ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

銀行系自動車ローンはどこがいい?ディーラーローンとの違いや注意点も解説

銀行系自動車ローンはどこがいい?ディーラーローンとの違いや注意点も解説
新車が10000円台

自動車ローンは、金利だけでなくさまざまな視点から選ぶことが大切です。ここでは、銀行系ローンとディーラーローンの違いや賢い選び方と併せて、おすすめの銀行系自動車ローン5社をご紹介。また、自動車ローンを組むときの注意点も解説します。

  • 銀行系自動車ローンはディーラーローンに比べて金利が低い一方で審査は厳しい
  • 銀行系自動車ローンは最高金利や繰上返済手数料にも注意して選ぶことが大切
  • 定額カルモくんなら自動車ローンより負担を抑えて新車に乗れる

ローンよりお得に初期費用0円で新車に乗る方法はこちら

自動車ローンの種類と特徴

自動車ローンの種類と特徴

自動車ローンとは、車の購入費用を銀行やディーラーなどから借入れ、分割して返済していく支払い方法です。自動車ローンにはおもに、銀行系自動車ローン、ディーラーローン、残価設定ローンの3種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

●銀行系自動車ローン
銀行系自動車ローンとは、銀行や信用金庫などの金融機関が提供している自動車ローンです。銀行系ローンは金利が低く、審査は厳しい傾向にあり、融資までに手間と時間がかかります。一方で、車両代金だけでなく車関係の諸費用もカバーできるなど自由度の高さが魅力です。

●ディーラーローン
ディーラーローンとは、自動車メーカー系列のディーラーが提供するローンです。車の購入手続きと同時にローンの利用を申込めるため時間を節約したい方に向いています。銀行ローンよりも審査はやや通りやすい傾向にありますが、金利が高めに設定されているケースが多いです。

●残価設定ローン
ディーラーローンの一種で、数年後の予想下取り価格である残価を据え置くことで毎月の支払額を抑えるローンの支払方法です。ローンの最終支払い時には、車を返却して乗り換えるか、残価を支払って買い取るかを選択できます。

ただし、残価設定ローンには走行距離制限があるのが一般的で、車の状態によっては追加精算が発生することもあるため注意が必要です。

銀行系自動車ローンとディーラーローンとの違い

ここでは、比較されることの多い銀行系ローンとディーラーローンの違いを詳しく解説します。

金利

銀行系自動車ローンの金利は1%台前半~4%、ディーラーローンの金利は4~8%が相場といわれており、銀行系ローンのほうが低い傾向にあります。金利の違いで総支払額が大きく変わるため、予算が少ない場合はより金利の低い銀行系自動車ローンを検討すると良いでしょう。

なお、金利設定にはローン契約期間中の金利が変わらない固定金利と、市場に合わせて金利が上下する変動金利があります。銀行系自動車ローンは変動金利、ディーラーローンは固定金利を採用している場合が多い傾向です。

審査基準

ローンを組む際には必ず審査が行われます。明確な審査基準は公表されていませんが、一般的には銀行系自動車ローンのほうがディーラーローンに比べ審査が厳しい傾向にあります。

どちらのローンでも審査では収入の安定性や、滞納履歴などの信用情報、他社での借入額などをチェックされますが、銀行系自動車ローンでは年収や勤続年数、完済時の年齢の上限など申込み時点での制限を設けていることもあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

車の所有権

銀行系自動車ローンでは購入者本人に車の所有権があります。一方、ディーラーローンではローンを完済するまではディーラー側に車の所有権があります。これは車を担保としてローンの借入れを行っているためであり、返済が滞ると車を引き上げられることもあるため注意が必要です。

また、所有権のないディーラーローンでは、原則ローン完済前に車を買い替えることはできません

手続きの手間

銀行系自動車ローンでは、販売店で車の契約をしたあと改めて銀行に足を運んでローンの申込みを行わなければならない上、複数の書類をそろえる必要があったり、審査に1週間程度の時間が必要だったりと手間がかかります。

一方、ディーラーローンは車の購入時にそのままローンを申込めるため手続きが楽で、審査結果が当日中に分かることもあり時間もかかりません

簡単手続きでローンも不要!月々10,000円台から新車に乗る方法はこちら

銀行系自動車ローンとディーラーローンの返済総額の違い

銀行系自動車ローンとディーラーローンの返済総額の違い

ローンはなるべく金利が低いほうが利息の負担が少なく返済総額も安くなるといわれますが、金利の違いによって実際にどの程度返済総額が変わるのでしょうか。銀行系自動車ローンとディーラーローンそれぞれの金利相場で、5年間のローンを組んだ場合の返済総額をシミュレーションして比較してみましょう。

〈銀行系ローンとディーラーローンの返済総額シミュレーション(借入期間:5年)〉

借入金額100万円150万円200万円250万円300万円
返済総額銀行系自動車ローン
(金利3%)
107万8,090円161万7,146円215万6,212円269万5,282円323万4,333円
ディーラーローン
(金利6%)
115万9,939円173万9,916円231万9,905円289万9,885円347万9,876円
差額81,849円12万2,770円16万3,693円20万4,603円24万5,543円

※三井住友銀行 返済額試算シミュレーションより。本シミュレーションは借入期間5年、頭金・ボーナス払いなし、固定金利として試算した概算値です。実際の金額とは異なる場合があります。

シミュレーションの結果からわかるように、同じ金額・借入期間であっても金利の違いで返済総額が大きく異なります。金利が家計に与える影響の大きさが理解できるのではないでしょうか。

銀行系自動車ローンを選ぶときの5つのポイント

ディーラーローンよりも銀行系自動車ローンのほうが支払総額を抑えられることは、先のシミュレーションでも分かるとおりですが、銀行系自動車ローンの中でもよりお得な自動車ローンを選ぶためには、金利以外にも注意すべきポイントがあります。具体的な5つのポイントを解説します。

最高金利

ローン利用時は最低金利だけでなく最高金利も確認しておくことが重要です。ほとんどの銀行系自動車ローンでは、年利〇~〇%のように金利に幅を持たせて提示されていますが、最低金利にはさまざまな適用条件があるため思っていたほど低い金利が適用されない場合があります。

また、実際にどの金利が適用されるかは審査内容によっても変わるため、申込み時点では分かりません。

借入期間と上限額

自動車ローンの借入期間と借入上限額は各社で異なります。一般的な銀行系自動車ローンでは借入期間1~10年、借入上限額1,000万円程度に設定できるものが多い傾向ですが、中には上限額が低いものもあるので注意しましょう。

特に返済計画を立てるにあたって重要となるのが借入期間で、期間を長く設定することで毎月の返済額を抑えることが可能です。また、借入期間を短くして月々の返済額を大きくする代わりに利息の負担を抑え、支払総額を安く抑えることもできます。

手続きの利便性

銀行系自動車ローンでは契約の際に銀行に足を運ばなければならない場合が多く、手続きの手間がネックになりますが、最近の自動車ローンの中にはウェブ上で手続きを完結できるものもあります。このような自動車ローンなら銀行窓口の営業時間にかかわらず手続きができるため、平日に休みがとりにくい職種の方でも利用しやすいでしょう。

繰上返済の手数料

繰上返済とは、毎月の返済額とは別に借入額の一部を前倒しで返済することです。繰上返済を行うことで利息負担を抑えたり、完済時期を早めたりできますが、銀行系自動車ローンの中には繰上返済に手数料がかかるものがあります。

この手数料負担が大きいと繰上返済による利息の軽減効果が半減されてしまいます。繰上返済を予定している方は、繰上返済手数料無料の自動車ローンを選ぶと良いでしょう。

お得なキャンペーン

銀行系自動車ローンでは、期間限定や対象者限定でお得なキャンペーンを行っていることがあります。例えばローンを組むのと同じ銀行の口座を給与振込口座として利用していたり、住宅ローンを契約していたりすると金利が優遇されるなどです。

なお、このような条件に当てはまらなくとも、期間限定で低金利が適用されるキャンペーンを行っている場合もあるため、チャンスがあれば逃さず利用するのがおすすめです。

おすすめの銀行系自動車ローン5社

おすすめの銀行系自動車ローン5社

ここでは、低金利の銀行系自動車ローンの中でも特におすすめの銀行系自動車ローン5社をご紹介します。先述した5つのポイントにも注目して見ていきましょう。

横浜銀行「マイカーローン」

〈利用条件〉

金利0.9~2.4%
借入上限金額1,000万円
借入期間1年以上10年以内
金利タイプ変動金利
繰上返済手数料5,500円(ネットバンキングでの手続きなら無料)
その他神奈川県、東京都、群馬県(一部地域のみ)のいずれかに
在住または勤務の方のみ利用可

 

横浜銀行が提供するマイカーローンは、圧倒的な低金利とWeb上で手続きを完結できる利便性の高さが特徴です。横浜銀行に口座を持っていない場合でもアプリから口座開設手続きができる上、ネットバンキングの利用で繰上返済手数料が無料になるなどメリットが多く、対象地域にお住まいの方は第一に検討したいローンです。

三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」

〈利用条件〉

金利1.5※~2.975%
借入上限金額1,000万円
借入期間6ヵ月以上10年以内
金利タイプ変動金利
繰上返済手数料5,500円(ネットバンキングでの手続きなら無料)
その他事前審査結果の回答が最短即日

※2021年9月現在適用のキャンペーン金利

三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は、メガバンクならではの安定感と低い水準の金利を兼ね備えたバランスの良さが魅力です。申込みから契約までの手続きはすべてWebで完結できる上、事前審査の結果が最短即日、本審査の結果は最短2営業日後に分かるなど、スピーディーなローン契約が可能となっています。

千葉銀行「マイカーローン」

〈利用条件〉

金利0.85※~2.55%
借入金額1,000万円
借入期間6ヵ月以上10年以内(6ヵ月単位)
金利タイプ変動金利
繰上返済手数料5,500円(ネットバンキングでの手続きなら無料)
その他千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県(一部地域のみ)の
いずれかに在住または勤務の方のみ利用可

※2021年9月現在適用のキャンペーン金利

千葉銀行が提供するマイカーローンでは、利用条件によって金利の割引きを受けられます。ハイブリッド車の購入やゴールド免許証の提示で店頭表示金利より一律0.10%割引など、条件に当てはまればお得に利用できるでしょう。Webで手続きが完結する利便性の高さも魅力です。

関西みらい銀行「関西みらいマイカーローン」

〈利用条件〉

金利1.20※~3.80%
借入金額1,200万円
借入期間6ヵ月以上10年以内(6ヵ月単位)
金利タイプ変動金利
繰上返済手数料無料
その他金利2.95%~4.20%の固定金利タイプも選択可能

※2021年9月現在適用のキャンペーン金利

関西みらいマイカーローンは、借入上限金額が1,200万円と高額なため高級車の購入にも利用可能で、ガン保証付き団体信用生命保険にも加入できます。また、同行の住宅ローンを利用している方は金利が0.5%割引となるため、ローンをひとつの銀行にまとめたいという方には非常にお得です。

損害保険ジャパン「ジャパンダ・ネットマイカーローン」

〈利用条件〉

金利1.90~2.95%
借入金額1,000万円
借入期間6ヵ月以上10年以内
金利タイプ固定金利
繰上返済手数料4,950円
その他Web上で申込み可能だが契約書類は郵送する必要がある

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンは、低金利のローンとしては珍しい固定金利タイプのローンで、安定感を求める方におすすめです。適用される金利は借入金額や借入期間に応じて異なり、契約期間が短いほど低い金利が適用されます。繰上返済には手数料がかかるため、繰上返済をしない場合の候補になるでしょう。

ご紹介した銀行系自動車ローンはいずれも最低水準の金利で、Webでの手続きが可能な利便性の高いものばかりです。総支払額を抑えるためにはできるだけ低金利のローンを選ぶことが重要ですが、金利の適用条件は各銀行で異なるため自身の当てはまる条件をよく確認し、利便性なども考慮して支払い計画に見合ったものを選びましょう。

自動車ローンを利用する際の注意点

自動車ローンを利用する際の注意点

自動車ローンは手元にまとまった資金がなくても車を購入できる便利なサービスですが、利用する際には注意すべき点もあります。利用を申込む前に以下の注意点をよく確認しておきましょう。

頭金は必要か

車の購入には、車両代金だけでなく税金や各種手数料などの初期費用がかかります。銀行系自動車ローンならこういった初期費用もローンに組み込めるため頭金不要で車を購入できることが多いですが、条件によっては希望額の満額を借入れられず、頭金が必要になる場合があります。

なお、頭金を入れることで利息の負担を抑えたり、審査を有利に進めたりできる可能性があります。資金に余裕があれば頭金を入れることを検討しても良いでしょう。

無理のない返済計画が立てられているか

自動車ローンの返済は数年にわたって続くため、月々の返済額を無理なく支払える範囲に収めることが重要となります。まずは今現在の家計をしっかり把握したうえで、子供の教育費など将来必要な資金も見通してローンを組むようにしましょう。

また、車には維持費もかかるため、毎月ギリギリの返済額でローンを組んでしまうと、税金の支払いや車検、メンテナンスなどを受けるための資金が足りなくなるおそれがあります。返済計画を立てる際にはネット上の返済シミュレーションも利用しながら、ゆとりを持ったプランを考えましょう。

審査基準をクリアしているか

審査をクリアしなければ自動車ローンを利用できません。自動車ローンの明確な審査基準は公表されていませんが、概ね年収200万円以上、勤続年数1年以上であることが審査に通る最低限の目安となります。また、過去に滞納を繰り返している場合、信用情報に記録が残っており審査に通らないこともあるため注意が必要です。

一般的にはローンの借入額が年収の3分の1程度であれば審査に通る可能性が高いといわれています。

ローン返済中に車の売却は可能か

ローン返済中に車を売却できるかどうかは車の所有権に関係しており、ディーラーローンの場合は利用者側に車の所有権がないため、車を売却する際はローンを完済する必要があります。

一方、銀行ローンの場合は利用者側に所有権があるため、売却しやすいのがメリットです。ただし売却の際には銀行に連絡が必要なこともあるので、ローン契約の前に確認しておきましょう。なお、銀行系自動車ローンの中には前の車の残債と新しい車の購入費用をまとめて借入れできるものもあります。

自動車ローンよりお得に車に乗る方法

自動車ローンよりお得に車に乗る方法

無理をして自動車ローンを組むと、生活費をやりくりする上での大きな負担につながります。低金利の銀行系自動車ローンなら比較的負担額を抑えられますが、今注目を集めるカーリースなら、車に関する負担をあらゆる面で抑えることが可能です。自動車ローンと比較したカーリースの特徴をご紹介します。

カーリースなら頭金不要で車両価格の負担も少ない!

カーリースとは、毎月定額の利用料をリース会社に支払って新車を借りるサービスです。カーリースの月額料金には車両価格だけでなく税金や自賠責保険料、各種手数料などの初期費用がすべて含まれているため、頭金0円で車に乗り始められます

また、カーリースは車両価格から契約満了時の車の予想下取り額である残価を差し引いた料金を分割払いするしくみのため、車両価格すべてを支払うローンに比べて負担する金額を抑えられます

維持費も定額で家計の負担を楽に

カーリースの利用料には毎年かかる自動車税(種類別)や、車検時に必要な自動車重量税、自賠責保険料なども含まれているうえ、プランによっては車検点検費用やメンテナンスの費用も料金に含めることが可能です。そのため、急な出費に慌てる必要がありません。

維持費を定額にできるため車の費用が見通しやすく、家計管理の負担を楽にできるのがカーリースの大きな魅力です。

定額カルモくんならローン不要、月々10,000円台から好みの新車が選べる!

カルモくん_new

ローンを利用せずとも、負担を最小限に抑えて新車に乗り始められるのがカーリースの特徴ですが、数あるカーリースの中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、月々10,000円台からのお得な料金で国産メーカーの全車種、全グレードの新車を選べます。安いだけでなくサービス内容も充実している定額カルモくんの魅力をご紹介しましょう。

日本一安い*定額料金だから支払い計画が立てやすい!

定額カルモくんは頭金・ボーナス払いなしの完全定額制で日本一安い*料金で新車に乗れます。また、最長11年までの契約期間の中から1年単位で自由に契約期間を選択でき、予算やライフプランに合わせて無理のない支払プランを作ることが可能です。

さらに、7年以上の契約なら走行距離制限がなくなる上、月額500円の追加費用で契約満了時に車をもらえるプランも選べます。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

メンテナンスや車検もお任せ!

定額カルモくんには選べるメンテナンスプランが用意されており、車検代やメンテナンス費用も毎月の定額料金に含められるので、車の維持費を心配する必要がありません。メーカーと同等の保証が契約期間中ずっと続くプランもあり、車に長く乗る際にも安心です。

また、車検やメンテナンスは全国30,000店以上の提携店で受けられるので、いつでも安全な車を維持できます。

メンテナンスプランについて詳しく知りたい方はこちら

手続きはネットで簡単、便利!

定額カルモくんのホームページでは詳細なリースプランをシミュレーションできます。気に入ったプランが見つかればそのままWeb上で申込みができ、契約から納車まですべて自宅にいながら手続きが可能です。時期によってはお得なキャンペーンも行っているのでチェックしてみましょう。

なお、Web上では審査に通るか気軽に試せる「お試し審査」も行っています。審査後のキャンセルも可能なので、ローンかリースかで迷っている方もぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

まずは審査

自動車ローンとカーリース、賢く選んで家計の負担を抑えよう

金利の低い銀行系自動車ローンを選べば、利息負担を軽くできます。しかし、高額な車のローンは家計に大きな負担をかけてしまう原因になり、税金やメンテナンスなどの費用はその都度用意しなくてはなりません。

車の所有にこだわらないのであれば、毎月の定額料金のみで気軽に利用できるカーリースを選ぶのも賢い選択です。定額カルモくんなら日本一安い*料金で新車に乗れる上、選べる車種も豊富なので、負担を抑えて理想のカーライフを実現することができるでしょう。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

よくある質問

Q1:銀行系自動車ローンとディーラーローンの違いは?

A:銀行系自動車ローンはディーラーローンに比べ審査が厳しいものの、金利が低く総支払額を抑えやすい傾向にあります。一方、ディーラーローンは手続きに手間がかからず、利用しやすいことがメリットです。

Q2:銀行系自動車ローンはどう選べばいい?

A: 支払総額を抑えるためには金利が低いものを選ぶことが重要です。最低金利だけでなく最高金利にも注目しましょう。また、借入期間や繰上返済手数料、お得なキャンペーンなども考慮したうえで、自身の支払い計画に見合うものを選ぶといいでしょう。

Q3:自動車ローン以外にも負担を抑えて新車に乗る方法はある?

A:カーリースならローンを組まなくても少ない負担で新車に乗れます。定額カルモくんなら国内メーカーすべての車種・グレードから新車を選べ、月々10,000円台からの無理のない支払プランを作ることも可能なため家計の負担を大幅に抑えられます。

※この記事の情報は2021年10月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
ローンを組まなくても