カーローンの借り換えはお得なの? 借り換え方法とメリット・デメリットを解説

カーローンの借換えはお得なの? 借換え方法とメリットデメリットとは
車買い替えローン

カーローンを利用して車を購入している方の中には、金利が高く、毎月の返済が負担になっている方も多いのではないでしょうか。そのようなときには金利の低いカーローンへ借り換えることで、月々の負担を和らげることができます。

しかし、借り換えれば必ず得をするというわけではありません。そこで、カーローンの借り換え方法と、借り換えを検討する上で注意したいことなどをご説明します。

【この記事のポイント】
✔借り換え先のローン会社の選択は金利だけでなく総合的に判断することが重要
✔ローンの借り換えには手数料と現在の利息の総額などにも注視する必要がある
✔ローンの借り換えより今後の乗り方がお得になる方法もある

カーローンの借り換え方法とは?

カーローンの借換え方法とは?

カーローンの借り換えとは、現在融資を受けているカーローン会社とは別のカーローン会社で新たに契約を結び、その借入金で現在のカーローンを繰上返済することです。

られる金額は現在のカーローン会社の残債と同額で、完済によって現在のカーローン会社との契約が終了した後は、新しく契約したカーローン会社へ返済していくことになります。毎月返済が続くことに変わりはありませんが、元のカーローン会社より金利が低ければ返済総額が下がり、毎月の返済額も安くなります。

カーローンの借り換えを行いたいときには、おもに次のような手順で手続きを進めます。

〈カーローンの借り換え手順〉

  1. 借り換えたいカーローン会社で仮審査を受ける
  2. 現在借り入れているカーローン会社へ、繰上返済したい旨を伝える
  3. 借り換えたいカーローン会社の仮審査に通過したら、必要書類をそろえて申し込み、本審査を受ける
  4. 本審査に通過したら契約を結び、現在のカーローンの残債を繰上返済する

カーローンの借り換え先を選ぶポイント

カーローンの借り換え先を検討していると、つい金利にばかり目がいきがちですが、諸費用に着目することも忘れてはいけません。カーローンの新規契約や繰上返済では、事務手数料がかかったり、印紙代や振込手数料が必要になったりすることがあります

手数料の有無や金額はカーローン会社によって異なるため、事前に確認しておかないと、思わぬ出費になってしまうことがあります。

また、選んだカーローン会社によっては、新しい銀行口座を開設する必要があるなど、借り換え以外の手続きが発生することもあるので、借り換え先のカーローン会社は金利だけで決めずに、総合的に判断するようにしましょう。

カーローンの借り換えに必要な書類

借り換えであっても、借り換え先のカーローン会社では新規の契約として手続きを行うため、必要書類をそろえなおさなければなりません。その際、現在の借入状況がわかる書類も必要になります。
カーローンの借り換えで必要な書類には、おもに次のようなものがあります。不備のないように、事前にカーローン会社へ確認しておきましょう。

〈カーローンの借り換え時に必要な書類〉

  • 本人確認書類(免許証やパスポートなど)
  • 勤続年数が確認できる書類(健康保険証、ねんきん定期便、開業届など)
  • 所得証明書(源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告の控えなど)
  • 現在借りているローンの返済予定表
  • 現在借りているローンの返済状況がわかるもの(通帳のコピーなど)
  • 車検証の写し
  • 銀行の届出印

カーローン借り換えのメリットとデメリット

カーローン借換えのメリットとデメリット

現在のカーローンより金利の低いカーローン会社へ借り換えた場合、返済総額が下がり、月々の返済の負担が減るというメリットがあります。また、住宅ローンなどカーローン以外にも組んでいるローンがあるときは、ひとつの借入先にまとめることで、金利の優遇を受けられたり、管理が楽になったりするといったメリットも得られるでしょう。

その半面、新規のカーローンを組むことによる手間がかかったり、手数料などで一時的にまとまった費用が必要になったり、手続きが終わるまである程度の時間を要したりするなど、デメリットになることもあるため、メリットとデメリットの両方を考慮して、よく検討することが大切です。

カーローンの借り換えが向いているのはどんなケース?

カーローンの借り換えは、月々の返済額が下がる一方で時間や手間を要するなど、メリットだけでなくデメリットもあるだけに、状況次第では不向きのケースもあります。
カーローンの借り換えがどのようなケースに適しているかを見ていきましょう。

〈カーローンの借り換えが向いている方〉

  • 現在高い金利でカーローンを借りている
  • ほかのローンと借入先が違うなどで、毎月の返済に手間がかかっている
  • 年収がアップしたり、ほかの借入れが完済したり、現在のカーローンを組んだときより経済状況がよくなっている

〈カーローンの借り換えが向いていない方〉

  • カーローン以外に抱えている債務が多い、携帯電話使用料の滞納など、審査に通りにくい条件がある
  • 最近転職をした
  • 現在のカーローンを組んだときより年収が下がった

カーローンの借り換え時に確認するべき条件

多少の手間はかかっても総合的にメリットが見込めるようであれば、カーローンを借り換えたいという方も多いでしょう。ただ、状況によっては思ったほどのメリットを受けられなかったり、そもそも借入れできない条件だったりする可能性もあります。

借り換えを検討するときは、事前に次の点をしっかり確認するようにしましょう。

1. 借り換えの手数料と現在の利息の総額

借り換えに手数料などが発生する場合、現在組んでいるカーローンのまま返済を続けた場合の利息の総額と、新しいカーローンの利息の総額に手数料を合わせた金額に、どれくらいの差額が出るか試算してみましょう。

2. 金利タイプによるリスク

金利には固定金利と変動金利があります。契約時の適用金利が続く固定金利は、変動するリスクがない代わりに、変動金利より若干高めに設定されています。
一方、変動金利は固定金利より安い利率で借りられますが、金利が上がる可能性もあるので、その際には利息の総額が上がるリスクも考慮しておかなければなりません。

3. 現在の金利の方式

一般的な金利は、返済時の借入残高を基にその都度利息を算出します。しかし、あらかじめ借入額全額に対して利息を上乗せする「アドオン方式」の場合には、借入残高にも金利が含まれているため、借り換えをするとかえって損をしてしまうので注意が必要です。

4. 借入年数と利息のバランス

借り換えの際、新しいカーローンの返済期間を、現在のカーローンの残りの年数より長めに設定できることがあります。月々の返済額が下がるというメリットがありますが、返済期間が延びる分利息も増えるので、借入年数と利息のバランスを考慮する必要があります。

5. 車の所有者

原則として本人所有の車でなければカーローンの借り換えはできません。しかし、カーローン会社によっては、完済するまでディーラーや信販会社が車の所有者となっていることがあるため、まずは車の所有者が誰になっているか確認しましょう。

カーローンの借り換えを検討中なら「カーリース」がおすすめ

カーローンの借換えを検討中なら「カーリース」がおすすめ

カーローンの借り換えを検討していたけれど、カーローンを借り換えてもメリットがない、そもそも借り換えができないといった場合、カーリースという選択肢を視野に入れると、今抱えている問題をクリアできることがあります。

カーリースとは、カーリース会社が契約者のために購入した車を、リース料を支払ってマイカーのように利用する車のサブスクリプションサービスです。契約者が支払うのは返済のお金ではなく利用料で、購入資金を借りるカーローンのような金融商品ではないことから、金利という概念がありません。

そのため、金利の高さによって毎月の返済が家計に負担を及ぼしていたり、少しでも金利の低いカーローンへの借り換えに頭を悩ませたりすることなく、カーライフを楽しめます。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

カーローンからカーリースへの乗り換え方法

カーリースに乗り換えるには、現在乗っている車とローンを整理する必要があります。カーローンの借り換えを行わず、カーリースに乗り換える場合の方法を見ていきましょう。

●現在使用中の車を売却してからローンを完済する
まず、現在利用しているカーローンをカーリースに切り替えたいと考えた場合、カーローンを完済する必要があります。完済するには一括返済のための資金を用意しなければならないため、使用している車を先に売却し資金を作るといった流れが考えられます。売却で得たお金を一括返済の資金にあてるといった方法です。

●現在使用中のローンを完済してから車を売却する
一括返済の資金が用意できる場合、カーリースへの切り替えを選択すれば、先にローンを完済してから車を売却し、資金を取り戻すといった流れが考えられます。
上記と同様、現在使用中の車を売却する必要はありますが、いずれもカーリースに切り替えることで、金利の負担に悩まされることはなくなります

カーリースへの切り替えで車も新車に乗り換えられる

ご紹介した方法でローンからカーリースに切り替えた場合、売却した車の代わりに新車に乗れることになります。金利の低いローンに借り換えても、金利負担がなくなるわけではありません。その点、カーリースへ切り替えれば金利負担はなくなり、車の維持費も毎月定額の利用料に含めることができるため、お金の問題で頭を悩ませることも少なくなるといえるでしょう。

カーリースなら「おトクにマイカー 定額カルモくん」で決まり!

カルモくん_new

カーリースはリーズナブルに新車に乗れるサービスとして近年注目を集めています。中でもおトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の差額精算も不要の日本一安い*カーリースとして人気です。

月額料金には、自動車税(種別割)をはじめとする各種税金や自賠責保険料、登録諸費用が含まれています。
車のリースなので、金利の概念もありません。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして日本最安値(2021年3月定額カルモくん調べ)。

<定額カルモくんの特徴>

月額10,000円台から新車に乗れる
1年から11年のあいだで1年単位の契約が可能。11年契約では月額10,000円台から新車に乗れる

国産全メーカーすべての車種・グレードがラインナップ
豊富なラインナップの中からボディカラーやオプションを組み合わせて自分仕様の新車に乗れる

7年以上の契約で走行距離制限な
7年以上の契約で走行距離制限がなくなるから遠出のドライブも気軽に楽しめる

「もらえるオプション」で車がもらえる
7年以上の契約+月額500円で契約満了時に追加支払いなしで車がもらえる

充実のメンテナンスプランで維持費を定額化
車検点検料や法定12ヵ月点検、エンジンオイル交換などの維持費も月額定額化が可能

※定額カルモくんの魅力はまだまだたくさん!詳しくはこちら

カーローンの借り換えは条件がそろえばお得

カーローンの返済においては、金利負担の悩みはつきものです。金利の低いローンへの借り換えを検討する方も多いですが、手数料の有無や金利はカーローン会社によって異なるため、事前に確認しておかないと、思わぬ出費となってしまうことがあります。

ローンの借り換えだけでは、新たな金利負担と向き合うことになるため、必ずしも問題の解決にはつながらないケースも考えられます。そこで借り換えのタイミングでカーリースを検討してみることをおすすめします。思い切った決断になるかもしれませんが、カーリースなら金利の負担に頭を悩ませることもなくなり、新車で新たなスタートを切ることができます。

よくある質問

Q1:借り換えすれば絶対お得になる?

A:現在のカーローンと借り換え後のカーローンの金利や諸経費の有無などにより、お得にならないこともあります。

Q2:借り換えたほうがお得になるのはどんな方?

A:諸経費を差し引いても利息総額の差額がマイナスになる方や、経済状況が変わり現在のカーローンより好条件の借入れが可能になった方、ほかのローンとまとめることで金利優遇などを受けられる方はお得になるでしょう。

Q3:車の所有者が自分じゃなくても借り換えできる?

A:カーローンの借り換えは、原則として車の所有者本人のみに限られています。そのため、ディーラーなどが所有者になっている車のカーローンは、契約者が勝手に借り換えることはできません。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー