ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

格安中古車のリスクと安く乗る方法

軽自動車の新車をタダで入手する方法は?格安中古車のリスクと安く乗る方法
軽自動車の新車をタダで入手する方法は?格安中古車のリスクと安く乗る方法
貯金ゼロでも

比較的安い軽自動車なら、新車でもお金をかけずに乗れるかもしれない!できることならタダで欲しい……と考える方もいるかもしれません。たしかにタダで車を手に入れる方法はいくつか存在します。

また、タダ同然の価格で売られている格安中古車を選ぶというのもひとつの方法でしょう。しかし、格安中古車の購入には、さまざまなリスクがつきまとうため注意が必要です。

車をタダで手に入れる方法と併せて、格安中古車の特徴と購入前に押さえておきたい注意点を解説します。さらに、費用をぐっと抑えて安全な新車に乗る方法もご紹介。今すぐその方法を知りたい方は、こちらのバナーからチェックしてみてください。

新車を1万円
  • 新車の軽自動車をタダで入手する方法はあるが諸費用は必要
  • タダ同然の格安中古車は故障しやすく重大な事故を引き起こすリスクがある
  • 定額カルモくんなら新車の軽自動車に月々10,000円台から乗れる

軽自動車の新車をタダで手に入れる方法はある?

軽自動車の新車をタダで手に入れるには、自分以外の誰かに購入してもらう、懸賞やプレゼント企画に応募して当選するなど、いくつか方法は存在します。

ただし、タダで軽自動車の新車を手に入れられたとしても、購入時と同様に税金や自賠責保険料、各種手数料といった費用は必ずかかります。新車でも中古車でも、お金を一切かけずに車に乗り始めるというのは難しく、それなりの費用がかかるということは覚えておきましょう。

中古車ならタダ同然で手に入る可能性が高まる

通常、車を購入するにはまとまったお金が必要です。しかし、中古車であれば車種を問わずタダ同然で入手できる可能性があります。いずれも比較的珍しいケースではありますが、次のような場合は車をタダ同然で手に入れることができるでしょう。

人から譲り受ける

友人や親族などから車を譲ってもらうことで、車をタダで手に入れることは可能です。しかし、車の状態はさまざまで、車種やグレードも自分の希望どおりにはならないということは、念頭に置いておきましょう。また、タダで譲ってもらったとしても、車に乗るためには税金や保険料などを別途支払う必要があります。

社用車を譲ってもらう

勤め先によっては、社用車を譲ってもらえる場合があります。ただし、社用車を社員個人が譲り受ける場合、所得という扱いになり、譲ってもらったときの車の時価に応じて所得税が発生します。そのため、タダで手に入れられたとしても税金の支払いが必要になることは覚えておきましょう。

業者から廃車手続き前の車を譲ってもらう

解体業者などから、使わなくなった廃車手続き前の車を譲ってもらえる場合があります。ただし、解体業者は車の前の所有者から有償で車を引き取っているケースが多いため、タダで譲ってもらえる可能性は低いでしょう。格安とはいえ、いくらか費用がかかることは想定しておく必要があります。

タダ同然の格安で売られている車の特徴

タダ同然の格安で売られている車の特徴

中古車販売店では、数万円などタダ同然の価格で車が売られていることがあります。価格の安さは魅力的ですが、このように格安で売られている車にはさまざまな事情があるため、購入は慎重に検討する必要があります。

年式が古い

基本的に、車は年式が古いほど価値が下がります。これは、年式が古いほど車の性能も劣ることが多いためです。格安中古車の購入を検討するときは、年式や性能もチェックしましょう。

走行距離が長い

中古車販売店で格安で販売されている車は、走行距離が長い車であることが多くあります。車は消耗品のため、走行距離が長いほどパーツの消耗が進み、価値も下がってしまいます。消耗の激しい車は故障リスクも高くなるため、注意が必要です。

修復歴や事故歴がある

比較的新しい年式で走行距離が短い車でも、修復歴車や事故歴のある車は価値が大きく下がります。修復歴車とは、車の重要な骨格部分を交換したり修復したりした経歴を持つ車のことです。

このような車は、将来事故や故障を引き起こすリスクがほかの車よりも高い傾向があります。安い点は魅力的ですが、購入は避けるべきでしょう。

新車価格が安い

新車の車両価格が数十万円など、元々安く販売されている軽自動車の場合、中古車になるとさらに安価で売られているケースがあります。年式が新しく走行距離が短くても、軽自動車なら格安で入手できる可能性があるでしょう。

不人気の車種やカラー

中古車の価格は、販売される時点における車の人気の高さによっても大きく変わってきます。

また、ボディカラーも価格を左右する要素です。同車種であっても、人気の高いカラーかどうかで、価格に数万円から数十万円の差が出ることも珍しくありません。逆に人気の低い車種やカラーの車は、良い状態のものでも安く入手できる可能性があります

車検切れや保証がない

車検切れの車や保証期間が過ぎている車も、格安で販売されています。このような車は、たとえ格安で入手できたとしても、乗り始めるためには自己負担で車検に出す必要があり、万が一故障してしまった場合は自分で修理代を支払わなくてはならないため、注意が必要です。

タダ同然の格安中古車を購入する前に押さえておきたい注意点

格安で入手できる中古車には先述したような事情があるため、故障しやすかったり、事故を引き起こしやすかったりといったリスクがあります。タダ同然の中古車を購入する前に押さえておきたい注意点を解説します。

故障頻度が高く、修理代がかさむ可能性がある

格安で販売されている中古車は、さまざまな事情を抱えているため、故障しやすいというリスクがあります。タダ同然で手に入れられたとしても、故障頻度が高いと修理代がかさみ、その結果、大きな出費が発生してしまう可能性があるでしょう

修復不可能な劣化により事故につながる可能性がある

車の劣化が激しい場合、整備やメンテナンスを行っても修復しきれない可能性があります。さらにその状態で走行を続けた結果、さまざまな不具合が発生し、重大な事故につながる可能性もあるため注意が必要です

車両価格はタダ同然でも諸費用は別で発生する

車両自体はタダ同然で入手できたとしても、実際に車に乗るためには、さまざまな諸費用を支払わなければなりません。それらの費用も含めてトータルでどれくらいの出費になるのかを事前に把握し、購入するかどうかを判断することが大切です。

タダ同然の格安中古車を所有するためにかかる諸費用

とにかく安さを優先して車を手に入れたいと考え、タダ同然の格安中古車を購入しても、車を所有するためにはさまざまな諸費用を支払う必要があります。格安中古車を所有するためにかかる諸費用として想定されるものを解説します。

各種税金・保険料

車を所有するには、自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、印紙代、消費税、自賠責保険料をそれぞれ支払う義務があります。これらは車を所有するためには必ず負担しなければならない費用のため事前に予算に入れておくと安心でしょう。

代行費用

車に乗り始めるにあたり、車両登録手続きや車庫証明取得手続きを販売店に代行してもらう場合は、代行費用がかかります。いずれの手続きも、自分で行う場合には代行費用はかかりません

車検費用

車検切れの車を購入すると、自分で車検に出して費用も負担しなければなりません。車検代は車種や車の状態、車検に出す業者によって変わってきますが、走行距離が長い車や、修復歴や事故歴がある車の場合、費用が高くついてしまう可能性があります

カーリースなら出費を抑えて安全な新車に乗れる

月々の定額料金だけでマイカーのように車を利用できるカーリースなら、車にかけられる予算が少なくても、自分の好きな新車にすぐに乗り始めることができます。初期費用もかからないため、まとまった出費を避けたい方も安心して利用できるでしょう。

カーリースとは?

車のサブスクでは、残価設定により車両本体価格が安くなることを解説する図
車のサブスクでは、残価設定により車両本体価格が安くなることを解説する図

カーリースとは、自分が選んだ新車をカーリース会社が購入し、月々定額の料金を支払ってその車を借りるサービスのことです。カーリース会社によって料金形態やプランはさまざまですが、一般的に購入するよりも車両代金を抑えてお得に車に乗ることができます

カーリースでは、契約時に車両価格から契約満了時の残価を差し引いた上で月額料金を算出します。車両価格の全額を支払う必要がある一括購入やカーローンよりも、月々の出費を抑えて新車に乗れるのは、カーリースのこのようなしくみがあるためです。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

貯金ゼロでも新車に乗れる

カーリースはずっと定額なので安心できるサービスでだと示すイラスト
カーリースはずっと定額なので安心できるサービスでだと示すイラスト

車を購入する場合、多くの方がカーローンを利用しますが、月々の返済に加えて頭金の支払いやボーナス払いなど、まとまった出費が発生してしまいます。そのため、車にかけられる資金が少ない方などは、新車購入をあきらめてしまうことも少なくありません。

一方でカーリースの場合、頭金やボーナス払い不要ですぐに新車に乗ることができます。また、月額料金は契約期間中ずっと一定のため、家計のコントロールがしやすく、大きな出費に頭を悩ます心配もありません。

諸費用コミコミの月額料金

月額定額

毎月支払う月額料金には、車両価格のほか、自動車税(種別割)や環境性能割、自賠責保険料、自動車重量税や事務手数料などの諸費用も含まれています。

車を購入する場合、車両価格とは別にこれらの費用を支払う必要がありますが、カーリースの場合はこうした諸費用も月額料金に含まれているため、車検時に発生する税金や毎年納める自動車税(種別割)を心配することなく、明確な料金で安心して新車に乗ることができます

業界最安水準以外にもメリット満載!定額カルモくんの魅力

カルモくん_new

カーリースの定額カルモくんは、頭金やボーナス払い不要で、業界最安水準*の11,390円から国産メーカー全車種・全グレードの新車を利用することができます。業界最安水準以外にもメリット満載の定額カルモくんの魅力をご紹介します。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

走行距離制限なしで車をもらうこともできる!

カーリースでは月間の走行距離制限が設けられているケースが多く、規定の走行距離を超過した場合は追加料金を求められることもあります。しかし、定額カルモくんの場合、7年以上の契約で走行距離制限がなくなります

さらに、月々500円で適用できる「もらえるオプション」をつけることで、契約満了時にそのまま車をもらうこともできます。走行距離を気にすることなくマイカーのように車を使えて、最後には本当にマイカーにできてしまうのは大きなメリットでしょう。

車がもらえる

残価精算のないクローズドエンド方式なので安心

カーリースの契約には、「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の2つのタイプがあります。オープンエンド方式の場合、あらかじめ設定した残価と車を返却する際の査定額に差があった場合、その差額を支払わなくてはなりません。

一方、クローズドエンド方式の場合、車を返却する際に残価を支払う必要がありません。定額カルモくんは、このクローズドエンド方式を採用しているため、追加精算の心配がなく、最後の最後まで一定の月額料金だけで車に乗ることができます

定額カルモくんは月額10,000円台でこんな車に乗れる!

定額カルモくんでは、軽自動車の人気車種に月額10,000円台から乗ることが可能です。実際にどのような軽自動車に乗れるのか、具体的な月額料金とともにご紹介します。

月額12,760円から乗れる!ダイハツ「ミライース」

ミライース

ダイハツ「ミライース」は、燃費性能と安全装備に優れた軽自動車として幅広い層から人気を集めています。燃費性能はガソリン車ではトップクラスを誇り、コストパフォーマンスにこだわりたい方におすすめです。安全装備はダイハツの先進安全機能「スマートアシストIII」を搭載しており、運転が苦手な方や初めて車を持つ方をしっかりとサポートしてくれるでしょう。

定額カルモくんでは、ダイハツ「ミライース」に月額12,760円から乗ることが可能です

※2021年5月時点の金額です

ダイハツ「ミライース」を今すぐチェック

月額15,890円から乗れる!スズキ「ハスラー」

ハスラー

スズキ「ハスラー」は、軽ハイトワゴンとSUVのクロスオーバーモデルです。ユニークで個性的なデザインが特徴的で、高さがあり広々とした車内空間に加えて、街乗りやオフロード問わず安定感のある走行を実現してくれるタフさなど、さまざまな強みを兼ね備えています。

コストパフォーマンスを重視しながらも、SUV要素のある車に乗りたい方や、レジャーやアウトドアにも使える軽自動車を探している方におすすめです。

定額カルモくんでは、スズキ「ハスラー」に月額15,890円から乗ることが可能です

※2021年5月時点の金額です

スズキ「ハスラー」を今すぐチェック

月額17,320円から乗れる!ホンダ「N-BOX」

N-BOX

ホンダ「N-BOX」は、2017年のモデルチェンジを経てロングセラーとなっているホンダの人気車種です。軽自動車でありながらファミリーカーとして使える広々とした車内空間に、軽快な走行を実現する軽量ボディ、運転しやすい視界の広さと操作性など、子育て世代や女性にとってもうれしい1台となっています。

リーズナブルな料金で新車に乗りたい方はもちろん、ファミリーカーとして利用できる軽自動車を探している方にもおすすめです。

定額カルモくんでは、ホンダ「N-BOX」に月額17,320円から乗ることが可能です

※2021年5月時点の金額です

ホンダ「N-BOX」を今すぐチェック

タダ同然の格安中古車はリスクあり!安全な新車にお得に乗れる定額カルモくんがおすすめ

タダ同然で入手できる軽自動車は、購入後に故障して修理費が高くついてしまったり、修復不可能な劣化により重大な事故を引き起こしてしまったりと、常にリスクがつきまといます。安さだけを重視するのではなく、安心して長く乗れる車を選ぶことで、出費を抑えながら快適なカーライフを送ることができるでしょう。

カーリースでは、費用を最小限に抑えて安全な新車に乗ることができます。定額カルモくんのように、月々10,000円台から人気の軽自動車に乗れるカーリース会社もあるため、費用を抑えて車に乗りたい方はカーリースも選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

自分に合った軽自動車を探す

カルモマガジンではあなたにベストな軽自動車を選んでいただけるよう、用途別でおすすめ軽自動車を紹介しています。
ぜひ車選びにお役立てください。

さっそく自分に合う軽自動車を探す

カルモくんを資料で詳しく

よくある質問

Q1:タダで車を入手できる方法はある?

A:自分以外の誰かに購入してもらう、懸賞やプレゼント企画に応募して当選するなど、いくつか方法は存在します。ただし、購入時と同様に税金や自賠責保険料、各種手数料といった諸費用は必ずかかります。

Q2:カーリースが購入するよりもお得なのはどうして?

A:カーリースでは、契約時に車両価格から契約満了時の残価を差し引いた上で月額料金を算出するため、車両価格の全額を支払う必要がある一括購入やカーローンよりも、車両代金を抑えて新車に乗ることができます。

Q3:カーリースではいくらで軽自動車の新車に乗れるの?

A:定額カルモくんの場合、ダイハツ「ミライース」は月額12,760円から、スズキ「ハスラー」は月額15,890円から、ホンダ「N-BOX」は月額17,320円からと、月々10,000円台で軽自動車の新車に乗ることができます。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
新車が1万円台