ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車のローンに保証人はいらない?必要な場合と保証人がいないときの対策を解説

車のローンを組むのに保証人が必要になるのはどんなとき?
車のローンを組むのに保証人が必要になるのはどんなとき?
分割で買える_新しい乗り方

ローンを組んで車を購入する場合、原則として保証人はいらないことが多いです。しかし、審査に通るのが難しいときに、ローン会社から保証人を立てるよう求められることがあります。そこで、保証人が求められるケースや保証人を立てられないときの対処法などを解説します。

また、総支払額を抑えてお得に車に乗る方法もご紹介します。新しい乗り方なら、保証人がつけられず車のローン審査が不安な方でも利用できる可能性があります。新しい乗り方について先に詳しく知りたい方はこちらからチェックしてみましょう。

  • 車のローンには、基本的に保証人はいらない
  • 審査に通りにくいと判断されると、連帯保証人を求められることがある
  • 保証人で悩むなら初期費用0円の車の新しい乗り方で新車に乗ろう

車のローンに保証人はいる?いらない?

車のローンに保証人はいる?いらない?

ローンを組んで車を購入する場合、一般的に保証人がいらないことが多いです。例えば、ディーラーが貸付けを行うローンを組む場合、原則として、完済するまで購入した車の所有権は契約者ではなくディーラーにあります。そのようなケースでは、車が担保となるため、保証人を求められることはあまりありません。

また、金融機関などのローンでは、保証会社の利用を前提に保証人を不要としているものがほとんどです。このようなローンでは、保証人を立てる代わりに保証料を支払って保証会社に保証人の役割を依頼します。保証料は銀行が負担するケースと、利用者が別途支払う必要があるケースに分かれるので、事前に確認しておきましょう。

連帯保証人が必要とされるのはどんなとき?

連帯保証人が必要とされるのはどんなとき?

車のローン審査では、そのままでは審査通過は難しいけれど、別の要素があれば審査に通過できるのではないかと判断されると、連帯保証人を立てるように提案されることがあります

具体的には、次のような状況が考えられます。

未成年である

民法では、未成年者がローンの契約をするときは法定代理人の同意が必要と定められています。そのため、未成年者が車のローンを組む場合は法定代理人の同意が必要です。なお、働いていて収入がある未成年者も法定代理人の同意が必要なので、注意しましょう。

収入が少ない

主婦や大学生、フリーターなどで収入が少ないと判断されると、連帯保証人を求められることが多いです。

収入が不安定とみなされる

勤続年数が短いときや、自営業者などで収入の安定性に不安があると判断された場合は、連帯保証人を求められることが多いです。

支払いの遅延歴がある

過去の支払遅延や自己破産などの事故情報は一定期間、信用情報機関で保管されていて、その内容は信販会社にも共有されます。そのため、過去に支払遅延や未納などの履歴があると、ほかの要素にかかわらず審査が不合格となることがあります。

ただ、少額の支払遅延歴などであれば、連帯保証人を立てることで審査に通過できることもあります。

返済比率が高い

返済比率とは、年収に占める年間の返済額の割合のことで、25〜35%が目安とされています。返済額がこの基準より高くなると、希望額での借入れができないことがあります。

なお返済比率は、組んでいるすべてのローンから算出するので、車のローン以外にも借入れがあるときなどは、連帯保証人を立てることをすすめられる場合もあります。

連帯保証人を立てずに新車にお得に乗る方法はこちら

保証人と連帯保証人の違いは?

保証人と連帯保証人の違いは?

銀行や信販会社などの金融機関や販売店から求められる保証人は、保証人ではなく「連帯保証人」です。

保証人と連帯保証人の大きな違いは、保証人は「本人が払えなくなった場合にのみ返済義務がある方」であるのに対して、連帯保証人は「本人(債務者)と同等の責任を負う方」である点です。

債権者から返済の請求を受けたとき、保証人であれば、まずは本人からの返済を求めることができ、本人に返済能力がある場合は債権者にその旨を伝えて支払いを拒絶することができます。しかし、連帯保証人が返済請求を受けた場合は、本人の返済能力の有無にかかわらず、応じなくてはいけません

連帯保証人の必要性を判断するための車のローンの審査項目とは?

連帯保証人の必要性を判断するための車のローンの審査項目とは?

車のローン審査で返済能力に問題がないと判断されれば、連帯保証人を立てなくてもローンを組むことができます。そのため、連帯保証人を立てずに車のローンを組みたい場合は、審査のチェック項目を把握して事前に対策しておくことが大切です。

ここでは、連帯保証人の必要性を判断するためにチェックされる審査のおもな項目をご紹介します。

収入

ローンの種類にもよりますが、年収200万円以上あるかどうかはひとつの目安といわれています。

属性情報

属性情報とは、年齢や職業、就業形態、勤続年数などのデータのことです。例えば、アルバイトや自営業者、派遣社員など、収入はあっても安定していないとみなされると、審査で不利になりがちです。また勤続年数が1年未満の場合も同様に審査に不利になる傾向があります。逆に3年以上であれば生活の安定性が高いとみなされることが多くなります。

信用情報

クレジットカードや携帯電話料金の支払遅延やキャッシングの返済忘れなどの履歴が信用情報機関に記録されていると、審査で不利になります。自身の信用情報に不安な点がある場合は、情報開示を求めてみましょう。

債務状況

車のローン以外に、クレジットカードのキャッシング、リボ払いなどの借入れがある場合、それらの債務状況が審査結果に影響することがあります。

車のローンを組む際、年収の25~35%という返済比率を目安にして、すでに借入れている分の返済を済ませておきましょう。

連帯保証人は誰に頼むべき?

連帯保証人は誰に頼むべき?

車のローン審査のチェック項目を確認しても自身の経済状況で通過できそうにない場合は、やはり連帯保証人を立てることも前向きに検討しましょう。

車のローン審査で連帯保証人が必要な場合、親や配偶者などに頼むよう求められるのが一般的です。しかし、ローン会社によっては、安定した収入があり信用情報にも問題がない20歳以上の成人であれば可とする場合もあります。連帯保証人となる方に求められる条件には、次のようなものがあります。

〈連帯保証人に求められる条件〉

  • 成人である(高齢者は不可)
  • 安定した収入がある(年金収入のみは不可)
  • 雇用形態や勤続年数が安定している
  • 5年以内に支払遅延をしていない
  • 5年以内に債務整理を行っていない
  • 10年以内に自己破産していない
  • 税金の支払いを滞納していない
  • 反社会勢力でない
  • 多重債務者でない など

連帯保証人を立てられないときはどうする?

保証人を立てられないときはどうする?

ローン会社などから保証人を求められても、場合によっては保証人を立てられないこともあるでしょう。そのような場合でも、以下の方法で利用できることもあります。

頭金を用意する

頭金を用意すれば、借入額を安く抑えることができるため、保証人をつけなくても審査に通過する可能性が高くなります。なお、頭金は、車の購入金額の20〜30%を目安に用意しておきましょう。

信販会社が提供するローンを利用する

借入先の会社によって、審査の基準は異なります。そのため、比較的、審査の基準がやさしいローンを選ぶことで、保証人を立てなくてもローンを組める場合があります。信販会社などが貸付けを行うディーラーローンは、銀行系ローンに比べると審査に通りやすい傾向があるといわれています。

車種を変える

車種を変えて借入希望額を少なくすれば、返済できると判断されやすくなり、保証人なしでも審査に通ることがあります。そのほかにも、同じ車種でグレードを下げたり、新車ではなく中古車を選択したりすることなどで借入希望額を下げるという方法もあります。

返済期間を長くする

ローンの返済期間を長く設定すれば月々の返済額を抑えられます。無理なく月々の返済ができると判断されれば保証人を立てなくて済むこともあります。ただし、返済期間を長くすると金利が高くなることで、総返済額が上がる可能性があるため注意しましょう。

車のサブスクを利用する

車を持つ方法として、車のサブスクリプションサービスを利用するという方法もあります。車のサブスクにも審査がありますが、車両本体価格から車返却時の残存価格(残価)をあらかじめ差し引くしくみがあるため、審査対象となる金額が下がることになります。ローンの審査に通らなかった方が、車のサブスクの審査には通ったという例もあります。

車の新しい乗り方として注目を集めている車のサブスクなら、購入するよりも気軽に車を利用でき、家計の負担も減らせます。詳しい内容は次項で解説します。

なお、車のサブスクの「おトクにマイカー 定額カルモくん」には、サブスクを利用できるか簡単に確認できる「お試し審査」があります。審査をしても契約にはならないので、気になる方は下のバナーから気軽にチェックしてみましょう。

気軽におためし審査

今話題の車のサブスク。業界最安水準の定額カルモくんについて詳しくはこちら

保証人がいなくても大丈夫。ローンよりもお得に車に乗る方法

保証人がいなくても大丈夫。ローンよりもお得に車に乗る方法

車に乗るために必ずしも車を購入しなければいけないわけではありません。「車のサブスク」を利用すれば、購入するよりも家計の負担を抑えて新車に乗ることができます。

車のサブスクとは、月々決まった利用料を支払うことで、利用者が選んだ新車をマイカー感覚で利用できるサービスです。車の購入とサブスクの違いを詳しく見ていきましょう。

車のサブスクのメリット

車のローンを組む際に保証人を求められても、身近に保証人になってくれる方がいない場合などもあるでしょう。頭金を多めに用意するなど、保証人を立てずにローンを組むための対処法もありますが、車のサブスクなら支払総額を抑えられることから、一般的にカーローンよりも審査のハードルが低いといわれています。

車のサブスクが総額を抑えやすい理由として、残価設定というしくみが挙げられます。残価設定とは、返却された際につくと想定される車の価格を、車両価格から差し引くしくみです。

車のサブスクの審査でも保証人を求められるケースもありますが、残価設定により総額を抑えられることから、保証人を立てなくても新車に乗れる可能性があるのです。

車を購入すると頭金などの初期費用がかかります。一方、車のサブスクでは初期費用が不要なので、貯金がなくても月々定額の支払いで新車に乗ることができます

車のサブスクとカーローンの月々の支払額・返済額を比較してみよう

車のサブスクとカーローンでは、乗り始めに必要な金額や毎月の支払額・返済額が異なります。どちらがお得になるのか、簡易的なシミュレーションで比較してみましょう。なお、ここでは車のサブスクは定額カルモくんの料金を例とし、車のサブスク、カーローンともに5年契約の際の支払額・返済額を比較します。

〈車のサブスクとカーローンの支払額・返済額比較(5年契約)〉*

 車のサブスクカーローン
トヨタ「ヤリスクロス(X“Bパッケージ” 2WD)」
179万8,000円
初期費用不要180,320円
月額料金または月々の返済額38,110円~37,100円~
税金
自賠責保険料
不要166,610円
ホンダ「N BOX(G FF)」
142万8,900円
初期費用不要93,570円
月額料金または月々の返済額26,010円~25,900円〜
税金
自賠責保険料
不要69,530円

(2021年12月14日時点の情報)

*車のサブスクは定額カルモくんで5年契約をした際の月額料金、カーローンはトヨタとホンダの各公式サイトでの返済期間5年の見積もり結果を提示し、「税金および自賠責保険料」は自動車税・軽自動車税(種別割)4年分と自動車重量税・自賠責保険料2年分で算出しています

月々の支払額では、カーローンのほうが一見お得に見えます。しかし、車のサブスクで初期費用や税金などの支払いが不要になるのは家計管理の面で大きなメリットです。

また、このシミュレーションでヤリスクロスの支払総額を計算すると、車のサブスクのほうが約28万円も安くなることがわかります。毎月の支払額がわずかに高額だとしても、総合的な負担の少ない車のサブスクのほうが魅力的といえるのではないでしょうか。

ローンの審査が不安な方におすすめ!サポート万全のサービス

カルモくん_new

ローンの審査が不安な方や保証人を立てずに車に乗りたい方には、車のサブスクの中でも業界最安水準の定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは初期費用不要で、税金や保険料が月額料金に含まれているので、諸々のわずらわしい支払いからも解放されます。審査が不安でも定額カルモくんなら安心といえる理由を解説しましょう。

まずは気になる車に月々いくらで乗れるのかチェックしてみましょう
こちらから、車種と最安月額料金の一覧を確認できます

審査が不安な方も気軽に相談できる

車のサブスクという新しいサービスに漠然とした不安を感じる方は少なくありません。そのような方に向けて、定額カルモくんでは、マイカーコンシェルジュによる無料相談を行っています。

無料相談ではローンとの比較やサブスクの心配事などのほか、車に関することなら何でも相談できます。審査前には審査に際して整理しておくべきポイントを、審査後には利用できる車種などを案内しているので、利用できるかどうか不安な方もぜひ相談してみましょう。
もちろん契約後にも何かあればすぐに問い合わせができます。

定額カルモくんは、このサービスで顧客対応満足度98.9%*という高い評価を得ています。マイカーコンシェルジュには契約前から何度でもLINEや電話、メールで気軽に相談できます。まずは不安に思っていることを話してみてはいかがでしょうか。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

手軽に試せる「お試し審査」から利用可能な車のアドバイスをもらえる

ローンでは、後から借入額を変えると再度審査が必要になるため、審査前に車を決めておかなければなりません。しかし、定額カルモくんの「お試し審査」なら、車種が決まっていなくても審査に通るか試せます。審査に不安がある場合は、まず一番安い車種で試してみるのがおすすめです。

お試し審査では、審査の後でも車種やプランの変更ができる上、どの車が利用可能かマイカーコンシェルジュと相談して決められます。審査に通らなかった場合でも見直すべきポイントのアドバイスがもらえるので、試して損はありません。下のバナーから一番手頃な料金の車のお試し審査が可能です。5分程度の簡単な入力で申込みでき、キャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

ローンの連帯保証人で悩むなら車の新しい乗り方を検討しよう

ローンの連帯保証人で悩むなら車の新しい乗り方を検討しよう

車のローン審査では、基本的に保証人がいらない場合が多いですが、審査で返済が難しいとみなされると連帯保証人を立てるように提案されることがあります。

保証人が立てられない場合でも、残価設定により総額を抑えやすい車のサブスクなら、保証人を立てなくても済む場合があります。気になる方は、まずは車のサブスクの審査を受けてみてはいかがでしょうか?

定額カルモくんのお試し審査なら、保証人がいらないプランの案内も受けられるので、審査が不安な方におすすめです。また、定額カルモくんは車のローン審査に通らなかった方でも利用できたというケースが報告されています。気になる利用体験談や審査の通過例についてはこちらから口コミをチェックしてみましょう。

よくある質問

Q1:車のローンを組むときに保証人が必要なケースは?

A: 主婦や大学生、フリーター、自営業者、非正規雇用者、勤続年数が短い方などは、収入が不安定と判断されて連帯保証人が必要になることがあります。また、年収に占める年間返済額の割合である返済比率が25~35%より高くなってしまう場合も、保証人を求められることが多いです。

Q2:保証人を立てられないときはどうする?

A:頭金を用意して借入額を抑えると、保証人を立てなくても審査に通過する場合があります。ほかには、銀行系ローンと比べて比較的審査の基準がやさしいとされるディーラーローンを選んだり、車種のグレードを下げたりすることで、保証人なしでもローンを組める場合があります。

Q3:ローン審査に通らなくても、マイカーを持つ方法は?

A:車の新しい乗り方として注目されている車のサブスクなら、初期費用がいらず月々決まった利用料を支払うことで、マイカーのように車に乗れます。中でも業界最安水準の「定額カルモくん」は、車がもらえるプランもあるのでおすすめです。

※この記事は2021年12月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
カーローンよりおトクに新車