ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

中古車ローンはブラックリストの人でも組める?審査のポイントなどを解説

中古車ローンはブラックリストの人でも組める?審査のポイントなどを解説
中古車ローンはブラックリストの人でも組める?審査のポイントなどを解説

ブラックリストに載ってしまうと、車のローン審査には通過しにくいと言われています。しかし、ブラックリストに載っている方でも価格の安い中古車であれば、ポイントを抑えることでローンの審査に通過できる可能性があります。

ここではブラックリストに載っている方でもローンの審査を通過するためのポイントや、ローンを組めない場合の対処法について解説します。また、購入せずに車に乗る方法も見ていきましょう。

ローンを組まずに車を持てる方法を見る

  • ブラックリストに載ると中古車ローンを組むのは難しい
  • 中古車ローンに通過するためには信用情報を確認するなどいくつかポイントがある
  • ブラックリストに載ってしまっても車に乗れる方法がある

ブラックリストに載っていても中古車ローンは利用できる?

ブラックリストに載っていても中古車ローンは利用できる?

ローン審査の際には、信用情報の確認が行われます。そのため、信用情報に問題がある状態を意味する「ブラックリストに載っている状態」では、ローン審査に通過するのは難しいでしょう。

新車に限らず、価格の低い中古車ローンであっても同様に、審査に通過する可能性は低いと考えられます。

各ローン会社の審査基準は明かされていませんが、審査の難易度は異なるため、選ぶローンによっては審査に通る可能性がまったくないというわけではありません。

例えば、自社ローンのように信用情報機関に照会を行わないものであれば、現在の返済能力が審査対象となるため、審査に通る可能性があります。必ずしも通過するとは限りませんが、ローン審査に不安を抱えている方は、比較的審査に通りやすいといわれているローンを選ぶといいでしょう。

車を持てるか、まずは試してみる

返済やローン審査が不安な方は、審査に通りやすいといわれている、頭金なし・利息なしの月10,000円台からの「おトクにマイカー 定額カルモくん」の「お試し審査」で、車を持てるか確かめてみてはいかがでしょうか。車を持つ方法のひとつとしてお気軽にどうぞ。

気軽におためし審査

ブラックリストに載ると中古車ローンの通過が難しくなるのはなぜ?

ブラックリストに載ると中古車ローンの通過が難しくなるのはなぜ?

ブラックリストに載っている状態とは、信用情報に問題があることを意味します。「信用情報」とは信用情報機関に登録されている「個人の信用情報」のことであり、ローンやクレジットの利用状況が記録されています。

ブラックリストに載る具体例としては、債務整理や支払いの滞納をした場合などが該当します。

審査の際、ローン会社は申込者の信用情報を照会し、返済能力の有無を確認します。そのため、債務整理や延滞などの記録が残っている信用情報に問題がある状態では、貸倒れのリスクが高いと判断される可能性が高く、審査に通過するのは難しくなります。

中古車ローンにおいても例外ではなく、審査の際にブラックリストに載っている場合には、審査に通過しづらいと考えておきましょう。

審査に不安があっても車を持つ方法を知りたい方はこちら

 

ブラックリスト入りしてしまう原因

ブラックリスト入りしてしまう原因

ブラックリスト入りしてしまう原因はおもに4つ考えられます。

ブラックリストには、自分が気づかないうちにリスト入りしていることもあるため、不安がある方は中古車ローンの審査に申し込む前に信用情報の確認をしましょう。

債務整理や自己破産をした

債務整理や自己破産、個人再生をした場合はブラックリストに記載されます。

債務整理や自己破産はいずれも借りたお金を返済できなくなり、債務の減額や返済義務の免除をしてもらう手続きのことなので、金融事故としてブラックリスト入りすることは避けられません。

なお、ローン完済済みの状態であれば、過払金請求を行ってもブラックリスト入りすることはありません

ローンやカードの返済の長期間滞納した

ローンの返済やクレジットカードの支払いを長期間滞納するとブラックリストに載ってしまいます。

一般的に、返済や支払いを2〜3ヵ月滞納するとブラックリストに載るといわれています。支払い期限を少しだけ過ぎてしまったくらいであれば、ブラックリストに載らない可能性もありますが、明確にどの程度でブラックリストに入るという情報は公開されていないため、支払い遅れには十分に注意しましょう。

短期間で複数のローンの申込みをした

信用情報機関では、ローンやクレジットカードの申込み情報についても記録されます。
短期間に複数のローンに申し込んだ場合には、お金に困っており貸倒れリスクが高いと判断される可能性があり、審査通過が難しくなります。

なお、短期間で複数のローンに申込みをしていることが原因で審査に通過できなくなることを「申込みブラック」と呼ぶこともあります。
短期間に複数のローンに申し込むことは避け、直前のローン申込みから期間をあけて、新たなローンの申し込みをしましょう。

スマホ本体の分割払いを滞納した

スマホ本体を分割払いで購入している方も少なくありませんが、分割払いの料金を滞納している場合はブラックリストに載ってしまいます。

毎月支払う携帯電話料金には、スマホ本体の分割払い分が含まれているケースが多いため、携帯料金の支払いを滞納したことがある方は注意が必要です。

中古車ローンの利用は難しいと感じている方はこちらもご覧ください

ローンを組まずに新車に乗る方法

ブラックリスト入りの可能性があっても中古車ローンを利用するには?

ブラックリスト入りの可能性があっても中古車ローンを利用するには?

すでにブラックリストに載っている場合は中古車ローンの審査に通過することは難しいですが、そうではない場合には、ポイントを押さえることで審査に通る可能性を上げられる場合もあります。

中古車ローンの審査を申し込む前に確認しておきたいポイントを解説します。

信用情報を事前に確認する

何かの支払いを滞納、もしくは債務整理をした経験のある方は、中古車ローンの審査を申し込む前に自身の信用情報を確認しましょう。

信用情報に滞納や債務整理などの金融事故情報が残っていると、中古車ローンに通過する可能性が低いため、事前に金融事故の情報が残っていないことを確認することが大切です。

信用情報は信用情報機関で開示請求を行うことで確認できます。信用情報機関は3つあり、それぞれの開示方法と手数料は以下のとおりです。

〈各信用情報機関の開示方法と手数料〉

信用情報機関名 インターネット 郵送 窓口 
CIC ○(1,000円) ○(1,000円) ○(500円)※ 
JICC ○(1,000円) ○(1,000円) ○(500円)※ 
KSC ○(1,000円) ○(1,124円~1,200円) × 
※CIC、JICCの窓口は休止中(2022年11月18日時点)

なお、手数料の支払い方法や具体的な開示手順などは信用情報機関により異なります。各信用情報機関のホームページを確認しましょう。

購入する中古車の価格を安く抑える

中古車ローンの審査に通過する為には、車の購入価格を可能な限り少額に抑えることも大切です。車の購入価格が低ければ、ローンの対象となる金額も低くなるからです。
ローン対象額が低いほど、ローン会社の貸倒れリスクも減るため、審査に通過しやすくなる傾向があります。

より安い中古車を選ぶ、必要ない装備を削る、値引き交渉を行うなど価格を抑える方法を検討しましょう。ただし、価格だけを重視することで、品質の悪い中古車を購入してしまわないように注意が必要です

頭金をできるだけ多く用意する

中古車をローンで購入する場合には、可能な限り頭金を多く用意してローン審査に申し込みましょう。
頭金を多く入れるほど借入希望額が低くなり、ローン会社にとってリスクが低くなるため、審査に通過しやすくなります。

頭金は購入金額の2割から3割が一般的な目安です。多めの頭金を用意することは審査に有利になりますが、生活に支障のない金額にすることが大切です。

良い情報を信用情報に蓄積する

信用情報に良い情報を蓄積することで、中古車ローンの審査通過に有利になる可能性があります。
信用情報には、滞納や自己破産などの情報だけでなく、入金日や残高金額などの支払い状況も記録されています。そのため、ローンやクレジットカードの支払いを滞りなく行っていることも信用情報によって分かります。

現在借入れしているローンやクレジットカードの支払いをしっかり行うことや、完済することなどで信用情報に良い情報を蓄積していきましょう。

中古車ローン以外にローンを組まない

他社からの借入れやローンの返済額が多いほど求められる返済能力が高くなるため、収入によってはローン会社にとって貸倒れリスクが大きいと判断されやすくなります。そのため、中古車をローンで購入する場合には、中古車ローン以外のローンを組まないようにすることが大切です。

ローン審査に不安がある方は、必要最低限の借入れやローンに留め、総借入額が大きくならないようにすることが審査において大切なポイントとなります。

なお、ローン審査に不安がある場合は、カーリースの利用も検討してみましょう。カーリースはカーローンに比べて審査対象となる金額を下げやすいことから、審査のハードルを下げられる可能性があります。

​カーリースの審査に通るかどうかは「お試し審査」で確かめることができます。結果を確認した後でもキャンセルできるので、下のバナーから気軽に試してみましょう。

車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる

ブラックリスト入りの可能性があるなら中古車ローン以外の方法も検討しよう

ブラックリスト入りの可能性があるなら中古車ローン以外の方法も検討しよう

ブラックリストには載っていないもののローン審査に不安があるという方は、中古車ローン以外の方法も検討してみましょう。中古車ローン以外の方法で車を所有する方法を3つ紹介します。

現金で中古車を購入する

現金一括で中古車を購入すれば、ローン審査の心配はありません。中古車であれば新車と比べて購入価格が安く抑えられるため、現金一括でも購入しやすいでしょう。ローン利用時に必要な利息を支払う必要がないのもメリットです。

ただし、現金で購入するにはまとまった金額が必要です。車両本体だけでなく、初期費用も必要となります。無理して現金払いで購入すると、その後の生活が苦しくなってしまう可能性もあるので、慎重に検討しましょう。

レンタカーやカーシェアリングを利用する

レンタカーやカーシェアリングであれば、ローン審査や初期費用、車の維持費などが必要なく、自分が利用したいときに利用したい時間だけ車を借りることができます。

ただし、利用するたびに予約が必要で、車が空いていなければ借りられない場合もあります。さらに利用後は所定の場所に返却が必要になるため、利用頻度が高く自由に乗りたい方には向いていません
レンタカーやカーシェアリングは利用頻度が少ない方に向いているサービスです。

カーリースを利用する

カーリースとは、契約時に定めたリース期間中、月々定額のリース料金を支払うことで車に乗れるサービスです。車を利用するたび予約したり返却したりする必要がなく、マイカーのように自由に乗ることができます。

また、カーリースでは月々の料金に自動車税など維持費の一部が含まれているため、納税や車検の時期にまとまった費用を用意する必要がない点もメリットです。

カーリースにも審査はありますが、中古車ローンに比べて審査のハードルが低めと言われているため、中古車ローンの審査に通過できない場合などに利用を検討するといいでしょう。

カーリースならまとまった費用の必要なし!

ローンより楽に新車に乗る方法_審査に通るか調べてみる

中古車ローンに不安があっても車を持つ方法

カーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが、2023年1月までで申込者数15万人を突破し、人気上昇中であることを表す図

車に乗る方法は購入するだけではありません。好きなタイミングで自由に乗りたかったり、利用頻度が高かったりする場合には、カーリースがおすすめです。

カーリースにはさまざまなサービスがありますが、「​おトクにマイカー 定額カルモくん」は業界最安水準のカーリースで、新車でも月々10,000円台から車を利用できるので、審査対象の金額を抑えやすくなります。サービス開始から5年で申込者数15万人を突破した人気のサービスです。

ブラックではないものの、実際にカーローンの審査に通過できなかった利用者の方もいます。

カーローン審査に落ちてもカーリースを利用できた方の声

たとえブラックリストに載らなくてもローンの審査に落ちてしまうことはありますが、それでもカーリースを利用できた方はいます。
カーローンの審査に落ちてもカーリースが利用できた方の実際の声をご紹介しましょう。

「月々の支払いが安いので審査に通過できたのかも」

Kさんはカーローンが組めず車を購入できませんでしたが、定額カルモくんの審査は通過してカーライフを手に入れることができました。

Kさん・40代 定額カルモくんでダイハツ「ムーヴ」を利用中
Kさん・40代 定額カルモくんでダイハツ「ムーヴ」を利用中

​​​​一度だけ携帯電話の支払いを忘れたことがあって、そのせいなのか車のローンが組めなかったんです。定額カルモくんは、ローンよりも月々の支払いが安くなるから審査に通りやすかったのかもしれないですね。

「月額料金が変わらないのがポイント」

審査に不安があったKさんは、カーリースの審査に通過してびっくりしたそうです。月額料金が変わらない点も満足しているようです。

Kさん・60代 定額カルモくんでホンダ「S660」を利用中
Kさん・60代 定額カルモくんでホンダ「S660」を利用中

リースはいろいろなプランがあるけど、定額カルモくんは税金も何も全部コミコミで、月額が決まっているので支払額が変わることがないから安心ですよね。僕の場合、ローン審査は難しいと思ってたから、逆に、よく通ったなと思ってます。

「審査に落ちた経験があったけど無事に通過できた!」

Iさんはローン審査に落ちてしまった経験から新車をあきらめ中古車に乗っていたそうですが、定額カルモくんの審査に通ったことで憧れの新車を手に入れることができました。

Iさん・30代 定額カルモくんでダイハツ「ウェイク」を利用中
Iさん・30代 定額カルモくんでダイハツ「ウェイク」を利用中

一回ローン審査に落ちたことがあったからローンを組むのは難しいかなと思っていたんです。それで知り合いに相談したら、カーリースで試しに審査してみたらって言われて。受かったって連絡が来たときはうれしかったな。

このように、カーローンの審査に通過しなくても、カーリースの審査には通過した事例があります。
定額カルモくんは国産メーカー全車種、全グレードから選べるため、自分が乗りたい車を手に入れることができるでしょう。憧れの車でカーライフを楽しむためにもカーリースを検討してみてはいかがでしょうか。

審査に通りやすいといわれる理由をもっと詳しく見る

カーリースの審査に通過するか、まず「お試し審査」を

カーリースを利用する場合でも審査に通過するかどうか不安という方には、「お試し審査」がおすすめです。車種やプランが決まっていなくても、とりあえず審査に通るかどうかを確認できます。

「お試し審査」は入力が簡単で所要時間は5分ほど。審査結果は通常、翌営業日にわかります。「審査に通るかだけでも知りたい」という方にもおすすめです。まずは気軽にチェックしてみましょう。

車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる

 

ブラックリストに載ってしまっても中古車に乗る方法はある

ブラックリストに載ってしまったら車に乗る手段がなくなってしまうと不安になる方もいるでしょう。
日常生活で車が必要な場合、車を購入するにはカーローンの審査に通過しなければなりません。しかしブラックリストに載っているあいだは、ローンの審査に通過することは難しいでしょう。

どうしてもカーローンの審査に通過できない場合には、購入する以外に車を利用する方法を検討することをおすすめします。
また、信用情報からブラックの記録が消えた後もローンの審査に通らないといったときには、カーリースの利用も検討してみましょう。

定額カルモくんでは、新車でも月々10,000円台から乗れるため、経済的な理由などから新車をあきらめていた方でも、新車に乗れる可能性が出てきます。国産メーカーの全車種、全グレードから自分の好きな車を選択選ぶことも可能です。

こちらでカーリースの審査に通るか確かめることができます。

申込者数15万人以上_お試し審査

 

よくある質問

Q1:ブラックリストに載っても中古車ローンは組める?

A:組めない可能性が高いです。しかし審査の基準はローン会社によって異なるため、通過することもありえます。自社ローンなど信用情報機関に照会を行わないところであれば中古車ローンを組めるかもしれません。

Q2:ブラックリストに載っていても中古車ローンを利用するためのポイントは?

A:より安い中古車を選ぶことや審査を受けるまでに期間をおくことなどが挙げられます。また、何かの支払いを滞納した経験や債務整理した経験のある方は、中古車ローンの審査を申し込む前に自身の信用情報を確認しておくといいでしょう。

Q3:ローンを組むのは難しいけど中古車に乗りたい場合は?

A:カーリースがおすすめです。ブラックの記録が消えていれば、ローンの審査に落ちた場合でもカーリースであれば利用できる可能性があります。カーリースの中には、月々10,000円台からで新車に乗れる「おトクにマイカー 定額カルモくん」のようなサービスもあります。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る