。一部繰上返済にせよ全額一括返済にせよ、判断を見誤ると大きな差となってしまう金利は、ローンを組んでいる方なら実感するところでしょう。
そのような金利の計算に頭を悩ませたくないと感じるなら、カーリースの検討をおすすめします。カーリースではお金を借りるわけではありませんので、そもそも金利という概念がありません
カーリースとは、契約者が希望する車をリース会社が代わりに購入し、月々の定額料金で貸し出してくれるサービスです。あらかじめ契約満了時の残価(下取り価格)を差し引いて利用料金を算出するというしくみなので、月額は安く抑えられ定額となります。
頭金・ボーナス払いも不要なので、初期費用もかけずにカーライフが始められるカーリースなら、もっとお得に新車に乗ることができます。

カーリースについて詳しく知りたい方は、こちらから

定額カルモくんなら前倒しに悩まずカーライフを送れる!

カルモくん_new

カーリースの中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん 」は、定額制というメリットを最大限に活かせる頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の支払いもなしのカーリースで日本一安い*¹定額料金を実現。さらに、独自プランや充実したサービスで顧客対応満足度98.97%*²を達成した、安くて信頼できるカーリースです。
カーリースといったら定額カルモくん。多くの方に選ばれる理由を見ていきましょう。

*¹ 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)
*² 2019年12月~2020年10月までの定額カルモくんご契約者様を対象としたアンケート。

定額カルモくんなら国産人気車種が毎月定額10,000円台から乗れる

国産メーカーすべての車種・グレードから選べる新車は120種以上。安全性能を装備した軽自動車や悪路走破性の高いSUV車など、個性豊かな車種の中から自由に選べます。利用料金は月額10,000円台から。毎月定額で金利の概念がないから、「お得」を実感できます。

長いローンよりおトクな定額カルモくんは7年以上の契約で走行距離制限なし

ローンの返済期間が長期に及ぶとそれだけ金利の負担がのしかかってきます。定額カルモくんでは長期の7年契約以上で走行距離制限がなくなります。走行距離も金利負担も気にすることなく、気楽に車に乗れるでしょう。

ローンを組まなくてもマイカーになる「もらえるオプション」

さらに7年以上の契約に月額500円をプラスするだけで、契約満了時にそれまで乗っていた愛車がそのままもらえる「もらえるオプション」をつけることができます。ローンの前倒しをしなくても、定額カルモくんでマイカーが持てるのです。

「もらえるオプション」&走行距離制限なしについて詳しくは、こちら

車がもらえる

〈「定額カルモくん」にはメリットがまだまだいっぱい〉
・頭金、ボーナス払いなし、月々定額の支払いだけで車に乗れる
・月額には自動車税(種別割)などの税金や自賠責保険料、登録諸費用が含まれている
・メンテナンスプランで車検代や消耗品の交換などの維持費をカバー
・無料の「お試し審査」でリース可能な車を簡単チェック、無料相談も可

ほかにも定額カルモくんの魅力はいっぱい!詳しくはこちらから

前倒し返済のポイントは2つ!

前倒し返済をする場合には、「早い時期に」「なるべく多く」行うことが重要です。前倒し返済をすれば得をするというイメージがあるかもしれませんが、場合によっては損をすることもあるので、注意が必要です。

ローンの金利負担から解放されたいと考えるならば、カーリースに切り替えるという方法を探ってみるのも得策かもしれません。カーリースは利用料の支払いなので金利という概念がなく、毎月定額のリース料だけで車に乗れるサービスです。そのため、まとまった出費を伴う前倒しを検討する必要なくカーライフを送れるでしょう。

よくある質問

Q1:カーローンを前倒しで返済するメリットは?

A:カーローンを前倒しで返済すると、金利の負担を少なくできるメリットがあります。早期に前倒しするほどそのメリットは大きくなり、逆にカーローンが残り少なくなってから前倒しをすると金利の負担分を手数料が上回って損をしてしまう場合があります。

Q2:カーローンの前倒し返済にはどんな方法があるの?

A:前倒しの方法には、一括返済と一部前倒し返済があります。銀行系・ディーラー系のカーローンとも、一般的に一括返済はできます。ただし、ディーラー系を中心に一部繰上返済はできない場合があるので、契約前によく確認しておきましょう。

Q3:カーローンの前倒し返済での注意点は?

A:カーローンごとに、前倒しで返済するための条件が設けられています。お金に余裕があるときに前倒し返済をしたいと考えているのなら、契約前に前倒し返済の条件についてもしっかり確認しておくことが必要です。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

通常記事_コミコミ1万円バナー