ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

審査が甘い中古車ローンと審査に通るポイント、注意点について解説

審査が甘い中古車ローンはある?審査に通るポイントを紹介
ローン無しでも新車

新車に比べて価格が低めの中古車でも、一括で購入するとなるとそれなりの金額が必要です。予算が足りない場合はカーローンを組むこともできますが、ローンを利用するには審査に通る必要があるため、年収が低い、勤続年数が短い、債務不履行の過去があるなどの理由で、ローンを組めるか不安を感じる方もいるでしょう。

カーローンにもさまざまな種類があり、中には審査が甘いといわれるものもあります。ただ、審査基準などはどこのカーローンも公開していないので、本当に審査が甘いのかはわかりません。

そこで、中古車ローンの審査に不安をかかえる方が利用しやすい審査の甘いカーローンはあるのか、ローンの種類や、審査に通過するポイントについてご紹介します。

カーリースならお得に新車に乗れる!詳しくはこちら

  • ローンの種類によって審査の通りやすさは異なる
  • 比較的通りやすい審査はディーラーローンと自社ローン
  • 中古車ローンの審査を通過するには、借入額を減らす、保証人を立てるなどの工夫が有効
  • 審査に不安がある場合はカーリースなどの選択肢もある

中古車ローンの種類と審査の甘さをチェック!

中古車ローンの種類と審査のきびしさをチェック!

中古車ローンにはいくつか種類があり、審査の甘さもそれぞれ異なります。まずは、各中古車ローンの金利や審査の甘さなどの特徴についてご紹介します。

銀行系ローン

●金利の低さが魅力だが、審査はきびしめ
銀行系ローンは、新車だけでなく、中古車を購入する場合も利用可能です。銀行系ローンの魅力は、なんといっても金利の低さ。各銀行で多少の差はありますが、実質年率1~3%台のものがほとんどです。ただし低金利の分、審査はきびしくなっています。また、自身で手続きをする必要があるため、煩雑な作業が発生するというデメリットもあります。

●銀行系ローンなら車の名義は自分になる
銀行系ローンを利用すれば、車を購入した後はすぐに自分の名義となるため、車の買替えやローンの借換えがしやすくなります。また、銀行系ローンは総量規制(年収から借入可能額が決定される規則)の対象外であり、住宅ローンなどほかのローンを利用していても借入額に影響がありません。
同じ銀行で住宅ローンなどを利用している場合、優遇金利が受けられる場合があります。

ディーラーローン(信販系ローン)

●比較的審査に通りやすく、手続きはディーラーが代行
ディーラーローンとは、ディーラー(自動車販売店)で車を購入する際に、そのディーラーと提携している保証会社や信販会社が一括で車の代金を支払い、ユーザーは購入した車を担保にして、保証会社や信販会社に代金+金利を分割で返済していく形式のローンです。
ディーラーローンは、銀行系ローンと比較すると審査が甘いといえます。借入時に20歳以上、返済完了時点で70歳以下、かつ年収が150万円以上であれば、非正規雇用者でも概ね審査に通る可能性は高いといえます。煩雑な手続きはすべてディーラーが代行してくれ、審査時間が30分から1時間程度で完了する場合もあります。

●金利は実質年利4~8%程度が一般的
金利は各ディーラーにより異なりますが、実質年率4~8%程度が一般的です。ただし、時期によっては、低金利や金利ゼロのキャンペーンが実施される場合もあります。また、ディーラーローンを利用することで、販売価格の割引きやオプション特典などを受けられる場合がある点は、メリットといえるでしょう。

●返済期間が短く、全損などでは一括返済のリスクも
その一方で、ローンの適用が車両本体価格のみである点や、ほかのローンと比較すると返済期間の設定が短い傾向がある点、ローンを完済するまで車が自分名義にならない(所有権留保)点や、返済途中に事故などで車が全損した場合、残額の一括返済を求められるケースがある点などはデメリットとして挙げられます。

自社ローン

自社ローン

●審査に通る可能性は最も高いが、本体価格は高くなる傾向
自社ローンは、信販会社や銀行といった金融機関を通さずに、中古車販売店が貸主となって直接ローンを組む形式のものです。審査がスピーディーで手続きが簡単であり、銀行や信販会社を通さないため、銀行系ローンやディーラーローンでは審査が通らない方でも利用できる可能性が高くなります。
自社ローンでは、頭金や保証料、保証人を求められる場合があります。また、金融商品ではないことで金利がない代わりに、車両本体価格が高くなる傾向があり注意が必要です。そのほか、ローンの支払いが終わるまで車の名義は販売会社のものであり、販売会社が倒産した際には車を差し押さえられる可能性があるといったデメリットがあります。

中古車ローンの審査に通るためのポイント

中古車ローンの審査では、おもに年収や勤続年数、債務履歴、不動産などの資産、貯蓄額などの項目がチェックの対象となります。
中古車ローンの審査を通りやすくするために、次のような確認や工夫をしてみましょう。

●債務履歴の確認
債務履歴とは、延滞などの履歴がないか、いわゆる「ブラックリスト」に掲載されていないかを問うものです。
ブラックリストとは、自己破産した場合などに信用情報機関に登録される情報を指します。信用情報には名前だけでなく、かなり詳しい個人情報が掲載されており、ブラックリストに掲載されると審査に通るのが難しくなります

●頭金を多めに用意する
誰でも通るような審査が甘い中古車ローンは残念ながら存在しませんが、できるだけ頭金を多くすると審査に通りやすくなるだけでなく、毎月の支払いも楽になります。可能であれば、総支払額の2〜3割を頭金として準備できると理想的です。

●保証人を立てる
保証人を立てることで、審査に通る場合もあります。保証人を立てる際は、保証人の収入証明書を提出する必要があります。

ブラックリスト掲載の有無を確認する方法

ブラックリストに掲載されているかわからない、または過去に掲載されていたけれど一定の年月を経て抹消されたかどうかを確認したいという場合には、自身で状況を調べることが可能です。

信用情報機関には、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)の3つの機関があります。この3つのうち、いずれかに開示請求をかけることで、自身がブラックリストに掲載されているかどうか知ることができます。

CICは、スマートフォンやパソコンから申込みや確認ができ、クレジットカード一括払いで1,000円の手数料がかかります。また、郵送や窓口での開示請求も可能です。

JICCは、申込みはオンライン上で可能ですが、開示情報は郵送で届きます。KSCの開示請求は郵送のみです。

カーリースの定額カルモくんで審査に通るか簡単チェック!

まずは審査

カーリースの審査は甘い?マイカー感覚で乗れるカーリースの選択もアリ

カーリースの審査は甘い?マイカー感覚で乗れるカーリースの選択もアリ

中古車ローンの審査に不安を感じる場合は、審査に通りやすいローンを探す以外に、カーリースを利用するという選択肢もあります。

カーリースなら定額料金で車に乗れる

カーリースとは、自分が乗りたい車をリース会社に購入してもらい、月々支払いをしながらその車を年単位の契約で借りて、マイカー感覚で利用できるサービスです。
頭金などまとまった初期費用が必要なく、ボーナス時の支払い増額もないため、契約期間中の利用料が一定であることが、カーリースの一番の魅力です。

月額料金には各種税金や事務手数料も含まれる

カーリースの月々の利用料金は、基本的に「(実際の車両価格-契約期間満了時の残価)÷支払い回数」で決まり、自動車税(種別割)や環境性能割、自動車重量税などの税金、さらに自賠責保険料や事務手数料なども利用料金に含まれています。
車検と法定点検の費用は含まれませんが、メンテナンスプランなどを利用すれば、すべて月額定額料金としてまとめることが可能です。

走行距離制限などの制約を事前に確認

カーリースには走行距離制限が設定されているのが一般的です。これはカーリースが残価といういわゆる下取り価格を最初に差し引いて貸し出すサービスのため、契約満了時の車の価値を担保するのは仕方のないルールです。
しかし、カーリースの定額カルモくんでは、7年以上の契約で走行距離制限がなくなります
走行距離制限の有無は利用前に確認しておいたほうが、契約後に後悔することもなく快適なカーライフを始められるでしょう。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

カーリースにも、中古車カーローンと同じく審査があります。カーリースの審査

基準は会社ごとに異なりますが、カーローンと同じく、年収や勤続年数、債務履歴、不動産などの資産、貯蓄額などは審査の対象になると考えておきましょう。

ただし、中古車カーローンとカーリースでは借入額であるか利用料金であるかの違いがあります。双方ともその金額を基準に審査が行われるわけですが、カーリースの場合は車両価格からあらかじめ残価(下取り価格)を差し引いて利用料金を算出するため、中古車カーローンの借入額と比較して金額を抑えることができます。

したがって、中古車カーローンよりもカーリースのほうが審査対象となる金額が小さくなり、審査に通る可能性は高まります。「おトクにマイカー 定額カルモくん」のような安さで人気のカーリースを選べば、さらに審査対象となる金額を抑えられるだけでなく、契約後もお得に車を使用できるでしょう。

定額カルモくんで、新車を10,000円台から乗れる方法を教えます

新車を1万円

カーリースが気になりだしたら定額カルモくんがおすすめ

カルモくん_new

カーリースを利用すれば、審査の甘い中古車カーローンを探すよりも車を持てる可能性が高まります。しかも定額カルモくんなら、月額10,000円台から新車に乗ることができます。

定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の差額精算も不要の日本一安い*カーリースです。そのため、審査対象となる金額も抑えやすいでしょう。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

契約満了時に車がもらえるオプションも!

すでにご紹介しましたが、定額カルモくんでは7年以上の契約で走行距離制限がなくなります。同じく7年以上の契約にはもうひとつうれしいオプションが追加されます。

7年以上の契約に月額500円をプラスすれば、契約満了時にそれまで乗っていた車がもらえる「もらえるオプション」をつけることができます。このオプションを利用すれば、原状回復の必要もなくなりますし、何より愛着のある車とずっと付き合っていくことができます。

走行距離制限なしと併せて、思い描くカーライフの展望がパッと広がるのではないでしょうか。

定額カルモくんの「もらえるオプション」について詳しく知りたい方は、こちらのバナーから!

車がもらえる

まずは審査に通るか「お試し審査」で簡単チェック!

ローン審査となると不安を感じて躊躇してしまう方も多いと思います。そんな方には、定額カルモくんの「お試し審査」がおすすめです。
定額カルモくんでは、希望の車種に近いものを選んで審査に通るか気軽に確認できる「お試し審査」を用意しています。審査に通るかだけでなく、審査内容で申込み可能な範囲の車やプランも紹介してもらえるため、その後の車選びがスムーズになります。

簡単なオンライン申込みは5分ほどの入力で済みます。審査に通ったとしても、必ず契約しなければならないということではないので、気軽に試せる人気のサービスとなっています。

定額カルモくんの「お試し審査」については、こちらをクリック

3車種からお試し_追従

中古車ローンの審査に不安を感じたらカーリースの選択も視野に!

中古車ローンには銀行系、ディーラー系、自社ローンなどの種類があり、それぞれの特徴を理解して選択することが重要です。それでも審査に不安を感じる方も多いでしょう。そんなときは、審査の甘い中古車ローンを探すより、カーリースを選択したほうがスムーズに車に乗れるケースもあります。
中でも日本一安い*定額カルモくんなら、審査対象となる金額が抑えられ、審査に通る可能性が高まります。ちょっと目先を変えるだけで、思い描くカーライフの展望が開けるのではないでしょうか。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

LINEクルマの買い方診断

よくある質問

Q1:中古車ローンにはどんな種類がある?

A:銀行が提供する銀行系ローンやディーラーを通して信販会社が提供するディーラーローン、金融機関を通さず中古車販売店が直接貸主となる自社ローンの3種類があります。

Q2:ローンによって審査基準は違うの?

A:ローンの種類によって審査の基準が異なります。銀行系ローンは3種類のローンの中で最も審査が厳しく、ディーラーローンは銀行系ローンと比較すると通りやすい傾向があり、非正規雇用者でも条件によっては審査を通過できる場合もあります。金融機関を通さない自社ローンは、最も審査に通る可能性が高くなっています。

Q3:中古車ローンの審査を通過するには?

A:できるだけ借入額を減らすと審査に通る可能性が高まるでしょう。また、場合によっては保証人を立てると審査がスムーズに進むこともあります。

Q4:中古車ローンの審査が不安な場合はどうしたらいい?

A:リース会社の所有する車を月々定額で借りることができ、マイカー感覚で利用できるカーリースがおすすめです。なお、「おトクにマイカー 定額カルモくん」は日本一安い*カーリースで、審査対象となる金額を抑えやすいので、ローン審査が不安な場合にもおすすめです。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

※記事の内容は2021年6月時点の情報で執筆しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー